広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安仁屋宗八

    「DeNA2-1広島」(21日、横浜スタジアム)  広島のドラフト1位ルーキー森下がプロデビュー戦で7回4安打無失点と力強い投球を見せた。しかし、守護神のスコットが九回に打たれ、プロ初勝利は手にできなかった。

     デイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏は、150キロ超を連発した森下の投球を「8三振奪ったが、すべてが空振り三振だったことを見ても球のキレや球威は抜群だった。カーブやカットボールなどの変化球もうまく織り込んだ会沢のリードも素晴らしかった」と絶賛。「それだけに勝ち星を付けてあげたかった」と森下の胸中をおもんぱかった。  七回を終えての交代は果たしてどうだったのか。安仁屋氏は「球数は100球を越えていた(104球)が、七回も150キロを超える球を投げて2三振を奪うなど、まだまだ余力は残っていた。点を取られていたのならまだしも無失点だし、三回以降は1安打に抑えてピンチらしいピンチもほとんどなかったことを考えれば、八回以降も投げさせても良かったんじゃないか」と交代に疑問を呈した。

    kayama-1


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0b29dc960bd5583a9102c8ad1d6c59b93e86df31

     懐かしの猛虎戦士が現役当時を振り返る企画「あの時は…」。今回は1974年オフに若生智男投手(現デイリースポーツ評論家)とのトレードで阪神に加入した安仁屋宗八氏(75)=現広島OB会長、デイリースポーツ評論家=の登場だ。移籍1年目は66試合に登板し、12勝5敗、7セーブ、防御率1・91。中継ぎで大車輪の活躍を見せ、最優秀防御率とカムバック賞を獲得した。盟友・田淵幸一氏との秘話、巨人への思い、阪神で過ごした5年間を振り返った。


      ◇  ◇

     トレードのきっかけは1974年開幕前、ジョー・ルーツ(当時広島打撃コーチ)からサイドスロー転向を勧められたことだ。ワシは「なぜ、キャンプの時に言わなかった?」と断った。そのオフ、ルーツが監督になって、若生さんとのトレード話が進んだ。

     ワシは阪神に行くなら辞める腹積もりじゃった。女房にも「カープから電話があっても、どこにおるか言うな!」と。でも、吉田さん(当時阪神監督)に請われ、広島でお世話になった方からも「1年遊んでこい」と勧められてね。入団した頃からかわいがってくれた古葉さんも女房に「阪神に行った方がいい」と言っていたみたい。「じゃあ1年だけ行ってきます」とトレードを受け入れたんじゃ。

     それまでオフは遊ぶもん、ジャージー、運動靴も履いたことがなかったけど、悔しかったから、カープを見返したかったから、ジムにも初めて通った。体重を7~8キロ落とした。

     「浩二(山本)、衣笠、大下には打たさん!」とカープ戦は必死に投げた。ある試合で浩二に敬遠のサインが出た。ワシは吉田さんに「敬遠するなら代えてくれ!」と直訴した。本塁打を打たれてしまったけど、後悔はない。今となってはいい思い出だよ。

     移籍1年目(1975年)にカープが初優勝した時も複雑というより喜んだよ。古葉さんが監督だったからね。三村がワシから(9月に)甲子園で本塁打を打ったんだけど、あれで(事実上)決まったんじゃないかな。

     阪神という注目度の高いチームで巨人戦は燃えたね。小さい頃から沖縄での野球中継といえば巨人戦。雑誌も巨人の選手が表紙を飾っていたからね。やっぱり長嶋さん、王さんから三振を取りたかった。当時のピッチャーはみんなそうだったんじゃないかな。吉田さんもワシを巨人戦で起用してくれた。カープの時から巨人に勝たせてもらっていたから、そういう狙いもあったんじゃないかと思う。

     最も思い出に残っている試合は神宮でのヤクルト戦。大杉にぶつけて、次の外国人選手にもぶつけたら広岡さん(当時ヤクルト監督)が怒って、ベンチから出てきた。大杉も詰め寄ってきたんだけど、田淵が大杉に飛びかかって止めてくれた。広岡さんは「安仁屋を退場にしろ!」と言ったけど、ワシは退場にならんかった。田淵が守ってくれた。

     田淵とは相性が良かった。肩が良かったから、走者を出しても安心して投げられたね。打つだけの捕手だと思っていたけど、いい捕手だった。試合が終わってからも一緒にマージャンをしたり、飲んだりね。オフは田淵の自宅に呼んでもらったこともあるし、本当によくしてもらったね。

     79年オフ、古葉さんから「戻ってこい」と言われて、カープに戻ったんだけど、阪神に行って良かったと思っている。今のワシがあるのも阪神での5年間が大きい。カープに帰ってからの現役2年間は何もできなかったけど、古巣のありがたみも分かった。今でもカープが優勝できなかったら、阪神にしてほしい。お世話になったところが優先。シーズンの順位予想でも常に広島優勝、阪神2位にしとるじゃろう。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000079-dal-base

     広島カープOB会長を務める安仁屋宗八氏(75)が20日、成人T細胞白血病を公表した北別府学氏(62)にエールを送った。


     番組を見たという安仁屋氏は「びっくりした」と表情を曇らせたが、「こういう形で公表したのは、必ず病に打ち勝つんだという彼の強い決意の表れだ思う。治療に専念することで、しばらく番組などを休むことなるけど、みんなを心配させたくないという彼なりの配慮もあったんじゃないか」と北別府氏の心境をおもんぱかった。

     そして「我々としては絶対に治ると信じて見守っていくだけ。最近はいろんな治療法もあるし、薬もある。何よりも強い精神力の持ち主だから、きっとこの厳しい状況も乗り越えていってくれると思っている」と話した。

     ともに現役時代はカープのエースとしてマウンドに立ち、コーチと選手という立場でも苦楽をともにした。現在は“ご意見番”としてバックネット裏からカープに厳しくも温かい眼差しを向けてきた2人。安仁屋氏は「また、みんなでいろんなことをワーワー言いながら一緒にカープを盛り上げていきたい。早く戻ってきてくれることを願っている」と言葉に力を込めた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000142-dal-base

    g3018651

     ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していたプロ野球広島の菊池涼介内野手(29)が27日、広島に残留することを表明した。広島カープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏は、投手目線で「ピッチャーは20勝得する」と残留を喜んだ。

     飛び抜けた身体能力と打者に合わせた天性の位置どりで、右に左に好守を連発してきた菊池涼が残留を表明した。2013年から7年連続ゴールデン・グラブ賞を獲得し、16年から3連覇に大きく貢献した。安仁屋氏は「トークショーなどでいつも言っているんよ。菊池(涼)の守備でピッチャーは1年を通じて20勝は得しているとね」と、最大の賛辞を送った。

     投手陣を勇気づける守り。「打つ打たんは別にして、いるといないでは大違い。わしは最高にうれしい」と残留を喜んだ。ただ、ポスティングシステムの利用を球団に直訴してまでメジャー移籍を夢見た菊池涼の心情を思いやり「本人は悔しいところもあるだろうが、それをバネに頑張ってほしい」と、エールを送った。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000088-dal-base

     広島OB会の副会長に大野豊氏(64=本紙評論家)が新たに就任することが5日、分かった。7日に広島市内のホテルで開かれるOB会総会で承認され、正式決定する。

     同郷・島根の後輩にあたる佐々岡新監督のもとでV奪回を目指す来季。大野氏は「OB会としては誰が監督でも応援するんだけど、(佐々岡監督は)同県人だからね、頑張ってほしい。陰ながら応援するし、出しゃばらない程度に助言させてもらう」と語った。

     就任7年目を迎える安仁屋宗八会長は「ワシの後を任せられる人材。(まずは)副会長というところから。みんなを支える意味でも適任」と期待した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000009-spnannex-base

     広島の「2019年広島カープOB会懇親会」が7日、広島市内のホテルで開かれ、本紙評論家の安仁屋宗八OB会長が佐々岡監督へエールを送った。


     安仁屋会長は「今年は4位に落ちて…」と悔しがると、「来年は、来年は、もう一回、言います」と声のボリュームを上げ、「来年は!大いに期待できる監督が就任いたしました!他の監督に体じゃあ負けていません。度胸もいい。来年は絶対やってくれます!」と声を張り上げた。

     さらに采配についても言及。「野手のことは高ヘッドコーチに任せたらいい。野手がダメなら高コーチを責めてください。投手のことは監督を責めてください」と笑わせた。

     続けて壇上に立った佐々岡監督は「安仁屋OB会長、温かい激励の言葉をいただき、ありがとうございます」と感謝し、「今年は悔しい1年だった。来年はV奪回と日本一を目指して頑張ります!」と誓っていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000109-dal-base

     広島・長野久義外野手(34)がシーズン残り11試合も先発起用される可能性が9日、高まった。高ヘッドコーチが示唆した。8月下旬に1軍昇格後は33打数11安打、打率・333、1本塁打、7打点と絶好調。2カード連続勝ち越し中のチームは2位・DeNAに1ゲーム差、首位・巨人に5ゲーム差と再接近。“夏男”の長野が上位浮上へのキーマンとなる。



     ペナントレース最終盤を迎え、長野の存在感が高まってきた。クリーンアップの一角として、持ち味の勝負強さを発揮。現在5試合連続安打、2試合連続打点と絶好調だ。高ヘッドコーチのコメントからも、長野への高い期待が伝わってくる。

     「実力通りだね。調子が上がっている。ずっとスタメンでね。よっぽどのことがない限り、調子を維持して打ってくれれば、スタメンを外すことはない」

     8月23日の1軍再昇格後は33打数11安打、打率・333、1本塁打、7打点と急上昇。シーズン残り11試合となり、上位浮上のキーマンとして、長野のスタメン継続を示唆した。

     打撃コーチ2人の信頼も厚い。迎打撃コーチは「内容、結果を含めて、投手と対峙(たいじ)した中でしっかり勝負して、どうかという状態になっている。終盤になって食いしばって出てもらわないといけない」と復調に太鼓判。東出打撃コーチも巨人時代の姿を思い返し「今ぐらいのイメージ。打たない長野は知らない」とまで言った。

     長野は昨季も8月以降は打率・390を記録した“夏男”。8日・阪神戦でも三回2死満塁から左前へ先制の2点適時打を放った。移籍後初のお立ち台では「ちょっと遅くなって申し訳ない気持ちしかないです」と恐縮し、真っ赤なスタンドから拍手喝采を浴びた。

     9月に入り、チームは2カード連続勝ち越しで息を吹き返した。田中広、バティスタを欠く中でも、1番・西川、2番・菊池涼、3番・鈴木、4番・長野、5番・松山、6番・会沢と実力者がズラリ。東出コーチも「安定した攻撃ができるのではないか」と手応えを口にする。

     10日からは巨人、DeNAを相手に6連勝を飾った中日をホームに迎える。先発予定の梅津、小笠原、阿知羅にとっても、長野の存在は脅威に違いない。1月の入団会見で長野は「4連覇、日本一に向けて、少しでも戦力になれるように頑張ります」と決意表明した。上位2チームが足踏みする中、奇跡の予感も再び漂う。日本一の味を知る百戦錬磨の男が、チームを上位へ押し上げる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000018-dal-base

    ○ 広島 4 - 2 巨人 ●
    <13回戦・マツダ>

     広島の菊池保則が連日の好リリーフを見せた。

     2点ビハインドの6回からマウンド上がった菊池保は、先頭の今村信貴を遊ゴロに仕留めると、続く亀井善行を変化球で空振り三振、最後は坂本勇人を146キロのストレートで見逃し三振に仕留めた。2イニング目となった7回は、走者を出したが無失点に抑えた。

     RCCラジオの制作でニッポン放送でも放送された広島-巨人戦で解説を務めた安仁屋宗八氏は、菊池保のストレートに「スピードガンでは145ですけど、バッターはもっと速く感じているんじゃないですかね。亀井にしても、全くストレートにタイミングが合いませんでしたからね」と話した。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00196356-baseballk-base

    ○ 広島 4 - 2 巨人 ●
    <13回戦・マツダ>

     2-0の6回に巨人の先発・今村信貴が、広島・バティスタに2ランを浴びた。

     今村は5回まで広島打線を2安打無失点に抑え、6回も簡単に二死を奪った。しかし、菊池涼介にレフト前に運ばれる。3番・バティスタに対しては簡単に追い込んだが、3球目にフォークがボールになると、RCCラジオの制作でニッポン放送でも放送された広島-巨人戦で解説を務めた安仁屋宗八氏は「ちょっとマウンドで口が開き出したし、肩で息していますよね。この1回が限界ですかね」とコメント。

     すると、3ボール2ストライクから7球目、低めのストレートをバックスクリーンに一発を浴びた。安仁屋氏は「(バティスタは)低めしか打てない。高めのストレートで三振を取りにいった方が、僕は無難だったんじゃないかなと思いますよね。低めは手が伸びるんですよ。当たったときにものすごく飛ぶんですよね。それと、口が開き出して肩で息をしていましたからね」と話していた。

    (提供:Veryカープ!RCCカープナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00196354-baseballk-base

    このページのトップヘ