広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    佐藤祥万

     広島・佐藤祥万投手(29)が「銘木業界」で第二の人生をスタートさせる。銘木(希少価値があったり、材質が優れている木材)を製品に加工、販売している大阪市内の会社で来春から働く予定。「妻の実家です。いまは木の名前とか、いろいろ覚えているところですね」と、慣れない作業に悪戦苦闘しているという。

     2007年の高校生ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。以降は日本ハム、広島と3球団で合計11年間プレーした。今季は中継ぎとして1軍で7試合に登板し、防御率8・59。球団から戦力外通告を受けた直後は、トライアウト受験も選択肢の一つとしていたが、家族と話し合った結果、引退を決心した。

     「(広島は)実績がない自分を拾ってくれた。結果を出して恩返しをしたかったけど…。申し訳ない気持ちです」と広島での4年間を振り返った左腕。「これからは会社がメイン」と、新天地で全力投球するつもりだ。

     ◆佐藤 祥万(さとう・しょうま)1989年8月18日、栃木・日光市生まれ。29歳。小学3年から野球を始め、文星芸大付高では2006、07年夏に甲子園出場。同年の高校生ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。13年11月に日本ハムへトレード移籍。14年オフに戦力外通告を受け、同年の合同トライアウトを経て広島入り。今季は中継ぎとして7試合に登板した。172センチ、81キロ。左投左打。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000207-sph-base

     広島は2日、佐藤祥万投手(29)、辻空投手(24)、土生翔平外野手(29)と育成のタバーレス投手(24)と来季の契約を結ばないことを発表した。

     広島出身の土生は、広陵から早大を経て、11年ドラフト4位で入団。昨季は2軍で打率・317の成績を残して今季を迎えたものの、故障にも悩まされて1軍昇格はならなかった。「ここ数年は“今年ダメなら”という思いでやってきた。一番印象に残っているのは初スタメンのとき。緊張したけど、(同学年の)菊池とか、田中、丸が緊張しないようにと声をかけてくれた。同学年の選手が活躍しているのを見て、喜び合いたかったけど僕の実力がなかった」と振り返った。今後については、トライアウトを受ける予定はなく、「現役にはこだわっていない」と話した。

     左のサイドスローとして活路を見出した佐藤は、DeNAから日本ハムを経て、15年に広島に入団した。今季は、7試合に登板し防御率8・59と結果を残せなかった。「4年間でしたけど、いい先輩と後輩と一緒に野球をできたことが一番。結果を出して恩返ししたいという思いでやってきたけど、申し訳ないです」。今後については、「(現役を続ける)気持ちはありますけど、家族もいるので、すぐには決断できない」と話した。

     辻は、150キロを超える直球を武器に、今季は1軍キャンプスタートながら、シーズンでの登板機会はなかった。「野球が好きだったので悔しいです。育成で入ってここまでやれたことはよかった」とコメント。辻、タバーレスはともに現役続行を模索する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000092-spnannex-base

     6日のセ・リーグ公示は次の通り発表された。

     【出場選手登録】

     広島 飯田哲矢投手、藤井皓哉投手


     【同抹消】

     広島 今村猛投手、佐藤祥万投手

     DeNA 倉本寿彦内野手

     ヤクルト 高橋奎二投手

     ※再登録は16日以降


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000104-dal-base

    ■阪神 11-3 広島(5日・マツダスタジアム)

     広島は5日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に3-11で敗れ、連勝を7で止めた。試合前に新井貴浩内野手が引退表明し、落ち着きのない雰囲気で迎えたこの日。先発の九里亜蓮投手が初回に4失点するなど試合が作れず、打線も阪神先発・岩貞祐太に初黒星を喫した。終盤に大量失点を許すなど、試合内容に不満があったのか、緒方孝市監督は試合後の会見室に姿を現さなかった。



     報道陣が待ち受ける試合後の会見室に姿を現したのは、指揮官ではなく監督付の松本広報。「切り替えて、また明日頑張ります」と監督のコメントを代弁した。

     初回に3連続四球から4失点した九里をはじめ、4投手が失点に絡む9与四球に憤慨したのか、あるいは質問が集中すると思われる新井についてのコメントを避けたのか。いずれにせよ、試合後の会見場に姿を見せなかったのは今季初めてのことだった。

     5回の2死2塁の場面に代打で登場した新井は、スタンドから大声援を受けたが、空振り三振に倒れた。「なんとか打ちたかったけど、また明日に向けて準備したい」と声を絞り出すと、阪神ファンからの声援もあったという質問に「そういう声も届いている。本当にありがたい」とファンに感謝した。

     惨敗の中、攻撃陣は新井を慕う鈴木誠也と丸佳浩の本塁打で反撃を見せた。丸は「いいスイングができた。明日からも頑張りたい」と気持ちを切り替え、鈴木は「勝ちたかったけど、負け方がちょっと、という感じでした」と敗戦を悔やんだが、「詰まったけどホームランはホームラン。もっとチャンスの場面で打ちたい」と前を向いた。

     対象チームのヤクルトが勝ったため、マジック12は変わらない。監督の会見スルーという珍事はあったが、7連勝中だったチームにとっては、ひとまず小休止、という1敗に過ぎないのかもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00197061-fullcount-base

    ■広島 5-4 阪神(4日・マツダスタジアム)

     広島は4日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に5-4でサヨナラ勝ちし、優勝へのマジックを「12」とした。シーソーゲームの展開で試合は延長戦になり、12回に菊地がサヨナラ打を放った。4時間を超えるロングゲームの末の劇的勝利に、緒方監督は「キク(菊地)が最後まで残って応援してくれたファンの期待に応えてくれた」とヒーローを称えた。


     阪神が先制し、広島が追いつき追い越される展開で、1点ビハインドの8回に松山が阪神2番手の藤川から同点打を放った。2死からの同点打に指揮官は「ああいうところで一本出るのは素晴らしい。ナイスバッティング」と、この試合で唯一の安打が殊勲打になった一打を称賛した。

     延長戦でもなかなか決着がつかず、投手だけでなく野手もほぼ総動員の末の勝利だった。緒方監督は「中継ぎ陣も含めて、控えの選手もほとんど出し尽くした中で、全員でつかみ取った勝利」と、土壇場でのサヨナラ劇に満足そうだった。

     東京遠征で巨人、東京ヤクルトに全勝し、この日の勝利でチームは7連勝となった。8月15日に最初に点灯したマジック「32」が、約20日間で「12」と驚異的なペースで減っている。3連覇へ勢いに乗った王者を止められそうなチームは見当たらず、今後の興味は3年越しの本拠地での胴上げなるか、ぐらいしかない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00196110-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島5―4阪神(2018年9月4日 マツダ)

     首位を独走する広島が、同点の延長12回に菊池の右前打でサヨナラ勝ちし、今季初の7連勝を劇的に飾った。


     1点を追う8回、松山の適時打で追いつき、もつれこんだ延長12回だった。2死三塁から右前にはじき返し、熱戦に終止符を打った。8番手のフランスアが2勝目。

     阪神はメッセンジャーが7回3失点と好投したが、2番手の藤川がリードを守れず、最後はドリスが打たれた


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000146-spnannex-base

     28日のプロ野球公示で、阪神は陽川尚将内野手、江越大賀外野手、板山祐太郎外野手の3選手を登録した。DeNAは石田健大投手、広島は佐藤祥万投手、小窪哲也内野手を昇格させた。



    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    楽天
    内野手 内田靖人

    オリックス
    投手 東明大貴

    ■出場選手登録抹消

    西武
    投手 郭俊麟

    オリックス
    外野手 宮崎祐樹

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    広島
    投手 佐藤祥万
    内野手 小窪哲也

    阪神
    内野手 陽川尚将
    外野手 江越大賀
    外野手 板山祐太郎

    DeNA
    投手 石田健大

    ■出場選手登録抹消

    ヤクルト
    投手 D.ハフ


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00190710-fullcount-base

    ■DeNA 9-1 広島(28日・マツダスタジアム)

     広島は28日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に1-9で敗れた。打線が8回までわずか2安打と沈黙し、先発の大瀬良が6回4失点で5敗目を喫した。

     2回に安部の安打などでチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を先制したが、その後は7回2死での田中の内野安打までヒットが出なかった。3回には1死から2四球と相手失策で満塁のチャンスを作ったが、鈴木、安部が倒れて無得点。6回には2死から連続四球でスコアリングポジションに走者を進めたが、代打のバティスタが内野フライに倒れた。

     緒方監督は「安打が少なかったからね」と言葉を絞り出した後、「四球が多く、チャンスはあったが、相手に粘り切られた。勝負所で失投が少なかった」と、相手投手の粘りに脱帽した。

     先発の大瀬良は3回にソトに逆転2ランを浴び、6回には安部の失策を皮切りに2点を失った。大瀬良は「ボール自体は悪くなかったが、要所で打たれてしまった。ミスをカバーする投球ができなくて申し訳ない」と反省したが、緒方監督は「(6回の失点は)エラーからだったからね。難しいボールを拾われて、相手にうまい攻撃をされた」と右腕を責めることはなかった。

     マツダスタジアムでは交流戦後、初の黒星となった。それでも台風接近の影響で試合のなかった2位の東京ヤクルトとのゲーム差は、まだ8ゲームもある。ホームで驚異的な勝率を誇るチームに、この1敗は単なる小休止に過ぎないのかもしれない。敗戦を淡々と振り返った緒方監督は「また切り替えて、明日からだね」と、気持ちを切り替えていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00166449-fullcount-base

    このページのトップヘ