広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    堂林翔太

     広島・安部友裕内野手(29)が19日のヤクルト戦(神宮)で今年初の3番起用に応え、決勝のオープン戦1号逆転2ランを放った。キャンプからくすぶっていたプロ12年生を燃え上がらせたのは黄金ルーキーの存在だ。

     1点を追う5回一死三塁。相性の良い右腕ブキャナンの初球カーブを完璧に捉えた。打った瞬間にそれと分かる右翼席へのライナー弾。ダイヤモンドを一周する安部の顔にようやく笑みが浮かんだ。

     今季は丸が抜けた3番を埋める有力候補として期待されたが、キャンプ中にインフルエンザを発症して出遅れた。焦りもあって打撃を崩し、ここ数試合は「形ばかり気にしていた」という。

     先週末の練習日から新たなライバルが三塁に殴り込んできた。それまで遊撃一本だったドラフト1位・小園が初めて三塁での守備練習を開始。ノックだけだったとはいえ、安部の心中が穏やかだったはずはない。

     小園が並の高卒ルーキーではないことは分かっていた。「合同自主トレの時から『こいつはヤバいな』と動きを見て感じましたからね。肝っ玉も据わっている。今年はともかく、来年には一軍でバッと出てくる選手なんだろうな、と」。ただ11歳年下のライバルは予想を超えるスピードで背中に迫ってきている。

     堂林、メヒアとの三塁定位置争いはルーキーの乱入でより混沌。尻に火がついたレギュラー筆頭候補の一撃に、東出打撃コーチは「チンタラしてたら小園もいるし、危機感を持ってやっている」と目を細めた。

     緒方監督は丸が抜けた3番打者については固定しない方針。それでもパンチ力と脚力を兼ね備えた安部がはまれば、今季のカープが抱える最大の問題は解消に大きく近付く。「責任ある打順。ここで勝負できたら選手としてはいいこと」。実力者がギアを上げてきた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000033-tospoweb-base

    ■ヤクルト – 広島(オープン戦・21日・神宮)

     広島の堂林翔太内野手が21日、敵地ヤクルト戦でオープン戦1号のソロ弾を放ち、開幕スタメンへアピールした。広島はドラフト1位ルーキーの小園海斗内野手、堂林、サビエル・バティスタ外野手の3者連続本塁打で9回に同点に追いついた。


     4点を追う9回、広島はドラフト1位ルーキーの小園がライトへの2ランを放つ。レフトスタンドに陣取った広島ファンから大歓声が沸き起こる中、続く堂林が打席へ。1ストライクからの2球目、ヤクルト守護神・石山の外角へのスライダーを捉え、レフトスタンドに運んだ。

     さらにバティスタはカウント2-2から外角高めの直球をフルスイング。打球はバックスクリーンに着弾し、3者連続本塁打となった。黄金ルーキーからの衝撃の3連発で土壇場で同点に追いついた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00324282-fullcount-base

     「オープン戦、広島-日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

     広島が二回に追加点を奪った。打撃好調の会沢が中前打で出塁すると、堂林が左越えの適時二塁打を放った。



     堂林は今季から三塁に再挑戦しているが、この日は「9番一塁」で出場。二回、2死一塁でフルカウントから上沢の内角変化球に反応し、左翼線への適時二塁打とした。第1打席でアピールに成功した。

     ここまでオープン戦12打数4安打で打率・333、0本塁打、1打点の成績を残している。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000069-dal-base

     広島OBの北別府学氏が自身のブログでプロ1号を放った広島ドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手を絶賛した。



     北別府氏は3日に「いやはや」のタイトルでブログを更新。西武とのオープン戦で左腕・武隈から右翼席へプロ1号を放った黄金ルーキーを「オープン戦でこれ程の成績を残している高卒ルーキー 恐るべしです!! カープに入団してくれて良かったと心から思います」と絶賛した。

     小園はオープン戦出場3試合の全てで安打を放ち打率.571、1本塁打、1打点と開幕1軍に向け快進撃を続けている。セ・リーグ3連覇のチームに現れた新星に「他球団ならこんな脅威は無いですからね」と言及している。

     広島の球団史上初の200勝投手として知られる“レジェンド”も絶賛する高卒ドラ1ルーキー。今後もオープン戦で結果を残せば目標の開幕1軍も夢ではなさそうだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00311154-fullcount-base

     「オープン戦、広島12-5DeNA」(9日、福山市民球場)

     楠本の前で打球がはずんだ。三回無死。先頭で打席に立った広島・安部が右前打を放った。オープン戦は4試合目。8打席目でようやく飛び出した初安打。「焦らずにという気持ちがあった」と言いつつ、安どの表情を浮かべた。

     三塁の大本命は、沖縄2次キャンプでインフルエンザを発症し調整が遅れた。その間に堂林やメヒアなどが実戦で結果を残した。ライバルから受けた刺激を新たな力に変えながら、ハイペースでコンディションを上げた。

     五回には左翼線へポトリと落とす二塁打を放ち2安打をマークした。開幕まで約3週間となり、オープン戦は残り12試合になった。「ファーストストライクから積極的に振ることを心掛けていきたい」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000033-dal-base

    広島の三塁最有力候補の安部友裕内野手がいよいよ実戦に登場する。

    キャンプ中にインフルエンザA型に感染して出遅れたが、2日西武戦(佐賀)に出場する。この日は三塁特守でゴロの打球を追うなど、精力的に動いた。「(三塁候補の)メヒアも堂林も結果を出していますが、人のことは気にしない。打つこと、走ること、守ることすべてで貢献したい」と意気込んだ。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-03010737-nksports-base

    ◆練習試合 広島1―4楽天(25日・コザしんきんスタジアム)

     広島・堂林翔太内野手(27)が豪快な一発で定位置獲得を猛アピールした。7回2死から古川の真っすぐをフルスイング。右翼スタンドに飛び込むソロアーチを放った。「感触は良かったです。あそこ(右方向)に打とうと思っているわけではないですが、いい反応ができている」と手応えを口にした。

     今キャンプでは入団当時に守っていた三塁にも再挑戦。一塁、外野と様々なポジションをこなすことで、出場機会を増やす構えだ。「自分のやるべきことを見失わないように。今できることをしっかりできたらと思います」と意気込んでいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000117-sph-base

     広島の堂林翔太内野手が18日、韓国・起亜タイガースとの練習試合で豪快な2ランを放ち、三塁の定位置奪取へ猛アピールした。


     スタメン予定だった安部友裕がインフルエンザにかかったことが試合直前に発表され、急きょスタメンとなった堂林。「(移動の)バスで(安部がインフルエンザになったことを)聞きました。準備はできていました」。1、2打席目では凡退したものの、5回に迎えた3打席目でバックスクリーンに2ランを叩き込んだ。会心の一撃に「自分でも良いスイングができたと思います。反省点は多々ありますけれど、まず打てたことは良かった」と安堵の表情を浮かべた。

    「前の打席で投手側に体が流れる悪い癖が出ていたので、それを出さないように心掛けました」と振り返った。課題については「守備です。もう、下手くそすぎて……。今日の守備も全然ダメでした」。時折見せた堅守について振られても、自身の守備を酷評し続けた。

     今季から本格的に三塁の練習を“再開”。「まだ練習あるのみです。今年はもう、結果を出すのみ。1日1日を無駄にせず、過ごしていきたい」。堂林は10年目のシーズンに向け、最後は表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00301413-fullcount-base

    <カープ観測>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。


       ◇   ◇   ◇

    堂林翔太内野手が山田内野守備走塁コーチとマンツーマンでスローイング練習を行った。右膝をついて投げる姿勢のまま、スポンジボールで軽くキャッチボール。続いてソフトボール、普通のボールを投げ合った。21日阪神戦の三塁守備でランニングスローの際にボールを握り損ね、暴投を記録していた。山田コーチは、正確に握らない状態で投げる練習だと説明。「やったことないけど、ちょっとやってみようかと」と話した。

    ソフトボール3号ボールの外周は30・48センチ。硬式球は22・9~23・5センチ。その差約7センチ。ガバッと5本指で握ってうまく投げるにはコツがいる。どんなボールでもそれなりに投げられれば、本番でにぎれなくても慌てないというわけ。黙々と取り組んだ堂林は「(失策は)ちゃんとやればできるプレー」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-02220825-nksports-base

     ◇練習試合 広島―ロッテ(降雨中止)(2019年2月19日 コザしんきん)

     広島の沖縄2次キャンプは21日から最終クールに突入。堂林翔太内野手(27)は、1軍生き残りと定位置奪取への可能性を求め、沖縄でのラスト対外4試合に挑む。3年ぶりのサード再挑戦で注目を集める今春。先行する最右翼の安部はインフルエンザのため療養中。打って守って従来の固定観念を覆し、好機を最大限生かす構えだ。

     19日は沖縄キャンプ第1クールの最終日。予定されたロッテとの練習試合は開始直前に降った豪雨のため、グラウンド整備をする間もなく中止となった。アピールの場を失った出場予定選手は軒並み残念そう。9番・サードとコールされた堂林もその1人だ。

     16年以来のサード再挑戦に燃える今春。送球面にはまだ課題を残すものの、昨秋から取り組む改造フォームでコンスタントに快音を響かせ、打撃面では従来の固定観念を覆しつつある。前日18日、初の対外試合となった韓国・KIA戦(コザしんきん)が好例だ。

     「3打席目は、もう思い切りやってやろうと思った。今までだとズルズルいってしまいがちだったけど、いろいろな修正方法があるので切り替えられた」

     第1打席はボール球の低めカーブに空振り三振。2打席目は初球の直球に詰まり、遊ゴロに倒れた。堂林の典型的な凡退パターン。だが、3打席目には修正し、初球をバックスクリーンへ運んだ。推定飛距離130メートル。見事な当たりだった。

     「投手側に流れていた体を、思い切って残す意識だった。失敗しても、今はダメな原因がわかるし、こうすれば…もわかる」

     昨季までサードを守った西川が今春から外野と一塁、二遊間のバックアップに専念。三塁の定位置争いは、安部との一騎打ちの様相を呈している。ただ、安部には17年に出場123試合で打率・310をマークした実績があり、療養中といえども最右翼に違いない。

     「レギュラーを目指してやっているけど、安部さんの方が全然上だと思う。練習してアピールするしかない」

     そのためにも、キャンプ最終クールに組まれる対外4試合が重要だ。1軍生き残りは濃厚でも、首脳陣に定位置奪取の可能性を感じさせ、3月戦線につなげたい沖縄でのラスト4番勝負。再起したプリンスの背を春の暖かな風が押している。(江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000004-spnannex-base&pos=1

    このページのトップヘ