広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

    <日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-13広島>◇17日◇ヤフオクドーム

     広島が大勝し、連敗を5で止めた。打線は1回に松山の適時打とバティスタの3ランで4点を先制。6回は鈴木の2試合連続アーチなど、打者11人の猛攻で8点を追加した。投げては九里が4失点でプロ初完投を無四球で飾った。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。



     -打線がよく打った

     緒方監督 初回、6回とね。いい攻撃をしてくれた。初回の攻撃に応えるように、九里も初回のピンチを切り抜けて、テンポよく打たせて取る投球をしてくれた。磯村のリードもさえていた。ベンチから見ていてもいいリードだった。

     -連敗を止めた

     緒方監督 明日は交流戦の7連戦目(日本ハム戦)があるので、いい形でカープの野球をしっかりやって、セ・リーグの戦いに臨みたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00241847-nksports-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク4―13広島(17日・福岡ヤフオクドーム)

     投打の歯車ががっちりかみ合い、広島が連敗を5で止めた。

     初回に松山の中前適時打で先制すると、バティスタが中堅右に9号3ランを放り込んだ。6回には鈴木の9号2ランなど打者11人、8安打8得点のビッグイニングを記録し、試合を決めた。

     5月26日の中日戦(マツダ)以来のスタメンとなったバティスタは、3安打の活躍。「(本塁打は)外角を狙って、コンパクトにスイングすることができました」と手応えを口にした。

     投げては先発・九里が4点を失ったものの、117球の熱投でプロ初完投。今季2勝目を挙げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000190-sph-base

     広島の九里亜蓮投手(26)が10日の楽天戦(マツダ)に先発し、6回3安打無失点と好投。自身に白星こそつかなかったものの、チームの3―0の勝利に貢献した。

     5回一死まで相手打線を無安打に抑えるなど丁寧なピッチング。降板後は「結果抑えられてよかったが、内容がよくなかった」と、5四球を反省していたが“御前試合”で雄姿を見せることに成功した。この日は九里が尊敬するプロレスラー・内藤哲也(35=新日本プロレス)がスタンドから見守っていたからだ。

     九里は今季からマウンドに向かう際の登場曲を「STARDUST」に変更。これは内藤がリングに入場するときに流れるテーマと同じものだ。共通の知人の紹介で内藤と知り合い“本家”の許可を得て使用するようになった。

     鯉党で知られる内藤も、登場曲の冒頭に決めぜりふの「トランキーロ! あっせんなよ」を“アフレコ”するサービスっぷりで九里のボルテージを上げまくっており、九里は「結果ばかりを求めすぎて自分の投球ができないのが一番イヤ」と、マウンドでは焦らないよう心がけているという。

     また動画配信サイト「新日本プロレスワールド」の会員にもなっている九里は、内藤と本紙記者のファミレス会談にも興味津々の様子で「ぜひ行ってみたい」。このまま白星を重ねることができれば、実現も十分あり得そうだが、内藤のファミレス支払い時の“伝票芸”だけはまねしないほうがいいかもしれない。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000024-tospoweb-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島3-0楽天>◇10日◇マツダスタジアム

     広島は先発九里が6回無失点と好投すると、7回に西川が今季1号となる先制3ランを右翼席に突き刺した。7回からは勝ちパターンの今村、ジャクソン、中崎のリレーで逃げ切り。今季4度目の同一カード3連勝で貯金を11、交流戦の貯金も1とした。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     緒方監督(自ら語りだし)九里がナイスピッチングでした。本当にしっかり抑えてくれた。この3連戦、先発投手がしっかりゲームをつくってやってくれた。中継ぎ陣もしっかりと仕事をしてくれた。

     -西川が大きな1発

     緒方監督 西川がね、2アウトから。あつ(会沢)がつないでくれて、西川がまさか、まさかの1本やったね。びっくりした。

     -西川は状態が上向いている

     緒方監督 1回、下で調整してもらって上がってきてからはすごい数字を残しているでしょ。あとは痛いかゆいと言わずにやってもらうだけです。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00234965-nksports-base

     ◇交流戦 広島3-0楽天(2018年6月10日 マツダ)

     広島が同一カード3連戦3連勝を飾った。

     広島は0―0の7回、2死一、三塁で西川が右翼へ1号3ランを放ち、均衡を破った。

     先発の九里が6回を投げ3安打無失点と好投、2番手で1回無失点の今村が2勝目を挙げ、最後を締めた中崎が17セーブ目を挙げた。

     楽天は先発の美馬が7回3失点と力投も、打線が精彩を欠き、今季7度目の零敗で3連敗。借金も19に膨れ上がった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000122-spnannex-base

    <広島7-8中日>◇27日◇マツダスタジアム

     27日の中日戦は7-8で逆転負け。勝って交流戦に弾みをつけたかっただけに、終盤の継投ミスは痛かった。ただ、不振だった鈴木が3安打3打点。開幕時中継ぎだった九里も試合は作った。主力級選手の離脱がありながらも、ここまで選手同士で補い合いながら勝って来た特長は垣間見えた。

     「チーム力」が今季の広島の強さと言える。1回は制球難の中日大野雄に対しても大振りせず、満塁から内野の守備位置を冷静に判断して転がしたことで得点につながった。相手の調子に合わせて打撃が雑になることなく、つなぐ意識が生んだ2得点だった。7回の得点は広島に根付く次の塁を狙う走塁が生んだ。

     今季も広島打線は相手の隙を逃さず、好機での集中力は高い。29日から交流戦に入る。パ・リーグは昔から選手個々の能力が高い印象が強いが、広島らしい組織化された戦い方で挑めば、十分に勝機はある。【広瀬叔功=日刊スポーツ評論家】

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00222593-nksports-base

     「広島1-0ヤクルト」(20日、マツダスタジアム)

     広島は1点を守り抜き、今季最多の貯金11となった。

     田中が二回に先制適時打を放つなど、今季4度目の猛打賞を記録。先発・九里は8回5安打無失点の好投で今季初勝利を飾った。

     ヤクルトは先発・小川が3回4安打1失点。打線は八回まで得点を奪えず、1点が遠かった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000125-dal-base

    このページのトップヘ