広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    北別府学

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が12日、自身のブログを更新。同日のプロ野球12球団合同トライアウト開催を受け、球界の後輩にあたる参加者たちへの思いをつづった。

     北別府さん自身は正確無比なコントロールを武器に名球会入りを果たしたレジェンド中のレジェンド。トライアウト受験の経験はないが、「毎年、野球を続ける事が出来る選手が少しでも多くいるようにと祈るような気持ちで見ています」とし、「しかし、このトライアウトがあるお陰でもしダメだったとしてもやり切ったと気持ちを切り替える事ができるかもしれません。若くして引退する事がほとんどですから、その後の永い人生を思うと頑張れよとこの時期は、同じく引退を経験して野球関係以外に就職をしているOBは皆、そう思っていると思います」と優しい眼差しで文章をつづった。

     現在もプロ野球の解説、アマチュア選手の指導に野菜づくり…と精力的に動き回っている北別府さん。「私は野球関連に携わっているとはいえ、野球しか知らず常識も知識も何もかも足りぬまま解説者の道に進みました」と自身の引退時を振り返り「どれほど迷惑をかけた事かと思いますが、幸いに周りの方々に助けられながら仕事を続けて来ることができました」と周囲の支えに感謝していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000169-spnannex-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が7日、自身のブログを更新。広島の菊池涼介内野手(29)がポスティングシステムを利用し、米大リーグへの移籍を目指すことを球団が容認したことについて言及し、エールを送った。

     「シーズン中はカープに、日本にとどまって欲しいと願っていました」という北別府さん。だが、現在、菊池涼が侍ジャパンのメンバーとして出場している国際大会「プレミア12」での攻守にわたる大活躍を目の当たりにして「大リーグでも十分に活躍出来るだろうなと頭をよぎっていた所にこの報せでした」と冷静に受け止めた。

     今季まで7年連続でゴールデングラブ賞を獲得し、世界から“忍者”と称された守備範囲の広さ、捕球してからのスローイングの速さや正確性は折り紙付き。今季は優勝を逃したものの昨季までリーグ3連覇の原動力となった中心選手の1人で、今季もシーズン途中まで長くセ・リーグ得点圏打率のトップを走った勝負強い打撃も光る。

     それだけに「菊池という素晴らしいセカンドが抜けるのはチームにとってはもちろん痛いこと」とした北別府さんだが、「その穴を埋めるのは自分だと若手の奮起に期待します」とキッパリ。

     仮に獲得に手を挙げる球団がなければ広島残留となる可能性も残されている。「世界に羽ばたいて欲しい気持ちとカープに残留して欲しいという気持ちが錯綜しております」。夢を追いかける後輩へエールを送るとともに複雑な思いも抱えるレジェンドだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000198-spnannex-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が27日、自身のブログを更新。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留する意思を前日26日に表明した広島・野村祐輔投手(30)の決断に安どした。

     「野村祐輔投手残留ありがとう!」のタイトルでブログを更新。改めて「野村祐輔投手、残留ありがとう!とカープファン全員が思っていると思います。もちろん、私も同じ思いです」とつづり、「年間を通じて安定した投球を見せてくれるようになればエースの座は勿論のこと、またタイトルを狙えるような投手である事は間違いありません。2016年のような活躍を期待します!」と野村が最多勝、最高勝率、ベストナインのタイトルを獲得してチームの25年ぶり優勝に大きく貢献した2016年の再現を期待した。

     北別府さんにとって野村は現役時代の自身と重なる部分が多い“気になる”存在。野村が6月11日の日本ハム戦(札幌D)で自己最短となる初回5失点KOされた際には「もう一度自分の立ち位置そしてやれる事が出来ていない事を今夜から寝ないで考えろ。どうせこんな投球した日は眠れないのだから。出来ない投手には怒りも湧かないのだが俺も自分の事のように眠れないよ今夜は」「叫びたくなるほどこの選手には踏ん張って欲しいのです」と熱い声援を送っていただけに、残留決定の喜びもひとしおだったようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000224-spnannex-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が22日、自身のブログを更新。8月に誕生した初孫の将来としてラグビー選手が候補に急上昇していることを明かした。

     「孫の将来」とエントリー。「うちの孫、平均の大きさのグラフからはみ出し気味にデカいらしい」と乳児身体発育曲線の平均をはるかに上回る孫のグラフを載せ「ならばいけると思ったらしい我が家の女性陣、大分には良いラグビースクールがあると調べているし」と、愛妻や大分県で暮らす初孫の母親である長女の“思惑”に触れた。

     8月5日のブログで「初孫が産まれました!!」と報告し、翌6日には「感動で胸が震えました」とおじいちゃんになった喜びを率直につづっていた北別府さん。今月15日には「我が家に天使がやって来たーー(^○^)」と長女と孫の里帰りを伝え、同17日には「プロ野球選手になるんだよー色々教えちゃるからなどと話しながら抱っこしてドラフト会議を観ました」と微笑ましいおじいちゃんぶりをつづっていた。

     だが、おじいちゃんの願いとはうらはらに、日本列島を感動させたラグビー日本代表の影響は北別府家でも大きかった様子。「女性陣に負けぬよう私は絶対キャッチボールに励もうとこっそり思っとる」とひそかに“反抗”を誓う大投手だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00000141-spnannex-base

     プロ野球の国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代唯一の通算400勝を達成し、ロッテ監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院で死去した。86歳だった。巨人が発表した。

     豪快なキャラクターで「カネやん」の愛称でも親しまれた金田さんの突然の訃報を受け、広島のエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が自身のブログを更新。金田さんとの思い出をつづった。

     「金田正一さんの訃報にあたり本当に寂しい思いです」と切り出した北別府さん。自身の現役時代、夏場に半袖を着ていたところ、巨人戦の解説に来ていた金田さんに「こらっ、投手が半袖を着るもんじゃないぞ!肩と腕を冷やすな」と叱られたことがあったそうで「それから現役の間、私服もアンダーシャツも夏場は長袖を着用することになったきっかけでした。投手に対しての熱い思いを常に持っておられると思った次第です」と大投手を偲んだ。

     また、「私も引退してからですが、広島で美味しいふぐ料理屋を教えてくれとか仕事は大丈夫かとお気遣い頂いたりと思い出は尽きないほどです」と引退後も交流があったことを明かし「金田さんを知り野球への姿勢、ファンの方への姿勢、を学ばせていただきました。本当にありがとうございました。ご逝去にあたり心よりご冥福をお祈り致します」と結んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000267-spnannex-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が9日、自身のブログを更新。愛妻と交わしたほのぼのトークの内容を明かした。

     古巣・広島は目標だったリーグ4連覇を逃し、4年ぶりのBクラスでクライマックスシリーズ(CS)進出もならずにオフへと突入。それでも北別府家ではもちろん、CSを熱心に観戦している。

     9日からはCSファイナルステージが始まり、セ・リーグは巨人―阪神戦(東京D)、パ・リーグは西武―ソフトバンク(メットライフD)のカードとなったが「パリーグは楽天が負けたのが残念と家内が申しておりました」と北別府さん。「ベンチにイケメン二人見つけたらしいです」とし、「この人とこの人誰?聞かれてましたが多分平石監督と岸投手かなと思われます」と続けた。

     今年4月には、愛妻が広島の対戦相手ヤクルトのベンチに「物凄いイケメンを見つけたらしい」とブログで明かし、後日、ヤクルトのマスコット「つば九郎」が自身のブログで「ことしからの、つうやく、みずしまくんです」と明かしていたこともあったが、北別府さんは「ゆっくりとテレビ観戦しているといきなり聞かれますからね」と今回も実に楽しそうだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000145-spnannex-base

     広島OBの北別府学氏が4日、中央区銀座の「ひろしまブランドショップTAU」でトークショーを行った。

     この日、広島が佐々岡投手コーチに監督要請した話題に触れ、「たぶん、受けるでしょう。『本人は考えさせてください』と言っているみたいだけど、腹の中ではよしよしと(思っている)」と予想。緒方前監督が辞任後、新監督候補には元監督の野村謙二郎氏を予想していたというが「もう野村の野球は見たくないでしょう。一回、見ているから。野村がどういう野球をするかは想像つく」と笑った。緒方前監督については「いろいろありましたから。ぶん殴ってみたり、ドーピングも…」と、振り返った。

     広島の投手出身の監督は67年の長谷川良平氏が最後。同じ投手として佐々岡コーチへの期待は大きいようで、「長谷川さんがやってからずっと野手。ピッチャーの監督を、最近は見ていない。佐々岡がなった場合、どんな野球するか。ピッチャー目線の作戦、そのあたりも楽しみだな」とうなずいた。

     佐々岡コーチの人柄についても「人柄もいいですし、明るいですし。暗いのはいけません」と、太鼓判。通算213勝のレジェンドは「(中日は)与田がやったり、(ソフトバンクは)工藤がやったり、広島がピッチャーの監督がないだけに面白い。ファンの目線で見た時、ピッチャーの監督はこうやるんだって。そういう意味ではちょっと楽しみ」と繰り返した。
    ]


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000095-dal-base

     広島OBの北別府学氏が自身のブログを更新し、今季で退任を表明した広島の緒方監督を「夢を見せてもらったと感謝しています」と労った。


     北別府氏は1日に「緒方監督お疲れ様でした」とのタイトルでブログを更新。リーグ4連覇を逃し今季限りで退任する緒方監督に向け「緒方監督、指揮官として5年間 本当にお疲れ様でした!! リーグ優勝の3連覇という功績は本当に大きいしファンもそして我々解説者にも夢を見せてもらったと感謝しています」と労いの言葉を送った。

     プロ野球の監督を務める大変さを感じているようで「指揮をとって眠れない事も多かったと思いますが、少しゆっくりとしてこれからは解説をするのでしょうか カープOBとして一緒に球界、スポーツ界の発展のためにやって行きましょう!」と、広島OBとして更なる活躍に期待を込めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00556997-fullcount-base

     プロ野球・広島の元エースで野球解説者の北別府学氏(62)が5日夜、公式ブログで、初孫が誕生したことを報告した。

     北別府氏は5日の投稿で「初孫が産まれました!!」と報告。6日に更新した次のブログで、長女が広島で初孫を出産したことを説明し、「長女は仕事をしながらも色々と手術を受けたりしていたので諦め掛けていたところの妊娠出産、初孫の誕生、感動で胸が震えました」と感激を明かした。

     子供が生まれた頃を「我が子達が生まれた時は 現役でしたから家庭より野球 家庭を顧みている余裕がない未熟な私でした」と回想。

     「家庭は、ただ日常として普通に存在、そんな中では喜びを家族と共有するどころか常にガミガミ親父という存在でした。もちろん、子供が生まれた時は嬉しかったけれど それ以上の感情を持つ余裕がなかったというのが正直なところでした。特に長女が生まれた時は、投手として最もやりがいを持っていた頃でもあり、ピリピリもしていた頃 勝つ事の邪魔をするものは何者も許さないという雰囲気だったと最近、家内から聞きました。子供達が大きな声を出しただけでも私はジロリと睨んでいたらしいです」と、具体的な「未熟」の例を挙げた。

     そんな北別府氏だけに「遊んであげた事もあまり抱っこしてやった記憶もない父親に 長女がこんな素晴らしい感動を与えてくれました」と、長女への感謝を率直につづっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000060-dal-base

     広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が2日、自身のブログを更新。打ち込まれた投手のマウンドでの心境について赤裸々に告白した。

     8月29日の巨人戦(東京D)で3回途中10失点KOされた広島のエース大瀬良大地投手(28)の胸中を思い「今夜は眠れない事でしょう」と同日のブログに記していた北別府さん。

     同31日には「投手の気持ちは手に取るようにわかるので心情を考え、私まで心が疲弊してくるようですがみなさんから色々と投手陣のご心配を頂き感謝しています!」と鯉党の声に感謝しつつ「打ち込まれた投手はマウンドの上でどのような心境でしょうかという質問にお答えしようと思います」としていた。

     そして、この日のブログでは「今でもたまに夢にうなされる魔の暗黒の2年間もあります」と2年連続で規定投球回に達することができず“限界説”も囁かれた1989~1990年の2年間について自ら触れると「何をしても勝てなかったしあの時の苦しみ抜いた時の経験は、本一冊かける自信があります」と回想。

     「ですから、打つ手がないほどめった打ちにあった投手を見るのは本当に辛い」とし、「アウトカウント一つ取ることがこんなにも苦しいものかと平常心ではないという状況」「茫然自失」「ストライクが入らないのだから替えて欲しいに決まっています」とマウンドで孤独な戦いを続ける投手の気持ちを率直につづった。

     ポーカーフェースで知られた現役時代の北別府さんだが「そんな時はベンチの方をチラチラ見ます!」と意外な事実も。「ところがそんな事知ったこっちゃない、エースなら責任とれ、若手ならこれを乗り越えて育ってくれなどと言ったような理由から代えてもらえない時がある」とし、「様々なプレッシャーに打ち勝ち、そこからどん底まで落ちて這い上がるのもプロ」と結論づけた。

     なお、北別府さんはそんな暗黒の2年間が明けた1991年に11勝をマークしてセ・リーグの勝率1位投手となり、見事に復活。チームのリーグ優勝に貢献している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000178-spnannex-base

    このページのトップヘ