広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大瀬良大地

    ■中日 7-5 広島(15日・マツダスタジアム)

     広島は15日、マツダスタジアムで行われた中日戦に5-7で敗れた。2位のヤクルトが勝ったため、マジックは6のまま足踏みとなった。


     先発の大瀬良が3回に一挙5点を奪われる乱調で、打線が同点に追いついた直後の7回には平田に勝ち越しソロを浴び7敗目を喫した。緒方監督が「ファーストストライクを狙われた。甘い球もあった」と振り返ったように、3回の中日の攻撃は平田のタイムリーからアルモンテの2ランまで、すべて最初のストライクを打たれたものだった。

     7回6失点で敗戦投手となった大瀬良は「打たれたのは全部まっすぐ。向こうのやりたい攻撃をされてしまった」と肩を落とし、指揮官も「向こうの流れにつながってしまった」と残念そうだった。

     それでも直後に相手失策の間に1点を返し、4回に丸の本塁打などで1点差、6回には丸のタイムリーで同点に追いついた。緒方監督は「5点を取られても一度は追いついた。そこは評価したい」と打線を褒めたが、大瀬良が「一発を打たれてはいけない場面で、抜けてしまった」という失投を平田に打たれて勝敗が決した。

    「明日は神宮で試合なので、また頑張ります」と会見を閉めようとした緒方監督に対して、報道陣が9回に2死から四球と3連打で失点したジャクソンについて質問。すでにベンチ裏に引き上げようとしていた指揮官は「まあ、そうだね」と曖昧な返答で、明確な答えのないまま、ロッカールームに姿を消した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00204603-fullcount-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】広島が球団初の3連覇を達成したらMVPは誰になるのか。先日、東出打撃コーチに水を向けると「丸でしょう!」という答えが返ってきた。そのココロは「出塁率が5割近いんですから」。

    「丸の出塁率の高さには、彼の打率以上の価値がある。後ろを打つ(鈴木)誠也や松山がバットを思い切って振れるのも、彼らの前で丸が相手バッテリーにそれだけプレッシャーをかけているからこそ。四球の数もリーグトップで、チhャンスメークしている点でも群を抜いている」

     と、東出コーチが強調する丸の出塁率は常時リーグトップ。3日現在4割8分5厘である。

     ちなみに、プロ野球の歴代最高は落合博満がロッテ時代の1986年に記録した4割8分7厘。セ・リーグ記録が同じ年の阪神・バースが持つ4割8分0厘5毛で、丸が更新する可能性は高い。となれば、落合、バースら3冠王たちを超えることになるのだ。

     ただし、MVPは記者投票で決まるから、今後の印象に左右される恐れもないではない。その意味で、丸をどこまで追い上げるか、見ものなのが4番・鈴木。3割3分7厘でリーグ2位の打率を押し上げ、首位打者にでもなれば、かなりの票が鈴木に流れそうだ。

     もっとも、鈴木は今季は序盤、昨季は終盤と、2年続けて足の故障で戦線離脱。東出コーチもこの点を指摘し「誠也には個人タイトルよりケガしないことを求めたいね」と手厳しい。

     今季はそんな鈴木の不在期間を成長著しい野間が埋め、打率3割台で外野の準レギュラーに成長。「去年の今頃と比べるとチームで一番伸びた選手です」と東出コーチの評価も高い。

     野間は新人だった2015年以降、早出練習に連日参加。東出コーチが打撃投手として投げる球を打ち続けてきた。

     その東出コーチによると「野間の打ち方は僕の現役時代に相通ずるものがある」。どちらも少年期に右打ちから左打ちに変えたので、スイングやポイントに共通する点が多いのだそうだ。今季の野間の急成長は、そんな指導者による助言も大きい。控えにもMVPがあったら野間で決まりか。

     と思っていたら、投手で大瀬良が15勝、防御率2・21でリーグ2冠に急浮上。3連覇は秒読み段階に入ったが、MVP争いのほうはまだまだ予断を許さない。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000021-tospoweb-base

     1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島』で解説を務めた谷繁元信氏が、首位・広島の強さについて語った。

     谷繁氏が“広島の強さ”について言及したのは5回の攻撃。広島は0-0の5回、先頭の鈴木誠也のソロで先制すると、無死一、二塁から西川龍馬のタイムリー、一死一、三塁から大瀬良大地のスクイズ。続く野間峻祥がライト前に運び満塁にすると、菊池涼介は一邪飛に倒れたが、丸佳浩の死球でこの回4点を挙げた。

     この攻撃に谷繁氏は「この辺が広島の強さですよね。スクイズの時の三塁ランナーの田中の打球判断力、西川の無死一、二塁でのバッティング。野間のバッティング。選手個々がこの場面で何をしなければいけないか分かっていますよね」と分析。

     谷繁氏は無死一、二塁からタイムリーを放った西川を例に挙げ、「西川だったら低めのボールを振ってはいけない。なぜかというとダブルプレーを打ってはいけないから、高めに目付して高めを打っていく。個々にできるようになっていますよね」と選手たちが自身の役割を理解してプレーしているように見えたようだ。

    「それができるようになるまで、コーチがアドバイスしたと思うんですけど、選手たちが実践できる力、センスですよね」と評価していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164446-baseballk-base

    ● ヤクルト 3 - 8 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島の大瀬良大地が、7回2安打1失点に抑え、15勝目を挙げた。

     大瀬良は、ヤクルト打線を4回までノーヒットに抑えるピッチング。0-0の5回に4点の援護をもらうとその裏、大瀬良は中村悠平にこの日初安打となる適時打で1点を失う。それでも6回は、1番・坂口智隆から始まる打順を三者凡退に仕留めると、7回も無失点に抑え、7回2安打1失点で15勝目を手にした。

     1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏は大瀬良について「立ち上がりは探り探りに投げているような感じだったんですけど、3回ぐらいから自分の狙ったところに投げだすことができるようになってきましたよね。そこからは、例えばボールが先行しても、バッティングカウントでちゃんと打ってもファウル、凡打になるところに投げていました」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164438-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2018年9月1日 神宮)

     神宮球場で開催されたセ・リーグ首位・広島と2位・ヤクルトの直接対決は、降雨のため1回表の途中で試合が中断される波乱のスタートとなった。

     カラシティー(ヤクルト)、大瀬良(広島)の両先発で午後6時に試合開始。先攻の広島は初回、1番・野間が4球で見逃し三振に倒れ、打席に入った2番・菊池は3球で1ボール2ストライクと追い込まれた。ここで雨脚が強くなり、開始からわずか3分で試合中断。グラウンドにはシートが敷かれ、両軍の選手はそれぞれのベンチへ下がった。

     丸刈り頭をさらに短く刈り込んだ広島の主砲・鈴木は三塁側ベンチで目をつぶり、両手を合わせて天気回復をお祈り。これが効いたのか、16分間の中断後、試合は再開された。だが、菊池は再開後にカラシティーが投じた初球、外角の変化球を空振りして三振に終わり、続く3番・丸も2ボール2ストライクからの真ん中直球を空振り。雨に翻弄されながら3者連続三振というスタートとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000129-spnannex-base

    <ヤクルト3-8広島>◇1日◇神宮

    ヤクルト・カラシティー、広島大瀬良の両先発が3回まで無失点。ともに安打も許さない立ち上がりをみせた。

    広島が5回に4点を奪った。鈴木が両軍初安打となる27号ソロで先制。後続も続いた。その裏、ヤクルトは1点を返した。

    終盤にも加点した広島は5連勝。両リーグ最速で70勝に到達した。大瀬良は15勝目をマーク。ヤクルトは勝率5割に戻った。カラシティーが2敗目。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00316786-nksports-base

     8月23日の練習後、マツダスタジアムの一塁側ベンチに1本のマスコットバットが置かれていた。ピンク色で塗られ、ヘッド付近には「Maeken」の文字。さらに、当時雨男だった前田健太(現ドジャース)が登板日に晴れてほしいとの思いを込めた、てるてる坊主が描かれていた。懐かしさを感じていると、そこに広島・大瀬良らが走ってきた。「ロッカーに持って行くのを忘れていました」。苦笑いして汗をぬぐい、大事そうに手に取った。


     入団2年目の15年に前田におねだりしてもらったものだ。当時は斬新だったピンク色と「マエケンさんの名前」にひかれたという。

     「以前はキャンプのときとかによく使っていました」。現在は普段、ロッカーの上に大事に保管している。「気分転換に使ってみようかな」。ふと思い立ち、久しぶりにバント練習やフリー打撃で使った。もらった当時よりも「バットに当たる確率が高くなってきたと思います」。投球と同時に打撃面での成長を実感している。先発した25日は、その効果?が出たのか、1安打1打点。通算では7安打8打点になった。

     今季開幕を前に掲げた目標は、5安打5打点だった。開幕直後はロッカーで岡田と中村祐が打撃談義に花を咲かせているのを耳にし、バッティング意欲をかき立てられた。1本の安打や送りバントが自らを助け、仮に安打が出なくてもファウルで粘ることが結果的に勝利につながることもある。今季はバットのグリップに柔らかいテープをぐるぐる巻いて、手への衝撃を少なくするなどしてより力強くバットを振っている。

     「1本でも多く打ちたいと思っています」。マエケンのように打撃でも妥協はしない。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000048-dal-base

     スポーツの試合中継でたびたび目にする、選手の比較データ。AbemaTVがプロ野球の試合中継で、広島カープの投手とカピバラの比較データを突然表示し、Twitterで「何と比べているんだ」と総ツッコミを受けネットの野球ファンを賑わせました。エース投手とカピバラの身長差を知ってどうしろと。

     表示したのは8月18日の広島-DeNA戦の中継。現在セ・リーグで最多勝利投手となっている大瀬良大地選手を映している最中、左下にカピバラとのデータ比較を出しました。出身は大瀬良選手が長崎県大村市、カピバラが「熱帯雨林など」。特技は前者がカットボール、後者は「泳ぎ(潜水)」。体重はカピバラが35~64キロであるのに対し、大瀬良選手が93キロと意外にも重いようです……ってなぜ比べた? なお性格はどちらも「非常に穏やか」で相性抜群のようです、ってバカ!

     Twitterではあるユーザーが「AbemaTVは何と比べてるんですかねぇ」と中継画面のスクリーンショットを投稿したところ、1万回以上リツイートされるなど話題に。「謎比較」「私のコーヒー返せ」「性格だけ同じなのが面白い」「まぁホノボノしてて良えやん」とシュールな比較に多くの人が笑みをこぼしたようです。

     実はAbemaTVがプロ野球選手と動物を比較したのは2回目。5月31日セ・パ交流戦のDeNA対楽天の中継で、DeNAの俊足として知られる外野手・神里和毅選手の50メートル走のタイムを、犬に比べてどれくらいなのかランキング形式で表示しました。神里選手は5秒90で7位、トイプードルの次に速いです。1位はグレイハウンドの2秒60と圧倒的な強さを誇っており……ってこれもなぜ犬と比べたんだ。

     AbemaTVがこんなとんでもデータを表示したのはどうしてなのか。サイバーエージェント宣伝本部は「野球をあまり見ない方が、野球中継に興味を持つきっかけになればと考えました」と回答。

     大瀬良選手については、ファンの間で一岡竜司投手・今村猛投手とともに顔がカピバラに似ていることから「カピバラ三兄弟」と呼ばれており、その親和性は球団がカピバラ三兄弟の公式グッズを発売したり、大瀬良投手自身もカピバラの刺繍(ししゅう)をグラブに入れているほど。「では、顔以外に似ているところはあるのか? という観点で、今回のプロフィールを企画しました」(担当者)

     AbemaTVでは通常の野球中継では使わなさそうな比較データが他にも多数あるそうですが、動物との比較はこの2種のみ。動物と比べることで何か発見があったかどうかについては、「神里×犬の比較が9万RT以上、大瀬良×カピバラも1万RT以上いただくなど反響が大きく、『AbemaTV』としての野球中継の方向性に自信が持てました。あとは単純に、カピバラって結構大きいんだな……と驚きました(笑)」とのことです。

    「入り口は『カピバラ』だとしても、野球中継に興味を持つきっかけになったらうれしいですね。『AbemaTV』の野球中継は、従来の野球中継にはないクスっと笑える楽しい企画をどんどん仕掛けていこうと思っています。無料で視聴できるので、是非一度ご覧ください」(担当者)

     過去には大相撲の中継で力士のプロフィールを格闘技のようなレーダーチャートで表示し、NHKの粛々とした相撲中継と対をなす番組作りで注目を集めましたAbemaTV。プロ野球中継でも、地上波にはないネットらしいゆるい視点で話題を提供してくれそうです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000038-it_nlab-sci

    このページのトップヘ