広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     「広島6-2中日」(31日、マツダスタジアム)

     広島が連日の2桁安打で開幕2連勝を飾った。


     1点を追う四回、中日の先発、新助っ人右腕、ジーを捉え、1死二、三塁から松山の犠飛で同点とすると、さらに2四死球で満塁とし、石原が左前適時打を放ち、逆転に成功。投手のジョンソンも右前への2点適時打で続き、この回4点を奪った。五回には丸の1号2ランで加点し、リードを広げた。

     先発ジョンソンは7回を6安打1失点の好投で今季初登板初勝利。お立ち台に上がった左腕は「チームはいい状態。とにかくストライク先行で投げた。得点をしっかり取ってくれたので勝ちがつくように投げた」と振り返った。さらにバットでも存在感を示し、「非常にラッキーでしたね。うまく野球の間を抜けてくれてくれた」と笑っていた。

     中日は先発の新助っ人、ジーが6回9安打6失点と期待に応え得られず。打線では京田が3安打と気を吐いたが、得点は福田、アルモンテのソロ本塁打による2点にとどまった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000114-dal-base

    <広島6-3中日>◇30日◇マツダスタジアム

     広島が1回に松山の犠飛で先制。2回に中日松井雅の犠飛で同点に追い付かれるも、広島は3回に鈴木の適時二塁打で勝ち越した。



     中日が6回に京田の適時打などで逆転するも、その裏に広島がエルドレッドの1号ソロで追いつき、田中の2点打で勝ち越した。

     7回にも1点を追加した広島が必勝リレーで逃げ切った。緒方監督就任初、マツダスタジアム開場初の開幕戦白星となった。

     広島野村1勝、中崎は1セーブ目。中日小笠原が1敗。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00164081-nksports-base

     「ウエスタン、広島6-0ソフトバンク」(28日、由宇球場)

     広島・野間峻祥外野手が、「1番・左翼」で先発出場し、4安打を放った。「見過ぎないように、ストライクを振っていこうと思った」と積極的にスイングした。



     ソフトバンクの先発・バンデンハークは、昨年13勝を挙げ優勝に貢献した。その右腕から3安打。「なかなか打席に立てていなかったので良かったです」と納得顔で振り返った。

     オープン戦では5試合に出場し5打数無安打だっただけに、開幕1軍をアピールした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000158-dal-base

     「オープン戦、広島4-2ソフトバンク」(25日、マツダスタジアム)

     セ・リーグ3連覇を狙う広島がオープン戦最終戦を白星で飾った。

     1点を追う四回に3点を奪い逆転した。1死から丸が左前打を放つと、鈴木は四球、松山は左前打で満塁の好機。続く安部の放った一塁方向への打球が敵失となり2者が生還。なお一、三塁となり、エルドレッドの中犠飛でさらに1点を追加した。

     五回に丸が適時打を放ち、4戦連続打点をマーク。前回登板の18日楽天戦(静岡)で5回7安打5失点と乱れた先発・大瀬良は、不安を払しょくする5回3安打1失点で開幕前最終登板を終えた。

     ソフトバンクは先発・中田が5回3安打4失点。4番・内川はマルチ安打で結果を残した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000118-dal-base

     広島の強力打線をけん引する中軸の2人が調子を上げてきた。4番鈴木が3号ソロを放ち、3番丸は2安打2打点。当初は守備に就かず、じっくり調整していたが、寒さの中でも元気なところを見せた。

     オープン戦で初めて4番に入った鈴木は、三回の第2打席で高めの直球を左中間へ3号ソロ。「速い球をしっかり捉えることを意識しているので、一発で捉えられたのは良かった」と手応え十分に振り返った。

     一回には四球で出塁後、エルドレッドの右前打で俊足を飛ばして三塁へ。5試合続けて右翼守備に就き、昨夏に骨折した右足首はもう問題なさそうだ。緒方監督は「状態は悪くないんじゃないか」と評した。

     丸は適時打2本と勝負強さを発揮。ともに中堅から左方向への当たりで、「自分の形で振れば、方向関係なくいい打球が飛ぶイメージはある」。3試合安打が出ていなかったが、こちらも不安はなさそうだ。

     新戦力の補強はほとんどない今季の広島。リーグ3連覇に向け、一人一人が上積みを目指す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000110-jij-spo

     リーグ連覇中の広島が27日、春季キャンプを打ち上げた。

     宮崎・日南から沖縄へ移動した約1カ月間の日程を終えた緒方孝市監督(49)は、「若い人にとってこの期間は第1段階だったが、いいものを数多く見せてくれてうれしい」と若手のアピールに笑顔。練習後にはナインの円陣に歩み寄り、高橋昂也(19=2年目)、アドゥワ誠(19=2年目)、藤井皓哉(21=4年目)の投手3人と、上本、下水流の野手2人の計5人に「監督賞」を贈った。

    「頑張って目立っていた。期待を込めて」(緒方監督)

     野手2人は内、外野のスーパーサブ的存在だが、投手3人は、いずれも高卒の若手有望株。広島のチーム関係者がこう言った。

    「昨年はシーズン途中で中継ぎから転向した薮田が15勝3敗、2年目の岡田が12勝5敗で前年に引退した黒田の穴を埋め、リーグV2に貢献した。とはいっても、活躍したのは1年。まだ計算はできない。救援陣はさらに不安視されている。先発は野村、ジョンソン、大瀬良あたりが軸になるが、若手にチャンスがある状況ではある。ただ、監督が名前を挙げた3人に対しては、今年どうしても出てきて欲しいというほどの切羽詰まったものはない。チームが勝っている今のうちに、ノビシロのある高卒の若手を競わせ、数年後を見据えた育成をしようという球団方針です」

     他球団にはため息の出る話だ。特に、吉川尚ら4人がインフルエンザA型に感染し、緊急措置としてこの日、沖縄・那覇2次キャンプを1日前倒しで打ち上げた巨人はそうだろう。こちらも「球団方針」として盛んに「若返り」をうたってはいるものの、期待の岡本らはアピール不足。掛け声だけが響き、まったく実体が伴いそうにないのが実情だ。

     そんな巨人からみれば、次の世代がどんどん台頭する広島は、まぶしく映るに違いない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000025-nkgendai-base

     「広島春季キャンプ」(27日、沖縄)

     広島・下水流昂外野手(29)が27日、2年ぶりの開幕スタメンへアピールに成功した。対外試合で12打数7安打と大暴れ。野手ではNo.1の活躍で監督賞をゲットし、「うれしかったです。いい内容を見せられたと思うのでこれを続けていきたい」と声を弾ませた。

     今キャンプはエルドレッドが不在で、外野レギュラーの丸と鈴木が実戦での守備を回避した。そこで下水流が自慢の打力で存在感を示し、巡ってきたチャンスをモノにした。

     今後は1軍生き残りを懸けた競争が本格化する。丸らも実戦守備に復帰する見込みだ。出場機会が限られていく中、「いい結果と内容が求められているので、そこだけを目指して頑張っていきたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000034-dal-base

     広島・緒方孝市監督(49)が27日、沖縄キャンプを打ち上げ、3連覇に向けた不安を口にした。投打ともに盤石の陣容がそろってはいるが「不安材料はたくさんある。いろんなアクシデントやけが人とかもね。100点満点なんてないんだから」と表情を引き締めた。

     昨季の右足骨折からの復活を目指す鈴木、右肩に違和感を抱える丸は、実戦で守備に就かないままキャンプを終えた。日南から沖縄に移ってからもバティスタが左手小指に死球を受け、安部も腰痛で離脱。ともに広島で検査を受けて今後の治療方針を決めるが、フルメンバーで開幕に臨めるかは不透明だ。

     緒方監督はこの日、高橋昂、アドゥワ、藤井皓、上本、下水流にキャンプの「監督賞」を送った。「目立って頑張っていたから。期待を込めて。戦力の底上げを課題にしている。層の厚いチームにしたい」。3月1日から新井、エルドレッド、小窪も1軍に合流予定。競争をあおり、チームの穴を埋めていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000109-sph-base

     「広島春季キャンプ」(26日、コザ)

     丸佳浩外野手が、シートノックを再開した。右肩の仕上がりが遅れていたが、回復は順調。「今日と明日で上げられるところまで上げようという話だった」と説明した。



     実戦での守備復帰の時期については「なるべく早く合流できるようにしたい」と前向きに話しつつ「再発しても意味がない」と慎重な姿勢も示していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000122-dal-base

    このページのトップヘ