広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    千葉ロッテマリーンズ

     ソフトバンクが2年連続の日本一に輝き、幕を閉じた2018年のプロ野球。各球団の秋季キャンプも終わり、球界はすっかりシーズンオフとなった。各球団が来季に向けた戦力編成を進め、入退団の情報や噂が球界を飛び交っている。



     各球団の助っ人についても、徐々に動きが出始めている。セ・リーグ王者の広島ではエルドレッド、ジャクソン、カンポス、巨人ではカミネロ、マギーの退団が決定。パ・リーグでも、日本ハムのアルシア、ロッテのオルモス、シェッパーズ、ドミンゲス、楽天のアマダー、ペゲーロ、ディクソンらが、来季は新天地に戦いの場を求める。その一方で、広島はカイル・レグナルト投手、巨人はクリスチャン・ビヤエヌバ内野手、ロッテはケニス・バルガス内野手らなど、新助っ人の入団が続々を発表されている。

     今季もNPBでは期待以上の活躍をした助っ人、期待には添えなかった助っ人と、様々だった。彼らの成績が直接成績に反映されたチームもあれば、影響が少なかったチームもあるが、ここでは当初の期待、そして年俸によるコストパフォーマンスを考慮した上で、今季のセパ両リーグのベスト助っ人、ワースト助っ人を独自に選定してみたい。(金額は全て推定)

    【セ・リーグ】
    ○ベスト
    DeNA ネフタリ・ソト(3500万円)
    107試合416打数129安打41本塁打95打点 打率.310

    ○ワースト
    阪神 ウィリン・ロサリオ(3億4000万円)
    75試合281打数68安打8本塁打40打点 打率.242

     セ・リーグは今季、助っ人選手の活躍が目立った。その中でも働きが際立ったのは、リーグ3連覇を果たした広島のヘロニモ・フランスア投手、中日のオネルキ・ガルシア投手、ダヤン・ビシエド内野手、そしてDeNAのネフタリ・ソト内野手だろう。

     フランスアはわずか年俸880万円だったにも関わらず、シーズン途中からセットアッパーとして不可欠な存在に。47試合で防御率1.66と圧巻の成績を残し、広島の3連覇に大きく貢献した。中日のガルシアは今季チームトップの13勝をマークし、ビシエドは首位打者に輝いた。DeNAのソトはシーズン序盤を2軍で過ごしたにもかかわらず、41本塁打を放って初タイトルを獲得した。この4選手の貢献度は甲乙つけがたいが、年俸4000万円、107試合で41本塁打を放ったソトをベスト助っ人に推したい。

     一方、年俸1億円以上の高額契約ながら活躍できなかった選手もいた。阪神では年俸3億4000万円と鳴り物入りで入団したウィリン・ロサリオ内野手がわずか8本塁打に終わり、同1億9000万円のマルコス・マテオ投手も不振。中日のディロン・ジー投手は血行障害のため、開幕後すぐに離脱した。巨人ではアルキメデス・カミネロ投手(同2億2000万円)が故障などで奮わず、中日から移籍したアレックス・ゲレーロ外野手(同4億円)は15本塁打に終わった。

     この中でセ・リーグのワースト助っ人は、やはり最下位に終わった阪神のロサリオだろうか。年俸3億4000万円という期待の大きさに対して、75試合で打率.242、8本塁打、40打点は、あまりにも物足りない数字だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00260142-fullcount-base

     元プロ野球選手の高橋慶彦氏(61)が25日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、広島からロッテ、阪神と移籍したことを振り返って阪神時代は「試合に出てない。遊んでいた」と豪快に笑った。高橋氏は阪神に1991年から92年の2年間在籍。76試合に出場した。


     番組には高橋のほかに元プロ野球選手の西崎幸広氏、星野伸之氏、金村義明氏が出演した。高橋氏は現役時代、盗塁王3回、連続試合安打記録33試合と輝かしい記録を打ち立てたことを紹介された。

     続けてMCの東野幸治が、投手だった西崎氏に最速何キロだったのかを質問。西崎氏は149キロだったと即答した。東野は高橋氏に、西崎氏と対戦歴があるのかを尋ねると、高橋氏は「覚えてない」と返答。西崎氏が「ロッテ行ったときですよ」と高橋氏がロッテ在籍時代に対戦していると訴えた。

     ここで後ろにいた金村氏が「ロッテのときはもう遊んでたもん」とツッコんだ。高橋氏は笑って否定しなかった。東野が笑いながら「ロッテのころは遊んでたんですか?」と重ねると、高橋氏は「一生懸命やってたよ」とぶっきらぼうに答えた。しかし、西崎氏が「1年でやめた」とツッコんで笑いが広がった。

     東野が「1年でやめて阪神に行ったんでしょ。阪神ではどうやったんですか」と尋ねた。高橋氏は「試合出てないしね、ほとんど。桧山、新庄とかのころ。阪神ではほとんど試合出てない。遊んでた」と自白。爆笑のなか、高橋氏はさらに「やっぱ新地が近かったから」と大阪有数の繁華街が甲子園球場から近かったことから遊んでいたと振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000072-dal-base

     巨人が24日、広島からFA宣言した丸佳浩外野手(29)と都内で初交渉を行った。

     交渉後、原監督が報道陣に対応。「ジャイアンツとして、そして監督として誠意をお話しすることができました。あとは吉報を待つという心境でございます」と話した。

     交渉内容の詳細に関しては「今はまだ、伏せておきたいと思います」とした上で、「彼は18歳で広島に行って、そして現在の中で家族もでき、子どもさんもでき、その中で東京に、もしそうなった時にはという、そういう不安というものは当然ある中で、そういう話も出ました」と説明。丸自身の交渉後の報道陣への対応は、他球団との交渉時と同様に行われなかった。

     丸はこれまでにFA宣言残留を認めている広島、獲得に乗り出しているロッテとの交渉を終えている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000164-sph-base

     国内FA権を行使した広島・丸佳浩外野手(29)が19日、マツダスタジアムを訪れ、鈴木球団本部長と約1時間の再交渉に臨んだ。FA交渉解禁後、公の場では初めてとなる。

     丸は「いろいろ話しました。聞いてみたいこと?それも含めてもろもろ」と振り返り、条件については「そこは何とも言えない。そんなに深い話はしていません」と説明した。

     改めて宣言残留の可能性があることも示唆し、「まずは自分のチームとしっかり話し合いを進めてから」と話した。

     また代理人を通して巨人、ロッテから獲得意思があったことを初めて明かした。両監督が出馬する可能性があることに関しては「監督が来られるのであれば僕も出席したい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000117-dal-base

     2018年のプロ野球公式戦が終了し、ストーブリーグに突入した。今季のタイトルホルダーの顔ぶれを見ると最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の菅野智之(巨人)、首位打者、最高出塁率の柳田悠岐(ソフトバンク)、最多安打の秋山翔吾(西武)、盗塁王の山田哲人(ヤクルト)、西川遥輝(日本ハム)といったおなじみのタイトルホルダーから、山川穂高(西武)、大瀬良大地(広島)、多和田真三郎(西武)、新外国人のボルシンガー(ロッテ)などは初めて個人タイトルを手にした。

     山川、大瀬良、多和田、ボルシンガーの4選手に共通しているのが、オープン戦で思うようなアピールをできなかったこと。昨季10勝を挙げ、今季も先発の軸として期待された大瀬良は、オープン戦の防御率は6.23。やや不安な状態で開幕を迎えたが、4月に3勝(2敗)、5月に4勝(0敗)、6月に3勝(1敗)と、6月が終了した時点でシーズン自己最多タイの10勝に並んだ。

     6月1日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「雰囲気が違う。昨年先発で結果を残して、今年もいい形で成績をあげてきている。堂々としている。自分のボールにさらに自信が持ててきていますよね」と昨季からの成長を感じたという。大瀬良はその後も白星を積み上げ、最終的にはリーグ最多の15勝を挙げた。

    ▼最多勝、勝率第1位
    大瀬良大地(広島)
    OP戦:3試 1勝1敗 防6.23
    公式戦:27試 15勝7敗 防2.62


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00172759-baseballk-base

     広島・丸佳浩外野手(29)が、国内フリーエージェント(FA)権を行使する可能性があることが3日、分かった。

     球団幹部は「選手の権利。他球団の評価を聞きたいのなら、聞いてみてもいい。チームにとって大事な選手なので残ってほしい。出せる金額は限られているけど、誠意は尽くす」とFA宣言残留を認めて待つ姿勢であることを明かした。

     丸は昨季セ・リーグの最優秀選手に輝き、今季も4月に右太ももを痛めて約1カ月離脱したが打率・306、39本塁打、97打点で優勝に貢献した。広島ではこれまで、FA権を行使しての宣言残留は基本的に認められていなかったが、欠かせない戦力であることから異例の対応を取る。

     試合後、丸は「今のところは何も決まっていない。期間もあるのでしっかり考えたい」と話すにとどめた。日本シリーズでは6試合で打率・160、12三振と不振だったが、巨人や丸の出身地・千葉が本拠地のロッテなどが獲得調査を続けている。

     ◆丸との残留交渉について広島・鈴木球団本部長 「これまでも話はしてきた。これからも機会があれば話はします」

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000514-sanspo-base

     プロ野球は13日でレギュラーシーズンが終了し、セ・パ両リーグの総観客数は2555万719人で、昨年の2513万9463人を更新し、2005年の実数発表以降で最多となった。

     セは1423万5573人(1試合平均3万3183人)で昨年を約21万人上回り、パも約20万人増の1131万5146人(1試合平均2万6376人)だった。

     広島、DeNAと西武、ロッテ、ソフトバンクは最多更新。阪神と、日本ハム、楽天、オリックスは昨年を下回った。

     平均試合時間はセが昨年より7分長い3時間19分、パは4分長い3時間18分だった。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000086-jij-spo

     ロッテは球団OBの金田留広氏が、10月2日に死去していたと発表した。71歳だった。死因は公表されていない。


     金田正一元監督(85)の実弟で、社会人野球の日本通運から1968年にドラフト4位で東映に入団。右腕だったが、兄と同じ、背番号34をつけた。4年目の72年には20勝で最多勝。74年には兄が監督を務めるロッテへトレード移籍し、同年に16勝で2度目のタイトルをつかみ、リーグMVP。チームのリーグ制覇、日本一に貢献した。

     79年に広島へ移籍後、82年で現役引退。87年から2年間、ロッテで2軍投手コーチも務めた。

     通算成績は434試合128勝109敗2セーブ、防御率3・25。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000099-spnannex-base

     広島は7日の日本ハム戦(マツダスタジアム)で女優の平祐奈が始球式を行うと4日、発表した。

     平祐奈は、サッカー日本代表のDF長友佑都の妻である女優・平愛梨の妹。16年4月5日のソフトバンク-ロッテ戦(ヤフオク!ドーム)で、初めて始球式を務めている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000096-dal-base

    このページのトップヘ