広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    今村猛

     今季は70勝70敗3分と、惜しくも4位で終えた広島。しかし2010年代には球団初の3連覇を達成するなどAクラスに5度入り、Aクラス入りのなかった2000年代と対照的な、勢いのある10年間を過ごした。そんなこの2010年代を支えたベストナインを選出したい。


    【投手】
    先発 前田健太
     2007年に広島へ入団。2010年、2015年の2度、15勝を挙げて最多勝と沢村賞を手にした。さらに2012年の防御率1.53など3度の最優秀防御率、2011年まで2年連続で最多奪三振も獲得。その圧倒的な成績で、メジャー移籍前の2015年までエースとして活躍し続けた。

    中継ぎ 今村猛
     2010年に入団し、プロ入り2年目から中継ぎとして頭角を現した。3年目の2012年には69試合を投げて防御率1.89、25ホールド4セーブと好成績を残す。2016年には25年ぶりのリーグ優勝に貢献しただけでなく、日本シリーズでは最多タイとなる6試合に登板した。

    抑え 中崎翔太
     プロ入り4年目の2015年には開幕1軍入りを果たし、69試合を投げて29セーブ11ホールド、防御率2.34と大活躍。2016年からの3連覇も60試合前後を投げて貢献。中でも2016年にはリーグ2位の34セーブを挙げている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00649320-fullcount-base

     広島の大瀬良大地投手(28)とタレントの浅田真由さん(29)の結婚披露宴が、来年1月3日に地元局・テレビ新広島(TSS)の「スポラバ特番 独占密着!カープ大瀬良結婚式&石原・小窪・会沢 男の大新年会」(13・00~14・30)で放送されることが20日、分かった。同局が、一選手の結婚披露宴を特集番組で放送するのは初めてという。


     2人の結婚披露宴は、12月15日に広島市内のホテルで行われた。広島の松田元オーナーをはじめ佐々岡真司監督、OB黒田博樹氏、新井貴浩氏や球団関係者、選手、両家関係者ら176人が参列し、豪華なものだった。

     番組では、大瀬良と真由さんの披露宴直前の緊張の面持ちや、大勢のカープ関係者に祝福される模様など、裏側も含めて独占密着した映像を放送する。また、会場で披露されたドッキリVTRは、今村、アドゥワが出演する渾身(こんしん)の作品。それによって明かされた大瀬良の本性など、感動の結婚式を、視聴者も参加した気分で楽しめる内容となっている。

     同局関係者によると「昔は、カープ選手も結婚式を報道公開することが多く、スポーツ番組の中でニュースとして扱うということはよくありましたが、野球選手の結婚式の特番や中継番組を制作したことはありません。今回が初です」と話すように、異例の特集番組となっている。

     特集番組を組んだのは、新郎の大瀬良がカープのエースであることに加え、新婦の真由さんが大学在籍中に“女子大生アシスタント”としてTSSの番組でテレビ出演デビューしたことも大きな要因となっている。デビュー後に「ひろしま満点ママ!!」や「全力応援スポーツLOVERS」などに長年にわたって出演。深い縁のある同局にしかできないディープな取材を敢行し、2人のプライベートショットや知られざるエピソードにも迫っている。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000101-dal-base

     広島・今村猛投手(28)と女子プロゴルファーの佐伯三貴(35)が真剣交際していることが12日、分かった。この日、佐伯のマネジメント事務所が「交際していることは事実です。それ以外のことは何も決まっていません」と明かした。

     2人は共通の知人を介して知り合い、広島出身の佐伯がカープファンということもあり距離が縮まり、1年前から交際を開始したという。佐伯は来季のシード権獲得を逃し、ツアーからの一時撤退を表明している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000077-spnannex-base

     広島の鈴木誠也外野手が10日、自身のインスタグラムを更新し、12月3日にスポーツキャスターの畠山愛理さんとハワイで挙式したことを報告。2人でカープのユニホームを着用した2ショットも公開すると同僚の今村猛投手からも「おめでとう!」と祝福メッセージが届いた。

     カープの、そして日本の4番が幸せいっぱいの2ショットを公開した。自身のインスタで「12月3日無事ハワイで挙式を挙げることができました! 僕自身家族が増えより一層頑張らないといけない! という気持ちになりました!」と報告。

     公開された2ショット写真はカープ色に染まっていた。愛理さんはティアラを付け花束を片手にカープのユニホームを着用すると、鈴木も背番号「1」のユニホームを身にまとい2人は満面の笑みを見せている。

     幸せいっぱいの“鈴木夫妻”の1枚には、すでに7万件を超える「いいね!」が付きファンも祝福。さらに同僚の今村からも「おめでとう!」と祝福のメッセージが送られていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00631143-fullcount-base

    もう1度はい上がる。広島今村猛投手(28)が5日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉に臨み、700万円減の年俸8000万円で更改した。今季は勤続疲労の影響で27試合登板にとどまった。2年連続の減俸ながら下げ幅は抑えられ、昨季までの貢献度が考慮された。いつもは冷静な右腕は球団に感謝し、再復活を決意。500試合登板を通過点に偉大な先輩・大野豊越えを誓った。(金額は推定)


      ◇    ◇    ◇

    2年続けて登板数を減らした結果が、2年連続減額での契約更改となった。それでも今村は普段通り淡々と言葉を紡いだ。ただ、自身を奮い立たせるような、自分に期待するような言葉、そして表情に熱が帯びた。

    「またチャレンジ。いろんなことにチャレンジしないといけない。自分の体を見つめ直して、いいところも悪いところも受け入れてまた成長したい。やるからにはチームの勝敗を左右するようなポジションで。いいポジションで投げたい」

    今季は勤続疲労の影響もあり、開幕を2軍で迎え、1軍昇格は7月3日と大きく出遅れた。27試合登板にとどまり、3勝1敗1セーブ4ホールド、防御率3・55に終わったが「毎年70試合、72試合を目標にしている。また来年から目標にしたい」と切り替えた。

    プロ10年で425試合に投げてきた。「来年、再来年に500試合にいける。そこを目標にしている」。球団との交渉の席で別のターゲットも見えた。「大野豊さんがたくさん投げていると。いけるんじゃないかと言われた。また1つ目標ができた」。鈴木球団本部長から広島一筋、707試合登板の大野越えを期待された。入団時に育ててもらった投手コーチであり、尊敬する先輩の背中は新たなモチベーションとなった。

    11年から3年連続50試合以上登板も、14、15年は2年で38試合登板と苦しんだ。はい上がった経験があるからこそ、前を向ける。来季に持ち越した国内フリーエージェント(FA)権取得も目標の1つ。「来年FAを取って、順調にいければ再来年500試合。節目が続くので、楽しみだなと」。11年目へマウンドへの意欲は薄れるどころか、高まる一方だ。外国人投手や今季台頭した投手との争いも待っているが「楽しみではあります。それはそれで」と不敵に笑う。逆境にも動じない強さこそ、はい上がる力となる。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-12050749-nksports-base

     広島の大瀬良大地投手、今村猛投手、野間峻祥外野手、高橋大樹外野手が27日、広島市内にある大河小学校を訪れ、小学6年生の子どもたちとドッジボールやベースランニング対決などで交流した。

     快足を披露した野間は「年に一度の行事ですし、毎年、子どもたちに元気をもらっています。なかなかこういう機会もないですし、いい思い出になれば良いと思っていました」と充実した表情だった。

     カープは広島市教育委員会が実施する「2019年度Doスポーツ指導者招へい事業」に協力。2001年の第1回から選手を派遣しており、今年で19回目となる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000082-dal-base

    ◆広島紅白戦 白組2―7紅組(3日、宮崎・日南市天福球場)

     佐々岡真司監督(52)の“初采配”で「いとしのレイラ」が躍動した。宮崎・日南秋季キャンプ2日目に監督就任後の初実戦となる紅白戦を行い、2017年育成ドラフト2位の藤井黎来(れいら)投手(20)=182センチ、92キロ=が好投した。紅組の3番手として2回2安打1失点(自責0)ながら、力強い直球と落差の大きいフォークで西川ら1軍メンバーを翻弄。投球内容を指揮官に高評価された。

     6回2死一、二塁。カウント1―1から藤井黎が投げたフォークが外角低めにストーンと落ちた。空振りした西川が「ウソだろ?」という表情でミットに収まった球を振り返る。セ・リーグ6位の打率2割9分7厘をマークしたバットマンに臆することなく、次は内角直球で勝負。芯で捉えられたが力で勝って右飛に仕留めた。背番号121の育成右腕は「フォークはちょっと通じてるのかなと思ったりします」と遠慮気味に胸を張った。

     「タケルさん(今村)や一岡さんのような中継ぎのフォークピッチャーにあこがれています」という20歳。プロでの最速は147キロで、この日も安定して142~4キロを投げられた直球の精度も非凡だ。1点ビハインドの5回から登板して、6回に4点の援護点をもらったことで、佐々岡政権初の“勝利投手”も転がり込んだ。そんな指揮官も「真っすぐとフォークがいいという報告が(コーチ陣から)入っている中で、力をつけているなという感じはしました」。ルーキーイヤーの昨季は2軍投手コーチとして指導し、今キャンプで1軍に抜てきした“いとしのレイラ”にゾッコンだ。

     黎来(れいら=NPBでの登録名は旧字体の「黎來」)という珍しい名前。両親に「黎明(れいめい)の『黎』は、時代の始まり(にふさわしい人)。『來』には人という文字が3つ入っているので、人がいっぱい集まるように」という意味で名づけられたという。ロックバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」時代のエリック・クラプトンの代表曲「いとしのレイラ」は「聞いたことないです。今度、YouTubeで聞いてみます」。約半世紀前の名曲は知らないが、レイラが令和のカープを背負って立つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000170-sph-base

    <巨人5-6広島>◇14日◇東京ドーム

    序盤3回まで両チーム無得点。巨人沢村は3回無安打6奪三振で降板し、広島ジョンソンは3回まで無安打無失点と好投した。



    広島は4回に鈴木の27号ソロで先制。巨人は4回、丸が27号2ラン。5回は敵失で1点追加。広島は6回に2本の適時打で逆転。

    巨人は1点を追う9回、丸が左前へ同点適時打。1死満塁としたがゲレーロ、大城が凡退し、延長戦に突入した。

    広島は延長10回、巨人大城の捕逸で勝ち越し。今村が締めて逃げ切った。巨人は小刻みな投手継投を展開したが及ばなかった。

    広島フランスアが8勝目、今村が今季初セーブ、巨人鍵谷が今季初黒星。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-09140081-nksports-base

     14日に放送されたRCCラジオの制作でニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏が、広島の投手陣について言及した。

     広島は6回まで1-1だったが、7回以降の3イニングで6失点。終わってみれば、1-7で敗れた。横山氏は「タイガース戦もそうでしたが、勝っていても負けていても、7回以降に失点することが多いんですよね」と指摘する。

     「勝っていてもしんどくなりますし、負けていても追い上げムードに水を差す雰囲気になりますから、キツイのはわかるんですけど、7回以降、なんとか頑張ってほしいですね」とリリーフ陣に奮起を促した。

     それでも、横山氏は「中崎、今村が一軍に戻ってきましたが、今シーズンは楽天からきた菊池であったり、今日(14日)投げた遠藤も頑張ってきたなかで信頼をつかんできた。いい競争をしながら、リリーフ陣のレベルアップができれば厚みが増してくると思う。いい形でブルペン陣での競争を期待したいですね」と期待を寄せていた。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00199502-baseballk-base

    このページのトップヘ