広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田健太

     ドジャースの前田健太投手(30)が17日、西日本豪雨で被災した広島県に、義援金1000万円を寄付したと、所属のマネジメント会社が発表した。

     前田は「このたびの西日本豪雨により、お亡くなりになられた方のご冥福(めいふく)を心よりお祈り申し上げます。被災された方々、連日救助活動をされている方々のお力になれたらと思い、微力ながら寄付させていただきました。1日でも早く元の生活に戻れるよう願っております」とコメントした。

     前田は15年まで広島カープに所属。今季はここまでドジャースの先発ローテーションを守り、7勝を挙げている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000168-sph-base&pos=4

     大リーグ公式サイトは30日(日本時間7月1日)付で、ドジャースの前田健太投手(30)が今秋の日米野球に大リーグ選抜の一員として出場を希望していると伝えた。同サイトのインタビューで「大リーグ選抜に選ばれるか分からないけど、選ばれるように頑張りたい」と語った。

     今年の日米野球は11月9日の東京ドームを皮切りに6試合が行われる。同サイトによれば、前田は第4戦の舞台で古巣・広島の本拠地であるマツダスタジアムでの登板を熱望しているという。

     14年の日米野球に侍ジャパンの一員として出場した右腕は、京セラドームで行われた第1戦で5回を2安打無失点と好投し、勝利投手となった。大リーガーとしての凱旋が実現するか注目される。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000158-spnannex-base

    「二刀流」の影響がプロ野球にも広がりを見せている。

     打っては打率.283、投げても8試合で4勝1敗とメジャーで結果を出しているエンゼルスの大谷翔平。あるセ・リーグ球団のスコアラーは「大谷が投打で結果を出していることで、投手の打撃に対する意識が変わってきた」と言う。

    「セ・リーグにいる以上、投手も打席に立つのに、『9番目の野手』という意識が希薄な者が少なくない。でも、大谷が海を渡ってからはメジャーの試合を見る選手が増えて、投手も打席で配球を読むようになったり、安易にボール球に手を出す者が減った。今までは、ただ打席で立って三振しているだけだった投手も、打撃に興味を持ったり、たとえ打てなくても打ち気満々の構えを見せたり、そういう投手も増えてきたね。松坂が(5月20日の阪神戦で)2本(ヒットを)打ったのもいい影響かもしれない」

     もともと打つことが大好きな中日の松坂はここまで10打数2安打。先月18日にプロ初本塁打を放った巨人の菅野は昨季9安打だったが、今季すでに22打数4安打1打点という成績を残している。

     ここまで最も打点を稼いでいるのが広島の大瀬良大地(26)の4打点。打率.095ながら21打数2安打で、2本のヒットはすべて適時打だ。先月12日の阪神戦は1死満塁の場面で先制打、25日の中日戦は1死二、三塁の場面で適時二塁打。6安打0打点だった昨季と比べ、勝負強さが増している。

     交流戦では普段打席に立たないパ・リーグ投手もバットを持つが、先月29日にはロッテの先発・石川がヤクルト戦で4年ぶりに中前打。同じ日、楽天の先発・古川がDeNA戦で同点適時打となるプロ初安打、初打点を挙げた。

     プロの投手は学生時代、好打者が多かった。大谷の二刀流が「打者本能」を呼び覚ましてくれたとしたら、今季のプロ野球は投手のバットにも注目だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000021-nkgendai-base

     「広島-ヤクルト」(18日、マツダスタジアム)

     先発予定だった広島・九里が、またしても雨に泣いた。雨天中止の影響で登板日が変更となるのはオープン戦を含めて今年4度目だ。


     「1年目の時も雨で(登板間隔が)空いたことがあります。大学の時も雨が降っていました」と振り返り、「雨男?それは周りの人が決めること。晴れることを祈るだけです」と苦笑い。「てるてる坊主?僕はあまり信じない」と語り、どしゃ降りの雨の中、タクシーで帰宅した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000166-dal-base&pos=3

    【カリフォルニア州ロサンゼルス発】ドジャースの前田健太投手が30歳の誕生日の11日(日本時間12日)、思わぬサプライズに感激した。右腕は自身のインスタグラムで家族や友人らとお祝いしている写真をアップし、「30歳になりました!! まさか30歳をアメリカで迎えることになるとは想像できなかったな。10年ってあっという間。30歳、前田健太、頑張ります!笑」とコメント。ファンらからもたくさんの祝福メッセージが寄せられている。

     実はこの日、ドジャー・スタジアムのクラブハウスに到着すると、前田のロッカーには風船や米国の国旗や赤青銀のテープなどの目立つ装飾が施されていた。これまで誕生日にロッカーが装飾されるという例はあまりなく、それだけでも驚いていた前田だったが…。「ドッキリの計画をしていたんです」と明かしたのは、ドジャース広報の杉浦氏。杉浦氏によれば、通訳のアイアートン氏が箱の中に隠れ、前田がきた瞬間に飛び出したのだという。前田はかなり驚いたそうだ。

     これまで、前田がアイアートン氏によくドッキリを仕掛けていたが、何倍にもお返しされた格好で、忘れられない誕生日になっただろう。前田は「面白いなって思いました。うれしかったです」と感激していた。

     次回登板は13日(同14日)のダイヤモンドバックス戦。好投に期待だ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000012-tospoweb-base

     ドジャース・前田健太投手が自身のインスタグラムに、広島時代にチームメートだったキャム・ミコライオ投手との2ショット写真を公開。久々の交流を報告しており、ファンからは元助っ投を懐かしむ声が寄せられた。

     2人は、米アリゾナでの春季キャンプ中に再会。にこやかな2ショット写真をアップしたマエケンは「ミコライオに会いましたよ!!みなさん覚えてますか??」と、ファンに問いかけた。

     元チームメートの2人は、お互いの家族を交えて食事に行ったといい、マエケンは「相変わらず大きくて優しくてナイスガイでした」と、楽しい時間を振り返っている。

     元エースと優良助っ投の久々共演にファンからは「懐かしい」の声が続出。15日の段階では「ミコ懐かしい~」「しっかり覚えてますよ」「ミコちゃん…元気そうですねぇ!!またカープで投げて下さい!」といった数多くのコメントが寄せられている。

     ミコライオは2012年シーズンから3年間、広島でプレー。2メートル超の長身から投げ下ろす速球を武器に救援投手として活躍し、15、16年は楽天にも在籍した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000121-dal-spo&pos=3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00112405-fullcount-base&pos=3
     名字とは異なり、それぞれに与えられる名前は親が我が子に何かしらの思いを込めてつけるものだ。時代によって流行などに左右され、変化していく。2018年のプロ野球選手の「下の名前」のランキングを見ていこう。


    〇1位 大樹 8人
    榎田大樹(西)投手
    東條大樹(ロ)投手
    山田大樹(楽)育・外野手
    高橋大樹(広)外野手
    三ツ俣大樹(中)内野手
    渡邉大樹(ヤ)内野手
    田嶋大樹(オ)投手
    山田大樹(ヤ)投手

     読み方は「だいき」「ひろき」など。最多の8人。楽天とヤクルトには「山田大樹」がいる。同姓同名は今年のロースターではこの一組だけ。ともに「やまだひろき」だ。また、榎田大樹は14日に岡本洋介投手とのトレードで阪神から西武へと移籍した。

    〇1位 翔 8人
    岩嵜翔(ソ)投手
    荒波翔(De)外野手
    石川翔(中)投手
    綾部翔(De)投手
    伊藤翔(西)投手
    中田翔(日)内野手
    成田翔(ロ)投手
    山口翔(広)投手

     翔も1位タイの8人。「しょう」「かける」など。日本ハム中軸の中田翔、ソフトバンクのセットアッパー岩嵜翔が代表選手か。哀川翔が「一世風靡セピア」でデビューしたのは1984年だった。


    引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00112405-fullcount-base&pos=3

    このページのトップヘ