広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    中神拓都

     広島からドラフト4位で指名された中神拓都内野手(18)=市岐阜商=が21日、岐阜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約した。高校時代は投手も経験したがプロでは遊撃一本で勝負する。守備位置がかぶるドラフト1位・小園と将来的に二遊間を組み、自身が遊撃として2人でゴールデン・グラブ賞を獲得することに意欲を示した。



     仮契約を終えると、緊張感から解き放たれた中神は気持ちを新たにした。「責任と自覚を持ってやっていかないといけない。自分が引退するまで一番目立っていられるようにやっていきたい」。遊撃手として臨むプロの世界。目指すは世代ナンバーワンだ。

     今年は中日のドラフト1位・根尾ら高校生内野手に金の卵がそろう。同僚となるドラ1・小園とはポジションがかぶるが、負けるつもりはない。その上で将来「二遊間を組むこともイメージしてます。(今年受賞した)田中選手、菊池選手みたいに2人でゴールデングラブ賞も実現できることだと思う。しっかり高い意識を持ってやっていきたい」と壮大な青写真を描いた。

     二遊間タッグを組んだ際の遊撃は「自分です」とニヤリ。実現するためにも持ち味の強肩を生かしていくつもりだ。「うまい選手は深く守っていて、横にも前にも動ける。深い守備位置で捕れるように、練習していくしかない」と力を込めた。

     担当の松本スカウトも「キク(菊池)と広輔(田中)から吸収してやってもらえたら」と期待を込めた。50メートル走5秒9、高校通算46本塁打と走攻守に魅力を持つ中神。可能性を十分に秘める18歳は目をギラつかせ、プロの門をたたく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000035-dal-base

     計11球団が根尾昂、藤原恭大、小園海斗と甲子園で活躍した高校生野手3人に1位入札するという展開となった2018年ドラフト会議。人気の吉田輝星投手も日本ハムに1位指名され、5球団が高校生を1位指名した。そんな中、甲子園不出場でドラフト指名選手された高校生が育成含め16人いる。「甲子園不出場組」の指名選手を追ってみた。


     今年、高校生は支配下36人、育成9人の計45人が指名を受けた。支配下、育成含め計104人の指名選手の43%を高校生が占める。

     その中で、学年、春夏関係なく甲子園に出場経験がある選手は27人。母校は甲子園に出場したが、出場機会がなかった選手が2人、甲子園に縁のなかった選手は16人。当然のことながら、甲子園に出場して活躍した選手が中心の指名にはなるが、素材の良さから指名を受ける不出場組も多い。球団ごとに見てみよう。なお、中日、阪神、ヤクルトは甲子園出場経験のある選手のみで、不出場組はいない。

    〇広島 甲子園組3人、不出場2人

     4位・中神拓都内野手、5位・田中法彦投手が甲子園不出場。中神は岐阜大会準決勝敗退、田中は三重大会3回戦敗退。

    〇巨人 甲子園組8人、不出場1人

     不出場組は育成ドラフトで指名された。育成2位の平井快青投手は岐阜大会準決勝で敗退した。

    〇DeNA 甲子園組1人、不出場2人

     支配下2人が甲子園不出場組。4位・勝又温史投手は夏の甲子園西東京大会決勝、5位・益子京右捕手は同栃木県大会準決勝で敗退。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00237540-fullcount-base

    このページのトップヘ