広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中田廉

     37年ぶりのリーグ2連覇を成し遂げた広島。“逆転力”が相手チームにとって最大の脅威となった。優勝までの84勝のうち、逆転勝利はリーグ最多の41試合。粘り強い攻撃力だけでなく、中継ぎ陣の踏ん張りも大きく影響した。

     今季は一岡、今村、ジャクソン、中崎、中田の5人が50試合以上に登板し、平均防御率2・07と抜群の安定感を誇った。他にも先発から中継ぎに回った九里をロングイニング要員として起用。層の厚いリリーフ陣が試合の終盤を支えた。

     一方で、絶対的な抑えは不在だった。本来なら、守護神は昨季34セーブの中崎。しかし、開幕直後に腰痛症で離脱するなど、状態が上がらず今村が代役を務めた。シーズン終盤からは2投手のダブルストッパー制。畝投手コーチは「状態を見て起用していた。固定しなかったという状況の中でしっかり対応してくれた」と高く評価する。

     先発投手こそ、完投数は昨季の「5」を下回る「4」となったが若手が成長。シーズン中盤から先発となった薮田が15勝3敗、防御率2・58、勝率・833で自身初のタイトル、勝利第1位を獲得し、2年目の岡田は12勝を挙げ、優勝に大きく貢献した。大瀬良、野村と続いて開幕からローテを大きく崩すことなく戦うことができたのも連覇できた要素の一つとなった。

     リーグトップの破壊力を持つ鯉打線。投手陣にとっても頼りになる存在となっている。今村は「点を取られなければ、野手が逆転してくれるという雰囲気がブルペンにはあった」と振り返る。マウンドに上がる誰もが同じ思いだ。

     迎えるポストシーズン。チーム一丸となり、CSファイナルS突破、33年ぶりの日本一を目指す。(デイリースポーツ・井上慎也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000066-dal-base

     最下位に低迷する真中ヤクルトを攻守で圧倒した首位の緒方カープ。30日の17回戦(マツダ)は、マジック点灯を目前にする赤ヘル軍団の強さを際立たせた。4番・鈴木が守備で同点を阻止するレーザービームを繰り出し、打っても21号3ランを含む4安打5打点と大爆発。元4番の新井も先制打に8号3ランの4打点と奮起した。今季最多タイの14得点を叩き出した超強力打線をバックに2年目・岡田もスイスイと9勝目。夏バテが心配される8月戦線だが、リーグ連覇に突き進む軍団には全く関係なさそうだ。

     もちろん、鈴木を中心とする打線が今年の快進撃を支えているのは間違いない。しかし、OBの野球評論家・横山竜士氏は一人の中継ぎ右腕に注目する。「彼の存在が本当に大きいと思うんです」と最大限の評価をしたのはプロ9年目の27歳・中田廉。その存在感をいかんなく発揮した場面が、30日の17回戦にあった。

     六回裏に一挙8点を奪い、9-0とリードして迎えた七回表。先発・岡田に代わり、2番手として一岡がマウンドに上がった。しかし、先頭・藤井の打球が左ひざ下を直撃。わずか1球で降板すると、へーゲンズが緊急登板したが、アップ不足からか2者連続四球で無死満塁とされた。大量得点差で余裕のスタンドから笑みが消え、にわかにざわめき出した。そんな中、火消し役に指名されたのが中田だった。

     「普通なら『満塁の走者全部返してもいいや』と思って投げるんですが、中田にそんな思いはかけらもなかったんでしょうね。それほど鬼気迫る表情をしていたし、また気持ちの込もった球を投げてました。実際、あの場面で2、3点入っていれば試合はどう転んだかはわからなかったと思います。なんせ前の中日戦で10点差を終盤にひっくり返しているんですから」

     横山氏が言うように、中田は最少得点差を必死で守ろうとする守護神の様相を呈していた。無死満塁から代打・リベロを空振り三振に仕留めると、好調の坂口は浅い中飛に抑え、さらに山崎を遊ゴロに切って取った。最後は難しいバウンドのゴロだったが遊撃・田中が懸命にダッシュしショートバウンドで好捕、素早い投球で間一髪一塁に刺した。中田の魂の込もった投球が田中を突き動かしたのだった。

     「田中もナイスプレーでしたが、やはり廉(中田)の『絶対に1点もやらん!』という投球でしょうね。どんな状況でもスイッチを入れられる彼のような投手が中継ぎにいるのは本当に大きいし、心強いですよ」

     同じ中継ぎ投手として長年カープを引っ張ってきた横山氏と中田は、中田が入団した2009年から横山氏が現役を引退した14年までの6シーズンで苦楽を共にしてきた。期待されながら結果を残せない中田の苦しみを間近で見てきただけに、プロ9年目を迎えた今年にかける決意と覚悟を感じるという。今季はすでに39試合に登板し、キャリアハイだった2014年(66試合)に次ぐ数字をマーク。速球の威力が戻り、なおかつスライダー、フォークに磨きがかかって防御率1・91と安定感が増した。ここまで満塁のピンチで7度登板しているという事実も、緒方監督の大きな信頼感を表している。

     “男気”と形容され、カリスマ的存在だった黒田博樹氏が現役を引退し、その後継者が注目された今シーズン。安定度からすれば野村が最右翼で、数字だけをみれば薮田や岡田、大瀬良が候補に挙がるだろう。だが、チームを精神的にも支える存在-という意味では苦労人・中田ではないだろうか。“男気2世”中田の踏ん張りがなければ今日の独走もなかった。これは決して言い過ぎではない。(デイリースポーツ・中村正直)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000070-dal-base

     広島の中田廉が3日、阪神との二軍戦に登板した。

     2点リードの8回から登板した中田は、1イニングを投げ、1安打、2奪三振に抑えた。

     また、この試合でバティスタが2本塁打、3打点の活躍を見せている。


    ▼ 広島 10 - 6 阪神(豊平)
    神|100 003 200|6
    広|000 411 22X|10
    [勝] 飯田(4勝2敗3S)
    [負] 伊藤和(0勝2敗1S)
    [本]
    広:バティスタ(18、19号)
    神:陽川(17号)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00130353-baseballk-base

    <巨人6-4広島>◇30日◇東京ドーム

     広島は先発大瀬良が2回に3失点して逆転を許すと、その後も失点を重ねて5回9安打5失点で今季2敗目を喫した。打線は巨人投手陣に2桁安打を浴びせて追い上げたが、中盤までの大量失点が大きく響いた。東京ドームで今季初黒星を喫し、優勝へのマジックも消滅した。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -大瀬良が5回5失点

     緒方監督 大地に関しては、考えることがある。

     -打線は追い上げを見せた

     緒方監督 選手はしっかりと戦ってくれたし、この試合はいろんな意味で自分も経験になった。自分の中でしっかり反省して、また明日やっていきたい。

     -接戦の戦い方か

     緒方監督 勝ち切れるかというより、こういう試合でうちらしい戦い方をやっていくということ。

     -小さなミスもあった

     緒方監督 そういうこともあるが、取り返すチャンスもある。トータルでやってくれたらいい。最初から最後までミスなしでやれることに越したことはないけど、そういったワンプレーで流れがこっちに来たり、あっちに行ったりする。その中で自分の采配は大きく変わってくる。こういう風に粘り強い戦いをしっかりできれば。結果だけではない。勝たないといけないと思っていたら、この先苦しい思いをする。こういう野球を最後までやっていく。自分にもいい経験になった。

     -大瀬良は修正能力の点か

     緒方監督 考えるところがある。今日は答えを出そうとは思わない。次の登板に関しては考える。いろんな意味で。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-01880253-nksports-base

     8月24日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。

    【セ・リーグ】

    <登録>

    広島 九里亜蓮投手

    広島 堂林翔太内野手

    阪神 板山祐太郎外野手

    <抹消>

    広島 中田廉投手

    広島 鈴木誠也外野手

    巨人 内海哲也投手

    阪神 西岡剛内野手

    中日 阿知羅拓馬投手

    【パ・リーグ】

    <登録>

    ソフトバンク 小沢怜史投手

    ロッテ 関谷亮太投手

    ロッテ 香月一也内野手

    ロッテ 清田育宏外野手

    ロッテ 肘井竜蔵外野手

    <抹消>

    ソフトバンク 笠谷俊介投手

    ロッテ 根元俊一内野手

    ロッテ 平沢大河内野手

    ロッテ 細谷圭内野手

    オリックス 岸田護投手

    ※再登録は9月3日以降
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-01876966-nksports-base

    <広島0-5ヤクルト>◇19日◇マツダスタジアム

     広島は先発小川らヤクルト投手陣の前に5安打に抑えられ、今季7度目の0封負けを喫した。先発薮田は6回に押し出しで先制点を許すと、7回にも1死満塁のピンチを招いて降板。代わった中田が山田に満塁弾を浴びた。敗れた緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。


     -ヤクルト先発小川を攻略できなかった

     緒方監督 前回もなかなか点が取れなかったし、今回もチャンスはあったけど点が入らなかった。

     -先発薮田は中盤、踏ん張れなかった

     緒方監督 スピード的には出てたけど、イニングの入りでワインドアップのバランスが悪かった。引っかけたような投球で、前回みたいにコントロールし切れていなかったところが見えた。ツーシーム系にしても、もう1つ空振りを取れるような球じゃなかったのは前回との違い。

     -7回1死満塁で継投

     緒方監督 もちろん投げさせるときは投げさせる。今日はここらへんがいっぱいかなというところで判断させてもらった。(中田)廉には厳しいところの場面だったし、打たれたのは廉の責任どうのこうのじゃない。こっちがそういうタイミングで継投して、最悪の結果になったので、自分の継投ミスというか、自分の責任。また切り替えて明日から頑張ります。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01874742-nksports-base

    <阪神5-4広島>◇17日◇京セラドーム大阪

     広島は中盤に3点差を追い付くも、同点の9回に4番手中田が1死満塁から福留に犠飛を打たれ、サヨナラ負けを喫した。10日中日戦(ナゴヤドーム)以来、今季4度目のサヨナラ負けで連勝は4で止まり、マジックは26のまま。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -一時は同点に追い付いた。

     緒方監督 本当にいい攻撃をしてくれた。

     -先発福井は四球から失点。

     緒方監督 先頭に四球を出すと失点につながる。反省して欲しい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01873701-nksports-base

    このページのトップヘ