広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     「広島6-1ヤクルト」(24日、マツダスタジアム)

     広島が序盤から主導権を握り連勝、首位阪神に0・5ゲーム差に迫った。

     広島は初回、1死三塁から丸の適時二塁打で9試合ぶりに先制点を挙げた。三回にも丸の犠飛で加点、六回には鈴木の9号ソロなどで2点を加えた。八回には代打ペーニャの中前2点適時打でダメを押した。

     先発・大瀬良は6回無失点で2勝目を挙げた。

     約1カ月ぶりの勝利を挙げた大瀬良は「勝ててうれしいです。自分の仕事をしたいと毎回毎回マウンドに上がっていた。自分らしく投げようと思っていた」と喜んだ。丸は「大地(大瀬良)がなかなか勝ちが付かない中で粘り強く投げてくれたので、なんとか勝ち星がつけれてよかった」と話した。

     ヤクルトはバレンティンの初回の退場が響いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000144-dal-base

    ○ 広島 9 - 2 DeNA ●
    <9回戦 マツダスタジアム>

     広島打線が13安打9得点と機能し逆転勝ち。援護に守られた先発・中村祐は、6回を7安打2失点に抑えデビューから2戦2勝とした。

     中村祐は1回表、先頭打者の四球をきっかけに一死二、三塁のピンチを招くと、4番ロペスの遊ゴロの間に失点。さらに二死二塁から5番戸柱に一、二塁間を破られ、立ち上がりから2点の先制を許した。

     しかしその裏、打線がすかさず反撃。上位打線のチャンスメイクで一死一、二塁としたあと、4番鈴木が適時二塁打を放ちまず1点。さらに5番安部も2点適時打を左前へ運び、3-2とあっさり逆転した。

     8番会沢にも適時打が飛び出し、中村佑は4-2の状況で2回のマウンドへ。味方の得点直後を無失点で切り抜けると、その後も走者を出しながら粘り強く腕を振り続け、スコアボードにゼロを刻み続けた。

     9-2となり一軍で初めて6回のマウンドに登った中村祐は、二死一塁からこの試合2つ目の四球を出すも後続をピシャリ。広島先発陣はこのところ四球で崩れるケースが多発していたが、4年目右腕は最後まで乱れず6回2失点と役割を果たした。

     打線は2回以降も活発で、3番丸の7号2ラン、6番エルドレッドの11号2ランなどで計9得点。首位・阪神が中日に敗れたため、ゲーム差を再び1.5に縮めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00117060-baseballk-base

     (セ・リーグ、ヤクルト7-8広島、8回戦、広島5勝3敗、10日、神宮)広島が乱打戦を制し、連敗を4で止めた。4番・鈴木誠也外野手(22)が2本塁打を放つなど3安打5打点の活躍で、チームは今季20勝目を挙げた。

     鮮やかな先制攻撃だった。広島は一回一死三塁とすると、3番・丸が山中から右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、先制。続く鈴木の右翼線適時二塁打で1点を追加。なおも新井の右犠飛で3-0とした。ヤクルトは二回、大引が2号2ランを放ったが、広島は三回、鈴木の左翼席上段への6号2ランを放った。

     ヤクルトは3点を追う五回に4番・雄平の犠飛で1点を返すと、続くバレンティンが中越え逆転3ランを放ち、6-5とした。

     1点を追う広島は、七回に鈴木の左越え2ランで逆転に成功した。さらに九回には丸が中越えソロで1点を追加。九回にヤクルトに1点差に迫られたが、逃げ切った。

     ヒーローの鈴木は三回のアーチについて聞かれると「久しぶりに打ったんで、気持ちよかったです」と笑みを浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000590-sanspo-base

    <巨人5-11広島>◇13日◇東京ドーム

     広島が9回に巨人の抑えカミネロを攻略し、一挙7得点で逆転。代打松山の今季初安打となる1号ソロで追いつくと、その後もたたみかけた。劇的すぎる勝利で球団史上初の2年連続10連勝。貯金を9とした。試合後の広島緒方孝市監督(48)はゆっくりとした口調で、質問に答えた。一問一答は以下の通り。

     -松山が最高の仕事

     緒方監督 悔しい思いをずっとしていただろう。昨日も(代打の代打で)代えられているしね。相当頭に来ていたんだろう。今日の殊勲者は松山よ。何はともあれ松山。誰が見ても松山。

     -初球からいった

     緒方監督 それが彼の持ち味。本当にとりあえず1本ね。彼自身がこれで開幕出来た。その1本がチームにとっても本当にうれしく、勝利に結びつく、大きな仕事になった。みんなも相当うれしいと思う。松山に1本出てね。

     -丸も続いた

     緒方監督 松山を何とかお立ち台に立たせてやろうと。そのための後輩の頼もしい一打に見えた。

     -巨人の守護神から逆転

     緒方監督 そうだよね。初めての対戦のなかでもね。ジャイアンツの勝ちパターンのなかでひっくり返す。打線が本当に頼もしい。

     -10連勝

     緒方監督 いやいや。1試合1試合みんなが自分の仕事をしてくれているということ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01807339-nksports-base

     広島が13日の敵地巨人戦で引き分けを挟んで10連勝をマークした。5回に一時勝ち越されながらも9回に打者一巡の猛攻で一挙7得点と逆転に成功し、11-5で勝利。代打・松山が今季1号の同点ソロを放つなど勝負強さを見せて競り勝った。

     広島は初回1死一、二塁から4番・新井がセンター前ヒット。二塁走者の菊池が一気に本塁を狙ったが、センターの立岡がワンバウンドでストライク返球を見せ、アウトの判定が下された。しかし、微妙なタイミングだったため、リプレー検証に。結果、セーフへと覆った。

     これで一気に流れを引き寄せ、鈴木、エルドレッド、小窪とタイムリーをマーク。初回から打者一巡の猛攻で4点を奪った。

     しかしその裏、先発の大瀬良が阿部のタイムリー二塁打、マギーの1号2ランで1点差に詰め寄られると、3回にもタイムリー二塁打を許して同点に。さらに5回にはまたも阿部にタイムリーを許して勝ち越された。

     それでも9回、代打・松山が先頭で打席に立つと相手守護神カミネロから右翼席へ同点ソロ。そこから一気に畳みかけ、四球とエラーで二、三塁とすると丸が2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功した。さらに安部もセンターへタイムリーを放ったところでカミネロは降板となった。

     広島は石原も代わった池田の初球を左翼席へ運び、1号3ラン。この回初回に続き打者一巡の猛攻で一挙7点を奪い、試合を決めた。

     12安打で11点を奪った広島は8回2番手でマウンドに上がったブレイシアが来日初勝利。9回も今村が無安打無失点と安定した投球を見せ、引き分けを挟んで10連勝をマークした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010027-fullcount-base

     広島は9日、本拠地でヤクルトを6-2の逆転で下し、引き分けを挟んで7連勝とした。7回に逆転を許すも、その裏にヤクルトの立て続けのミスをついて再逆転。開幕戦黒星の後は負けなしの7勝1分と昨季王者が強さを見せつけ、ついに単独首位に浮上した。ヤクルトは5連敗となった。

     広島は3回、1死三塁で丸がタイムリー。先制に成功した。その後はオーレンドルフの前に無得点に抑えられるも、先発・九里が気迫の投球。2回までに2安打を浴びてから、3回以降は無安打投球でリードを守る。

     しかし、7回は2死から畠山のヒット、中村の四球で一、二塁とされると、代打・大松にはライト線への逆転タイムリーを浴びた。

     それでも、九里の力投に打線が応える。その裏、ヤクルト2番手・星から會澤が四球で出塁。九里の代打・天谷はバントを決めた。この試合も3安打と好調の田中は遊撃・大引のエラーで出塁。無死一、三塁となり、菊池は左翼正面へのライナーかと思われたが、バレンティンが落球。同点に追いついた。

     続く丸もタイムリーで、あっという間に逆転。ヤクルトはルーキを投入するも、新井、鈴木が連続タイムリー。ルーキのボークの後、エルドレッドが犠飛でこの回5点目を挙げた。

     8回はジャクソン、9回は中崎が抑え、6-2で勝利。九里は自身2連勝。チームは7連勝と勢いが止まらない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00010025-fullcount-base

    このページのトップヘ