広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田健太

    広島のエース、大瀬良大地投手が19日のDeNAとの今季開幕戦で、投げては1失点完投勝利、打ってはプロ初本塁打を放つ大活躍を演じ、広島OBでツインズの前田健太投手がツイッターで「やばいな。笑 最高!」と反応したのを見て、思わずニヤリとしてしまった。というのは今年2月、広島の宮崎・日南キャンプを取材した際、球団関係者からこんな話を聞いていたからだ。



    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    「大瀬良はルーキーイヤー(2014年)に、マエケン(前田)と野村祐輔から、シーズンを通して『安打数+打点数』のポイントが1番高かった者に他の2人が食事を御馳走する、というゲームを持ち掛けられていたんだよね。ただし、大瀬良は九州共立大時代の4年間、DH制でほとんど打席に入っていなかったから、1人だけポイントを倍にするアドバンテージをもらっていた」  実際にどんな食事会になったのかまでは取材できなかったが、14年の打撃成績を比較すると、マエケンは60打数9安打1打点(打率.150)で“10ポイント”。野村は30打数7安打4打点(.233)で“11ポイント”。大瀬良は53打数5安打3打点(.094)だが、倍にすれば“16ポイント”で断トツとなる。さぞかし、おいしく“ゴチ”になったことだろう。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/285a5af0275a1019720e793ca8e8777bd3f5b54a


     ツインズの前田健太投手(32)が16日、ツイッターで“オファー待ち”の胸中を明かした。
     メジャーリーグは米大リーグ機構(MLB)と選手会との協議がまとまらず、マンフレッド・コミッショナーが今季開催について「自信はない」と発言したと報じられた。  そんな中、マエケンは「MLB開幕どうなるんやろ?開幕しなかったらどこか助っ人として使ってくれるかな?」とツイート。フォロワーからは「カープに帰ってきて」という声が多い中、「是非、サンフレッチェに」という珍反応もあった。

    20200616-01908648-tospoweb-000-6-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/fad19dabf58a9687621a8c9125bd2ffa302be4e1

    <練習試合:ソフトバンク3-0広島>◇12日◇ペイペイドーム 広島の残り1つとなっていた先発枠を20歳の遠藤淳志投手が勝ち取った。7回に2番手として登板。角度ある真っすぐを投げ込み3者凡退で切り抜けると、8回は無死一、三塁のピンチも無失点で切り抜けた。

    佐々岡監督は好結果と好内容を示した右腕に「自分がローテに入るという強い気持ちを受け止めている」とローテ入りを示唆した。 遠藤は「何が何でもローテーションに入って1年間投げ続けたい。2桁勝利を目標に投げていきたい」と高卒4年目で達成の前田健(ドジャース)よりも早い、高卒3年目での大台到達を目指す。

    20200610-00000048-asahi-000-7-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/4c3992ff3accdde9dcc19de0be305edb34dfce35

    【ロサンゼルス発】ツインズの前田健太投手(32)が6日(日本時間7日)に自身のユーチューブチャンネル「マエケンチャンネル」を更新。人気のPL学園野球部編の第3弾として「PLに行くことに決めた3つの理由とは!?」と題し、進学の舞台裏を明かした。(1)プロに近い高校(2)寮生活(3)厳しいところだ。 「PL学園のエースになればプロになれると思っていた。親元にいたら完全に甘えてしまうため、寮生活で自分を磨き、野球に集中し、何くそと、先輩に歯向かうような気持ち、負けず嫌いを発揮して僕は成長できると思った」。中学生ながらしっかり考えていたことに驚かされる。

    クリックすると新しいウィンドウで開きます



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/14d8bfe29c2e42361b94fc8ec825ea6fb3362eb3

     ◇今年は見られない セVSパ 交流戦名勝負10選 広島1ー0日本ハム(2010年5月15日 マツダ)

     今はメジャーの舞台で活躍する両投手による息詰まる投手戦が繰り広げられた。日本ハムのダルビッシュは8回までゼロを並べ、連続イニング無失点を28回まで更新。一方、2歳年下の広島・前田健も日本ハムの絶対エース相手に譲らない。9回を無失点に抑えると、その裏2死三塁で赤松が2番手・谷元から中前へサヨナラ打。22歳の右腕は「投手戦は覚悟してマウンドに上がった。ダルビッシュさんに乗せられて僕もいい投球ができた」と充実感をにじませた。

     この試合は、勝敗を超えた2人の「会話」が18・44メートルの距離で交わされていた。ダルビッシュは3回に前田健から中前打。さらに「僕の球を楽しみにしているだろうから」と、打者・前田健に対して、カーブ以外の持ち球を全て投じて、超一流の球筋を体感させた。

     前田健は同年15勝を挙げて沢村賞を獲得し、16年にドジャース移籍。17年途中にド軍に移籍してきたダルビッシュとは約3カ月間チームメートとなり、そろってワールドシリーズの舞台にも立った。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0cc39a8f6767b9beb28525405012efd5b3130f94

    ◆ 独特の感性で描かれたイラストが人気!

     ツインズの前田健太投手(32)が31日、自身のツイッターを更新。自身のオンラインストアを開設し、そこでの収益を新型コロナウイルス関連の医療機関へ全額寄付することを発表した。

     前田は「この度、マエケンオンラインストアーを作る事になりました!! ここでしか買えないマエケン画伯完全オリジナルグッズを販売していく予定です。同じ物は1回しか作らない予定で、月に1つ商品を出していこうと思っています」と投稿。

     続けて「そして、みなさんが買ってくれた商品の利益は『全額寄付』させて頂きます。寄付先は最前線で新型コロナウイルスの感染患者の治療にあたってくれている医療機関へ寄付させて頂きます。みなさんご協力頂けたらうれしいです。7月に販売スタートを目標に今準備しています」とツイートした。

     独特の感性で描かれたイラストには定評があり、テレビ朝日系「アメトーーク!」(木曜・23時15分)の人気コーナー、“絵心ない芸人”に定期的に出演しているマエケン。2017年には広島ホームテレビと手を組み、収益金の一部を広島市原爆被害対策部へ寄付した。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/a51f81746ce6a6cd9fc120b5462dafca34790ba5

     米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で自主トレを続けるツインズの前田健太投手(32)が26日深夜放送のフジテレビ「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0・25)にゲストとしてリモート出演し、広島在籍時に参考としていた投手について語った。

     日本のプロ野球時代で1番苦労したのは、8勝14敗に終わった09年だと振り返った前田に、MCの「とんねるず」石橋貴明(58)は「この09年の時に、いい投手だなって思ったのは誰でした?」と質問。すると、前田は「中日ドラゴンズの吉見(一起)さんですね。何回も負けましたね。いつも当たって、必ず勝てないんですよ。僕と吉見さんの違いは何だろうというのは、いつも考えていた」と振り返った。

     石橋が「答えは何だったんですか?」と聞くと、「大事なところ、勝負どころで絶対に点を与えないっていうのが、僕が出した答え。流れの中でこの回が勝負ってところっで、僕は点を取られて、吉見さんはしっかり抑えてくる。勝負どころを自分の中でつくって“ここは絶対に点を与えない”っていうのを試合の中で自分で感じるようにした」と話し、翌10年の15勝8敗の好成績につなげたことを明かした。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/977d6d82cb0c6bc9b08fd737d6f74a2c92b7c3ba

     米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で自主トレを続けるツインズの前田健太投手(32)が26日深夜放送のフジテレビ「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0・25)にゲストとしてリモート出演し、日本球界復帰について話した。

     MCの「とんねるず」石橋貴明(58)から「もし黒田(博樹)君みたいに最後の1、2年、“もう1回広島で”みたいな気持ちはあるんですか?」と聞かれた前田は、「そうですね、日本には帰ってみたいなと思いますね。日本でもう1度プレーしたいっていう気持ちはあります」と答えた。石橋の「それでまた18番背負って?」には、「求められなきゃいけないんですけど、求められる状態で帰ることが出来ればベストかなって思いますけれどね」と言い、さらに「そのころ、黒田君とか新井(貴浩)君が監督とかで盛り上がって」と問われると、「そうなったらおもしろいですね」と笑顔を見せていた。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cceb52fe541ce92a296347d74d00139023a20173

    ◆ 球春は突然に──

     「新型コロナウイルス」の問題により、シーズン開幕の見合わせ状態が続いているプロ野球界。依然として具体的な開幕日については公表されていないものの、トンネルの出口は着実に近づきつつある。


     感染拡大のペースも徐々に緩やかとなり、緊急事態宣言の解除も全国的に進んでいるなか、日本プロ野球の各球団は22日の12球団代表者会議を経て、改めて「6月中旬以降の開幕を目指す」という指針を確認。NPBの斉藤惇コミッショナーも、具体的な日程については「緊急事態宣言の解除が最低限の条件」としつつ、「解除されれば、できるだけ早い段階でスケジュール等々を皆さま方にお知らせできるのではないかと思っております」と、今後の進展に期待を寄せた。


     「6月中旬以降」という言葉を素直に信じるとすると、もうすでに開幕まで1カ月を切っている可能性もある。ふだんのカレンダーに置き換えれば、各球団が段々とキャンプ地から離れ、日本のいたるところでオープン戦が本格化してくる3月の頭くらいになるだろうか…。

     いよいよ近づきつつある開幕の日に向けて、ここでは各球団の「開幕投手」に再び注目。監督が発表していた、もしくは開幕投手に内定したことが何らかの形で報じられた投手の“ここまで”を振り返ってみたい。

     今回は、昨季セ・リーグ4位の広島を取り上げる。


    ◆ 佐々岡から前田健太、そして大瀬良へ

     リーグ3連覇の栄光から一転、昨季はAクラス入りも逃してしまった広島。今季は佐々岡真司新監督の下、もう一度リーグの頂点を狙う戦いとなる。その新監督は、開幕投手に大黒柱の大瀬良大地を指名。なんと昨年末の時点から本人に伝えていたのだと言う。

     昨季は自身初の開幕投手を務めて勝利。3年連続で2ケタ勝利を挙げ、リーグトップの6完投も記録するなど、エースとして年間を通して奮闘。オールスターゲームにも自身初めてファン投票1位で選出されるなど、今ではリーグ屈指の好投手へと成長を遂げた。


     この春もここまでは問題なく歩みを進めており、オープン戦では4試合・17イニングを投げて防御率2.65と上々の仕上がりぶり。22日にはマツダスタジアムで実戦形式の練習に参加しており、チームメイト相手ではあるが、より実戦を意識した練習もこなすことができている。

     プロ入りから早7年、ドラフト1位ルーキーの森下暢仁をはじめ、投手陣には自分より下の選手が増えつつある。周囲から不動のエースとして見られる中で、エースたる振る舞いを見せながら、それでいて数字も残し、そしてチームを勝利に導いていく…。かんたんな仕事ではないが、背番号14に求められるものは多い。

     かつてエースとしてカープを引っ張っていた新監督を、自らの手で男にすることができるか。新生・カープの中核を担う大瀬良から目が離せない。


    ▼ 広島・ここ10シーズンの開幕投手

    2010年(○)前田健太[28試 15勝 8敗 防2.21]
    2011年(●)前田健太[31試 10勝12敗 防2.46]
    2012年(●)前田健太[29試 14勝 7敗 防1.53]
    2013年(●)バリントン[28試 11勝 9敗 防3.23]
    2014年(-)前田健太[27試 11勝 9敗 防2.60]
    2015年(-)前田健太[29試 15勝 8敗 防2.09]
    2016年(●)ジョンソン[26試 15勝 7敗 防2.15]
    2017年(●)ジョンソン[13試 6勝 3敗 防4.01]
    2018年(○)野村祐輔[20試 7勝 6敗 防4.22]
    2019年(○)大瀬良大地[26試 11勝 9敗 防3.53]

    2020年(予想)大瀬良大地【2年連続2度目】


    ◆ 大瀬良大地


    ポジション:投手
    投打:右投右打
    身長/体重:187センチ/95キロ
    生年月日:1991年6月17日
    経歴:長崎日大高-九州共立大-広島
    [昨季成績] 26試(173.1回) 11勝9敗 奪三136 防3.53
    [通算成績] 171試(783.0回) 52勝35敗 奪三641 防3.38



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00229637-baseballk-base

    【ロサンゼルス発】ツインズの前田健太投手(32)はユーチューブの「マエケンチャンネル」を18日午前(日本時間18日夜)に更新。「2010年、前田健太、覚醒の秘密」と題し、同年に球団史上初、セ・リーグ史上最年少の投手3冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振)を獲得するきっかけとなった一球と、その極意を明かした。

     広島の新エースとして期待されていたプロ4年目。どれだけ腕を振っても速球のMAXが148キロだった前田が150キロを連発するようになったのはある一球のおかげだという。「(シーズン始まって)1勝1敗で迎えた第3登板目、ここで前田健太覚醒するんですよ。神宮のヤクルト戦で田中浩康さんに投げた一球。本当にこれだけで覚醒したんですよ」

     10年4月8日のヤクルト戦の0―0の3回二死無走者で打席は2番の田中、2ボール2ストライクの5球目だった。「四球は出したくなかった。ヒットはOK」と真ん中に置きにいったストレートが運命を変えた。「今までに見たことのない軌道でキャッチャーミットに収まった。つかんだと思った」と明かした。

     09年は8勝14敗、防御率3・36、193回、147奪三振だった前田は10年に15勝8敗、防御率2・21、215回2/3、174奪三振と活躍。初の沢村賞に選出され、球界のエースに成長した。

    「一番大事なのはリリース」としてトレーナーにボールを持ってもらって力の入れ具合をレクチャー。「投げる時に『せーの』と力入れる。この感覚だけで150キロが出るようになった」と解説。最後は「これを見て『覚醒しました』『プロに行けました』とかドラフトの時に聞けたらうれしい」とまとめた。

     視聴者からも「分かりやすい!」「すごいためになりました!ありがとうございます!」「1球だけで人生が変わるの凄い」などと、多くのコメントが寄せられている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-01857984-tospoweb-base

    このページのトップヘ