広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    前田智徳

     黒田氏VS新井は黒田氏の勝ち!名球会フェスティバル2017が15日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、野球教室の後、東西対抗戦が行われた。昨季限りで引退した元広島の黒田博樹氏(41)は本来なら西軍だが、山本浩二理事長の発案で東軍にトレード。東軍の3番手としてマウンドに上がると、スタンドから大歓声が起きた。

     黒田氏は古巣・広島の先輩である前田智徳氏を中飛、日米で数々の勝負を繰り広げてきた福留(阪神)を右飛に仕留めると、2死から新井が打席に。初球は134キロ、2球目は133キロでいずれも内角をえぐる球で体を起こすと、最後は外角低めの129キロで遊ゴロに仕留めた。

     黒田氏は登板後「気持ち良くマウンドに上がらせてもらった。昨年引退したのですけど、少しずつ野球界に貢献できれば」と話し、新井の打席で球速を上げた本気の勝負に「(打席が)新井だったので。真剣にやりました」と語った。新井は「球が速かった。ちょっと悔しいです」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000007-dal-base

     昨季で引退した元広島・黒田博樹氏(41)が14日、宮崎市内のホテルで日本プロ野球名球会の総会に参加。理事長を務める山本浩二氏(70)は、15日の「名球会フェスティバル2017 in宮崎」の東西対抗戦(KIRISHIMAサンマリン)で黒田氏と新井貴浩内野手(39)を対決させるプランを明かした。広島を25年ぶりにリーグ優勝に導いた2人が南国で熱いバトルをくり広げる。

     黒田氏の“復活登板”が決定した。引退した男気右腕が再びマウンドに上がる。

     「(サプライズを)考えている」と明かしたのは、名球会の理事長留任が決まった山本氏だ。

     熊本地震の復興支援などを目的に行われる名球会フェスティバル。午後からの東西対抗戦では東軍の監督をソフトバンク・王貞治球団会長が務め、西軍のメンバーには江夏豊氏が名を連ねるなど往年の名選手が熱いバトルをくり広げる。

     西軍の投手が10人に対し、東軍が5人だったため、山本氏は西軍の黒田氏を東軍に“移籍”させることを決断。これにより、昨季25年ぶりのリーグ優勝で広島を熱狂の渦に巻き込んだ黒田氏-新井の対決が実現することになった。

     「(東軍では)自分が一番年下なので投げるつもりでいる。野球界に恩返しができるようにしたいです」と黒田氏はやる気満々。新井は「楽しみ? それはわからない」と複雑な心境を吐露したが、広島監督時代に2人をエースと4番に育てた山本理事長は、「黒田が投げる機会は引退してからなかったし、新井との対決はファンは楽しみにしてくれるだろう。私も見たい」と話し、このガチンコ対決案をずっと温めてきていた。

     さらに西軍には新井のほか、衣笠祥雄氏、野村謙二郎氏、前田智徳氏が並ぶ。2006年オフにFA権を取得した黒田氏は「カープの選手を相手に投げる姿が想像できない」との名言を残して残留。11年後に広島のレジェンドを相手に投げる姿は本人もファンも想像していなかったはずだ。

     昨年10月25日、日本シリーズ第3戦で2-1の六回途中、足がつって降板。日本ハム・大谷に“最後の1球”を投じて終幕した伝説が、宮崎で再び幕を開ける。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000031-sanspo-base

     広島の鈴木誠也外野手(22)が24日、一からの打撃改造を明かした。プロ4年目の今季は129試合に出場。初めて規定打席に到達し、リーグ2位の打率・335、同5位の29本塁打、同5位タイの95打点と、リーグ屈指の成績を残したが、好成績にも固執することはない。変化をテーマに再スタートを切る。

     「脱・神ってる」を誓う来季に向けて、鈴木は変化をテーマに掲げた。今季は打率・335。29本塁打、95打点と好成績を残したが、これらはすでに過去のもの。打撃改造-。「維持しようとは思わない」と言う。

     意外な発言だった。全部門でキャリアハイを記録した1年。この日もマツダスタジアムでマシン打撃に取り組むなどオフも打撃練習を続けているが、「今年の打ち方は忘れた。戻そうと思っても、戻せない」と笑った。これは天然ではなく、意図して忘れようと努力した結果。「体は変わっている。一日一日、どう変われるか」と続けた。

     好成績を残した今季の形をベースとするのが普通だが、「維持する必要はない」と強調する。CS、日本シリーズでは打撃不振。レギュラーシーズンの姿を追い求めすぎたことで計10試合で打率・167、3打点と精彩を欠いた。打撃改造を決めたのは、初選出された野球日本代表「侍JAPAN」の強化試合出場がきっかけだ。

     「試合でいろんな人に話を聞きました。(昔は昔)今は今、だと考えが変わって、試合でいい結果が出たので。切り替えの重要性を感じた。今は今の振りやすい打ち方でやっています」

     来年3月のWBC日本代表に選出された。世界相手の戦いが控えるが、2月1日のキャンプインに照準を合わせ「僕はまだレギュラーじゃないので。結果を出していいものを見せたい」と猛アピールを誓った。「カープはカープ、侍は侍でしっかりやっていく」と鈴木。まだ成長の過程。変化を恐れず進化を目指す。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000017-dal-base

     広島の松山竜平外野手と会沢翼捕手が26日、広島市のショッピングセンター「アッセ」で行われたトークショーに参加した。

     カープ女子など約150人が詰めかけ、野球の事やプライベートな事まで約1時間、話をはずませた。参加者からの「道具へのこだわりは?」という質問に、松山は「僕はバットですね。毎年、バット工場に行って新しいものを試しているけど、今使っているよりもいいものがない。重さは925~930グラム。短いけど扱いやすいものがいんです」と話した。

     会沢はキャッチャーミットを挙げ「シーズンでは2個をつかう。試合後には毎回『ありがとう』と言葉をかけながら磨いています」と振り返った。

     松山には髪型への質問も。「いつまで丸刈りですか?」の問いに「髪型に興味がないんですよね…。もし長くなっていたら何かがあった訳じゃなくて、面倒くさいから切ってないだけと思ってください」と笑いを誘った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000057-dal-base

    「来年コーチなどのオファー? していない。あっち(米国)に家族がいるし、しばらくゆっくりしたいみたいだから」

     去る18日に引退会見を行い、昨25日の日本ハムとの日本シリーズ第3戦に先発した広島の黒田博樹(41)。引退会見に同席した鈴木清明球団本部長(62)を試合前の札幌ドームで直撃すると、来季の入閣は否定した。

     20億円ともいわれるメジャーからのオファーを蹴って広島に復帰して2年。「男気」旋風を巻き起こし、カリスマ的な存在感でチームを牽引した。25年ぶりの優勝の立役者と言っても過言ではない黒田が、このまま「さようなら」ではいかにも寂しい。将来の監督就任の可能性について尋ねると、同本部長はこう言及した。

    「有力候補? そのころに私がいるか分からないが、当然そうなるやろうね」

     さて、ここからが問題である。一体“それ”はいつなのか。現職の緒方孝市監督(47)は就任2年目でチームを25年ぶりのリーグ優勝へと導いた。この日本シリーズでも采配がズバズバ的中している。名将と呼ぶには早いかもしれないが、広島のさる球団関係者がこう言った。

    「来年以降、連覇をするなど、実績を残し続ければ、もちろん長期政権の可能性はありますが、野村前監督が『5年一区切り』と言って自ら退団を申し出たように、5年が一つの目安になっています。仮に緒方政権があと3年として、次に黒田が就任するかといえば、まだでしょう。人材難といわれ、新監督選びが難航した巨人や阪神とは違い、広島は次期監督候補どころか、そのまた次までいますから」

    ■先に前田、佐々岡

     別の球団関係者が話を引き取る。

    「この日、テレビ解説を務めた野球解説者の前田智徳さん(45)と佐々岡真司二軍投手コーチ(49)のOB2人が、いずれ監督になると球団内では見られている。一人が最長5年としたら2人で10年。緒方監督の3年を足すと、黒田監督の誕生はざっと14年後。そこまで先にはならなくても、5年以内はないですよ」

     黒田はこの日、41歳8カ月で日本シリーズ初登板を果たし、1点リードの六回、近藤、大谷を打ち取った後に「ふくらはぎをつってしまった」(黒田)ためベンチ裏へ消えた。

     すぐにテーピングを終えて再びマウンドへ向かったが、「ふくらはぎだけじゃなく、両ハムストリングが張り出した。こういう試合では無理をするとチームに迷惑をかけることになる」(黒田)のでマウンドを降りたという。黒田は「次の登板の可能性があるならしっかり準備したい」と言った。

     広島は八回、4番手ジャクソンが中田に逆転適時打を許すも、九回2死から安部の同点適時打で追いつき延長へ。十回裏、2死二塁から大谷にサヨナラ安打が飛び出し日ハムが勝利。対戦成績を1勝2敗とした。

    このページのトップヘ