広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    丸佳浩

    【目撃】大きなしゃもじを持参し、広島ナインの目標とサインを書いてもらったお笑いコンビのアンガールズ。そこに、右脇腹の違和感を覚え、別メニューで調整中の丸が登場。「日本一」という目標を書く選手が多い中、丸が書いた目標は「健康」。「健康ですか?」というアンガールズの突っ込みに、丸は「もう健康じゃないからね…」という自虐コメントを残し去っていった。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/650354/

     広島・丸佳浩外野手(27)が春季キャンプ第2クール初日の8日、右脇腹の違和感を訴え、練習を早退した。

     前日7日の打撃練習中に発症したもので、この日はウオーミングアップとキャッチボールを行い、症状が変わらないため日南市内の病院へ直行。エコーやエックス線検査で異常は見られなかったが、大事を取って9日の練習は別メニューが決まった。丸は「大丈夫。打つのにも別に痛くはない。(練習を)止めておけ…ということなので」。緒方監督は「大けがにつながらないようにブレーキをかけた。(練習量を)1、2日落とせば、次のクールから元気にやれる」と説明した。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000072-spnannex-base&pos=1

     広島・緒方孝市監督(48)が31日、「不動の4番」出現を強く願った。キャンプ地の宮崎・日南入り。宿舎での全体ミーティング後に取材に応じ、「エース、4番、抑えは今の野球の中では絶対に必要」と強調。「ゆくゆくは4番に成長するような選手を育てたい」と方針を示した。

     リーグ制覇した昨季は4選手が4番を務めた。最多出場は新井の67試合。「誰にも責任を負わせるようなことはしなかった。クリーンアップとして走者をかえす打撃をしてくれる選手を並べた」と振り返り「短期決戦で日本シリーズを戦って、そこの重要性は自分の中でも感じたものもある」と説明。広島は松山、新井、エルドレッドが2試合ずつ務めたが、6試合で4番が挙げた打点は1。一方、日本ハムは全試合で中田が座り、優秀選手賞を受賞。シリーズに限っては4番の差が結果に直結した格好で、鈴木や丸に期待が高まる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000069-sph-base&pos=1

    ◆広島 休日予定=6、10、15、21日(宮崎・日南市、22日から沖縄・沖縄市)

     25年ぶりにチャンピオンチームとして迎えるキャンプ。注目は2月5日に行われる優勝パレードだ。午前9時に日南第一ホテル前を出発し、油津商店街を経由して天福球場まで約800メートルの道のりを徒歩で練り歩く。ファンは選手に手が届きそうな距離で喜びを分かち合えるはずだ。

     広島のキャンプといえば、伝統のなが~い練習。現地訪問の際の見どころの一例を挙げてみる。まず午前8時半頃からは若手中心の早出練習。ここでは堂林に注目。プリンスが泥だらけになってボールを追いかける姿は必見だ。守備練習では菊池の曲芸のような守備力に感動し、お昼のランチ特打は新井やエルドレッドが快音を連発する。午後のシート打撃では野村VS丸の真剣勝負が見られるかも? 居残り練習のロングティーでは鈴木が豪快な打球を飛ばしまくる。1日の訪問でも満喫できるはずだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000096-sph-base

     緒方孝市監督(48)をはじめ広島首脳陣は27日、マツダスタジアムでスタッフ会議を行い、春季キャンプのメンバーや方針などを確認した。

     新人ではドラフト1位・加藤拓也投手(22=慶大)、同3位の床田寛樹投手(21=中部学院大)が一軍メンバーに。新加入のライアン・ブレイシア投手(29=前アスレチックス傘下3A)も一軍スタートとなった。一方でここまで攻撃陣の目立った補強はない。指揮官は「若い選手にはチャンスがたくさんある。チーム内の競争なくして底上げなんてない」と個々のレベルアップで補うとした。

     石井琢朗打撃コーチ(46)も緒方監督の意見に同意した上で、こう付け加える。「今の戦力に加え、去年の(鈴木)誠也みたいに“特効薬”になってくれる選手が出てきてくれればいい」。具体的には秋季キャンプで鍛え上げた堂林翔太内野手(25)、野間峻祥外野手(24)の2人を挙げ「ドカン!と出てきてくれると期待している。そうすれば外国人に匹敵する戦力になる」とゲキを飛ばした。

     その裏には上位打線の“解体構想”がある。昨季は1番・田中、2番・菊池、3番・丸を固定。同級生の「タナキクマル」は赤ヘル打線の生命線となり、チームを25年ぶりのリーグ制覇に導いた。しかし、今季は菊池に加え、田中も侍ジャパンの有力候補となり、実戦練習に入る2月下旬には2人がチームを離れる事態もありうる。これを想定し、特に俊足の野間について石井コーチは「1、2番を脅かすぐらいになってほしい」と期待を寄せるのだ。

     某球団のような大補強はないものの、現状打破で連覇をもくろむ赤ヘル軍団。これも優勝チームの余裕かもしれない。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/645525/

     広島の丸佳浩外野手(27)、菊池涼介内野手(26)ら先乗り自主トレメンバー18人が24日、キャンプ地の宮崎日南に入った。

     チームリーダーの丸は「去年のことは去年のこと。優勝してみんな気が緩んでいるわけじゃない。しっかり成績を残していかないといけない。自分もその1人」と力を込めた。

     昨季は25年ぶりリーグ制覇。日本シリーズで日本ハムに敗れた悔しさをバネに、今季は連覇はもちろん、日本一を狙う。

     18人は、キャンプで使用する天福球場などで25日から自主トレを行う。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000075-dal-base

     広島の丸佳浩外野手(27)が20日、球団史上5人目となる4年連続全試合出場を誓った。マツダの室内練習場で合同自主トレに参加し、「全試合にスタメンで出続けるのは一つの目標です」と言い切った。

     広島では、衣笠祥雄の17年連続(1971~87年)を筆頭に、山本浩二(77~82年)、山崎隆造(84~89年)の6年で、4年の金本知憲(99~02年、阪神移籍後10年まで継続)と続く。丸が14年から始まった全試合出場を今季も継続すれば“鉄人”の仲間入りとなる。

     25日からは、宮崎・日南のキャンプ地で先乗り自主トレを行う。「チームとして優勝したけど、自分の成績はまだまだ。3割も打ててないですし、ホームランももっと打たないと」と丸。昨季の打率2割9分1厘、20本塁打を上回る成績と全試合出場へ、早くも本気モードに突入する。(酒谷 裕)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000282-sph-base

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡県静岡市にある清水庵原球場で土生、庄司、磯村らとの自主トレを公開。キャッチボール、ノック、ロングティーなどで汗を流した。悲願の日本一へ向けて「(昨年は)最後の最後に悔しい思いをしたので、そこに向けてしっかりやっていかないといけない。まずは優勝しないといけない」とリーグ連覇を目標に掲げた。

     リーダーの自覚もにじませる。昨季限りでチームの精神的支柱である黒田が現役引退。「黒田さんが抜けて、少し苦しい部分もあると思うけど、新井さん、石原さんに助けてもらったりしながら、ぼく、丸、田中、センターラインで引っ張っていけるようにしたい」と意気込みを語った。

     昨季は141試合に出場し、打率・315、13本塁打、リーグ最多の181安打。4年連続ゴールデングラブ賞を獲得した。WBC日本代表メンバーにも選出されている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000077-dal-base

    【赤坂英一「赤ペン!!」】私が郷里の広島に帰省していた年末年始、カープの鈴木は連日地元メディアに引っ張りだこだった。テレビをつけても新聞をめくっても、さらに地元企業の広告にまで「神ってる」誠也が目白押し。ある不動産会社のCMでバットを構えた姿など、往年の前田智徳をほうふつとさせると言っても大げさではないほどである。

     昨年で“男気”黒田が引退し、カープの主役の座は名実ともに昨季のMVP新井に移った。が、地元ファンやスポンサーが若い鈴木にかける期待たるや、すでに新井以上。新井は今年で40歳とそろそろ先が見えてきただけに、「早う誠也に主砲に育ってほしいもんじゃわい」と切望する声が、私の生まれ育った広島の町のあちこちで聞かれる。

     それでは今季、4番・鈴木は実現するか。実現するとしたらいつ、どういう状況が考えられるのか。常識的に考えれば、今季の開幕4番は新井で間違いない。新井を疲労や不調で休ませなければならなくなったら、外国人のエルドレッド、昨季“代役4番”で活躍した松山らが控えている。

     ところが、球団内部には、「いや、意外に誠也が4番を打つのは早いかもしれませんよ」と指摘する関係者もいるのだ。

    「実は昨季、ウチが首位を独走していたころに、首脳陣や球団幹部の間でも、『いずれ誠也に4番を打たせてみようか』という声が出ていました。近い将来4番に据えるのなら、早く4番のプレッシャーに慣れさせたほうがいいでしょう。今後、新井が衰えて、エルドレッドも常時出場できない状態になったころ、突然『誠也、もうおまえしかおらん』と4番を任せてやったら、彼も緊張して力を発揮するどころではなくなる。そんな状況で4番を打たせるよりも、新井、エル、松山が元気なうちに経験を積ませたほうが賢明じゃないか」

     カープの生え抜き4番は、誰もが最初は大きなプレッシャーに苦しめられた。江藤(現巨人打撃コーチ)が巨人に移籍した後の金本(現阪神監督)、金本が阪神に移籍した後の新井、さらに新井が阪神に移籍した後の栗原(現楽天二軍打撃コーチ)。鈴木も同じ苦労をせざるを得ないのなら、「早いうちがええよ」という意見が球団内部にあることもうなずける。

     鈴木を評して「神ってる」と言いだし、昨年の流行語にした緒方監督がどのような決断を下すのか。興味津々である。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000005-tospoweb-base

    このページのトップヘ