広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    今井啓介

     広島・永川勝浩投手(36)がプロ16年目を迎える来季も現役続行することが3日、分かった。今季は1軍登板なしで、今季年俸3700万円から減額制限を超える年俸提示を受けるもよう。すでに左膝のクリーニング手術を終えており、かつての守護神が1軍のマウンドでもうひと花咲かせる。

     もう一度、1軍のマウンドを目指す。永川が減額制限を超えるとみられるダウン提示を受け入れ、来季も現役を続行することを決断した。地元の広島・三次市出身で、チーム低迷期を支えたベテランを球団も功労者として評価しており、復活へ背中を押した形だ。

     プロ15年目の今季は1軍登板なし。だが、野球への情熱は失っていない。昨秋のキャンプで投球フォームを大幅に変更。オーバースローからスリークオーターに変えて、再起を図った。「チームは今が一番いい状態。そこにベテランの僕が入っていかないと」と巻き返しを誓っていた。2軍では24試合に登板し、0勝1敗、防御率4・85。9月14日の中日戦では2/3回を2失点ながら、最速146キロを計測するなど復活の兆しを見せていた。

     実直な性格で、若手からも慕われる。野球に取り組む姿勢は最高の手本だ。ルーキーの高橋昂、長井らの若手が台頭し、26年ぶりにウエスタン・リーグを制覇する中、ベテランとして存在感を発揮した。すでに来季への準備を進めている。9月下旬には左膝をクリーニング手術。プロ16年目へ体の不安はもうない。

     全盛期はダイナミックなフォームから繰り出す150キロ超の直球と、落差の大きいフォークを武器に守護神として君臨した。06年から09年まで4年連続20セーブをマーク。16年に通算500試合登板を達成。積み重ねた165セーブは球団史上最多の数字だ。

     1軍は37年ぶりリーグ連覇を達成し、黄金期を築きつつあるが、投手力には一抹の不安が残る。チーム最多68試合に登板した今村を筆頭に、中崎、中田、一岡、ジャクソンの5人が50試合以上に登板。蓄積疲労が心配される来季は、復活度合い次第で永川にもチャンスが回ってくる可能性がある。

     永川は1軍登板なしに終わった12年のオフにも、年俸8000万円から減額制限を大幅に超える4000万減を経験した。だが、13年は29試合、14年は52試合に登板するなど輝きを取り戻した。16年目を迎える来季も、不死鳥のごとくよみがえる。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/04/0010612347.shtml

     広島は4日、広島市内の球団事務所で戦力外通告を行った。全4選手に及んだ。

     広島一筋12年の今井啓介投手(30)は「プロとしては一区切り付けようかなと。去年1軍に上がれず、フォームなどを変えてやってきた。必要とされなかったら今年でユニホームを脱ごうと思ってやってきた。全然、後悔はない。次のステージにいこうかなと」と語った。



     今季は1軍で4試合に登板し、防御率5・40。通算成績は114戦8勝20敗、防御率3・59だった。

     ほかに小野淳平投手(30)。多田大輔捕手(21)、育成・松浦耕大捕手(24)が通達された。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000095-spnannex-base

     「DeNA11-8広島」(28日、横浜スタジアム)

     広島・今井が、5点ビハインドの七回から登板し、2イニングをピシャリ。2三振を奪うなど、1安打無失点と好投した。

     12年目の右腕は「抑えないと(1軍に)残っていけないので、その気持ちだけでした。コントロールもできていた。相手の反応を見ても打ち損じていたし、三振も取れたのは収穫です」と振り返った。

     昨季は1軍登板なしに終わったが、今季はこれで2試合連続無失点。敗戦の中、キラリと光った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000122-dal-base

     広島は23日、西原圭大投手(28)と、来季の契約を結ばないことを発表した。今季は2度の1軍昇格を果たしたが、2試合の登板でいずれも失点。防御率12・60と結果を残せていなかった。

     西原は今治北高、関西外大、ニチダイを経て2013年度ドラフト4巡目で広島に入団。14年には11試合に登板したが、わずか3年での解雇通告となった。前日22日までフェニックス・リーグ不参加メンバーとともに、2軍施設で練習を続けていた。

     この日、球団事務所に呼ばれた西原は「突然だったので…。ビックリしていますが、僕自身としてはトライアウトを受けて、やれることをやりたい。ただ、家族もいるので、相談して決めたいです」と言葉少なに話した。

     球団としては、3日に発表した久本祐一投手(37)、中東直己外野手(34)に続いて3人目。これで今季の戦力外通告は終了となる見込みだ。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000041-dal-base

     広島が3日、広島市内の球団事務所で久本祐一投手(37)、中東直己外野手(34)の2選手に、来季の契約を結ばないことを通告した。

     久本は2001年度のドラフト4位で、河合楽器から中日に入団。即戦力投手として初年度から1軍登板すると、翌03年には自己最多の53試合に登板。04年には中継ぎの一角として、リーグ優勝に貢献した。12年に中日から戦力外通告を受けると、広島がすぐに獲得を表明。13年は先発、中継ぎとフル回転し、チーム初のCS出場に大きく貢献した。

     だが、翌14年のシーズン中に左肘を痛め、同年11月に左肘のじん帯再建手術。育成契約となったが、16年シーズンから支配下に復帰した。今季は7月28日に1軍登録され、29日のDeNA戦(横浜)で、1回を投げて4安打5失点。翌30日に抹消された。プロ通算15年で248試合に登板。12勝8敗だった。

     また、中東は2006年度の大学生・社会人ドラフト5巡目で広島に入団。堅実な外野守備に加えて代走や、3番手捕手としてもチームの屋台骨を支えたCSに出場した13年には、1週間に3度ヒーローインタビューを受けるなど、攻守に活躍が光った。今季の1軍出場はなく、プロ通算10年で315試合に出場。

     共に今後については未定だが、久本は現役続行を希望している。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000048-dal-base

    このページのトップヘ