広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田智徳

     11月2日(日本時間3日)に開幕した「第2回 WBSCプレミア12」。来年に控える東京五輪の前哨戦となるこの大会で、稲葉篤紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は悲願の優勝を目指し、戦うことになる。11月5日、台湾・桃園市でのオープニングラウンド初戦でベネズエラと対戦する予定だ。


     この大会を中継するテレビ朝日系列で解説を務めるのが、元広島の前田智徳氏。かつて“天才打者”と称された前田氏がFull-Countの単独インタビューに応じ、今大会に臨む侍ジャパンについてや見どころなどについて語った。

     2015年の前回大会は3位に終わり、悲願の世界一を逃すことになった侍ジャパン。今大会こそは頂点に立ち、そして来年に控える東京五輪に向けて弾みをつけたいところだ。そういった国際大会で必ずと言っていいほど侍ジャパン打線に突きつけられる課題が、外国人投手が投げる”速く動くボール“への対応。前田氏によれば、こういったボールへのアプローチは右打者と左打者では異なるという。

     打者にとって手元で“速く動くボール”とは、どれほど厄介なのか。“天才”と称された前田氏は「見極めが難しいですよね。ピッチャーによって曲がりが遅かったり、速かったりするんです。そのボールを引きつけて我慢してポイントを近くしないといけないのか、もしくは曲がる前に捉えるのか」と語る。

     そして、そういったムービングファストボールへの対応の仕方は「右バッター、左バッターで変わってきます」と前田氏は言う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00591404-fullcount-base

     11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSCプレミア12」。来年に控える東京五輪の前哨戦となるこの大会で、稲葉篤紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は悲願の優勝を目指す。侍ジャパンは11月5日、台湾・桃園市でのオープニングラウンド初戦でベネズエラと対戦する。


     この大会を中継するテレビ朝日系列で解説を務めるのが、元広島の前田智徳氏。かつて“天才打者”と称された前田氏がFull-Countの単独インタビューに応じ、今大会に臨む侍ジャパンについてや見どころなどについて語った。

     各球団からの精鋭が集う侍ジャパン。今回のメンバーに関しては宮崎合宿初日に楽天の松井裕樹投手、森原康平投手の2人が辞退し、その後、日本シリーズを戦っていたソフトバンクの千賀滉大投手も右肩違和感により辞退となった。相次ぐ変更があったメンバー構成について、前田氏は「現時点ではベストのメンバー」という。

    「菅野くんであるとか、千賀くんであるとか、みんなが健康であれば、もっとベストのメンバーが集まったとは思いますが、現時点ではこのメンバーがベスト。選手たちは1年間戦って、目一杯優勝のためにやってきている。投手、野手含めて疲労があるということでどうしても難しいところはあります」

     やはりシーズン終了後に行われる侍ジャパンの活動には難しさがつきまとうと前田氏は指摘する。

    「シーズン終わってこうやって集まるというのは、疲労が残っていたり、いいパフォーマンスが出せない中で、代表に無理して行くと迷惑がかかってしまうということも選手は考えると思います。体はできているんですけど、疲労は凄く溜まっている。シーズンをなんとか乗り切ったという選手もいるでしょうしね」

    「WBCとも違った部分で難しいところがあると思いますね。WBCであれば、シーズン前の時期で調整が難しい。まだ体が仕上がってない段階で、気持ちが高ぶりすぎるという難しさもあります。全部がパーフェクトに揃うということはなかなかないと思います。その中で代表メンバーには、しっかりと1つになって戦ってもらいたいと思っています」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00593753-fullcount-base

     広島の緒方孝市監督監督(50)が2019年10月1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの退団を発表した。

     今季は球団初のリーグ4連覇を目指してスタートを切ったものの、開幕から5カード連続の負け越しでつまずきスタートダッシュに失敗。レギュラーシーズン最終戦までAクラス残留をかけての戦いが続いたが、チームは2015年以来の4位でシーズンを終えた。緒方監督はこの責任を取る形でユニフォームを脱ぐことになった。

    ■過去、指導者経験なしの監督はミスター赤ヘルのみ

     緒方監督の退任に伴い、チームの再建が急務となったフロント。来季に向けての第一歩となるのが新監督の選定だ。鯉党からは前監督の野村謙二郎氏(53)の復帰待望論が根強く、リーグ3連覇の土台を作った実績は評価が高い。理路整然とした野球論にも定評があり、「実績」、「知名度」、「期待度」は他の監督候補らの上を行く。

     「知名度」でいえば、広島、ヤンキースなどで活躍した黒田博樹氏(44)も群を抜く。MLBで複数球団からオファーがあったものの、それを蹴って2014年に古巣・広島に復帰。黒田の「男気」は多くの野球ファンから称賛された。また、現役時代「孤高の天才」と称された前田智徳氏(48)のカリスマ性、昨年引退した新井貴浩氏(42)のリーダーシップは高く評価されている。

     ただ、黒田氏ら3人に共通しているのが指導者の経験がないこと。前田氏は2013年に一軍の打撃コーチ補佐と選手を兼任していたが、指導者としての実績はほとんどない。黒田氏、新井氏もまた、引退後はスポーツ紙の評論家や野球解説を務めるなど、ともに現在は現場から離れている。広島の歴史を紐解くと、指導者の経験がなく、いきなり監督になったのは事実上、ミスター赤ヘル・山本浩二氏(72)だけである。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000007-jct-spo

     リーグ4連覇を目指す広島が厳しい状況に立たされている。広島は2019年8月22日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し、7回降雨コールド4-8で敗れた。高卒2年目の山口翔投手(20)が先発し、2回3安打3失点でKO。最下位ヤクルトに痛い1敗となった。首位・巨人が敗れたため、巨人とのゲーム差は変わらなかったが、残り26試合で6.5ゲーム差。巨人は早ければ23日にも優勝マジックが点灯する。

     先発・山口がまたも試合を作れなかった。2回、先頭・村上宗隆内野手(19)にソロ本塁打を許し、2死から小川泰弘投手(29)に四球を与えると、その後も制球が定まらず2つの四球で2死満塁に。山田哲人内野手(27)に2点タイムリーを浴び、この回3点を失った。6月21日のオリックス戦では、試合中に緒方孝市監督(50)から公開説教を受け、1回KOの7月9日には試合中に宿舎に強制送還...。この日の試合後には2軍降格が決まった。

    ■丸が抜けた穴に続き、主力選手の不振が

     この日は上位3チームが敗れたため、上位チームのゲーム差に変動はなかったものの、試合数は着実に減っている。3位DeNAには0.5ゲーム差、4位・阪神には4ゲーム差に詰め寄られている。逆転優勝どころか、クライマックスシリーズ(CS)進出が心配されるところまで追い詰められている。

     昨オフに打線の主軸を担った丸佳浩外野手(30)がFAで巨人に移籍し、戦力ダウンは否めなかった。それでもナインのほとんどがリーグ3連覇を経験しており、開幕前からリーグ4連覇の可能性は高いとされていた。大方の予想をよそに、丸が抜けた穴は大きく、リーグ3連覇を支えた田中広輔内野手(30)、守護神・中崎翔太投手(27)の不振、そして勝負どころの夏場にサビエル・バティスタ内野手(27)のまさかの戦線離脱。リーグ4連覇の夢は風前の灯火となっている。

     広島のV逸で注目されるのが、指揮官の進退だ。今シーズンはチームの好不調の波が大きく、連勝と連敗を繰り返してきた。また、指揮官による公開説教や鉄拳制裁なども見られ、田中の起用を巡る采配も鯉党から批判を浴びた。いまや常勝軍団と化し、優勝して当然とされる赤ヘル。今シーズンの采配も踏まえて、指揮官がV逸で問われる責任は決して小さくはないだろう。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000002-jct-spo

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が16日、自身のブログを更新。15日のDeNA戦(横浜)に8―5で勝って20年ぶりの11連敗がついにストップした広島に思いを寄せた。

     ヤクルトは6月1日までプロ野球記録に「あと2」と迫るセ・リーグワーストタイの16連敗を喫しており、広島ナインをはじめ関係者の気持ちは痛いほど分かる、つば九郎。

     15日の試合前に更新したブログでは「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京D、13日=甲子園)で広島ひとすじに23年間プレーした野球解説者の前田智徳さん(48)と久々に再会して「れんぱいのときは、どんなかんじだったとか、どうあかるくしてったの」と聞かれ「だいじょうぶです、やまないあめはない。あけないよはない」と返していたことを明かしていたが、その夜に広島は長い長いトンネルからついに脱出を果たした。

     最下位のヤクルトは同日の首位・巨人戦(長野)に延長戦の末、首位・巨人に4―7で敗れたこともあって長々と広島について触れることはなかったが、自らの近況を伝えたブログのラストに「まえださん、きくりん、せいやくん。さっそく、あめやんだし、よがあけたね」とだけ書き添え、前田さん、菊池涼介内野手(29)、鈴木誠也外野手(24)の“おとももち”たちにメッセージを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000165-spnannex-base

     「マイナビオールスターゲーム2019」(12日・東京ドーム、13日・阪神甲子園球場)に先立って7月11日に六本木ヒルズアリーナで前夜祭が行われ、トークショーに野球解説者の前田智徳氏(48)、川上憲伸氏(44)、森本稀哲氏(38)が登場。前田氏は、2007年のオールスター第1戦で代打ホームランを放ち、ベンチでセ・リーグの落合博満監督(65)とハイタッチをした際のエピソードを披露した。


     数々のオールスター出場歴を誇り、2005年の第2戦ではMVPも獲得した前田氏。そんな前田氏が、ユーモアたっぷりに2007年のオールスターでのホームランと落合監督との交流について語った。

     オールスター前に肉離れを起こしていた前田氏は、スタメンではなく代打要員としてベンチで待機。試合前には落合監督から直々にバッティングを教わっていたそうで、けがを抱えながらもその教えを「試したら打てた」と当時を振り返った。

     落合監督時代の中日でエースとして活躍した川上氏は、「落合さんがホームラン打った選手とハイタッチするシーンなんて初めて見ましたから、よっぽど嬉しかったと思うんですよ。普段はベンチにずっと座ったままですから」と指摘。落合監督はそれ以外のオールスターでも前田氏を隣に座らせることが多かったそうで、他チームにも関わらず大のお気に入りだったという。

     当時の交流について「話し相手がいなかったんでしょうね。そういうことでしょ?」と冗談を交えて振り返っていた前田氏。2007年のオールスターに限らず、若手時代からチャンスを見つけては「雲の上の存在」の落合監督に練習方法などを質問していたという。川上氏は「天才同士じゃないと話が伝わらないから」としみじみと語り、圧倒的なバッティングの才能を持った2人ならではの世界があるのでは、と分析していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00010034-abema-base

     ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が15日、自身のブログを更新。広島OBで野球解説者の前田智徳さん(48)と交わした切ない会話の内容を明かした。

     「とうきょうどーむで、びさひさの~おとももち!?」と「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京D、13日=甲子園)で前田さんと再会したことを報告した、つば九郎。

     「まえださんから、つばくろう、れんぱいのときは、どんなかんじだったとか、どうあかるくしてったの~など」と聞かれたとし、「だいじょうぶです、やまないあめはない。あけないよはない。ってはなし~」とキッパリ明るく返したという。

     前田さんが2013年限りで現役を引退するまで23年間ひと筋にプレーした古巣の広島は現在1分けを挟んで20年ぶりの11連敗中。一方、ヤクルトは6月1日までプロ野球記録に「あと2」と迫るセ・リーグワーストタイの16連敗を喫している。

     カープ伝説のOB前田さんと、野球を愛してやまないつば九郎の切ない会話だが「さいごまえださんが、まだわからんぞ、あきらめたらあかんぞ!CSは、どこにでもちゃんすはあるから!!!っと、はげましてくれました」とか。最下位に低迷するヤクルトはすでに自力Vが消滅しているが「きょうからこうはんせん、ちょきんのあるちーむから、まずは☆もぎとるぞ~!!!」とセ・リーグの貯金独占状態の首位・巨人との3連戦での白星ゲットに意気込むつば九郎だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000204-spnannex-base

    マイナビオールスターゲーム2019の開催前日となる7月11日に前夜祭イベントが行われる。


    指揮を執る西武辻発彦監督、広島緒方孝市監督が登壇し、翌日からの対戦に向けたトークショーやホームランダービーの対戦を決定する抽選会を行う。またその後の第2部では前田智徳氏、川上憲伸氏、森本稀哲氏のOBによるトークショーが行われる。午後6時から7時まで六本木ヒルズアリーナ特設ステージで。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-07080447-nksports-base

     ◇交流戦 広島―西武(2019年6月4日 メットライフD)

     広島の西川龍馬内野手(24)がセ・パ交流戦初戦となった敵地での西武戦(メットライフD)に「5番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、5番に定着し始めた5月1日の阪神戦(甲子園)から26試合連続安打をマークして1984年山崎隆造の持つ球団歴代2位記録へ35年ぶりに並んだ。

     西川は「打ったのはストレート。チャンスだったので後ろに繋ぐ気持ちでいきました。誠也がよく走ってくれました」とコメント。

     西川は令和がスタートした5月1日から5番打者に定着(11日のDeNA戦だけ1番)し、その日から連続安打をスタート。この日も「5番・左翼」で先発出場すると、0―4からバティスタの左翼スタンド上段に飛び込む2試合ぶりの16号ソロで1点を返し、なおも鈴木の左前打などで無死二塁で迎えた4回の第2打席で西武先発の右腕・今井が投じた2ボール1ストライクからの4球目、外角直球を叩いて左中間フェンス直撃の二塁打とした。

     球団記録はプロ野球記録でもある1979年高橋慶彦の33試合で、西川はその記録まであと7試合。順調に試合を消化し、記録を続けていけば12日の日本ハム戦(札幌D)で高橋の記録に並ぶ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000164-spnannex-base

    このページのトップヘ