広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    加藤拓也

     ドラフト1位で入団し、今季4年目を迎えた広島の矢崎拓也投手(25)が1軍での活躍を目指し、試行錯誤を続けている。

     矢崎の最大の武器は力強い直球だ。最速は153キロを誇るが、さらに球速をアップさせるために取り組んでいるのが、骨盤の回旋を意識した投球だ。

     このオフ、IT技術を駆使して野球データ解析を行う(株)ネクストベース(本社・東京)に足を運び、バイオメカニックスや投球理論の話を聞いた。自身の投球フォームも解析してもらい、その中でアドバイスを受けたのは、左足が着地した瞬間にしっかり骨盤を回すことだった。

     上半身と骨盤(下半身)のねじりを利用することで、効率良くボールに力を与えることができる。「今までは左足が着地したときに体が回っていない状態だった」と矢崎。骨盤をスムーズに回転させるため、これまで以上に体全体を使って投げるようにしている。

     長所を伸ばす一方で克服しなければならないのが制球難だ。今春キャンプでは1軍メンバーに入ったものの、2月24日の巨人とのオープン戦(那覇)では直球が高めに浮き、1回を2安打2四球2失点と崩れ、無念の2軍降格となった。

     制球力を向上させるために心掛けているのがストライクゾーンで勝負すること。「相手に振ってもらうことで四球の数も減らせる。ゾーンの中に投げられる確率を上げていきたい」。菊地原2軍投手コーチも「直球だけでなく変化球でもカウントを取れるようになれば。徐々に良くなっている」と話す。

     慶大から16年度ドラフトで1位入団。プロ初登板初先発となった17年4月7日のヤクルト戦(マツダ)では九回1死まで無安打無得点に抑え、初勝利を挙げる鮮烈デビューを飾った。しかし、3年間で手にした勝利はこの1勝のみ。18年は1軍登板がなく、昨季は5試合に終わった。今季は同じ東京六大学リーグ出身の森下(明大)が1位で入団。矢崎も負けてはいられない。

     開幕は不透明な状況だが、それもプラスに変える。「この時間をどううまく使っていくか」と、1軍昇格へ向けてじっくりと課題に向き合っていく。2軍も1勤1休となり、自宅で過ごす時間も増えた。家庭では妻の料理を手伝うなど良き夫だが、家族のためにもグラウンドで結果を残すことが一番だ。

     負けん気の強さと勝負度胸はだれもが認めるところ。背水の4年目。直球のキレと制球力を向上させ、逆境からはい上がる。(デイリースポーツ・赤尾慶太)

     矢崎拓也(やさき・たくや)1994年12月31日生まれ。東京都出身。右投げ右打ち。投手。176センチ、90キロ。背番号13。今季の年俸1000万円(推定)。慶応高では3年春からエースとなり、同年夏は神奈川県大会8強。慶大では2年春に4勝して優勝に貢献した。大学通算24勝12敗。16年度ドラフト1位で広島入団。旧姓は加藤。夫人の籍に入り、19年からの登録名を「矢崎」に変更した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00000066-dal-base

     広島の矢崎拓也投手(25)が6日、大野練習場での2軍通い組の全体練習に参加した。ブルペンに入り、直球を軸に変化球を織り交ぜながら約40球を投げた。

     現在は、課題である制球力向上へゾーン勝負を意識している。「ゾーンの中に入る確率を上げたい。相手に振ってもらわないといけないので」とストライク先行の投球を心掛けている。見守った菊地原2軍投手コーチは「ストライクゾーンに入る確率が大事。変化球でカウントを取れれば」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000070-dal-base

     広島の矢崎拓也投手(25)が11日、大野練習場での2軍全体練習に参加した。ブルペンに入り、直球を中心に48球を投げた。

     4年目のドラ1右腕は「力がまとまってない感じがしたので、リリースに力を入れたい」と話した。見守った永川2軍投手コーチからフォームについて指導を受け、「上体が先行してしまうので、下半身から(投球に)入るようにしている」と説明した。

     春季キャンプは1軍スタートも2月24日の巨人とのオープン戦では1回を2安打2四球2失点。直球が高めに浮くなど結果を残せなかった。

     力強い速球が持ち味で、課題は制球力だ。「リリースポイントを一定にしたい。いいときの投球を再現してそれを反復できれば」と開幕までの時間を有効に活用し、理想のピッチングを追求していく。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000092-dal-base

     「広島春季キャンプ」(26日、沖縄)

     春季キャンプを打ち上げた。この日は薮田和樹投手、矢崎拓也投手、アドゥワ誠投手、ドラフト5位・石原貴規捕手(天理大)は不参加で、2軍がキャンプを張る日南へ移動した。試合への出場機会を増やすのが狙い。

     高ヘッドコーチは「先発候補のピッチャーは長い回を投げてね。今後、入れ替えもあると思うし、まだ(開幕メンバーは)わからないから」と話した。

     また、28日から2軍調整を続けてきた石原慶幸捕手が1軍に合流する見込み。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000094-dal-base

    ■広島 9-8 巨人(オープン戦・24日・那覇)

     巨人は24日、那覇で広島とオープン戦を行い、8-9で敗れた。新外国人のエンジェル・サンチェス投手が先発するも、1回を5安打5失点の大炎上。先発ローテ入りに不安を残す投球内容となった。広島は打線が好調でオープン戦3連勝となった。


     サンチェスは先頭の田中に右前打を許し、一死後に坂倉に先制の適時三塁打を浴びた。さらに鈴木の左犠飛で2失点目。そして西川、ピレラに連打を浴び、安部には右翼席へ3ランを浴びた。

     一方、巨人の4番岡本は3回に右犠飛、5回に2点二塁打を放ち3打点の活躍。3番丸も3打数3安打と気を吐いた。新外国人のパーラは3打数1安打だった。

     広島では途中出場した2年目の小園海斗内野手が3打数3安打2打点と躍動した。4回の第1打席で右前打、7回の第2打席では高田から右越え1号ソロ、9回の第3打席も適時二塁打を放ち3打数3安打2打点の大活躍。田中広輔内野手との遊撃の定位置争いは熾烈を極めている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00699564-fullcount-base

    広島矢崎拓也投手が球質向上に余念がない。1回無安打無失点と好投した前日の紅白戦から、この日はブルペンで77球。

    「感覚は悪くなかったけど、課題を詰めておきたかった」。午後には広島キャンプ名物の坂道ダッシュ。全長50メートルを走りきる例年とは違い、傾斜角度の違う箇所を区切り、本数が増やされた。「(狙いは)瞬発系だと思う。自分みたいなタイプには合っていると思う」と意図を理解しながら坂道を駆け上った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040815-nksports-base

     マツダスタジアムでの秋季練習に参加している広島の九里が、秋季練習で2度目のブルペン入りした。捕手を立たせたまま、直球中心に約20球を投じた。

     今季2軍調整が続いた薮田、矢崎を除けば、1軍で唯一ブルペン投球を継続中。「感覚を忘れないようにするためです。たくさん投げ込もうとは思っていない。(休養は)オフの期間にもつくれる」と説明した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000022-spnannex-base

     7日のプロ野球公示で、広島は中継ぎ右腕の一岡竜司を抹消し、16年ドラフト1位の矢崎拓也投手を1軍昇格させた。中日はドラフト4位の石橋康太捕手を1軍昇格させた。開幕マスクの加藤匠馬捕手は2軍再調整となった。


     巨人はドラフト1位の高橋優貴投手が1軍昇格し、同日のDeNA戦で先発する。前日6勝目を挙げたメルセデスを抹消した。オリックスは竹安大知投手、ロッテは土肥星也投手を出場選手登録した。また、前日に登板した日本ハム金子弌大投手、オリックスのK-鈴木投手、楽天の美馬学投手が抹消となった。

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    広島
    投手 矢崎拓也

    ヤクルト
    投手 清水昇

    巨人
    投手 高橋優貴

    DeNA
    投手 飯塚悟史

    中日
    捕手 石橋康太

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 一岡竜司

    ヤクルト
    投手 蔵本治孝

    巨人
    投手 CC・メルセデス

    DeNA
    投手 平良拳太郎

    中日
    捕手 加藤匠馬

    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    オリックス
    投手 竹安大知

    ロッテ
    投手 土肥星也

    ■出場選手登録抹消
    日本ハム
    投手 金子弌大

    オリックス
    投手 K-鈴木

    楽天
    投手 美馬学



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00432725-fullcount-base

     「広島2-6ヤクルト」(11日、マツダスタジアム)

     明らかに、我を失っていた。

     二回、先発の岡田がストライクが入らなくなり、4者連続四球。捕手の会沢や遊撃手の田中広が声をかけても効果なく、たたきつけるワンバウンドのボールや抜けた変化球が打者の頭部付近に向かうなど、明らかなボール球を連発した。1回0/3を2安打6四球6失点でKO。自滅でチームは4連敗となった。

     デイリースポーツ評論家の関本四十四氏は「立ち上がりから調子が悪く、『まずい』と焦ってしまい、バランスが崩れた。間違いなく、メンタル面が影響している。いわゆるイップスのようなもの。上体と下半身の連動がバラバラになって、本人もパニックになって、どこを修正したらいいか分からなかったと思う」と振り返った。

     前夜は十回に一挙12失点で惨敗。一夜明けても本拠地に重い空気が漂っていたが、岡田はその雰囲気を払しょくするどころか、一気に飲み込まれてしまった。

     4連敗中の失点はトータル「40」。先発陣が4戦連続で5回持たず、厳しい戦いを強いられている。ただ、この日も松山の失策が失点に絡んだように、トータル18失策は断トツの両リーグワースト。野手陣も焦りからミスを連発し、本来のプレーを見失っている。バットも湿り、頼みの主砲・鈴木も17打席ノーヒットと、力みからミスショットを繰り返している。

     関本氏は「口に出したくはないだろうが、丸や新井が抜けたことで弱くなったと言われたくないと思っていたはず。ただ、負けが続いて『あれ、おかしいな』と思っているうちにズルズルとあり地獄にはまってしまった。こういう時はエースの大瀬良が完封したり、鈴木がドカンと一発を放ったり、何か勢いのつくきっかけがほしいところだが、『俺がやらないと』、『何とかしないと』などと必要以上に思うと裏目に出る。全員が地に足をつけてプレーしていくしかない」と語った。

     12試合で3勝9敗となったのは10年以来、9年ぶり。ただ、巻き返す時間は十分に残されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000150-dal-base

    <広島2-6ヤクルト>◇11日◇マツダスタジアム

    広島先発岡田がプロらしからぬ四球連発で自滅した。初回に2四球で2失点。2回は先頭から連続四球の後、投手の寺原をストレートの四球で歩かせ満塁。太田に押し出し四球を与えたところで降板となった。1回0/3、6四球で6失点。「初回から思ったところに投げられず、引きずってしまった」とうなだれた。緒方監督は「今のままでは投げさせられない。2軍でしっかりやってもらうしかない」と降格を即断した。


    チームは泥沼に迷い込んでいる。前日10日のヤクルト戦は延長10回の1イニングで12点失点し、開幕から4カード連続の負け越しが決まった。それを受け、練習前の野手陣の円陣で元選手会長の小窪が声だし役を務めた。「やられたら、やり返す!」と短い言葉で鼓舞した。

    岡田も同じ思いだったが、責任感が手もとを狂わせたのか。今季初の4連敗で借金6、首位に5ゲーム差となった。 試練は続く。12日からの6日間で横浜→鹿児島→熊本と移動し5試合を戦う。緒方監督は「地元で勝ててないのでファンの人に申し訳ないけど、明日から試合が続くし、立て直せるようにしっかりとやるだけ」と前を向いた。悪い流れを引きずるわけにいかない。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-04111112-nksports-base

    このページのトップヘ