広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    大瀬良大地

    【赤ペン!!赤坂英一】今年の広島キャンプはろくなことがない。先発復帰が期待される大瀬良が右脇腹の違和感で一軍から外れたと思ったら、守護神・中崎と二軍捕手・中村亘がインフルエンザで隔離。さらにはチームスタッフ10人が宿舎の食事が原因とみられる食中毒などで体調を崩した。

     ただでさえ、今年の広島は“黒田ロス”という大きなハンディを抱えている。昨季までの2年で21勝(16敗)という数字に収まらない精神的支柱、黒田が引退した穴は簡単に埋められるものではない。畝投手コーチもこう漏らしていた。

    「今年は、開幕したら、ああ、黒田がおらん、と感じることもきっとあるじゃろう。黒田がチームに合流するのはキャンプの後半からやったから、いまはそんなに感じないけどね。いざ、戦いの場になったら、われわれも穴の大きさを実感すると思うよ。やっぱり、あれだけの存在やったから」

     その黒田が抜けた投手陣については、「当たり前のことやけど、去年の2本柱、最多勝(16勝)の野村、沢村賞のジョンソン(15勝)にきちんと調整してもらうことが大前提や」と畝コーチは強調する。「2年連続で去年並みの数字を挙げられるかどうか。当然、今年は研究もされるやろうから」というのだ。

     大瀬良の先発復帰にも黄信号がつきそうな今、慶大から入ったドラフト1位右腕・加藤の存在も気にかかる。フリー打撃やシート打撃では鈴木のバットを折るなど、主力打者を球威で押す場面も見られたが、畝コーチの評価はどうなのだろう。

    「真っすぐには確かに力がある。空振りを取れる球もある。しかし、課題はコントロール。現状ではストライクとボールがはっきりし過ぎとるからね。どんな投球ができるのか、もっと実戦形式で投げさせてみて、使い方を考えるのはそれから」

     そんな加藤には、ちょっと珍しいエピソードが一つ。日南キャンプ中、慶大野球部マネジャーだった川合真帆さんが、加藤の激励に訪れていたのだ。彼女のほうは今春から巨人に就職、ファン事業部に配属されることが内定している。加藤が一軍メンバーに入れば、東京ドームでの巨人―広島戦でまた再会する機会もあるかもしれない。

     昨年の新人・岡田も、西武とのオープン戦では5失点と散々だったが、緒方監督の我慢が実って4勝を挙げている。今年もまたカープの“育てる力”に期待したい。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000009-tospoweb-base

     長谷川良平、安仁屋宗八、外木場義郎、北別府学、佐々岡真司…。

     近年は黒田博樹、前田健太といった2文字姓の投手がエースを務めていたが、昔から広島のエースと呼ばれた投手に3文字姓の投手が多い。

     長谷川は広島創設時のエースとして、通算14年間で197勝を挙げ、引退後は65年から3年間監督を務めた。広島は長く低迷していたが、70年代後半から80年代にかけて黄金時代が到来。その時にエースだったのが、“精密機械の異名”をとった北別府学。北別府は78年から11年連続で2ケタ勝利を達成し、82年と86年には最多勝に輝いた。92年に通算200勝を達成した。

     北別府の後、3文字姓のエースになったのが、佐々岡真司。佐々岡はリーグ優勝した91年に、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。また先発だけでなく抑えを務めた時期もあり、100勝100セーブを達成している。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/104224

     「広島春季キャンプ」(17日、日南)

     九里亜蓮投手(25)が今季チーム初の対外試合となる18日・オリックスとの練習試合(清武)で先発することが17日、明らかになった。

     開幕ローテ入りを狙う今季。初の対外試合に「今までやってきたことをしっかり出せるようにしたい。全ては結果だと思うので、結果にこだわって投げる」と気持ちを高ぶらせた。

     13日の紅白戦(日南)では先発し、2回1安打無失点の好投。順調に調整を行う右腕が、チームの対外試合初戦に抜てきされた。畝投手コーチは「チームとして1人でも多くの戦力が出てきてもらいたい」と期待を寄せた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000097-dal-base

     右脇腹痛で別メニュー調整中の広島・大瀬良が22日からの沖縄2次キャンプに同行しないことが16日、決まった。緒方監督が「沖縄には連れて行かない。本人にも伝えた」と明かした。

     大瀬良は11日のブルペン投球中に右脇腹を負傷し、以降は別メニュー。第3クール最終日の14日にネットスロー、16日に塁間のキャッチボールを再開するなど、全体練習復帰に向けて段階を踏んできている。「開幕ローテを逆算して、そこに合わせてほしい。沖縄に行くことが目的ではない。開幕ローテ(に向けた調整)を言い渡している。やってもらわないと困る」と指揮官。昨年は春季キャンプ中に右肘を故障し実戦復帰が7月にズレ込んだため、慎重に調整を進めさせる方針であることを強調した。

     チームが沖縄へ移動した後も日南に残り、2軍とともに練習する右腕は「ランニングも思っていたより、強く走ることができたし、キャッチボールも想定より強く投げられた」と手応えを口にする。実戦登板は3月初旬のオープン戦となる見込み。焦らず、じっくりと状態を上げていく。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000030-spnannex-base&pos=1

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     広島は今季、リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す。最大の懸案事項は、先発陣の再整備だ。昨季限りで黒田博樹氏(42)が現役を引退。開幕ローテはクリス・ジョンソン投手(32)と野村祐輔投手(27)の2人しか決まっておらず、投手陣を引っ張ってきた右腕が抜けた穴を誰が埋めるのか。

     緒方監督、コーチ、選手の誰しもが口をそろえる。「今年は日本一が目標」。昨季、成し遂げた25年ぶりのリーグ制覇。そして日本シリーズでの敗北。喜びと悔しさの両方を経験したことで、一体感はさらに強さを増した。新井も「頂がはっきり見える」と言い切る。活気ある春季キャンプの現場を見ても意識の高さがうかがえる。

     連覇への課題は、先発投手の再整備だ。昨季はジョンソンが15勝、野村が16勝、黒田氏が10勝と3本柱がそろって2桁以上の勝ち星をマークした。だが、昨季限りでレジェンドが現役引退。開幕ローテは、ジョンソンと野村しか決まっておらず、残り4枠は未定だ。

     黒田氏が残した10勝、151回2/3の投球回数を埋めるのは簡単ではない。緒方監督は「競争」という言葉を連呼しながら“ポスト黒田”の台頭を願ってきた。

     順当なら大瀬良、岡田、福井の名前が挙がってくるだろう。彼らの存在を脅かしそうなダークホースが薮田と左腕・塹江。キャンプ序盤を終え、14年度ドラフトの同期入団である2人の株が急上昇している。

     右肩の故障を抱えながら入団した薮田は、3年目を迎え不安がない。オフは過去2年のオフにできなかったキャッチボールやブルペンでの投球を続けた。昨季までは、古傷をかばうような投げ方だったが、今春は「肩がスムーズな動きをしている。しっかりしたテークバックが取れている」と畝投手コーチ。8日のシート打撃登板では、この時期にもかかわらず自己最速タイの153キロを計測した。球威はチーム屈指で、スタミナもある。

     先発、中継ぎを問わず、広島は左腕不足の解消がここ数年の課題だ。塹江は、右打者の内角へ投げ込む左腕独特のクロスファイヤーが持ち味。昨季、1軍を経験したこともあり、精神面でたくましさを増した。走者を背負っても動じない投球ができるようになりつつあり、失点しても次の点を与えない粘り強さが出てきた。

     今春は多くのチャンスが与えられる予定。経験を積むことで緒方監督が先発に求める安定感が生まれてくるはずだ。

     リリーフ陣に大きな配置転換はない。守護神は3年連続で中崎が務め、セットアッパーはジャクソンか新外国人・ブレイシアのどちらかが担う予定。七回は今村が濃厚だ。昨季とほぼ同じ布陣で勝利への扉を開いていく。

     指揮官が思い描く理想の投手編成は、リリーフを含め「20人」の1軍級を整備すること。昨季は故障者や不調な選手が出た場合でも、2軍から昇格したヘーゲンズや九里、中村恭らがカバーして戦力を維持した。田中、菊池、丸、鈴木ら強力な攻撃陣がいるが、目指す野球を「投手を中心とした守り勝つ野球」と言い切る。昨季は前田が抜け、そして今季は黒田氏がいない。それでも激しいチーム内競争から選手を育て、連覇へとつなげていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000033-dal-base

     「広島春季キャンプ」(12日、日南)

     広島の大瀬良大地投手が「右脇腹の違和感」で別メニュー調整した。キャッチボールなども行わず、ウエート場で可動域などを確認した。「痛みまでいっていない」と軽症を強調し、病院での検査も行わなかった。

     前日11日のブルペンで違和感を覚えたのが最初。松原チーフトレーナーは「モワモワしたと言っていた。大事を取って、ということ」と説明した。13日からは当面、ノースロー調整する予定。緒方監督は「大きなケガや長い期間のリタイアは、避けないといけない」と話した。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/12/0009910449.shtml

     広島・緒方孝市監督(48)が4日、シート打撃に今キャンプ初登板した大瀬良大地投手(25)を高く評価した。侍ジャパンに選出された鈴木、田中の2打者に対し、39球を投げ安打性の打球は4本だった。

     指揮官は「大地は昨年と全然違う。しっかりと安定したフォームで投げられている」と強調した。

     また、将来のローテ候補として期待が大きい塹江敦哉投手(19)に対しても「落ち着いて投げていた。実戦の中でいいものを見せてくれたね」と満足顔だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000108-sph-base

     黒田博樹が2016年を最後に現役を引退した。日米通算203勝。ドジャース時代の2010年から、昨季まで7年連続で2ケタ勝利を達成するなどの実績はもちろん、それ以上にチームに残した功績は大きい。


     高い投球技術は投手陣のお手本となり、黒田もまた積極的に若手投手にアドバイスを送った。さらに、練習から手を抜かず、チームのために戦う姿は、チーム全体の模範となった。

     特に大きな影響を受けたのは野村祐輔だ。15年は5勝8敗に終わっていた野村は、黒田の投球術を参考に完全復活。16勝3敗で最多勝、最高勝率に輝いた。

     黒田と同じくシュート系のボールを得意としていた野村。近年は効果的に使えなかったが、黒田のアドバイスで強気に内へ投げ込むようになった。結果、バッターの芯を外し、凡打に打ち取る率が上がった。

     またプレート板の踏む位置を三塁側から黒田と同じ一塁側へ変えた。右打者の内角へのシュートに角度をつけられるようになった。元々新人王を受賞したこともある、潜在能力の高い投手。必要だったきっかけを、黒田が与えた形だ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00010008-fullcount-base&pos=4

     甲子園や神宮の杜を湧かせた右腕。大きな期待を受けてプロ入りしたが、今は十分な結果を出せずもがいている。だが、この男のプレースタイルや明るさは、見るものを磁石のように引き寄せる。福井優也。カープのエースになり得る逸材である。


    「めちゃくちゃ緊張しました。クライマックスシリーズ(以後CS)ってこんなに緊張するものなんですね……」

     カープ・ブームが全国を席巻した16年。ベイスターズとのCSファイナルステージ第3戦の9回表、福井はマツダスタジアムのマウンドにのぼった。打者4人に投げ無失点に抑えたが球がばらつくなど、安定感には欠けていた。

    「緊張で力が入り過ぎて球が上ずっちゃいました……」

     その後、カープは日本シリーズに進出するも、福井の登板はこの1試合のみ。戦前には「先発の可能性も……」と期待されていたのだが、結局、その機会が与えられることはなかった。そして、カープはファイターズに敗れ去り、シーズンは終わりを告げた。

     福井の歩んできた道は興味深い。

     愛媛・済美高時代の04年春に2年生ながらエースとしてセンバツ大会で日本一。翌年秋のドラフトではジャイアンツからドラフト4位指名を受ける。だが、その指名を断り、大学進学を決意(※1)。

    「大学なら早稲田大……」と思っていたが、推薦受験の締め切りに間に合わず、一般入試も不合格。1年間浪人し、翌年無事に早稲田大に合格した福井は、神宮のマウンドに立つこととなった。

     大学では、斎藤佑樹(ファイターズ)、大石達也(ライオンズ)との3人で黄金期を築いたのは周知の事実だろう。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00010005-fullcount-base

     新スプリットでローテ勝ち抜く!広島・大瀬良大地投手(25)が20日、廿日市市内の大野練習場で合同自主トレに参加した。今年3度目のブルペン投球で全球種を解禁し、DeNAの守護神・山崎康晃投手(24)から教わったというスプリットの手応えを明かした。大学時代から習得に励む縦の変化球を今年こそモノにする決意だ。

     真っすぐの軌道からスッと沈む。これまでとは違う。わずか2球ながら手応えアリだ。寒波に襲われ、雪が舞う大野練習場。新スプリットに挑戦中の大瀬良が、完全マスターへの一歩を踏み出した。

     「プロに入る前から継続して練習していたんですけど、なかなかモノにできなくて…。積み重ねが少しずつ成果になってきて、ある程度落ちるようになってきました。突き詰めて、キャンプでやっていきたいと思います」

     長いトンネルの出口が見えつつある。フォーク、スプリットなどの縦変化は大学時代からの課題球だ。14年春には前田(現ドジャース)から新しく握りを教わり、同年秋もスプリットに挑戦した。だが納得の軌道を描けず、15年春に断念。フォークに切り替えたが、その後も自分の武器にはできなかった。

     それでも習得への熱意は冷めない。きっかけは昨年11月に招集された侍ジャパン。DeNAの守護神・山崎康から新たに浅い握りを教わった。「その時は全然投げられなくて理解しがたかった」と苦笑いするが、強化試合直後の秋季キャンプでコツをつかんだという。

     「それまで結構深めに握っていたんですけど、浅めに握った方が真っすぐの軌道で落ちる感じがあった。変化は小さいかもしれないけど、真っすぐと感じて振ってもらえればこっちのモノなので。そういうイメージでやっていこうと思います」

     今年3度目のブルペンでは捕手を中腰にさせ、得意のカットボールや、スライダー、カーブなど変化球全球種を解禁した。相変わらず直球は威力十分。球数32球を投じ、「この時期にあれだけ投げたら順調と言っていいんじゃないかと思います」と深くうなずいた。

     先発に再転向する今季はジョンソン、野村に次ぐローテの柱として、期待されている。黒田が抜け、チームの命運を握る存在だ。プロ1年目に10勝。先発の実績はライバルから抜きんでる。「三振を取るボールとして使っていければ。投球の幅も広がると思う」。今年こそスプリットをモノにし、ローテ争いを勝ち抜く。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000017-dal-base

    このページのトップヘ