広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大竹寛

     今年もG党にとっては頭の痛い時期がやってきた。巨人は今オフ、FA宣言した炭谷銀仁朗捕手(31)、丸佳浩外野手(29)の獲得に成功。一方で、両選手とも旧所属球団での年俸額がBランク以上のため、今後は西武と広島それぞれに対して金銭補償、または金銭+人的補償が発生する。果たして有望株の流出はあるのか…。提出目前のプロテクトリストを本紙巨人担当がガチ予想(別表)。併せて番記者3人の激論模様をお届けする。

     キャップ(以下C):まずは対西武からか。球団の動きはどうだ?

     記者A:大塚球団副代表によれば、原監督と相談の上、今週中にも西武にリストを提出する見込みとか。広島はその後ですね。

     C:俺たちもそれぞれリストを作ってみたけれど、お互い顔ぶれが変わらなくて驚いたよ。

     A:まあ大きく外れてはいないのでは。全盛期を過ぎたとはいえ、功労者の阿部や内海ら生え抜きのベテラン陣は外せません。広島の鈴木本部長も「それなりの選手がいれば獲りに行く。年齢の高い選手であっても、1年だけ使ってみるかということになるかも」とけん制していますし、万が一ということがありますからね。

     C:そこは良くも悪くも巨人の伝統だからな。判断が難しかったのが捕手の扱いだね。西武は投手が欲しいはずだけど、炭谷の穴埋めで若い捕手を狙ってくる可能性もあるんじゃないか?

     A:逆に広島は磯村、坂倉、中村奨ら有望な若手捕手を抱えていますから、捕手を選ぶ可能性は低そう。そこで捕手は思い切って3人に。投手に田原(表◇)を含めました。西武に対しては捕手を厚めに守る意味で、宇佐見(表◆)を入れています。

     C:改めてリストを眺めると、28人しか守れないというのは厳しいよなあ。有望どころも結構漏れているね。Aが西武や広島の編成担当者だったら誰を選ぶ?

     A:投手なら桜井、池田が漏れていれば狙い目かと。2人ともまだ若いですし、先発、中継ぎどちらでも使えます。野手なら石川でしょう。秋季キャンプでも光っていましたが、あのパンチ力は魅力です。

     C:なるほど。俺は大竹、田原の実績組が魅力的に映るなあ。年俸もお手頃だしね。野手は球団的に意外に獲られると痛いのが去年のドラフト組では。若林、北村、村上、湯浅は未知数で化ける可能性が十分ある。ドラ2捕手の岸田も西武なら森の2番手で出番がありそうだよ。

     B:おいおい2人とも重信を外すのか! うわっ、2年目の谷岡や吉川大まで…。

     A:あれBさん、いつからいたんですか?

     B:まったく、2人だけで勝手に話を進めるなよ。重信はチームで一、二を争う俊足で“ポスト鈴木尚広”の筆頭候補だろ?

     C:まあまあ、あくまで我々の勝手な予想ですから。いずれにせよ、人的補償に選ばれることはファンにとってはショックでも、本人にとってはチャンス。誰が移籍することになっても、応援していきたいね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000031-tospoweb-base

    「正直、クビを覚悟していた」

     巨人の大竹寛(35)が27日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50%減の年俸2625万円で更改した。

     広島からFA移籍5年目の今季は開幕ローテ入りを果たしたものの、2試合の登板にとどまり、1勝1敗、防御率6.00。4月12日のDeNA戦で5失点すると即二軍落ちとなり、その後、一軍へ戻ることはなかった。

    「もう1年契約していただけるんだと。金額よりその気持ちの方が強い」と巻き返しを誓った。

     二軍ではエース格だった。ローテを守り、17試合で9勝4敗、防御率2.97。35歳がフル回転したのは理由がある。

     巨人はFAで西武から炭谷を獲得。西武の辻監督が前向きな姿勢を見せている「人的補償」で、28人のプロテクトメンバー以外の選手を取られる可能性が高い。もし広島の丸が巨人移籍を決断すれば、さらにもう1人、持っていかれることになる。

     最近は一岡(27=広島)、奥村(23=ヤクルト)、平良(23=DeNA)、高木勇(29=西武)などが流出し、批判の的になっている。巨人としては若手を取られたくない事情がある。

    「そこで大竹です。間違ってもプロテクトの『28人』には入らないだろうし、二軍でフル回転しているから、故障していないとアピールできた。巨人では最高9勝でも、2ケタ勝利4度と若手より実績があるのが強み。何より地元・埼玉出身。西武の今季の防御率はリーグ最下位の4.24。強力打線が牽引したが、投手陣は崩壊していた。さらにエースの菊池がポスティングでのメジャー移籍が濃厚。西武は最近のドラフトで高橋、今井、斉藤といった次世代を担う投手を1位で指名していて駒はいる。欲しいのは一にも二にも経験豊富な投手。年俸も2000万円台なら指名しやすくなった。そんな事情があるから、大竹の可能性は十分ある。“エサ”といってはなんだけど、巨人もそのつもりで残したんじゃないか」(球界関係者)

     大竹は移籍1年目の14年に原監督の下でリーグ優勝を経験した。

    「巨人を選んだ時の気持ちを思い返した。原監督の時に取ってもらい、縁を感じている。何でもいいので力になりたい」と決意を示した。

     球団の思惑通り、“力”になれるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000017-nkgendai-base

     広島・一岡竜司投手(27)ら7選手が16日、大分県由布市内で湯布院リハビリキャンプをスタートさせた。ブルペンキャプテンの右腕は新球パワーカーブ習得へ意欲。「もう少しカーブが良くなると思う。120キロちょっとで縦スラっぽいカーブを投げられたら一番いい」と力を込めた。

     きっかけは今年の日本シリーズ。自身も110キロ台のカーブを駆使するが「ホークスの投手みたいなカーブが投げられたら楽だなとモニターで見ていた」と武田らの投球に感化。投げ込みを行う1月に「形にしたい」と方針を示した。

     今季は自己最多タイの59試合に登板。この日は温泉につかり「疲労を取るところは取って、来年に向けてやっていきたい」と白い歯をのぞかせた。新たな武器を身につけ、さらなる進化を遂げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000038-dal-base

     広島は22日、マツダスタジアムで全体練習を行い、27日から始まるソフトバンクとの日本シリーズに向けて調整した。


     一岡はキャッチボールやダッシュなどを行った。福岡県出身の右腕にとっては、地元球団と日本一をかけて戦うことになる。幼少期はヤフオクドームにダイエー戦を見に行っており、なじみもある。

     専門学校時代にアルバイトをしていた福岡市内のピザ店では、パブリックビューイングをする予定だという。「福岡でやれるのはうれしい。両親も招待します」とはにかんでいた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000090-dal-base

     広島の一岡竜司投手(27)が“新勝利の方程式メンバー”として奮闘している。主に七回を任され、八回のフランスア、九回の中崎と続くメンバーに勝利のバトンをつないできた。8月19日のDeNA戦から始まった連続無失点試合は「14」に伸びた。キャリアハイとなる60試合登板も到達目前だ。

     18日の練習を終えた一岡は、任されている役割の重要性を認識しながら、自然体を貫いた。「責任はどこでも一緒ですから」。勝ち試合での七回が主な仕事場。さらりと言ってのけた姿が頼もしかった。

     8月19日のDeNA戦から無失点。9月に入ってもそれを継続し14試合まで伸びた。「内容はそこまで良くない。いつかは終わります」と苦笑いも、内容が悪いなりにも抑えられる成長が頼もしい。

     ポジティブな考えを持ちマウンドに上がる。例えば逆球になったとしても「ファウルが取れれば、それを生かそうと思っている」と割り切るという。短い回を託される。だからこそ気持ちを切り替え、常に前を向き続けることが重要だ。

     ここまで55試合に投げてきた。自己最多となる60試合登板は目前だ。「体が元気なので何試合でも投げる」とキッパリ。チームのためにフル回転する覚悟がある。

     昨年、優勝を決めた9月18日の阪神戦は、野村に続き2番として七回から登板。勝ち投手になった。来たるべき“その日”も「(いつもと同じ)プレッシャーを楽しみながら投げたい」。最短で21日に球団史上初のリーグ3連覇が決まる。新勝利の方程式メンバーとして、歓喜の瞬間を手繰り寄せる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000031-dal-base

     広島・一岡が合同自主トレに初合流し、変化球を交えながらブルペンで捕手を座らせて60球の投球練習を行った。

     「以前は着地と同時に100%の力を入れていたけど、今はキャッチボールの状態でマウンドに上がる感覚。(昨年の)交流戦でつかめた」と一岡。歩幅もそれまでの7歩から6歩半に狭め「そんなに力を入れなくても球が行く感覚がある」と言う。昨季は59試合で防御率1.85をマーク。「今季も去年並みの成績を残したい」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000044-spnannex-base

    このページのトップヘ