広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    天谷宗一郎

    jul271-gg

    jul271-gg

    ○ 広島 10 - 4 巨人 ● <11回戦・マツダスタジアム>  広島の堂林翔太が、5試合連続打点を挙げた。  2-1の3回一死満塁の第2打席、巨人の2番手・田中豊樹が2ボール2ストライクから投じた外角のスライダーを一、二塁間に弾き返す2点適時打を放った。  
    22日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏は、堂林の適時打に「状態があがっているからこそ、ヒットゾーンに飛んでいきましたよね。その前におそらく田中投手が空振りを取りにきたスライダー。しっかりいいところに決めたんですけど、状態が悪ければ振っていたと思うんですよね。そこを我慢できたからこそ、田中選手もボールが浮いてしまいましたよね」と振り返った。

    262376-2362-1-2442-pcg



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/03c51ce6891a777fb5e00709a96188c9f1c1d77f

    jul271-02

    2349-3

    特殊無線

     広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退したプロ野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が18日、自身のブログを更新。ドーピング検査で陽性反応を示したことにより、前日17日に出場選手登録を抹消された広島のサビエル・バティスタ外野手(27)について思いをつづった。

     「バティスタが初めて日本に来た時から一緒に練習をしてきました。第一印象はデカくてまじめ。それは今も変わっていません」とまずは昨季までともにプレーした元チームメートの印象について記した天谷さん。

     「キャンプでは日本人の若手と一緒に朝から晩まで猛練習」していた大事な仲間。「そんなバディが。今は最終結果待ちです。今の段階では、何とも言いにくいですが一緒にやってきた身としては本当に信じられません」と複雑な胸中を明かした。

     バティスタは6月上旬に実施された検査で陽性反応があり、別検体での再検査でも16日午後9時に再び陽性が確認された。17日午前に横浜から帰広。2軍の練習参加も認められず自宅謹慎を命じられ、今後は希望する弁明機会を経た後、開かれる調査裁定委員会で裁決される。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000187-spnannex-base

     広島ひと筋に17年間プレーし、昨季限りで現役を引退した野球解説者の天谷宗一郎さん(35)が14日深夜に自身のブログを更新。同日の楽天戦(楽天生命パーク)で初回に3発、2回に2発と球団タイ記録の1試合5本塁打を浴びて2回途中7失点KOされ、ベンチで悔し涙を流した床田寛樹投手(24)に元チームメートとしてエールを送った。

     チームは交流戦突入後4カード連続で初戦を落とし、最大14あった貯金が8に減るなど苦戦が続いているが、まずは「長いシーズン山あり谷ありです」「今のチームは1つのキッカケで物凄い勢いに乗るチームです。ファンの皆さん選手を信じて応援してあげて下さいね」とメッセージを送った天谷さん。

     続いて「床田投手の涙は、性格を知っているだけに意外でした。本当に悔しかったのでしょう」と後輩の涙について触れると「今日の涙を次の登板、これからの登板にいかしてほしい。床田投手ならできると思います。しっかりと切り替えて次に向けて頑張れとこちゃん!!」とエールを送った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000212-spnannex-base

     プロ野球広島から巨人にFA移籍した丸佳浩の人的補償で、巨人から広島に移籍した長野久義の妻でテレビ朝日の下平さやかアナウンサーが26日、AbemaTV「みのもんたのよるバズ!」(土曜、後8・00)に出演。みのもんたから「広島に行くの?行かないの?」と質問され、「2月いっぱいくらいで結論を出そうかなと思っています。いろいろと相談させてください。(みのが代表を務める水道メーターの会社)ニッコクの広島営業所の面接を受けさせてください」と再就職先に関するジョークを交えて返した。


     長野は23日に新たな本拠地となるマツダスタジアムでカープカラーの赤いネクタイを着用して入団会見を行い、地元ファンから歓迎された。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000096-dal-ent

    去年惜しまれながら現役を引退した元カープの新井貴浩さんが、ことしからRCC(中国放送)の野球解説者に就任することになりました。

    新井さんは、RCCのラジオとテレビの野球中継を通して、4連覇と日本一を目指す後輩たちの後押しをしたいと話しています。

    「やはりわかりやすい解説がいいんじゃないでしょうか。うまくしゃべれるかどうかはわかりませんけどね」
    (新井貴浩さんインタビュー)

    「引退後はファンに戻ってカープを見守る」と話していた新井さんは、去年亡くなった衣笠祥雄さんが長く務めたTBSの野球解説者への就任も決まっています。

    「もともと喜怒哀楽が出てしまうほうなので、その辺りを気をつけないと行けない。根本に選手への愛情をもって、リスペクトしてお話しできればと思っています」
    (新井さん)

    就任に先立ち、新井さんのロングインタビューを「RCC ニュース6」で7日から3日間、シリーズでお伝えします。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00240300-rccv-l34

    このページのトップヘ