広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    坂倉将吾

     リーグ3連覇中の3位広島が、14日の首位巨人との直接対決で敗れ、ついに自力優勝の可能性が消滅した。

     初戦は14残塁で1点及ばず。前日は延長十一回にサヨナラ勝ちを収めたものの、この日は先発・野村が1―1の七回に2点を失い、力尽きた。緒方孝市監督(50)は「一戦一戦、勝ちという結果をつなげていけば(自力Vの可能性が)復活するだろうし」と前を向いたが、巨人と1勝2敗に終わり、ゲーム差は4.5に広がった。

    「ペナントを占う重要な3連戦と注目していましたが、3.5ゲーム差で首位巨人を追う広島の初戦の先発がアドゥワだったのには驚きました」

     とは、巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)。

     実際、アドゥワは前回登板のDeNA戦で勝利投手になったものの、いきなり3失点した試合を味方打線にひっくり返してもらったもの。7月は先発で6、4、5と大量失点を繰り返し、中継ぎに配置転換となっていた。

    「緒方監督に言わせれば、先発ローテの順番通りということなんでしょうが、大事な直接対決の初戦。ローテをずらしてでもエース大瀬良を突っ込むなどの策は考えなかったのか。巨人は離脱していたリーグトップの11勝を挙げる山口を初戦で復帰させ、3戦目は中5日で菅野も投げさせた。追う広島じゃなく、首位巨人の方が臨戦態勢なのは疑問。案の定、アドゥワは初回にいきなり4失点(4回4安打4四死球6失点でKO)、広島打線の追い上げも1点届かなかった。昨年まではチームに一体感があって、終盤の逆転勝ちがお家芸だったが、今年はそういう雰囲気がありませんね」(高橋氏)

     先月、緒方監督が6月30日のDeNA戦で緩慢な走塁をした野間を試合後に平手で複数回たたいたことが発覚。球団が緒方監督を厳重注意したと発表した。前出の高橋氏が指摘する「一体感がない」のは、この一件とも無関係ではないだろう。広島のさるチーム関係者がこう言う。

    「野間のプレーは確かにボーンヘッドだけど、今の時代、プロの選手に手を上げておいて、厳重注意っておかしくないですか? 暴力事件が表沙汰になる前にオーナーが来季の続投をほのめかしたけど、おとがめがないのは監督が今季限りだから。さすがに続投はないとチーム内では受け止められています」

     広島では5年で監督が交代することが多い。緒方監督はちょうど5年目。自力Vが消え、野村謙二郎前監督や佐々岡現一軍投手コーチといった次期監督人事が水面下で始まりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000032-nkgendai-base

     「巨人2-8広島」(1日、東京ドーム)

     広島・坂倉将吾捕手がプロ初本塁打を放ち、巨人の戦意を喪失させた。

     3点リードの九回、2死二、三塁の好機に代打で登場。大竹の146キロをとらえ右翼スタンドへ3ランを運んだ。

     ベンチ前ではチームメートから手荒い祝福も受けた。

     「無心でした。うれしかったです。強く振っていこうと思っていました」。高卒3年目が代打の切り札として存在価値を高めている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000148-dal-base

     「巨人2-8広島」(1日、東京ドーム)

     広島が積極的な攻撃をしかけて巨人に大勝。カード勝ち越しを決めて首位巨人とのゲーム差を4とした。


     1点を先制されたが、四回に松山が同点ソロ。1-1の七回には緒方監督が動いた。無死一、二塁。3ボール1ストライクから代打の磯村がバスターエンドラン。打球は高いバウンドで左前へ抜け代走曽根が二塁から一気にホームインした。

     つかんだ流れは離さない。1点リードを奪い、なお無死満塁から菊池涼が3番手の沢村から左前へ適時打。さらに1死満塁から4番の鈴木が中前へ2点適時打。このイニング6安打で4点を奪い、リードを広げた。

     1点を返されて迎えた九回には代打坂倉が大竹からプロ初本塁打となる3ランを放ち巨人を突き放した。

     先発の野村は6回4安打1失点と力投。初回、1死一塁から3番丸に左翼線へ先制適時二塁打を許したが、その後は持ち味を発揮。多彩な球種を駆使し、アウトを重ねた。野村は今季5勝目。2軍での調整を経て1軍復帰後、これで2連勝となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000136-dal-base

    ◆広島2×―1巨人=延長10回=(21日・マツダスタジアム)

     広島が鈴木誠也外野手(24)のサヨナラ打で同一カード3連勝を収めた。自身今季2度目のサヨナラ打で、チームも6月20日のロッテ戦以来、今季7度目のサヨナラ勝ち。自力優勝の可能性を残し、前日の3位タイから単独3位となった。

     10回1死満塁、カウント1―1から内角低めの直球を右前に運んだ鈴木に思いを聞いた。

     (お立ち台)

     ―西川と坂倉から水をかけられた。今の気持ちは

     「サイコーで~す!」

     ―手応えは

     「外野が(定位置より)下がっていたので、何とか落ちてくれと思ってました」

     ―満塁の場面

     「得点圏だったので、しっかり自分の打撃ができるよう、最後は決めてやろうと。なかなか打てない日が続いて悔しいところがあった。最高の場面で首位のジャイアンツ相手にこういう試合ができて良かった」

     ―3連勝

     「(巨人と)ゲーム差はあるけど、しっかり自分たちの野球をして、あきらめず上を目指してやっていきます。なかなか4番の仕事ができてませんが、応援よろしくお願いします」

     (囲み会見)

     「(手荒い祝福の)坂倉、あとでシバいときます(笑い)」

     ―内角低めの難しい直球

     「ギャン詰まりでした。でも良かったです」

     ―打席に入る際の考えは

     「余裕ない。考えている間に百五十何キロの球が来てしまう」

     ―緒方監督も「今年は好機で強引にならず打てている」と絶賛

     「去年から変えているつもりはないし、(サヨナラ機という)勢いだけじゃない。しっかり(頭を)整理して打席に入るようにしている。それがいい結果につながっていると思う」

     ―4番の仕事が「できていない」というのは

     「得点圏で回ってくることが多いが、なかなか、かえすことができていない状況。しっかり結果を出せるようにやっていきたい」

     ―直前でバティスタが敬遠された

     「どの球を打とうかなと(いう気持ちで打席に)入っていた。別にコノヤローという感情もなく、やるべきことをしっかりやろうと」

     ―逆襲への弾みとなるか

     「今、チームはこういう状態。1試合1試合の勝負になってくる。勢いとかは考える余裕はない。勝つしかない。選手が一生懸命やっていくしかない」

     ―巨人戦は意識していたか

     「いや特に…。僕たちの上には何チームもある(実際はDeNAと巨人)。巨人だけでなく、全チームを意識してやっていきたい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000313-sph-base

    左ひじの手術から約4カ月。現在リハビリ中のカープ・高橋昂也投手。6月中旬には、硬球を使ってネットスローを開始するなど、黙々とリハビリの日々を送っている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00010002-hometvv-l34

     広島が4日の西武戦(メットライフ)に延長12回、4―5で今季初のサヨナラ負け。交流戦黒星発進で令和初の連敗を喫した。4時間24分の熱戦に敗れた緒方監督は、疲れの色を浮かべて「タフな試合になったね」。序盤の4点差を追いついた打線の粘りと救援陣の踏ん張りを評価しつつ「しっかり戦えているが、最後に接戦をものにしていけるようにしないといけない」と手綱を締め直した。

     先発は前回4回途中6失点でローテーション崖っ縁の野村。意外だったのは女房役にこれまでの会沢ではなく、磯村嘉孝捕手(26)を起用したことだ。高ヘッドコーチによれば「(野村の)気分を変えてみようかと」との意図だった。

     野村は6回6安打4失点。3回以降は無失点と立ち直っただけに新バッテリーの評価は微妙なところだが、打撃では磯村が抜てきに応えた。4回一死二塁の第2打席は右翼線を破る適時二塁打で田中広の同点打を呼び込んだ。6回の第3打席にもバックスクリーンまであと一歩の中越え二塁打を放ち、野村降板後の7回守備から会沢にマスクを譲った。

     広島は現在捕手4人制を敷く。坂倉は代打要員&控え捕手だが、ベテランの石原がジョンソン、磯村が若い山口に加え野村の相手を務めるとなると、正捕手の会沢は週の半分しか先発マスクをかぶらないことになる。「アツ(会沢)を壊さないため」との声もあるが、球界屈指の打てる捕手を“温存”できるのだから、捕手不足に悩む他球団にはうらやましい限りだろう。

     野村とのコンビを振り返って「(配球面で)自分の色を出していこうと。ただ4点取られてしまったので次にチャンスがあればゼロに抑えたい」と反省した磯村だったが、2安打で打率は4割2分5厘に上昇。「DHで使おうか」という東出打撃コーチの言葉も冗談には聞こえない。セ王者の広島が捕手層の厚さを見せつけ、敗れても強しを印象付けた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000039-tospoweb-base

    ● 巨人 3 - 8 広島 ○
    <9回戦・東京ドーム>

     広島の坂倉将吾が、10球粘って二塁打を放った。

     坂倉は4-3の7回二死走者なしの場面で、レグナルトの代打で登場。坂倉は巨人・戸根が投じた初球のストレートをファウルにすると、1ボール1ストライクから3球連続でファウルで粘る。そこから2つボールを選び3ボール2ストライクとすると、再び2球連続ファウル。粘りに粘った10球目のストレートを弾き返す二塁打で出塁した。

     この打撃に24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏は「内容が非常によかった。追い込まれたあと、ファウル、ファウルで粘りながら、ボール球を投げさせて、フルカウントに持っていった。真っ直ぐがくるだろうというカウントにしましたよね。大したもんでした」と坂倉の打撃内容を評価。

     その後、坂倉は野間峻祥の内野安打で5点目のホームを踏んだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00189845-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島8―3巨人(2019年5月24日 東京D)

     広島が2位・巨人との首位攻防3連戦初戦に8―3で勝利を収め、2017年4月以来2年ぶりとなる10連勝。2桁貯金に王手をかけた。



     初回に1点先制された広島は直後の2回、主砲・鈴木がバックスクリーン右に14号ソロを放って同点。4回には先頭のバティスタが左中間スタンドへ特大の10号ソロを放って勝ち越すと、死球出塁の鈴木が二盗を決め、会沢の左中間二塁打で生還。さらに2死三塁から暴投でこの回3点をもぎ取った。

     4―3と1点差に迫られて迎えた7回には2死から代打・坂倉が右中間へ二塁打を放ち、捕逸で三進。続く野間のセーフティースクイズが決まって貴重な追加点が入ると、8回にはバティスタのこの試合2発目となる11号ソロに西川も2号ソロで続いて4点リード。9回にも1点を加えた。

     7回には3番手・一岡が危険球により退場になるアクシデントもあったが、九里、フランスアがパーフェクトリリーフ。最後はセーブの付かない5点リードながら守護神・中崎を投入して逃げ切った。

     巨人は初回、坂本勇の14号ソロで先制。1―4で迎えた5回には炭谷の2号ソロと坂本勇の1試合2発となる15号ソロで一度は1点差まで詰め寄ったが、そこまでだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000219-spnannex-base

    このページのトップヘ