広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

     「広島秋季キャンプ」(12日、日南)

     広島・九里亜蓮投手(26)が12日、来季の目標に“脱・便利屋”を掲げた。今季は開幕ローテ入りしながら、シーズン中盤から中継ぎに配置転換。9勝5敗とリーグ連覇に貢献したが、自身初の2桁勝利にあと一歩届かなかった。来季こそ先発ローテを1年間守り抜き、大台に到達する。



     甲高い捕球音が響き渡るブルペンで、九里の顔は生き生きとしていた。明確な課題と目標に向かって全力投球を貫く。真っすぐのみの55球。原点を見直し、さらなるレベルアップを図っている。

     「左足を着いてからしっかり強い真っすぐを投げることをテーマに取り組んでいる。全体的なボールの質を高めていきたい。直球がしっかり投げられれば、変化球も生きてくるので、軸となる球の精度を上げないといけない」

     今季は開幕ローテ入りを果たしたが、先発枠の関係もあってシーズン中盤から中継ぎに配置転換。ロングリリーフなどフル回転でベンチの起用に応えて9勝5敗、防御率3・64でリーグ連覇に貢献した。

     個人成績はキャリアハイのシーズンとなったが、満足はしていない。「先発としてやりたい気持ちはずっと持っている。何とかまた来年開幕ローテーションに食い込んで、1年間守れるようにしたい」。便利屋ではなく、先発としての強いこだわりを示した。

     秋季キャンプでは新たな試みにも挑戦している。これまでの秋季キャンプでは人一倍投げ込んでいたが、今キャンプは違う。3度のブルペンで100球以上を投げたことは一度もない。「1球1球にしっかり集中しながら投げているので、少ない球数でもやりたい練習はできている」と意図を説明した。

     投球フォームも修正している。より前でボールを離せるようにとシーズン中は7足分だった踏み出す足幅を6足分に変更。リリースポイントは維持しつつ、左足にしっかり体重を乗せられるようになり、制球力がアップした。

     信頼される投手へ、奮闘の日々を送っている。「タイミングや指にしっかりかかったら、納得のいくボールがいく。まだボールの差が激しいので、その確率を上げていければいい」と新フォーム習得に励む。リーグ3連覇と日本一を目指す来季。先発の柱となるべく、強い覚悟でポジションをつかみ取る。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000014-dal-base

    <セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島2-6DeNA>◇第2戦◇19日◇マツダスタジアム


     広島が敗れて、2勝1敗(アドバンテージの1勝含む)となった。先発野村が2点の先制を許し、1点差に迫った直後の5回にも2失点で突き放された。2番手九里も6回に失点。主導権を握られた。打線もDeNA浜口の荒れ球とチェンジアップの前に、好機をつくりながら決定打が出なかった。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -野村が粘れなかった

     緒方監督 最初の失点は厳しい球をうまく打たれた感じだった。1点かえした後の5回。あそこは代打に初球が逆球になって失投になった。本人が一番悔いが残るだろうし。あそこは1点をかえした後だっただけに、ピンチをしのいで欲しかった。

     -敬遠直後の失点

     緒方監督 向こうの捕手や、後ろの打者(代打)との兼ね合いを考えたところはあった。そのなかで向こうは代打策で来た。その中でも、やっぱりあそこはきちっと投げきって欲しいところだった。

     -打線は好機をつくった

     緒方監督 チャンスの形はしっかりつくれていたし、たたみかけるところまでは行かなかったけど。1点、1点というところで反撃の雰囲気は出していた。ただどうしても全体的に見たら、守りから攻撃のリズム。そういうところが出来なかった。3者凡退が2回くらいだったよね。もうひとつ攻撃に、いいリズムがつながらなかったかなという感じ。

     -2番手九里も失点した

     緒方監督 2死から四球を出してからのね。ロペスも強引じゃなくて、しっかりとミート中心に来た。(バティスタの失策もあり)あそこはホームにかえしてはいけない場面だったけどね。

     -明日ですね

     緒方監督 明日また、切り替えてね。やっていくだけです。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00032085-nksports-base

     37年ぶりのリーグ2連覇を成し遂げた広島。“逆転力”が相手チームにとって最大の脅威となった。優勝までの84勝のうち、逆転勝利はリーグ最多の41試合。粘り強い攻撃力だけでなく、中継ぎ陣の踏ん張りも大きく影響した。

     今季は一岡、今村、ジャクソン、中崎、中田の5人が50試合以上に登板し、平均防御率2・07と抜群の安定感を誇った。他にも先発から中継ぎに回った九里をロングイニング要員として起用。層の厚いリリーフ陣が試合の終盤を支えた。

     一方で、絶対的な抑えは不在だった。本来なら、守護神は昨季34セーブの中崎。しかし、開幕直後に腰痛症で離脱するなど、状態が上がらず今村が代役を務めた。シーズン終盤からは2投手のダブルストッパー制。畝投手コーチは「状態を見て起用していた。固定しなかったという状況の中でしっかり対応してくれた」と高く評価する。

     先発投手こそ、完投数は昨季の「5」を下回る「4」となったが若手が成長。シーズン中盤から先発となった薮田が15勝3敗、防御率2・58、勝率・833で自身初のタイトル、勝利第1位を獲得し、2年目の岡田は12勝を挙げ、優勝に大きく貢献した。大瀬良、野村と続いて開幕からローテを大きく崩すことなく戦うことができたのも連覇できた要素の一つとなった。

     リーグトップの破壊力を持つ鯉打線。投手陣にとっても頼りになる存在となっている。今村は「点を取られなければ、野手が逆転してくれるという雰囲気がブルペンにはあった」と振り返る。マウンドに上がる誰もが同じ思いだ。

     迎えるポストシーズン。チーム一丸となり、CSファイナルS突破、33年ぶりの日本一を目指す。(デイリースポーツ・井上慎也)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000066-dal-base

     広島は4日、広島市内の球団事務所で戦力外通告を行った。全4選手に及んだ。

     広島一筋12年の今井啓介投手(30)は「プロとしては一区切り付けようかなと。去年1軍に上がれず、フォームなどを変えてやってきた。必要とされなかったら今年でユニホームを脱ごうと思ってやってきた。全然、後悔はない。次のステージにいこうかなと」と語った。



     今季は1軍で4試合に登板し、防御率5・40。通算成績は114戦8勝20敗、防御率3・59だった。

     ほかに小野淳平投手(30)。多田大輔捕手(21)、育成・松浦耕大捕手(24)が通達された。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000095-spnannex-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)が2日、1歳年上の一般女性(広島県在住)と来年1月にも結婚することを明かした。約2年前に知人の紹介で知り合い「大学4年になったころ」から交際をスタート。プロ入り後は広島に呼び、愛をはぐくんだ。

     この日、松田元(はじめ)オーナーに報告。「婚姻届の提出は来年1月を予定している。結婚したから頑張るとかではないけど、自分が頑張ることが相手のためにもなる」と身を引き締めた。

     今季は4月7日のヤクルト戦で9回1死までノーヒット投球を演じ初勝利を挙げたが、以後は制球難に苦しみ7試合で1勝3敗、防御率4・30。生涯の伴侶を得て、来季は飛躍の年にする。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000010-spnannex-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が25日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。

     今季はここまで23試合に先発し、9勝2敗、防御率・3・76。次回27日・ヤクルト戦(マツダ)へ向けて「前回の登板が今年の課題でもあるイニング途中で降りる形になってすごく悔しい思いがあった。今度は内容も結果も出せるように頑張りたい」と意気込みを語った。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/25/0010586426.shtml

     広島がセ・リーグ連覇に王手をかけた。

     14日にマツダスタジアムで行われたDeNAとの一戦に5-4で勝利し、優勝マジックはあと「1」。37年ぶりのリーグ連覇と26年ぶりの本拠地胴上げはもう目前に迫っている。

     今季も圧倒的な力でセ界を席巻している広島。その原動力のひとつとなっているのが、若手投手たちの躍動だ。

     先発3本柱の一角であり、投手陣の精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。さらに沢村賞を受賞したジョンソンも開幕早々に戦線離脱を強いられるなど、かなり不安の多いスタートとなったが、蓋を開けてみればチャンスを与えられた期待の若手たちが大活躍。それぞれがきっちりと役割をこなし、勝ち星を積み重ねた。

     この2年のチーム内勝利数の上位5選手を比べてみると、2年連続で名前を連ねているのは野村だけ。リーグ屈指の強力打線がもたらす援護があるとはいえ、これだけの若手が台頭してくる土壌があるのが広島の大きな強みである。

    【2016年・勝利数トップ5】
    野村 祐輔:16勝3敗 防2.71
    ジョンソン:15勝7敗 防2.15
    黒田 博樹:10勝8敗 防3.09
    ヘーゲンズ: 7勝5敗 防2.92
    福井 優也: 5勝4敗 防4.34
    ジャクソン: 5勝4敗 防1.71

    【2017年・勝利数トップ5】
    薮田 和樹:14勝3敗 防2.42
    岡田 明丈:12勝5敗 防3.63
    野村 祐輔: 9勝5敗 防2.95
    大瀬良大地: 9勝2敗 防3.65
    九里 亜蓮: 9勝5敗 防3.74
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00131674-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島12―4DeNA(2017年9月13日 マツダ)

     暗雲を断ち切った。先発・中村祐の後を受け、6―3の4回から登板した広島・九里が2回1失点と力投し、荒れかけた試合を落ち着かせた。「まずは自分のボールをしっかりと投げることだけ意識した」と役割を全うし、9勝目を手にした。



     先発陣の不調を救うのが背番号「12」の仕事だ。8月後半からロングリリーフに回り、9月4試合目の登板で3勝。「行けと言われたところまで全力で行くことが最優先」。肩の仕上がりの早さ、マウンド度胸、何より献身性でチームに貢献している。

     投手陣は薮田が14勝、岡田が12勝をマーク。野村、大瀬良、そして九里が2桁勝利にリーチを掛けた。10勝投手が5人となれば、球団史上初。「勝ち星は野手の方に感謝です」と九里は謙虚にチームの窮地に備える。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000071-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島12―4DeNA(2017年9月13日 マツダ)

     広島が苦手にしているDeNAに12―4で逆転勝ちを収め、連敗を阻止。2位・阪神が敗れたため、優勝へのマジックナンバーは一気に2つ減って「2」となり、セ・リーグ連覇に王手をかけた。14日に広島がDeNAを下し、阪神が巨人に敗れれば広島の2年連続、ホームでは1991年以来26年ぶりとなる優勝が決まる。

     広島は先発の中村祐が初回に2点を失ったが、その裏、打線がすかさず反撃した。まずは田中が左翼スタンドへ先頭打者本塁打を放って1点を返すと、さらに2死一、三塁としてから安部の左前適時打であっという間に同点。2死一、二塁から岩本の右前適時打で勝ち越すと、投手の中村祐にも適時打が出るなどこの回だけで打者11人を送り、7安打集中で6点をもぎ取った。

     3回と4回に1点ずつを返され、6―4と2点差に迫られたが、6回には代打・バティスタ、田中、菊池の3連打から打者10人を送り、またも6安打集中で一挙6点を加えて最後は圧勝で逃げ切った。

     セ・リーグで唯一、広島相手に勝ち越しているDeNAだったが、先発投手の飯塚が2点先制を守れず7安打6失点でプロ最短の1回KO。阪神を下した巨人と順位が入れ替わり、クライマックスシリーズ(CS)出場圏外の4位に転落した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000133-spnannex-base

    このページのトップヘ