広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中村恭平

     広島の戸田隆矢投手(26)が13日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で大瀬良とともに自主トレを行い、キャッチボールやランニングなどで2時間、汗を流した。昨季は1軍出場なしと無念の結果に終わった左腕。チームの大黒柱から多くのことを吸収し、今季は背水の覚悟で挑むことを明かした。



     得られるモノはすべて、自分のモノにする。戸田は真剣な表情で一緒に自主トレを行うエース・大瀬良からの助言に聞き入った。その光景からは、ささいなことでも吸収しようという必死さが伝わってきた。

     すべては今季、巻き返しを図るため。高卒ルーキーながら1年目から1軍マウンドを経験し、2016年の阪神戦で自身初の完封勝利をマーク。将来のエース候補として期待をかけられたが、ここ数年は登板試合数も減り、昨季はプロ入り初めて1軍登板ゼロに終わった。

     2軍生活を強いられ、苦渋を味わうこととなった戸田。「プライドを捨ててやっていくしかない」と言う。絶対にはい上がる-。その意識が練習内容からもうかがえた。

     遠投ではただ投げるだけでなく、1球ごとに球質やフォームを先輩に確認。イメージ通りに体が動いているか、指がボールにしっかりとかかっているかなど、さまざまなポイントに対して率直な意見を求めた。

     「投げる時に頭と手が離れるところがある。そこを(修正するように)一球、一球やりました」と意図を説明。今年プロ9年目を迎える左腕は「今年が勝負だと思います」と危機感を募らせている。背水の陣を敷くためにも、投手陣を支える大黒柱からの教えを自らの糧とし、貪欲にレベルアップしていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000033-dal-base

    【楊枝秀基のワッショイ!スポーツ見聞録】やるしかない。自分を信じて前に進むしかない。広島・中村恭平投手(30)が腹をくくったのは2017年9月のころだった。9月18日にカープがリーグ連覇を達成。中村恭も歓喜の輪に加わっている予定だった。だが、自身は9月27日、鳴尾浜での阪神戦でウエスタン・リーグ優勝のメンバーの中にいた。素直に喜んでいいはずの優勝。それでも、腹の底から飛び上がるほどに喜べない自分がもどかしかった。

     17年は人生の転機となった。当時の背番号22と誕生日(3月22日)にかけて2月2日に入籍。9月には第1子も授かった。本当の意味で家族を持ったシーズンに、一軍登板なしという現実が胸を締めつけた。もともと、150キロ超の直球を持ちながら、制球難克服を意識するあまりフォームも崩し130キロ台まで落ちていた。

    「『速い球を投げられることは生まれ持っての才能だから、コントロールなんて気にせず腕を振れ』と言われたり『野球はコントロール。それだけの球威があるなら、力を抜いて軽く投げてみろ』と言われたり。もう、どうしていいか分からん」

     思わず愚痴をこぼしたこともあった。そんな時、先輩から言葉をかけられた。「俺みたいにユニホームを脱いだらもう何もできんのやぞ。どうしていいか分からんなら、自分でどうしたいか考えろ。精一杯やり切ったら、結果が出んでも後悔せんはずや。まずは黙ってやれ」。17年オフ、背番号は22から64に変更された。崖っ縁であることはおのずと感じ取った。

     家族を背負って立つ。覚悟を決めた。このタイミングで一度はやめていたウエートトレを再開。カープではレジェンド・黒田博樹や前田健太(現ドジャース)、大瀬良大地らが師事するパフォーマンス・コーディネーターの手塚一志氏の教えを仰いだ。

     19年シーズン、中村恭は開花した。過去8年で40試合の投手が43試合に登板。0勝1敗12ホールド、防御率2・64と結果を出し、最終的にセットアッパーの立場を勝ち取った。自己最速も156キロに更新し、来季は左腕一軍公式戦最速の160キロも目標にしている。

     19年9月には第2子を授かった。2年前から成長したパパがここにいる。もう迷わない。中村恭はその剛腕をブレずに振り続ける。

     ☆ようじ・ひでき 1973年8月6日生まれ。神戸市出身。関西学院大卒。98年から「デイリースポーツ」で巨人、阪神などプロ野球担当記者として活躍。2013年10月独立。プロ野球だけではなくスポーツ全般、格闘技、芸能とジャンルにとらわれぬフィールドに人脈を持つ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000001-tospoweb-base

     広島・中村恭が特別待遇不要で来春キャンプに臨む決意を示した。「ゆっくり調整する立場ではない。例年と同じように初日からブルペンに入れる状態にしておきたい」。来年3月で31歳。永川(2軍投手コーチ)の現役引退で来季から日本人投手では球団最年長になっても、従来通り2月1日からのブルペン入りを示唆した。

     9年目の今季は自己最多の43試合に登板するなど勝利の方程式の一角を担い、来春キャンプでは3年ぶりに1軍スタートとなる可能性が高い。今冬はフォークを試投中。「まだ全力では投げていないけど、新球のイメージはできた。ボール球で勝負する球がほしいので、キャンプ中の実戦で試したい」。慢心なく、さらなる進化を期した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000053-spnannex-base

     広島・中村恭平投手が1日、広島市のウインズ広島で行われた「JRA サンクスフェスタ」に一岡竜司投手と共に参加した。

     中村恭は今季開幕を2軍で迎えたが、終わってみれば、43試合に登板し、0勝1敗、12ホールド、防御率2・64。後半戦はセットアッパーで起用されるなど、プロ9年目で大ブレークを果たした。

     「(開幕は)崖っぷちじゃなくて崖から落ちていた。うまく着地できて良かった」と振り返り、「自分が想定している以上に投げられた。(昨季までの)8年分疲れました」と笑わせた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000142-dal-base

     広島市内で行われた「eBASEBALLプロリーグ」セ・パe交流戦後節に、広島・塹江敦哉投手(22)とアドゥワ誠投手(21)がゲスト解説として参加した。

     塹江は、「実況パワフルプロ野球2018」内での自身の能力を「コントロールFで、スタミナDで…」とスラスラ回答できるほどの愛好家。今季は3年ぶりに1軍登板を果たすなど自身最多の11試合に登板した。“パワプロ”の能力アップへの期待が高まる一方、不安もあるようで…。

     「今年の失点の半分が本塁打なので“一発”がつくかもしれませんね…」

     ゲーム内では「一発」と呼ばれる失投の確率が高まる特殊能力がある。今季は8月29日の巨人戦で丸に満塁アーチを被弾するなど、20回2/3で被本塁打4と“一発病”が課題だった。

     「本塁打は確実に1点入ってしまう。そこを二塁打とかワンヒットに止めたい」

     今季の最速は153キロを計測した。「球速の目標はまだ上にある。(中村)恭平さんは155キロ出す。同じ左投手として負けられない」。持ち味の剛球をさらに進化させて、“一発病”克服を期した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000206-spnannex-base

     広島の秋季キャンプが20日、幕を閉じた。宮崎県日南市の天福球場で若鯉が猛練習に励む中、広島の大野練習場でも残留組が連日、汗を流していた。8年目・戸田隆矢投手、6年目・中村祐太投手はブルペンで熱投を続け、5年目・桑原樹内野手は連日バットを振り込む日々を過ごした。

     戸田はプロ8年目で初めて1軍登板なしに終わった。高卒3年目の14年は30試合、15年は34試合に登板。16年にはプロ初完投、初完封を含む4勝を挙げたが、ここ数年は登板数が減少している。この秋は直球の質向上をテーマに掲げ投球練習を継続。ボールの回転数を測る「ラプソード」を活用して、レベルアップを図った。

     戸田「今年は良い時と悪い時の波が激しかった。真っすぐの強さが出れば周りの見方も変わってくると思う。今年の悔しさは来年にぶつけたい」

     オフも野球漬けの日々を送る。12月は筋量アップを目指してウエート中心のトレーニングを続け、年明けから2年連続で大瀬良の自主トレに参加予定だ。

     戸田「大瀬良さんでもあれだけやっているのだから、結果が出ていない自分はもっとやらないといけない。全力で頑張りたいです」

     プロ6年目の中村祐は来季を「勝負の年」と位置づけ、フォーム固めに励んだ。今季は先発ローテ入りを期待されながら登板はわずか2試合。制球を気にするあまり腕が振れず、本来の持ち味が影を潜めた。大野残留を前向きに捉え、「やることをやって悔いがないようにしたい。自分と向き合ってやりたい」と力を込める。

     高卒5年目の桑原は森笠2軍打撃コーチが見守る中、朝から夕方までバットを振り続けた。1日約1000スイング。今季は小園、羽月ら、高卒1年目の選手が多く加入したため、外野での出場も増えた。「これだけ振ったのは初めて。日南に行っている選手よりも振りたいです」と背水の覚悟を明かす。

     カープでは秋季キャンプでの取り組みが来春キャンプメンバーの選考につながる。佐々岡監督へ直接アピールの機会は逃したが、大野残留組も懸命に汗を流していた。畝3軍投手コーチは「向こう(日南)に負けないように」とハッパ。今季30歳でブレークした中村恭の例もある。戸田は「刺激になりました。もっと頑張らないといけない。闘争心が湧きます」とメラメラ。V奪回を目指す来季は大野残留組の巻き返しにも期待だ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000065-dal-base

     広島の主力組がシーズンの疲れを癒やす大分・湯布院温泉でのリハビリキャンプが16日、スタート。九里、大瀬良、野村、床田、菊池保、中村恭、石原、田中広、西川、長野、松山の11選手が参加し、極楽気分で露天風呂につかった。



     初参加は床田、菊池保、中村恭、西川の4人。菊池保は公称80キロながら実際は3ケタに届くか届かないかの“わがままボディー”を披露して「写っちゃいけないものが写っちゃうよ」とイジられていた。西川は明らかに体脂肪の少なそうなピキピキボディーを縮こまらせて「寒~い」と震えていたが、湯に浸ればダブルピースを見せる極楽ぶりだった。

     床田は「温泉はのぼせるので…。きょうのお湯も熱かったぐらい」と39度の湯にも耐えられなかった様子。さらに「においが強かったり、ぬるぬるする温泉が苦手」と、温泉マニアに「そうじゃないだろ」と説教されそうな奔放な発言で報道陣を笑わせた。そして「ゴルフもヘタクソですし、何でここに来たんですかね。あ、でも練習するよりはいいか!」と、野球から離れられることこそが“極楽”と言いたげだった!?



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000116-sph-base

     広島・中村恭平投手(30)が3日、廿日市市の大野練習場で行われた2軍秋季練習で、新たな決め球としてフォークを磨き、進化することをテーマに掲げた。今季は自己最多の43試合に登板し、セットアッパーを任されるまでの大躍進を遂げた左腕。今季ほぼ使ってこなかった球をモノにし、さらなる高みを目指す。

     大躍進したプロ9年目。だが中村恭はもう一段高いステージを求めて鍛錬に励んでいる。自らに課すのは決め球としてフォークを自在に操ることだ。元々持ち球でもあるが、「精度が良くなかったので、今年はあまり使っていなかった。安定して質がいいのを投げられればいい」と端正なマスクを引き締めた。

     1軍で多くの経験を積んだからこそ感じた課題だ。力強い直球とスライダーで相手をねじ伏せた今季。しかし「2球種だと何回も対戦するとどっちかに絞られた。相手の考える選択肢が3つになった方が確率的にはいい。変化球を意識させられる球、空振りを取れる球があればいいな、と」と狙いを説明した。

     シーズン終盤の9月下旬に上半身のコンディション不良で出場選手登録を抹消されたが、現在は問題なし。秋季練習中は1クールに1、2回ブルペンに入り、フォークの握りなどを試行錯誤していく。「フォークが生きれば、真っすぐも生きてくると思う」と前だけを見据える。

     セットアッパーも任された今季は自己最多の43試合に登板し防御率2・64。「自分が思ったよりやれたことは良かった。でも今年2回離脱して。1年間帯同できるようにしたい」。永川が引退したことで、来季チームの日本人投手最年長となる左腕。己を磨き、さらにでっかくなる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000042-dal-base

    今季登板なしに終わった広島の左腕・飯田哲矢投手(28)も戦力外通告を受けた。トライアウト受験は「あまり考えていない」としながらも、現役続行の意思も「五分五分。決めきれていない」と悩める胸の内を明かした。


    JR東日本から14年ドラフト6位で入団。1年目は16試合に登板し、横手投げに転向した18年は14試合に登板した。プロ5年間の思い出には15年5月23日のプロ初登板を挙げた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-10020730-nksports-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    広島床田寛樹投手(24)はちゃっかり者だ。5月3日巨人戦で、昨年までチームメートだった丸の背中に死球をぶつけた。

    球団関係者を通じて謝罪したが、あやまったついでにバットを所望し、手に入れた。「ちょっと重いんです。でも打てる気がする。丸さんのですから」。6月30日にDeNA井納からプロ初安打となる中前打を放ち、阪神高橋遥、西、中日柳からも安打を記録。9月5日にヤクルト山田大に折られるまで、4カ月にわたって使い続け、4安打を記録した。

    床田は繊細だ。8月24日に2軍から復帰すると、口の周りにできものができた。心身が疲れたら出やすいといわれる。「多分、メンタルです」。勝てなくても、思うようなボールを投げられなくても、平然と次の1球を投げるのが先発投手の役割。2軍では絶対に味わえない張り詰めた空気に触れ、体が変調をきたしていた。戦いの場に戻ったことを意識し、自らの精神状態も自覚したという。

    床田は腹が据わっている。自らが大きな重圧を感じていることを認めた上で、逃げ場所はないと覚悟を固めた。「もう(2軍に)落ちたくない」。1軍復帰後、4戦連続で6回以上で自責3以下の「クオリティースタート」を達成。直球の球速も140キロ台後半まで回復した。勝ち星はなかなか増えないが、頼もしいマウンドさばきでチームを支えている。

    ちゃっかりしていて、繊細で、いざとなれば腹をくくる。左肘のトミー・ジョン手術から復帰して1年目。床田は初めて経験するフルシーズンを、自分なりのやり方で駆け抜けようとしている。【広島担当=村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-09151404-nksports-base

    このページのトップヘ