広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

    「広島-ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

     リリーフに配置転換されている広島・薮田が1回2/3を無失点に抑えた。


     4-4の四回、1死一塁の場面で2番手でマウンドに上がり、青木、雄平に連打を浴びピンチを招いたが、川端を投ゴロ併殺に斬り無失点。1点リードした五回も2安打を許しながら得点を与えず、結局1回2/3を4安打無失点に抑えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000122-dal-base&pos=4

     広島が3連勝で首位に再浮上した。17日、広島・呉市の二河野球場で行われたヤクルト戦。先発の九里が初回に2点を奪われるなど4失点でKOされたものの、打線がきっちりと試合をひっくり返し7-4で完勝。セ・リーグ10勝一番乗りで、DeNAを抜き首位に立った。



     序盤のビハインドなどものともしなかった。2点を先制された直後の初回の攻撃。松山の2ランであっさりと同点に追いつくと、2回には1死満塁から田中の2点適時打で勝ち越した。4回に再び同点とされたが、その裏に田中の適時打で勝ち越し。5回には會澤が適時打、6回には安部の投ゴロがフィルダースチョイスとなり、リードを広げていった。

     今季初先発となった九里は6安打5四球で4点を失い、4回途中でノックアウト。2番手以降は薮田、一岡、今村、ジャクソン、中崎と継投で逃げ切った。

     ヤクルトは連敗で勝率5割に。初回に2点を先制し、2点ビハインドの4回には山田の本塁打などで追いついたものの、先発の原が7安打5失点で4回KO。2番手の中尾も2点を失い、リードを広げられた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000148-dal-base

     広島・中村祐太投手(22)は16日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加した。18日ヤクルト戦(マツダ)での今季初登板初先発が有力視される右腕は「怪我があけてから最初の(1軍)登板。第1印象が大事だと思うので、結果を残したい」と力を込めた。

     今春キャンプは1軍スタートだったが、2月21日のロッテとの練習試合(コザしんきん)で打球が直撃し、「右側胸部打撲」と診断されて以降、2軍調整が続いていた。2軍で2度の実戦登板を経ての1軍合流。前回登板は12日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(由宇)で6回無失点と結果を残して1軍昇格となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000096-spnannex-base

     「阪神4-1広島」(11日、甲子園球場)

     広島のブラッド・エルドレッド内野手(37)が零封負けを阻止する意地の一打を放った。0-4の八回2死一、二塁で代打出場し、左中間への適時二塁打で唯一の得点を叩き出した。4月4日・ヤクルト戦(神宮)以来となる安打は、復調のきっかけとなりそうだ。打線は阪神ドラフト2位・高橋遥を攻略できず、投手陣も崩れて4連敗。首位の座から陥落した。



     敗戦の中で助っ人の存在感が光った。エルドレッドの打球は力強く左中間へ飛んでいった。完封負けが視界に入り始めた終盤での一撃。チームの意地を示すとともに、自身の復調のきっかけにつながる一打だ。

     「ランナーが出たら代打で行くと伝えられていたので、準備はできていた。(桑原とは)去年、対戦していて球種は頭に入っていたし、整理して打席に立った。感触は良かったよ」

     0-4の八回2死一、二塁で九里に代わって出番が来た。桑原が投じた外角148キロ直球に力負けしない。弾丸ライナーで左中間を襲った。

     4月4日・ヤクルト戦で3号3ランを放って以来、19打席ぶり安打。「コンパクトに振ったから捉えられたんだ」。ボール球に手を出し、打ち取られる悪癖はこの日はなし。ミートを心掛けるスイングにスランプを脱する兆しがある。

     零封負けは逃れたものの、打線は高橋遥の前に七回まで無得点。五回の攻撃前にはベンチ前で円陣を組み攻略の糸口を再確認したが、キレのある直球を最後まで捉え切れなかった。「打てそうで打てない感じ」と田中。プロ初登板の新人左腕から放った安打は一回の丸と六回の会沢の2本だけで二塁も踏めなかった。

     「(直球が)思っていた軌道と違った。引っ掛けるイメージがあったけど、抜け球が多く戸惑った部分があった」と迎打撃コーチ。例えば、右打者は内角直球に目線を置いていた。それが適度に荒れたことで的が絞り切れなかった。

     8日・DeNA戦(マツダ)では、同じく初対戦の京山に六回途中まで無得点で白星を献上した。チームは違えど初顔には2連敗だ。緒方監督は「きょうの試合はいろいろ反省するところがある。反省をして、あした頑張ります」と前を向いた。開幕11試合と長いシーズンは始まったばかり。だが、次も同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2018年4月1日 マツダ)

     先発した広島・大瀬良大地投手(26)は6回、3番・アルモンテを左飛に抑えたところでベンチに不調を訴えて緊急降板した。両脚のふくらはぎをつったもので、数分間の治療を行ったが、2番手・中田との交代がコールされた。

     新フォームに取り組み、直球の威力が増して迎えた今季初登板。4回に中日・ビシエドと平田にソロ本塁打2本を浴びるも、5回1/3、4安打2失点と上々の結果を残していただけに、無念の降板となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000153-spnannex-base

     「ウエスタン、広島2-6阪神」(22日、由宇球場)

     広島のサビエル・バティスタ外野手が「4番・左翼」で先発出場し、早期の1軍昇格をアピールする一発を放った。6点を追う九回2死一塁。カウント1-0から才木の直球を強振し、打球は左翼スタンドへ着弾した。

     春季キャンプ中に左手を死球により負傷し、2軍調整中のドミニカン。患部は「良くなっている」と話し、「しっかりタイミングが取れた。もちろん1軍に早く上がりたいとずっと思っている」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000130-dal-base

     広島・九里亜蓮投手にとって今年のオープン戦初登板予定だったオリックス戦(マツダ)が21日、雨天中止となり、同投手は翌22日のウエスタン・阪神戦(由宇)に先発することが決まった。


     春季キャンプ終了後は3日の教育リーグ・中日戦、14日の三菱重工広島戦に先発し、計10イニング無失点と好投していた右腕。開幕ローテ入りを争っている中、1軍戦の登板は2月22日の韓国・KIA戦以来となる予定だったが、雨に泣く形となった。

     この日はマツダスタジアムに隣接する室内練習場などで汗を流した。22日の登板へ「考えすぎずに。自分の持っているものを出していきたい」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000132-dal-base

     広島2軍のウエスタンリーグ開幕・中日戦に先発した高橋昂也投手(19)は、6回を投げ、被安打5、1失点と上々の結果を残し、開幕の先発ローテーション入りへアピールした。

     最速145キロの直球を中心し、スライダー、フォークのキレも十分。初回をわずか11球で三者凡退に打ち取るなど球数は86球に抑え、テンポよくアウトを積み重ねた。

     広島は、野村、ジョンソン、大瀬良、薮田、岡田の5人の先発ローテ入りは決定的。残る1枠を九里との一騎打ちで争うが、九里は実績十分な上に好調を維持。少しでも隙を見せれば、そこでローテ争いから脱落の可能性もある厳しい立場の中で、結果を残して何とか踏みとどまった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000136-spnannex-base

     昨季12勝の広島・岡田明丈投手(24)の開幕ローテ入りに黄信号がともった。17日の楽天戦(静岡)の5回無死、島内の打球が左すね、ふくらはぎ付近を直撃して降板。関係者によると、左下腿(かたい)の打撲で、試合後は車いすでバスまで運ばれたという。

     緒方監督は「当たり所が良くなかった」と険しい表情。岡田は広島に帰る予定を取りやめ、静岡市内の宿舎でアイシング治療などを受けた。降板するまでの投球も、5四球と乱調で2失点。開幕2カード目となる4月3日からのヤクルト3連戦(神宮)の先発が有力だったが、九里か高橋昂と入れ替わる可能性が出てきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000006-sph-base

     ◇オープン戦 広島3―3ヤクルト(2018年3月11日 福山)

     広島・高橋昂也投手(19)が、開幕ローテーション争いに生き残った。11日のヤクルトとのオープン戦に先発し、5回を被安打3、4奪三振で無失点に抑える好投。先発の残り1枠を九里と一騎打ちで争う中、緒方監督からは「たいしたもの。いいアピールをしてくれた」と高評価を受けた。

     絶対に失敗の許されないマウンドで輝いた。高橋昂は闘志を表に出すことなく、淡々とスコアボードにゼロだけを並べた。

     「結果としてゼロに抑えられたのはよかったし、直球の走りもよかった。体が開き気味だったのが修正できて、うまく押し込めた」

     相手打線は山田哲、バレンティン、畠山という強力クリーンアップ。それでも「相手を見ることはないので」と動じなかった。初回、山田哲に中前打を許したが、バレンティン、畠山はともに2打数無安打。伸びのある直球を武器に三塁すら踏ませず、被安打3、4奪三振と強力打線に“完勝”した。

     広島の開幕ローテは野村、ジョンソン、薮田、大瀬良、岡田の5人が確定。残り1枠を九里との一騎打ちで争う。九里が実績十分なだけに、好投を続けるしか生き残る道はない。そんな厳しい立場の中で結果を残したことに、緒方監督からは「大したもの。自信にしてもらっていい。(ローテ入りへ)もちろん、いいアピールをしてくれた」と高評価を与えられた。

     ローテ争い以外にも、チラリと意識することがあった。5回からヤクルトの2番手として寺島が登板し、1回を無失点。楽天・藤平、西武・今井とともに高校ビッグ4と評されたが、高橋昂だけがドラフト1位指名にかからなかった。「今日は話す機会はなかったです。向こうはドラ1で入って、自分よりは上なので。追い越せるようになりたい」と珍しくライバル心をちらつかせた。

     開幕までに残り2試合の登板が予定されている。「スライダーもある程度は制球できたけど、さらに上がってくれば、もっと楽になると思う」。キャンプ前には中村祐、塹江、アドゥワら多くの“第6の先発”候補がいた中で、まだ1軍経験のない2年目の19歳左腕がオープン戦は2試合で計8回を投げて防御率0.00だ。今オフから目標に掲げ続けた開幕ローテ入り。いよいよ現実味を帯びてきた。(河合 洋介)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000071-spnannex-base

    このページのトップヘ