広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中村恭平

     広島・中村恭平投手(30)が3日、廿日市市の大野練習場で行われた2軍秋季練習で、新たな決め球としてフォークを磨き、進化することをテーマに掲げた。今季は自己最多の43試合に登板し、セットアッパーを任されるまでの大躍進を遂げた左腕。今季ほぼ使ってこなかった球をモノにし、さらなる高みを目指す。

     大躍進したプロ9年目。だが中村恭はもう一段高いステージを求めて鍛錬に励んでいる。自らに課すのは決め球としてフォークを自在に操ることだ。元々持ち球でもあるが、「精度が良くなかったので、今年はあまり使っていなかった。安定して質がいいのを投げられればいい」と端正なマスクを引き締めた。

     1軍で多くの経験を積んだからこそ感じた課題だ。力強い直球とスライダーで相手をねじ伏せた今季。しかし「2球種だと何回も対戦するとどっちかに絞られた。相手の考える選択肢が3つになった方が確率的にはいい。変化球を意識させられる球、空振りを取れる球があればいいな、と」と狙いを説明した。

     シーズン終盤の9月下旬に上半身のコンディション不良で出場選手登録を抹消されたが、現在は問題なし。秋季練習中は1クールに1、2回ブルペンに入り、フォークの握りなどを試行錯誤していく。「フォークが生きれば、真っすぐも生きてくると思う」と前だけを見据える。

     セットアッパーも任された今季は自己最多の43試合に登板し防御率2・64。「自分が思ったよりやれたことは良かった。でも今年2回離脱して。1年間帯同できるようにしたい」。永川が引退したことで、来季チームの日本人投手最年長となる左腕。己を磨き、さらにでっかくなる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000042-dal-base

    今季登板なしに終わった広島の左腕・飯田哲矢投手(28)も戦力外通告を受けた。トライアウト受験は「あまり考えていない」としながらも、現役続行の意思も「五分五分。決めきれていない」と悩める胸の内を明かした。


    JR東日本から14年ドラフト6位で入団。1年目は16試合に登板し、横手投げに転向した18年は14試合に登板した。プロ5年間の思い出には15年5月23日のプロ初登板を挙げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-10020730-nksports-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    広島床田寛樹投手(24)はちゃっかり者だ。5月3日巨人戦で、昨年までチームメートだった丸の背中に死球をぶつけた。

    球団関係者を通じて謝罪したが、あやまったついでにバットを所望し、手に入れた。「ちょっと重いんです。でも打てる気がする。丸さんのですから」。6月30日にDeNA井納からプロ初安打となる中前打を放ち、阪神高橋遥、西、中日柳からも安打を記録。9月5日にヤクルト山田大に折られるまで、4カ月にわたって使い続け、4安打を記録した。

    床田は繊細だ。8月24日に2軍から復帰すると、口の周りにできものができた。心身が疲れたら出やすいといわれる。「多分、メンタルです」。勝てなくても、思うようなボールを投げられなくても、平然と次の1球を投げるのが先発投手の役割。2軍では絶対に味わえない張り詰めた空気に触れ、体が変調をきたしていた。戦いの場に戻ったことを意識し、自らの精神状態も自覚したという。

    床田は腹が据わっている。自らが大きな重圧を感じていることを認めた上で、逃げ場所はないと覚悟を固めた。「もう(2軍に)落ちたくない」。1軍復帰後、4戦連続で6回以上で自責3以下の「クオリティースタート」を達成。直球の球速も140キロ台後半まで回復した。勝ち星はなかなか増えないが、頼もしいマウンドさばきでチームを支えている。

    ちゃっかりしていて、繊細で、いざとなれば腹をくくる。左肘のトミー・ジョン手術から復帰して1年目。床田は初めて経験するフルシーズンを、自分なりのやり方で駆け抜けようとしている。【広島担当=村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-09151404-nksports-base

     「巨人5-6広島」(14日、東京ドーム)

     広島・佐々岡真司投手コーチが投手陣に苦言を呈した。


     先発ジョンソンが判定にイライラした姿には「なかなか冷静になれないな。でも粘り強く投げた」と言及。それでも6投手によるリレーでジョンソンが5四球、中村恭が2四球、フランスアも2四球を与え「ずっと言っているけど、四球絡みで点が入っている。東京ドームの怖さなのか」と歯がゆそうだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000122-dal-base

     ペナントレース終盤、今季は投手の分業がさらに進み、救援投手の重要性がより増したともいえるだろう。各球団の救援投手事情についてみていこう。



    セ・リーグ 各チームの主要な救援投手の成績

    ○広島
    フランスア 61登6勝6敗12セーブ17ホールド 64回1/3 防2.66
    中崎翔太 36登3勝3敗9セーブ5ホールド 35回1/3 防4.08
    遠藤淳志 32登1勝1敗1セーブ6ホールド 40回1/3 防2.90
    菊池保則 50登1勝2敗0セーブ11ホールド 52回2/3 防2.73
    レグナルト 49登6勝2敗0セーブ14ホールド 55回2/3 防2.91
    中村恭平 39登0勝1敗0セーブ10ホールド 40回2/3 防2.43
    一岡竜司 33登0勝0敗0セーブ16ホールド 31回 防2.90

     クローザーの中崎が不振で2度の2軍落ち、フランスアが代役を務める。セットアッパーでは6月に昇格した遠藤が、次第に重要な持ち場を任されるようになっている。

    ○ヤクルト
    石山泰稚 31登2勝2敗10セーブ5ホールド 30回2/3 防1.76
    マクガフ 62登6勝3敗9セーブ17ホールド 65回2/3 防2.88
    梅野雄吾 64登1勝2敗4セーブ26ホールド 64回 防3.66
    ハフ 63登1勝4敗3セーブ24ホールド 61回1/3 防3.96
    近藤一樹 57登3勝3敗0セーブ18ホールド 51回 防3.00
    五十嵐亮太 44登5勝1敗0セーブ3ホールド 41回1/3 防3.05

     クローザーを固定できず。石山は優秀だったが、コンディション不良で2か月弱の戦線離脱。最近はマクガフがクローザーを務める。

    ○巨人
    中川皓太 60登4勝3敗16セーブ15ホールド 59回 防2.44
    デラロサ 21登1勝0敗6セーブ5ホールド 18回1/3 防1.96
    クック 13登0勝2敗6セーブ0ホールド 15回 防4.80
    田口麗斗 47登2勝3敗1セーブ12ホールド 57回1/3 防4.24
    澤村拓一 36登2勝1敗1セーブ11ホールド 40回1/3 防2.45
    マシソン 21登1勝2敗1セーブ8ホールド 16回1/3 防3.86
    野上亮磨 13登1勝2敗1セーブ3ホールド 18回 防3.50
    高木京介 49登3勝1敗0セーブ10ホールド 48回 防3.94

     中川がクローザー、セットアッパーを掛け持ちしたが、やや疲れが見える。7月中旬に加入したデラロサが活躍している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00534125-fullcount-base

     広島の空模様が急に怪しくなってきた。4日のヤクルト戦(神宮)は7―7同点の9回二死で抑えのフランスアが山田哲にサヨナラ満塁弾を浴び、7―11で痛い敗戦を喫した。一時は巨人、DeNAとの首位争いに加わっていたが、気付けばV戦線から脱落。今や2・5差で迫るトラの足音におびえる状況となった。

     序盤は快勝ペースだった。初回から新クリーンアップが機能し、4番・松山、5番・長野の連続適時打で2点を先制。5回までに長野の133日ぶり3号ソロなどで5―1とリードした。ところが6回に2番手・島内、3番手・中村恭がつかまって一挙5点を奪われ逆転を許して相手の流れに。打線は7回に同点に追いつく意地を見せたが、最後は守護神の乱調と犠打処理ミスが重なったことが誤算だった。

    「フランスアが自分でピンチを招き、傷口を広げてしまった。攻撃陣はしっかりできていた。(攻撃は)こういうふうに、また明日」。緒方孝市監督(50)は前を向くが、ベンチ内には焦りの色も見え始めている。

     チームスタッフは「現実問題として優勝は厳しい。じゃあ、次はどこにモチベーションを向けさせるべきなのか、どんな言葉で鼓舞すればいいのかを首脳陣も悩んでいる。ヤクルトの立場なら『タイトルを狙え』とも言えるでしょうけれどね」。広島はベンチも“優勝慣れ”してしまっているだけに「CS出場」や「3位確保」といった言葉で士気を再浮揚することが容易ではないのだ。

     目下の敵となった阪神とは次カードで激突する。もう一度心を奮い立たせ、王者の意地でせめてAクラスは死守したいところだが…。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000026-tospoweb-base

    ○ DeNA 1 - 0 広島 ●
    <21回戦・横浜>

     2位のDeNAが、3位・広島との直接対決に2勝1敗で勝ち越し。首位・巨人との5ゲーム差をキープした。広島は3カード連続の負け越しでDeNAとのゲーム差は1.5。巨人との差も6.5に広がった。

     試合はDeNA先発・今永、広島先発・九里による投手戦。両投手とも丁寧にアウトを重ね、スコアボードにゼロを並べ続けた。九里は無失点のまま迎えた7回、途中出場の先頭・ロペスに、初球のチェンジアップを左翼席へ運ばれた。それでも、後続を3人で退け7回を3安打1失点。8回に代打を出され降板したが役割は果たした。

     しかし、打線は最後まで今永から得点できなかった。初回は1番・西川の二塁打を口火に一死三塁としたが、3番・鈴木が一飛に倒れたあと、4番・松山は三ゴロ。2回以降は三塁ベースを踏ませてもらえず、今季6度目となる完封負けを喫した。広島は今永に対し、今季0勝4敗。援護のなかった九里は6敗目(6勝)を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00199956-baseballk-base

     「第101回全国高校野球選手権大会」の熱戦が続いている。

     令和最初の夏の甲子園。プロ9年目でブレークした広島・中村恭平投手(30)が、立正大淞南(島根)で過ごした3年間を振り返った。



     プロ9年目で覚醒を遂げた左腕は、神奈川を離れ、島根県にある立正大淞南で白球を追った。中学時代は身長158センチと小柄で、最速も110キロ止まり。高校入学後も順風満帆ではなかった。膝を故障し、2年夏には肘を手術した。球児としてプレーしたのは「実質1年ぐらい」と言う。

     高3春から本格的に実戦復帰し、夏には背番号1が与えられた。地方大会は2回戦益田産を破り、続く川本戦も大勝。準々決勝まで駒を進めたが、梶谷(DeNA)を擁する開星に八回コールド負けを喫した。中村恭はすべて2番手で登板したが、夏の甲子園への道は険しかった。

     「あぁって感じでした。負けるかなあと思っていました。開星は強かったので。そこに勝たないと行けないと思っていました」

     06年夏と言えば“佑ちゃん、マー君フィーバー”が巻き起こった年だ。早稲田実業と駒大苫小牧の再試合は国民的な関心を集めていたが、「プロになれると思っていなかった」という左腕にとって別世界のようであった。

     「テレビも見てなかったです。でも情報は入ってくるじゃないですか。すごいなあと。それぐらいですよ。負けたチームの選手ってこれからどれだけ遊ぼうかっていうことを考えてますから(笑)」

     中村恭も開放感に満たされていたが、左腕に夏休みはなかった。「オマエは絶対プロになれる。大学でも野球を続けた方がいい」。卒業後の進路に迷っていた頃、田中謙二監督に半ば強引に大学進学を勧められた。高3の頃には身長180センチまで伸びていたが、球速は120キロ台。プロからスカウトされることもなかったが、中村恭は恩師の言葉に従った。

     07年9月、富士大でプロの夢を追い始めていた中村恭にまさかの訃報が届く。田中監督が脳梗塞で急逝したという知らせだ。41歳の若さだった。悲しみを乗り越え、左腕は急成長を遂げる。最速149キロをたたき出し、10年に広島からドラフト2位指名を受け、恩師との約束を果たした。

     昨年までの8年間はくすぶったが、今季は1軍に定着。6月は勝ちパターンも担った。左肘違和感で一時離脱もあったが、7月後半には1軍復帰。キャリアハイの成績を残して、今オフは恩師の墓前へ報告するつもりだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000107-dal-base

     また止められた。広島は30日の巨人戦(東京ドーム)に5―8で敗れ、19日の同カードから続いていた連勝が9でストップ。巨人は5月26日に連勝を11で止められた因縁の相手。この負けで巨人とのゲーム差は再び6に広がった。

     この日は10日に支配下登録されたエマイリン・モンティージャ(23)の一軍初登板初先発となったが、3回もたず3失点で降板。投手陣は2番手のアドゥワから中村恭、島内とつないだが、全員失点で計14安打8失点と踏ん張れなかった。

     ただ、悪いことばかりではない。緒方監督はモンティージャについて「初登板だからね。いい球はあったよ。もっとばらつくのかと思ったけどね」と話し「フランスアがデビューした時と比べて見劣りもしない」と、まずまずの評価を与えた。

     好調の打線も意地を見せた。1―7の8回に先頭の西川が9号ソロ。一死後にバティスタの安打と鈴木の死球で一、二塁とし、松山が3号3ランを放って一時は2点差にまで迫った。

     貯金は2に減ったが1・5ゲーム差の2位DeNAだけでなく、首位・巨人もまだ射程圏内だ。「上位との対戦ということではなく、とにかく一戦一戦という気持ち」と緒方監督。逆転での4連覇へ、ここから大まくりを見せる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000034-tospoweb-base&pos=1

     「DeNA2-2広島」(30日、横浜スタジアム)

     雨のため20分遅れで試合開始となった一戦は延長十二回、引き分けに終わった。


     2-2の十二回。DeNAの守護神・山崎の前に三者凡退に仕留められ、広島の勝ちはなくなった。その裏に投入の7番手・遠藤も奮起。DeNA打線を3人で斬り、得点は許さなかった。

     広島は勝利目前で追いつかれた。2-1で九回を迎えたが、1点を守り切れず。5番手のフランスアが2死三塁で佐野に右前へ同点打を運ばれ、延長にもちこまれた。

     直前の九回表に無死満塁と絶好の追加点のチャンスを作りながら国吉の前に無得点に終わったのも響いた。

     意地を見せていた。1点を追う七回。先頭の鈴木がこの日2安打目となる中前打で出塁。続くメヒアが藤岡から逆転の2号2ランを右翼へ運んだ。鈴木は四回に14打席ぶりの安打を放っていた。

     先発の床田は三回に筒香に先制二塁打を許したが、6回を3安打1失点の好投だった。

     引き分けたDeNAは35勝36敗で阪神と並び、同率の3位に浮上した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000130-dal-base

    このページのトップヘ