広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    九里亜蓮

     「いつも球場を真っ赤に染めていただいて、ありがとうございます!今の結果に満足せず、もっともっと上を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」。8日・ヤクルト戦の試合後のヒーローインタビュー。この夜、8勝目を挙げた薮田はキリリとした顔つきで、大きな声を張り上げた。力強くて頼もしい言葉に、敵地に駆けつけたファンは拍手喝采を送っていた。



     今カープで最も旬な男だろう。どろ~んと落ちる“お化けツーシーム”が最大の武器。前半戦は28試合に登板し、8勝1敗、防御率2・25。交流戦からの先発転向後は5戦5勝、防御率1・64と圧巻の成績だ。その奮闘ぶりが評価され初の球宴出場が決まった。

     記者会見では「本当にうれしいし、光栄に思います。球界を代表する選手が出てくる場なので、一つでも勉強できればと思って臨みたい」と喜びを語り、対戦したい選手に同郷出身のソフトバンク・柳田の名前を挙げた。

     6月13日、オリックスのエース金子千尋に投げ勝った試合後、好調の秘訣(ひけつ)を聞かれると、「奥さんのおかげだと思います!」と堂々と言った。今年5月に亜大の1年先輩でモデルのkarunaと結婚。春から広島で一緒に暮らし始め、何よりも食生活が改善された。例えばブランチの卒業だ。これまで朝と昼の食事が一緒になりがちだったが、今では朝食からしっかり取る。好物はあま~い「フレンチトースト」だという。体調に合わせて、食事メニューもリクエスト。暑くて食欲が落ちた時はあっさりの「塩ラーメン」。愛妻のおかげで体重も増えて、直球の最速は156キロまで伸びた。

     食事の面だけではない。モデルとして活躍する妻から「プロの心得」も学んだという。

     「人に好かれる選手になってほしいと言われています。チームメートを含めて、応援される選手になっていかないといけない。自分もそう思う。身近にそう言ってくれる人がいてありがたいです」

     冒頭のヒーローインタビューでの受け答えも、プロ意識の高さの表れだろう。モデルも野球選手も人気商売。仲間やスタッフ、そしてファンの力に支えられている。14日からは球宴。全国の野球ファンに薮田の名前をアピールするチャンスだ。

     ◆karuna(カルナ)1991年5月20日生まれ、25歳。東京都出身。CMや広告を中心にモデルとして活躍中。旭化成プロダクツ「サランラップ」のCM「キモチが伝わる」に出演。身長164センチ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000039-dal-base

    <広島8-1中日>◇1日◇マツダスタジアム

     3連発で貯金20!! 広島ブラッド・エルドレッド内野手(36)が先制、中押し、ダメ押しと来日初の3打席連続弾で8-1と中日に連勝した。来日6年目で円熟味を増す大砲のキングに並ぶ3発で、貯金は今季最多の20。優勝した昨季よりも13試合早い大台到達で、早くも独走状態に入った。


     お立ち台では通訳に仕事をさせなかった。壇上のエルドレッドは、インタビュアーの質問に通訳を介さず、すべて日本語で答えた。来日6年目。日本の言葉、文化を受け入れ、そして何より日本野球を受け入れた。2回は内寄りの直球を先制弾、3回はチェンジアップをたたいて中押し2ラン。5回は低めの球をすくい上げてダメ押しソロ。すべて左翼席を越える特大アーチで、主役を張った。「1打席1打席しっかり集中して結果を残すことができた。打てる球を見極めてアプローチできたことがいい結果につながった」と充実感に浸った。

     31歳で来日し、今月12日には37歳を迎える。米国で粗削りだった大砲は、日本で変貌を遂げた。「若ければ何かしてやろうと無理にやってしまうことがありますが、私は年齢を重ねてきた。そういった意味で成熟し、自分をコントロールしてアプローチできている」。今季は先発での無安打試合は最長3試合と安定。来日初の3打席連発で、本塁打数も21本とし、リーグトップの中日ゲレーロに並んだ。

     異国での成功の裏には、父ジムさんの言葉がある。「いつも同じ気持ちでやることが大事。イライラして、行動が乱れてはいけない」。少年時代、三振しても怒られなかったが全力疾走を怠ったときには叱られた。この日もエルドレッドのユニホームは泥だらけだった。

     日本愛だけでなく、広島愛にもあふれる。この日、本塁打を打ったバティスタには打席前に助言を送り、4番鈴木とも日ごろから打撃論を交わす。若い選手が多い広島打線の中で「センパイ」と胸を張る大砲の働きで、73試合目で貯金を今季最多20とした。独走優勝の昨季よりも13試合早い大台到達にも、緒方監督は「1つ1つの戦いの結果だから。貯金がいくつとか意識しないでやっていきたい」と引き締めた。【前原淳】

     ▼エルドレッドが自身初の3打席連続本塁打。広島選手の1試合3打席連続本塁打は6月16日丸がソフトバンク戦で記録して以来6人、7度目。同一球団でシーズンに2人が3打席連発は、04年に横浜の内川が5月18日巨人戦、多村が7月17日広島戦でマークして以来9度目で、広島では初。広島は90年5月10日アレンから3打席連発の選手が出た試合に5連敗中で、3打席連発が白星につながったのは65年5月11日興津以来、52年ぶり。

     ▼広島は貯金を今季最多の20に増やした。優勝した昨年の貯金20到達は86試合目で、今年の73試合目は80年64試合目、96年68試合目、87年70試合目、84年71試合目に次いで球団史上5番目のスピード。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-01848892-nksports-base

     「DeNA11-8広島」(28日、横浜スタジアム)

     広島の岡田明丈投手が、今季最短となる3回6安打4失点でKOされた。球数はわずか54球。右腕は「ランナーを出してから甘いところを打たれた」と振り返った。

     二回まで完ぺきな投球を見せたが、4-0の三回に突如、乱れた。石川の中前打をきっかけに走者をためると、梶谷や筒香などに適時打を浴びて4失点。リードをすべてはき出した。

     緒方監督は交代について「過去のピッチングをみながら判断させてもらった。次はしっかり投げてくれたらいい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000127-dal-base

     広島は23日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に13-3で大勝した。打線が今季最多の17安打で13得点、投げては先発のジョンソンが7回1失点の好投で2勝目を挙げた。打線の爆発で首位攻防戦となったレギュラーシーズン初戦を快勝し、緒方監督は「打者が初回から集中していい攻撃をしてくれた」と満足そうだった。

     菊池が4安打4打点、丸は3安打3打点の活躍で、2安打1四球の田中が全てホームに還った。交流戦首位打者の好調ぶりを発揮した丸は「ホームだし、まずは先制点を取ればウチのペースでやれると思った。三振だけはしないように食らいついていった」と先制点となるタイムリー二塁打を振り返り、3本塁打で1イニング8得点の口火を切る5回の本塁打は「結果的にそうなっただけ。つなぐ意識で打席に入った」と冷静に話した。緒方監督は「今日はみんなそうだったけど、甘い球を1球で仕留める理想の打撃だった。言うことないね」と頼もしそうだった。

     今季3勝6敗と分が悪かった眼下の直接対決に圧勝し、ゲーム差は4に広がった。「引き続き、これを継続していきたい」という丸の言葉は、最高のリスタートを切ったチームに通じるものだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00010029-fullcount-base

     広島の大瀬良大地が14日のオリックス戦に先発し、6回途中3失点で勝ち投手の権利を持って降板したが、リリーフが打たれて白星を逃した。イニング途中での降板に「そこから球が上ずって粘りきれなかったのが悔しい」と、7回に先頭打者に浴びた一発を悔やんだ。


    「調子自体はあまり良くなかったが、悪いなりの投球はできた。バックの守備にも助けられた」という大瀬良は、「6回まではファールも取れていたし、ストレートで押す、攻める投球はできていた」と、ソロ本塁打の1点のみに抑え、バックの大量援護もあり、5勝目は目前だった。しかし、一挙4点の援護をもらった直後の7回、先頭のロメロに初球をバックスクリーンに運ばれ、そこから2本の長打で3点差に。イニング途中でマウンドを降りた。大瀬良は「先頭打者のロメロの初球の入りがやはり反省点」と一発を悔やんだ。

     今季から先発に戻りなかなか勝ち星に恵まれなかったが、5月24日の東京ヤクルト戦で勝利投手になると、交流戦も2戦2勝で自身3連勝となった。交流戦登板で全勝はならなかったが、「次回の投球に活かせるように頑張ります」と前向きな言葉で締めくくった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000053-dal-base

     「交流戦、広島7-6オリックス」(14日、マツダスタジアム)

     交流戦単独首位に躍り出た広島・緒方監督は、最後まで声をからして応援してくれたカープファンに感謝した。

     「最後に(勝って)整列したときに空席が見えなかった。本当にファンの方のおかげで勝つことができた。今年はファンの方が神ってたね」

     6-6の延長十二回に鈴木がサヨナラ本塁打。試合後、報道陣から「神ってるか?」と聞かれると、「その言葉はもう使わない」と話していた。

     昨年の新語・流行語大賞の「神ってる」が生まれたのが昨年の交流戦。マツダスタジアムでのオリックス戦で、鈴木は2試合連続サヨナラ本塁打を含む3試合連続決勝本塁打をマーク。神がかり的な活躍に指揮官は「神ってるね」と評していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000159-dal-base

     ○広島7-6オリックス●(マツダスタジアム・14日)

     広島が今季3度目のサヨナラ勝ちで交流戦単独首位に。投手陣が踏ん張れず最大5点差を一度は追い付かれたが、延長十二回に鈴木がソロで決着をつけた。オリックスはロメロの2打席連続本塁打などで粘りを見せたが、力尽きた。

     広島・緒方監督 4番が最後に仕事をしてくれた。攻撃はいい形ができていた。中継ぎ陣は疲れが出ているよう。(八回に同点3ランを浴びた)ジャクソンはスライダーの精度が落ちていて気になるが、その後はみんな、いいボールを投げてくれた。

     オリックス・福良監督 よく追い付いたんですけどね。(広島戦は15年から8連敗)明日、何としても取らないと。やられっぱなしでは。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000109-mai-base

     広島薮田和樹投手(24)が12日、マツダスタジアムで調整した。13日オリックス戦に先発する。

     試合会場となる三次(みよし)では4回途中でKOされた15年7月8日DeNA戦以来の登板となる。「1年目に苦い思い出がある。一昨年の自分とは違うところを見せたい」。2年ぶりの登板で、成長した姿を県北のファンに届ける決意を語った。

     広島の先発陣は野村、ジョンソンが復帰し、チーム内競争が増した。開幕ローテーションの九里が中継ぎに配置転換され、薮田も危機感を募らせる。「良くない内容だと、2軍と入れ替えになると思う。でも下ばかり向かずに自分の投球を続けたい」。結果とともに内容も求め、三次のマウンドに上がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-01839146-nksports-base

    このページのトップヘ