広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    大野豊

     70~90年代に広島のエースとして活躍し、通算213勝、沢村賞も2回受賞した野球解説者の北別府学氏(59)が5日、今季限りで引退した後輩の黒田博樹投手(41)にブログで感謝の言葉をつづった。

     前日に引退会見を行った黒田は、自身の背番号「15」が山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続き球団3番目の永久欠番となったことについて言及。「話を聞いた時は自分の中で鳥肌が立ちましたし、北別府さんを始め、諸先輩がおられる中で、こうやって僕自身の背番号がそういうふうになるのは恐縮する気持ちがありました」と話した。

     これに対し、現役時代に背番号「20」を背負っていた北別府氏は「実は現役引退してから、私の背番号は欠番にはしてもらえないのだろうかという思いを抱えていたのは事実です」と複雑な心境を吐露。と同時に「しかし!昨日の黒田君の会見を聞き、喉にずっとつっかえていた小骨が取れたようなという表現しかできないのですが、広島カープで投手初の永久欠番は15番で良かったと心から思えた、私にとっても心に残る会見でした」と黒田に感謝した。北別府氏は以前もブログで「自分の付けていた背番号を欲しがってくれることも大変ありがたいことですが永久欠番というのは選手にとっては何ともいいがたいような誉でもあります」と記していた。

     北別府氏は宮崎・都城農から1975年に広島にドラフト1位で入団。3年目の78年に初の10勝をマークすると、その年から11年連続で2ケタ勝利。79年には17勝をあげ、リーグ優勝に貢献した。82年には20勝をあげ最多勝と沢村賞に。86年も18勝でリーグ優勝に貢献し、最多勝、沢村賞に加えMVPにも輝いた。通算213勝をあげ、94年を最後にユニホームを脱いだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000111-sph-base

     毎日放送ちゃやまちプラザ(大阪市北区)で開催中の「広島カープVまつり」に3日、本紙野球評論家の大野豊氏が来場、トークショーを行った。

     25年ぶりにリーグ優勝したカープについて「黒田、新井らベテラン勢と成長著しい若手がうまくかみ合って、シーズンを通して安定した戦いぶりだった」と振り返った。さらに「日本シリーズに敗れはしたが、若手にとっては貴重な経験となった。この悔しさを胸に来季は日本一を目指してほしい」とエールを送った。6日まで開催。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000104-spnannex-base

     広島が今季限りでの現役引退を表明した黒田博樹投手(41)の背番号「15」を永久欠番とする方針を固めたことが30日、分かった。

     広島では、ともに1970~80年代の黄金期を代表する強打者だった山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」が永久欠番となっている。

     黒田は1997年から広島で11年間プレーした後、フリーエージェント権を行使して米大リーグのドジャースに移籍し、ヤンキースでも活躍。メジャー球団からの高額オファーを断って、広島に昨年復帰し、今季は25年ぶりのリーグ制覇に貢献した。日米通算で203勝を挙げている。

     球団幹部は「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、(広島に復帰して)お金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と話した。 

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000086-jij-spo

    【赤坂英一「赤ペン!!」】32年ぶり日本一を目指す広島には、勤続53年を誇るトレーナーがいる。1963年に入社し、勤めながら大学にも通ってトレーナー部長に就任。「75年の初優勝から今年の優勝まで7回の優勝を全部見とる」と言う福永富雄トレーナー部アドバイザーだ。今年74歳になり、日本プロ野球トレーナー協会会長も兼務している人物である。

    「昔の選手はよう練習をした。根本(陸夫=故人)さんが監督しとったころ(68~72年)、エースの外木場(義郎)が『よしというまで投げとけ』と言われて、午前から投げ始めてさ、ぼくが昼飯を食べ終わってもまだ投げとる。何球投げたか聞いたら、『600ぐらいかな』って。今どきの選手はそんな投げ込みはやらんし、させられんもんな」

     では、近頃の選手はそれだけひ弱になったのかというと、まるで逆。むしろ、精神的には比べものにならないほどタフになっているそうだ。

    「91年以前の優勝では、ペナントレースの大詰めまでくると、選手たちはみんな唇がカサカサになったもんです。大野(豊)も達川(光男)も顔色が悪うなって、肌が荒れてね。それだけプレッシャーがきつかったんじゃと思う。でも、今どきの選手はみんな肌がツヤツヤしとるよね。CSも表情が明るくて、みんな楽しんでやっとった」

     体力的にも昔の選手に引けを取らない。とくに菊池涼介の肩の強さたるや、「いままで見たセカンドの中でも間違いなく一番じゃな」という。

    「二遊間を抜かれそうな打球をバーッと横っ跳びで捕って、そこから足を踏ん張らず、上半身だけを一塁方向へねじって、打者走者をアウトにするじゃろ。あんなプレーができる選手、菊池以前には見たことがないよ。足で踏ん張る必要がないということは、それだけ並外れて肩が強いんだな。吉田(義男=元阪神の名遊撃手)さんも、『自分が見た中で一番肩が強いのは菊池』とおっしゃってたぐらいだからね」

     カープは50年の球団創立から今年で67年目を迎えた。福永氏はそのうち半分以上に及ぶ53年間をトレーナーとして過ごし、いまもなお選手たちの体のケアを続けている。元主砲・監督の山本浩二氏からファームの若手まで、チーム内で長年定着している呼び名は「先生」。菊池はもちろんだが、こういう生き字引的存在もまた貴重な戦力と言えるだろう。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000009-tospoweb-base

     広島の黒田博樹投手(41)が今季限りで現役引退すると発表したことを受け、元広島のエースで野球解説者の北別府学氏(59)が自身のブログを更新。「何ともすごい引き際」と先輩として拍手を送った。

     北別府氏は「黒田の引退に思う」のタイトルでエントリー。この日はクライマックスシリーズを終え、日本シリーズを控える束の間の休みとあって、マスコミ関係者を中心としてメンバーで釣りに行っていたという。

     ところが、「瀬戸内海で釣り糸を垂らしていたら、皆の電話が鳴りだした」と黒田の引退発表を受けてその場が騒然。北別府氏にも緊急の出演依頼があったことから途中で釣りをやめて陸に上がることになった。

     「黒田引退の知らせに皆が慌てふためいた」と振り返った北別府氏。「何ともすごい引き際。男として惚れるほどに。野球人として嫉妬するほどに。退き際まで伝説となる黒田投手です」と最大級の賛辞を送った。現役時代には黒田を上回る通算213勝をマークした元大エース。その北別府氏でさえ嫉妬するほど見事な黒田の引退発表となった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000145-spnannex-base

     今季圧倒的な強さを見せつけてリーグ優勝を飾った広島が、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでも、その強さを遺憾なく発揮した。15日の第4戦は乱打戦を制し、1勝のアドバンテージを含む4勝1敗で、25年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。投打守すべてがかみ合ったように見える今季の広島だが、その強さの要因はどこにあるのか。25年前、1991年の日本シリーズでは第2、5戦に先発して2勝を収め、第6、7戦ではリリーフ登板も果たした広島OB左腕・川口和久氏に、2016年の広島が持つ強さについて聞いた。

    CS打率は一時.909に 広島・田中広輔のCS全打席結果一覧

    ――今年の広島は2位・巨人に17.5ゲーム差をつける圧倒的な強さを誇りました。

    「今年は前田健太(現ドジャース)が抜けて、その穴を野村(祐輔)と福井(優也)というピッチャーが、2人で1つの穴を埋めることが必要だったんですけど、予想外に野村が最多勝(16勝)と最高勝率(.842)という活躍をした。3敗しかしなかったというね。先発陣は、黒田(博樹)を軸としてジョンソン、野村、そこに若い岡田(明丈)が入って、ベテランと若手が上手くかみ合いながら1年間いいバランスで戦ったと思いますね。もう1つ、投手陣が強かった要因として、ジャクソン、中崎(翔太)という8回と9回を投げる投手が揃っていた。そこに今村(猛)、大瀬良(大地)もいて、若手たちがすごく成長したと思うんですよ。

     打線はね、1、2、3番の田中(広輔)、菊池(涼介)、丸(佳浩)っていうのが、みんな27歳なんですよね(※3選手とも同学年だが、菊池のみまだ26歳)。若手とは言わないけど、27歳といったら野球界では一番いい時期ですから。この1、2、3番が固定されて、出塁率、打率が高く、得点ができた。相手のピッチャーからしたら、彼らの印象は嫌なものですよ。この3人に新井(貴浩)が続いて、首位打者まではいかなかったけど鈴木誠也が3割3分5厘。これはある意味サプライズだったんだけど(笑)、カープにとっては将来楽しみなスラッガーがでてきたな、と。今年は投打、ベテランと若手のバランスが非常によかったですね」


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00010004-fullcount-base

     25年ぶりのセ・リーグ優勝を記念し、商店街を市民ら1600人が練り歩く「ちょうちん行列」が30日、広島市内で行われた。

     1975年の初優勝にも見られた光景で、41年ぶり2度目。「Carp」のロゴが入った赤いちょうちんを手に、特製Tシャツを着用し、応援歌を歌いながら約1キロを歩いた。

     OBの安仁屋宗八氏や池谷公二郎氏、大野豊氏らも参加し、市民と喜びを分かち合った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000079-dal-base

    このページのトップヘ