広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中田廉

    <ヤクルト8-0広島>◇4日◇神宮

     首位広島が今季初の完封負けを喫し、連勝は2で止まった。ブキャナンの前に散発5安打に封じられた。先発ジョンソンは5回3失点で2敗目。終盤に追加点を許した。緒方孝市監督(49)は「今日もスタンドを真っ赤にしてもらったのに、ファンにいいところを見せられなかった。明日はカープの野球ができるように頑張るだけ」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198945-nksports-base

     「中日11-7広島」(20日、ナゴヤドーム)

     広島は七回、救援陣が打ち込まれ逆転負け。連勝は「5」で止まった。

    【写真】緒方監督の女子高生次女は母親似の美少女!黒髪&美脚が魅力

     7-4の七回。緒方監督がマウンドに送り出したのは中田だった。1死からモヤの二塁打をきっかけに走者をためると高橋、福田に連続適時打を浴びてリードはわずか1点。2死満塁から大島に右前2点適時打を許し、ついに逆転された。交代したアドゥワも悪い流れを止められない。この回、8本の長短打を集められ7失点し、7-11とされた。

     七回の攻撃で5点を奪い7-4と試合をひっくり返していた。直後に暗転。中田は「逆転した次の回に逆転されてしまった。僕の責任。申し訳ない気持ちでいっぱい」と視線を床に落とした。

     緒方監督は「投手じゃない。自分の采配ミス。勝たなければいけなかった」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000147-dal-base

    ◆中日11―7広島(20日・ナゴヤドーム)

     広島がお家芸の逆転勝利の展開に持ち込んだものの、再逆転され、連勝は5でストップした。

     2点を追う7回1死満塁から田中の右前への2点適時打で同点に追いつくと、菊池の左中間を破る適時二塁打で一度は逆転に成功した。田中が「何とかいいところに落ちてくれて良かった」と言えば、菊池も「必死に打ちにいった結果、ヒットになってくれて良かった」と振り返った。

     敵失にバティスタの犠飛も飛び出し、この回一挙5点。だが、その裏に2番手・中田が2死二塁から6連打を浴びるなど7失点の炎上でひっくり返された。

     前日(19日)も延長12回を戦っており、広島のブルペン陣は火の車状態だった。中崎は5試合連続、ジャクソンは4試合連続登板中だけに、ピンチの展開で簡単に起用できない裏事情があった。

     まさに総力戦の代償を払った形となったが、2位・DeNAの試合がなかったため、首位はキープ。仕切り直して再進撃をかける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000251-sph-base

     開幕4連勝と好スタートを切った広島は4日、ヤクルト戦(神宮)に5-8で敗れ今季初黒星を喫した。

     プロ初登板初先発の3年目左腕・高橋昂は3回まで無失点と好投を見せたが4回につかまった。1死三塁から中村に左中間へタイムリー二塁打を浴び先制を許すと、2死一、二塁で西浦に左前タイムリー、続くバレンティンに左翼席へ3ランを浴び一挙5失点。この回で降板となりデビュー戦は4回8安打5失点。

     打線は6回に磯村の1号ソロ、エルドレッドの3号3ラン、さらに松山の1号ソロと一発攻勢で同点に追いついたが、その裏に九里が無死一、三塁から西浦に中前適時打を浴び勝ち越しを許した。8回にも青木のタイムリーなどで2点を奪われリードを広げられた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00118094-fullcount-base

    ◆ヤクルト3―6広島(3日・神宮)

     広島・薮田和樹投手(25)が苦しみながらも今季初先発を初勝利で飾った。3回にバレンティンに1号2ランを被弾するなど5回4安打3失点。7四死球と制球難を露呈したが「ここ何試合は真っすぐが悪かったが、そこは修正できた」と前向きに振り返った。

     昨季15勝を挙げたものの、オープン戦防御率は5.52と不振にあえぎ、開幕前の最後の実戦登板だった3月27日のソフトバンク戦(由宇)でも6回7失点と乱れた。「不安は大きかったけど、ボール自体は悪くなかった。あとは変化球でカウントを取ることができたら、もっといい投球ができるし、次につなげていきたい」と修正を誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000281-sph-base

     広島の“中継ぎトリオ”が今キャンプ初の打撃投手を行った。2次キャンプとなる沖縄キャンプ第1クール最終日となった19日、ジェイ・ジャクソン、今村猛、中崎翔太の3人が揃ってマウンドに上がり、鈴木誠也外野手、堂林翔太内野手らを相手に、ほぼ完ぺきの投球を見せた。

     防球ネットも置かず、より実戦形式に近い形で行われたフリー打撃。先陣を切ったのは昨季60試合に登板し2勝2敗1セーブを挙げたジャクソン。打者5人に対し26球を投げ込み、安打性の当たりはわずか1本に抑え込んだ。ツーシーム、チェンジアップ、スライダーと全球種を試した右腕は「初登板だったので、打者の反応、球筋を見たかった」と笑顔を見せた。

     続く今村は打者6人を相手に29球を投げ安打性は2本。昨年は68試合に登板。3勝5敗、23セーブ17ホールドとセットアッパー、抑えとフル回転した右腕は「高めはしっかり、詰まらせたのでよかった」と納得の表情だった。

     最後に登場したのは昨季、シーズン序盤に腰痛で離脱した中崎。「真っすぐ、スライダーも全体的にいい感じで投げられた」と、打者6人を相手に安打性は3本に抑えた。シーズンでは使用していなかったチェンジアップも試すなど、さらなる進化を求め今キャンプを過ごしている。主力3投手の仕上がりの早さに緒方監督も「体の状態はいいと思いますね」と満足気だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00108313-fullcount-base

     広島の中田廉投手が14日、沖縄・コザシンキンスタジアムで行っている自主トレを公開した。ドジャース・前田との合同自主トレで、7年連続7度目。広島からは飯田、戸田、辻も参加している。

     青空の下、グラウンドでキャッチボールやノックを行うと室内へ移動。今年3度目となるブルペンに入り41球を投げた。その後はダッシュを行い、午後からは筋力トレーニングで汗を流した。

     「今までで一番速いペースで調整している。仕上がりは良い。2月1日のキャンプインから、しっかりと投げていきたい」

     昨季は53試合に登板。2勝4敗、防御率2・70でリーグ連覇に大きく貢献した。今オフは直球の威力向上に努めており「手応えを感じている」と言いきる。今季の目標は、まずは勝利の方程式メンバーに入ること。19日まで沖縄で自主トレに励み、準備を整える。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000071-dal-base

     広島ドラフト1位の広陵・中村奨成捕手(18)が、プロ1年目への決意を明かした。昨夏の甲子園では1大会個人最多の6本塁打。トリプルスリーなど、あえて大きな目標を掲げる理由などをハツラツと語った。

     -1年目の幕開け

     中村 試合に出ることを目標に開幕1軍を目指します。

     -高卒新人捕手の開幕1軍は異例だ

     中村 ネガティブな発言が嫌い。たとえかなわなくても、次の目標を立てて向かっていけばいい。まずは開幕1軍が一番近い目標。

     -新人王やトリプルスリーなど目標は大きい

     中村 周りからすると「なんでそんな大きな目標を口にしてんの?」と思うかもしれないし、そう言われる。でも僕はできるようなことしか口にしていない。口にすることでかなうものだと思うし、目標がないとやりがいもない。

     -地元広島に入団

     中村 ドラフトのときに縁を感じた。2球団に指名していただいても、カープが引いてくれると思っていた。ドラフト前から何球団きても、カープが引くだろうと。広島で生まれ育って、素晴らしい街だと感じています。その象徴でもあるカープでプレーできることは言葉にできないほどの喜びです。

     -地元の広島自慢は

     中村 食べ物がおいしい。特産物がたくさん。カキとか…。でも僕、カキ食べられないんですけどね。中学のときにあたっちゃって。それから食べられなくなって。推すだけ推して食べられなくてすみません(笑い)。

     -甲子園で6本塁打

     中村 打撃では甲子園だけ飛び抜けた成績を残すことができましたが、守備では安定したものがあると自分では思っていた。守備にはスランプがない。持ち味だと思っています。

     -捕手へのこだわり

     中村 強くあります。ほかの捕手に負けたくない。正捕手を渡したくない。

     -広島ファンに

     中村 みなさんに夢や感動を与えられる、息の長い選手になっていきたいと思います。【聞き手=前原淳】

     ◆中村奨成(なかむら・しょうせい)1999年(平11)6月6日生まれ、広島県出身。大野東小1年で野球を始め、軟式の大野シニアで県大会8強。広陵では1年春からベンチ入りし、準優勝した昨夏の甲子園では28打数19安打(打率6割7分9厘)。6本塁打、17打点、43塁打、猛打賞5度は大会新記録で、19安打、6二塁打は大会タイ記録。高校日本代表として昨年9月のU18W杯(カナダ)に出場した。高校通算45本塁打。50メートル走6秒0。遠投120メートル。181センチ、76キロ。右投げ右打ち。家族は母と妹。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00090723-nksports-base

    このページのトップヘ