広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    堂林翔太

    ● 広島 8 - 9 中日 ○
    <3月22日・マツダスタジアム>

     広島は中日との練習試合に3連敗。それでも、開幕一軍入りを目指す面々がバットでアピールした。

     まずは「1番・一塁」でスタメン出場した堂林が魅せた。初回、得点にはつながらなかったものの、中日先発・小笠原から二塁打を放ちチャンスメイク。一死二塁で巡ってきた3回の第2打席では、小笠原から左翼席へ飛び込む先制2ランを放った。8回にも中日4番手・藤嶋から二塁打をマーク。5打数3安打2打点と打線を勢いづけた。

    「2番・三塁」でフル出場した上本も5打数3安打1盗塁を記録。キャンプ中の実戦から好調なバッティングを再びアピールした。「7番・二塁」でフル出場した三好は5打数2安打2打点を記録。二塁の守備では珍しくミスが目立ったが、2点を追う8回、同点に追いつく右越え2ランを放ち意地を見せた。

    「8番・遊撃」でフル出場した小園も、5打数2安打1打点でマルチ安打を記録。8回に一時勝ち越しとなる右越えソロを放ち、非凡なパンチ力を披露した。

     7回には代打で登場した鈴木誠が、貫禄の左越え2ランをマーク。1点追う9回、無死満塁のサヨナラ機こそ逸したが、計4本塁打が生まれるなど打線は活発だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00222771-baseballk-base

     「練習試合、広島3-4中日」(20日、マツダスタジアム)

     新型コロナウイルスの拡大を防止するため開幕が延期。この日から練習試合が始まった。



     広島・大瀬良は7回7安打4失点。打線は1-4の九回2死から会沢の適時打などで2点を奪い、粘り強い攻撃をみせた。

     佐々岡監督の試合後の一問一答は以下の通り。

     -当初は開幕する日だった。

     「早い段階で延期が決まった。特別な思いというか、そういうのはない」

     -大瀬良について。

     「前回の反省をしながら、いろいろな考えの中での投球だったと思う。緩急を使っていたし、良かったと思う」

     -7回に4失点。

     「アンラッキーなヒットもあったしね。気にしていない。全体的に修正できたと思う。セットとかクイックのときの制球ミス、投げきれないところがあったので、その辺りは修正をしてくれると思う」

     -打線は九回に粘った。

     「そういう野球をやってきている。何点差あろうと、最後の最後までという意識がある」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000128-dal-base


    2349-3

     プロ野球の開幕が新型コロナウイルスの影響で延期となった。キャンプ、オープン戦で激しいレギュラー争いをしていた広島の野手陣は、開幕が延期されたことでバトルが延長されたことになる。デイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏は、サビエル・バティスタ外野手の退団や松山竜平外野手の故障離脱が、結果的に野手陣のチーム内競争に好影響を与えたとみている。

    ドーピング違反で日本野球機構(NPB)から6カ月間の出場停止処分を科されていたバティスタの契約解除が2日に発表された。3年間で62本塁打を放った大砲の退団は大きな戦力ダウンであるが、北別府氏は「バティスタは投手からみると調子のいい時は怖いバッターだ。ただ、ドーピング問題が起こり他の選手からすれば一塁や左翼のポジションがあくと考える。チャレンジャーとして守る位置があれば、刺激にもなる」と野手陣にとってプラスに作用したとみている。

     特にキャンプでのシート打撃、紅白戦、練習試合で本塁打を放ちアピールした高橋大樹外野手は、バティスタがいなかったことで発奮し大きな成長につながった。「目標とする守備位置があるから目の色が変わったと思う。ドラフト1位で入ってきて、同期の鈴木誠也への思い、ライバル心もあるだろう」と分析。加えて緒方監督から佐々岡監督に変わったことで「チームのカラー、イメージも変わった」とし、監督交代が長野や野間らと左翼のポジションを争う新戦力の出現を後押ししたとも考えている。

     7日のオープン戦・西武戦から1軍に復帰した松山の離脱もプラスに作用した。「松山がキャンプ中に腰痛で離脱したのはチームにとって誤算だった。投手からみて長打のある松山が5番にいると嫌なものだ」という。その一方で堂林や安部にもレギュラーのチャンスが訪れた。「松山が故障してその枠を自分が埋めるという選手たちがいることで松山もウカウカできないという気持ちになる。お互いがレギュラーを勝ち取ろうと切磋琢磨(せっさたくま)することでレベルアップもできる」と、競争意識が野手陣に好結果をもたらしたという。

     出遅れた松山は西武3連戦で3試合連続安打、7打数4安打と貫禄の打撃を披露した。レギュラーに最も近い位置にいるが「使える選手の人数が増えた。右投手、左投手の使い分けもしていくだろうし、それだけの戦力がいる」と野手陣の充実を認めた。

     1月に成人T細胞白血病であることを公表した北別府氏は、復帰に向け入院治療中。現在は化学療法の第2クール終盤を迎えている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000106-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(28)が9日、外野での出場に意欲を示した。これまで一塁を守ることが多かったが、8日と9日の西武戦では途中出場ながら外野を守った。オープン戦は残り5試合。春季キャンプから好調を持続させている鯉のプリンスが、出場チャンスを広げてレギュラー奪取へ食らいつく。


     静かに闘志を燃やした。どこか落ち着き払った表情も見せながら、堂林は意気込んだ。「やることは変わらない。与えられたところでしっかり、自分の課題と向き合いながら」と口元を引き締めた。

     ここまでオープン戦には7試合に出場して15打数6安打。打率・400と好調で「状態は悪くない」と言い切る。オープン戦序盤は一塁を守る機会が多かった中、8日と9日の西武戦(マツダスタジアム)では途中出場で右翼の守備に就いた。

     外野での起用に高ヘッドコーチは「(外野は)できるし、いろんなことを想定して。いいものを出してくれているからね」と意図を明かす。復帰した松山は一塁起用が基本線ということもあり、もともと外野経験がある背番号7が外野に回れば、出場機会が増えることにもつながる。

     堂林はこの日、内野でノックを受けた後に右翼のポジションへ。打撃練習の打球を追い、自身の守備感覚を養った。「ノックだったりはしていたので。実戦の打球とは違うけど、準備はしている」と任されたポジションで役割を果たすために練習を重ねている。

     オープン戦は残り5試合。「真っすぐだろうが変化球だろうが、自分の『入り』ができていれば、おのずと結果は出る」と堂林。レギュラー奪取へ、気負うことなく突っ走る。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000025-dal-base

     「教育リーグ、ソフトバンク3-2広島」(5日、由宇球場)

     広島の松山竜平外野手が、6日から1軍に合流することが決まった。


     この日は「2番・一塁」でスタメン出場。三回2死二塁で右前適時打を放ち、六回の先頭では右翼線への二塁打でチャンスメークした。視察した佐々岡監督は「あした(6日)から1軍に合流。バットが振れているし走ることもできている」と話した。

     松山は沖縄キャンプの2月中旬に腰痛を発症し1軍をリタイア。広島で検査を受けた後、3軍のキャンプ地日南でリハビリに励んでいた。実戦復帰した2月27日の社会人・HONDAとの練習試合では、復帰初打席でいきなり右越え3ランで存在感を示した。

     松山は試合後「腰は問題ない。しっかり動くことができています。ボールは見えているし、タイミングも取ることができている」と話した。

     一塁は堂林と安部がアピールを続けている。指揮官は「帰って来たからと言って(一塁が)松山になる訳ではない」とさらなる競争を促した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000121-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(28)が2日、一塁レギュラー奪取へ向け、課題である変化球の克服を誓った。今季のオープン戦では12打数6安打と好調を維持している11年目。変化球への対応力を上げることで、6年ぶりの開幕スタメンを引き寄せる。

     鋭い眼光で白球を追った。堂林がマツダスタジアムでの全体練習に参加。ノックや打撃練習などを行った。

     ここまでは取り組みが結果となって表れている。体の軸で振ることを意識し、来た球を素直にはじき返す。オープン戦では打率5割と存在感を示し、朝山打撃コーチは「ストレートを仕留められているのが、好調の証し」と評価した。

     一塁レギュラーの座はもう目の前だ。大本命の松山がけがで離脱し、昨年一塁手として96試合に出場したバティスタが契約解除の処分を受けた。安部らライバルはいるものの、またとない好機が訪れている。

     昨季は打率・206に終わった。打力を上げるには、課題と話す変化球への対応が鍵となる。朝山コーチは、「真っすぐは確率よくさばけるけど、甘い変化球の部分をいかに打てるか。甘い変化球を見逃してはいけない」と課題を口する。

     克服のため、打撃練習では変化球の配分を多くした“MIXボール”を数多く打つことに取り組んでいる。「意識してやっている。実戦ではまた違うところもあるので、やることをやっていくだけ」と堂林は意欲を示す。開幕一塁スタメン奪取に向け、バットで道を切り開いていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000029-dal-base

     15年ぶりのリーグ優勝を目指す阪神に立ちはだかるのはどの球団か-。デイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(62)が、春季キャンプ恒例のセ・リーグ5球団視察を敢行した。キャンプや対外試合をつぶさにチェックした岡田氏が、各球団の戦力をずばり、診断する。
      ◇  ◇

     もう一つの優勝候補はやっぱり、広島やろう。全体としては、去年よりいいような気がするなあ。

     特に、投手陣やね。後ろ(抑え)をどうするかという課題はあるけど、先発もブルペンも頭数はおる。何人かの投球練習を見たけど、勢いという意味では、阪神よりも上のように感じるな。

     新人の森下もええよ。ヤクルトとの試合を見たけど、うまくすれば10勝近くはいくんじゃないか。まあ、きれいなフォームから出てくるボールもまたきれいやから。ちょっときれいすぎるかな、というんはあるけどな。

     心配材料は打線かな。去年、丸が移籍、バティスタが出場停止となって、今年のキャンプでは松山も故障離脱やろう。得点力はちょっと期待しづらいと思うよ。

     巨人は去年のセ・リーグ覇者やし当然、優勝に絡んでくる力はあるよ。

     あえて弱点を探すとしたら、投手力ということになるやろうなあ。現時点で2桁勝利を確実に計算できるんは菅野だけやろう。

     山口俊が抜けて、そこをどういう布陣でカバーしていくんか、というのがカギやろうなあ。

     打線は強い。新外国人のパーラは、どちらかというとアベレージヒッターかな。左打者やけど、左投手を嫌がらん対応力があるように見えた。

     素直でコンパクトなスイングやから、一発の怖さは感じないけど、東京ドームを本拠地とするチームだけに20本くらい打つ可能性はあるかもな。となると5番あたりに入れてポイントゲッターとして活躍する要素はあるよな。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-00000049-dal-base

     広島・堂林翔太内野手(28)が目の色を変えている。26日に打ち上げた沖縄キャンプでは一塁の定位置奪取に向けて猛アピールに成功。プロ11年目を迎えた“背水のプリンス”は「本当の勝負はこれから。変化球にまずは手を出していくようにしたい。広島に帰ってからの練習もすごく大事になる」と引き締めた。

     オープン戦の打率5割と好調をキープする裏には“三振上等”の精神があるという。堂林は「誰でも三振はするものだと思っている。減らすに越したことはないが、あまり気にし過ぎるものでもない。振っていったなかでの空振りならばいい」とキッパリ。三振でもアウトはアウトだと割り切って、強振することが好結果につながっているのだ。

     堂林は公式戦全144試合に出場した2012年にはリーグ最多の150三振を記録し、本拠地のマツダスタジアムでは「150三振写真展」が開かれるなど三振が多いタイプ。だが、ここまでのオープン戦3試合での三振数はわずかに1つと三振自体が減少傾向だ。そうした変貌ぶりに他球団007も「空振りを嫌がって軽打というのがなくなり、しっかりと振り切ったなかで結果を出せている」(セ球団スコアラー)と警戒度を強めている。レギュラー大本命だった松山が腰痛のため戦線離脱したことで、一塁守備をこなすことができる堂林の存在感は日に日に増すばかりだ。

     オフは年下の鈴木誠と自主トレをともにし、助言を受けるなど定位置奪取に向けてなりふり構わずだったが、このキャンプも早出に居残りと若手に負けない練習量をこなし、何とかきっかけをつかもうと必死だ。「チャンスなのでガツガツやっていきたい」と意気込む堂林の逆襲に期待したい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000026-tospoweb-base

     ◇オープン戦 広島―巨人(2020年2月24日 那覇)

     広島・安部友裕内野手(30)がオープン戦1号を放った。初回2死一、二塁でカウント1―1からのサンチェスの148キロ直球を右翼席へと運ぶ3ランとした。

     「風も後押ししてくれた。直球から入って、ひと振りで捉えられるようにと意識している」

     一塁最有力の松山が腰部痛で離脱し、開幕に間に合うかは不透明。松山不在の場合の一塁争いは、安部と堂林に絞られる中、堂林は前日までの対外試合6試合で16打数9安打と好調な打撃で猛アピールしている。安部もオープン戦1号で開幕一塁争いがし烈化する中、「チーム内の競争もあるけど、日本一に貢献できるしたい」と謙虚に意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000203-spnannex-base

    このページのトップヘ