広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

    「育成のカープ」を象徴する存在の一人と言っていいだろう。プロ11年目で初の規定打席到達を目前にした松山竜平外野手(33)が打率3割3厘、72打点、12本塁打で球団初のリーグ3連覇に貢献した。優勝を決めた26日のヤクルト戦でも初回に守備で大ファインプレーを披露し、打撃では2安打2打点といぶし銀の働きを見せた。タナキクマルや選手会長の会沢、鈴木ら中心選手は年下ばかりで野間やバティスタも成長著しい。常にポジションを脅かされながらもジッと耐え、今季は国内FA権も取得した“鯉のアンパンマン”が本紙に独占手記を寄せた。

     ビールが目にしみて痛いです。でも優勝した後のビールかけは何度味わっても最高です。しかも今日は打って2安打2打点。一昨年、昨年に続いて優勝が決まる試合で打点を挙げることができました。

     守備でも「初回に松山が目の覚めるようなファインプレーをしてくれた」と緒方監督に優勝インタビューで褒めてもらったのだから、なおさらうれしいです。チーム一丸となって球団初のリーグ3連覇を達成することができました。

     これもひとえにファンの皆様の声援があったからこそ。本当に感謝しています。

     一昨年、昨年と過去に2度のリーグ優勝を経験していますが、個人的に今年は少し意味合いが違います。僕のキャリアの中で最も多くの打席に立ち、規定打席も視界に入った中で緒方監督を胴上げすることができたからです。

     昨季までは外野での出場がほとんどで、こんなに多く一塁を守ったのは初めてでした。これまでは持ち味の打撃でチームに貢献することを第一に考えていましたが、今季は守備に対する意識も強く持って臨みました。左翼、一塁とポジションの選択肢が広がったことで、野間が左翼で起用されても僕は一塁で試合に使ってもらえた。首脳陣には感謝しかありませんが、一方で結果を出さないと使ってもらえなくなるのがこの世界。あとは自分がしっかり応えられるかどうかでした。

     打撃面で良かったのは三振が少ないことです。バットに当てさえすれば相手の失策もあるし、どういう形でも出塁に結びつく可能性がグッと上がります。追い込まれても粘っていれば四球も増えてくる。ただ、まだレギュラーとは言えません。一塁にバティスタ、新井さんが起用されることでスタメンを外れることもありますからね。まだまだ向上心を持って野球に取り組んでいきたいと思っています。

     思えば紆余曲折のあるプロ野球人生でした。3年目を終えた時点で一軍出場はわずか2試合。2014年のオフには愛着のあった背番号37をドラフト1位で入団した野間に譲ることになり正直、ショックでした。でも、落ち込んだのは背番号変更が決まった当日だけ。この世界では気持ちの切り替えも大事ですから。

     そういう意味で、昨年の9・10月に初の月間MVPに選んでいただいたことは目の色が変わる、いいキッカケになりました。活躍が認められて年俸も生涯最高額になりましたし、今年は国内FA権もかかっていた。権利をどうするかはシーズン全てが終わってから考えることになりますが、発奮材料になったのは確かです。

     カープの強さについても触れておきましょう。原点にあるのは「雰囲気の良さ」だと思います。和気あいあい…というだけでなく、ピリッとした緊張感もある。今季限りでの現役引退を表明された新井さんや石原さん、一昨年まで一緒にプレーした黒田さんがつくり上げたものと言ってもいいでしょう。僕は「アンパンマン」に始まり、最近では首脳陣や年下の選手からも「マツコ」のニックネームでイジられたりしていますが、組織で戦っていく上でコミュニケーションが取りやすい雰囲気は絶対に必要で、僕も先輩たちのように欠かせない存在になりたいと思っています。

     最後になりますが、家族のサポートにも感謝です。ネタだと思われるかもしれませんが、3人の息子はいずれもアンパンマンのファンで、特に今は三男が夢中なんです。「アンパンマン、アンパンマン」と言ってテレビで放送されては録画して1週間見続け、翌週もそれを繰り返す。シーズン中は家族で過ごす時間も限られますが、アンパンマンやジブリの映画を一緒に見てリラックスすることも活力になりました。

     何はともあれ今日で一区切りはつきました。ただ、本当の戦いはまだ先にあります。昨季は悔しい終わり方でした。もう、あんな思いはしたくない。34年ぶりの日本一。鹿児島のじいちゃん、ばあちゃんに喜んでもらうためにも、そこだけを目指して頑張ります。
     (広島東洋カープ外野手)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000040-tospoweb-base

     2014年ドラフト1位で広島に入団した野間峻祥が、4年目の今季大ブレイクした。

     9月23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志氏は「バッティングというのは、コツを1つ掴むだけでグッと変わるんですよ」と話す。

     さらに田尾氏は「今までの野間はバッティングで結果を残せないことが多かったのですが、粘れるというよりも色んなボールに対応しているということ。コンパクトに強く振れていますよね」と昨季までとの違いについて分析した。

     昨季までは代走・守備固めがメインだったが、今季は丸佳浩が故障で離脱した間に打撃でアピール。丸が故障から復帰後も、左翼のレギュラーとして出場し、ここまで123試合に出場して、打率.292、5本塁打、46打点、17盗塁の成績を残す。5年目で自身初となる規定打席到達も目前だ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00167835-baseballk-base

     まさに打ち出の小づち状態である。

     28日の巨人戦。広島の丸佳浩(29)が初回に右前へ適時打を放つなど4安打の固め打ち。13試合連続ヒットとし、打率をリーグ4位の・332に上げてきた。

     昨季は最多安打のタイトルを獲得し、セ・リーグMVP。丸がこう言う。

    「昨年から手でタイミングを取っている? 確かにそうですけど、あの動きは微調整であって、そんなに大きくフォームを改造したわけではないんです。それより頭を整理してから打席に入っていることが大きい。狙い球を絞ったら、早いカウントではブレずにそこだけを待つ。余計な球に手を出さなくなったことで、打ち損じが減った感じはあります」

     高い打率もさることながら、30本塁打でトップのバレンティンに3本差。本塁打王の可能性もある。昨季は23発。確実性に加え、長打力も増している。

    「ウエートトレーニングでパワーアップ? いや、そういうことじゃなくて、さっきも言ったブレずに球を待てるようになったこと。芯に当たれば飛んでいきますから、あまり意識していませんが、ミスショットが減ったことで、本塁打の数も自然と増えているんだと思います」

    ■丸に直撃すると…

     去る17日に出場登録日数が8年に達し、国内FA権を取得した。今オフのFA戦線の超目玉。巨人をはじめとした11球団が動向を注視する。広島の松田オーナーは「背中で引っ張ってチームの核になっている。当然、最大限引き留めないといけない」と腕まくりしているが、もし宣言すれば大争奪戦は必至。取得した17日に丸は「FA権を取れるところまでやれるかは分からなかったけど、取れたので、ここまでやってこられた」と振り返り、行使の可能性については「何も考えていない」と話すにとどめていた。

     実際のところはどうなのか。広島の関係者が声を潜めてこう言った。

    「オーナーが絶対に引き留めると言っています。最大で3年12億円規模の大型契約が提示される可能性がある。周辺は残留してくれると思っていますよ。理由は家族です。子供が3人いるんですが、どこかに移籍して生活環境が変わるのを気にしている。丸が22歳の開幕日に当時大学生だった小・中学校時代の同級生と10年の交際を経て結婚している。プロ野球選手なんだから単身赴任すればいいだろ、と思うかもしれないけど、周囲が思うより丸は家族至上主義なところがあります」

     この日、改めて丸に聞いてみた。

    「FA? え? 行使するかってことですか? 今、シーズン中なんで……。(権利を)取った日に記者の人たちに話した通りです!」

     メジャースカウトの評価も高い。しかし、前出の関係者によると、「家族」を理由にメジャー志向もなさそうだという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180829-00000022-nkgendai-base

     現役時代に通算213勝を挙げた元広島のエース、北別府学さん(61)が7日、自身のブログを更新。今季最終戦を終えた後輩たちの思いを代弁した。

     古巣・広島は今季最終戦となった7日のDeNA戦(マツダ)に3―4で競り負け、リーグ単独トップの16勝目を狙った大瀬良は8回で8三振を奪い3失点と力投しながら勝利を逃し、自身初の最多勝のタイトル確定はならず。丸は目の前でライバルのソトに40号弾を見せられ、39本塁打で初の本塁打王を逃した。

     だが、「5回に大瀬良がソト選手にホームラン打たれていますが丸が複雑ではないかと皆さん思っています?」と北別府さん。「優勝の決まった後の試合ですが、大瀬良は本気で勝負に行きましたね。丸選手も納得していると思いますよ。チームメイトをおもんばかり、勝負を避けるよりスッキリしたと思います」と言い切った。

     それでも「ただ、大瀬良投手は、自分の勝てなかったことより丸に申し訳ないと言う気持ちが強いのは間違いない」とも。元大エースらしく、様々な思いを抱いているであろう後輩たちの胸中を思いやっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000168-spnannex-base

    【ザ・ギース尾関高文 コイのターゲット】広島東洋カープのみなさま、そしてファンのみなさま、球団初のセ・リーグ3連覇、おめでとうございます! 40回の逆転勝ちに象徴される劇的な試合の連続に何度涙を流したことでしょう。緒方孝市監督(49)をはじめとしたチームのまとまりも素晴らしく、今年は34年ぶりの日本一も間違いないでしょう。今年は丸佳浩外野手(29)や鈴木誠也外野手(24)、大瀬良大地投手(27)がMVP級の活躍をしてくれましたが、陰で優勝を支えてくれた方もたくさんいらっしゃいました。わたくし、ザ・ギースの尾関高文が独断と偏見で選んだ「カープ裏MVP」をご紹介します!

    <選手部門>磯村嘉孝捕手

     今年は大瀬良投手とともにお立ち台にも上がった磯村さん。第3捕手として、安定したこの人がいるからこそカープの捕手陣がうまく回ってたのではないでしょうか。

     常にベンチでも声を出し、チームを盛り上げてくれました。その人柄からチームメートにも愛され、バティスタ選手からは「キハ!(スペイン語でアゴが長いの意)」との愛称で呼ばれています。カラオケでウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」の歌い出しが「イエーイ!」ではなく、アゴの関係で「シェーイ!」になってしまう磯村捕手の魅力は底が知れません。

    <スタッフ部門>一軍チーフトレーナーの松原慶直さん

     緒方監督の初年度から一軍チーフトレーナーとして活躍をされている松原さん。ケガのケアをすることはもちろん、ケガを未然に防ぐことを何よりも大事に考えていらっしゃいます。選手としっかりコミュニケーションをとり、メンタル面もケア。去年から何度も大瀬良投手とは話し合いをされたそうです。

     少しふっくらされている松原さんは今年、菊池選手に「3連覇したら、ライザップしてくださいね!」と約束させられたとか。選手全員の合言葉「3連覇でライザップを」がチームに勢いを与えたかどうかは…わかりません。

    <特別部門>マツダスタジアム施設運営部の皆様

     今年一番の大敵は、天候だったと言っても過言ではありませんでした。今まで類を見ないほどの雨にも見舞われました。急な雨にもしっかり対応し、グラウンドを素晴らしい状態にしてくださったのが、施設運営部の皆様でした。

     雨が降った時にグラウンドにかぶせるシートは敷くのはたったの3分ほど。しかし、翌日になってたたむのに2時間ほどかかるそうです。素早く仕事をして、見えないところでしっかりと仕事をしてくださる皆様には頭が下がる思いです。

     受賞されたみなさま、おめでとうございます! うれしいかどうか分かりませんが、34年ぶりの日本一を目指して頑張ってください!


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000001-tospoweb-base

     広島・丸佳浩外野手(29)が6日、自身初の本塁打王、最高出塁率の2冠を視界に捉える中、ブレずに今季最終戦の7日・DeNA戦に臨む姿勢を示した。ここまでリーグトップタイの39本塁打で、球団では05年の新井(43本)以来の40本以上も眼前に迫る。この日はマツダスタジアムで行われた全体練習に参加した背番号9。7日のレギュラーシーズン最終戦で記録を伸ばし、CSへ勢いを付ける。


     マツダスタジアムに隣接する室内練習場に心地良い打球音が響き渡る。丸は翌日に控えたレギュラーシーズン最終戦の7日・DeNA戦へ「いつも通り」の練習で汗を流した。タイトルが手に届く位置にあれど、思いは至って冷静だ。

     「もともとホームラン王のタイトルは管轄外でしたから。今そういうタイトル争いに絡ませてもらってるけど、あくまで僕はブレずにやるだけ」

     昨季まで16年の23本塁打が自己最多だったが、今季はここまでリーグトップタイの39本塁打。「狙ってるとかではないけどレフトに本塁打、ライトに本塁打を打てるような入り方でいっているつもり」と力を入れたスイングの先にアーチを積み重ねてきた。

     初のキングとなれば球団では14年のエルドレッド、40本に到達すれば05年の新井以来。ソトにこの日並ばれ、眼下に38本で筒香が迫るが、期待はおのずとかかる。打点も97で、初の100打点も可能な数字だ。また、最終戦で先発する大瀬良も最多勝などがかかっており「プレッシャーがかからない状況を早くつくってあげたい」と意気込んだ。

     出塁率は・467とリーグ単独トップで、最高出塁率が濃厚。特筆すべきは歴代6位の127四球で、球団記録の金本(現阪神監督、128)にも肉薄している。「昨季に比べたら数が増えてる分、より内容が良くなっているのかな」とうなずき、「自分の中でどんどん(出塁に)絡めていければいい」と意欲を示した。

     打率も・307で申し分ない成績を残すが、ここ5試合は19打数1安打と下降気味。迎打撃コーチは「低めの球を見極められなくなって、そこを意識してしまうと今度は真っすぐに差し込まれてしまう」と説明。それでもCSへ向けて「試合がない期間に全て疲れを取るのは無理にしても、リセットはできると思う」と話した。

     CS前最後の実戦となるDeNA戦。「しっかりいい内容で終えるようにしたい」と丸は力を込めた。手応えを得て、最終戦を締める。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000023-dal-base

     プロ野球セ・リーグは広島が圧倒的な強さを見せつけリーグ3連覇を果たした。鈴木、丸、菊池ら強力打線が注目されたが、打率3割、13本塁打を記録するなど強打の捕手としてチームを牽引した會澤翼捕手。DAZN「野球ラボ」では「広島カープ 圧倒的な強さの秘密を徹底分析」と題し、會澤へのインタビューを行っている。

     セ・リーグ球団の3連覇は巨人に次いで2球団目、広島が本拠地でリーグ優勝を果たしたのは1991年、以来27年ぶりの出来事で歓喜の瞬間を「嬉しかった。ほっとしたという」と振り返った。

     主に8番としてここまで打率3割、2桁本塁打をマークするなど近年では少なくなった「強打の捕手」としてチームを支えている。自身の打撃に関しては「僕はキャッチャーなので、1点でも多く取ってピッチャーをなんとか楽に投げさせてあげたいと思っています」と“捕手らしい”言葉で謙虚に語っている。

     本塁打、打点、打率など打撃の中で一番心がけているのは「やはり下位打順からつないでいけば、上位打線に回りますんで、そういうのもあるので出塁率。出塁っていうのを僕は考えていますね」と出塁率を挙げた。

     リーグ3連覇を果たしたが、過去2年はクライマックスシリーズ、そして日本シリーズで悔しい思いをしてきた。

    「その2年間の経験をどう生かすかと、僕は思うので。あの2年があったからこそと思われるような、CSにしても日本シリーズにもそういうことは思うんですけど。本当に一人ひとりがそういう気持ちでいると思うのでやってきたいなと思います。本当に今年は何としても日本シリーズに行かなくちゃいけない年でもあると思う」

     3度目の正直で狙うは勿論、日本一。強力打線を武器にセ・リーグを圧倒してきたが、短期決戦での戦い方はシーズン中とは一味も二味も違う。その難しさは嫌というほど経験してきただけに日本一への思いは誰よりも強い。扇の要として、そして強打を武器に広島を34年ぶりの日本一に導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00220944-fullcount-base

     広島が17日からのCSファイナルSへ向け、マツダスタジアムで調整していくことが5日、分かった。主力選手は8日に開幕する「みやざきフェニックス・リーグ」には参加しない方針。7日にペナントレースが終われば短期決戦まで9日しかない。期間の短さや移動時間などを考慮して派遣見送りを決めた。

     CS突破へ向け、マツダスタジアムでじっくりと調整する。昨年に続いて「みやざきフェニックス・リーグ」に主力の派遣予定はなし。緒方監督は参加見送りについて「移動とかを考えたらメリットはない」と説明した。

     順調なら7日のDeNA戦(マツダ)でレギュラーシーズンが終了。17日開幕のCSファイナルSまで9日間しかない。フェニックスLが行われる宮崎・天福球場まで半日がかりで移動しなければならず、往復で実質2日間は練習ができないことになる。

     さらに雨などで試合が中止になった場合は練習環境が限られる。一方で本拠地ならば制限はかからない。気になる試合勘の維持は「実戦形式の練習をやる」と指揮官。基本的に練習ごとにシート打撃を行う予定で、感覚を保たせる構えだ。

     日本一への夢が絶たれた昨年は、シーズン終了からCSファイナルSまで16日間も時間が空いた。今年は9日間と短い。“ぶっつけ本番”で挑む短期決戦へ、万全の準備を整えていく。

     開幕前から34年ぶりの日本一を目標に掲げてきた。過去2年はセ界の王者となりながら、手が届かなかった。リーグ3連覇を成し遂げ、黄金期を迎えているチームは広島で牙を研ぎ澄ましていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000028-dal-base

     CS突破になりふり構ってはいられない。広島は3日の阪神との最終戦(マツダ)を4―3でサヨナラ勝ち。同点の11回、一死一塁から鈴木が左翼線に適時二塁打を放って劇的な幕切れを演出。勝負強さを発揮した打線だが、課題も浮き彫りになった。

     この日は3試合ぶりに菊池涼介内野手(28)がベンチスタート。リーグ優勝が決まっている広島にとっては“消化試合”とはいえ、不動の上位打線として今季もチームをけん引してきた“タナキクマル”が揃わないオーダーは最近5試合で3度目だ。

     田中広輔内野手(29)は不振が原因で8月18日のDeNA戦から26試合連続で「1番」を外れ、菊池は8月4日のDeNA戦で一度だけ「2番」を安部に譲ったものの、9月20日の阪神戦では同学年トリオが再結成された。しかし、打率2割3分1厘で打棒が上向かない菊池は休養を挟んでの起用が続いている。

     ここにきて3番の丸佳浩外野手(29)も最近5試合19打数1安打と湿りがちだ。迎打撃コーチは「3、4番が打てていないときに数多く打席が回ってくる1、2番が当たっていないと、点が入りにくくなる。守備で田中も菊池も十分貢献してくれているが、勝つためにはどうするか考えないといけない」と指摘する。

     この日は“代役2番”に野間が起用されるなど首脳陣の試行錯誤は続いており、チーム関係者も「CSでもオーダーを固定するというより、状態のいい選手を並べて打順を組んでいくことになる」と大一番での“タナキクマル解体”を示唆した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000041-tospoweb-base

     広島・天谷宗一郎外野手(34)が4日、広島市のマツダスタジアムで会見を開き、今季限りでの現役引退を改めて表明した。

     引退を決断した理由を「チームの戦力になりたいと思って春のキャンプから過ごしていた。丸、野間がけがをしたときに1軍に上がれることができなかったので引退を決めた」と説明した。

     2002年に福井商高からドラフト9巡目で広島に入団。“北陸のイチロー”と称される巧打と俊足を武器に3年目の04年8月20日の巨人戦(広島市民球場)で1軍デビュー。08年には主に中堅手として135試合に出場した。近年は代走、守備固めとしてチームを支えていたが、今季は1軍出場ゼロだった。プロ17年で通算843試合に出場し、打率・255、27本塁打、159打点、81盗塁だった。

     この日の巨人戦(マツダ)で1軍に昇格して“引退試合”として出場する見込み。試合後には引退セレモニーが予定されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000534-sanspo-base

    このページのトップヘ