広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    丸佳浩

     「マイナビオールスターゲーム2017」の監督推薦選手が3日に発表され、広島からは薮田和樹投手(24)、岡田明丈投手(23)、田中広輔内野手(28)、丸佳浩外野手(28)が選出された。岡田とともに初出場となる薮田は、同郷で憧れの選手でもあるソフトバンク・柳田との対戦を熱望。自己最速156キロ超えへ意気込み、真っ向勝負で封じることを宣言した。


     超一流選手が集結する最高の舞台を前に、気持ちを高ぶらせた。監督推薦で決まった初の球宴。「本当に光栄だなと思っています。(球宴出場を)プロに入ってから考えたこともなかった」。3年目の薮田は素直に出場を喜んだ。

     戦ってみたい相手がいる。「自分の兄が広商でかぶっていて、ずっと憧れだった。(高校の)試合を見に行ったりもしていました」。対戦を熱望するのは同じ広島出身のソフトバンク・柳田だ。

     ファン投票で最多得票を獲得して出場を決めた鷹の強打者。今季はここまでリーグ3位の打率・318、同1位タイの20本塁打、同1位の67打点と好成績を残している。

     これまで対戦したことはないが、抑えるイメージはすでにできている。「(三振が)ベスト。自分の持っているボールで思いきった勝負をしていきたい。ストレートで勝負するからには、球速も必要だと思うので、出せるだけ出して真っ向勝負したい」と闘志を燃やした。

     自慢の直球にもこだわり十分。「マックスは出したい。156キロ以上。更新するくらい。どこにいくか分からないですけど」。こん身の力で右腕を振り下ろし、好打者をねじ伏せるつもりだ。

     先発転向後、4戦4勝でハーラートップに並ぶ7勝。緒方監督は「前半戦、いろいろな台所事情の中でフル回転してくれたし、交流戦から先発としてチームの勝利に大きく貢献してくれている。文句なしの成績」と選考理由を説明した。

     ベンチには巨人・菅野ら好投手が並ぶ。薮田は「より多くのものを吸収できたらいいと思う」と心待ちにした。急成長中の右腕が、夢舞台のマウンドでも存在感を見せつける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000014-dal-base

     首位・広島の勢いが止まらない。30日の中日戦(マツダ)は先発クリス・ジョンソン投手(32)が序盤に先制を許すも8―3とひっくり返して25度目の逆転勝ち。貯金を19とした緒方孝市監督(48)も「打線が追いつかれながらも、取り返してくれた」と目を細めた。3―3の6回無死三塁から決勝打を放ったのは4番・鈴木誠也外野手(22)だったが、お膳立てをしたのは先頭で一塁線を破る三塁打で出塁した3番の丸佳浩外野手(28)。この日は4打数2安打1打点の活躍を見せた。

     ここまで打率はリーグトップの3割3分1厘で13本塁打、51打点の好成績をマーク。交流戦でも打率4割1分1厘、出塁率4割6分9厘、30安打の3部門でトップの成績を残すなど首位を独走するチームを支えている。

     それなのに周囲の評価は成績ほど高くない。象徴的なのが今年のオールスターだろう。ファン投票でも選手間投票でも数字が伸び悩んだ。広島からは新井、菊池、鈴木がファン投票で選出され、選手間投票でも菊池と鈴木に票が集まったが、丸は選ばれずじまい。監督推薦での出場の可能性はあるが、チーム内からは「(セ・リーグ外野手部門で)糸井(阪神)や筒香(DeNA)が人気なのは分かるけど、なぜ選ばれなかったんだろう。成績でいえば丸のほうがいいのに」と同情の声が上がっている。

     丸は「成績は(シーズンが)終わってみないと分からない。目の前の1試合、1試合に集中するだけ」と冷静だが、もう少し正当な評価を受けても良さそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000022-tospoweb-base

     広島は2日、本拠地での中日戦に6-4で勝利した。1点を追う8回に4番の鈴木誠也が起死回生の逆転3ラン。今季26度目の逆転勝利で、貯金は最大の「21」となった。「神ってる」男の豪快な一発で3連勝。独走が続いている。

     先制したのは中日。初回、広島の先発・大瀬良から先頭京田が内野安打で出塁すると、大瀬良の悪送球もあり無死二塁に。亀澤が犠打で送り、大島はセンターへタイムリー。先制点を奪った。

     さらに、ゲレーロのヒットなどで2死一、三塁とすると、藤井、福田が連続タイムリー。3点をもぎ取った。

     一方、中日のドラ1柳は3回まで1安打の好投。4回には広島丸がソロ本塁打を放つも、直後の4回には中日が谷のタイムリーですぐに1点を取り返し、再び3点差とした。

     7回、広島は先頭・松山が四球で出塁すると、2死となってから磯村が2ラン。プロ7年目で初本塁打が飛び出し、1点差に迫った。

     そして迎えた8回、広島はこの回から登板した岩瀬に対して、田中の四球、菊池の犠打、丸のライト前ヒットで1死一、三塁とする。中日はここで又吉にスイッチするも、4番鈴木が1ボールから内角への直球を完璧に捉え、レフトスタンドにライナーで運んだ。値千金の逆転3ランに、マツダスタジアムは大歓声に包まれた。

     9回は守護神・今村が抑えて、広島が快勝。貯金は21に膨らんだ。

    引用元 https://full-count.jp/2017/07/02/post74682/

     プロ野球も交流戦が終わり、23日からは再びセパ両リーグで熱戦が繰り広げられる。現在、セは貯金16の広島が首位に立ち、同10の阪神が2位。3位・DeNA以下の4球団は借金生活からの巻き返しを図る。一方、パは貯金20の楽天が首位を走り、同17のソフトバンクが2位、同9の西武が3位と続く。4位オリックス以下は借金を抱えているが、ペナントレースはまだ半分以上を残しており、まだまだ追い上げは可能だ。
     
     両リーグ全体で、ここまでどの選手の貢献度が最も高かったのだろうか。ポジションや球団の違いなどもあり、一概に決められないが、現在メジャーリーグで重視されるセイバーメトリクスの指標の1つであるWAR(Wins Above Replacement)を基に見てみたい。

     WARは様々な指標を総合し、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。つまり、WARが「1」であれば、チームに1勝分の貢献をしているということになる。

     スポーツデータの分析を手がけるDELTA社の独自集計によると、両リーグの先発投手、野手のWARトップ5は以下の通りとなっている。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/22/post73322/

     広島は23日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に13-3で大勝した。打線が今季最多の17安打で13得点、投げては先発のジョンソンが7回1失点の好投で2勝目を挙げた。打線の爆発で首位攻防戦となったレギュラーシーズン初戦を快勝し、緒方監督は「打者が初回から集中していい攻撃をしてくれた」と満足そうだった。

     菊池が4安打4打点、丸は3安打3打点の活躍で、2安打1四球の田中が全てホームに還った。交流戦首位打者の好調ぶりを発揮した丸は「ホームだし、まずは先制点を取ればウチのペースでやれると思った。三振だけはしないように食らいついていった」と先制点となるタイムリー二塁打を振り返り、3本塁打で1イニング8得点の口火を切る5回の本塁打は「結果的にそうなっただけ。つなぐ意識で打席に入った」と冷静に話した。緒方監督は「今日はみんなそうだったけど、甘い球を1球で仕留める理想の打撃だった。言うことないね」と頼もしそうだった。

     今季3勝6敗と分が悪かった眼下の直接対決に圧勝し、ゲーム差は4に広がった。「引き続き、これを継続していきたい」という丸の言葉は、最高のリスタートを切ったチームに通じるものだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00010029-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島13―3阪神(2017年6月23日 マツダ)

    セ・リーグ首位の広島は5回の1イニングだけで3本塁打が飛び出すなど17安打13得点と打線が爆発。2位・阪神との3連戦初戦に13―3で圧勝した。

     広島は初回、田中、菊池、丸の3連打で1点を先制し、さらに鈴木、松山と2つの犠飛で追加点を挙げ3点をリード。3回には1点を返されたが、すかさずその裏には田中、菊池の連打などで1死一、三塁としてから鈴木の右前適時打と松山の犠飛で2点を追加し、5―1と4点差をつけた。

     圧巻だったのは5回。この回から登板した阪神2番手・柳瀬から先頭の菊池が右前打で出塁すると、続く丸が右翼スタンドへ13号2ラン。さらに1死から二塁打の松山を塁に置いてエルドレッドが左翼スタンドへ17号2ラン。さらに安部の二塁打と2つの四球で2死満塁とすると、この回2度目の打席となった10人目の菊池がバックスクリーンへ4号満塁アーチを叩き込み、この回一挙8得点の猛攻で試合を決めた。

     阪神は12点を追う8回、この回から登板した2番手・加藤から四球、安打、四球で無死満塁のチャンスを築き、ここで代わった3番手・九里から原口の犠飛などで2点を返したが、大量失点が響いた。

     広島の先発・ジャクソンは7回で9安打されながらも1失点に抑えて今季2勝目をマークしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000169-spnannex-base

     猛練習で有名な広島がシーズン中にまさかの2連休だ。前日19日の全休日から一夜明けた20日、ナイター練習(マツダ)で、主力が不参加。高ヘッドコーチが理由を明かした。

     「広島では珍しいよね。6連戦もあったし、交流戦は厳しい戦いが多かった。主力にはコンディションの維持を優先してほしかった」

     野手陣で参加したのは松山、野間、西川ら7人。新井、エルドレッドのベテラン以外に田中、菊池、丸、鈴木の20代のメンバーも休ませた。

     5月30日の交流戦開幕から6連戦を3週連続で消化し、12勝6敗の好成績を収めた。だが、期間中に菊池が下半身のコンディション不良で1試合欠場し、丸も右太もも裏の違和感で3試合で途中交代。緒方監督は「そこ(体調面)が一番大事。コンディションが整わないと」と話し、休養を優先したようだ。21日から全体練習がスタート。2日間のリフレッシュを経て、23日からの2位阪神との対決に臨む。


    引用元 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170621/car17062105010001-n1.html

     広島が21日、マツダスタジアムで全体練習を行った。前日休養が与えられた主力組に加え、2軍から上本崇司内野手(26)も参加した。

     WBCに出場し、今季はここまで全試合出場の鈴木誠也外野手(22)も全体練習で汗を流した。前日まで2日間の休養は多くの時間を睡眠に充て疲労回復に努めた。4月25日から4番に固定され、肉体だけでなく、精神的な負担は例年以上に増している。

     「3日ぶりでしたけど、今日しっかり練習できたので大丈夫かなと思います」

     ここまでリーグトップタイの53打点をはじめ、打撃3部門で上位につける。一方で得点圏打率は3割を切る、2割7分6厘。相手バッテリーの警戒が増す状況にも「自分の技術がないから打てていないだけ。攻め方が変わったのが多少あっても、意識するほど変わっていない。僕次第だと思う」ととらえる。

     この日は全体練習後に行われた特打にも加わり、最後までバットを振った。万全の状態を整え、23日からの2位阪神との3連戦に臨む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01843834-nksports-base

    このページのトップヘ