広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

    ■スコアの余白 番記者のつぶやき

     プロ入り10年目、時の人となった。広島の安部は5月26日の巨人戦で規定打席に達すると、打率3割5分1厘でいきなりセ・リーグの首位打者に立った。


     そんな27歳の内野手にはお決まりのフレーズがある。本拠マツダスタジアムのお立ち台で、自身を変えてくれた一言を叫ぶ。

     「覇気で打ちました」

     2007年秋の高校生ドラフト1巡目で福岡工大城東高から入団。能力の高さは誰もが認めるが、なかなか芽が出なかった。

     いつの間にか同学年の3人に後れをとっていた。同じドラフトで3巡目の丸、そして大卒の菊池、社会人出身の田中が先発に定着した15年には、26試合の出場に終わった。「悔しかったです」。2軍でもがいているときに、東出1軍打撃コーチ(当時は選手兼任の2軍野手コーチ補佐)に言われた。「お前、覇気がねえな」

     気持ちを前面に押し出すようになり、成績も付いてきた。25年ぶりにリーグ制覇した昨季は主に三塁手として、自己最多115試合に出場した。今季のキャンプでも、前向きな姿勢は変わらなかった。「練習へ取り組む姿勢を考えている」。球団が新外国人内野手を獲得すれば「かかってこい、ペーニャ」と叫びながら、素振りを繰り返した。

     苦手な左投手を克服すれば、さらに怖い選手になる。出遅れた「タナキクマル世代」のドラ1が今、猛烈に巻き返している。(広島担当・吉田純哉)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000033-asahi-spo

     「交流戦、西武0-5広島」(30日、メットライフドーム)

     広島が交流戦の初戦に快勝し、リーグ戦からの連勝を6に伸ばした。先発・薮田は6回5安打無失点で4勝目(1敗)を挙げた。


     四回、丸の右前適時打で1点を先制。八回は菊池の右前適時打で2点目。八回は会沢の左前適時打、菊池の左越え2点二塁打で3点を追加した。

     西武は3連敗。先発・野上が7回2/3、5安打2失点も打線の援護なく3敗目(4勝)を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000125-dal-base

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000125-dal-base

    「6番にエルドレッドみたいなバッターがいると、チームは強い」。

     27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』の解説を務めた山崎武司氏は、広島打線の印象をこのように語った。

     同日の試合に『6番・一塁』でスタメン出場したエルドレッドは、3回の第2打席でリーグトップの12号ソロを放つと、4回の第3打席は2点タイムリー、6回の第4打席は押し出し四球を選び、1ホーマー4打点の活躍で勝利に貢献した。

     広島打線は1番・田中広輔、2番・菊池涼介がチャンスメイクし、3番・丸佳浩、リーグトップの39打点をマークする4番・鈴木誠也が還す。5番には打率リーグトップの.346を記録する安部友裕が座り、6番・エルドレッドや新井貴浩で、さらに追加点を奪うという抜け目のない打線となっている。

     山崎氏はこの日のスタメンについて「(エルドレッドの)後ろに松山でしょう。8番に会沢も長打力がある。形としては、好調の安部が5番打っていますけど、左、右、左、右とジグザグに組んでいますし、当分この打順でいいんじゃないかなと思います」と太鼓判を押す。

     またこの日は一塁にエルドレッド、左翼に松山竜平がスタメン出場したことで、昨季リーグMVPに輝いた新井貴浩はベンチスタートとなった。層が厚いことで、エルドレッドや新井といったベテラン選手たちに休養を与えることもできる。

     中心選手だけでなく、下位打線、控え選手も、結果を残し、リーグトップのチーム打率.279、253得点、43本塁打を記録する広島打線。リーグ優勝した昨季よりもさらに、パワーアップした打線といえそうだ。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00118212-baseballk-base

     「広島6-1ヤクルト」(24日、マツダスタジアム)

     広島が序盤から主導権を握り連勝、首位阪神に0・5ゲーム差に迫った。

     広島は初回、1死三塁から丸の適時二塁打で9試合ぶりに先制点を挙げた。三回にも丸の犠飛で加点、六回には鈴木の9号ソロなどで2点を加えた。八回には代打ペーニャの中前2点適時打でダメを押した。

     先発・大瀬良は6回無失点で2勝目を挙げた。

     約1カ月ぶりの勝利を挙げた大瀬良は「勝ててうれしいです。自分の仕事をしたいと毎回毎回マウンドに上がっていた。自分らしく投げようと思っていた」と喜んだ。丸は「大地(大瀬良)がなかなか勝ちが付かない中で粘り強く投げてくれたので、なんとか勝ち星がつけれてよかった」と話した。

     ヤクルトはバレンティンの初回の退場が響いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000144-dal-base

    ○ 広島 9 - 2 DeNA ●
    <9回戦 マツダスタジアム>

     広島打線が13安打9得点と機能し逆転勝ち。援護に守られた先発・中村祐は、6回を7安打2失点に抑えデビューから2戦2勝とした。

     中村祐は1回表、先頭打者の四球をきっかけに一死二、三塁のピンチを招くと、4番ロペスの遊ゴロの間に失点。さらに二死二塁から5番戸柱に一、二塁間を破られ、立ち上がりから2点の先制を許した。

     しかしその裏、打線がすかさず反撃。上位打線のチャンスメイクで一死一、二塁としたあと、4番鈴木が適時二塁打を放ちまず1点。さらに5番安部も2点適時打を左前へ運び、3-2とあっさり逆転した。

     8番会沢にも適時打が飛び出し、中村佑は4-2の状況で2回のマウンドへ。味方の得点直後を無失点で切り抜けると、その後も走者を出しながら粘り強く腕を振り続け、スコアボードにゼロを刻み続けた。

     9-2となり一軍で初めて6回のマウンドに登った中村祐は、二死一塁からこの試合2つ目の四球を出すも後続をピシャリ。広島先発陣はこのところ四球で崩れるケースが多発していたが、4年目右腕は最後まで乱れず6回2失点と役割を果たした。

     打線は2回以降も活発で、3番丸の7号2ラン、6番エルドレッドの11号2ランなどで計9得点。首位・阪神が中日に敗れたため、ゲーム差を再び1.5に縮めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00117060-baseballk-base

     (セ・リーグ、ヤクルト7-8広島、8回戦、広島5勝3敗、10日、神宮)広島が乱打戦を制し、連敗を4で止めた。4番・鈴木誠也外野手(22)が2本塁打を放つなど3安打5打点の活躍で、チームは今季20勝目を挙げた。

     鮮やかな先制攻撃だった。広島は一回一死三塁とすると、3番・丸が山中から右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、先制。続く鈴木の右翼線適時二塁打で1点を追加。なおも新井の右犠飛で3-0とした。ヤクルトは二回、大引が2号2ランを放ったが、広島は三回、鈴木の左翼席上段への6号2ランを放った。

     ヤクルトは3点を追う五回に4番・雄平の犠飛で1点を返すと、続くバレンティンが中越え逆転3ランを放ち、6-5とした。

     1点を追う広島は、七回に鈴木の左越え2ランで逆転に成功した。さらに九回には丸が中越えソロで1点を追加。九回にヤクルトに1点差に迫られたが、逃げ切った。

     ヒーローの鈴木は三回のアーチについて聞かれると「久しぶりに打ったんで、気持ちよかったです」と笑みを浮かべた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000590-sanspo-base

    このページのトップヘ