広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中田廉

    <ヤクルト4-7広島>◇23日◇神宮

     広島が終盤の逆転勝利で、連敗を4で止めた。1点を追う7回に丸が同点弾。8回には好機をつくって代打西川が決勝の2点適時二塁打をかっ飛ばした。広島緒方孝市監督(48)の試合後の談話は以下の通り

     -西川が大きな仕事

     緒方監督 ファームでゆっくりしとったからね(笑い)。でも上がってきて1発目で大きな仕事をしてくれたね。

     -小窪、堂林、天谷もいるなかでの起用。根拠は

     緒方監督 去年から彼は打席で物おじしない。普通緊張して力が入る場面でも、本当に彼は堂々と自分の打席で自分のスイングだけをしていた。そういう姿が頭にあった。あとは早い段階で打席に立たせたかった。

     -中継ぎ陣も踏ん張った

     緒方監督 今日はやっぱり廉と、後を受けた中継ぎ陣よ。本当だったら、序盤からの流れだったら、うちの形で試合をしていかないといけないんだけど。とったらとられるという展開になって追い越された。連敗の悪い流れになっていた。それを後を受けた中継ぎ陣がしっかり止めてくれた。

     -中田廉が見事だった

     緒方監督 特に廉だね。あそこ1死満塁で出て行って、点を取られれば完全に向こうの流れにいくところを止めてくれた。その後も中継ぎ陣がゼロ。そのなかで野手が奮起して勝てたね。中継ぎ陣が大きかったね。

     -連敗を止めた

     緒方監督 また、広島に帰ってしっかりね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01812452-nksports-base

     (セ・リーグ、ヤクルト4-7広島、6回戦、23日、神宮)広島が連敗を4で止めた。4-4の八回に2年目・西川が代打で右中間に2点二塁打を放ち、勝ち越し。さらに田中が右前適時打を放ち、突き放した。

     左翼席と三塁内野席が赤く染まった神宮球場。先制したのは広島だった。二回、1番・田中が相手先発・オーレンドルフから左中間に2点二塁打を放つなど、3点を奪った。その裏、ヤクルトは2点を奪った後、坂口が二死三塁で同点に追いつく左前打。さらに三回には雄平が右翼席へ1号ソロを放った。

     広島は七回に3番・丸が左翼席に同点ソロ。先発の九里は4回1/3を4失点だったが、救援陣が踏ん張り、2回無失点の一岡が今季初勝利を挙げた。

     ◆広島・西川 「昨日1軍登録されて、連敗が続いてたんで流れを変えたいって気持ちで打席に入りました。ストライクがきたら思い切って振りにいこうっていうのは決めて、結果打ててよかったです。守備でも代打でも代走でも、どこでもいけるっていうのが僕の強みなので、また明日から頑張りたいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000565-sanspo-base

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に4-3で勝利した。15安打を放ちながら、最後までリードを許した末の逆転サヨナラ勝ちに、緒方監督は「大きい試合」と安堵した様子だった。


     8回まで相手を上回る11安打も得点は2点のみ。それでも1点ビハインドで迎えた9回に抑えのパットンから4安打を集中してサヨナラ勝ちとなった。

     緒方監督は「會澤が最後にみんなを救ってくれた」と途中出場で殊勲打を放った捕手を褒めた。毎回のように得点圏に走者を進めながら、4番の新井から6番のエルドレッドにあと一本が出なかった。特に5番の鈴木は4打席目まで3三振と完全にブレーキになっていたが、9回に安打を放ってサヨナラにつなげた。


    鈴木の打撃には「大きな収穫」、薮田も称賛「彼のポジションはどんどん上がっている」
    「今日は攻撃の反省がたくさんあった」という指揮官は、「(鈴木)誠也が最後の打席で大きな仕事をしてくれた。レギュラーとしてその試合を任された選手として、それまでの結果に沈むことなくやってくれたことは大きな収穫」と、若き主砲をねぎらった。

     先発の野村が6回3失点で降板した後は、薮田と中田が3イニングを無失点に抑えて逆転勝利につなげた。緒方監督は「薮田は昨年、(今村)猛がやっていたポジションで、結果を出し続けている。彼のポジションはどんどん上がっているよ」とビハインドでの投球を評価し、「(中田)廉もしっかり抑えてくれた。負けていても、最小失点で抑えてくれているので、逆転勝利につながっている頼もしい中継ぎ陣です」と満足そうだった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010035-fullcount-base

    ● 巨人 5 - 9 広島 ○
    <2回戦 東京ドーム>

     広島の床田寛樹が、7回を5失点ながらもプロ初勝利を挙げた。

     床田は初回、阿部慎之助に先制2ランを浴びたが、2回から4回までは三者凡退に抑える。打線も2回に2点、3回に4点を奪い勝ち越しに成功。床田は5点リードの5回に代打・村田修一に3ランを浴びたが、6回と7回はテンポの良いピッチングで無失点に抑え、7回を97球5安打5失点という投球内容だった。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた石井一久氏は「インコースの真っ直ぐ、スライダー、外へのフォークボールが素晴らしい。力強いボールを投げていたので5点取られたようなピッチングに見えなかった」と絶賛していた。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00112196-baseballk-base

     (セ・リーグ、巨人6-9広島、1回戦、11日、東京D)広島が14安打9得点の猛攻で首位攻防戦を制し、連勝を8に伸ばした(1分け挟む)。2番・菊池は七回に1号2ランを放つなど6打数5安打3打点と大当たり。プロ初の4番に座った鈴木が3安打2打点の活躍で、勝利に導いた。

     リーグ2位の巨人の先発は菅野。首位・広島の先発は野村で投げ合いが予想されたが、乱打戦となった。先制したのは巨人。三回二死三塁から、2番・立岡の三ゴロを広島・安部が一塁に悪送球。三走が生還した。巨人は五回には1番・中井が野村から左越え2号2ランを放った。

     広島は六回に打者一巡の猛攻で6点を奪い、逆転した。まず一死一、三塁から、安部の一ゴロを巨人・阿部が野選で三走・鈴木が生還。さらに代打・小窪が右越え2点三塁打を放ち、同点に追いついた。菅野は続く田中を四球で歩かせた後、巨人は2番手のD3位・谷岡に継投。すると広島・菊池が中前適時打を放ち、1点を勝ち越した。猛攻は続く。プロ初の4番に座った鈴木が右中間に2点二塁打を放ち、6点目を挙げた。

     巨人はその裏、反撃。無死一、二塁からマギーが左越え適時二塁打で1点を返す。さらに亀井が右前適時打、重信が左前に同点適時打を放ったが、救援陣が鯉打線につかまった。

     広島は七回に3点を勝ち越した。一死二塁から小窪が、巨人4番手・森福から左翼への適時打を放ち、1点を勝ち越し。さらに菊池がこの日5安打目となる1号2ランを左翼スタンドに運び、突き放した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000561-sanspo-base

     「巨人-広島」(11日、東京ドーム)

     広島の中田廉投手が好救援も見せた。

     3点リードの六回、今季初登板のヘーゲンズが坂本勇に左前打を許し、阿部四球、続くマギーに左越え適時二塁打、亀井に右前適時打、そして重信に左前適時打を許し同点とされた。

     無死一、二塁となり1死も奪うことができず降板したヘーゲンズに代わってマウンドに上がった中田は、小林をスリーバント失敗の三振、代打脇谷を空振りの三振、そして五回に本塁打を放っている中井を三直に仕留め、勝ち越しを許さず七回の攻撃につなげた。

     3点リードの七回にもマウンドに上がり、1死から坂本勇、阿部に連打を浴び一、二塁。マギーを見逃しの三振に仕留めたところで薮田にマウンドを譲った。

     薮田は亀井に一塁内野安打を許し2死満塁とピンチを広げたが、重信を空振り三振に仕留めリードを守った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000146-dal-base

    このページのトップヘ