広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中村奨成

     5月11日、広島の石原慶幸は阪神戦で3安打し、通算安打を1001本とした。1000本安打は292人目、10日にも日本ハムの中田翔が1000本を達成しており、珍しい記録ではないが、広島の捕手では初の1000本安打だった。

     野球では、捕手は投手に次いで守備の負担が大きいとされる。捕手での出場が50%を超す選手の1000本安打は21人しかいない。※は現役。

    1野村克也 2901安打(3017試 打率.277)
    2谷繁元信 2108安打(3021試 打率.240)
    3古田敦也 2097安打(2008試 打率.294)
    4阿部慎之助 2040安打(2107試 打率.284)※
    5木俣達彦 1876安打(2142試 打率.277)
    6伊東勤 1738安打(2379試 打率.247)
    7田淵幸一 1532安打(1739試 打率.260)
    8城島健司 1406安打(1323試 打率.296)
    9中村武志 1380安打(1955試 打率.242)
    10土井垣武 1351安打(1413試 打率.282)
    11矢野燿大 1347安打(1669試 打率.274)
    12森昌彦 1341安打(1884試 打率.236)
    13相川亮二 1150安打(1508試 打率.260)
    14大矢明彦 1144安打(1552試 打率.245)
    15醍醐猛夫 1132安打(1775試 打率.234)
    16田村藤夫 1123安打(1552試 打率.252)
    17和田博実 1104安打(1565試 打率.257)
    18吉永幸一郎 1057安打(1250試 打率.278)
    19伊藤勲 1054安打(1771試 打率.231)
    20日比野武 1048安打(1530試 打率.237)
    21若菜嘉晴 1037安打(1387試 打率.267)
    22石原慶幸 1001安打(1546試 打率.238)※

     歴史に名を残す名捕手が並ぶが、中には現役の阿部慎之助、田淵幸一のように捕手から一塁手に転向した選手もいる。投手の球を受け、盗塁を阻止し、守備の要として重きをなす傍ら、打者としても活躍するのは並大抵のことではない。

     石原は広島の捕手としては初めての1000本安打。すでに、広島で最も多くマスクをかぶった捕手になっている。広島で1000試合以上捕手として出場したのは以下の5選手。()の試合数は、捕手以外での出場も含めたトータルの試合数。

    1石原慶幸 1525試合(1546試合/1001安打)※
    2田中尊 1423試合(1429試合/619安打)
    3達川光男 1320試合(1334試合/895安打)
    4水沼四郎 1243試合(1333試合/696安打)他に中日で17試合10安打
    5西山秀二 1141試合(1203試合/714安打)他に巨人で4試合2安打

     石原は広島を代表する捕手になったと言えるだろう。

     38歳の石原は佐々岡真司、黒田博樹、澤崎俊和から、前田健太、野村祐輔、岡田明丈まで、今世紀の広島を代表する投手の球を受けてきた。今は30歳の會澤翼と併用されているため、出場機会は限られているが、ベテランの知恵、技術は若い選手が多い広島にとって貴重な戦力だと言えるだろう。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00128561-fullcount-base

     「ウエスタン、阪神2-11広島」(27日、甲子園球場)

     聖地の申し子が快音を響かせた。広島のドラフト1位・中村奨成捕手(広陵)が「8番・DH」でスタメン出場。高校時代に沸かせた甲子園での試合はプロ入り後初で、タイムリーを放つなど自慢の打棒を見せつけた。



     見せ場は七回2死一、二塁。阪神3番手・藤谷のスライダーを捉えた打球は左翼線への適時二塁打となった。「過去のことに気を取られているわけではないですが、甲子園でまたできるという喜びはありました」。青春時代を思い返しながらのプレーだった。昨夏の甲子園では1大会最多となる6本塁打を記録した。

     28、29日の同戦に向けても「いい結果を残せるように」と意気込んだ。思い出の地で持ち味を発揮し、成長につなげていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000036-dal-base

     広島坂倉将吾捕手(19)が12日、今季初の1軍昇格を果たした。11日に先発した中村恭平投手(29)が2軍降格となり、代わりに選手登録される見込み。異例の捕手4人体制となるが、左の代打として期待される。



     2軍で11試合に出場し、打率3割6厘、4打点の成績を残している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177294-nksports-base

     プロ野球・広島が3日のヤクルト戦に勝利し、1993年以来25年ぶりの開幕4連勝を達成した。絶好のスタートダッシュを切ったチームの試合を、もどかしく見ているのだろうか。昨夏の甲子園で、1大会個人最多記録を更新する6本塁打を放ったドラフト1位・中村奨成捕手(18)の胸の内を想像してみた。

     昨年12月に行われた新入団発表会見では「新人王を取りたい。最終的にトリプルスリーとか、誰も成し遂げていない記録を作る」と、捕手では球界初のトリプルスリーや20年東京五輪への出場などを目標に掲げた。スケールの大きな公約に「目標は高い方がやりがいを感じる」と、目を輝かせていたのが印象に残った。

     チーム内では会沢、石原が正捕手を争い、侍ジャパンの稲葉監督から高く評価された坂倉も虎視眈々と定位置を狙っている。ルーキーが開幕1軍、その先のレギュラー獲得を目指すにはあまりに状況は厳しく、水本2軍監督も「体ができてくればもっと良くなる。強化指定選手です」と将来性に期待するからこそ、まずはファームでの土台作りを優先している。事実、今春のキャンプは中村奨を含む新人全員が2軍で体作りに励んだ。

     当然、本人にも首脳陣の意図は伝わっているはず。その上で、中村奨は発言を翻したりはしない。3月に入っても「まだ開幕を諦めたわけじゃない」とファイティングポーズを崩さなかった。恩師である広陵高・中井哲之監督(55)も「すごく前向きですよね。すべてが負けているとは思ってないんじゃないかな」と頼もしそうに目を細めた。

     実戦での勝負強さはすでに発揮している。自身の本拠地デビューとなった3月7日の社会人チームとの交流戦では、3打数2安打。同24日のウエスタンリーグ・オリックス戦では、プロ1号のソロ本塁打を含む4打数4安打と爆発した。持ち前の強肩だけでなく、甲子園を湧かせた打撃力もアピールしている。

     高い目標を掲げることは反面、達成できなかった際に非難を受けるリスクも抱える。リップサービスに消極的な取材対象者には手を焼くが、一方で自分自身「仕方がないよな」と感じている部分もある。だからこそ、18歳のひたすら前を向き続ける姿はまぶしく映る。怪物捕手が1軍でどんな光を放つのか、その日が待ち遠しい。(記者コラム・種村 亮)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000119-sph-base

     「ウエスタン、阪神4-10広島」(4日、鳴尾浜)

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(広陵)が2号3ランを放った。

     三回2死一、三塁。福永の142キロ高め直球を仕留め、左越えの一発となった。

     「自分自身の調子も良かったので甘い球はどんどん振っていくという気持ちで、いい結果が出て良かったです」と、うなずいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000129-dal-base

     「ウエスタン、中日5-0広島」(18日、ナゴヤ球場)

     広島のドラフト1位ルーキー・中村奨(広陵)がウエスタン・中日戦(ナゴヤ)で、公式戦初めて先発マスクをかぶり、フル出場。二回には左前打で2試合連続安打、五回には2死二塁で石垣の三塁盗塁を刺す強肩ぶりを発揮した。

     17日の開幕戦は指名打者でフル出場。「2試合とも最初から使っていただき、いい経験をさせてもらいました」とニッコリ。守備については「リードでビッグイニングを作ってしまったのが反省です。弱気にならず、強気にリードしていかないと」と四回の5失点を悔やんだ。

     しかし、五回には初めて盗塁を試みられた場面で強肩を披露。アウトのタイミングではあったが、落ち着いて三塁でアウトにした。「余裕を持って投げられました」と会心の笑み。倉バッテリーコーチは「落ち着いてアウトにできることがさすがだ」と褒めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000043-dal-base

    <ウエスタンリーグ:中日3-4広島>◇17日◇ナゴヤ

     広島ドラフト1位の中村奨成捕手(19)が、雨で1日延びた「ファーム開幕戦」で公式戦初安打をマークした。

     7番DHでスタメン出場。四球、右飛に続く6回の第3打席は2死一、二塁で迎えた。ゴロを捕球した三塁手が自ら三塁ベースを踏もうとしたが間に合わず、一塁もセーフとなる内野安打。

     これが悪送球となる失策も重なって2者が生還した。中村奨は「あれはサードゴロ。ラッキーです」と笑顔。試合全体を振り返り「しっかり振れていたので、そこは良かった」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00152498-nksports-base&pos=1

     強力投手陣、伸び盛りの若手。リーグ3連覇を目指すカープには好材料が揃う。そして捕手陣のレベルの高さからも目が離せない。


    「現状、経験では大ベテランの石原(慶幸)に勝る捕手はどこにもいないよ。他球団を見渡しても評価は高い。どんな時でも落ち着いているし、配球なども素晴らしい。ただ現在、最も試合に出ているのは會澤(翼)。ここ数年で、コンスタントに試合に出続けているのは大きい。やはり捕手というのは経験が最も重要なポジションだからね。打撃も良いし。その石原が形としてはバックアップ。これは本当に心強い。この2人はどちらが試合に出ても安心して見ていられるからね」

    「2年目で若いけど1軍に帯同している坂倉(将吾)も良い。打撃は言うことないし、捕手としての技量が備わってくれば。そこに磯村(嘉孝)などもいる。新人の中村(将成)も本当に良いものをもっているけど、うちの捕手陣に割って入るにはよほど頑張らないとね。とはいえ捕手はケガも多いし、何人いても多過ぎるということはない。それだけ難しいポジションだから」

     植田幸弘バッテリーコーチはうれしい悩みを語ってくれた。

     良い捕手のいるチームは強い。これは野球がどんなに進化しても変わらない。これまで強豪と言われたチームを見てもレギュラークラスの捕手を数人抱えていた例は枚挙にいとまがない。安定した投手陣や機動力、強力打線が注目されるカープ。しかしチームをしっかり支えているのは捕手陣である。そこでの競争は熾烈を極める。これは80年代、水沼四郎、達川光男などの時代からの伝統だ。 

     17年シーズンは會澤が106試合、石原が77試合、坂倉が3試合に出場している。(代打なども含む)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00112562-fullcount-base

     ちなみに、日本人に多い名字では佐藤、鈴木、高橋、田中、渡辺、伊藤など(※異体字含む)が上位とされている。プロ野球選手はどうだろうか。


    1位 田中 14人

    田中正義(ソ)投手
    田中和基(楽)外野手
    (田中)耀飛(楽)外野手
    田中瑛斗(日)投手
    田中豊樹(日)投手
    田中賢介(日)内野手
    田中靖洋(ロ)投手
    田中広輔(広)内野手
    田中健二朗(De)投手
    田中浩康(De)内野手
    田中貴也(巨)捕手
    田中俊太(巨)内野手
    田中優大(巨)育・投手
    田中大輝(巨)育・投手

     プロ野球選手で最も多いのは田中姓。巨人に4人、日本ハムに3人と偏っている。日本ハムはかつて「田中幸雄」という同姓同名の投手と内野手が同時期にいたが、なぜか田中姓の選手が多いことで知られている。

    2位 高橋 11人

    高橋礼(ソ)投手
    高橋純平(ソ)投手
    高橋光成(西)投手
    高橋朋己(西)投手
    高橋昂也(広)投手
    高橋樹也(広)投手
    高橋大樹(広)外野手
    高橋遥人(神)投手
    高橋聡文(神)投手
    高橋周平(中)内野手
    高橋奎二(ヤ)投手

     いわゆる「ハシゴ高」も含めた高橋姓が2位。11人中9人が投手と偏っている。高橋は広島に多い。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00112344-fullcount-base

    このページのトップヘ