広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐々岡真司

     野球で泣いたのは、プロ入り後、初めてのことだった。広島・江草が15年間の現役生活に終止符を打った9月27日のウエスタン・リーグ、阪神戦。同じく引退試合に臨んでいたかつての盟友・狩野と1打席限定で真剣勝負をした。渾身(こんしん)の134キロ直球を投げ込み、結果は左翼線二塁打。慣れ親しんだ甲子園のマウンドを降りると、涙が自然と頬を伝った。


     「プロは負けても終わりじゃない。負けても打たれても、また次の日がある。でも、あの日は本当に最後だったので」

     引退しようと思ったのは今年が初めてではない。8試合の登板に終わった昨季もシーズン途中から何度となく頭をよぎった。「体がしんどかったというのが一番。痛いところが増えてきた。出番も減って成績も伴わなかった」。思いとどまったのは連覇を目指すチームの戦力になりたかったからだ。05年に阪神でリーグ制覇した時は中継ぎの一角として貢献。桟原、橋本、江草の頭文字を取り「SHE」として投手陣を支えた。あの喜びを再び味わいたい。球団から契約更新の意向を受け、現役続行を決断した。

     「強いチームでもう一回、優勝の輪に入りたい。契約をしてくれるなら、もう1年やってみようと思った」

     思い通りにはならなかった。今季中盤に調子を上げた時期もあったが、長く続かない。「いつもなら、その感覚の後もう一段階上がる。でも、その状態になる前に打たれだしてしまった。それで限界なんだな…と」。8月。自らと向き合い、けじめをつけた。若手の台頭も決断を後押しした。ブルペンで同じ左投手と並んで投げると、球質や球威が劣っていることを感じるようになった。中でも1年目・高橋昂の投球には圧倒された。

     「何か全然違う。ショックというか、消えていくしかないな…という感覚だった」

     折しもチームは連覇を目指して一直線の時期。広島県福山市生まれで生粋のカープ男子は、偉業に水を差したくはなかった。阪神に勝ち、優勝を決めたのは9月18日。その2日後に会見を開いた。人懐こい心優しき左腕らしい気遣いだった。

     今後は広島市内でリハビリ型デイサービス事業所を経営する。来年にはロンドン五輪バレーボール女子で銅メダルを獲得した佳江夫人との間に第2子が誕生予定。15年間、ブルペンを支え続けたように家族を支えていく。(柳澤 元紀)

     ◆江草 仁貴(えぐさ・ひろたか)1980年(昭55)9月3日、広島県福山市生まれの37歳。盈進、専大を経て、02年ドラフト自由枠で阪神入団。シーズン50試合以上登板を4度こなした。11年5月にトレードで西武移籍。12年3月に再びトレードで移籍した広島では6年間で通算52試合に登板した。1メートル78、83キロ。左投げ左打ち。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000083-spnannex-base&pos=5

    【核心直撃】ナイジェリア出身の父と日本人の母を持つ広島の高卒1年目右腕・アドゥワ誠投手(19)は今季、二軍で土台作りに取り組んだ。実戦では9試合に登板し、0勝2敗、防御率10・36。196センチの長身でありながら体重は85キロ。増量という課題を抱えながらも首脳陣の期待は大きい。来春キャンプは一軍スタートが濃厚なダイヤの原石を直撃した。

     ――ルーキーイヤーは一軍を経験せずに終わった。佐々岡二軍コーチに言われてきたことは

     アドゥワ:カーブやチェンジアップなど変化球で逃げてしまう投球が多かったので「基本は真っすぐを投げるように」と。場合によっては「打たれてもいいから球数の9割は真っすぐでいけ」と言われたこともありました。

     ――最速148キロの直球が武器

     アドゥワ:強い真っすぐでコントロールも良ければ、140キロ出なくても打たれないと思うんですよね。質が大事。

     ――どうやって力強い球にしていくか

     アドゥワ:上半身だけで力いっぱい投げてもダメ。速くてもバッターからすれば球が軽いとなってしまいますし、下半身と連動させたフォームを意識しないと。

     ――オフに重点を置くのは

     アドゥワ:これは真っすぐもですが、まずは体づくりです。最終的に(体重は)3桁(100キロ)には届かせないといけないと思ってます。

     ――増量は難しい

     アドゥワ:1週間で5キロ落とそうと思えばできるんですけど、増やすのは…。運動しなかったらみんな増えるじゃないですか。でも、自分は運動しなかったら食欲が湧かないので。ちょっとでも体を動かして食べるようにしています。1日5食は食べてますね。朝、昼、練習後、夕、夜といった感じです。練習後食べて夕食まで時間があまりないんですけど、食後すぐ寝ると太るって聞きますし、寝ることもある。

     ――トレーニング方法にも変化があった

     アドゥワ:ダルビッシュさんのツイッターをフォローしていたり、ユーチューブで見たりしたんですけど、ウエートトレーニング後にプロテインを飲むと思っていたのが、後だと遅いみたいで、ウエート前に飲んで終わってからも飲むといいということだったので取り入れてます。

     ――まずは90キロ台が目標

     アドゥワ:春季キャンプまでには。デブが最高の褒め言葉です(笑い)。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000006-tospoweb-base

     広島の大瀬良大地投手(26)が宮崎・日南市で行われている秋季キャンプで腕を振り続けている。第1クール2日目の8日から4度ブルペンに入って計610球。フォームを固めるだけではなく「投げる体力」の強化も目的としている。

     今季24試合に登板して6回を持たずにマウンドを降りたのは9試合。規定投球回数を達成したのは最終登板となった9月28日のヤクルト戦だった。10勝をマークしたものの、周囲の評価は「野手や中継ぎに助けてもらった試合が多い」と厳しい。これは大瀬良自身も理解していて「6回から7回にかけて、球数が100に近づくと粘りきれなくなるのが課題だった。だからこそ、数をこなせる今は、どんどん投げていく」とキッパリ。

     スタミナ強化に躍起になっている右腕に対して、こんな声も上がっている。「大瀬良はある意味、自己満足してしまう部分がある。フォークにしてもカウント3―2から自信を持って投げられるくらいにしないといけない。投げ込みはいいことだけど、自分を客観視して手数を増やさないとね」

     来季は“追加注文”に応えて文句なしの成績を残せるか。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000031-tospoweb-base

     広島のオスカル投手(26)が4日、来季の1軍入りへ闘志を燃やした。10月からサイドスローに転向。心機一転し、新フォームの習得中だ。中継ぎの左腕不足は今季もチームの課題。左打者を確実に抑える投球を身に付けて勝負をかける。

     サイドスロー転向に迷いはなかった。ウエスタン全日程終了後、佐々岡2軍投手コーチから提案されたフォーム変更に、オスカルはうなずいた。「1軍での居場所をつかむためには何かを変えないといけない」。前だけを見つめての決断だ。

     10月のみやざきフェニックス・リーグには参加せず、由宇でフォーム固めをスタート。現役時代にサイドスローだった青木3軍投手コーチに助言も求めた。この日の秋季練習では畝投手コーチとキャッチボールを行い、指導を受けた。野球を始めてからオーバースロー一筋。初の取り組みに悪戦苦闘が続いている。

     投手陣の台所事情を見れば左の中継ぎ投手確立は懸案事項だ。今季、シーズンを通して活躍した左腕はいない。DeNAとのCSファイナルSでも、ブルペン陣は右投手のみ。継投の幅が広がらなかった。

     秋季キャンプでは投げ込みはもちろん、シャドーピッチングやネットスローで体に覚え込ませる。さらにソフトバンク・嘉弥真、巨人・森福などを映像で確認しながら参考としていく構えだ。「まずは左打者を100%抑えられるようになりたい」。来季が3年目。背水の覚悟で挑戦する。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000039-dal-base

     パ・リーグCSファイナルステージでソフトバンクを苦しめた楽天のベンチで、与田剛投手コーチが投手陣の手綱を握っていた。2位躍進の西武の前ヘッドコーチで、今季はファームを指揮したのが潮崎哲也2軍監督。セ・リーグ連覇の広島の戦力を支えるファームには佐々岡真司投手コーチがいる。この3人、プロ入りは同じ年だった。野茂英雄(新日鉄堺→近鉄)に史上最多の8球団が競合した1989年ドラフトで、「野茂じゃない」選択をした球団から単独指名を受けた。


     1年目の90年からパのタイトルを総なめした野茂。張り合うようにセで新人王になったのが、NTT東京から中日入りして31セーブを挙げた与田だ。松下電器から西武入りした潮崎は個人タイトルの野茂に対し、チームタイトルであるリーグ優勝、日本一の両方で胴上げ投手に。NTT中国→広島の佐々岡は与田と新人王を争い、2年目の91年には優勝、MVPと満開の花を咲かせた。「野茂じゃない」選択のもう1人、慶大→巨人の大森剛こそ通算5本塁打と鳴かず飛ばずだったが、野茂の外れ1位も佐々木主浩(東北福祉大→大洋)らがいる空前の「当たり年」となった。

     次の90年ドラフトは亜大・小池秀郎に8球団が集結。ロッテ入団を拒否した小池のいないパで91年の新人王になったのが、オリックスに単独1位指名された長谷川滋利だ。「小池じゃない」単独指名は他に元木大介(浪人→巨人)、木村恵二(日本生命→ダイエー)、水尾嘉隆(福井工大→大洋)の顔ぶれだった。

     今年のドラフト会議が26日に迫ってきた。早実・清宮幸太郎には既に1位指名を公表した阪神とヤクルトのほか、ソフトバンクや日本ハムなどが集中する見通し。7球団かそれ以上の競合になるとも予想される。一方、広島は地元・広陵の中村奨成の指名を公表した。JR東日本・田嶋大樹や立命大・東克樹は即戦力左腕の呼び声高く、履正社・安田尚憲は高校生スラッガーとして清宮と双璧をなす。チーム強化の即効性なら大学や社会人選手で、3年続いたドラフト1位投手がCSでも活躍しているDeNAが好例。人気では「1強」気配のドラフトだからこそ、「清宮じゃない」選択に注目したい。(記者コラム・和田 裕司)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000086-spnannex-base&pos=4

     37年ぶり2度目の連覇を成し遂げた広島は、26年ぶりに2軍とともに“兄弟優勝”を達成した。2軍は7日、宮崎市の宮崎サンマリンスタジアムで元広島2軍監督の内田順三2軍監督が率いる巨人とファーム日本一をかけて戦う。2軍の命題でもある「育てながら勝つ」を実践した水本勝己2軍監督は、就任2年目で1軍へ選手を供給しながらウエスタン・リーグの頂点に立った。

     「ファームが優勝したということは結果的にもいいこと。そういった部分ではいい1年間だったのではないかな」

     1軍での選手実績は皆無だが、持ち前の指導力でチームを優勝に導いた。故三村敏之元監督を慕いブルペン捕手からコーチ補佐、3軍統括コーチに2軍バッテリーコーチから2軍監督となったのは有名な話。プロの選手として実績がないことがクローズアップされているが、アマチュア球界ではプロ野球選手の例に漏れず名をはせた。

     もう30年以上前の話である。1986年夏、高校野球岡山大会の決勝・岡山南戦で倉敷工の主砲は右翼席に本塁打を放った。水本2軍監督は「カーブを狙って打った」と今も鮮明に覚えていた。倉敷工の18年ぶり7度目の甲子園出場に強打の捕手として貢献した。

     この年は群雄割拠の岡山高校球界だった。3年生にはのちにプロ入りした選手が5人もいた。岡山理大付には86年度ドラフト2位でロッテに指名された森広二投手、関西には阪神からドラフト6位指名された関西・真鍋勝己投手。2投手ともプロでは大成できなかったが、真鍋は今もNPB審判員として活躍している。

     そして岡山東商には社会人・川崎製鉄水島を経て経て89年度ドラフト2位で巨人に入団した吉原孝介捕手、倉敷工が決勝で破った岡山南には90年度のドラフト外でダイエー(現ソフトバンク)に入団した岡山南・坊西浩嗣捕手がいた。水本、吉原、坊西の3人は、捕手三羽がらすとして岡山球界では有名な存在だった。

     坊西の岡山南は、この年のセンバツ大会でベスト4に入っていた。水本は甲子園で開幕日の第3試合で後に巨人に入団する川辺忠義投手率いる秋田工に1-11で敗れ、早々に姿を消した。卒業後は社会人野球の名門・松下電器(現パナソニック)に入社。ここでは89年度ドラフト1位で西武に入団した潮崎哲也投手(現西武コーチ)とバッテリーを組んで3年連続で都市対抗野球に出場した。

     高校、社会人と名門を歩んだ水本は、高校の先輩でもある当時広島のコーチを務めていた片岡新之介コーチ(現MSH医療専門学校監督)を頼ってテストで広島に入団した。

     アマ時代まで順風満帆だった野球人生もプロでは2軍でわずか39試合、2年の選手生活だった。ちょうど26年前、福山・みろくの里神勝寺球場で故三村敏之2軍監督が胴上げされた年に現役を引退した。

     プロ野球選手として花を咲かせることはできなかったが、プロ入りまではエリートコースを歩んだといっていい。現役を引退した年以来にファームの優勝。これも何かの縁かもしれない。

     ファーム選手権を前に「イースタンのレベルも分かるし、自分たちがどのレベルにいるのかも分かる。とてもいい経験になるので、やるからには当然、全力を尽くす。巨人2軍監督は内田さんなので、選手の成長した姿を見せられたらいい」と語った。宮崎の地で水本ヤングカープがどのような結果を出すか注目だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000035-dal-base

    このページのトップヘ