広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    丸佳浩

    SMBC日本シリーズ第1戦
    ○ 広島 5 - 1 日本ハム ●
    <10月22日 マツダスタジアム>

     投打がかみ合った広島が、満員に膨れ上がった本拠地で快勝。1984年以来、32年ぶりの日本一奪取へ最高のスタートを切った。

     広島は0-0の2回、日本ハム先発の大谷に対し一死一、三塁の好機を作ると、8番石原は2度のスクイズに失敗したあと空振り三振に倒れた。しかしこのとき、一塁走者の安部が二盗を仕掛けると、送球が二塁へ渡る間に三塁走者の鈴木が本塁生還。広島は得意とする足攻めで大谷から先制点をもぎ取った。

     1-0で迎えた4回には、この試合4番に抜擢された松山が、大谷の直球を右中間スタンドへ運び2点目。さらに一死後、6番エルドレッドも中越えのソロ弾を放ち、一発攻勢でリードを3点に広げた。

     2点差に詰め寄られた7回は日本ハム中継ぎ陣を攻め、3番丸の右前適時打、エルドレッドの右犠飛で2点を追加。日本シリーズでも効率のよい攻撃を披露し、7安打で5点を奪った。

     投げては先発のジョンソンが好投。初回は不運な2安打で一死一、三塁のピンチを招いたが、4番中田、5番陽を連続三振に仕留めピンチ脱出。7回に7番レアードにソロ弾を浴びたが、なおも二死一、二塁のピンチを2番手の今村が凌いだ。

     ジョンソンはシーズン同様の粘り強さを発揮し、6回2/3を投げ9安打5奪三振1失点の力投。後続の今村、ジャクソン、中崎も好リリーフを見せ、日本ハム打線に反撃を許さなかった。

     対する日本ハムは、大谷-大野のバッテリーが、広島打線に足で揺さぶられ先制点を献上。4回には直球を狙い打たれ手痛い2発を浴びた。反撃したい打線だったが、この日は4番の中田が4打数無安打3三振とブレーキ。初回の好機では空振り三振、3回も一死一、二塁で打席に入ったが、痛恨の投ゴロ併殺に倒れた。

     「8番・投手」で出場した大谷は、打席ではフェンス直撃の二塁打を放つなど3打数2安打と活躍。しかしマウンドでは6回3失点で負け投手となり、ほろ苦い日本シリーズデビューとなった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00093381-baseballk-base

     5日にプロ野球のレギュラーシーズンが終了し、現在は日本シリーズ進出を懸けてクライマックスシリーズファイナルシリーズが真っただ中。レギュラーシーズンでは、鳥谷敬(阪神)、村田修一(巨人)、田中賢介(日本ハム)など17人が全試合出場を果たした。

    【パ・リーグの全試合出場者】
    日本ハム:田中賢介、レアード、中島卓也
    ソフトバンク:松田宣浩、中村晃
    ロッテ:鈴木大地、角中勝也
    西武:浅村栄斗、秋山翔吾
    楽天:なし
    オリックス:西野真弘、糸井嘉男

    【セ・リーグの全試合出場選手】
    広島:田中広輔、丸佳浩
    巨人:村田修一、長野久義
    DeNA:なし
    阪神:鳥谷敬
    ヤクルト:なし
    中日:大島洋平

     その中で、開幕から1度も打順を変えることなくスタメン出場した選手はというと、丸佳浩(広島)のみ。丸は昨季打撃不振に苦しみ、1番が63試合、2番が18試合、3番が59試合、6番と7番が1試合と様々な打順で出場したが、今季は3番に固定され全143試合に出場した。

     4月30日の中日戦で2本塁打6打点、7月9日の阪神戦で4安打、9月1日のDeNA戦でサヨナラ打の活躍を見せるなど、今季は自己最多の20本塁打、90打点の成績。打率も前年を大きく上回る.291を記録するなど、リーグ優勝に大きく貢献した。

     丸とチームメイトで全試合出場した田中広輔は、143試合中142試合で、1番で出場。田中も昨季は、打順が固定されていなかったが、今季は開幕から1番に固定。シーズン最終戦となった10月1日のヤクルト戦で、首位打者を目指していた鈴木誠也が1番に座ったため、2番で出場となった。

     昨季は全試合同じ打順で出場した選手は、1番を打った秋山翔吾(西武)だけ。今季も丸のみと全試合出場に加え、同じ打順で出場となると、かなり難しいようだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00092202-baseballk-base

     ◇広島紅白戦 紅組3―0白組(2016年10月9日 マツダ)

     広島はCSファイナルステージを想定して、ナイター開始時刻に合わせた午後6時から4イニング制の紅白戦が行われた。

     紅組の赤松、安部、下水流に本塁打が飛び出したが、主力が打線に名を連ねた白組は無得点。菊池、丸、鈴木、エルドレッドはそれぞれ2打数無安打に終わった。それでも緒方監督は「勝ちパターンのピッチャー(今村、ジャクソン、中崎)が、しっかり投げ切ればそう簡単には打てないからね」と気にする様子はなかった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00000039-spnannex-base

     広島の広瀬純外野手が今季限りで現役を引退した。2013年にはプロ野球記録となる15打席連続出塁を達成。守りでも広い守備範囲と強肩で何度もピンチを救ってきた。1日に行われた引退試合ではチームメート、そして満員のファンから拍手喝采を浴びながら「僕の好きなカープ。これからもっと強くなっていきます」との言葉を残してユニホームを脱いだ。


     37歳のベテランから若鯉へ引き継がれるものがある。歓喜のときに行う「敬礼ポーズ」と応援歌の一節「広島伝説」だ。

     広瀬が「敬礼ポーズ」を始めたのは、13年に知り合ったハイパーレスキュー隊の影響から。14年に起きた広島土砂災害で、多くの消防隊員が懸命に救助を続ける姿に心を打たれた。引退試合の胴上げでは、そのポーズで宙を舞った。広瀬と同時にそれを始めたが丸が、思いを受け継いでいく。

     鯉党の間では、広瀬の応援歌は「名曲」と言われている。そのファンファーレである「♪始まりの鐘が鳴る 広島伝説-」は、菊池が継承する。きっかけは菊池の兄だった。「キクのお兄さんから直接、『純さん応援歌を使わせてください』と言われた」。菊池が伸ばしているもみあげは、広瀬から影響を受けたもの。「使ってもらえれば、広瀬が使っていた曲だとファンの人に思い出してもらえるしね。お兄さんにありがとうと言いたい」。応援団の了承も得て使用することが決まった。

     16年間の現役生活。通算977試合に出場し595安打、253打点、51本塁打、打率・273だった。伸び盛りの若手がチームを引っ張りつかみ取った25年ぶりの優勝。黄金時代到来の予感も漂う中で、来年からは地元・中国放送の野球解説者として新たな人生をスタートさせる。「カープ野球の魅力を、幅広い年代に伝えていきたい」。チームをグラウンドの外から支えていく。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000059-dal-base

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、リーグ優勝を決めた広島東洋カープについて、早すぎた優勝ゆえに試練が待ち受けていると指摘する。

    *  *  *
     広島が25年ぶりにリーグ優勝を果たした。25年は長いよ。球団創設の1949年から初優勝した75年まで26年かかったのと、ほぼ同じだ。広島市民、そしてファンはずっと待っていただろう。9月10日に優勝を決めた巨人戦(東京ドーム)を中継したNHKの広島地区の平均視聴率は60.3%。この数字が象徴しているよね。

     6月の西武戦(マツダスタジアム)で解説した際、鈴木誠也の打撃に「こんな選手がいるんだ」と、とにかく驚いた。内角のさばきがうまいし、直球でも変化球でもしっかりとスイングできる。自分の形でバットを振れているのは、膝に柔軟性があるからだ。2年連続のトリプルスリーをほぼ手中にしているヤクルトの山田哲人クラスの可能性を感じたよね。その直後のオリックス戦(同)で3試合連続の決勝弾を放ったが、もう驚きはしなかったよ。

     それにしても、広島がこれほど急に強くなったのには驚いた。最近5年を見ても、最高順位の3位が2度あっただけ。何年かかけてじっくり力をつけてきたという印象はない。もともと力のあった菊池、丸が昨年の秋季キャンプから本来の打撃を取り戻し、鈴木のように一気にブレークする選手も出たが、「個の力」だけでは説明はつかない。

     今年の強さには「チームの力」を感じる。山田や筒香(DeNA)のような選手はいないが、先発9人と控え選手らが一体となって戦っていた。例えば、チーム盗塁数は100個をゆうに超えているが、ただ走るだけでなく、一つひとつに意味があった。走るべき場面、走るべきカウント、相手投手への揺さぶりという点で効果的だった。

     打撃面でも、例えば、優勝を決めた試合では巨人の先発マイコラスの出来がよかったが、ファウルで粘って球数を投げさせた。三回までに74球を投げさせ、隙を作った。四回に鈴木、松山の連続アーチで逆転したが、打者それぞれの目に見えない役割がボディーブローのように効いた。本当の強さを身につけたのだと感じた。


    引用元 https://dot.asahi.com/wa/2016092100307.html

     25日の広島-ヤクルトの試合前、今季限りで引退が決まっている倉義和と廣瀬純が記者会見を行った。試合前には息子の始球式に笑顔を見せていた広瀬だが、雨天のため1回でノーゲームとなり、「次の機会まで、ユニフォームを脱ぐ時が長引いた。ありがたいけど、CSで大事な時期なので複雑です」と、ポストシーズンに向かうチームを気にかけていた。

     試合前に行われた引退会見で、廣瀬は久しぶりの1軍練習について話し始めた。

    「楽しく練習できた。ここ2年間、1軍に上がっていなかったので、その時間を楽しもうと思った」

     練習中は、チームメイトやスタッフが、もはや恒例となったTシャツ着用のサプライズを行った。「思っていなかったことなので、ありがたかった」という廣瀬は、自分の練習を最後まで見届けた菊池ら後輩に「最後まで同じ時間を共有してくれて、本当にありがとうと言いたい」と感謝した。

    「今年はファームからスタートしたが、昨年よりも体調が良かった」という廣瀬だが、「シーズン終盤に体に痛みが出て、思うような動きができなくなった」と、引退を決意した経緯を明かした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00010006-fullcount-base

     野球日本代表「侍ジャパン」が来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で使用するユニホームの発表会見が23日、東京・文京区の野球殿堂博物館で開かれた。小久保裕紀監督(44)は、11月の強化試合(10、11日・メキシコ戦、12、13日・オランダ戦=東京ドーム)に、広島勢を招集する可能性を示唆した。

     「やはり、広島勢の若手野手3人ですね。いい働きをしている」

     メンバー発表は10月半ばの予定だが、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島勢は、ここでも注目の的。具体名こそ挙げなかったが、代表歴のある菊池、丸の「キクマルコンビ」だけでなく、今季28本塁打とブレークした鈴木、遊撃で盗塁王を争う田中の初招集も構想にあるようだ。

     また「きょう(23日)の両先発左腕にも注目している」と、NHK-BSの中継で解説した巨人・田口、DeNA・石田の両若手左腕にも期待していた。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20160924/npb16092405020002-n1.html

     ペナントレースが開幕した当初、プロ野球ファンの注目度がもっとも高かったのは阪神タイガースだった。ドラフト1位の高山俊(23)がトップバッターを務め、横田慎太郎(21)が続く。この初々しい打線は「何かやってくれるんではないか?」との期待を持たせた。しかし、交流戦を終えたころ、阪神は首位戦線から脱落し、広島東洋カープが混戦状態から抜け出した。

     巨人、DeNA、ヤクルト、阪神、中日は、なぜ、広島に敵わなかったのか…。興味深いデータがある。広島が優勝を決めた9月10日の試合終了時点でのチーム別対戦データを見ると、広島は2位巨人と11勝11敗、3位DeNAには13勝11敗。4位ヤクルトには15勝8敗、5位・阪神とは17勝6敗、最下位・中日とは15勝6敗1分け。Aクラスのライバルチームとはほぼ互角で、Bクラスチームから確実に貯金を上げていた。もっといえば、最大のお得意サマは「貯金11」を稼いだ阪神ということになる。

     阪神との戦い方が違っていたら、広島は独走態勢を築けなかったのではないだろうか。

    新井貴浩 打率3割4厘 本塁打18 打点98
    福留孝介 打率3割9厘 本塁打9 打点51

     両チームの4番バッターの成績を比較してみた。本塁打数こそ違うが、打率ではほとんど差がない(同日時点)。新井の打点98はリーグトップ。得点圏打率は福留が3割5厘なのに対し、新井は3割4分5厘。出塁率は福留のほうが上。大きく違うのは「打点」だ。打点は「得点圏打率の高さ」でも証明されているが、こうも解釈できる。前打者が出塁し、得点圏まで進まなければ、打点は稼げない。「打点の差」は打線(全体)にあるのではないだろうか。1番から3番のバッターを比較してみた。
     
    田中広輔 打率2割7分2厘 本塁打13 盗塁26
    菊池涼介 打率3割2分 本塁打13 盗塁13
    丸佳浩 打率2割9分2厘 本塁打19 盗塁21

     田中は全試合出場(同時点)、菊池、丸も130試合以上出場している。広島が1番、2番、3番を固定できたのに対し、阪神は1番を務めたバッターが計10人、2番は11人、3番は13人。1番をもっとも多く務めたのが高山俊の55試合だから、広島打線のような安定した得点力は望めない。
     「阪神は世代交代の真っ最中。高山、横田、北條、原口らの若手が成長すれば…」(在阪記者)
     阪神も広島のお得意サマにされたままでは終わらないだろう。

     今年の広島は逆転勝ちが多かった。82勝(同時点)のうち、42試合がそうだった。4番新井の前に走者をためることのできる打線の力も大きいが、見方を変えれば、「先発投手陣が先に失点するケースが多かった」ということになる。巨人、DeNAは故障者続出で苦しんだ時期があった。中日は世代交代に進まない。ヤクルトは絶対的な守護神を失い、戦い方を変えなければならなかった。ゲーム差は大きく開いたが、広島は圧倒的な強さを誇ったわけではないが、1、2、3番を託せる選手を育てた。そして、上位打線を固定させた。この得点能力を高めた野球が優勝に引き寄せたのではないだろうか。

    引用元 http://npn.co.jp/article/detail/65778639/

     広島が25年ぶり7度目の優勝を果たした。選手会長として、代打の切り札として、チーム支えた小窪哲也内野手(31)が独占手記を寄せた。

    ◇◇◇◇◇

     鳥肌が立ちました。目指していた姿だった。初めてマジックを減らした東京ドームでの巨人戦。9回に丸の適時三塁打で試合をひっくり返しました。丸がベンチにガッツポーズ。一岡も大瀬良も、みんなベンチを出て拳を突き出した。「こういうチームが強い」。昨季のソフトバンクを見て感じた一体感。それが目の前に繰り広げられていました。うれしかった。写真は待受画面になりました。

     選手会長に就任した直後、黒田さんから「勝つ、負けるは仕方ない。でもこのチームでやってよかった、終わったときにそう言えるチームにしよう」と言っていただきました。そして新井さん、石原さんと懐が深いベテランの3人が「お前の好きなようにやれ」。屋台骨になってくれました。僕ももう30歳。嫌われたって構わなかった。ダサいことにびびらなくなった。

     2人の絆を感じたのは偉業に際して作ったTシャツです。黒田さんが新井さんをいじって、新井さんも仕返し。文言を言い合っている2人の表情が本当に明るかった。ベテラン2人がいい意味で子供のようにはしゃぐので、それがチームにも伝わっていきました。なぜか最後は僕のせいになってましたが(笑い)。

     そしてなによりキクマルが引っ張ってくれました。正直みんな遠慮しているところがあった。去年2人は成績が出ずこのままだと浮きかねなかった。一生懸命、引っ張ってくれようとしていました。でも結果が出ないとささいな言動が小さな反感を買ったりする。だからそれぞれとご飯を食べながら順を追って説明しました。「みんながお前らを見てるぞ」と。2人は素直。不満ひとつなく、変わってくれた。2人がリーダーとして動いてくれました。

     キャンプ地の宮崎・日南市には飫肥(おび)杉という杉があります。しなやかで粘り強く、湿気に強い。まとまると強固になり、25年をかけて育てば船の材料にもなるそうです。キャンプインの日にそれを紹介させてもらいました。「僕たちも飫肥杉のように、1隻の船になろう」。今日、こうして力強い船になれたことをうれしく思います。(広島東洋カープ選手会長)

     ◆小窪哲也(こくぼ・てつや)1985年(昭60)4月12日、奈良出身。PL学園-青学大を経て07年大学・社会人ドラフト3巡目で入団。今季も代打の切り札として2本塁打、9打点。選手会長に就き、記念Tシャツの仕掛け人とうわさされる。175センチ、80キロ。右投げ右打ち。


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1708850.html

     四半世紀ぶりに訪れた歓喜に、広島の街が真っ赤に燃えた。

     高く厚い壁を乗り越えた今だからこそ振り返りたい25年前の記憶...。あの時の広島と今の広島を比較していくこの企画。今日は“3番打者”を見ていこう。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00088891-baseballk-base

    このページのトップヘ