広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     広島の田中広輔内野手(30)が9日、リハビリを行う廿日市市の大野練習場で取材に応じ、菊池涼にエールを送りながら、来季の巻き返しを誓った。球団は前日、メジャー挑戦を希望していた菊池涼の、ポスティングシステムを利用しての移籍を容認。今季も二遊間を組んできた、盟友の新たな船出。来季は「タナキク」コンビが自身1人になる可能性があるが、柱としてチームをけん引していく構えだ。


     秋空の下で、田中広が菊池涼の背中を押した。同学年であり、長きにわたって二遊間を組んできた間柄だ。盟友が抱いてきたメジャー挑戦という夢の扉をノックしてから一日。素直な気持ちを言葉に変えた。

     「メジャーのステージに立ってほしい。楽しみだし応援したい」

     入団年こそ違うが、共に1989年世代。昨季までのリーグ3連覇はもちろん、これまで何度もあうんの呼吸でチームの勝利に貢献してきた。

     昨季は自身初となるゴールデングラブ賞を受賞。7年連続7度目の同賞に輝いた名手と初めて同時受賞した。名実共に球界を代表する二遊間になった。「成長できたのはキクのおかげ。同級生だし、色んなことを言ってくれた」。感謝の思いは尽きることがない。

     移籍となれば「タナキク」は解体される。来季は自身が先頭に立ち、チームをけん引する覚悟だ。今季は97試合で打率・193、27打点、8盗塁。連続フルイニング出場は635試合で止まり8月末には「右膝半月板部分切除手術」を受けた。

     術後2カ月以上が経過し、練習項目は着実に増えている。この日は、大野練習場に隣接するグラウンドで、「100%の力」で30メートルダッシュ。室内ではノックを受けた。その後はトス打撃とカーブマシンを相手に約40分、バットを振った。

     打撃練習では特に下半身を意識する。「もう一度、下(半身)を使って。痛みはない」。ノックで左右へ振られる動きは問題なく、「走ることもスムーズ」と軽快な足取りで患部が順調に回復していることをうかがわせた。

     2月1日から春季キャンプが始まる。佐々岡新監督は「競争」を合言葉に臨む構えだ。今季、同じ遊撃では小園の台頭があった。田中広は、万全の状態で臨める見通しが立っている。

     膝回りや体幹強化など地道なトレーニングにより、肉体はさらに強くなった。「ケガをする前より、良い動きができるイメージはできている」。たくましさを増した背番号「2」の力強い言葉は、頼もしかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000023-dal-base

    ◆ 日本一のソフトバンクから最多の4選手

     プロ野球における守備の栄誉『三井ゴールデン・グラブ賞』の今年度の受賞者が決定。華麗な守備でセ・パ両リーグを彩った名手たち18名が選出された。



     パ・リーグでは、3年連続日本一となったソフトバンクから最多となる4選手が受賞。千賀滉大投手と内川聖一選手が初受賞となったほか、この賞の“常連”松田宣浩選手が三塁手部門で7年連続8度目の受賞。捕手部門でも甲斐拓也が3年連続の受賞を果たした。

     一方のセ・リーグでは、広島の菊池涼介選手が二塁手部門で7年連続7回目の受賞となり、セ・リーグ二塁手部門リーグ記録だった「6年連続」を更新。巨人の丸佳浩も7年連続7回目の受賞となった。

     その他では、阪神の西勇輝投手、楽天の浅村栄斗選手(二塁手)、中日の高橋周平選手(三塁手)、ロッテの荻野貴司選手(外野手)が初受賞となっている。


    ◆ 「第47回三井ゴールデン・グラブ賞」受賞者

    ▼ 投手(有資格:パ33名/セ33名)
    【パ】千賀滉大(ソフトバンク)☆初受賞
    【セ】西 勇輝(阪神)☆初受賞


    ▼ 捕手(有資格:パ5名/セ6名)
    【パ】甲斐拓也(ソフトバンク)☆3年連続3回目
    【セ】梅野隆太郎(阪神)☆2年連続2回目

    ▼ 一塁手(有資格:パ5名/セ6名)
    【パ】内川聖一(ソフトバンク)☆初受賞
    【セ】ホセ・ロペス(DeNA)☆4年連続5回目

    ▼ 二塁手(有資格:パ6名/セ5名)
    【パ】浅村栄斗(楽天)☆初受賞
    【セ】菊池涼介(広島)☆7年連続7回目

    ▼ 三塁手(有資格:パ4名/セ5名)
    【パ】松田宣浩(ソフトバンク)☆7年連続8回目
    【セ】高橋周平(中日)☆初受賞

    ▼ 遊撃手(有資格:パ6名/セ5名)
    【パ】源田壮亮(西武)☆2年連続2回目 初受賞
    【セ】坂本勇人(巨人)☆2年ぶり3回目

    ▼ 外野手(有資格:パ20名/セ21名)
    【パ】秋山翔吾(西武)☆5年連続6回目
    【パ】荻野貴司(ロッテ)☆初受賞
    【パ】西川遥輝(日本ハム)☆3年連続3回目

    【セ】丸 佳浩(巨人)☆7年連続7回目
    【セ】鈴木誠也(広島)☆2年ぶり3回目
    【セ】大島洋平(中日)☆2年連続7回目


    ◆ 394名の記者投票で決定

     シーズンを通し「守備」に最も卓越した選手を各ポジションより1名ずつ表彰する『三井ゴールデン・グラブ賞』は、セ・パ両リーグの第三者公式表彰として制定され、新聞・通信・テレビ・ラジオ各媒体の現場取材歴5年以上のプロ野球担当記者による投票で選出。第48回となる今年は、111社394名の記者投票により決定した。

     表彰式は11月28日(木)都内ホテルにて開催し、受賞選手には、選手それぞれが愛用するグラブをかたどった三井ゴールデン・グラブ賞トロフィーと賞金50万円が授与される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00207652-baseballk-base

     日本野球機構(NPB)は26日、「マイナビオールスターゲーム2019 チャリティーオークション」の売上金計1594万3320円を東日本大震災の義援金として寄付したと発表した。

     オークションには、球宴に出場した選手、監督、コーチ、審判員計70人の直筆サイン入りユニホームが出品された。最高落札額は広島・鈴木誠也外野手の155万1000円だった。

    ※落札額上位5人

    〈1〉鈴木 誠也(広島) 155万1000円

    〈2〉丸 佳浩(巨人) 151万1000円

    〈3〉菊池 涼介(広島) 85万8081円

    〈4〉村上 宗隆(ヤクルト) 61万5000円

    〈5〉梅野 隆太郎(阪神) 60万3000円


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000108-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2019年9月3日 神宮)

     広島の鈴木誠也外野手(25)がヤクルト戦(神宮)の5回に二塁盗塁を決め、自身初となるシーズン20盗塁をマーク。すでに25本を放っている本塁打と合わせて「20本塁打&20盗塁」を達成した。

     鈴木は「3番・右翼」で先発出場。2―0で迎えた5回、ヤクルトの先発左腕・高橋から中前打を放って出塁すると、続く4番・長野の2球目に二盗に成功した。

     「20本塁打&20盗塁」は球団では2016年に20本塁打&23盗塁した丸佳浩外野手(現巨人)以来3年ぶりで、25歳シーズンまでの達成は1970年に当時24歳だった“ミスター赤ヘル”山本浩司(1975年に浩二と改名)がマークして以来49年ぶり2人目の快挙となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000181-spnannex-base

    <帰ってきたセイバーメトリクス>

    広島西川龍馬内野手(24)が好調だ。春先こそ調子が上がらなかったが、現在リーグ9位の打率3割2厘。特に1番中堅に固定された後半戦からは上り調子で、巨人へ移籍した丸の穴を埋める活躍を見せている。



    打者の攻撃力を表すOPSを見ると、西川は8割。規定打席到達者の中ではリーグ17位と、いまひとつの成績に映るかもしれない。だが、中堅手で出場した時のOPSは、9割9分2厘の好成績。中堅手として200打席以上に立った選手では、巨人丸、西武秋山を上回る最も高い数字だ。

    チームは今季、中堅手が課題だった。2年連続MVPの丸が移籍。前半戦は主に野間を起用したが、中堅でのOPSはリーグ平均以下とやはり苦しんだ。しかし中堅に起用された西川が一気に数字を上げたことで、チームの中堅手のOPSもリーグ平均を上回るまでに改善。懸念だった「丸の穴」が埋まっただけでなく、今では中堅が広島打線の強みに変わった。

    後半戦の広島は22勝14敗で、勝率はリーグトップの6割1分1厘。好不調の波が大きかった前半戦にはなかった1番西川は、間違いなくチームを上昇に導いている。【多田周平】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-08260582-nksports-base

     首位・巨人の独走と反比例するかのように、広島の苦境が目立つ。得意にしていた逆転劇が少なく、ミスも多い。3連覇の時の姿とは雲泥の差といってもいい。丸が抜けたのはもちろん痛いが、引退した新井がベンチにいないことも響いていると思う。

     球団関係者にも聞いたが、新井はチームをまとめるアドバイザー的な存在だったという。監督、コーチができないような目に見えない仕事をする。精神的支柱が不在の中、チームが一つとなって巨人を追いかける態勢を再び整えられるか。

     DeNAは投打のバランスも良く面白い存在。リリーフ陣の駒もそろっており、ソト、筒香らを中心に打線にも力がある。阪神も藤川、ジョンソンら勝ちパターンの継投があるのが強み。新外国人ソラーテ、故障から復帰が近い福留らで得点力が上積みできれば追い上げムードはつくれるだろう。

     しかし、残り60試合前後で9・5ゲーム差をはね返すのは至難の業。巨人優位は動かない。数少ない不安要素は救援投手だが、マシソンが復帰、新外国人デラロサ獲得と着実に手を打っている。酸いも甘いもかみ分けた原監督の采配の妙もチームを押し上げる要因の一つ。1死からの犠打、増田大といった走塁のスペシャリスト起用…。かつての星野監督を彷彿(ほうふつ)させる用兵といっていい。(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000158-spnannex-base

     丸のパンチが目を覚まさせてくれたような気がする。17日の巨人戦(熊本)。2―2の8回に打たれた2ランである。「丸が抜けてダメになった」とは絶対に言われたくない。その本人に直接打たれて意地に火が付いたのだ。9回、菊池涼が同点打を放ち、石原が逆転打。この勝利がなければ、踏みとどまれなかったかもしれない。



     選手には調子の波があって、いい人と悪い人がいるのだが今季の広島は開幕の時点で珍しく悪い人が重なった。他球団が研究して対策を練ってきた部分もあって、それに対応できない。唯一いいスタートを切った誠也にしても前の打者が塁に出ないから大量点にはつなげられなかった。

     投手陣も床田以外の先発は先に点をやって常に追う展開。打線の援護がないから、リリーフ陣の負担は大きくなる。打撃の状態が守備にも影響してミスが勝敗に直結する。そんな悪循環が最大借金8を生んだのだ。

     4連勝で借金4。まだ投手陣には心配があるが、他の球団に「カープは今年も粘りがある」と思わせられたと思う。今季のセ・リーグは必ず混戦になる。先発が少しでも長いイニングを投げ、辛抱して自分たちの野球を取り戻していけば、十分挽回できる。 (本紙評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000089-spnannex-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。広島担当の田中昌宏記者は、巨人にFA移籍した2年連続リーグMVP・丸の“選球眼の穴”を「見た」。


     結論。丸が去ったから。

     広島の歴史的な低迷はそこに尽きる。選手会長の会沢も「そりゃそうでしょう。彼の存在は大きい。そんなことは言ってられないけど」と同意した。昨季、チームトップの97打点、109得点を稼いだ3番打者のバットの穴を埋めることは容易ではない。

     ただ、それ以上に、12球団トップ130四球の“選球眼”を失ったことが大きな痛手になっているのではないか。

     選球眼の良さを示す「IsoD」という数値がある。出塁率から打率を引いたもので「・070を超えれば合格」と言われる中、丸は昨季、12球団トップの・162をマークした。単に出塁率が高いだけでなく、相手投手に多くの球数を投げさせていたということだ。昨季までの3連覇中、45、41、41度と毎年40試合以上の逆転勝利を収めてきた。その背景として、多く投げさせるというボディーブローが効いていたと指摘できる。

     今季は主に野間が3番を務め、打率3割2分2厘と健闘しているが、早打ち傾向の打者で、四球はわずか1。IsoDはリーグワースト3位の・017。チーム全体で相手に投げさせた球数も、昨季15試合終了時の1試合平均152・9球に対し、今年は同142・6球。相手投手を疲弊させることができず、お家芸の逆転勝ちが1度しかない。

     阪神の捕手、梅野は昨季の広島打線の手ごわさを証言する。「やっぱり丸さんの四球。丸さんがいたことによって(後続に)得点圏で回ることが多かった。警戒し過ぎて、鈴木誠也にやられる時もあった」。丸の四球が大量得点に結びつくケースが多かったが、今年はビッグイニングが少ない(※)。ある選手は「去年は簡単に点が入る雰囲気があった。だから序盤に多少のビハインドなら『よし、中盤に逆転だ』となっていた。でも今年は点が入る雰囲気がない」。高ヘッドコーチも「点が入らないことで、ますます悪循環になっている」と、“丸ロス”がナイン全体に波及していることを認めた。

     緒方監督は開幕直後、関係者に「一回り(開幕5カード)までは勝率5割で食らいついていかないと、置いていかれる」と打ち明けていた。それだけ丸のいない今季は苦戦必至とにらんでいたようだが、低迷ぶりは想定を大きく上回っている。(田中 昌宏)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000221-sph-base

     16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、広島について言及した。

     2年連続MVPを獲得した丸佳浩が今オフ、FA宣言して巨人へ移籍し、チームの精神的支柱だった新井貴浩が現役引退した影響が大きいのか、広島はここまで4勝12敗の最下位に沈む。

     川相氏は「丸が抜けた穴が大きいのか、それをカバーしようと、力みに繋がっているのか。精神的な部分があるのかなという気がしますけどね」と分析する。

     その上で川相氏は「丸の3番の穴を埋めるというのは簡単ではないと思うのですね。ですから、野間であろうが、違う選手であろうが、入った選手が新たな広島の歴史を作っていくんだという気持ちで取り組んでいけば、またいい味がでるのではないかなと思います」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00185803-baseballk-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。セの他球団の選手らからは、引退した新井氏の穴や、投手力の低下を指摘する声が上がった。


     セ各球団の選手らに広島低迷の要因を聞いた。

     DeNA・ラミレス監督は「丸はチームリーダーでもあった。同じリーダーの新井も抜けた」と指摘した。ヤクルトのA選手は「丸と野間を比較したら、気持ち的に違う」と明かし、阪神のB選手は「ムードメーカーの新井さんが抜けたのが大きいのでは? あの人が(チームを)まとめていた部分はあるはず」との見方を示した。

     一方、中日のC選手は「丸が抜けた影響もないわけじゃないが、そこじゃない。問題はリリーフ陣の勤続疲労。目いっぱいで3連覇してきたので仕方ないが、年々パフォーマンスが落ちている」、阪神のD選手も「打線不振の陰に隠れているが、もともと投手陣に不安はある」と語った。

     また、ヤクルトのE選手は「奇数の打順がうまくいっていないから、つながりに欠ける。そこで4番の鈴木を抑えれば、さらに打線は苦しくなる」と打線の問題点を示す一方で「去年まで守り勝つチームという印象が強いが、1試合3失策している試合がある。焦りもあるのか、投手も四球が多くなっている」と複合的な要因を挙げた。

     だが広島は依然、他球団にとって脅威だ。中日・与田監督は「歯車がかみ合っていないだけで、能力の高い選手がそろっている」と警戒を緩めない。丸、新井の不在を指摘したラミレス監督も「広島を強くないと思ってはいけない。丸がいなくてもいいチーム。野間のように、代わりにいい選手が出てくる。この後、上がってくる。絶対、甘く見ちゃいけない」と軽視は禁物であると強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000227-sph-base

    このページのトップヘ