広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    大野豊

     プロ野球の若手選手たちの体作りを支える寮の食事。栄養バランス、ボリューム、品数など、あらゆる角度から計算し尽くされた“プロの料理”を随時紹介していきます。セ・リーグ3連覇を果たした広島の大野寮のメニューとは…。


      ◇  ◇

     朝昼晩と、日々食事が繰り返される大野寮の食堂。2、3軍の若手選手らが生活し、ここから土台を作って1軍の舞台へ羽ばたいていく。若鯉に食事を提供して34年目となる宮本悦夫料理長は「食べる相手が変わらないので、やはり家庭料理が理想です。飽きずに、いくらでも食べられる料理を」と重要なポイントを説明した。

     一日4000~5000キロカロリーを目安に、バラエティーに富んだ食事が並ぶ。新人施設見学も行われた11日の昼食(写真)は海鮮丼、ハマグリのお吸い物をメインに自由に選べるサラダなど。バランスへの意識はもちろん、「食べやすいように」と殻付きの食材などは極力選ばないという。

     量を取ってもらうため、最大限に工夫を凝らす。例えば夜は肉、魚のメイン、小鉢2品、汁物、サラダ。さらにフリーのサブメニューを4、5品用意する中には「若いと特に肉系統を体がほしがる」と、必ずローストビーフなど肉メニューが盛り込まれている。

     選手の要望にも応える。宮本料理長は選手個々の嫌いな食べ物リストを作成し、代用できる食材を作ってきた。ドミニカカープアカデミーもあることから、1993年に宮本料理長は約2週間現地でドミニカ料理を学んだ。現在も提供しており、今季フル回転したフランスアは「ポジョギサード」という母国の鶏肉料理がお気に入りで食べていたという。

     球団史上初の3連覇に貢献したナインもこの食事を胃袋に収めてきた。鈴木は若手時代「夏場痩せるので、ください」と一日4~5食をかき込んでいたといい、アドゥワも体重が増えにくいことから自ら食事の回数を増やしていたという。

     また、宮本料理長は未来のスポーツ界を担う中高生のアスリートへも助言した。オススメの料理は鍋料理。「野菜も栄養素も入っている。バランスが最高です」とし、作る側の両親へ「嫌いなものは嫌いと認めてあげて、代わりを食べれば問題ない」と言葉を送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000049-dal-base

     今秋もドラフト会議が行われ、育成選手を含めて125人の若者がプロの門を叩くことになった。栄光の1位から、まずは支配下を目指す育成まで、プロの世界はスタートの時点で序列のある世界だ。ノンフィクション作家の田崎健太氏(50)はこのほど「ドラガイ」(カンゼン・税別1700円)を出版。ドラフト外での入団から成功をつかんだ7選手の野球人生を描いた。なぜ、彼らは指名漏れから成り上がることができたのか。一冊に込めた思いを、田崎氏に聞いた。(構成・加藤 弘士)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00010004-spht-base

     【鯉と鷹の物語】(5)

     広島の抑え投手として活躍後、病魔と戦ったのが「炎のストッパー」として知られた津田恒美氏だ。社会人・協和発酵からプロ入りした1982年に11勝し、新人王。闘志あふれる投球が持ち味で86年に抑えへ転向し、89年には40セーブポイントをマークして最優秀救援投手となった。

     91年の開幕後に頭の痛みを訴え、治療に専念するため同年限りで引退。福岡市内の病院へ入院した。広島のかつての同僚で、同い年で仲のよかった森脇浩司内野手は当時ダイエー(現ソフトバンク)でプレーしており、親友の見舞いへ足しげく通った。

     一時期、快方へ向かった津田氏は「俺、ダイエーへ入れるんかなあ」と森脇氏へ再起の夢を語っていた(津田晃代著『最後のストライク』)が、オールスター戦が東京ドームで行われた93年7月20日、脳腫瘍のため、32歳で死去。もう一度マウンドへ立つ夢はかなわなかった。

     津田氏と左右のダブルストッパーとして活躍した広島の大野豊投手は「投手には珍しく優しくていいやつ」と早すぎる死を悼んだ。(浦)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000668-san-base

     ◇日本シリーズ第1戦 広島―ソフトバンク(2018年10月27日 マツダ)

     スポニチ評論家陣が今シリーズの勝敗を予想した。何と12氏全員が4勝3敗、第7戦で決着すると見た。

     《中畑清氏 広島4勝3敗》戦力的には甲乙つけがたい。ともに決定力に欠けるのだ。

     先発投手は広島が大瀬良、ジョンソン、九里、野村。ソフトバンクは千賀、バンデンハーク、ミランダ、東浜。大瀬良、千賀ともに完璧な状態じゃなく、巨人・菅野のような絶対エースはいない。

     抑えも広島の中崎、ソフトバンクの森とも不安が残る。特に抑えは初めての森。レギュラーシーズンはサファテ故障の穴を見事に埋めたが日本シリーズという独特の雰囲気の中でどれだけ自分の力を発揮できるか。

     打線は投手陣より高いレベルで互角。広島はDHが使える試合でバティスタ、メヒアをどう使い、ソフトバンクはCSでベンチに下げた松田宣、内川をどう扱うか。ベンチワーク次第のところもあるけど、ともに選手層は厚い。点の取り合いになると思う。

     脇役が主役になることの多いシリーズ。鍵を握るのは広島の2番・菊池、ソフトバンクの1番か2番を打つ上林と見ている。2人ともクリーンアップへのつなぎはもちろん、チャンスで回ってきたら試合を決められる選手。機能すれば打線全体が活発になる。

     そんなこんなを総合して私の予想は広島の4勝3敗。理由は2つある。今季はセの本拠地で開幕。スタンドが真っ赤に染まるマツダスタジアムで4試合できること。もう一つは新井の現役最終年ってことだ。「新井さんに日本一の花道を」というチーム全体の思いが最後の決め手になると思っている。

     《張本勲氏 広島4勝3敗》最後までもつれる、白熱のシリーズになると思う。広島は走攻守のバランスが良く、新井らが控える選手層も厚い。規定打席不足ながら打率3割、2桁本塁打の捕手・会沢の打撃にも注目。下位から上位につなげば得点力は増す。リーグ3連覇。今度こそ日本一、の強い思いもプラスに働くだろう。ソフトバンクはCSでは勢いを見せたが、今季の戦いぶりは全体的に好不調の波があって「粗い」印象だ。日本シリーズではどちらに出るか。

     《大野豊氏 広島4勝3敗》初戦に勝つことを前提に広島が有利と予想する。第1戦に先発する大瀬良がソフトバンク打線の勢いを止めることが最も重要になる。先発陣がある程度踏ん張って良い流れをつくることができれば、勝ちパターンの救援陣で逃げ切れるはずだ。攻撃陣の鍵を握るのは丸と鈴木だろう。2人が寸断されると打線が機能せず得点力が下がる。CSではソフトバンク投手陣は早めの継投を見せており、打線全体として対応できるかもポイントになる。

     《牛島和彦氏 広島4勝3敗》どちらも攻撃力が自慢のチーム。得点力は互角なだけに、投手の出来がシリーズの行方を左右する。短期決戦。CSファイナルSでも5戦44得点だったソフトバンク打線は、勢いに乗ると止めるのは困難だ。ただ、広島投手陣も大瀬良、ジョンソンら先発、中継ぎ、抑えと駒はそろっており、十分に対抗できるとみる。過去10年、セの日本一チームは09、12年に原監督が率いた巨人の2度だけ。パ優位の流れはあるが今回の広島は期待できる。

     《野村謙二郎氏 広島4勝3敗》開幕は広島の本拠、マツダスタジアム。セの他球団は「マツダでは雰囲気にのまれる」という。レギュラーシーズンで貯金20をつくったホームアドバンテージが、ここでも生きると思う。CS敗退した昨年の広島で一番悔しい思いをした鈴木が大爆発しそうな予感もある。試合展開は打ち合いを予想する。当たり前のようだが、一つのミス、一つの四球で隙を見せないことが大切。両チームとも、その隙につけ込むのが非常にうまいからだ。

     《有藤通世氏 ソフトバンク4勝3敗》得点力に内外野の守備、走力は互角。投手力でわずかにソフトバンクに分があるか。先発、リリーフとも駒がそろう。武田、石川の中継ぎ2人は、CSでも回の頭、走者のいる場面といろいろな場面で対応していた。工藤監督の起用法に注目したい。キーマンは柳田、そして広島は丸。短期決戦はラッキーボーイも登場するが、チームの「顔」が活躍してこそ。長打力はソフトバンクが上とみるだけに、丸のバットは大きな鍵を握る。

     《田淵幸一氏 ソフトバンク4勝3敗》紙一重の戦いの中で、ソフトバンク・甲斐と広島・会沢のインサイドワークの勝負にも注目したい。どれだけ内角を攻められるか。ともに長打のある打線。甘く入ると危険だが、厳しく突くことで勝機が生まれる。その甲斐ら下位打線はCSでも好機を演出。上林、意外性のあるグラシアルら上位打線も抜け目がない。内川が切り札的存在になる打線は厚みがある。広島は引退する新井を中心に一丸ムード。丸の打撃が勝敗の行方を左右する。

     《東尾修氏 ソフトバンク4勝3敗》両チームともに打線に集中力があり、ロースコアの展開は見込めない。投手が「このコースは駄目」などと意識して、投球の幅を狭めないことだ。多少の失点は必ず打線が返してくれる。自分の特長を出すことを考えることだ。四球から大量点では流れを失う。「勇気」がテーマになる。差があるとすれば投手の駒。第2先発に武田、石川を擁するソフトバンクが有利とみる。広島は先発陣の誰か一人が2勝するなどMVP級の活躍がほしい。

     《若菜嘉晴氏 ソフトバンク4勝3敗》ソフトバンク・工藤監督の采配が鍵を握っている。指揮官として3度目の日本シリーズだが、15、17年の過去2度は本拠地での開幕だった。今回初めて敵地でスタートするだけに、DHが使えない中でどうやりくりするか注目している。CSで不振の松田宣をスタメンから外し、起用した内川が結果を出したような思い切ったタクトを振れるか。総合力でソフトバンクが有利と見たが、マツダスタジアムでつまずくと逆の結果もあり得る。

     《伊東勤氏 ソフトバンク4勝3敗》ソフトバンクは、投手陣のバリエーションが豊富だ。長いイニングを投げられる武田、石川がブルペンにいるのは強みで、早めの継投が可能。仮に1、2戦の先発の調子が悪ければ、彼らに代わって、6、7戦で先発に回ることもできる。攻撃面はどちらも機動力を使うことができ、互角だと思うが、内川の復調は大きい。不安材料を挙げるなら、マツダでのデスパイネの守備力か。広島は地の利を生かし、まずは本拠地で2連勝したい。

     《槙原寛己氏 ソフトバンク4勝3敗》選手層の厚さはともにリーグトップクラス。そんな中で、ソフトバンクは「第2先発」ともいえる武田、石川の存在が効いている。先発ローテーションで勝敗が読めた昔と違って、今は早めの継投が主流。工藤監督はCSファイナルSと同様に、2人を有効に使って早め早めに投手を代えるだろう。勢いに乗れば4勝1敗、4勝2敗もありえる。広島は鈴木がキーマン。徹底マークされる丸の後の打順、4番としての仕事ができるか。

     《岸川勝也氏 ソフトバンク4勝3敗》広島・会沢、ソフトバンク・甲斐の両正捕手に注目。マツダスタジアムでの第2戦までに相手打線の好調な打者、逆に調子の悪い打者をいかに見極められるか。捕手の洞察力が第3戦以降の勝敗に直結する。優位としたソフトバンクは武田、石川の両右腕が「第2先発」として控えるのが強みだ。西武とのCSファイナルSは打線が活発だったが、データが少ない中での戦いとなるだけに、3、4点勝負の接戦が増えると予想する。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000070-spnannex-base

     投手力の優れたチームは強い。躍進を続けるカープにも強固な投手陣が存在する。しかし現状、先発の左腕不足はどうしても否めない。そんな中で将来性豊富なレフティが着々と現れ始めている。



    「野村(祐輔)や大瀬良(大地)、岡田(明丈)を中心にしっかりとした右投手中心のローテーションは組めていると思う。結果も出ている。でも現在、左投手で安心して任せられるのはクリス・ジョンソンだけ。よく言われるように左腕不足といえばそう。それに左投手はやはり有利だからね。絶対的な数が少ないから、子供の頃から練習も含め打者は対戦する機会が少ないしね」

     そう語るのは広島OBで投手コーチも経験した大野豊氏。現役時代は先発、抑えのどちらも経験し、プロ通算148勝138セーブという素晴らしい成績を残した。同時代の広島には川口和久(プロ通算139勝)もおり、安定感抜群の左腕2枚看板として黄金時代を支えた。

     リーグ独走を続ける広島は、ローテーションを6人で回すことが多い。右投手の野村、大瀬良、岡田、九里亜蓮。左投手のクリス・ジョンソンにもう1人。17年に15勝を挙げた勝ち頭の薮田和樹が不調で1軍にいなくとも、ローテーションを組め試合を作れている。

     広島投手陣でのエース格は左腕ジョンソンだろう。15年の広島入団から2年連続2桁勝利。15年は最優秀防御率賞を獲得し、16年は沢村賞のタイトルを受賞。18年も夫人の出産などで一時帰国などはあったが、コンスタントに勝ち星を重ね絶大な安定感を誇る。

    「ローテーションを守るのは簡単なことではない。1試合や2試合ならば、そこだけに集中すれば良い。でもプロの場合は年間を通じてシーズンは長い。肉体的にも精神的にもタフな状態な時は必ずある。そういう時にいかに普段に近い状態でマウンドに上がることができるか。勝ち試合の後でもできるだけ早く切り替えるようにしている」

    「広島に左腕が不足しているという話は聞く。でも存在能力が高い素晴らしい若手もたくさんいる。今、先発に入っている高橋や中村恭平もそうだよね。持っている球は素晴らしい。僕より速いボールを投げるしね。あとは経験や自信の部分だと思う。結果が出てくれば、自分なりの調整方法などもわかってくる。いろいろとトライして自分に最も適したものを見つけ出してほしい」(いずれもジョンソン)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00187701-fullcount-base

     広島は23日、入団テストを9月29日に実施することを発表した。

     詳細は以下の通り。

     <応募資格> 下記(1)・(2)の条件を満たしている者

    (1)18歳以上、24歳までの健康な男子

    ※高校生は来春卒業見込みで、野球部在籍者は各都道府県の高校野球連盟に必ず『プロ野球志望届』を提出すること。

    ※大学生は来春卒業見込みで、野球部在籍者は所属の大学野球連盟に必ず『退部届』および『プロ野球志望届』を提出すること。退部届・プロ野球志望届を提出していない方はテストを受けられない。

    (2)身長175cm以上

    <応募方法> 郵便はがきに、必要事項を明記のうえ郵送。

    (1)氏名 (2)住所 (3)電話番号(携帯番号) (4)生年月日(年齢) (5)最終学歴 (6)身長・体重 (7)ポジション (8)投打の左右別

    <応募先> 〒732―8501 広島市南区南蟹屋2丁目3番1号 マツダスタジアム内株式会社 広島東洋カープ「入団テスト」係

    <テスト種目> (1)一次テスト…50メートル走(6・5秒以内)、遠投(90メートル以上)

    (2)二次テスト…「投手」ピッチング 「野手」打撃・守備

    ※投手・野手ともに、一次テスト合格者のみ二次テスト受験可能

    <その他> (1)応募者は、テスト当日8時30分までに野球用具を持参の上、マツダスタジアム正面玄関前に集合。※雨天の場合も同様

    (2)交通費・食事代は各自負担。

     (3)当日もマツダ スタジアム正面で8時30分から9時まで受験希望者の受付。(高校生、大学生共にプロ野球志望届・退部届のコピー持参)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000122-spnannex-base




     広島の中崎翔太投手が8日、本拠地マツダスタジアムでの中日戦で、通算100セーブを達成した。NPB史上30人目となる。

     NPBの歴代通算セーブ数ランキングを見ると、以下の通りとなる(100セーブ以上)。()内は実働年、RPは救援登板数。※は現役。江夏豊はセーブ制導入後の数字。

    1岩瀬仁紀405S/985RP(1999-2018)※
    2高津臣吾286S/584RP(1991-2007)
    3佐々木主浩252S/431RP(1990-2005)
    4サファテ234S/427RP(2011-2018)※
    5小林雅英228S/450RP(1999-2011)
    6藤川球児224S/672RP(2000-2018)※
    7江夏豊193S/495RP(1967-1984)

    8馬原孝浩182S/371RP(2004-2015)
    9クルーン177S/304RP(2005-2010)
    10武田久167S/534RP(2003-2017)
    11永川勝浩165S/518RP(2003-2018)※
    12豊田清157S/476RP(1995-2011)
    13平野佳寿156S/484RP(2006-2017)
    14赤堀元之139S/360RP(1989-2004)
    15大野豊138S/483RP(1977-1998)
    16大塚晶則137S/305RP(1997-2003)
    17増井浩俊134S/427RP(2010-2018)※
    18斉藤明夫133S/383RP(1977-1993)
    19鹿取義隆131S/739RP(1979-1997)
    20山本和行130S/539RP(1972-1988)
    21林昌勇128S/238RP(2008-2012)
    22牛島和彦126S/327RP(1980-1993)
    23ギャラード120S/194RP(2000-2004)
    24山崎康晃118S/223RP(2015-2018)※
    25ペドラザ117S/194RP(1999-2003)
    26郭源治116S/266RP(1981-1996)
    27山口俊111S/320RP(2006-2018)※
    28佐々岡真司106S/267RP(1990-2007)
    29MICHEAL104S/286RP(2005-2012)
    30中崎翔太100S/283RP(2012-2018)※

     セーブは1974年に正式に記録として導入され、それ以降の投手が対象となっている。通算最多セーブ記録は長らく江夏豊が保持していたが、佐々木主浩が1998年に14年ぶりにこれを更新、以後、高津臣吾、藤川球児、岩瀬仁紀とクローザーに特化した投手が続々と登場して、記録を更新した。

     中崎は史上30人目の100セーブだが、現役では8人目。広島で100セーブを挙げたのはこれが4人目となる。広島の通算セーブ数5傑は以下のようになっている。

    1永川勝浩165S/518RP(2003-2018)※
    2大野豊138S/483RP(1977-1998)
    3佐々岡真司106S/267RP(1990-2007)
    4中崎翔太100S/283RP(2012-2018)※
    5津田恒実90S/228RP(1982-1991)

     広島のクローザーといえば1979年日本シリーズの「江夏の21球」の江夏豊が有名だが、江夏は1978-80年の3シーズンだけ在籍し55セーブを挙げたのみ。上位5人はすべて広島の生え抜きだ。

     多くの場合、クローザーはチームに1人だけ選任される。広島で言えば、永川が長くクローザーを務め、その後サファテ(現ソフトバンク)、ミコライオと外国人が続いたのちに中崎がクローザーになった。しかし、昨年は不振が続いたために、一時期今村猛と持ち場を交換し、中継ぎ投手になった。

     中崎と通算セーブ数24位のDeNA山崎康晃は同じ1992年生まれ。中崎は8月10日、山崎は10月2日に26歳になる。救援投手として入団し、1年目からクローザーとして起用され、わずか4年で100セーブをクリアした山崎に対し、中崎は当初は先発。その後中継ぎに転向し、さらにクローザーになったため、達成まで7年を要した。異なる道のりを歩んできた2人だが、今後も同じセ・リーグのライバルとしてセーブ数を積み重ねていくことになるだろう。


    引用元 https://full-count.jp/2018/08/09/post175647/

    このページのトップヘ