広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    前田智徳

     広島緒方監督は鈴木誠也外野手(23)に声を掛けた。「とにかくゆっくりでいい。来年に響かないように。しっかり治せ」。8月23日DeNA戦(横浜)の守備中にフェンス際の打球を好捕した際に右足首を負傷。「右足脛骨(けいこつ)内果骨折、三角靱帯(じんたい)損傷」と診断され、同29日に広島市内の病院で「骨接合術、靱帯(じんたい)修復術」を受けていた。指揮官が鈴木にそう語ったのには理由があった。



     「象の足って言われたな。それでもテーピングでがちがちにして試合に出たんやけど」

     98年6月12日の阪神戦。緒方は甲子園でフェンスに足首をぶつけて負傷。公称は「足首の捻挫」だったが、症状はもっと深刻だった。当時29歳。96年に50盗塁を決めるなど、3年連続盗塁王を獲得したスピードスターとしてその名を全国に広めていた。ライバルにポジションを渡すくらいならと、試合に出続けた。足は青黒く変色し、スパイクに足が入らないくらいパンパンに腫れた。隠れてワンサイズ大きいスパイクを履いていたほどだった。

     結果的にそのケガが緒方の野球人生を変えた。「走れんくなった」と視線を落とす。「アウトになると思ったことがなかった」と言う男が「スピードが出ない」と頭を抱えた。引退が頭をよぎることもあったという。だがそこで変わった。「打つしかなくなったんよ」。内野安打が狙えないならしっかりと振ることを求めた。下手だったタイミングの取り方を研究し、長距離を打てる打者に変身。99年には盗塁を18に減らしながらも36本塁打を放つなどモデルチェンジ。だが、一番の武器を失いジレンマを抱えたままだった。

     鈴木はまだ、若い。最大の武器のスピードを失ってほしくない。緒方監督が言葉をかけた意味はそこにある。「順調に育ってくれてるから。でも順調って、右肩上がりな人生なんてない。どっかで挫折はある。フルスイングが美学みたいな、三振か本塁打かみたいな4番打者になってほしいとは思わない」。じっくり治して、鈴木はまたグラウンドを駆け回るはず。ジレンマを抱えて野球をするのは、もっともっと先でいい。【広島担当 池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00002539-nksports-base

    <広島4-1巨人>◇13日◇マツダスタジアム

     広島が逃げ切ってカード勝ち越しを決めた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -初回からいい攻撃

     緒方監督 そうだね。

     -岡田が好投

     緒方監督 テンポというかリズムというか。走者を出してもばらつくことがなかったからね。しっかりと前回の修正をして、しっかり6イニングを投げきってくれたと思います。ナイスピッチングです。

     -続投か継投かの判断は

     緒方監督 別に。代えようと思ったから代えただけ。いつもやってることです。

     -西川がアピールを続ける

     緒方監督 初回のあそこで終わるんじゃなくて、あの1点というのは非常に大きかった。やっぱり連日こうやってスタメン起用に応えてくれるわけやからね。ここからはちょっと、出続けたことがないからしんどいかもしれないけど。チャンスをしっかりつかめるようにね。結果ばっかりこっちは言っていない。いい内容のものを見せてくれればいいわけだからね。

     -阿部について

     緒方監督 すごいね。本当に2000安打というすごい大記録を達成してね。捕手というハードなポジションのなかで、いろんな体の故障を抱えながら。打撃センスというのはもちろん一流の打者なので。目の前にしてあっぱれだね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01871720-nksports-base

    <広島4-3阪神>◇1日◇マツダスタジアム

     今日にもマジック点灯じゃ~! 広島鈴木誠也外野手(22)が1回に先制打を放ち、チームを勝利に導いた。貯金を今季最多となる28にまで増やし、今日にも優勝へのマジックナンバー「36」が点灯する。決勝打にも笑顔を見せない4番と同様に、チームに気の緩みは一切ない。若き主砲とともに、緒方広島がV2ロードを突き進む。

    【写真】広島鈴木が侍の誓い 稲葉ジャパンに呼んでください

     またも鯉の4番が試合を動かした。1回1死一、二塁。4番鈴木が外角カットボールを捉えた打球は遊撃大和の頭上を越え、左中間で弾んだ。奇跡を信じて広島に乗り込んできた阪神の出ばなをくじき、チームに勢いをもたらした。エルドレッドの適時二塁打もあり、幸先よく3点を奪った。

     先制機を逃さなかった。立ち上がりに2四球と制球に苦しむ阪神先発の岩貞から好機を得ると、ストライクゾーンに入ってきた球に反応した。「積極的に行こうと思って、行けたのは良かった」。3ランを含む4安打5打点の7月30日ヤクルト戦から2戦連続打点。いずれも貴重な打点となった。

     開幕から打撃感覚が上がらず、試行錯誤を続ける。一時2割9分台の打率は3割3厘に良化。21本塁打はリーグ3位で、77打点はリーグトップを誇る。それでも「数字で野球をやっていない。僕は技術を上げていきたいと思ってやっている。あまり成績にとらわれてやっていない」と満足感も達成感もない。

     7回2死二塁では、高橋のスライダーを打ち損じて左飛に倒れた。直後にはベンチで前の背もたれに顔をうずめ悔しがった。向上心と探究心の塊に、緒方監督も目を細める。「凡打すればベンチで力いっぱい悔しがるし、1本じゃ満足しない。1打席に集中して結果を求めて闘争心をむき出しにする。調子が良かろうが悪かろうが、今のチーム状態であれば彼を4番で使う」。意外性を連想させる「神ってる」と呼ばれた昨年とは違う。堂々たる主軸の立ち位置を築いた。

     普段は気さくで親しみやすい22歳。ただ、グラウンドに立てば人が変わる。4番の重圧もある。研ぎ澄まされた精神状態から周囲の声が耳に入っていないように思われることも。チーム内からは好感を持って“宇宙人”と呼ばれることもある。

     4番がたぐり寄せた試合の流れを最後まで譲らず、貯金は今季最多28に膨らんだ。今日2日阪神戦に勝ち、DeNAが敗れればマジックがともる。緒方監督は「全然関係ない」とかぶりを振る。連覇へ向けた道筋を描き始めたチームとともに、4番鈴木も高みへの歩みを止めるつもりは、まったくない。【前原淳】

     ▼広島がM点灯に王手をかけた。今日の試合で広島●、DeNA○ならば広島にM36が出る。これまで広島のM点灯が早かったのは、日付では80年と16年の8月24日で、試合数では80年の開幕87試合目。ただし、80年は130試合制で、M点灯時の広島は残り43試合。今日点灯した場合、残りが46試合あり、日付だけでなく、残り試合から見ても「最速M」になる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-01865683-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―1ヤクルト(2017年7月28日 マツダ)

     広島の鈴木誠也外野手(22)が28日、ヤクルト戦の2回に先制の20号ソロを放った。高卒5年目までに2年連続20本塁打をマークしたのは、球団では1993、94年の前田智徳以来。打点も71とし、DeNAのロペスに並ぶリーグトップに立った。4番の決勝弾で快勝。優勝マジックは最短で8月1日に点灯する。

     重圧に苦しんでいるからこそ、輝ける一発だった。2回無死。鈴木の強烈な打球は、先制ソロとなって左翼席上段に消えた。2年連続20号。チームに勢いを呼び込む、まさに4番の仕事だった。

     「自分のスイングでしっかり捉えることができた。(難しい内角シュートを打ち)あれだけいい球を打てると、投手も“あれを打たれたか”ってなる」。前夜の巨人戦では初回、左翼ポール際に大飛球。一度は本塁打の判定も、リプレー検証でファウルに。打ち直し、正真正銘の一発だ。

     これで71打点。リーグトップのDeNA・ロペスに並んだが、道のりは平たんではない。22歳。若くして4番を任された今季は開幕から打率3割をキープも、7月に入って下降線を描いた。9日には・289。想像以上の重圧にもがいていたが、14、15日に出場した球宴で転機があった。

     他球団の精鋭に積極的にアドバイスをもらう中、オフに合同自主トレを行う“師匠”のソフトバンク・内川から「俺もあったよ。おまえはまだ若い。経験もないんだから」と励まされた。内川も4番を打った15年に打率・284。8年連続打率3割を逃した。4番のプレッシャーを肌で知る者にしか分からない会話で、鈴木は一気に気持ちが楽になった。

     29本だった昨季は120試合目で20号。今季は93試合目とペースは大幅に上回る。悩み、苦しみながら描く成長曲線。昨季の4番・新井も「あの若さで凄く頑張っている。成績も堂々たるもの」と感服するが、本人は「20本はうれしいけど、得点圏で数多く回してくれるので打点をもうちょっと…」と貪欲だ。

     母校の二松学舎大付は、きょう29日に東東京大会決勝を控える。「結果は気にしている。何とか行ってくれるんじゃないかと思う」。自身は甲子園に出場できなかった。後輩の勝利を願う「エール弾」となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000083-spnannex-base

    <広島5-0阪神>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が独走モードに突入だ。2位阪神との直接対決で、菊池涼介内野手(27)がきつ~い1発を見舞った。4回。リードが2点に広がり、なおも2死一塁。「反応」と振り返る1発は、岩貞の内角直球を仕留めたもの。左翼席奥のコンコースに着弾する推定130メートル弾。阪神の左翼福留が1歩も動かない特大5号2ランで、試合を決定づけた。

     171センチ、72キロの体格から養った感覚でぶっ飛ばした。飛距離のルーツは憧れにある。武蔵工大二時代に「ロングティーを見て、化け物だと思った」と憧れたのが、2学年上で元ソフトバンクの中原恵司氏だ。まだ体も小さかった菊池は飛距離に目を輝かせた。「飛ばすことに憧れた。もう、ロングティーばっかりした」と笑う。バットを入れる角度、スピンの掛け方。「コツがあると分かった」と感覚をつかんだという。中京学院大に進み、飛距離に磨きをかけた。繊細で抜群の感覚が体格をカバーする。緒方監督も「大きい大きい本塁打を打ってくれて。本当に大きかった」と目を細めた。

     菊池の1発でチームは完全に流れに乗り、無失点リレーで今季最多の貯金18。2位球団とのゲーム差を今季最大の「5」とした。菊池は「球宴まで貯金を削らずにいければ」。鯉の独り旅が始まりそうな気配だ。【池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01846219-nksports-base

    このページのトップヘ