広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    今村猛

     ◇セ・リーグ 広島1―0巨人(2017年4月27日 マツダ)

     広島は堅い守りで虎の子の1点を守りきり、巨人との首位攻防3連戦に2勝1敗と勝ち越した。

     今季4度目の先発となった大瀬良が、宮国との投手戦で本領を発揮した。走者を背負っても落ち着いて後続を断ち、得点を許さない。最大のピンチは1―0の7回。四球と味方の失策で1死二、三塁としたが、代打・亀井の浅い左飛で本塁を狙った三塁走者・重信を、左翼・松山が好返球で刺し、無失点にしのいだ。

     二塁・菊池も再三の好守で大瀬良を盛り立て、7回を4安打無失点で昨年8月27日の中日戦以来となる今季初勝利を手にした。

     打っては5回に8番・会沢の左犠飛が決勝打に。連夜の勝利打点を挙げる活躍で、バットでもコンビを組んだ右腕を盛り立てた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000141-spnannex-base

    ● 広島 3 - 5 DeNA ○
    <3回戦 マツダスタジアム>

     広島がDeNAに敗れ、2カード連続で負け越しとなった。

     広島は3点を追う7回に安部友裕、小窪哲也のタイムリーなどで同点に追いついた。試合は広島ムードとなったが、延長10回に3番手・今村猛が梶谷隆幸に勝ち越しタイムリーを浴びると、4番手の飯田哲矢が筒香嘉智に犠飛を浴び2点を失った。その裏、広島は9番から上位に繋がる打順も3人で打ち取られ敗れた。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏は「カープに関しては4月の序盤走りすぎたというところがあります」とし、「ちょっと疲れが見え隠れしているかなと思います」と分析した。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00113422-baseballk-base

    <広島3-5DeNA>◇20日◇マツダスタジアム

     終盤7回に3点差を追い付いた広島だったが、延長10回に今季初のイニングまたぎとなった今村が連続四球が絡むピンチから決勝点を与えた。


     今季初の連敗で2カード連続負け越しとなった。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -終盤追い付きながら、延長の末敗戦。

     緒方監督 接戦を落としたのは痛いね。

     -10回は今村が続投。

     緒方監督 1イニング目の入りはよかったんだけどね。2イニング目に入って、四球がもったいなかった。相手が(バントで)送れない中で1、2番を歩かせたのが失点につながった。

     -先発大瀬良は7回3失点。

     緒方監督 (大瀬良)大地は前回(13日)の巨人戦からしっかり修正して、しっかり投げてくれた。ただ、3点差になるとひっくり返すには4点が必要。追い越すことがきつくなる。(7回に適時打となった)投手に打たれたところは反省。1つずつのアウトを積み重ねてきたものが、もったいなくなる。次回に向けて反省して、いい投球をしてもらいたい。

     -明日から東京遠征。

     緒方監督 遠征が続く6連戦で選手はしんどいと思う。カードも変わる。まずは頭を取って連敗を止められるように頑張りたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01810874-nksports-base

    ● 巨人 5 - 9 広島 ○
    <2回戦 東京ドーム>

     広島の床田寛樹が、7回を5失点ながらもプロ初勝利を挙げた。

     床田は初回、阿部慎之助に先制2ランを浴びたが、2回から4回までは三者凡退に抑える。打線も2回に2点、3回に4点を奪い勝ち越しに成功。床田は5点リードの5回に代打・村田修一に3ランを浴びたが、6回と7回はテンポの良いピッチングで無失点に抑え、7回を97球5安打5失点という投球内容だった。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた石井一久氏は「インコースの真っ直ぐ、スライダー、外へのフォークボールが素晴らしい。力強いボールを投げていたので5点取られたようなピッチングに見えなかった」と絶賛していた。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00112196-baseballk-base

     (セ・リーグ、巨人6-9広島、1回戦、11日、東京D)広島が14安打9得点の猛攻で首位攻防戦を制し、連勝を8に伸ばした(1分け挟む)。2番・菊池は七回に1号2ランを放つなど6打数5安打3打点と大当たり。プロ初の4番に座った鈴木が3安打2打点の活躍で、勝利に導いた。

     リーグ2位の巨人の先発は菅野。首位・広島の先発は野村で投げ合いが予想されたが、乱打戦となった。先制したのは巨人。三回二死三塁から、2番・立岡の三ゴロを広島・安部が一塁に悪送球。三走が生還した。巨人は五回には1番・中井が野村から左越え2号2ランを放った。

     広島は六回に打者一巡の猛攻で6点を奪い、逆転した。まず一死一、三塁から、安部の一ゴロを巨人・阿部が野選で三走・鈴木が生還。さらに代打・小窪が右越え2点三塁打を放ち、同点に追いついた。菅野は続く田中を四球で歩かせた後、巨人は2番手のD3位・谷岡に継投。すると広島・菊池が中前適時打を放ち、1点を勝ち越した。猛攻は続く。プロ初の4番に座った鈴木が右中間に2点二塁打を放ち、6点目を挙げた。

     巨人はその裏、反撃。無死一、二塁からマギーが左越え適時二塁打で1点を返す。さらに亀井が右前適時打、重信が左前に同点適時打を放ったが、救援陣が鯉打線につかまった。

     広島は七回に3点を勝ち越した。一死二塁から小窪が、巨人4番手・森福から左翼への適時打を放ち、1点を勝ち越し。さらに菊池がこの日5安打目となる1号2ランを左翼スタンドに運び、突き放した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000561-sanspo-base

     広島中崎翔太投手(24)が10日、右側腹部の違和感で選手登録を抹消された。

     この日、先発投手が参加した練習に加わり、畝投手コーチを相手に60メートルの遠投を行った。練習後には「体に多少不安はあるが大丈夫と思う」と話していたが、その後、球団から登録抹消の発表があった。


     中崎は開幕から抑えを務め、ここまで3連投を含む5試合に登板し、1勝1セーブ。防御率3・18。開幕投手ジョンソンに続き、守護神まで離脱する事態に陥った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-01805593-nksports-base

     広島が15日、静岡で行われた楽天とのオープン戦に1-4で逆転負けした。

     先発の野村祐輔は5回を4安打無失点。3回に3連打で無死満塁のピンチを背負ったが、2番・藤田をスライダーで一ゴロ。3番・今江も外のスライダーを引っかけさせて投ゴロ併殺に仕留め、無失点で切り抜けた。

     15個のアウトのうち、9つを内野ゴロで奪った。一方で三振は0と、打たせて取る持ち味を存分に発揮。4回2失点だった前回登板よりも内容は良く、昨季の最多勝右腕が順調に仕上がってきた。

     6回はブレイシア、7回はジャクソンがそれぞれ3者凡退でつないだが、誤算は8回の今村。2つの四球で1死一、二塁のピンチを招くと、藤田に同点タイムリー。今江への四球で満塁とされ中川に右翼へ走者一掃の3点二塁打を打たれた。

     打線も9安打を放ちながら1得点に終わった。

     心配なのはエルドレッド。「6番・指名打者」で先発出場したが、2回の1死三塁で迎えた第1打席は二ゴロ。4回の第2打席は四球。7回の第3打席も三ゴロに終わった。オープン戦は目下、17打席連続無安打、18打数1安打で打率はわずか.056。甘い球を打ち損じるケースが目立っている。

     外国人枠を争う新助っ人のペーニャが打率.368と結果を残しているだけに、エルドレッドはここから巻き返したいところだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010019-fullcount-base

     広島一岡竜司投手(26)が7日、広島市内の病院にて検査を受け、「右内転筋筋挫傷」と診断された。

     加療2週間程度を見込み、明日8日からは3軍にて、治療とリハビリを行うことになった。一岡は3月5日阪神戦(甲子園)登板後に右内転筋の痛みを訴え、前日6日も全体練習から外れた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-01788897-nksports-base

    このページのトップヘ