広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安仁屋宗八

     4年目の指揮を執る広島・緒方孝市監督(49)とカープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(73)が、恒例の新春対談を行った。昨季、37年ぶりのリーグ連覇を果たしながら成し遂げられなかった日本一が、今年の最大の目標。広島を愛する2人が熱く語り合った。後編をどうぞ。

     安仁屋「去年は野手の活躍があった。今年も相当期待できるんじゃないか」

     緒方「いろいろな打撃部門の成績を見ても分かるように、攻撃陣はナンバーワンの数字を収めてくれた。本当に申し分ない活躍でした。その数字に甘んじることなく、今年も新たな気持ちでやってほしいと思います。その中で1点、1点を積み重ねる攻撃を大事にしていきたい。最後まで緩めることなく、どんなに苦しい状況になっても勝ちに結び付けるために諦めずに攻めていくのがカープの身上ですから」

     安仁屋「田中、菊池、丸が今年も中心になるのは間違いなさそうだね」

     緒方「タナキクマルは、うちのセンターラインであって、打線でも中心となる選手たちです。ただ、完全に彼らに任せるのではない。投手と同様に、野手も競争の中からポジションを勝ち取ってほしい。中心選手に言いたいのは若手にすきを見せるな、与えるなということ。けがにしても調子の波にしてもそう。成績と実力でチームを引っ張っていけよ、と言いたい」

     安仁屋「4番争いも楽しみな話題になりそうだ」

     緒方「去年をスタートさせる中で、鈴木誠也をどこかのタイミングで4番に据えたいと考えていました。将来のチームをつくる上でも彼に成長してもらいたいという思いを込めてです。そして、こちらの期待通り、申し分ない成績を残してくれました。ただ8月の大事な時期にけがで離脱した。本人は悔しかっただろうしチームとしても痛かった。今年は本当の意味で4番打者としての真価が問われるというか、成長してもらわなくてはいけないシーズンになります」

     安仁屋「4番候補には鈴木のほかに松山、バティスタ、新井とたくさんいる」

     緒方「鈴木が抜けたあとの松山の活躍は大きかったですからね。あの打撃は本当に4番の打撃ですよ。衝撃的なデビューをしたバティスタも貪欲で彼も4番候補の1人。大ベテランの新井もいます。彼も代打一本で甘んじるという性格ではない。こちらとしては状態のいい選手を使います。調子が悪ければ打順を下げるということではなく、スタメンから名前が消える。そういうふうにみんな思っていると思います」

     安仁屋「楽しみが多いね。レギュラー陣に割って入るのは本当に大変だ」

     緒方「西川や堂林、野間ももう一皮、二皮くらいむけないとこの野手陣に割って入れません。ただ成長するチャンスはいくらでもあります。新しい戦力を、チャンスがあればどんどん使おうと思います。競争です。それがチーム力の底上げにつながります」

     安仁屋「激しい競争があって今のチームがあるということ。これからもカープの強さは続いていくと思うし、リーグ3連覇というのは本当に間違いない。あとは日本一。ぜひ緒方監督には頑張ってもらいたい」

     緒方「去年、日本一を達成できなかったのは自分の責任でもあるし、ファンの方には本当に申し訳なく思います。今年は球団史上初の3連覇という目標を持ち、その先にある日本一にも挑戦して勝ち取りたい。今年こそ、ファンの期待に応えられるシーズンにしたいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000038-dal-base

     4年目の指揮を執る広島・緒方孝市監督(49)とカープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(73)が、恒例の新春対談を行った。昨季、37年ぶりのリーグ連覇を果たしながら成し遂げられなかった日本一が、今年の最大の目標。広島を愛する2人が熱く語り合った。まずは前編から。


     安仁屋「明けましておめでとう。今年もよろしくお願いします」

     緒方「よろしくお願いします」

     安仁屋「去年もいろいろ楽しませてもらった。カープが強いというのが一番。誰かが抜けたら誰かが出てくる。いい例が一昨年はマエケンが抜けて、野村が出てきた。去年は黒田が辞めて薮田が出てきた。そういうのがすごくいいね。全体的に見ても若い選手と中堅、ベテランがうまくかみ合っている」

     緒方「去年、戦う上でポイントに置いていたのは投手陣。リーグ3連覇と日本一を狙う今季もカギはそこです。投手陣をもう一度、しっかり整備していきたい」

     安仁屋「投手は何人いてもいいんだからね」

     緒方「去年、九里は本当によく頑張ってくれたし、大瀬良や祐輔(野村)も1年間、仕事をしてくれた。でも、ジョンソンは納得のいかない数字しか残せなかったし、岡田もCSで投げられず、最後に悔しい思いをした。投手陣は去年の経験を踏まえた上でもう一段階、成長する姿を見せてほしい。高いレベルで競争してほしいと思っています」

     安仁屋「競争は今年も激しそうだ」

     緒方「選手たちには自分たちのポジションを勝ち取れということを伝えたいです。その中にどんどん若い選手も入ってほしい。左投手が不足しているし、1人でも2人でも出てきてほしい。年数や年齢は関係ない。いいものを見せてくれたら使います」

     安仁屋「薮田もまた競争になる」

     緒方「最高勝率のタイトルを取ったけど、彼のポジションを今年も用意しているわけではない。また、しっかりと素晴らしい投球を見せてもらって、開幕投手に名乗りを上げるぐらいになってほしい。また、それを許さないように祐輔、大瀬良、岡田らも頑張らないと。去年、ほとんどチャンスがなかった福井、加藤にしてもそう。いくらでもチャンスは転がっているし、それを勝ち取るのは自分自身の力です」

     安仁屋「個人的には、今年も福井に期待する。結婚し、奮起してくれると思う」

     緒方「薮田や九里は去年結婚して、責任感というのか、マウンド上でこれまでとは違う表情で試合に臨んでいた。やっぱりプライベートが充実しているのは大きい。体調管理ができていて、野球に打ち込める環境になったことが、成績が良くなった要因の一つだと思います。福井は投手陣の中で年齢は上の方になってきた。29歳で上の方というチームは他にはない。カープならではです。言い換えると、それだけ下からの突き上げがあるということ。若いチームで、彼が自分の存在感を出すには結果で示すしかありません。結婚してプライベートも充実した中で野球に取り組んでいけるのだから、私も彼には十分に期待しています」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000037-dal-base

     広島は22日、OB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏が来年の春季キャンプで臨時投手コーチを務めると発表した。16年から3年連続で、日程は2月5日~24日まで。

     安仁屋氏はこの日、広島市内の球団事務所を訪れ、要請を快諾。「2年間やらせてもらい、来年が3度目。やることは変わりない。若い投手が多くなると聞いているし、手助けになれれば」と意気込みを語った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000059-dal-base

     広島の37年ぶりとなるセ・リーグ2連覇を記念し、商店街を市民ら1600人が練り歩く「大ちょうちん行列2017」が7日、広島市内で行われた。

     1975年の初優勝にも実施され、昨季に続き4度目。チームのロゴが入った赤いちょうちんを手に、特製Tシャツを着用するなど、周囲を真っ赤に染めた。

     OB会長・安仁屋宗八氏、池谷公二郎氏、大野豊氏、北別府学氏、山内泰幸氏、横山竜士氏のカープレジェンド6人が参加。私設応援団も同行し、約1キロを沿道の市民らと応援歌を大合唱しながら歩き、喜びを分かち合った。

     ゴール地点となっている袋町公園には特設会場が設置され、鏡開きや振る舞い酒等を実施。2年連続で参加した安仁屋氏は「去年以上に盛り上がっていた。多くの方が応援してくれるのはありがたいこと。今日、2軍が優勝したというのもいい活気づけになったのではないかな」と声をはずませた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000140-dal-base&pos=5

    <広島5-4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

     広島ジョンソンは、彼本来の球のキレが足りなかった。いいときならストレートのキレもあり、カーブも鋭く変化するが、3回にDeNA打線につかまったときは、いずれもいまひとつだった。持っている投球ができれば、打者は差し込まれたり、振り遅れたりする。わずかな違いだが、その差は大きい。


     ただ、4回以降は腕も振れて、球にキレも出てきた。左ハムストリングスの筋損傷から復帰後、まだ完全に復調したとはいいがたいが、この日の後半の投球には、本人も首脳陣も手応えを得たのではないか。

     リーグ連覇はもう目の前で、首脳陣は現実的にはクライマックスシリーズや日本シリーズを想定しているはずだ。ジョンソンはそこで間違いなく必要になる投手。ポストシーズンは投手力が重要になる。そこで“使える”かどうか、残り試合で見極めることになる。

    (日刊スポーツ評論家)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00003038-nksports-base

     左太もも裏の筋挫傷により7月23日に一軍登録抹消となった広島のジョンソンが11日、ソフトバンクとの二軍戦に先発した。

     ジョンソンは初回、本多、曽根、江川を三者連続三振に抑える最高の立ち上がり。しかし2回、一死後連打で失点すると、3回は江川、栗原、釜元にタイムリーを浴び、この回だけで4失点。ジョンソンは3回を投げて5安打3四死球5失点と、不安が残る投球だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00127731-baseballk-base

     プロ野球も交流戦が終わり、23日からは再びセパ両リーグで熱戦が繰り広げられる。現在、セは貯金16の広島が首位に立ち、同10の阪神が2位。3位・DeNA以下の4球団は借金生活からの巻き返しを図る。一方、パは貯金20の楽天が首位を走り、同17のソフトバンクが2位、同9の西武が3位と続く。4位オリックス以下は借金を抱えているが、ペナントレースはまだ半分以上を残しており、まだまだ追い上げは可能だ。
     
     両リーグ全体で、ここまでどの選手の貢献度が最も高かったのだろうか。ポジションや球団の違いなどもあり、一概に決められないが、現在メジャーリーグで重視されるセイバーメトリクスの指標の1つであるWAR(Wins Above Replacement)を基に見てみたい。

     WARは様々な指標を総合し、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。つまり、WARが「1」であれば、チームに1勝分の貢献をしているということになる。

     スポーツデータの分析を手がけるDELTA社の独自集計によると、両リーグの先発投手、野手のWARトップ5は以下の通りとなっている。


    引用元 https://full-count.jp/2017/06/22/post73322/

    このページのトップヘ