広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    今井啓介

     広島は23日、西原圭大投手(28)と、来季の契約を結ばないことを発表した。今季は2度の1軍昇格を果たしたが、2試合の登板でいずれも失点。防御率12・60と結果を残せていなかった。

     西原は今治北高、関西外大、ニチダイを経て2013年度ドラフト4巡目で広島に入団。14年には11試合に登板したが、わずか3年での解雇通告となった。前日22日までフェニックス・リーグ不参加メンバーとともに、2軍施設で練習を続けていた。

     この日、球団事務所に呼ばれた西原は「突然だったので…。ビックリしていますが、僕自身としてはトライアウトを受けて、やれることをやりたい。ただ、家族もいるので、相談して決めたいです」と言葉少なに話した。

     球団としては、3日に発表した久本祐一投手(37)、中東直己外野手(34)に続いて3人目。これで今季の戦力外通告は終了となる見込みだ。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000041-dal-base

     広島が3日、広島市内の球団事務所で久本祐一投手(37)、中東直己外野手(34)の2選手に、来季の契約を結ばないことを通告した。

     久本は2001年度のドラフト4位で、河合楽器から中日に入団。即戦力投手として初年度から1軍登板すると、翌03年には自己最多の53試合に登板。04年には中継ぎの一角として、リーグ優勝に貢献した。12年に中日から戦力外通告を受けると、広島がすぐに獲得を表明。13年は先発、中継ぎとフル回転し、チーム初のCS出場に大きく貢献した。

     だが、翌14年のシーズン中に左肘を痛め、同年11月に左肘のじん帯再建手術。育成契約となったが、16年シーズンから支配下に復帰した。今季は7月28日に1軍登録され、29日のDeNA戦(横浜)で、1回を投げて4安打5失点。翌30日に抹消された。プロ通算15年で248試合に登板。12勝8敗だった。

     また、中東は2006年度の大学生・社会人ドラフト5巡目で広島に入団。堅実な外野守備に加えて代走や、3番手捕手としてもチームの屋台骨を支えたCSに出場した13年には、1週間に3度ヒーローインタビューを受けるなど、攻守に活躍が光った。今季の1軍出場はなく、プロ通算10年で315試合に出場。

     共に今後については未定だが、久本は現役続行を希望している。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000048-dal-base

    このページのトップヘ