広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    土生翔平

     広島・菊池涼介内野手(26)が12日、静岡・庵原市での自主トレを公開した。

     土生翔平外野手(26)、庄司隼人内野手(24)、磯村嘉孝捕手(24)に、昨季限りで引退し、今季から中日の打撃投手を務める久本祐一元投手(37)と汗を流した。

     昨季は打率3割1分5厘、13本塁打、56打点で25年ぶりのリーグ優勝に貢献。181安打をマークし、最多安打にも輝いた。WBC日本代表にも選出され、「いつもより少し早いピッチでやっている。慌てないようにやりたいが体が勝手に動く」と調整は侍仕様。「黒田さんが抜けて少し苦しい部分はあるが、ボクや、丸、田中とセンターラインで引っ張って行ければいい」とチームリーダーの自覚も口にした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000086-sph-base

     広島の小窪哲也内野手(31)、上本崇司内野手(26)、庄司隼人内野手(25)、天谷宗一郎外野手(33)、土生翔平外野手(27)が11日、広島県福山市のツネイシスタジアムで行われた「ツネイシベースボールクリニック2016」で講師役を務め、150人の少年少女を指導した。

     打撃指導した土生はしっかりタイミングをとって自分のスイングをするように」と呼びかけた。守備を担当した小窪は捕球姿勢などを指導。自らが見本となり細かく教えた。

     閉会式では天谷が「小中学生の皆さん、たくさんの人に支えられて野球ができているということを忘れないように」と話し、「日本一になれなかった悔しさをもって来年、日本一になれるようチーム一丸となって頑張っていきたいと思います」と力強いあいさつで締めた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000066-dal-base

     ◇交流戦 広島3-4楽天(2016年6月12日 コボスタ宮城)

     2試合続けての逆転負けは確かにもったいない。追いつかれてからも特に終盤にチャンスを築いたが、決めきれなかった。それでも投手陣が炎上したとか、野手の誰かの致命的なミスがあったわけでもない。ロースコアの展開で、この2試合は惜しくも力及ばず勝ちきれなかったということ。選手は長いシーズン、こういう時もある…と割り切って気持ちを切り替えればいい。

     交流戦前までチーム打率は12球団トップの・273だったが、交流戦では・219と数字上では低迷している。しかし、内容をみれば、まだ深刻だとは感じない。2回に三ゴロの間に一塁から三塁を陥れた西川の好走塁や10回も石原の中前打から代走・赤松の二盗、四球、犠打など良い形で攻撃はできているからだ。

     その10回の1死満塁では新井が三ゴロ併殺に倒れたが、三遊間を強烈に破ろうかという当たりを阿部に好捕されてのもので、本当に流れ一つだと思う。各選手に言いたいのは、こういう一打がきっかけになって気持ちの面でズルズルいくことが良くない。冒頭に「もったいない敗戦だ」と言ったが、「深刻な敗戦」と思ってはいけない。(スポニチ本紙評論家)


    引用元 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000110-spnannex-base

     プロ5年目にしてようやく1軍の舞台に立った広島の土生(はぶ)翔平外野手(26)。5月31日に念願の初昇格を果たした。3日・ソフトバンク戦(マツダ)で「6番・右翼」で初のスタメン出場すると、右前に初安打も放った。

     「ようやくというか長かったです。本当にラストチャンスだと思っていた。これからが勝負。死にものぐるいでやっていくだけ」

     広島・広陵高校出身で、07年夏の甲子園では主将として野村、巨人・小林誠と共に準優勝に輝いた。その後、早稲田大学に進学し、3年秋には首位打者を獲得。4年時には、主将を務めるなど野球のエリート街道を歩んできた。

     野村祐輔投手(26)、菊池涼介内野手(26)らが、指名された11年のドラフトで4位入団。「同級生が活躍して、焦る気持ちもあった。でも、そこで焦ってもしょうがないので、しっかりと力を付けてからと思っていました」。地道な努力を積み重ね1軍切符をつかみ取った。

     「人と比べるのではなく自分のやるべきことだけを考えていました。モチベーションを保つためには、辛抱強くやるしかない」と自らに言い聞かせ4年間、黙々と練習に打ち込んだ。

     背水の覚悟で臨んだ今季。ウエスタン・リーグでは、40試合で打率・343、2本塁打。1軍から声がかかるのを待ち、猛アピール。緒方監督は「ファームで頑張ってきた。起爆剤になってほしいという思いがある」と好調な若こいを抜てきした。

     昇格後は、5試合に出場。8打数1安打と期待に応えることができず、6日に出場選手登録を抹消された。「結果が求められる世界。1振り1振りが勝負だと思うので集中していかないといけない」と土生。さらなる打撃力向上で、再昇格を目指す。(デイリースポーツ・井上慎也)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000038-dal-base

     広島の下水流昴外野手が10日の楽天戦(コボスタ宮城)で1軍昇格即タイムリーを放った。

     4点リードの3回2死二塁。2ボール2ストライクから、塩見の137キロ直球を中堅・オコエの前へ打ち返した。今季初安打初打点となるタイムリーでリードを5点に広げた。

     今季は開幕1軍スタートだったものの、4月上旬に2軍再調整。この日1軍再昇格したばかりだ。「7番・左翼」でスタメン抜擢した緒方監督の期待に応えるタイムリーとなった。

    このページのトップヘ