広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田健太

    広島大瀬良大地投手が開幕までの期間を新たに習得した「技」を磨く時間にあてる。

    これまでも開幕延期で生じた時間を活用して、ボールの縫い目に指を掛けないフォークの握り、ツインズ前田から伝授されたシュートをテスト。今回の再延期を受けて「今までいろいろ試してきたものを、もっとより良いものにしていくような時間にしたい」と意気込んだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-24050339-nksports-base

     コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ4位の広島東洋カープ。




    12球団唯一全ての開幕投手が勝ち越し

      2015~2019年の5年間、広島の開幕戦先発マウンドに上がったのは前田 健太(現・ツインズ)、ジョンソン、野村 祐輔、大瀬良 大地の4人。

     2016~2018年の間、セ・リーグを3連覇するなどここ数年は強さを見せつけてきた広島だが、その順位と開幕投手の成績は必ずしも一致していないようだ。2015年には前田健太が、2019年には大瀬良大地が二桁勝利を挙げているが、どちらの年も4位に終わっている。前田に至っては1年間ローテーションを守り、200投球回をクリアし、さらに最多勝も獲得したにも関わらずである。2016年はジョンソンが15勝を挙げエースとしてチームを優勝に導いているが、2017年のジョンソン、2018年の野村祐輔は二桁勝利に届かなくてもチームは優勝することができた。

     勝ち星に目を移すと、5年間で54勝を挙げており、これは巨人の59勝に次いで12球団2位の数字だ。さらに、5人全員が勝ち越しており、これは12球団唯一のこと。広島の開幕投手(=エース)は多く勝つだけでなく、「負けない投手」であるとも言える。黒星が少ないだけなら単純に登板数が少ない可能性も出てくるが、平均すると約23試合に登板しており、これはちょうど12球団の平均と一致する。また、投球回については平均約151回と、12球団平均の145回を先発1試合分ほど上回る。それだけ広島の開幕投手たちは、年間を通して「ローテーションを守って、長い回を投げ、負けない」投手だということだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010008-hbnippon-base

     広島の大瀬良大地投手(28)が30日、マツダスタジアムでの全体練習後に取材に応じ、改良したシュートに手応えをつかんでいると明かした。3月上旬に新しい握りでのキャッチボールを開始。開幕延期の決定を受け、さらに練習を進めた。右打者の懐を攻める引き出しを増やし、開幕を待つ。


     大瀬良が新たな武器を手に入れた。シュートだ。これまでも投げていたが、デメリットがあった。開幕延期を受け、握り方を改良したことで不安を解消。「以前のように体が開かなくなった」と力を込めた。

     これまでは球の縫い目に添って指をかけていた。現在は少しだけ縫い目をずらして握る。ツインズ・前田からは、握り方を携帯電話で撮影した写真を送ってもらった。試行錯誤の末にたどり着いた形だ。

     昨季も交流戦辺りで投げていた。だが「曲げようとする意識」が強過ぎるあまり、肘が下がったり、体の開きが早くなったりした。直球とカットボールにも悪影響が出たことで中断した。握り方を変えた今は、直球と同じ腕の振りでも変化するようになった。

     曲がり方に手応えを感じたのは、20日の中日との練習試合だ。七回、大島にシュートを中前打にされたが、ポテンヒットで「思ったよりもバットの先に当たっていた」と実感できた。前日29日のブルペンでも投げ、好感触を感じ取った。

     4・24開幕を見据える中で、佐々岡監督から開幕投手を告げられた。「うれしいし、期待に応えたい。(調整が)難しいとか考えずに、(4月)24日を目指してやっていきたい」。さらにレベルアップし、その日のマウンドに立つ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000021-dal-base

    383fd8f3

     オフにドジャースからツインズへ移籍した前田健太投手。カリフォルニアの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」はドジャースのアンドリュー・フリードマン編成本部長がトレードについて驚きの声をあげた様子を紹介している。



     前田は自らトレードを希望したと自身のYouTubeチャンネル内の動画で発言していたが、フリードマン氏にはこれは“寝耳に水”だった様子。「彼がブルペンに配置転換になった後、私と彼は9月序盤に話をした。腹を割って、思っていることを素直に伝えあった。そして、勝利するための最良の方法を選択し、単純にバランスの取り方を見つけようとしていたのだと、彼は理解してくれた」と昨季終盤の会話内容を明かした。

     右腕は19年も先発としてシーズンをスタートしたが、夏に配置転換でブルペンへ。プレーオフも中継ぎとしてフル回転したが、本人は先発として登板することを望んでいた。そのため配置転換へ一定の理解があったとはいえ、先発での起用可能性が高まるトレードは歓迎だったようだ。

     前田とフリードマン氏の間で分かり合えないことがあったにせよ、日本人右腕にとってこのトレードはボーナス100万ドル(約1億945万円)と先発ローテを手にする良い機会となった。そして先発投手を熱望していたツインズにとっても良いトレードとなったことは間違いない。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00713190-fullcount-base

     広島・正随が大阪市内で実施した日本ハム・中田との合同自主トレで飛距離アップに手応えをつかんだことを明かした。大阪桐蔭の7学年先輩の中田から誘いを受けて実現。6日に合流して20日に打ち上げるまで師事し、「自分は力で飛ばそうとしていたけど、いかに力を抜くか…という話をしてもらった」と金言を授かった。

     中田と同じ右の長距離砲。大卒1年目の昨季は1軍出場がかなわなかった一方、2軍で6本塁打した非凡な打力で春季キャンプの1軍スタートが決まった。ウエートトレを継続して体重は4キロ増の100キロに到達。「秋季キャンプで飛距離はアピールできたけど、確率が悪かった。自主トレの前よりかは少しずつレベルアップできて自信もついた」とうなずいた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000120-spnannex-base

     広島の野村祐輔投手(30)が17日、岡山県倉敷市内のグラウンドで自主トレを公開した。ドラフト1位・森下は、大学の後輩。“明大タッグ”を組み、チームの貯金量産を誓いに立てた。自身は今オフ、筋力トレに重点を置いたことで、体重は3キロ増えて88キロに。パワーアップした体で勝利への道を切り開いていく。



     野村は充実感いっぱいの汗を流した。80メートルの遠投では力強い放物線を描き、体感トレでも体をいじめ抜いた。「昨年の自主トレで仕上げにしていたメニューが、最初からできている」。順調な調整に白い歯がこぼれた。

     今季から明大の後輩である森下が同僚になった。8歳年下の右腕と“明大タッグ”を形成して見据えるのは、そろって白星を積み重ねることだ。具体的な数字こそ明言しなかったが「勝てるだけ勝ちたい」。貯金量産を目標に掲げた。

     助言は惜しまない。自身の新人時代を振り返れば、前田(ドジャース)が道しるべをつくってくれた。「困ったときに聞きたいことがあればアドバイスしたい」。今季が9年目。培ってきた経験を数多く伝えていく。

     昨季は6勝5敗、防御率4・06で終えた。悔しさを力に変える今季。下半身より上半身の筋力が弱いと自己分析して肉体強化に注力してきた。体重は3キロ増の88キロになったが「動きに変化はない」。生涯最重量の最高ボディーで春季キャンプに臨めそうだ。

     「昨年、新たな気持ちで、倉敷で自主トレをしたけど悔しい1年になった。もう一度、ここから始めて、やり返したい気持ちがあった。キャリアハイを目指します」。故郷から幕を開けた20年シーズン。野村は力強く前へ進んでいく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000026-dal-base

     広島の育成を含む新人9選手が7日、広島県廿日市市の大野寮に入った。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=は服などを断捨離。イケメン右腕が、堂々のジャージー宣言だ。

     「広島は練習のイメージしかない。ジャージーしか着ないだろうと。私服は少し。野球に集中するということです」

     入寮といえば、寄せ書きなどこだわりの品を仕込んで紹介するのが一般的だが、鯉のドラ1はひと味違う。大好きな洋服のほとんどを弟に譲り、段ボール3箱分と少ない荷物で実家の大分から“簡単引っ越し”だ。

     佐々岡監督の現役時代の背番号「18」を託された最速155キロの即戦力右腕。割り当てられた104号室は、前田健太(現ドジャース)や大瀬良ら、エースが生活してきた出世部屋だ。

     「知らなかったです。頑張ります」

     年始は大分で過ごし、今月2日には実家近くの神社で初詣。おみくじで「大吉」を引いたという。「悪いことは書いてなかった」。8日から新人合同自主トレがスタート。吉兆に乗って、目標の新人王まで突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000023-sanspo-base

    即戦力右腕がまさかの二刀流!? 広島ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)が8日、独自の調整方法を明かした。

    この日から広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレがスタート。学生時代からブルペンにはあまり入らず、野手の練習を取り入れ、自身の投球スタイルにつなげてきた。プロ入り後もマイウエーを貫き、エース街道を駆ける。

       ◇   ◇   ◇

    大学ナンバーワン右腕が“二刀流”で開幕ローテーション入りの土台を作る。新人合同自主トレ初日に、独自の調整方法を明かした。学生時代から投球練習はあまり行わず、守備練習や打撃練習などに取り組み、自身の投球につなげてきたという。「内野の位置から低いボールを投げることを意識したり、打撃練習に入ったりしてきた」。高校時代は3番打者だったこともあり、打撃は大好き。「打撃から投球につなげることもできると思う」と説明した。

    オールラウンダーの意識が強い。「投手だから投手だけのことをしなければいけないということではなくて、フィールディングだったり、投球につなげていくために、いろんなことをやっていかないといけない」。新人合同自主トレ中のブルペン入りは未定。「球を投げるよりはトレーニングした方が力もついてくる。焦ることなく、入れる時に入れたらと思っています」と語った。

    この日はドラフト5位の天理大・石原貴規捕手(21)と最大約50メートルの距離でキャッチボールを行った。ボールを受けた石原貴は「そんなに力を入れてなかったと思いますけど、回転数が多くて、ボールがのびてくる感じでした。素直にいい投手だなという印象です」。視察に訪れた高ヘッドコーチも「スピンが効いている。しなやかでした」と評価した。

    この日は時折笑顔をみせるなど、終始リラックスしていた。「硬くやっていてもプラスにならないと思う。笑顔でやった方がいいのかなと思ってやっています。体力含め、まだまだ足りない所が多い。筋力、体力アップして、投げられる力をつけていきたい」。目標の開幕ローテーション入りへ、着実に歩みを進めていく。【古財稜明】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01080719-nksports-base

     広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)は3日、1年目の目標に掲げる「新人王」をプロ野球人生の第一歩とした、未来予想図を明かした。

     「新人王を獲りたい。(基本的には)1年目にしか狙えない賞でもあるので、獲ってみたいです」

     受賞すれば、球団では2014年の大瀬良以来。思い描く成長曲線からすれば、即戦力としての活躍も通過点に過ぎない。

     「いろいろなタイトルがありますし、勝てる投手として最多勝とかを狙える投手になりたいです」

     かつて背番号18を背負った長谷川良平、佐々岡真司(現監督)、前田健太(現ドジャース)は、いずれも最多勝に輝いた。栄光の番号を託されたのは、かつてのエースと同様の活躍を期待されるからこそだ。順調に階段を上れば、もう一つの目標も自然とかなうはずだ。

     「侍ジャパンに入ってみたいな……という思いはあります。WBCを熱心に見たりしていたわけではないけど、球界を代表する投手になれれば、侍は視野に入ってくると思う」

     侍ジャパンには、高校、大学と世代別で選出されてきた。昨年8月には大学日本代表の一員としてU18ワールドカップに出場した高校日本代表の壮行試合に登板。昨秋ドラフトで4球団が競合したロッテの同1位・佐々木朗とともに先発した。ヤクルトの同1位・奥川を加えた“BIG3”として比較されるが、対抗心はまるでない。

     「全く意識していないです。あれだけ速い球を投げて注目もされている。佐々木君は佐々木君なので」

     誰にも惑わされることなく我が道を行く。森下の潜在能力を考えれば、現実的……とも言えなくない未来予想図である。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000043-spnannex-base

    このページのトップヘ