広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    堂林翔太

     37年ぶりにセ・リーグ連覇を果たした今季の広島。ドラフトでは、地元・広陵高の中村奨成を1位指名し、将来の正捕手候補には背番号「22」が与えられた。

     同じタイミングで、既存選手の背番号変更も発表。今シーズン正三塁手の座をつかみ、リーグ4位の打率.310をマークした安部友裕は、10年間背負った「60」を新入団の永井敦士に託し、来シーズンから新たに「6」を背負うことが決まった。

     若手がしっかりと育ち、再び黄金時代を迎えつつある広島。2014年には、三村敏之、長内孝、緒方孝市らが背負ってきた「9」を、不動の中堅手へと成長した丸佳浩が継承。2016年には、宮川孝雄、高橋慶彦、東出輝裕らが長年着用してきた「2」を、正遊撃手となった田中広輔が引き継いだ。

     安部が新たに背負う「6」も、小早川毅彦、浅井樹、梵英心と、その時代を象徴する名手たちが受け継いできた。「7」を継承した堂林翔太は伸び悩んでいるが、こちらも山本一義、野村謙二郎ら、かつてのスター選手が背負ってきた番号。プリンスには来季こそ、殻を破る活躍に期待したい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00139254-baseballk-base

     広島の堂林翔太内野手(26)が13日、宮崎県日南市内で契約更改交渉に臨み、3年連続のダウン提示となる150万減の年俸1500万円でサインした。今季は44試合の出場で打率・217、1本塁打、11打点と低迷。秋季キャンプでは、課題の打撃向上に努めている。9年目を迎える来季の目標には全試合1軍帯同を掲げ、決死の覚悟ではい上がる。



     歯を食いしばる。大自然に囲まれ、のどかな雰囲気が漂う中、堂林は必死の形相でスイングを続けた。メニューに組み込まれたロングティー打撃。アドバイスを送りながらトスを上げる東出打撃コーチに全力で応えた。背水の覚悟で臨む来季へ、一心不乱に汗を流している。

     「(在籍)年数も9年目になりますし、とにかく頑張らないとという状況。全試合1軍に帯同しておけば、おのずとチャンスも回ってくるかなと思うので、はい上がっていければいい」

     今季は44試合の出場で打率・217、1本塁打、11打点。開幕1軍入りを果たし、序盤は結果を残していたが「後半になって自分の打撃を見失った」と振り返るように不振に陥った。何度か与えられたチャンスもモノにできず、悔いが残る一年となった。

     一方で2軍では悩みながらも57試合の出場で打率・304、7本塁打、43打点と好成績をマーク。降格後も再昇格を目指し、意地を見せた。「1軍に呼ばれた時に、結果を出せなかったのは自分の弱さや技術のなさがあった」と明確な課題を痛感した。

     秋季キャンプでもまだ不振脱却の糸口はつかめていない。早出から打撃練習に取り組むなど、迎、東出の両打撃コーチにアドバイスを求めながら打開策を模索している。

     東出コーチは「まずは、自分の頭の中で考えていることと、実際にやっていることのズレをなくさないといけない。そういった感覚を整えていくことがこれからの取り組みになる」と説明。堂林が自らを見直し、昨秋につかんだ感覚を取り戻すことに時間を割いていく。

     練習後に行われた宿舎での契約更改交渉では3年連続ダウンとなる150万減の年俸1500万円でサイン。覚悟はできていた。「とにかく結果を出してやるだけ」と巻き返しへの強い意欲を示した。

     来季に向ける目はこれまでとは違う。「ずっと情けない状態が続いているので、危機感はある」。積もり積もった悔しさを胸に2018年へ、強い覚悟で歩みを進めていく。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000013-dal-base&pos=3

     今年のドラフト会議(26日)は早実・清宮幸太郎内野手(3年)をはじめ、スラッガーの当たり年。過去10年に12球団が指名してきた選手たちを検証すると、強打者育成の難しさが浮き彫りになる。

     「2ケタ勝てる先発は毎年出てくる。でも(ホームランを)30本打てる打者は何年かに1回しか出てこない」

     2009年のドラフト前にヤクルト・高田監督(当時)は力説。球団が1位指名を予定していた目玉候補の花巻東高・菊池(現西武)よりも、横浜高・筒香(現横浜DeNA)がほしいと語った。本番では競合の末に菊池を逃したが、不思議な巡り合わせで現在、筒香が主砲を張るDeNAのGM職にある。

     今回のドラフトは、高田GMが希少価値を説いた大砲候補が豊作だ。史上最多の高校通算111本塁打の清宮。今夏の甲子園で1大会6本塁打の新記録を樹立した広陵・中村奨成捕手(3年)。高校通算65本塁打で大型三塁手の履正社・安田尚憲内野手(3年)。東京六大学最多記録の通算23本塁打まであと2本に迫った慶大・岩見雅紀外野手(4年)。いずれも1位指名が有力視される。

     4人とも将来が楽しみな逸材だが、実際には30発どころか中距離打者さえ簡単には出てこないのが日本球界の現状だ。過去10年の指名選手のうち、シーズン10本塁打を記録した野手を球団別でみると(表)、セ・リーグ2連覇中の広島が7人とダントツ。スラッガー育成に定評のある西武が5人で続く。以下は2-3人の輩出が限界で、中日にいたってはゼロ。素材が悪いのか、育て方が悪いのか。いずれにせよ金の卵を引き当てた球団の責任は重大だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000014-ykf-spo&pos=1

     「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」で9月26日に出場選手登録を抹消された広島・安部友裕内野手(28)のCSファイナルステージでの復帰が9日、絶望的となった。

     1軍首脳陣が「切ってしまっている。(CSでの復帰は)無理じゃないかな」と見通しを語った。安部は正三塁手として今季打率・310、4本塁打、49打点と活躍。チームは右足首骨折の鈴木に続いて、レギュラー2人を欠いて、CSを戦うことになる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000510-sanspo-base

    このページのトップヘ