広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐々岡真司

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)が“夜の活動”で株を上げている。金の卵は13日、廿日市市内の大野練習場の新人合同自主トレに参加し、キャッチボールやランニング、ウエートトレーニングなどで汗を流した。

     佐々岡真司監督(52)が視察に訪れるなか、毎年恒例の坂道ダッシュにも挑戦し「あの長さはしんどかった。(監督が来て)アピールしないとという気持ちになった。もっともっとアピールしていきたい」とキッパリ。自身の背番号18を譲った指揮官は「キャッチボールでは球の回転がよく素晴らしいボールを投げていた。走る姿もバランスのいいフォームでセンスを感じる。オーバーワークにならないように調整していってほしい」と絶賛した。

     ただ、センスだけでなくその努力家ぶりでも周囲をうならせているという。「夜間にマシンの音がしているので見たら、森下が室内練習場に出てきて熱心にバント練習をしていた。新人ならば投げることで頭がいっぱいになりそうだが、先を見据えて一軍で打席に入ることを想定しているのだろう」(チーム関係者)

     もともと打撃好きだという森下だが、新人合同自主トレではボールを使う打撃練習はなく、今後も投手の打撃練習の予定はない。そのため、入寮のわずか数日後から夜な夜なひっそりとバント練習にも取り組んでいるのだという。そんな姿に周囲も感心しきり。「投手だから投球だけをすればいいというわけではない。いろんなことをやっていかないといけない」という森下。開幕ローテ入りに向けて必死の日々は続く。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000025-tospoweb-base

     広島の育成を含む新人9選手が7日、広島県廿日市市の大野寮に入った。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=は服などを断捨離。イケメン右腕が、堂々のジャージー宣言だ。

     「広島は練習のイメージしかない。ジャージーしか着ないだろうと。私服は少し。野球に集中するということです」

     入寮といえば、寄せ書きなどこだわりの品を仕込んで紹介するのが一般的だが、鯉のドラ1はひと味違う。大好きな洋服のほとんどを弟に譲り、段ボール3箱分と少ない荷物で実家の大分から“簡単引っ越し”だ。

     佐々岡監督の現役時代の背番号「18」を託された最速155キロの即戦力右腕。割り当てられた104号室は、前田健太(現ドジャース)や大瀬良ら、エースが生活してきた出世部屋だ。

     「知らなかったです。頑張ります」

     年始は大分で過ごし、今月2日には実家近くの神社で初詣。おみくじで「大吉」を引いたという。「悪いことは書いてなかった」。8日から新人合同自主トレがスタート。吉兆に乗って、目標の新人王まで突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000023-sanspo-base

     広島・佐々岡真司新監督(52)が13日、広島・廿日市市の大野練習場で行われている新人合同自主トレを電撃視察した。

     「まだ8日に始まったばかりだが、みんないい動きをしている。しっかりやってきているな。ついピッチャーを見てしまうが、全体を見ないといけない」

     午前10時の練習開始に合わせて練習場入り。キャッチボール、内野ノック、施設から歩いて5分の坂道での坂ダッシュを熱心に見守った。自らがドラフト1位指名を熱望して入団した森下暢仁投手(22)=明大=については「キャッチボールでは良いフォームで本当に良い球を投げる。動きは軽快だし、何をやってもセンスがある」と絶賛した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000549-sanspo-base 

     広島・大瀬良大地投手(28)が新春インタビューに応じ、佐々岡真司新監督(52)の胴上げを誓った。昨季は初の開幕投手を務めエースとして3年連続2桁勝利を記録。12月にはタレント浅田真由さん(29)との結婚披露宴を開いた。幸せいっぱいの右腕は初の200イニング到達を新年の誓いに立て、さらなる進化を約束した。=インタビュー1


      ◇  ◇

     -今オフの過ごし方は。

     「ゆっくりする時はゆっくりして、しっかり体を動かす時は動かす。メリハリを付けてやっています」

     -昨年12月には結婚式を挙げた。

     「妻がほとんど準備をやってくれました。手伝える部分は手伝ったと思います。大変でしたね(笑)」

     -豪華な披露宴。

     「皆さんが出席してくれて、あれだけ盛大な披露をさせてもらって本当に感謝ですね」

     -黒田さん、新井さんも出席した。

     「黒田さんも新井さんも(出席は)難しいだろうなと思ってたんですけど、すごくお世話になった先輩だったので、お声掛けだけはさせてもらおうと思って。『素晴らしい披露宴やったね』という言葉をお2人から直接もらったので、良かったなと思います」

     -昨年12月の契約更改では沢村賞を狙うと誓いを立てた。

     「(投手)分業制になりましたけど、昨年も中継ぎの人たちにはたくさん負担がかかったと思う。完投が多かったので(リーグトップ6完投)、中継ぎの人たちから冗談交じりに『大地が投げる時は休みや』と言われていた。僕が中継ぎをやっている時にマエケンさんや黒田さんの登板日に思っていたことを思ってくれているというのはうれしいです。負担を軽減できていると思うと余計に意気に感じてやりたいなと思うし、個人的にも先発完投が一番理想だと思っているので。九回まで投げられるスタミナは全然持っていると思うし、最後まで投げたいなという思いがあります」

     -昨季1軍投手コーチだった佐々岡監督の方針もあった。

     「そうですね。イニングを重ねていくごとに、『行くぞ行くぞ』と言われてました。『どうする?』じゃなかった。だからこそ『ヨッシャ!』と思えましたし、それだけ期待してハッパかけてくれてるんだと思うと、何とかその期待に応えたいという思いでした」

     -今年の目標は。

     「昨年は悔しい結果に終わったので、何とか優勝して日本一になりたい。野球を長くやりたいです。早く終わってしまうと面白くないですね」

     -昨年はまさかのBクラス。

     「(終盤の)阪神が強かったですね。しっかり受け止めてチャレンジャー精神で戦いたいと思います」

     -個人的には。

     「すべてにおいてキャリアハイを目指していきたいですし、完投の数も増やしていきたい。すごくお世話になっている佐々岡さんが監督になられたので、何とか期待に応えられるような成績でチームを引っ張っていきたいと思います」

     -監督と話は。

     「球場に来られている時はちょこちょこと。コミュニケーションをすごく大事にされていると思います。ピッチャー出身の監督は僕にとっても初めての経験ですし、いい思いをしていただきたいと思います」

     -今年は東京五輪も開催される。

     「東京でやれるのは一生に一度だと思う。五輪を目指せる年齢でチャンスがあるんだったら、目指さないわけにはいかないですし、何とか日の丸を背負って戦ってみたいという思いはあります。アピールしたいですね」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000011-dal-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)は3日、1年目の目標に掲げる「新人王」をプロ野球人生の第一歩とした、未来予想図を明かした。

     「新人王を獲りたい。(基本的には)1年目にしか狙えない賞でもあるので、獲ってみたいです」

     受賞すれば、球団では2014年の大瀬良以来。思い描く成長曲線からすれば、即戦力としての活躍も通過点に過ぎない。

     「いろいろなタイトルがありますし、勝てる投手として最多勝とかを狙える投手になりたいです」

     かつて背番号18を背負った長谷川良平、佐々岡真司(現監督)、前田健太(現ドジャース)は、いずれも最多勝に輝いた。栄光の番号を託されたのは、かつてのエースと同様の活躍を期待されるからこそだ。順調に階段を上れば、もう一つの目標も自然とかなうはずだ。

     「侍ジャパンに入ってみたいな……という思いはあります。WBCを熱心に見たりしていたわけではないけど、球界を代表する投手になれれば、侍は視野に入ってくると思う」

     侍ジャパンには、高校、大学と世代別で選出されてきた。昨年8月には大学日本代表の一員としてU18ワールドカップに出場した高校日本代表の壮行試合に登板。昨秋ドラフトで4球団が競合したロッテの同1位・佐々木朗とともに先発した。ヤクルトの同1位・奥川を加えた“BIG3”として比較されるが、対抗心はまるでない。

     「全く意識していないです。あれだけ速い球を投げて注目もされている。佐々木君は佐々木君なので」

     誰にも惑わされることなく我が道を行く。森下の潜在能力を考えれば、現実的……とも言えなくない未来予想図である。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000043-spnannex-base

     【江尻良文の快説・怪説】

     2020年東京五輪イヤーの影響で早期開幕、五輪開催中のシーズン中断など、難題山積のプロ野球界。特に広島・佐々岡真司(52)、ヤクルト・高津臣吾(51)、楽天・三木肇(42)の新監督トリオは、対応が大変だろう。それでなくとも難関が待ち受けているのだから。

     巨人からのV奪回、悲願の40年ぶり日本一を宣言している広島・佐々岡新監督。緒方前監督が初年度と最終年の昨季こそ4位になったものの、2年目に25年ぶりリーグ優勝。そしてリーグ3連覇の偉業を達成している。

     しかも、緒方監督は球団側の続投要請に対して自ら辞任。佐々岡新監督の立場とすれば、「緒方監督超え」という難関を乗り越える必要があるのだ。1年目から勝負。前任者が成し遂げられなかった、日本シリーズ制覇を宣言せざるを得ない。

     それに対して、ヤクルト・高津新監督はチーム事情からすれば、重圧はそれほど大きくないだろう。就任1年目の一昨年、最下位のチームをサプライズ2位に押し上げながら、昨季は一転して最下位を独走し引責辞任した、小川前監督からのバトンタッチだからだ。

     ただし、高津新監督には新年早々、野球人にとって最大の問題が待ち構えている。野球殿堂入りの有力候補に挙がっており、当選すれば「殿堂入り新監督」という最高の名誉を手にするのだ。同時に、その名誉を汚さないためにも、1年目からそれなりの成果を期待されることになる。

     もう1人の楽天・三木新監督には、重いノルマと石井GMのメンツというダブルプレッシャーがかかる。同じく2軍監督から1軍監督に昇格した平石前監督は、最下位のチームをいきなり3位に躍進させ、クライマックスシリーズに出場しながら続投要請なし。不可解な解任となった。

     激怒した平石前監督はフロント入りの要請を断り、3年連続日本一のソフトバンクの1軍コーチに就任。そもそもAクラス入りしながら続投できなかったのは、石井GMとの確執説がささやかれている。石井GMとしては、同じヤクルトOBで気心の知れた三木2軍監督を抜擢したいため、平石監督を続投させなかったと言われているのだ。三木新監督には、平石前監督を上回る成績を残し、石井GMのメンツを保たせるという、二重のノルマを課せられる。

     三者三様だが、新監督トリオは東京五輪余波にとどまらず、大きな難題を抱えてペナントレースに挑むことになる。(江尻良文)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000008-ykf-spo

    広島ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)のアラカルトは以下の通り。

    ★森下暢仁(もりした・まさと)



    ◆生まれ 1997年(平9)8月25日、大分市生まれ。

    ◆球歴 明治小3年から野球を始め、大東中3年で全国大会に出場。大分商では1年夏の甲子園でベンチ入り。3年夏はU18W杯出場。明大ではリーグ通算13勝9敗、防御率2・78。大学日本代表では17年ユニバーシアード優勝、18年ハーレム国際大会優勝。昨秋ドラフトで広島1位指名を受け入団。契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円(金額は推定)。

    ◆憧れ 「前田健太さんのように勝てる投手、藤川球児さんのように長く第一線でやれる投手」

    ◆20年目標 開幕ローテーション入り

    ◆球種 直球(最速155キロ)、カーブ、カットボール、チェンジアップ

    ◆好きな食べ物 パスタ、ピザ

    ◆好きな女性のタイプ 中村アン。髪が長く、きれいな女性。

    ◆地元大分自慢 「自然豊か。温泉もあって住みやすい」

    ◆遠投110メートル、50メートル走6秒2

    ◆サイズ 180センチ、76キロ。右投げ右打ち。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-12280273-nksports-base

    このページのトップヘ