広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

    6月の第3日曜日は「父の日」。幼き頃に追いかけた父の背中、遠く離れて暮らす父への思い、そして感謝の気持ち。野球人たちが父親との濃厚な思い出を語った。


        ◇   ◇

    広島九里亜蓮投手(27)は、離れて暮らす米国人の父マーク・アントニオ・シェックさんへの感謝を、忘れたことがない。父は元ブレーブス傘下3Aの遊撃手。プロになった自分の活躍を、インターネットでチェックしているという。

    「昨オフは父のいるフロリダで自主トレをして、3年ぶりに会いました。トレーニング施設を紹介してもらったり、マイナーリーグの選手と話をする機会をつくってもらいました。野球の話はあまりしないですが『あのボール、甘かったね』みたいなことは言ってくれます。(自分の)奥さんと子どもを連れていったら喜んでくれましたね」

    九里は少年時代、テキサス、フロリダを移り住んだ。野球チームのコーチだった父と、キャッチボールをしたのはいい思い出だ。小学3年時に、父のつてでタンパベイ・レイズのトロピカーナフィールドで始球式に登板したこともある。

    「野球以外にもいろんなスポーツをさせてもらいました。アメフトやバスケ…。アイスホッケーのスティックとゴムのボールでやるストリートホッケーも。おかげで体が強くなった。1軍で活躍すればネットを通じて父に見てもらえるので頑張りたいですね」

    九里も海の向こうの父をいつも思っている。【村野森】


    引用元 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906160000398.html

     あっという間に“定位置”へ座った。

     21日、広島が8連勝で単独首位に浮上。昨季まで3連覇ながら1カ月前までは最下位を独走していたが、開幕44試合目でトップに立った。チーム防御率は12球団トップの3.02。数年前からの課題で、4月半ばまでは防御率4.35とボロボロだった投手陣がここにきて、にわかに調子を上げてきたのが大きい。

     広島OBで元投手コーチの山内泰幸氏はこう言う。

    「キャンプで緒方監督が掲げた『先発10人構想』への準備がここに来て形となったのだと思います。岡田と九里の結果が出ていない半面、今年から先発に転向したアドゥワが活躍している。佐々岡投手コーチは(2014年から)昨季まで二軍投手コーチだったため、若い選手をずっと見てきています。その中で適性を見抜いて、球種の多いアドゥワを先発に抜擢し、新たにスライダーも覚えさせた。甘い球も多いんですが、手足が長く、低めへの意識を徹底することでバッターが打ち損じてゴロアウトになるケースが増えてきた。普段、佐々岡コーチはおおらかで優しい方ですが、選手に言うべきときは厳しくすると聞いています。アドゥワもキャンプ中はかなり厳しく指導されたようです」

     現役時代、通算138勝、106セーブ、66完投をマークした佐々岡コーチが掲げる目標は、「規定投球回数を超える投手を一人でも多く出すこと」。昨季「3」だったチーム完投数はすでに「4」。先発の踏ん張りが中継ぎ陣の負担を減らしている。

    「佐々岡コーチは先発もリリーフも両方経験している方なので、(指導法や育成法を)よく理解しているんじゃないかと思います。(先発候補に)長いイニングを任せられるよう、キャンプから投げ込む量を増やしていました。また、ブルペンではキャッチャーとマウンドの間にヒモを引いて低めの投球意識を植え付けさせていた。どこでもよくやる練習法ではありますが、昨年までは(一軍では)やっていなかった。今年は先発が打たれても投球回を優先し、我慢して長いイニングを投げさせるようにしている。佐々岡コーチが緒方監督とコミュニケーションを頻繁に取りながらやりくりしているのでしょう」(前出の山内氏)

     最下位沈没でファンの攻撃対象になることもあったボッテリとした体形も、こうなると「貫禄」に見えてくる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000031-nkgendai-base

    ■広島 3-2 ソフトバンク(交流戦・9日・マツダスタジアム)

     広島は9日、本拠地でのソフトバンク戦を3-2で勝利し連敗を「3」でストップした。1点を追う4回に會澤のタイムリー、田中の犠飛で2点を奪い逆転に成功。投げては先発の九里が5回5安打2失点で2勝目を挙げた。


     広島は1点を追う2回に鈴木の17号ソロで同点に追いつくと、勝ち越された直後の4回。3連続四球で無死満塁のチャンスを得ると會澤の左前適時打、さらに続く田中が中犠飛を放ちこの回2点を奪い逆転に成功した。

     4月29日対ヤクルト戦以来の先発となった九里は5回5安打2失点で今季先発初勝利となる2勝目。ソフトバンクは7回に1死満塁のチャンスで内川が投ゴロ併殺に倒れるなど再々好機を作ったが要所で1本が出ず交流戦初黒星を喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00402820-fullcount-base

     不安定な投手陣。リーグ3連覇を達成した広島の以前からの課題だった。最下位にあえいでいた開幕1カ月はその懸念材料が露呈していたが、ここにきて大きく改善されてきた。

     14日現在、チーム防御率はリーグトップの3.21。155失点は同3位だが、自責124はリーグ最少だ。

     立て直した要因のひとつは、再編された先発陣にある。春季キャンプ前には緒方監督が「先発10人構想」を発表。佐々岡投手コーチも「一岡と中崎以外は先発の可能性がある」と公言した。それは現実となり、開幕直後はリリーフだったアドゥワ誠(20)が4月下旬に先発転向。4試合目の先発登板で1失点完投勝利を収めた。

     昨季は前年に受けた手術の影響で登板ゼロだった床田寛樹(24)も「10人構想のひとりで、ここまでローテを守って防御率はリーグ5位の2・36。一方、構想の一角だった岡田明丈(25)は乱調で早々と二軍落ち。九里亜蓮(27)も不振で中継ぎに降格となり、代わりに昇格させた中村祐太(23)が急場をしのいだ。岡田や九里のような事態に備え、候補の頭数を揃えて臨んだプランが、ここにきて形になってきたのだ。

    「開幕後に低迷していた当初は、『緒方監督は成績に関係なく今季限りらしい。だから半ばヤケクソでやっているんじゃないか』なんてことも言われていたが、復調してからはそんな話も聞かなくなった。この日で首位巨人とは2ゲーム差。酷暑で選手たちがヒーヒー言い出す頃には優勝争いにからんでいるだろう」(球界関係者)

     チームは3連勝で貯金2。「緒方構想」が徐々にハマってきた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000021-nkgendai-base

     広島・九里亜蓮投手が3日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に野村、大瀬良、床田、山口とともに参加した。

     今季は4月29日・ヤクルト戦での先発を最後に、中継ぎでの登板が続いていた。だが、2日の阪神戦で2回7失点だったアドゥワが中継ぎへ配置転換となったことで、9日・ソフトバンク戦に先発する見込みとなった。

     この日はキャッチボールなどで調整。「行けと言われたところでしっかり投げるだけ。そこは変わらずです。ゾーンの中で勝負していく投球スタイルなので、それを貫いていきたい」と意気込みを語った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000083-dal-base

    ■広島 7-2 阪神(1日・マツダスタジアム)

     広島は1日、本拠地・阪神戦に7-2で勝利し、5連勝を飾った。5月は球団記録を更新する月間20勝を挙げたが、6月も白星スタート。先発ジョンソンが6回5安打1失点と好投し、自身4連勝で5勝目を飾った。打線も小窪、バティスタの一発などで援護した。


     4回までは広島ジョンソン、阪神岩田の両先発が無失点に抑える好投。しかし、広島は5回に小窪の今季1号で先制すると、ジョンソンが自らタイムリーを放ち追加点を奪った。

     直後の6回、ジョンソンはマルテにタイムリーを浴びて1点差とされたが、その裏に先頭バティスタが15号ソロを放ち、貴重な追加点。7回も西川の2点二塁打、田中のタイムリーが飛び出し、突き放した。

     阪神は岩田が5回4失点(自責3)で今季初黒星。救援陣も失点し、完敗で2連敗を喫した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00394027-fullcount-base

     広島ひと筋に通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が30日、自身のブログを更新。同日のヤクルト戦(神宮)でプロ初先発で初勝利を挙げた広島・山口翔投手(20)の快投を大興奮で喜んだ。



     試合中に「カープ強い」のタイトルで更新したブログで「山口投手最高に良い!!これは完投間違いない」「相手にタイミングを取らせない」「観ていてワクワクします」と興奮気味につづっていた元エース。

     山口が7回2死までノーヒット投球を続け、結局7回1安打無失点でプロ初勝利を挙げた後に「山口投手、良くやった!」のタイトルで再び更新したブログでは「7回のヒットさえ無ければ間違いなく完投だったでしょう」と記した上で「山口投手の投球に疲れも吹き飛んだ!!」と大きな赤い文字で書き込んだ。

     また、この日の完敗でセ・リーグワースト記録に「あと2」と迫る14連敗を喫したヤクルトについては「ヤクルトの選手たちの顔色を見て辛くなる」と思いを吐露。「これが野球の面白くもあり怖いところなんですけどね」とした上で「カープも連敗を乗り越えた!とヤクルトに声援を送りたくなってきましたよ。特に石井、河田コーチの顔を見ているとね」と広島の優勝にコーチとして大きく貢献し、現在はヤクルトでコーチを務める2人を思いやっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000226-spnannex-base

    <ヤクルト-広島>◇28日◇神宮

    高卒2年目の広島山口翔投手(20)が、30日ヤクルト戦でのプロ初先発へ向けて調整を行った。


    この日の試合前練習では床田とともにバント練習を行い、試合中の2回裏から3回表までは三塁ファウルゾーンにあるブルペンで投球練習。磯村を相手に直球に加え、カーブ、スライダーなどの持ち球を約60球をセットポジションやクイック投法を交えながら投げて調整した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-05280729-nksports-base

    <巨人3-8広島>◇24日◇東京ドーム

    広島が連勝を10に伸ばした。父義雄さんの葬儀出席のため1試合欠場した緒方孝市監督(50)が復帰。



    2死からセーフティースクイズを成功させるなど執念の采配で巨人3連戦の初戦を制した。打線は3番バティスタ、4番鈴木、5番西川が計4発を放ち、今季初めてクリーンアップが本塁打競演。先発床田が5回3失点で5勝目を挙げた。緒方監督の談話は以下の通り。

    -連勝がつながった

    緒方監督 そういう言い方をされてしまうのかな。常日ごろから言っているけど、1試合1試合しっかりした戦い方をするという中で、今日は初戦をね(取れた)。野手も内容のいいヒットが多かった。床田ももうちょっと投げてほしいところはあったけど、ボール自体は威力があった。ちょっと甘めに入るところがあったから、ちょっと早いと思ったけど、詰められた中で交代という判断をした。

    -2死からのセーフティースクイズで得点

    緒方監督 作戦面のことはコメントする気はない。シーズン通して選手にも伝えている。しかし、チャンスのときにそういう攻撃ができた。いい流れを相手に渡すことなく、最後まで戦った。

    -九里をスクランブルでワンポイント起用

    緒方監督 九里も勝ちパターンで投げられる投球を、最近はしてくれている。決まったメンバーでやるのではなく、こういう展開の中で、内容のいいピッチャーがいれば使ってみて、継投の中でバリエーションが増えればいい。

    -父義雄さんも喜ばれているのでは

    緒方監督 ……。お疲れさまでした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-05241415-nksports-base

     「巨人3-8広島」(24日、東京ドーム)

     拍手喝采を浴びながら、広島・九里亜蓮投手(27)がマウンドを降りた。表情には充実感がにじむ。「しっかりと終われたので良かったです」。投じた球数はわずか1球ながら、相手に傾きそうだった流れを断ち切った価値ある登板だ。



     5-3の七回1死一塁。この回から登板した一岡が、代打の中島に頭部付近へ死球を与えた。激高する中島。両軍ベンチからコーチ、選手らが飛び出しもみ合いに。一触即発の中で、右腕は危険球退場を告げられた。

     一岡の退場は想定外。八回を想定していたフランスアは、肩の出来上がるスピードを考えると、2人後の坂本勇が目いっぱいだった。肩の仕上がりが早く、緊急事態を任せられるのは誰か-。緒方監督と佐々岡投手コーチが話し合い、九里に決まった。

     「全く準備していなかった。でも、マウンドで投げられるから、肩はできると思った」。10球程度の投球練習で準備を整えた。田中俊を初球のフォークで右邪飛に打ち取り、フランスアにバトンを渡した。

     30日のヤクルト戦で先発起用される可能性を残すが、中継ぎに配置転換されて4試合連続無失点と輝きを放つ。指揮官は「大胆に使ってみて、継投のバリエーションが増えたらいい」とも話した。どんな場面や状況でも適応できる強さを九里は持つ。その存在がチームにとって頼もしい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000027-dal-base

    このページのトップヘ