広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     目指せ2桁トリプルだ。広島田中広輔内野手(26)は三塁打の数にこだわる。今季は「幻の本塁打」による三塁打を含め、セ・リーグ最多となる9本の三塁打を放った。10本となればセ・リーグでは03年の中日福留の11本以来、広島では背番号2の先輩でもある高橋慶彦が80年に11本打って以来、実に36年ぶりとなる。12日、広島市内で行ったトークショーに参加した田中は「中距離打者なので、本塁打よりもこだわりがある。三塁打は、ただ打つだけではだめなので。打ちたい」と狙いを定めた。


     三塁打に必要な走塁面も見直した。秋季キャンプでは「根本的な部分から。スタート、構え、初めて真剣に向き合った」。今季6個に終わった盗塁も「20、25盗塁はやらないといけないと思う。楽しみな部分です」と大幅増を誓った。打率3割、2桁三塁打、30盗塁の「変則トリプルスリー」も夢ではないかもしれない。

     ◆広島田中の幻弾 9月12日阪神戦(甲子園)。広島田中は同点の延長12回に左中間へ大飛球を放った。打球はフェンスを越えてグラウンドに跳ね返ったが、ビデオ判定でもインプレーの判定は覆らず三塁打。試合は引き分けに終わった。後日、NPBが誤審を認め謝罪した。シーズンも0・5ゲーム差で3位阪神に及ばずCSを逃したため、まさしく幻の1発となった。

    このページのトップヘ