広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

     今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。


     では、かつてのドラフト会議で指名された選手たちは、一体どういった結果を残しているのか? 当時のドラフト直後の12球団の指名評価を振り返り、現在、その年々の指名選手たちがどうなったのか、検証してみよう。

     今回は今から7年前の2013年ドラフトを見ていきたい。この年の目玉は森友哉、松井裕樹の高校生2人、大瀬良大地、吉田一将、石川歩ら。ただ、藤浪晋太郎や大谷翔平らが目玉だった前年と比べると、年度全体として“不作”と評されていた。

     1巡目では松井裕樹に最多の5球団、大瀬良に3球団、石川に2球団が競合。外れ1位で柿田裕太に3球団、杉浦稔大に2球団、そして外れ外れ1位で岩貞祐太に2球団が入札した。松井は楽天、大瀬良は広島、石川はロッテ、柿田はDeNA、杉浦はヤクルト、岩貞は阪神がそれぞれ交渉権を獲得。オリックスは吉田、西武は森を一本釣りした。

     この年のドラフトで12球団のうち、最も評価が高かったのはオリックスと楽天だった。オリックスは吉田を一本釣りし、2位の東明も即戦力として期待された。吉田は1軍で主に中継ぎとして活躍し、東明は2年目に2桁10勝をマーク。3位の若月は正捕手となっている。ただ、期待値からすれば、物足りないか。

     松井を5球団競合の末に引き当てた楽天。松井は前評判に違わぬ活躍を見せて2年目から守護神として大活躍した。2015年から3年連続30セーブ超え。最年少100セーブも達成し、昨季は最多セーブのタイトルを獲得した。ただ、2位以下はやや厳しい結果か。2位の内田は大砲候補として期待されているが、ここからの覚醒はあるか。

     ◇練習試合 広島3―4ヤクルト(2020年3月25日 マツダ)

     広島は無観客で行われたヤクルト戦(マツダ)に3―4で敗れて練習試合5連敗。オープン戦から11戦勝ちなしの9連敗となった。

     広島は先発右腕・九里が4回5安打3失点で降板。0―3で迎えた4回に1死二塁から5番・高橋大の右前適時打で1点を返すと、6番・坂倉が右中間スタンドへ2ランを放って同点。だが、直後の5回、この回から登板した2番手・中田が2死走者なしから2番・吉田成、3番・雄平に連打されて勝ち越しを許し、これが決勝点となった。

     ヤクルトは2回に6番・広岡の左越え2ランで先制し、3回には2死走者なしから雄平、4番・村上の連打で3点目。3―3と追いつかれた直後の5回には雄平が2死二塁から中前に勝ち越し打を放った。先発マウンドに上がった新助っ人のイノーアは5回8安打3失点だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000207-spnannex-base

     広島・佐々岡真司監督(52)が先発候補を全員昇格をさせて、開幕ローテーション入りを懸けた“ラストサバイバル”の実施を明かした。19日は由宇練習場で中日との2軍練習試合を視察し、4回無失点だった九里亜蓮投手(28)の昇格を決め、4回1失点の遠藤淳志投手(20)も候補に残した。先発入りが内定している大瀬良、K・ジョンソン、森下を除く残り3枠の争いは最終局面に入った。

     指揮官の行き先が、解決の見えない懸念事項を示していた。佐々岡監督は、マツダスタジアムでの全体練習ではなく、由宇練習場に向かった。目的は先発候補の見極めだ。2軍調整中の九里は先発して4回3安打無失点の好投。「直球、変化球にしろ攻める気持ちを感じた。2軍でやったことをプラスにすればいい」と再昇格を告げた。

     6回から登板した遠藤は4回4安打1失点の粘りで生き残った。「遠藤には相当プレッシャーをかけた中での登板だった。九里も重圧があったと思う」。試合前に結果次第で先発争いからの脱落も示唆していた中、春季キャンプ以来、開幕ローテーション候補全員が1軍に再集結する“ラストサバイバル”の舞台を整えた。

     九里は背水の登板だった。5日の教育リーグ・ソフトバンク戦で7四球を与える乱調で3回1/33失点に沈み、一度は脱落した。「ふがいなくて、すごく悔しかった」。今回が降格後2度目の登板。3回に郡司、石橋を内角のツーシームで空振り三振にするなど無四球と修正し、「映像を見返すと、体が横振りになっていた。良くなってきている。継続しないと意味がない」と手応えを口にした。

     遠藤は登板した6回に石橋、高松をチェンジアップで連続の空振り三振に仕留め、7回に適時打を含む3安打を浴びながら最少失点にとどめた。「亜蓮さんがいい結果を残したので、負けられない…と続こうと思った」。前回11日のDeNA戦に3回5失点で落とした評価を取り戻した。

     佐々岡監督は先発候補を「7人」と改めて明言した。先発入りが内定しているのは、大瀬良、K・ジョンソン、森下の3人のみ。床田、薮田を含めた4人で残り3枠を争うこととなる。「まだ時間はあるし、いまから考え直す部分もある。競争が個々のレベルアップにもなる。開幕まで時間があるので、まだまだ競争意識を持ってやってもらいたい」。九里の降格など活性化させてきた開幕ローテーション争いは、候補者全員に与えられる1軍登板で決着を迎える。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000015-spnannex-base

     プロ野球は15日にオープン戦全日程を終了。新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定されていた20日の開幕は延期された。各球団は4月中の開幕を目指して、練習試合などで調整を続ける。

     広島は5勝5敗2分けの6位で、チーム打率は・271、チーム防御率は4・71だった。佐々岡監督のオープン戦総括は下記の通り。

     「期待していた分、投手もなかなか決まらない。開幕日延期が決まった中で、試した部分もある。17日からファームで投げる投手は、サバイバルという形で投げてもらいたい。選手ももっと、危機感を持ってやってもらいたい」




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-03160131-sph-base

     「教育リーグ、オリックス7-1広島」(7日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)


     広島・佐々岡真司監督(52)が開幕ローテを緊急再編する可能性が7日、浮上した。昨季7勝の床田が教育リーグ・オリックス戦で4回8安打7失点と炎上。九里は5日の同・ソフトバンク戦で3回2/3を5安打7四球3失点だったことで、この日から2軍降格。代わって1軍には薮田が昇格し、アドゥワも2軍で結果を残している。開幕まで2週間を切り、ローテが決まらない非常事態を乗り切る。

     佐々岡監督が一瞬、天を仰いだ。試合後の取材で報道陣から教育リーグ・オリックス戦(オセアンBS)に登板した床田の結果を聞いた直後だった。「そうなのか…。まだ(正式に2軍から)報告を受けてないから」。開幕ローテの一人として期待していただけに表情は曇った。

     左腕は4回を8安打7失点だった。初回、ロドリゲスに左越え3ランを被弾。二回も制球が定まらず、3点を献上した。「ツーシームが落ちなかった。打たれてから大事に投げようとして、小手先だけになった」。崖っぷちで臨んだ一戦。床田の視線はグラウンドに落ちたままだった。

     開幕ローテは大瀬良とK・ジョンソンが確定。ドラフト1位・森下(明大)も当確で、開幕3戦目となる22日・中日戦(マツダ)でのプロ初先発が有力視されている。残り3枠。春季キャンプ終了後から1軍に帯同していた九里、床田、遠藤の3人がリードしていると見られていたが、5日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)後に風向きが変わり始めた。

     「ああいう投球では、さすがに示しがつかない。打たれるならともかく、打たれる以前の問題」と指揮官。自身が視察に訪れていた試合で、先発した九里が3回2/3を5安打7四球3失点と打ち込まれた。この日から右腕の姿はマツダスタジアムにはなく、2軍での再調整が決まった。床田もこの日の内容と結果を受け、1軍を離れる可能性がある。

     一方、2軍で調整してきた薮田が1軍に昇格した。春季キャンプ最終盤に登板機会を得る目的で2軍に合流し、3日の教育リーグ・ソフトバンク戦(由宇)で4回1失点と好投。「大きなチャンス。しっかりとつかみたい」。10日・ヤクルト戦(神宮)での先発が濃厚だ。

     もう一人の先発候補であるアドゥワは、6日の同リーグ・オリックス戦(オセアンBS)で5回無失点。持ち味の制球力を生かし、アウト15個のうち10個をゴロアウトで積み重ねた。

     佐々岡監督は「良かったら試すし、悪かったら落とす。当然ながら競争。危機感を持ってやってほしい」と力を込めた。開幕まで2週間を切った。今こそ首脳陣の不安を振り払う、生きのいい投手の台頭が強く望まれる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00000023-dal-base

     ◇教育リーグ 広島―ソフトバンク(2020年3月5日 由宇)

     広島育成3位・畝章真投手(24)は、「ギータ斬り」でアピールに成功した。

     この日は、先発候補の九里、遠藤が4イニングずつ登板予定だったため、バックアップメンバーとしてベンチ入り。すると、九里が計7与四球の乱調で降板し、4回1死満塁の場面で2番手として“緊急登板”した。

     先頭の西田を中飛。続く柳田の打席では、制止しなかったと判断されてボークを宣告された。不測の形で得点を与えるも動揺せず、フルカウントから外角にシンカーを決めて見逃し三振とした。

     「僕のいまの立場では、ああいう打順で投げさせてもらえるのはレアだと思う。球速は速くないけど、スイングさせないようにと思って投げました。シンカーでうまくタイミングを外せたのはではないか…と思います」

     畝龍実3軍統括コーチの長男。チーム唯一のサイドスロー右腕として活路を探っている。「キャンプでは、周りの投手と比べても真っすぐの強さは物足りないと感じた。サイドの軌道は他の投手にはない。キレ、伸びを意識しながらやってきた中で、柳田選手に直球系でファウルを取れたのはよかった」と手応えをつかんだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000231-spnannex-base

     広島の九里亜蓮投手が7日、2軍再調整になった。

     5日の同リーグ・ソフトバンク戦で3回2/3を5安打7四球3失点した。


     佐々岡監督が視察に訪れていた試合。指揮官は「ああいう投球では、さすがに示しが付かない。打たれる以前の問題」と厳しかった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000139-dal-base

     広島の薮田和樹投手が7日、1軍に昇格した。今後は、10日からの関東遠征で先発する見込み。

     春季キャンプ終盤に登板機会を得る目的で2軍に合流。3日の教育リーグ・ソフトバンク戦で4回1失点と好投したことが評価された。

     「思っている球が投げられる確率が高くがんばった。大きなチャンス。しっかりとつかみたい」と闘志を燃やした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000141-dal-base

    <教育リーグ:広島-ソフトバンク>◇5日◇由宇

    広島は開幕ローテーション入りを狙う九里亜蓮、遠藤淳志両右腕の明暗が分かれた。佐々岡監督が見守った中、教育リーグ・ソフトバンク戦に先発した九里は7四球を与えるなど乱調で、3回1/3を投げ5安打3失点。


    指揮官は「十分経験のある投手の中で、あの内容では全くという感じ」と苦言。5回からマウンドに上がり、4回2安打無失点にまとめた遠藤については「まだまだ抜ける球も多かった中で、カーブはしっかりと投げられていた」と目を細めた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-23050599-nksports-base

    ■広島 9-8 巨人(オープン戦・24日・那覇)

     巨人は24日、那覇で広島とオープン戦を行い、8-9で敗れた。新外国人のエンジェル・サンチェス投手が先発するも、1回を5安打5失点の大炎上。先発ローテ入りに不安を残す投球内容となった。広島は打線が好調でオープン戦3連勝となった。


     サンチェスは先頭の田中に右前打を許し、一死後に坂倉に先制の適時三塁打を浴びた。さらに鈴木の左犠飛で2失点目。そして西川、ピレラに連打を浴び、安部には右翼席へ3ランを浴びた。

     一方、巨人の4番岡本は3回に右犠飛、5回に2点二塁打を放ち3打点の活躍。3番丸も3打数3安打と気を吐いた。新外国人のパーラは3打数1安打だった。

     広島では途中出場した2年目の小園海斗内野手が3打数3安打2打点と躍動した。4回の第1打席で右前打、7回の第2打席では高田から右越え1号ソロ、9回の第3打席も適時二塁打を放ち3打数3安打2打点の大活躍。田中広輔内野手との遊撃の定位置争いは熾烈を極めている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00699564-fullcount-base

    このページのトップヘ