広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐々岡真司

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が20日、マツダスタジアムで行われた指名練習に参加。23日・阪神戦(マツダ)から再開するリーグ戦では、与えられた場面を全力で封じる決意を示した。背水の覚悟でリーグ連覇、日本一に向けた力となる。

     小雨の降る中、加藤が外野フェンス沿いを走り込んだ。23日から再開されるリーグ戦での巻き返しを目指す意気込みが、力強いストライドににじみ出る。指名練習では、キャッチボールやランニング、ダッシュなどに精力的に取り組んだ。

     5月5日以来の1軍戦登板となった18日・ソフトバンク戦(マツダ)。中継ぎとして1回を三者凡退に抑え、成長した姿を見せた。「(1軍は)いいもの。継続するしか道がない。抑えて結果を出すしかない。チャンスが多くあるわけではないので、一回一回を大事にしたい」。冷静に自らの立場を考え、気を引き締めた。

     制球難を起因とした成績不振で5月6日に出場選手登録を抹消された。降格後の2軍では7試合で2勝1敗1セーブ、防御率3・54ながら、中継ぎに専念してからは課題の制球力に大幅な改善が見られ、16日に再昇格を果たした。

     投球フォームの修正や苦手とする立ち上がりの克服に取り組んだ1カ月。これまでの投球を見直し、バランスや下半身の使い方などを改善。「ばらつきがあったが、フォームも固まってきたので安定してきた。前よりは良くなっていると思う。(中継ぎで)1回に集中して投げることができたのも、良かったと思う」と手応えは十分だ。

     現在の投手陣は万全とは言い切れない。先発では中村祐が2軍に降格し、勝利の方程式の一角を任されていたジャクソンも4試合連続失点中と不調。先発、中継ぎと両方の経験がある右腕だが「こだわりは特にないので、どこでもいい。実績もないですし、僕が決めることではないので。言われたところで投げるだけです」と与えられた場面を全力で封じ、戦力となる決意を示した。

     「まだ(中継ぎで)1試合しか投げていない。今後の状態を見て、適性を見る」と畝投手コーチ。チームは貯金16の首位で、2位・阪神に3ゲーム差をつけている。期待のドラフト1位右腕が背水の覚悟でリーグ戦再開に挑み、リーグ連覇、日本一に貢献していく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000012-dal-base

     広島にシンデレラボーイが現れた。3日・中日戦(マツダ)でプロ初登板初先発したプロ4年目の中村祐太投手は、打線の援護もあり5回3失点でプロ初勝利を挙げた。昨年25年ぶりにセ・リーグ制覇した広島は、10勝を挙げた黒田博樹投手が現役を引退。戦力ダウンは否めないが、次から次へと若手が出てきてセ・リーグ首位にいる。


     ペナントレースで好位置をキープするが、チーム状況は決して明るいわけではない。特に投手陣はエースのジョンソンが咽頭炎の影響で長期離脱。守護神・中崎もいない。加えて開幕から先発ローテーションに入っていたドラフト3位・床田(中部学院大)も左ひじ痛で出場選手登録を抹消されている。野手も2日に松山が故障離脱した。

     そんな有事にもすぐに新外国人ペーニャが1軍に昇格し、結果を残している。故障者が出ても1軍に次々と戦力を供給する2軍は、人員不足に悩まされる。2軍のローテーション投手が足りないほどだが、水本勝己2軍監督は「1軍が勝てばいい」と愚痴の一つもこぼさない。

     昨年から2軍の指揮を執る。名前になじみがない。それもそのはず。プロでの現役生活はわずか2年。1軍実績ゼロである。昨年、2軍監督に阪神は掛布、中日は小笠原、オリックスは田口と一流選手ばかりが就任した。昨年の開幕前に「トラウマはあるよ」とポツリともらしたこともあった。

     しかし、現役引退後にブルペン捕手を長く務め、ブルペンコーチ補佐、3軍統括コーチ、2軍バッテリーコーチなどを歴任した苦労人は熱いハートで2軍を引っ張る。あるチーム関係者が水本2軍監督のことを「だれにでもモノが言える人」と評した。曲がったことの嫌いな人間で、だれにでも平等に接する。

     若手にもベテランにも平等に接し、多角的な目でチームを見る。1軍予備軍の調整、将来への若手選手の育成、そして試合での勝利。3つのバランスを保ちながら指導する。

     現在、2軍には来年以降の助っ人となる可能性があるバティスタ、メヒアのドミニカからの育成選手がいる。「向こう(ドミニカ)ではなかなか試合ができる環境がなく、野球を知らなかった。去年から野球を教えている」。試合では2枠さいて、実戦を積ませながら来季以降の戦力になるように育てている。

     2軍で勝敗にこだわらないわけではない。それでも同級生の緒方監督が求める戦力補充に努める。水本2軍監督は「1軍が強かったらなんでもいいんよ。1軍が強くなるために、何を補うかを考えながらやっている。パズルをするように」と話す。1軍へ選手を送り、将来を見据えて若手を育成。常勝球団を目指すチームにおいて水本2軍監督の役割は重要だ。

     今、1軍の選手はベテランと呼べるのは新井と石原くらい。投打とも20代の選手がほとんど主力で2軍選手にとっては厚い壁もある。「だからこそチームは強くなる。厚い壁を打ち破って入っていけるのかどうか、そこの差でしょ」と熱く語る。次なる中村祐になる選手を1人でも多く1軍に送り込むために、水本2軍監督は熱い気持ちで指導している。(デイリースポーツ・岩本 隆)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000056-dal-base

     【3月12日】

     鳴尾浜球場のビジターベンチを訪ねると、佐々岡真司と懐かしい話になった。自軍のエラーを喜ぶなんてあり得ない。でも、あの夜だけは…。1999年5月8日だから18年前。僕が取材者として唯一現場で目撃したノーヒットノーラン。古い話になるが、その主役に当時を振り返ってもらった。


     「九回は足がガクガク震えたな…。野手もガチガチだったよ。のむさんは『エラーして良かったと思ったのはあのときだけ』と言うとった。最後は皆マウンドで喜んでくれてね。あ、一人だけ俺にチョップしてきたやつがいたな…」

     3年前からカープ2軍投手コーチを務める佐々岡は球史に名を刻んだ中日戦を懐かしむ。「のむさん」とは野村謙二郎のこと。快挙まであと2人となった九回1死。中前へ抜けそうな当たりを遊撃手野村がはじいたが、記録は「E」。広島市民球場を包んだ大歓声を今もはっきりと覚えている。

     カープは佐々岡以来、2012年に前田健太が達成するまで12年間ノーヒッターは生まれなかった。阪神は04年の井川慶以来だからやはり12年間遠ざかる。念のため調べてみると完全試合を含むノーノーはやはりというかさすがというか、巨人が15度で最多だった。

     10日から阪神の2軍は広島と3連戦を戦った。甲子園の1軍と並行して鳴尾浜で取材しておきたかったのはローテ候補の現在地。前日は岩貞祐太、この日は横山雄哉。教育リーグで先発した彼らの印象を佐々岡に聞くと、「2人が上で働かないと阪神は苦しいだろうし、逆にフル回転すれば他球団はすごく嫌だな」。佐々岡はとくに岩貞はカープにとって鍵になる存在だという認識がある。なぜか。

     背番号17が昨季挙げた10勝の内訳はDeNAに4勝、巨人に3勝、ヤクルトに2勝、中日に1勝。広島にだけ白星を挙げられず6戦4敗、防御率4・59。被打率・163、防御率0・58と対戦別で最も得意にした巨人とは対照的である。だから、一転雪辱されれば怖いというわけだ。18年前、佐々岡のノーノーを広島のブルペンで味わった現阪神2軍投手コーチの高橋建に聞いてみた。元同僚の黒田博樹が完投を美学にしていたことに触れ、岩貞に期待を寄せる。

     「僕のエース理論は完投できる投手。どこが相手でも勝てる投手。長いイニングを投げられる投手。彼(黒田)は自分なりの美学を貫きましたよね。僕から見ると単純に格好いい。岩貞は完投を目指せる体力の持ち主だし、そういう投手であってほしいと思う」

     この日、巨人戦に先発した能見篤史もイニング数にこだわってきた男。岩貞には「イニングを伸ばしていかないと」と要求は高い。佐々岡は言う。「先発すればまず完全試合を目指し、次にノーヒット。そして完封、完投…。若い投手には足が震えるような経験をしてほしい。野手もガチガチになるような」。ちなみにあの夜、広島の左翼で足を震わせていたのは…マウンドで佐々岡に馬場チョップをかまして喜んだ、あの人です。=敬称略=(デイリースポーツ・吉田 風)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000034-dal-base

    【大下剛史 キャンプ点検=広島編=】 広島がキャンプを行っている宮崎・日南市の天福球場で、首脳陣やスタッフへのあいさつついでに「注目の選手」について尋ねると、まるで示し合わせたかのように同じ答えが返ってきた。「今年入った左ピッチャーはいいですよ」。話題の主は「高校ビッグ4」と評され、花咲徳栄高からドラフト2位で入団した高橋昂也投手(18)だ。

     いくら甲子園で話題になった選手でも、松坂大輔や田中将大のような超高校級でもない限り、キャンプが始まれば、かすんでしまうもの。そこまで言うのなら実際に高橋昂を見てみようと、天福球場から5キロほど離れた二軍キャンプ地である東光寺野球場まで足を運んでみた。

     水本二軍監督や佐々岡二軍投手コーチ、苑田スカウト統括部長ら、さまざまなセクションのスタッフに評判を聞き回ったが、高橋昂に関してマイナスの評価を口にするものは誰一人としていない。佐々岡コーチは「変化球の精度などの課題はありますが、ストレートは一級品です。低めの球がスーッと伸びてきます」とうれしそうに話し、大きく育てたいとの思いがある水本二軍監督は「いい評判が一軍まで届いてほしくないぐらいです」と本音をのぞかせた。

     将来性のある選手の育成は意外と難しい。無理をさせてケガでもされたら大変だし、かといって大事にしすぎても成長の妨げになる。そのあたりは佐々岡コーチの腕の見せどころになるだろうが、何よりも大きいのはプロで実績のない高卒ルーキーが早くもチーム内で話題の的になっていることだ。

     選手というのは、こういうことに敏感で、自然と「うかうかしていられない」という気持ちになるもの。ドラフト4位で日大三高から入った坂倉将吾捕手も「打撃センスが素晴らしい」と高評価を得ている。広島のキャンプが活気に満ちている理由がよく分かった。 (本紙専属評論家)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000025-tospoweb-base

    このページのトップヘ