広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2018年8月15日 京セラD)

     九里が5回で7安打を許しながらも8奪三振の力投。6勝目を挙げ、広島の優勝マジック「32」を点灯させた。

     4点リードで入った9回に守護神・中崎が2点を失い、なおも2死一、二塁とあわやサヨナラ負けのピンチもあったが、ベンチの九里は「抑えてくれると信じて見てました」とキッパリ。「1点でも少なく、何とかゲームが作れるように低めに投げていくことを意識して投げました」と自身のマウンドを振り返った。

     「少し球数が多くなってしまったところがもったいないかなと思いますけど」と5回で109球という球数を悔やんだが、「次にしっかり生かせるようにやっていきたいと思います」と意欲的。8奪三振については「それはたまたまだと思います」と謙そんした。

     今月2日から足かけ2週間に及ぶ“7度目の正直”でようやくたどりついた、チームのマジック点灯。「そんなに意識はしていなかったので、しっかり1戦1戦何とかチームの勝ちに貢献できるようなピッチングがしていければいいかなと思います」としっかりした口調で話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000161-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2018年8月15日 京セラD)

     球団初となる3連覇へ、広島の優勝マジック「32」がついに点灯した。マジック対象チーム阪神との直接対決に6―4で勝利を収め、60勝にセ・リーグ一番乗り。今月2日の初挑戦から足かけ2週間に及ぶ“7度目の正直”でようやく優勝マジックを点灯させた。3年連続のマジック点灯は球団史上初。


     広島は3回、1死一塁から丸の右中間二塁打で1点を先制。続く鈴木は左翼スタンド中段へ22号2ランを放ち3点リードを奪った。1点差に詰められた直後の4回には2死満塁から丸が押し出し四球を選んで1点追加。6回には1死一、二塁から丸がこの試合3打点目となる左越え二塁打を放って1点を加えると、7回には会沢が4年ぶり2桁本塁打となる左越え10号ソロを放って貴重な追加点を挙げた。先発の九里は5回で7安打を許しながらも8三振を奪う力投を見せ、今季6勝目(3敗)。

     阪神は先発の才木が3連続を含む5四死球の乱調で、3回2/3を4失点降板。打線は3点先取された直後の3回、1死二、三塁から糸井の左前適時打とロサリオの中犠飛で2点を返し、なおも2死一、三塁と同点機が続いたが鳥谷が空振り三振、2点を追う4回には2死二、三塁で伊藤隼が空振り三振に終わった。5回から7回までは1人の走者も出せず。9回に中崎を攻め2点を返したが及ばず。自力優勝の可能性が消滅した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000158-spnannex-base

    ■広島 13-7 ヤクルト(1日・神宮)

     広島は1日、敵地でのヤクルト戦を13-7で勝利し首位攻防戦の勝ち越しを決めた。1試合6本塁打が飛び出すなど16安打13得点と打線が爆発した。


     初回に鈴木の15号3ランで先制すると、2回には丸の22号ソロ、3回には田中の8号ソロ、菊池の10号ソロ、さらに6回にはバティスタの17号ソロ、7回にも鈴木の16号2ランと1試合6本塁打が飛び出し2位ヤクルトを圧倒した。

     先発の九里は6回2/3、8安打6失点ながら5勝目をマーク。ヤクルトは7回に山田哲が球団新記録となる10試合連続打点、バレンティンがリーグ単独トップの25号3ランを放ち反撃に出たが序盤の失点が大きかった。

    引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00169449-fullcount-base



     「ヤクルト3-6広島」(31日、神宮球場)

     広島が勝ち、月間成績を12勝5敗で7月を終えた。

     最短で8月2日にマジックが点灯するが、緒方監督の通算300勝にもあと2勝としており、区切りの勝利でマジック点灯の可能性もある。

     なお、広島監督で通算300勝以上は、古葉竹識711、山本浩二649、白石勝己581、三村敏之337、野村謙二郎321の5人。

     試合は同点の六回にバティスタが適時二塁打を放ち、1点の勝ち越しに成功。八回には安部の4号2ラン、田中の7号ソロで3点を追加した。

     投げては先発・ジョンソンは5回5安打2失点で8勝目(2敗)。4点リードの九回は中崎が1点を失い、なおも2死満塁でバレンティンを迎えたが二ゴロに打ち取り、逃げ切った。

     勝ち越し打を含む2本の二塁打を放ったバティスタはヒーローインタビューを受け、「とにかく前へ飛ばす気持ちで打席に入りました。点が入ってすごくうれしいです。最近は調子がいい。3連覇、目指していきます」とコメントした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000140-dal-base

     広島の投手指名練習が30日、マツダスタジアムで行われた。31日からのヤクルト3連戦(神宮)はジョンソン、九里、岡田の順番で先発する見込みだ。

     九里は前回の阪神戦(甲子園)で4回8安打5失点と打ち込まれ3敗目を喫した。「先頭バッターだったり、2アウトから四球を出したりしたのが失点した原因。それを反省して、同じ失敗は繰り返さないようにしたい」と意気込んだ。

     岡田の前回登板(26日阪神・甲子園)は、雨の影響で開始時間が約1時間、遅れる中でのマウンドだった。「今までになかった経験」。気持ちや体を準備するのには難しい時間となり、結果的に自己最短となる3回4安打1失点でマウンドを降りた。

     7月1日のDeNA戦(横浜)以来、白星から遠ざかっている。約1カ月ぶりの勝利へ向け「バッターをしっかりと打ち取っていきたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000110-dal-base

    ◆阪神6―3広島(25日・甲子園)

     広島は先発した九里が4回5失点と乱調。打線は初対戦の才木を攻略できず、阪神戦の連勝は6で止まった。

     打線は初回2死一、二塁から松山が中前適時打。あっさり先取点を手にしたが、2回以降は持ち直した右腕の前に3イニング連続無安打に終わった。5回に鈴木の左前適時打、6回にバティスタの15号ソロで反撃したが、試合の流れを変えることはできず。緒方監督は「打線はチャンスを作れている」とする一方、「取るべきアウトを取れていない。防げる失点はきちっと守っていかないと」と、四球から崩れた九里に苦言を呈した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000263-sph-base

     広島の投手指名練習が23日、マツダスタジムで行われ先発投手が参加した。24日から甲子園での阪神3連戦はジョンソン、九里、岡田の順番で先発する見込み。

     後半戦最初のカードとなった中日戦は2勝1敗。前カードの巨人戦は3連勝で終えた。好調な打線に支えられ、チームは勢いに乗る。2戦目が濃厚な九里は「しっかりと自分の投球をして、チームの勝ちにつなげたい」と意気込んだ。

     第3戦に先発が予想される岡田は、強気の投球を予告した。阪神打線は糸井、福留、ナバーロなど左の好打者が並ぶ。外角一辺倒では的を絞られやすいため「しっかりとインコースを突いていきたい。チームは良い流れなので、自分もそれに乗っていけるように頑張りたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000103-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島5―1中日
    (2018年7月17日 ナゴヤD)

     広島の九里が7回途中1失点の好投。自身3連勝を飾った。

     「しっかりバッターに向かっていけた」と強気の投球で3回までを無安打。「目の前のアウトを一つずつ取ることができた」と投球内容に納得の表情を浮かべた。

     7回は先頭のアルモンテに二塁打を許し、福田に死球を与えたところで降板。「投げ切りたい気持ちはあったが、そこはしっかり受け止めて、投げ切れる投手になれるように頑張りたい。まだまだ練習が足りない」と3連勝にも満足した様子はなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000176-spnannex-base

     広島はローテを再編して首位固めを図る。後半戦開幕の16日・中日戦(ナゴヤドーム)に備え、先発投手陣は15日、マツダスタジアムで調整。3連戦初戦はクリス・ジョンソン投手(33)が先発し、九里亜蓮投手(26)、岡田明丈投手(24)と続く見込みだ。2位・巨人とは6ゲーム差。後半戦スタートダッシュを決めて球団史上初のリーグ3連覇へ突き進む。

     強い日差しが照り付けるマツダスタジアムで、先発陣は準備を終えた。その出来が後半戦のカギを握ると言っても過言ではない。表情を引き締め黙々とトレーニングを行う姿に、強い決意がにじんでいた。

     ジョンソンは中11日で後半戦の“開幕投手”を託された。中日戦は3試合で1勝0敗、防御率2・70。今季はナゴヤドームで勝ち星はないが、同球場の硬いマウンドは得意とする。「前半戦と同じように任された試合でチームが勝つように頑張る」と意気込んだ。

     17日の第2戦は九里が濃厚だ。7月はここまで雨の影響で登板機会がなかったもののブルペンでの投球などで補ってきた。「自分の力を出すだけ」とキッパリ。18日の第3戦が見込まれる岡田も「良いスタートが切れるように投げたい」と闘志を燃やした。

     前半戦、先発陣は安定していたとは言いがたい。チーム防御率が4・08に対し、先発投手の防御率は4・13だった。緒方監督は後半戦を前にあらためて投手を中心とした守り勝つ野球を掲げた。打線が強力なだけに、先発が粘り強く投げられれば白星はグッと近づいてくる。

     畝投手コーチは「1点でも少なく投げ切ってほしい」と期待した。大瀬良、野村、ジョンソン、九里、岡田を先発の軸に勝負の夏場へ挑んでいく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000042-dal-base

     広島が9日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。西日本豪雨の影響で阪神3連戦が中止となり、岡田、ジョンソン、九里、高橋昂らはキャッチボールなどで調整した。

     久々に広島に戻った岡田は「近くの川がにごっていた」と驚き、「すごく大変な思いをされている人がいると思う。自分たちは仕事をして、勝っていけるプレーができるようにしたい」と神妙な面持ちで話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000082-dal-base

    このページのトップヘ