広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    今井啓介

    <ニッカンスポーツ・コム/さよならプロ野球:広島編>

     野球界から去る覚悟を決めた。広島から戦力外通告を受けた今井は、トライアウトを受けなかった。球団からのスタッフとしての打診も断った。「すごく感謝しています。ただ、これをやりたいという気持ちが強かった」。東京に拠点を置き、鍼灸(しんきゅう)師を目指すことを決断。まずは専門学校に通い、資格取得を目指すことになる。




     現役に未練はなかった。「昨年1軍に上がれず、今年は後悔したくないという思いがあった。ここで必要とされなかったらユニホームを脱ごうと考えながら過ごした」。今季4試合の登板で防御率5・40。覚悟はできていた。

     05年に高校生ドラフト2巡目指名で広島に入団した。投球フォームが似ていることから「黒田2世」と呼ばれた。4年目の09年にプロ初登板と初勝利を記録するなど、順調にステップアップ。だが、行く手をケガが阻んだ。10年春季キャンプは右肘違和感で離脱。11年もオープン戦期間中に左肋間(ろっかん)筋挫傷で戦列を離れるなど、出遅れを余儀なくされた。12年にプロ初完封勝利を挙げるなど4勝を挙げながら、13年は左膝を痛めて春季キャンプを離脱。さらに右手薬指骨折で復帰が遅れた。実は今季も右肘の違和感を抱えながらプレーしていた。腕を下げスリークオーターにして何とか1軍昇格は勝ち取ったが、結果を残すことはできなかった。

     第2の人生はプロで味わってきた苦しみを癒やす立場を選んだ。「これまで治療を受けていた立場。それを生かすことを考えたときに、興味があった」。生まれ育った街でも、プロを過ごした街でもない新天地で新たな1歩を踏み出す。ケガと向き合ってきたからこそ、できることもあるはずだ。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00082490-nksports-base

     【第2の人生へプレーボール】

     今オフも多くの選手が所属チームを退団した。新天地に働き場所を求める者、引退して指導者として歩み出す者がいれば、ユニホームを脱いで新たな世界に挑戦する者もいる。彼らの第2の人生にエールを込めて、スポットを当てる。第1回は広島の今井啓介投手(30)を追う。



      ◇  ◇

     腹をくくって臨んだ1年だった。戦力外通告を受けた今井は悩んだが、引き際は潔かった。12年間のプロ生活に終止符を打った。野球から離れる決断を下し、鍼灸(しんきゅう)師を目指して新たな人生のスタートを切る。

     「昨年1軍に上がれず、今年は後悔したくないという思いと、ここで必要とされなかったらユニホームを脱ごうと考えながら1年間を過ごした。(引退することに)全然、後悔はない」

     05年度高校生ドラフト2巡目で中越高から広島入団。4年目の09年9月18日・阪神戦(甲子園)、先発5回1/3を3失点でプロ初勝利を挙げた。13年には主に中継ぎで自己最多の33試合に登板し、ブルペンを支えた。12年目の今季は2年ぶりに1軍昇格を果たし、中継ぎで4試合に登板。だが、防御率5・40と結果を残せなかった。

     忘れられないのが12年9月1日・阪神戦(甲子園)だ。「初めてスミ1の完封ができた。普通なら代えられていたが最後まで投げさせてもらい自信になった試合」とプロ初完投初完封を飾った思い出のマウンドを振り返った。

     15年に右肩痛を患うなど、ケガに苦しんだ時期もあった。そんな苦い経験が人生の岐路に立った時の決断に影響を与えた。「これまでは治療を受けてきた立場。それを生かすことを考えた時に、そっちの道にも興味があった。妻も賛同してくれた」。鍼灸師の資格取得を目指し、来春から都内の専門学校に進む。

     新しい分野への挑戦に迷いはない。「鍼灸師をやるなら、今しかない。もう30歳になる。後悔したくないので」。人望厚かった右腕が選んだ第2の人生は、ケガや故障で苦しむ人々を支えていく役。厳しかったプロでの経験を糧に、未知の世界へと飛び込んでいく。

     ◆今井 啓介(いまい・けいすけ)1987年5月24日生まれ、30歳。新潟県出身。183センチ、89キロ。右投げ右打ち。投手。中越から2005年度高校生ドラフト2巡目で広島入団。09年7月18日・ヤクルト戦(マツダ)でプロ初登板。通算成績は114試合8勝20敗1セーブ4ホールド、防御率3・59。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000038-dal-base

     37年ぶりのリーグ連覇を達成し、まさに黄金時代を迎えようとしている広島。クライマックスシリーズ最終ステージでDeNAに敗れて日本一はならなかったが、2017年も球界の主役だったことに疑いの余地はない。


     田中、菊池、丸の同級生トリオが28歳。鈴木誠也はまだ23歳とノビしろは十分。西川や野間らも将来が楽しみな好素材だ。投手陣も28歳の野村を筆頭に薮田、岡田、大瀬良、九里、今村、中崎ら若手が十分な結果を残した。

     若さがカープの象徴となる一方で、今季限りでユニホームを脱ぐベテランもいる。今季限りでチームを去る選手を振り返ってみた。

    ◯江草仁貴投手(引退)
     プロ15年目。通算349試合に登板。22勝17敗、防御率3.15。専大から2002年の自由枠で阪神に入団。05年にはロングリリーフもできる左腕として51試合に登板とフル回転。防御率2.67と安定した成績を残して、阪神のリーグ制覇に貢献した。11年の途中にトレードで西武に移籍。12年の開幕前に嶋重宣とのトレードで地元・広島に移籍。26試合に登板した。13年に左肘の手術を受け、以降は出番が減った。36歳で迎えた今季は自身初の1軍登板ゼロで、引退を決断した。妻は女子バレーボール元日本代表セッターの竹下佳江。

    ◯今井啓介投手(戦力外)
     プロ12年目。通算114試合に登板。8勝20敗1セーブ、防御率3.59。新潟・中越高から05年の高校生ドラフト2位で入団。本格派右腕として「将来のエース候補」と期待されたが、入団から3年間は1軍登板なし。4年目の09年に先発でプロ初登板。6度目の先発で初勝利をあげた。以降、毎年のようにローテーション候補として期待を集めるも、けがに苦しみ12年の4勝が最多。今季は4試合の登板で防御率5.40の成績に終わった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00093844-fullcount-base

     広島・永川勝浩投手(36)がプロ16年目を迎える来季も現役続行することが3日、分かった。今季は1軍登板なしで、今季年俸3700万円から減額制限を超える年俸提示を受けるもよう。すでに左膝のクリーニング手術を終えており、かつての守護神が1軍のマウンドでもうひと花咲かせる。

     もう一度、1軍のマウンドを目指す。永川が減額制限を超えるとみられるダウン提示を受け入れ、来季も現役を続行することを決断した。地元の広島・三次市出身で、チーム低迷期を支えたベテランを球団も功労者として評価しており、復活へ背中を押した形だ。

     プロ15年目の今季は1軍登板なし。だが、野球への情熱は失っていない。昨秋のキャンプで投球フォームを大幅に変更。オーバースローからスリークオーターに変えて、再起を図った。「チームは今が一番いい状態。そこにベテランの僕が入っていかないと」と巻き返しを誓っていた。2軍では24試合に登板し、0勝1敗、防御率4・85。9月14日の中日戦では2/3回を2失点ながら、最速146キロを計測するなど復活の兆しを見せていた。

     実直な性格で、若手からも慕われる。野球に取り組む姿勢は最高の手本だ。ルーキーの高橋昂、長井らの若手が台頭し、26年ぶりにウエスタン・リーグを制覇する中、ベテランとして存在感を発揮した。すでに来季への準備を進めている。9月下旬には左膝をクリーニング手術。プロ16年目へ体の不安はもうない。

     全盛期はダイナミックなフォームから繰り出す150キロ超の直球と、落差の大きいフォークを武器に守護神として君臨した。06年から09年まで4年連続20セーブをマーク。16年に通算500試合登板を達成。積み重ねた165セーブは球団史上最多の数字だ。

     1軍は37年ぶりリーグ連覇を達成し、黄金期を築きつつあるが、投手力には一抹の不安が残る。チーム最多68試合に登板した今村を筆頭に、中崎、中田、一岡、ジャクソンの5人が50試合以上に登板。蓄積疲労が心配される来季は、復活度合い次第で永川にもチャンスが回ってくる可能性がある。

     永川は1軍登板なしに終わった12年のオフにも、年俸8000万円から減額制限を大幅に超える4000万減を経験した。だが、13年は29試合、14年は52試合に登板するなど輝きを取り戻した。16年目を迎える来季も、不死鳥のごとくよみがえる。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/04/0010612347.shtml

     広島は4日、広島市内の球団事務所で戦力外通告を行った。全4選手に及んだ。

     広島一筋12年の今井啓介投手(30)は「プロとしては一区切り付けようかなと。去年1軍に上がれず、フォームなどを変えてやってきた。必要とされなかったら今年でユニホームを脱ごうと思ってやってきた。全然、後悔はない。次のステージにいこうかなと」と語った。



     今季は1軍で4試合に登板し、防御率5・40。通算成績は114戦8勝20敗、防御率3・59だった。

     ほかに小野淳平投手(30)。多田大輔捕手(21)、育成・松浦耕大捕手(24)が通達された。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000095-spnannex-base

     「DeNA11-8広島」(28日、横浜スタジアム)

     広島・今井が、5点ビハインドの七回から登板し、2イニングをピシャリ。2三振を奪うなど、1安打無失点と好投した。

     12年目の右腕は「抑えないと(1軍に)残っていけないので、その気持ちだけでした。コントロールもできていた。相手の反応を見ても打ち損じていたし、三振も取れたのは収穫です」と振り返った。

     昨季は1軍登板なしに終わったが、今季はこれで2試合連続無失点。敗戦の中、キラリと光った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000122-dal-base

    このページのトップヘ