広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     広島が21日、マツダスタジアムで全体練習を行った。前日休養が与えられた主力組に加え、2軍から上本崇司内野手(26)も参加した。

     WBCに出場し、今季はここまで全試合出場の鈴木誠也外野手(22)も全体練習で汗を流した。前日まで2日間の休養は多くの時間を睡眠に充て疲労回復に努めた。4月25日から4番に固定され、肉体だけでなく、精神的な負担は例年以上に増している。

     「3日ぶりでしたけど、今日しっかり練習できたので大丈夫かなと思います」

     ここまでリーグトップタイの53打点をはじめ、打撃3部門で上位につける。一方で得点圏打率は3割を切る、2割7分6厘。相手バッテリーの警戒が増す状況にも「自分の技術がないから打てていないだけ。攻め方が変わったのが多少あっても、意識するほど変わっていない。僕次第だと思う」ととらえる。

     この日は全体練習後に行われた特打にも加わり、最後までバットを振った。万全の状態を整え、23日からの2位阪神との3連戦に臨む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01843834-nksports-base

     (セ・パ交流戦、広島4-7ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、18日、マツダ)丸は4打数1安打1四球。交流戦の打率は・411で、トップをキープした。3位の武田(オリックス)が打率・396(53打数21安打)で、19日のDeNA-オリックス(横浜)の試合で、“交流戦首位打者”の行方が決まる。丸自身は「この後、打てないと意味がない」と興味を示さなかったが、チームの成績については「ある程度、貯金がつくれた」と胸を張った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000038-sanspo-base

     広島は17日、マツダスタジアムで行われた福岡ソフトバンク戦に3-2で勝利し、チーム初の交流戦勝率1位に王手をかけた。終盤まで1点を争う息詰まる熱戦を制し、緒方監督は「選手もギリギリのところでやっている。ケガなく、最後はいい形で終わりたい」と選手をねぎらった。


     2-2の同点から、試合を決めたのは前夜に3打席連続本塁打を放った丸の一発だった。「同点だったので、なんとか出塁できればと打席に入った。甘いところに来たら積極的にいこうと思った」という丸は、代わったばかりの岩嵜の初球を振り抜いた。「今はいい形でボールに入っていけているし、自分の形で打てている」と、好調の要因を話した。

     投手陣は先発の野村が7回を投げて2失点、同点の8回は中崎、1点リードした9回は今村が福岡ソフトバンクに得点を許さなかった。緒方監督は「野村は初回にホームランを打たれたが、その後はしっかり修正して投げてくれた。リリーフ陣も連投が続く中、粘り強く0点に抑えてくれた」と評価した。

     埼玉西武と阪神が敗れたため、交流戦最終戦となる広島と福岡ソフトバンクの直接対決で交流戦1位が決まることになった。緒方監督は「(交流戦1位は)選手のモチベーションにはなっているかもしれないが、あくまでペナントを戦っているということが第一」と言うが、今村が「これでまた明日も楽しむ野球ができる。チャンスがあるので勝ちたい」と初のタイトルへ意欲十分で、丸も「明日勝てば、必然的にそういう結果になる。(交流戦1位は)チームのモチベーションの一つでもある」と意気込んだ。

    「昨年から自分たちのいい野球ができている。相手云々ではなく、各自がやるべきことをしっかりやっているだけ」という丸。「そういう結果が出れば、また自信になる」。チーム初となるタイトルは、連覇を目指すチームをさらに勢いづけることになる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00010024-fullcount-base

     (セ・パ交流戦、広島3-2ソフトバンク、2回戦、1勝1敗、17日、マツダ)広島がソフトバンクに逆転勝ち。交流戦の勝率単独1位となり、18日にソフトバンク戦に臨む。

     広島は一回、ソフトバンク・今宮に先制本塁打、四回に松田に適時打を浴び0-2とリードされた。それでも、四回裏の攻撃でエルドレッドが同点2点打。八回には3番・丸の12号ソロで勝ち越した。

     九回には、3番手・今村が二死二、三塁とピンチを招くも、最後は今宮を三ゴロに仕留め試合終了。八回に登板した2番手・中崎が今季2勝目となった。

     お立ち台に上がった丸は大歓声に「サイコーです!」とシャウト。八回のソロ本塁打は、相手投手が岩崎に代わった直後だった。そのことについては「甘い球はどんどんいこうと。初球から甘い球を1スイングで捉えられた」と振り返った。

     2日間で4本塁打の活躍。「なかなかこんな機会はないと思うので、勘違いせず今後もきっちりやっていきたい」と謙虚なコメント。18日に交流戦勝率1位をかけた試合に向け、丸は「チームの目標として、まず交流戦を優勝する、という一番身近な目標をたてているので、まずあした、そこに向けて勝ちたいと思います」と力強く語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000543-sanspo-base

     ◇交流戦 広島3―5ソフトバンク(2017年6月16日 マツダ)

     広島・丸がチーム史上6度目の3打席連続本塁打。過去には65年に興津、90年にアレン、94年と98年に江藤、12年にニックが記録しているが、ソロ3連発はチーム史上初だ。

     また、3打席連続本塁打が飛び出した6試合のうち、広島が勝利したのは興津がチーム史上初の3連発を記録した65年の巨人戦(兼六園)のみ。それ以外の試合はいずれも敗れており、広島は自軍選手が3打席連続本塁打を放った試合で5連敗となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000155-spnannex-base

     「交流戦、広島7-2オリックス」(15日、マツダスタジアム)

     広島が快勝し、15年から続いているオリックス戦の連勝が9に伸びた。

     初回、丸の2点適時打、安部の1号などで5点を先制。3点差で迎えた六回にもエルドレッドの16号ソロで加点。

     先発の岡田は6回7安打2失点で7勝目(2敗)を挙げた。

     オリックスはディクソンが立ち上がりの大量失点が響いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000109-dal-base

     「交流戦、楽天3-12広島」(9日、Koboパーク宮城)

     広島が今季最多タイとなる16安打を放ち、最多の12得点でセ・パ首位対決第1ラウンドを制した。

     二回、売り出し中のバティスタの適時二塁打で先制すると、2死一、三塁から重盗を決めるなどして3点を奪った。二回にも松山の2点適時二塁打などで3点。八、九回にも攻撃の手を休めず、加点した。

     緒方監督は「つながりのある、うちらしい攻撃をみせてくれた。先制、中押し、ダメ押しと最後までしっかりと攻めてくれた。移動日なしで体がしんどかったと思うけど、頑張ってくれた」とナインをたたえた。

     3月31日、阪神との開幕戦以来となったジョンソンは、6回6安打2失点で今季、初勝利を手にした。咽頭炎を患い体調を崩して長く戦列を離れていた。チームは、エース不在でも底力を発揮して首位に立つ。左腕の復帰は、さらなる戦力充実につながる。「待ちに待ったエースが帰ってきた。これから制球にしてもイニングにしても、上げていってほしい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000136-dal-base

     「交流戦、日本ハム3-4広島」(6日、札幌ドーム)

     広島が逆転勝ちで3連勝、首位を守った。

     広島は2点を追う七回無死二、三塁から菊池の二ゴロの間に1点。さらに1死三塁から丸の左前適時打で同点とした。なおも2死一塁からエルドレッドの左線適時二塁打で勝ち越した。

     決勝打を放ったエルドレッドは「なんとか打ってやろう、食らいついていこうと思っていた。いいヒットが出たと思います」と喜んだ。

     昨年の日本シリーズでは札幌ドームで3連敗を喫し結果的に日本一を逃した。「日本一になりたかったけど、過去のことなので。今は集中して日本ハムと戦っていきたい」と目の前の戦いに集中する。

     先発薮田は6回3安打3失点で5勝目。

     日本ハムは先発加藤が6回1失点も救援陣がリードを守れず3連敗。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000145-dal-base

     広島は4日、マツダスタジアムで行われた千葉ロッテ戦に7-1で勝利し、交流戦スタートから2カード連続勝ち越しを決めた。投打がかみ合った快勝で、かつては鬼門と言われた交流戦で好スタートとなったが、緒方監督は「交流戦はまだ3分の1が終わっただけ。これからも6連戦が続くので、みんなで頑張っていきたい」と浮かれる様子はなかった。


     指揮官はまず先発して3勝目を挙げた中村祐の好投を称えた。「前回の登板と違い、テンポが良かったし、しっかり指にかかったいいボールが多かった」と評価し、「若いピッチャーを盛り立てる内野のいい守りもあった」とバックの好守にも触れた。

    「丸が先制、中押しといい働きをしてくれた。今日も活発に点を取ってくれたね」とした打線では、支配下登録されたばかりのバティスタが2試合連続で代打本塁打と史上2人目、セ・リーグでは初の快挙もあった。緒方監督は「また打ったね」と驚いた様子で、「昨日、今日と最高の結果を出して、ファンの心をしっかり掴んだね。ワンチャンスをものにしたことで、これから出場機会も増える」と、パの本拠地でDH制がある翌週の6連戦に期待を隠せない様子だった。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/04/post71197/

     ◇交流戦 広島7―1ロッテ(2017年6月4日 マツダスタジアム)

     広島の中村祐が4日のロッテ戦に先発し6回1失点の好投。98球を投げて被安打4、5奪三振の内容だった。5月3日にプロ入り初勝利を挙げて以来、負けなしの3連勝となった。

     前日3本の本塁打で打ち勝った打線はこの日も3本の本塁打。初回に丸の適時打で先制すると、4回にはエルドレッドの15号ソロ、5回に丸の8号2ランで効果的に加点。

     6回には2日に支配下登録された育成出身のバティスタが2試合連続の代打本塁打。これで一軍デビューして2打席2本塁打4打点。鮮烈な印象を残した。

     一方のロッテは打線に元気がなく連敗。先発のドラフト1位ルーキー佐々木千隼は5回4失点で5敗目(2勝)。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00000135-spnannex-base

    このページのトップヘ