広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中村祐太

     広島・中村祐太投手(22)が13日、坂倉将吾捕手(19)ととも広島市のアミューズメント施設「打劇王草津店」でサイン会&トークショーに参加した。5年目の今季は開幕1軍とローテ入りを勝ち取った上で「ビジターで初勝利を挙げないと」と“内弁慶”返上を誓った。

     さらなる飛躍の5年目へ-。開幕1軍とローテ定着を目指す中村祐は、敵地での成績について問われると敏感に反応した。

     「何とか今年はビジターで初勝利を挙げないといけない。どのマウンドでも安定した投球をできるようにしたい」

     1軍デビューした昨季は主に先発で15試合に登板し、プロ初勝利を含む5勝をマーク。本拠地では5勝1敗、防御率3・02だったが、敵地では0勝3敗、防御率4・64と不本意な数字が残った。

     「初めての1軍で(敵地の)勢いにやられたのもあった。去年はフォームの軸がブレブレだったので、マウンドが高い低いというのも気づけなかった」

     1年間ローテに入るためにも、苦手は作りたくない。直球の質を向上させるため、現在はフォーム固めを図る。昨年12月には三重県内の施設に1週間滞在し、体の使い方を研究。「(主に)下半身の体重移動。道筋が見えた。それを無意識にできるようにならないと」と力を込めた。

     このオフの間には都内の施設でドジャース・前田健とトレーニング時間が重なった。「体の使い方がスムーズ。自分の体をしっかり扱っていた。それぐらいにならないとトップアスリートにはなれないのかなと思う」と収穫を得た。6勝以上、防御率2点台を掲げる右腕。1年前の自分を超えるべく、階段を上り続ける。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000035-dal-base

     広島・中村祐太投手と坂倉将吾捕手が13日、広島市内のアミューズメント施設「打劇王草津店」でサイン会&トークショーを行った。

     抽選会などを含め、約2時間半会場を盛り上げた2人。質問コーナーでは今季の目標を問われ中村祐は「まずは1年間けがなくやること。あとは1年間ローテーションを回れるようにしていくこと。6勝以上できるように頑張ります」と昨季の5勝を上回る数字を挙げた。

     一方、坂倉は「今年もけがをしないように。あとは楽しくできたら」と抱負。さらに具体的な目標を問われると、1年目の昨季はウエスタン・リーグで打率・298をマークしたことから「今年は1軍の方で3割乗ったまま終わりたい」と宣言し、会場から大きな拍手が送られた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000116-dal-base

     広島・中村祐太投手(22)が21日、ドジャース・前田健太投手(29)との再会を心待ちにした。オフは同じ施設で自主トレを行う予定で、対面が実現すればシーズン中に感じた疑問をぶつける考えだ。プロ4年目の今季はプロ初勝利を含む5勝を記録。あこがれのマエケンから超一流の技術と考えを学び、来季の飛躍につなげる。

     中村祐は目を輝かせて、憧れの人との再会を待ちわびた。オフの自主トレ場所はマエケンと同じ東京都内の施設。来季のさらなる飛躍を目指し「機会があれば投球のことや、今年1年で感じたことを聞いてみたいです」と声を弾ませた。

     昨季までプロ未勝利。自主トレ中に顔を合わせる機会があっても「何を聞けばいいのか分からなかった」と振り返る。今年は違う。15試合に先発し、5勝4敗、防御率3・74を記録。1軍を経験したことで新たな疑問も湧いたという。

     自身と同じスライダーを武器とするマエケンは最高のお手本だ。配球はもちろん「追い込んでからどういう考えで投げているのか」を聞き出し、今後の成長につなげる考えだ。

     マエケンが中継ぎで奮闘したワールドシリーズも、マツダスタジアムのロッカーで毎試合チェック。「すごかった。154キロぐらい出ていた」と興奮気味に振り返った。

     今オフは体力強化をテーマにトレーニングに励んでおり、来季の目標は規定投球イニング到達。オフ期間もボールを握り、2月1日のキャンプインに照準を合わせている。「ずっと憧れだった」という先輩との対面はまもなく。超一流の技術を貪欲に学び、レベルアップをはかる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000041-dal-base&pos=1

     広島・中村祐太投手(22)が5日(日本時間6日)、優勝旅行で滞在中のハワイでダイヤモンドヘッドに登頂した。頂上で絶景を目に焼き付け、三つの誓いを立てた。
     〔1〕1年間1軍でプレー

     〔2〕6勝以上

     〔3〕規定投球回到達

     すべてクリアするため、来季は打者の内角をえぐる。今季は15試合に先発し、5勝4敗、防御率3・74。「試合を作れている試合は内角に投げられていた」と振り返る。

     一方で痛打を食らう場面は外角一辺倒の配球に偏っていた。シーズンを通して1軍で活躍すれば、規定投球回数到達も射程圏内となる。「今年より勝ちたい」と掲げた6勝以上も、十分達成可能な数字だ。

     頂上では「高所恐怖症だけど、行って良かったです」とニッコリ。ダイヤモンドヘッドからパワーをもらい、5年目の来季へ決意を新たにした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000042-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)、薮田和樹投手(25)、中村祐太投手(22)が5日(日本時間6日)、ハワイ優勝旅行で、ダイヤモンドヘッドに登頂した。

     頂上で絶景を見た野村は「景色がきれいで感動しました。パワーをもらいました」と笑顔。薮田も「行こうか迷っていたけど、登ってみたら達成感がありました。みんなで楽しく登れたので、いい思い出になりました」と振り返った。最年少の中村祐は2度目の登頂に「すがすがしい気持ちになりました。高所恐怖症ですが、行って良かったです」と満足感に浸っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000032-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)、岡田明丈投手(24)、中村祐太投手が3日(日本時間4日)、優勝旅行先のハワイでイルカ乗りに挑戦した。中村祐は「メッチャ楽しかった。速いというより浮いているような感じでした」と興奮気味。野村も「楽しかった。思ったより肌がすべすべでした」と笑顔。「ハワイに来て楽しませてもらっているのも優勝したからこそ。また来られるように頑張りたいです」と、リーグ3連覇への思いを強くしていた。

     この模様は12月15日午後19時から広島テレビ「カープ優勝旅行 INハワイ」で放送される予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000067-dal-base

     セ・リーグ2連覇を成し遂げた広島が1日、優勝旅行で広島空港から米国・ハワイ州のホノルル空港へ向けて出発した。入団4年目で初めて1軍に昇格し連覇に貢献した中村祐は、優勝旅行中もトレーニングを継続することを明かした。

     優勝旅行に初参加の中村祐は、ハワイに行くのは関東第一での修学旅行以来2度目となる。「前は予定が決まっていたのですが、今回はまだ何をするのか決まってません。マリンスポーツや買い物を楽しみたい」と目を輝かせた。その一方で「来季へ向けて、近くの公園でランニングやキャッチボールをしたいと思います」と力強く語った。

     中村は4年目の今季、1軍に初昇格。15試合に登板し、5勝4敗0セーブ、防御率3・74。来季への飛躍が期待されている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000158-dal-base

    【核心直撃】広島の2年目・岡田明丈投手(24)が、苦悩のシーズンを振り返り、再起を図っている。今季はプロ初完投勝利を含む12勝(5敗)をマーク。しかし、突如制球が乱れる“悪癖”に悩まされて首脳陣からの信頼を失い、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでの登板機会はなかった。そんな右腕はどんな思いで来季を見据えるのか。直撃した。

     ――12勝は薮田に続いてチーム2位の成績

     岡田:勝利数に関しては昨季(4勝)よりは増えたというのはありますが、そこは野手に点を取ってもらった結果でもあるので。

     ――成長を感じた部分もあるのでは

     岡田:1年間(先発ローテーションを)守れませんでしたが、シーズンの前半はしっかり回れたところかな。

     ――9点差をひっくり返されて逆転負けを喫した5月6日の阪神戦では、6回に突如制球が定まらなくなった。この試合が自身を苦しめるきっかけとなったのか

     岡田:そういう印象を受けられることが多いと思うけど、自分としてはそこまで影響はなかった。

     ――他に原因がある

     岡田:もっともっとうまくなりたくて、考えすぎて、いろいろなことを試しているうちに当てはまらず、ズルズルいってしまったという感じ。

     ――体調面は

     岡田:昨季よりも後半にかけて体がキツくなり、言うことを聞かなくなっていた。自分の投球ができるような方向に持っていけたらよかったんだけど。思い通りにいかなかったのかな。

     ――CSファイナルSで登板機会はなかった

     岡田:チャンスはものすごくもらっていた。ただ、自分が最後の最後までものにできなかったということ。信頼を裏切ってしまった。

     ――「先発投手陣が不安定」という部分に感じるものもある

     岡田:これがいい経験になったと思えるように準備していきたい。今季はこういう結果になったけど、来季はシーズン通して回りたいし、先発を引っ張っていけるように安定したピッチングを求めていきます。

     ――課題が確かになった

     岡田:思っている通りのフォームで投げようというのがメーン。効率のいい動きでベストなボールを投げるのが課題で思ったところに投げ込めるか。それはコーチたちとも一致した。まだ、下半身に無駄な動きがあるので。

     ――シーズン中の対応は難しい

     岡田:シーズン中も一試合一試合で課題は出るけど、中5日や中6日で試合があるので、ゆっくり考えている暇がなくフォームもいじれなかった。

     ――持ち球にも変化を加える

     岡田:握りを変えたスライダーを習得して試合で使えるようにしていきたい。でも、やっぱり真っすぐありきの変化球。変化球だけじゃ絶対に抑えられない。

     ――ところで、遠征にはニンテンドースイッチを持参しているとか

     岡田:時間があるときに「モンスターハンターダブルクロス」を(中村)祐太と(高橋)樹也と一緒にやっています。

     ――その中村祐、高橋樹からは「岡田さんは強いです」という声も

     岡田:結構1人でもやっているからかな。合計100時間もプレーしていないと思うけど。楽しみの一つ…どうかな。暇つぶしにやっている感じです(笑い)。

    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/838690/

    このページのトップヘ