広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    今村猛

     広島が15日、静岡で行われた楽天とのオープン戦に1-4で逆転負けした。

     先発の野村祐輔は5回を4安打無失点。3回に3連打で無死満塁のピンチを背負ったが、2番・藤田をスライダーで一ゴロ。3番・今江も外のスライダーを引っかけさせて投ゴロ併殺に仕留め、無失点で切り抜けた。

     15個のアウトのうち、9つを内野ゴロで奪った。一方で三振は0と、打たせて取る持ち味を存分に発揮。4回2失点だった前回登板よりも内容は良く、昨季の最多勝右腕が順調に仕上がってきた。

     6回はブレイシア、7回はジャクソンがそれぞれ3者凡退でつないだが、誤算は8回の今村。2つの四球で1死一、二塁のピンチを招くと、藤田に同点タイムリー。今江への四球で満塁とされ中川に右翼へ走者一掃の3点二塁打を打たれた。

     打線も9安打を放ちながら1得点に終わった。

     心配なのはエルドレッド。「6番・指名打者」で先発出場したが、2回の1死三塁で迎えた第1打席は二ゴロ。4回の第2打席は四球。7回の第3打席も三ゴロに終わった。オープン戦は目下、17打席連続無安打、18打数1安打で打率はわずか.056。甘い球を打ち損じるケースが目立っている。

     外国人枠を争う新助っ人のペーニャが打率.368と結果を残しているだけに、エルドレッドはここから巻き返したいところだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010019-fullcount-base

     広島一岡竜司投手(26)が7日、広島市内の病院にて検査を受け、「右内転筋筋挫傷」と診断された。

     加療2週間程度を見込み、明日8日からは3軍にて、治療とリハビリを行うことになった。一岡は3月5日阪神戦(甲子園)登板後に右内転筋の痛みを訴え、前日6日も全体練習から外れた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-01788897-nksports-base

     広島・野村祐輔投手(27)が13日、師匠が出られなかったWBCへの出場を願望した。都内の母校・明大で自主トレし「代表へのあこがれはあります。選ばれたい気持ちが強い」と、日の丸への熱い思いをはっきり口に出した。

     昨季は最多勝、最高勝率の2冠をつかみ、11月の強化試合で日本代表入り。その期間中に同い年の巨人・菅野と会食し、刺激を受けた。「色々な話をして参考になる部分は大きかった。負けたくない気持ちは強くなりました」。菅野は昨年12月の先行発表で選出されているが、野村も追加招集されることを待望した。

     現役引退した黒田博樹氏から今オフに「来年が大事だぞ」と念を押された。「黒田さんは毎年毎年、成績を残していた。自分はまだ1年だけ。少しでも近づきたい」。大先輩も、アテネ五輪など国際大会の経験がその後の野球人生に生きた、と語っていた。だが、第1回WBCは大会直前の負傷で離脱。“弟子”の野村にとって、WBC出場は、成長の場となると同時に、黒田氏の11年前の無念を晴らすことにもなる。

     自主トレの調整ペースは例年より早い。「どういう状況になってもいけるように、ですね」と代表入りに備えている。(角野 敬介)

     ◆黒田と国際大会 2004年のアテネ五輪に出場。中継ぎとして2勝を挙げ、日本の銅メダル獲得に貢献。06年のWBCに選出されるも、壮行試合で右手を負傷し出場辞退。ドジャース移籍後の09年第2回は1次候補入りしていたが、調整への影響を考慮して辞退。13年の第3回も山本浩二監督から出場を要請されていたが「万全を期すのが難しい」と辞退した。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000249-sph-base

     広島の今村が長崎県内で開かれた「プロ野球長崎県人会野球教室」に大瀬良とともに参加。ドラフト1位で入団した加藤(慶大)と21日夜に共通の知人を交えて食事をしたことを明かした。

     「先発としてやった方が寿命は長いという話はした。僕は最初先発をさせてもらって、駄目で中継ぎとなって今の状況がある」。今季チーム最多タイの67試合に登板した右腕は、新たにリリーフ陣のキャプテンとなる。「話した感じだと自分を持っているので、うまくやれるなと思った」と新戦力に期待した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000023-spnannex-base

     広島今村猛投手(25)が24日、広島マツダスタジアムを訪れた。毎年恒例の「長崎県人会」に備えて地元長崎に帰省する前に立ち寄り「長崎ではゆっくりしたいですね。シーズンは長いので」と笑顔だった。

     今季は開幕から1度も戦列を離れることなく、チームトップタイの67試合に登板。勝利の方程式の一角を担い、3勝4敗2セーブ、防御率2・44の成績を残した。連投、イニングまたぎを問わず淡々と腕を振り、広島の中継ぎ陣を支えていた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-01756210-nksports-base

     広島・今村猛投手(25)が22日、東京・銀座の広島ブランドショップTAUで開催されたトークショーに参加。来季の「勝利の方程式」定着に意欲を示した。

     「来年の目標は日本一。やるからには勝ちパターンに定着というのはあります」

     今季中盤まではビハインドの場面で投げることも多かった。33年ぶり悲願に向けて、よりチームの勝利に貢献したいという意気込みの表れだ。

     そのポジションを全うするにあたって、おのずと見えてくるものがある。現在92ホールドポイント(HP)で、横山竜士が持つ球団記録133まで、あと41。今季は25HPで1年間フル回転すれば更新も十分に可能だ。

     大瀬良が来季は先発でスタートするなど、期待値は決して低くない。この日は関東圏でのイベントで、「関東のファンと触れ合うことはなかなか機会がないことなので、ありがたかったです」と笑顔だった。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000039-spnannex-base

    このページのトップヘ