広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    坂倉将吾

     広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手が、公式戦初ホームランを放った。17日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグのソフトバンク戦。3回の第2打席で右翼へアーチをかけた。



     初回にメヒアが先発の和田から2ランを放ち先制した広島。2点リードの3回、先頭で打席に入った小園が快音を響かせた。和田が投じた初球のスライダー。甘く入ったボールを捉えると、打球は右翼の防球ネットに突き刺さった。

     オープン戦では2本塁打を放った小園だが、ファーム降格後は打撃不振に陥っていた。この日までウエスタン・リーグで10試合で打率.122。日米通算131勝のベテラン左腕から放った一発が打撃復調のキッカケとなるか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00348345-fullcount-base

     広島の磯村嘉孝捕手(26)が8日、マツダスタジアムに立ち寄り、ロッカールームに荷物を運び込んだ。

     この日1軍登録を抹消された坂倉将吾捕手(20)に代わって9日に今季初めて昇格予定。「きょうから開幕です…あ、いや、登録されたら、チームに貢献できるよう頑張ります」と明るい表情。ハワイの人気ブランド「88TEES」のTシャツ姿。「今年もV旅行でハワイに行けるよう頑張ります」と白い歯を見せていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000178-sph-base

     【プロ野球実況中継】

     広島-巨人の開幕3連戦(3月29-31日)を中継しました。

     巨人が鬼門のマツダスタジアムで勝ち越しましたが、丸選手の抜けた広島のチームバランスが攻守で気になります。

     打つ方では3番打者を誰にするか? オープン戦では西川、田中、坂倉、安部、バティスタと5人をテスト。公式戦は4月2日までの4試合で西川、野間の両選手が2試合ずつ先発しました。

     緒方監督は「オーダーを固定する気はさらさらない」と話しています。昨年までのタナキクマルのような“不動”とは行かないようです。

     一方、守りではレフトのポジションがウイークポイント。4試合でレフトを守った3人は、西川選手が昨年まで内野、坂倉選手が捕手登録。長野選手もレフトはオープン戦で1試合守っただけで9年ぶりと、いずれも本職ではありません。

     長野選手が巨人との3戦目で、吉川尚選手の打球を捕りきれず決勝のタイムリーツーベースにしてしまったプレーも、慣れた左翼手ならどうだったか。緒方監督は「誰にも捕れない打球だった」とかばっていましたが…。

     ともすれば、外野はどこでも同じと思われがちですが、そうではないんですね。巨人に移籍して2年間、ライトは昨年4試合守っただけで、それ以外はすべてセンターを守っている陽岱鋼選手が今年はライトを任されていて、開幕直前に「打者を見る角度も、打球の性質も違うし、慣れるまで大変ですよ」と話してくれたのを思い出します。

     シーズンが進んでいけば状況は変わるでしょうが、当面丸選手の抜けた穴を広島がどう埋めていくのか注目です。(フリーアナウンサー・松本秀夫)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000008-ykf-spo

    ◆広島3―6巨人(31日・マツダスタジアム)

     広島の3年目、坂倉将吾捕手(20)が「6番・左翼」でプロ初先発したが、3打数無安打で途中交代。チームも逆転負けを喫するホロ苦いスタメンデビューとなった。

     緒方監督をして「経験を積ませたい選手」と言わしめるホープが先発した。慣れ親しんだマスクを脱いで、今季から挑戦している外野での出場。「6番、レフト、坂倉」のアナウンスを聞いても「(普段と)変わらずに入れました」と自然体でポジションに就き、2回の守備でビヤヌエバのハーフライナーを捕球するなど、無難な守備を見せた。

     しかし、自慢のバットでは3打数無安打2三振。「オープン戦でずっと打席をもらってましたが、シーズンは少し違う部分もありました。打ちにいったつもりでも打ちにいけなかった。悔しかったですね」と反省した。

     日大三高から2016年ドラフト4位で入団。2年目の昨季はファームで規定打席には到達しなかったが3割2分9厘の高打率をマークするなど、将来の主軸選手として期待されてきた。捕手ではなく外野手としての先発デビューに「思っていたものと違いましたが、僕としてはチャンスをもらったので、そこはすごく良かった」。まずバットで結果を残し、近い将来に正捕手の座をつかむ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190331-00000211-sph-base

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     広島・高ヘッドコーチが3番について言及した。「今年はいろんなバッターが打つと思う。相性や調子によって。丸がいない分、そうなる。誰かがレギュラーと取れば固まってくるが、まだ出てきていない」と説明した。


     対外試合では長野、バティスタ、坂倉、西川、この試合は田中広が3番に入った。「理想はもちろん固定。1番から5番までは固定したい。丸の穴を埋めようと必死になってやっている」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000143-dal-base

    <オープン戦:広島0-0オリックス>◇17日◇マツダスタジアム

    広島は1軍の対外試合で初めて1番田中広輔内野手、2番菊池涼介内野手の「タナキク」の打順が変更された。


    1番に入った西川龍馬内野手は1四球2犠打で、田中広は3番に回り3打数無安打だった。緒方監督は「最初から(打順変更を試すことは)決めていた」と、計画通りの選択肢であると説明。高ヘッドコーチは「今年は打順を固定するのは難しいかもしれない」と話した。昨年丸が務めた3番は、オープン戦では他に坂倉、西川が入っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170900-nksports-base

     ◇オープン戦 広島0―0オリックス(2019年3月17日 マツダ)

     広島は17日のオリックス戦(マツダ)に決め手を欠いて0―0の引き分けに終わった。今春のオープン戦で初めて1番・西川、3番・田中広の新オーダーを組んだものの不発。中でも、移籍した不動の3番・丸の後任を誰が務めるか…は、依然不透明なままだ。開幕の足音が近づく中、リーグ4連覇打線構築への試行錯誤は続く。



     6回の好機が見せ場だった。1死一、二塁で打席には今春初めて3番に起用された田中広。1、2球目の146キロ直球を空振り、ファウルし、カウント2―2となってからの5球目だ。甘く入った145キロの直球。だが、球威に押されてあえなく遊飛に終わった。

     「(先発したオリックス・榊原は)いい投手。ちゃんと振りにいけていたので、そこはよかったと思う」

     この回は、先頭の安部がチーム初安打となる左前打。1番・西川が犠打を決め、菊池涼が四球を選んで迎えた場面だった。リードオフマンが主の29歳にとっては調整途上。実績があるだけに、結果ではなく打席でのアプローチを重視するのは当然だ。淡々と続けた。

     「(3番は)春季キャンプの時に言われていた。3番目に打つ打者としてやってくれ…と。僕が決められることじゃないけど、今の段階で打順を意識することはないですね」

     不動の3番・丸の後任を誰が務めるのか。今春ここまでのオープン戦9試合では、坂倉が3試合、西川が6試合。田中広の起用は緒方監督の提案で、候補に挙がる安部や松山はまだ1試合も3番に入っていない。懸案は解決されないままだ。

     迎打撃コーチは、連動する1番・西川に言及し「今日に関しては入りは悪くなかった」と、四球で出塁した初回などを評価。一方では「安部と松山の状態が上がらないので、試そうにも試せない。上がってくれば、もっと試せることがある」と悩ましげに話した。

     今季の開幕まで10日余り。現状では西川が一歩リードするが、不透明さは拭えない。東出打撃コーチは、こうした状況を想定してか「出塁率の高い選手に入ってほしいけど、1番も含め、シーズンに入っても決まらないと思う」と語った。

     近未来を見据えれば坂倉を育て、野間を一本立ちさせたい。あるいは実績のある中堅選手がつかむのか。光はまだ見えない。 (江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000114-spnannex-base

     広島は8日、マツダスタジアムで全体練習を行い、白浜裕太捕手が1軍に合流も、菊池涼のユニホームを借りて練習に参加した。


     事前に1軍遠征先の福山と2軍の大野練習場に送っていたためで「ミットもキャッチャー道具もないんです」と苦笑い。現在、坂倉が左翼で出場中で、捕手は会沢と石原のみ。坂倉や会沢が途中交代した場合などを想定して、16年目白浜の昇格となった。

     9日は福山でのDeNA戦に臨む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000106-dal-base

    このページのトップヘ