広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    坂倉将吾

    <練習試合:広島3-4ヤクルト>◇25日◇マツダスタジアム

    強力2番手捕手だ。広島坂倉将吾捕手(21)が25日、ヤクルトとの練習試合(マツダスタジアム)でスタメンマスクをかぶり、2ランを含むマルチ安打で存在感を示した。


    昨季は打力を武器に出場機会を増やしたが、今春は捕手としての経験を多く積んでいる。開幕延期をプラスに変え、さらなる吸収と成長を誓う。

       ◇   ◇   ◇

    誰もいないマツダスタジアムの右中間席に白球がはねた。2点を追う4回。スタメンマスクをかぶった坂倉はヤクルト先発イノーアの直球にバットを振り抜き、本拠地の最深部まで運んだ。持ち前の打力で存在感を発揮する。豪快弾に続き、6回は清水から右前打でマルチ安打を記録。実戦を積み重ねながら、2番手捕手としての血肉としている。

    「未熟なところが多い中、使っていただいている。必死になって1試合1試合大事に、1球1球無駄にしないようにやるだけだと思っています」

    昨年は打力を評価されて外野手にも挑戦し、代打としての出場が多かった。だが、今春は捕手としての出場を重ねる。バッテリーを組む先発投手の前回登板のチャートを寮に持ち帰り、予習は欠かさない。試合に出ればその日のチャートも持ち帰る。「スローイングも止めることもそう。投手とのコミュニケーションもまだまだ」。投手や首脳陣からの信頼を得るためにも捕手としての守備強化は不可欠だ。

    この日は7回まで先発九里ら4投手をリードして、4失点。ヤクルトが3度狙った盗塁を2度許した。倉バッテリーコーチは「使いたいと思わせる」と成長を認める一方で「捕手にとって配球はずっと勉強。捕手は日々成長していかないといけない。もっともっと向上する余地はある」とさらなる成長にも期待する。

    開幕の延期は昨年スタメンマスク0試合の坂倉にとっては好材料と言える。「プラスでしかないと思う。言い方は悪いですが、練習試合がシーズンで生きてくることもあると思う」。実戦の中でしか吸収できないものがある。佐々岡監督も「打を期待している中で今年は捕手としても期待する面もある」と認める2番手捕手が会沢を支え、脅かす存在となる。【前原淳】

    ◆広島の捕手争い 会沢が絶対的な正捕手の立場を確立している。ベテラン石原慶は3番手捕手の立場。昨年右の代打としても存在感を示した磯村は2軍スタートに、一時離脱もあって出遅れている。春季キャンプから2番手捕手争いは坂倉を筆頭に、新人の石原貴、中村奨という若手捕手で争っていた。だが、沖縄2次キャンプで中村奨が降格となり、キャンプ終了とともに石原貴も2軍となった。守備力に定評のある白浜が1軍に同行することもあったが、坂倉が会沢に次ぐ出場機会を得ており、2番手捕手の座をほぼ決定づけている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23250902-nksports-base

    ● 広島 8 - 9 中日 ○
    <3月22日・マツダスタジアム>

     広島は中日との練習試合に3連敗。それでも、開幕一軍入りを目指す面々がバットでアピールした。

     まずは「1番・一塁」でスタメン出場した堂林が魅せた。初回、得点にはつながらなかったものの、中日先発・小笠原から二塁打を放ちチャンスメイク。一死二塁で巡ってきた3回の第2打席では、小笠原から左翼席へ飛び込む先制2ランを放った。8回にも中日4番手・藤嶋から二塁打をマーク。5打数3安打2打点と打線を勢いづけた。

    「2番・三塁」でフル出場した上本も5打数3安打1盗塁を記録。キャンプ中の実戦から好調なバッティングを再びアピールした。「7番・二塁」でフル出場した三好は5打数2安打2打点を記録。二塁の守備では珍しくミスが目立ったが、2点を追う8回、同点に追いつく右越え2ランを放ち意地を見せた。

    「8番・遊撃」でフル出場した小園も、5打数2安打1打点でマルチ安打を記録。8回に一時勝ち越しとなる右越えソロを放ち、非凡なパンチ力を披露した。

     7回には代打で登場した鈴木誠が、貫禄の左越え2ランをマーク。1点追う9回、無死満塁のサヨナラ機こそ逸したが、計4本塁打が生まれるなど打線は活発だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00222771-baseballk-base

    <2軍練習試合:広島6-5中日>◇17日◇由宇

    広島磯村嘉孝捕手が実戦復帰を果たした。2月春季キャンプ序盤にコンディション不良で離脱していた。


    今季初実戦となる中日2軍との練習試合の7回2死から代打で出場。空振り三振に終わり、守備にはつかなかった。磯村は「1軍に上がるためにアピールしないといけない。チャンスは少なくなっていくと思うので、1回でつかめるように頑張りたい」と引き締めた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-23171125-nksports-base

     「オープン戦、中日3-1広島」(29日、ナゴヤドーム)

     新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オープン戦史上初の無観客開催が実施された。静寂に包まれる中、広島の小園海斗内野手(19)は七回に中前打を放ち、オープン戦3試合連続安打をマーク。守備では四回からオープン戦初の三塁の守備にも就いた。新助っ人ピレラが三塁守備に不安を抱える中、打撃好調な若鯉が三塁手として初の開幕スタメンに名を連ねる可能性が現実味を帯びてきた。



     びっしりとむき出しに並んだ椅子が、その異様な雰囲気を物語っていた。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として無観客で行われた一戦。そんな中、小園が静寂を切り裂く。七回、又吉から中前打を放った。

     「アピールしないといけない立場なので」

     右腕が投じた初球。真ん中低めのスライダーを迷うことなく振り抜いた。力強いライナー性の打球が内野手の頭上を越えた。持ち味の積極性で、好調ぶりを印象づけた。

     これでオープン戦は3試合連続安打となった。2月23日の阪神戦で二塁への内野安打を放つと、同24日の巨人戦では一発を含む3打数3安打。そしてこの日と猛アピールが続くが、復活を目指す田中広の状態がよく、実績なども考慮すると、小園が遊撃で出場するのは現実的には難しい状況だ。それでも非凡な打撃は魅力。首脳陣は他ポジションでの起用も視野に入れている。

     これまでのオープン戦では途中出場して二塁と遊撃手を守った小園だが、この日は公式戦、オープン戦通じて自身初めて四回から三塁に就いた。六回無死一塁では高橋が打ったゴロを難なく処理し、二塁に送球。軽快なグラブさばきで封殺した。春季キャンプでもノックを受けてきた守備位置。「練習もやっていましたし、イメージのままできた」と納得の表情を浮かべる。

     この日も新助っ人のピレラが三塁でスタメン出場したが、三回に平田の平凡な打球を処理後に悪送球。一塁手の堂林がジャンプしても捕れないほどの送球で、無死二塁のピンチを招いた。以前の練習試合でも失策をするなど、三塁守備に不安を抱えている。高ヘッドコーチは「ちょっと実戦に入ってからミスが多いね」と渋い表情をのぞかせ、「まだまだ、決まっていない」と正三塁手白紙を強調。首脳陣は今後もピレラを三塁で起用する方針だが、本当に三塁で使えるのか、本職の外野で起用した方がいいのか見定めていく。

     小園としては遊撃手として出場するのが目標だ。しかし朝山打撃コーチは「いろんなポジションで出ても得るものはある。見え方が違うし、絶対にプラスになる」と遊撃以外での出場を後押しする。「がむしゃらにやって(スタメンを)絶対に勝ち取れるように頑張ります」と小園。“開幕三塁”も視野に、背番号51は貪欲にレベルアップに励んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000021-dal-base

    広島石原慶幸捕手(40)が27日、マツダスタジアムを訪れた。前日26日までの2軍での日南キャンプではシート打撃でマスクをかぶり、打席にも立った。

    社会人との練習試合にも出場するなど調整は順調。「やることをやっていい準備ができたと思う。チームといい準備ができるようにやっていきたい」。頼れるチーム最年長が明日28日の練習からチームに合流する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-22270570-nksports-base

     広島は14日、ロッテと今季初の対外試合を行い、4番の鈴木誠也(25)が唐川からバックスクリーン左横へソロ本塁打を放った。

     初の実戦形式だった5日のシート打撃でも、右中間スタンドへ一発。視察中の他球団スコアラーは、タメ息を漏らすしかない。

    「完全に何かをつかんだというか、突き抜けた。しかもセンターから逆方向へブチ込んでくる。どこへ投げても打たれる感じ。三冠王を取っても驚かない」

     4番は早くも無双状態。広島の問題はその後の5番である。この日は長野が入ったものの、2打数無安打。昨季は松山、西川らが鈴木の「後打順」を務めたが、大将が孤立する場面が目立った。当然、他球団は「誠也と勝負しなければいいんです。後ろの打者が2割台なら、はっきり言って誠也は全打席敬遠でもいい。それくらい1人だけ突出しています」と明かす。

    「昨年は巨人が主に2番・坂本、3番・丸の打順で、坂本が40本塁打をマークするなど打ちまくったでしょう。後ろに好打者の丸がいることで、四球で歩かせたくない投手は、坂本と勝負しなければいけないと焦る。結果として、勝負球が甘くなるという相乗効果が大きかった。誠也にもそんな相棒が必要です」(球界関係者)

     5番候補は松山を筆頭に、長野、西川、もしくは3番候補の新外国人ピレラが入る可能性もある。チーム打率は2017年・273、18年・262、19年は・254と年々降下。首脳陣は「誠也の周りをしっかり固めたい」と話しているが、特に5番問題は、佐々岡新監督の最初の仕事になりそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00000026-nkgendai-base

     広島のドラフト5位・石原貴規捕手(22=天理大)が、練習試合の阪神戦(かりゆしホテルズボールパーク宜野座)にスタメン出場し、見事なアピールに成功した。

     2回に横山から左翼線二塁打を放つと、4回にも中田から中前打と2安打。さらに見せ場は5回の守備だ。2死一、三塁で、昨季セ・リーグ盗塁王に輝いた近本の二盗を阻止する強肩を披露。「近本さんを刺せたのは良いアピールになったと思う。場面も場面だったので走ってくると思った。自己採点は80点ぐらい」と喜んだ。

     捕手としての嗅覚も十分だった。先発アドゥワの「チェンジアップの落ちが良くなかった」と感じてスライダー主体に変更するなど、投手とのコミュニケーション能力も上々。6回の無死一塁では初球で犠打を成功させるなど、目立たない活躍も光った。

     佐々岡監督は「送球も良かった。良い打撃もできていたし、結果を出したことは自信にしてほしい」と賛辞を贈ったほど。チームの開幕1軍枠は正捕手の会沢が君臨し、ベテランの石原慶や磯村が控え、さらに坂倉、中村奨も狙う超激戦区だが、ルーキーも名乗りを上げた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00000224-spnannex-base

     広島が1軍キャンプを張る宮崎・日南の天福球場。午後の打撃ローテーションが始まると、石原慶の姿はグラウンドから消える。ある時はブルペン奥の室内で黙々と打撃練習に励み、ある時は球場左翼後方の坂道でダッシュを延々と繰り返す。報道陣に配られる練習メニューには載っていない孤独な作業だ。

     「もう1度優勝したい。去年(のV逸)が悔しいし、個人目標よりも、チームとして勝ちたい。それが僕のモチベーションです」

     首脳陣に意向を聞かれ、1軍キャンプ始動を望んだ。既に40歳。暖かい沖縄で2軍と一緒にじっくり調整する手もあったが、生き残りを懸けた厳しい空間の中に敢えて身を置く選択をした。他のベテランと同様に力は認知されており、個人に主眼を置くなら何も1軍で動く必要はない。

     「僕の場合(1軍2次キャンプ地の)沖縄で合流するかどうかわからない。だったら、上の空気感の中でやっておきたかったし、若い捕手たちと一緒に練習する機会があった方がいい…と思って」

     1軍は11日の練習終了後、2軍と入れ替わる形で日南から沖縄へ向かう。選手は絞り込まれるため、仮に石原慶が2軍でスタートしても、1軍が沖縄入りする際にそのまま居残れるか不透明だ。ならば1次キャンプだけでも若い坂倉、中村奨、新人の石原貴らと一緒に汗を流し、言葉と背中で伝えたい――。

     「この年齢だからできることもあるだろうし、掛けられる言葉もあると思うんでね」

     1月の合同自主トレでは、投球で若手らの打撃練習をサポートする姿もあった。「アレは打撃投手の人数の兼ね合いがあるし、自分の肩をつくるためでもあるので、深い意味はない」と笑うが、こうした年長者の何気ない立ち振る舞いが、チームに良い影響を及ぼすのは間違いない。

     「何か自分が役立てることがあれば。できることをやりたい」

     19年目。1軍の捕手枠を考えれば、楽観視できる立場にはない。ジョンソンの女房役は保障されておらず、もう代えるべき…との声すら聞こえる。石原慶は百も承知。だからといって、本人の思考や行動は変わらない。根底にあるのは常にチーム優先の野球観だ。

     成績が伴わない集団には、得てして楽をしたがる自己チュウのベテランが跋扈ばっこする。歴史が示す教訓。現役晩年にこそ、厳しい状況でこそ、その人物の本質が現れる。(江尾 卓也)

      




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000128-spnannex-base

     「広島春季キャンプ」(8日、日南)

     広島の大瀬良大地投手が、今キャンプで初めて打撃投手を務めた。田中広には22球を投げ安打性の打球は2本。坂倉は21球で同2本に抑えた。最速は145キロだった。



     「ケガなく終わって良かった。投げた中で、打者がどういう反応をするかを見たかった。悪くはないと思うし、(フォームも)バランスよく投げられたと思います」

     2年連続での開幕投手が決定。3月20日の中日戦を見据えながら練習に励む日々だ。「良い物も悪い物も出たので、ブルペンで修正をしていきたい」。この日、出た課題は引っかけてしまった球があったこと。「2~3球あったかな。0で終われたら良かったんですが。上を目指している中で、見逃さずにやっていくことが大事です」。エースとしての自覚がにじむ言葉だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00000139-dal-base

    広島坂倉将吾捕手が捕手へのこだわりを明かした。「捕手として入団してきた。捕手1本? そういう気持ちで入っていきたい」。


    昨季は打力を生かすべく、外野での出場が多かった。捕手スキル向上を目的に、オフは巨人炭谷と合同自主トレを実施。スローイングなどの技術を教わってきた。29日は宮崎・日南でキャンプの先乗り合同自主トレに参加。打撃練習に加え、捕球練習を行うなど汗を流した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-01290847-nksports-base

    このページのトップヘ