広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    堂林翔太

    ■広島 3-2 中日(12日・マツダスタジアム)

     広島は12日、本拠地マツダスタジアムで行われた中日戦で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。同点で迎えた9回裏1死一、二塁で、途中出場の堂林がレフトの頭上を越すサヨナラ打を放った。3時間49分の激戦を最高の形で勝利し、緒方孝市監督は「よく打ってくれたね」と今季初めてお立ち台に立ったヒーローを褒めた。


     今季ここまでの出場数は20試合。10年目で崖っぷちのプリンスが、今季初打点で試合を決めた。中日藤嶋のボールを捉えた打球は左翼のわずかに頭上を越えていった。二塁走者が一気に生還し、歓喜の瞬間を迎えた。緒方監督も「大きな声援に応えてくれた。こちらも嬉しいし、本人にとっても大きい一打だね」と興奮気味に話した。

     先発の野村は5回まで無失点に抑えたが、6回に2死からの失点で2点のリードを守れなかった。それでも後を継いだリリーフ陣が無失点でサヨナラ劇を呼び込んだ。指揮官は「(野村)祐輔はもうワンアウト、踏ん張れればというところだったが、中継ぎ陣が頑張ってくれた。打線も中盤からチャンスを作って、2アウトから粘り強く攻撃することができた。全員の力で勝ち取ってくれた勝利」と、選手に感謝した。

     全員野球での勝利に緒方監督は満足そうだったが、8回に左足に死球を受けて途中交代した會澤の話題になると「あれだけのボールが当たったわけだからね。明日、出られるかどうかはわからない。それがひとつ心配かな」と攻守の要の負傷交代が気がかりな様子だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00536627-fullcount-base

     「広島3-2中日」(12日、マツダスタジアム)

     広島がサヨナラ勝ち。九回、1死一、二塁で堂林が劇的な一打で試合を決めた。チームはカード勝ち越し。4位阪神に4・5差をつけた。



     11日に妻で元TBSの枡田絵理奈アナとの間に、第3子となる女児が誕生したことを発表したばかり。この試合では途中出場で迎えた九回の2打席目、1死一、二塁で打席に入り、鋭いライナーで左越えの一打を放ち、ナインから祝福のシャワーを浴びた。

     ヒーローインタビューでは「最高です」と第一声。14年4月2日、ヤクルト戦以来のサヨナラ打に「向かって行く気持ちだけでいきました。感触は良かったですが、捕られるかなとも思った。抜けてくれて良かったです」と振り返った。

     今季は2軍生活も長かったが「うまくいかないことが今年も多くて辛かったが、こういうことがあると思ってやってきた。チーム一丸これからもやっていきます。応援よろしくお願いします!」と、絶叫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000131-dal-base

    <広島3-2中日>◇12日◇マツダスタジアム

    序盤は互いに好機を生かせない。中日は3回無死二塁、広島は3回無死一、二塁も無得点。先発は広島が野村、中日が阿知羅。


    中日が6回2死満塁から、代打堂上の右前2点適時打で同点に追い付いた。投手は5回から又吉に継投。広島野村は6回降板。

    広島は9回1死一、二塁、途中出場の堂林が左翼越えのサヨナラ打を放った。2位DeNAとのゲーム差を0とした。

    広島フランスアが7勝目、中日藤嶋が2敗目。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09120208-nksports-base

     「広島2-3中日」(11日、マツダスタジアム)

     大歓声で迎えられた打席で、広島・堂林翔太内野手(28)が父親の威厳を示した。2-2の七回先頭。カウント1-1から福の速球に詰まりながら、右前へポトリと落とした。4月6日・阪神戦(マツダ)以来、今季2本目の安打で、第3子誕生をお祝いした。

     塁に出れば、果敢に次の塁を狙う。三好のバントで二塁へ進むと、代打・磯村の3球目に加藤が捕逸。堂林は瞬時にスタートを切り、三塁を陥れた。

     この日、絵理奈夫人が第3子となる女児を出産したことを公式ブログで報告。「先日、第三子となる女の子を無事出産しました」。堂林が赤ちゃんを抱っこしている親子3ショットの写真も載せていた。

     幸せいっぱいの家庭に支えられ、一家の大黒柱が燃えないはずがなかった。今季は2軍暮らしが続いたが、49試合で打率・288、6本塁打、20打点。今月6日に1軍再昇格し「やるだけです。相手に向かっていく気持ちを出してやっていきたいです」と力を込めていた。

     6日・阪神戦(マツダ)は3打数無安打に終わったが、この夜はしっかり結果を残した。「続けます」と誓い、第3子誕生には「頑張ります」と決意を新たにした。家族、ファンのため、1軍の舞台で輝きを放つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000032-dal-base

     元TBSの枡田絵理奈アナウンサーが12日、ブログを更新。「広島友達」のタイトルで、タレント・木口亜矢とのツーショットを掲載した。


     ふたりは高校時代からの友人で、「学校は違ったものの、家も近くて、生放送の帯番組で共演していたのもあって、毎日一緒にいたし、しょっちゅう我が家に泊まりに来ていました」という。

     高校時代のツーショットも公開。「そんなあやが、広島に引っ越してきて、しかも同級生の子供ができて、一緒に広島で支え合って子育てできていることが幸せだし奇跡的」「あやが来てから、一気に広島にホーム感がましました」と、喜びも記した。

     枡田の夫は、プロ野球の広島・堂林翔太内野手。互いの子供がプールで遊ぶ写真も載せ、「ワンオペでプールはなかなか大変だけど、こうやって一緒に遊べると助け合えるし、楽しさ倍増 あや ありがとう」と感謝した。

     木口の夫も元プロ野球選手の堤裕貴氏で、オリックスでプレーした。今年4月、木口は自身のブログで「広島で保育園の先生をしています」と報告していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000097-dal-ent

     広島・堂林翔太内野手(27)の妻で、元TBSの枡田絵理奈アナウンサー(33)が31日、自身のブログを更新。第3子出産前の最後の仕事を終え“産休入り”したことを報告した。



     「仕事納め」のタイトルでブログを更新。妊娠9カ月に入ったことを報告した上で「産休育休を明確にとっているわけではないのですが、広島からの移動が難しくなるので、なんとなく、仕事納めな感じになってきました」とし、前日30日に出産前最後のテレビ収録を済ませたことを明かした。

     同年代だというヘアメーク、スタイリストとの楽し気な3ショット写真を掲載したマスパン。「陽気なこの2人にもしばらく会えなくなるのかと思うと寂しいけど、元気な赤ちゃん産んで帰ってきますね」とつづった。

     枡田アナは2014年12月に堂林と結婚し、15年9月に長男、17年9月に長女を出産。今年4月16日の日本テレビ「踊るさんま御殿SP」で第3子を妊娠していることについて触れ、同18日に正式発表していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000152-spnannex-ent&pos=4

     プロ野球・広島の堂林翔太内野手(27)の妻で、元TBSアナウンサーで現在はフリーの枡田絵理奈(33)が28日、自身の公式ブログ「マスパンブログ」を開設したことを発表した。


     桝田アナは「なぜこのタイミングかというと…全く意味はありません笑い泣き前々からブログに興味はあったのですが、この度お声をかけていただいて、打ち合わせをして、タイトル決めて、トップ画を決めて…今日準備が整ったので始めてみました」と開設したことを報告した。

     これまでの経歴を自己紹介をしつつ、ブログのタイトル「マスパン」については「特に思い入れの深かったクイズタレント名鑑で、有吉さんとおぎやはぎさんがつけてくれた私の愛称(?)です」と明かした。

     「結婚を機に退社、広島に移り住み5年ほど経ちました。広島生活もすっかり慣れ、今は3歳の男の子と1歳の女の子、トイプードル♀と賑やかに暮らしています」と堂林ら家族との写真を添えた桝田アナ。「今は、アスリートの主人のサポートと子育てが中心で、タイミングがあった時に東京に行ってお仕事をしています。この秋には3人目の子供が生まれる予定で、ここから先、なかなか皆様に姿をお見せする機会もないと思うので、こちらのブログに遊びにきていただけたら嬉しいです」とした。

     枡田アナは14年12月に結婚してからは広島に拠点を移し、15年9月に第1子となる男児を出産。17年9月に第2子となる女児を出産。現在、第3子を妊娠中で、今秋に出産予定となっている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000138-spnannex-ent

     広島が5日の西武戦(メットライフ)で、終盤に猛攻を仕掛け9―1で大勝。交流戦初白星を挙げた。大瀬良が6回を1失点で切り抜けると、開幕からスランプにあえいでいた田中広輔内野手(29)が決勝の勝ち越し打にダメ押し満塁弾を含む、3安打5打点の大暴れ。背番号2のお目覚めにより、再び赤ヘル名物の“超競争主義”が燃え上がる気配だ。

     中盤6回まで1―1のしびれる展開を破ったのは不振の8番打者だった。7回一死満塁で2番手・小川から右前に勝ち越し適時打。さらに8回には右越えに勝負を決定づけるグランドスラムを叩き込み、復調をアピールした。

     派手な活躍にも「少しずつ状態は上がっているのかな」と控えめにコメントした田中広だったが、試合後にニンマリと不敵な笑みを浮かべたのが東出打撃コーチだ。田中広の復調に手応えを口にしつつ、矛先を向けたのは、この日5タコのリードオフマン。「広輔が出塁率を上げてくれれば、野間と入れ替えることもできる。ウチは打てなければ外野手は下位では試合に出られない」と、あおった。

     チームはがっちり首位をキープでも、広島の野手陣に安らぎの場所はない。つい先日まで「1番として機能しているのが大きい」と評価された野間でさえ、数試合の結果と内容でこれだ。4人制を敷く捕手陣の競争も激化している。

     そんなチームで今、最も追い込まれているのは打率1割台に沈む松山だ。西武先発の十亀に対して通算12打数6安打の相性の良さを買われ、指名打者で2戦連続で先発出場したが、結果は2打数無安打。首脳陣は粘り強く復調を期待してきたが、いよいよ一軍のイスが危うい。

     日々変わる対戦相手より、身内との争いに危機感いっぱいの赤ヘルナイン。これも王者の強さの源泉か。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000040-tospoweb-base

     「広島4-0阪神」(18日、甲子園球場)

     隠れたスラッガーが、もはや隠しきれないほど活躍し始めた。

     広島・磯村の好調が止まらない。この日は七回2死一塁で、先発・ジョンソンの代打として出場。メッセンジャーから左中間二塁打を放った。

     このチャンスは得点に結びつかなかったが、前日も九回2死二塁から代打で左前打して、このつなぎが後ろの打者に“伝染”、そこから7得点を呼び込んだ。

     これで代打成績は4打数3安打、今季通算22打数10安打、打率・455。磯村は「シンプルに来た球を打とうと。チャンスをもらえてるので、結果を出すだけ」と、必死さが好調に結びついているようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000145-dal-base

    5月16日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。

    【セ・リーグ】

    <抹消>


    広島 堂林翔太内野手

    ヤクルト スアレス投手

    ヤクルト 山崎晃大朗外野手

    巨人 野上亮磨投手

    巨人 マルティネス内野手

    巨人 立岡宗一郎外野手

    【パ・リーグ】

    <登録>

    ソフトバンク 九鬼隆平捕手

    楽天 堀内謙伍捕手

    <抹消>

    ソフトバンク 加治屋蓮投手

    楽天 石原彪捕手

    ※再登録は5月26日以降


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-05160428-nksports-base

    このページのトップヘ