広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    北別府学

     長谷川良平、安仁屋宗八、外木場義郎、北別府学、佐々岡真司…。

     近年は黒田博樹、前田健太といった2文字姓の投手がエースを務めていたが、昔から広島のエースと呼ばれた投手に3文字姓の投手が多い。

     長谷川は広島創設時のエースとして、通算14年間で197勝を挙げ、引退後は65年から3年間監督を務めた。広島は長く低迷していたが、70年代後半から80年代にかけて黄金時代が到来。その時にエースだったのが、“精密機械の異名”をとった北別府学。北別府は78年から11年連続で2ケタ勝利を達成し、82年と86年には最多勝に輝いた。92年に通算200勝を達成した。

     北別府の後、3文字姓のエースになったのが、佐々岡真司。佐々岡はリーグ優勝した91年に、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。また先発だけでなく抑えを務めた時期もあり、100勝100セーブを達成している。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/104224

     今季は2年連続優勝を目指す広島だが、2月1日のキャンプインを前に、6年目を迎えるブラッド・エルドレッド内野手は25日に来日し、自主トレを行っている。その様子を知った広島OBの北別府学氏が、自身のブログで驚きと喜びを爆発させた。

    「エルドレッド」と題した26日のブログでは、「エルドレッドがもう日本に来て自主トレを始めた! カープの外国人選手がこんなに早く来て自主トレやるなんて見た事がない」と、来日6年目の今季も真摯に野球と向かい合う助っ人に驚きを隠さず。「どれ程張り切っているんだ? それともそんなに日本が好きなのか?」と、その真意を探ろうとした様子だが、どちらに転んでもプラスの理由にしかならないことに気付いたようで「いずれにしても嬉しい事だ(^^)」と顔文字で締めくくった。

     エルドレッド自身はインスタグラムで来日を報告。広島城をバックに自撮りした写真を掲載し、「Like there is any other way to start the day!(また1日がスタートする!)」というコメントに加え、#hiroshimacastle(広島城  #greattobeback(戻ってこれて最高)というハッシュタグで、来日を喜んだ。

     2012年のシーズン途中に広島入りしたエルドレッドは、5シーズンで通算打率.260、101本塁打、278打点の成績。2014年には本塁打王に輝くなど、打線の軸としてチームを牽引してきた。連覇と日本一を目指す今季は例年以上にキャンプインに向けて気合が入っているようだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00010018-fullcount-base

     覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた清原和博氏に球界の先輩がエールを送っている。

     清原氏は今年2月に逮捕され、5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。同氏はTBSの取材で事件後初めてインタビューに答え、その模様が24日の「新・情報7daysニュースキャスター」で放送された。

     その翌日、広島OBの北別府学氏が「清原君の姿勢」と題して自身のブログを更新。「清原君のインタビューを観て彼は立派に闘っているなと感じた。私の知る好青年だった彼の姿だ。その姿勢を息子さんも見てくれているだろう」と綴り、「頑張れ!! そして又、一緒に野球対決しような」と温かい言葉を送った。

     北別府氏は2月の逮捕直後に「間違いであってくれ」とのブログを更新し、眠れないほどショックを受けた心境を綴っていた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00010007-fullcount-base

     70~90年代に広島のエースとして活躍し、通算213勝、沢村賞も2回受賞した野球解説者の北別府学氏(59)が5日、今季限りで引退した後輩の黒田博樹投手(41)にブログで感謝の言葉をつづった。

     前日に引退会見を行った黒田は、自身の背番号「15」が山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続き球団3番目の永久欠番となったことについて言及。「話を聞いた時は自分の中で鳥肌が立ちましたし、北別府さんを始め、諸先輩がおられる中で、こうやって僕自身の背番号がそういうふうになるのは恐縮する気持ちがありました」と話した。

     これに対し、現役時代に背番号「20」を背負っていた北別府氏は「実は現役引退してから、私の背番号は欠番にはしてもらえないのだろうかという思いを抱えていたのは事実です」と複雑な心境を吐露。と同時に「しかし!昨日の黒田君の会見を聞き、喉にずっとつっかえていた小骨が取れたようなという表現しかできないのですが、広島カープで投手初の永久欠番は15番で良かったと心から思えた、私にとっても心に残る会見でした」と黒田に感謝した。北別府氏は以前もブログで「自分の付けていた背番号を欲しがってくれることも大変ありがたいことですが永久欠番というのは選手にとっては何ともいいがたいような誉でもあります」と記していた。

     北別府氏は宮崎・都城農から1975年に広島にドラフト1位で入団。3年目の78年に初の10勝をマークすると、その年から11年連続で2ケタ勝利。79年には17勝をあげ、リーグ優勝に貢献した。82年には20勝をあげ最多勝と沢村賞に。86年も18勝でリーグ優勝に貢献し、最多勝、沢村賞に加えMVPにも輝いた。通算213勝をあげ、94年を最後にユニホームを脱いだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000111-sph-base

    このページのトップヘ