広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中村奨成

    ◆ 正捕手・会沢が残留決断

     リーグ4連覇をめざした今季、最終的には4位に終わってクライマックスシリーズの出場も逃してしまった広島。チームを率いていた緒方孝市監督がその座を退き、来季からは佐々岡真司新監督の下で新たなスタートを切る。

    ☆ドラフト診断~広島編~ 「即戦力と将来のエース候補をWゲット」

     日本シリーズが終わり、いよいよ本格的なストーブリーグが幕を開けた日本球界だが、広島はすでに会沢翼と野村祐輔が残留を表明。残る菊池涼介が日本代表に帯同しているため、その動向が不透明なままになっているが、ひとまず投・捕の柱は来季もチームに残ることが決まった。


     会沢はプロ13年目・31歳の右打ち捕手。ここ2年続けてセ・リーグのベストナインを受賞している広島のレギュラー捕手であり、今季も126試合に出場して打率.277、12本塁打、63打点と攻守両面でチームを支えた。捕手は経験を積めば積むほど味が出てくるポジションとはよく言われたもので、会沢はまだ31歳とこれからさらに楽しみな選手。少なくとも向こう数年は扇の要として期待ができることだろう。

     一方で、こうなると気になるのが、その他の捕手の動向だ。ご存知の通り、捕手はひとつしかないポジション。絶対的な存在がいればいるほど、その後釜の育成は難しくなる。もし、出場機会に恵まれない捕手の中でバットの方に魅力がある選手がいれば、ほかのポジションへのコンバートとなることも珍しくない。会沢の残留決定により、今オフから来春にかけてはそんな動きにも注目となってくる。


    ▼ 広島の捕手陣
    22 中村奨成(20歳)
    27 会沢 翼(31歳)
    31 石原慶幸(40歳)
    32 白浜裕太(34歳)
    40 磯村嘉孝(27歳)
    54 船越涼太(26歳) ※戦力外
    61 坂倉将吾(21歳)

    <ドラフト加入>
    5位 石原貴規(天理大/21歳)
    育1位 持丸泰輝(旭川大高/18歳)


    ◆ 気になる磯村・坂倉の起用法

     会沢の残留に続く捕手の動きとしては、ドラフトで育成含め2名の捕手を指名している。会沢の後釜候補となる選択肢を増やした後、プロ4年目のシーズンを終えた船越に戦力外を通告。プラス2・マイナス1で捕手の陣容としては1人増えた結果となった。

     今季、会沢の次にマスクを被ったのは、ベテランの石原で31試合。そこにほぼ同数の30試合で磯村が続き、坂倉が3試合。一軍で捕手として出場したのはこの4名だった。

     しかし、磯村と坂倉は打撃の方でも魅力を持った選手。磯村は今季65試合の出場で打率.278、4本塁打とまずまずの成績を残しており、代打では打率.323と好成績を残した。この秋季練習で一塁守備にも取り組んでいるように、来季は捕手以外のポジションでも出場機会を増やしていこうという考えが見え隠れしている。

     坂倉も今季は捕手としての出場が3試合だったのに対し、外野で12試合に出場。代打も含めた今季の出場数は51と、やはり打者としての資質に魅力を感じているような印象。来季はこの2人のどちらかが「緊急時は捕手も守れる○○」として、他ポジションで出場を増やしていてもなんら不思議ではない。

     野球選手として脂の乗った時期を迎えた会沢を柱に、経験豊富なベテランの石原が控え、さらにバッターとしても魅力的な2人の捕手。佐々岡新監督はどんな起用法で彼らを駆使し、そして“会沢の次”を育てていくのか。2020年シーズンは「広島の捕手事情」に注目だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00207417-baseballk-base

    広島が29日、日南秋季キャンプの参加選手を発表した。11月2日から20日まで宮崎・日南市で行われる。2年目中村奨成捕手(20)が初の1軍キャンプ参加となるほか、高卒1年目の小園海斗内野手(19)、林晃汰内野手(18)、羽月隆太郎内野手(19)の3選手もメンバー入り。松山竜平外野手(34)も最年長として参加する。秋季キャンプ参加選手は以下の通り。


    ■投手

    九里、矢崎、岡田、薮田、床田、ケムナ、塹江、高橋樹、山口、アドゥワ、田中法、遠藤、平岡、モンティージャ、藤井黎、メナ

    ■捕手

    中村奨、磯村、坂倉

    ■内野手

    曽根、堂林、三好、林、小園、西川、羽月

    ■外野手

    野間、正随、高橋大、松山、永井、大盛


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-10290220-nksports-base&pos=1

     「みやざきフェニックス・リーグ、西武-広島」(20日、日南)

     広島の若ゴイ打線が大爆発した。

     初回1死から中村奨が左翼フェンス直撃二塁打で出塁すると、2死三塁から4番坂倉が中越え先制適時打を放った。さらに正随が中前適時打、林も中前打で続くと、永井が中前へ適時打を記録した。

     2日連続で視察に訪れた佐々岡監督の前で若手がアピールした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000060-dal-base

    <みやざきフェニックスリーグ:広島-西武>◇20日◇日南

    広島中村奨成捕手(20)が20日、みやざきフェニックス・リーグ西武戦(日南)で4安打し、視察した佐々岡真司監督(52)を喜ばせた。

    2番DHでスタメン出場。先発渡辺勇太朗投手(19)から3安打し、8回には3番手中塚駿太投手(24)から左中間へ二塁打。「打撃では1日1本を目標にやっています。今日はできすぎ。監督も見に来てくれているので、打つだけですけど、いいのは見せられた」と話した。

    見守った佐々岡監督は「積極的に振っていた。(3安打の)坂倉と奨成は、キャッチャーというところでいい意味の競争をしている」と話した。

    17年のドラフト1位だが、ここまで1軍出場はない。今季も春季キャンプで肋骨(ろっこつ)の疲労骨折が発覚して出遅れ、今季初実戦となった6月18日のウエスタン・リーグ阪神戦で頭部死球を受けて退場するなど、不完全燃焼に終わっている。「ポスト会沢」の座を目指し、悔しさをバネにアピールを続けていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10200777-nksports-base

     7日に開幕する「みやざきフェニックス・リーグ」に参加する広島・中村奨成捕手(20)が2日、大野練習場で無事完走と1軍秋季キャンプメンバー入りへの決意を示した。昨年の同リーグでは序盤に故障して帰広。今年は攻守でアピールし、実りの秋とする。

     充実の秋とするべく、中村奨は2軍練習後に表情を引き締め、思いを口にした。7日から始まる「みやざきフェニックス・リーグ」への参加が決定。「去年は3日で離脱してしまった。フェニックスを完走して、その中でいいものをしっかり出して、1軍の秋季キャンプへのアピールをできたらいい」と闘志を燃やした。

     昨年は同リーグ序盤に自打球が左膝を直撃して帰広。1軍秋季キャンプに参加できなかった。「せっかくイースタンの人たちとできるというのでやりたかった」と悔しさを持ち、今回のアピールする面は「(走攻守)全部です」と力強く言い切った。

     春季キャンプ中は「右第一ろっ骨疲労骨折」で出遅れ、実戦復帰した6月18日のウエスタン・阪神戦では頭部死球も受けたが、今季はウエスタンで39試合に出場。打率・279の結果を残し「追い込まれてからでも対応できるというのは、ちょっとは身に付いた。イースタンとやるときもいいものを出せるように」とうなずく。

     捕手としても大きくなる。「まずは守備が大事。イースタンの捕手も見ることができる。データもほとんどないので、ウエスタンとやる以上にしっかり考えてやらないといけない」。17年度のドラ1が宮崎の地で躍動し、進化の道を歩む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000048-dal-base

    <ウエスタン・リーグ:広島3-4オリックス>◇9日◇由宇

    広島中村奨成捕手(20)が4回に今季1号を左翼席に放った。1打席目にも中前打を記録しており、2試合連続複数安打となった。

    2点ビハインドの4回2死一、二塁でオリックス先発本田のスライダーを捉えた。8月の月間打率5割をキープするなど打撃は上向いている。

    ただ一方で、守備では8回に逆転2ランを浴びるなどリード面などにミスが見られる。試合後には倉2軍バッテリーコーチから厳しく指導される姿も見られた。「打撃ではいい結果が出ているけど、本職は守備。毎日学ぶことしかない。失敗をいかになくしていけるかなのですが、まだ同じことでミスしている」と、表情は厳しい。一昨年夏の甲子園を沸かせた若ゴイは、プロ2年目の夏も2軍でもがいている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-08090692-nksports-base

    広島中村奨成捕手(20)が12日、マツダスタジアムで行われた母校広陵の初戦・西条農戦をスタンドから観戦した。

    球宴期間だったことで、プロ入り後初の生観戦がかなった。「後輩の応援に初めて来ることができて良かったです。いい刺激をもらいました。高校野球は1回きりなので、勝っても負けても、最後まで楽しんでもらいたい。まずは甲子園に行ってもらえるように応援します」。コールド発進の後輩たちに笑顔でエールを送った。

    今季、自身はケガで出遅れ、6月中旬に実戦復帰したばかり。7月に入ると、手薄な捕手事情もあり先発出場が増えている。15日阪神戦(倉敷)から始まるウエスタン・リーグの後半戦も先発のチャンスは増えそうだ。「(後半戦は)いいスタートを切りたいと思っている。しっかり刺激をもらったので、後半戦に生かしていけたらいいなと思います」。後半戦の巻き返しを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-07120486-nksports-base

     広島の中村奨成捕手(19)が復帰へ向けて最終段階に入っている。2月1日の春季キャンプ初日の打撃練習で「右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折」し、治療とリハビリを続けてきた。既にカーブマシンでの打撃練習やブルペンでの捕球など、大半の練習メニューを再開。今月末に病院で検査を受ける予定で、そこで最終的なゴーサインが出るのを待つ。

     大野練習場のブルペンで、中村奨はマスクをかぶっていた。岡田が投じる剛球に乾いたミット音を響かせる。「ナイスボール」。発する声にも力がこもった。野球ができる喜びを感じながら、着実に前に進む毎日だ。

     「2、3カ月練習している訳ではないから、いろいろ落ちている。でも、できることが少しずつ増えてきた。これから運動量とか振り込みとか増やしていきたい。痛み?ないです」。汗をぬぐい力を込めた。

     春季キャンプ初日の2月1日。大野練習場での打撃練習中に背中の痛みを訴え病院で受診。「右第一肋骨(ろっこつ)疲労骨折」と診断された。2日目からは絶対安静。日南移動後も時が過ぎるのを待つしかなかった。自主トレ期間に準備をしてこなかった訳ではないが、結果が全ての厳しい世界。「悔しかったし正直、終わったなと思った」。高校時代、そしてルーキーイヤーも常にプラス思考で取り組んできた。今度ばかりは「なかなか前を向けなかった」と回想した。

     気持ちを新たにできた1つのきっかけは恩師やかつてのチームメートの存在があったから。日南の宿舎でスマートフォンが鳴る。広陵・中井監督からだった。「宮崎からいつマンゴーを送って来るんや?って」。なにげない会話に自然と笑顔になった。ふさぎがちだった心が、フッと開いたような気がした。

     一部の練習に制限があるものの、既にカーブマシンでの打撃練習やゴロ捕球、全力ダッシュなど大半ができるようになった。今月末に受ける検査が最後になる見通しだ。順調にこのままの状態が続けば、全てのメニューが解禁できる。

     「短期的な目標は試合に出ること。ケガをしていたから、こういうプレーしかできないとは思われたくない」。再スタートの時は間もなくだ。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000050-dal-base

     元プロ野球選手で野球解説者の達川光男氏(63)が29日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木前8・30)に出演。昨季日本シリーズMVPのソフトバンク・甲斐拓也(26)への指導方法を明かした。

     昨季までソフトバンクのヘッドコーチを務めていた達川氏は「甲斐は、とにかくずっと、見てあげるというのが大事だった。入団から7年たっていて、ずっと見てもらっていなかったから」と育成で入団し、なかなか頭角を表せなかった当時を回想。「彼は母子家庭だったというのもあって、とにかくお母さんを幸せにしたいというのを聞いていたし」と孝行息子ぶりも紹介した。

     「素直だった」性格については、登録名を改名したときのエピソードを披露。当時の登録名には賛成できずに、「拓也という名前でキャッチャーなら、みんな(広島などで活躍した)木村拓也を思い出すぞ。甲斐って誰もいないぞ、12球団で。甲斐に変えろ」と勧めると、「はい!」とうなずいて「すぐ変えた」という。

     

     パーソナリティの伊集院光(51)が「直接野球に関係ないように聞こえるけど、『このコーチ、俺のことを気にかけてくれてるんだ』っていうのを、そもそもドラフト上位の選手でもない人が、そう思ってもらうだけで、やっぱり違うものですか?」と問いかけると、達川氏は「私が退団するときに、それを言ってくれましたね」と、うれしそうに振り返った。

     甲斐に対しては、準備面でも高評価。「朝飯をね、ホークスでは、キャンプ中は、朝6時から食べるんですよ。6時から8時半の間に食べたらいいんですよ。柳田なんか8時ごろ来るんですが、甲斐は必ず6時に、寝ぐせもしてない、髭も剃ってる」と証言。「ということはおそらく5時過ぎには起きて、いい準備をしていると思うんですよね。それを毎日続けてましたから、それで私はこれは間違いないな」と名選手に成長していくことを感じたという。

     甲斐は「それを見てくれていることが嬉しかった」と言ってくれたそうで、伊集院も「はー、深い話だなぁ。」と感心しきり。「今、言ってることは工場長だろうが、部長だろうが、店長だろうが、みんな関係あること」と一般社会にも置き換えられることを強調した。

     達川氏は「練習態度とか行動とかずっと見て、甲斐は褒められたことがあんまり無かった。7年間。育成で入ったもんで。悪いところばっかり言われていた。私は新鮮な気持ちで、年も離れているし、孫のような感じで」と接し方にも注意を払っていた。最後は「一目ぼれしましたね。肩にはびっくりした。自分の25の時の肩と比べたら全然、すっばらしい肩してましたね」と賛辞を惜しまなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000176-spnannex-base

    このページのトップヘ