広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安部友裕

     プロ野球も2月1日のキャンプイン間近。ルーキー、若手選手たちは絶好のアピールの機会を今や遅しと心待ちにしていることだろう。

     一方で、レギュラーが確約されていない中堅、ベテランにとっても存在感を発揮する大事な舞台。今季こそ……、今季ダメなら……。ブレイクを期待されながら、なかなか殻を破れない選手たちもいる。ここではそんな正念場を迎えている主な選手をピックアップした。

    〇日本ハム・斎藤佑樹投手 
    2017:6試合1勝3敗 防御率6.75
    NPB通算(7年)74試合15勝23敗 防御率4.24
     昨年は2年ぶりの勝利を挙げたもののわずか1勝止まり。入団から2年間で11勝を挙げ、まずまずの滑り出しを見せたが、ここ5シーズンでわずか4勝では厳しい。“甲子園のアイドル”佑ちゃんももう29歳。注目度は相変わらず高く、周囲の目も厳しい。動くボールの割合を増やすなど、試行錯誤の跡はうかがえる。30歳のシーズン。まさに正念場だ。

    〇西武・大石達也投手
    2017:20試合2勝0敗4ホールド 防御率0.93
    NPB通算(7年):120試合4勝6敗8セーブ10ホールド 防御率3.19
     早大時代の斎藤佑樹の同級生。昨年は中継ぎとしてまずまずの成績を残したが、相変わらず故障がち。5月に首痛。一度は復帰したが、7月に右肩の違和感で登録抹消された後は登板機会がなかった。6球団競合ドラ1の期待に応えられているとは言い難い。今季こその期待はファン、球団共に非常に高い。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00102690-fullcount-base&pos=2

     2月1日からはじまる春季キャンプまであと2週間。選手たちは各地で自主トレを行い、来たるべき日に備えている。そんななか、沖縄県恩納村で東海大の先輩でもある大松尚逸(ヤクルト)らと自主トレを行っている田中広輔(広島)が「ゴーデングラブ賞を取りたい」とコメントした。

     田中は2017年シーズンに盗塁王・最高出塁率のタイトルを獲得したものの、守備の栄誉であるゴールデングラブ賞はここまで受賞したことはない。広島では二遊間でコンビを組む、菊池涼介、中堅の丸佳浩がともに5年連続で受賞中と同賞の常連でもある。同じ1989年生まれで、『タナ・キク・マル』とトリオで扱われることも多い田中も同賞受賞をし、守備面でも2人に並べるか。

     田中の2017年シーズンにおける失策数は16個(143試合)。セ・リーグの同じ遊撃手を見ると、倉本寿彦(DeNA/143試合)、京田陽太(中日/141試合)が14個、ゴールデングラブ賞を受賞した坂本勇人(巨人/142試合)にいたっては9個だった。もちろん、失策数だけで守備力を判断されるわけではないが、その数が少ないに越したことはない。タイトルを獲得するためにも、まずは一桁台を目指したいところだ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00142283-baseballk-base

     【球界ここだけの話】

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手=広陵高=(18)が、7日に広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレの初日を迎えた。ただ、大物ルーキーのデビュー日に、球団関係者は少々浮かない表情をしていた。

     「昨年の秋に大野でのサインや写真撮影を禁止にしました。ファンのマナー違反があった。近隣の住民やホテルから苦情がくるようになりまして…」

     球団はファンサービスの一環として、選手にサインや写真撮影を応じるように求めている。毎年この時期は大野練習場の正門前で、新人選手とファンがサインや写真撮影で交流する姿がみられるが、ことしはシーンとしている。

     転機となったのは、昨年の秋頃で鈴木誠也外野手(23)や安部友裕内野手(28)が故障のため、大野でリハビリをするようになると、普段の倍以上の150人が集結。近隣施設から違法駐車やトイレの無断利用などの苦情が寄せられたため、球団はやむなく、禁止にした。

     同関係者は「来ていただけるのはありがたいのですが…。苦情があったので禁止にしました。その代わり、選手にはコンビニや街でサインを求められたときは応じるように言っています」と説明した。

     新人合同自主トレで元気いっぱいの動きをみせている中村奨は、小学生の頃に当時広島の栗原健太(現楽天2軍コーチ)からサインをもらって、カープへの憧れを強くした。昨夏の甲子園で“怪物”清原和博(PL学園、5本)を超える1大会個人最多となる6本塁打を放ち、注目の存在に。少年時代の思い出が原動力となったのは言うまでもない。

     「まだメドは立ってないですけど、ルール作りをして、大野でファンと交流できるようにしたいですね」と関係者。球団史上初の3連覇を目指すカープ。ファンの注目を集める人気球団になった今、ファンサービスの内容、質、そしてファンとの関係もレベルアップを目指す。(柏村翔)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000533-sanspo-base

     広島・安部友裕内野手(28)が初夢を語った。昨季はプロ初の規定打席に到達し、チームトップの打率・310をマーク。飛躍のきっかけや理想の選手像を明かした。今季から背番号6に変わり自覚も十分。主力として、チームをリーグ3連覇、そして悲願の日本一へ引っ張っていく。

      ◇   ◇

     -新年明けましておめでとうございます。

     「おめでとうございます」

     -昨季はプロ10年目で初めて規定打席に到達。リーグも連覇し、充実の1年となった。

     「キャリアハイなので、うれしくないことはないですが、試合に多く出ると、課題がより見えてくる。今年はそういうところを突き詰めていきたい」

     -1軍出場が増えた一昨年から、さらに成績を向上させた。

     「3人の打撃コーチ(石井、東出、迎)と、河田(外野守備走塁)コーチの力が大きかった。河田コーチにはメンタルの部分でいろいろ話しかけてもらって、勉強させてもらいました。とにかく1打席1打席1球1球、それじゃダメだと言い聞かせていました」

     -チャンスに強かった(得点圏打率・336)。

     「得点圏の心得をいろいろ聞きました。あまり言えないですが…、こちらの攻め方と向こうの攻め方。考え方ですね」

     -試合でミスした後、すぐに取り返す姿が印象的だった。

     「その試合で犯したミスはその試合で打って返さないと。次の試合で打ってもチームに負けがつく。何とかミスしてもその試合を勝ちに導くという気持ちでやっていました。(野球は)ミスの多いスポーツ。ミス0はない。どこかであると思うので。(シーズンは)長丁場ですし、試合も九回まである。取り返すチャンスはあるので引きずらないように、と思っていました」

     -今年の目標は。

     「リーグ3連覇と日本一。簡単ではないと思う。自分が本当のレギュラーとして試合に出て、3連覇して、日本一になりたい」

     -3連覇となれば、球団史上初となる。

     「みんなカープを倒そうと来るのでマークも厳しくなる。何とかその上を行きたい。僕らがもっと力をつけて無敵になるぐらい。相手に『カープはどうしようもないな』と思わせたいですね」

     -カープの強みはチーム一丸。

     「選手それぞれの考え方がある。チーム一丸になるのは難しいけど、ならないといけない。本当に勝つならもっと話し合ってミーティングもしないと。僕も(背番号)6番を任された。プレッシャーも感じるけど、自覚と責任を持ってやりたい。(新選手会長の)アツ(会沢)さんはリーダーシップがある方なので、中心になってやっていきたい」

     -昨季は盗塁数も増えた(17個)。

     「まずスタートを切らないといけない。(河田コーチから)その姿勢から教わって、走り方、スタートの切り方、スライディング、相手の癖。自分たちでしっかり見て勉強しました。(次の塁を)狙っているだけで相手バッテリーは警戒するので。数は納得していません。今年は30盗塁したい」

     -本塁打の意識は。

     「自分の中で4本も打てたという感覚。全部ホームランを狙っていないですし、センター前や三遊間に狙った打球がホームランになった。欲を持っていると、いい打撃はできない。それは今年も変わらない。ホームランは打てる人が打てばいい。パワーもないとは思っていないが、たまたまホームランになればいい。狙っていこうというのはないです」

     -選手としての理想像は。

     「こういう選手になりたいというのはある。まず走れること。元気に動けないと。長く現役をする人は足が動く。打つだけじゃ最後は代打になるので。レギュラーは最低(走攻守)三拍子そろわないと。打つ、走る、守る。走ることは絶対にないといけない」

     -ブレークにつながったきっかけは。

     「メンタルが大事だと思う。メンタルは何かと考えた時に、物事の考え方、捉え方だと思う。『あーどうしよう』じゃなくて『ここはおいしい場面だな』いう考え方。それがメンタルだと思う。メンタルが強いということは、自分の考え方がはっきりしていて、その場面に立った時に、その考え方を持って行動できること」

    -今年29歳を迎える。

     「脂がのってくる頃だと思う。自分に呪文を唱えています」

     -今年もレギュラー争いは厳しい。

     「(ライバルを)意識しないことはないが、同じポジションの選手のことを思っても無駄な時間。だったら対戦相手を研究して、結果を出すこと。競争のないところは刺激がない。危機感を持って常にやってこられた。(同じ三塁に)去年もペーニャがいて、一昨年はルナがいた」

     -研究熱心だ。

     「僕は人の練習を見るようにしている。シーズン中もキャンプ中も、走塁中に(打撃練習を見て)こういう取り組み、タイミングの取り方をしているのか、とか何か盗むようにしている。何気なく時間を過ごさないようにしています」

     -ルーティンもあると話していた。

     「いっぱいある。試合前は同じ食べ物を食べる。去年はそば。右足から踏み出して、線を越えたり。そうすると、『よし、試合に行こう!』という気持ちになる。気持ちを安定させるためです」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000042-dal-base

     チーム打率.(273)、本塁打(152)、得点(736)でリーグトップを誇った広島打線において、7番を打つことの多かった安部友裕が7番打者で12球団トップの71安打を放った。

     打撃が売りの西川龍馬との三塁のレギュラー争いを制し、1年間三塁のポジションを守り抜き自身初の規定打席に到達した安部。7番だけでなく、6番、5番など様々な打順をこなしたが、7番では60試合に出場して、打率.323、3本塁打、18打点という成績を残した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00141343-baseballk-base

     広島・安部友裕内野手(28)が14日、広島市内のマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、2500万増の4600万円でサイン。「評価していただいたと思います。納得した上でハンコを押して、スッキリしています」と振り返った。球団からは「主力として連覇に貢献してくれた。安部がいてくれて良かった」という言葉をかけられたという。

     プロ10年目の今季はキャリアハイの1年を過ごした。123試合に出場し、チームトップの打率・310、4本塁打、49打点、17盗塁をマーク。来季から背番号「6」となり、「プレー以外でも責任と自覚が問われる。そういう言動、、行動をとらないといけない」と引き締めていた。

     (金額は推定)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000072-dal-base

     広島・丸佳浩外野手(28)が10日、広島市内のゆめタウン広島でトークショーを行った。

     ショーでは、菊池、田中、安部ら、ともに広島を支える同世代選手について言及。司会者に一番クセが強い同世代選手を問われた丸は「田中ですかね。さばさばしてます」。その理由について「打てなくて(ベンチに)帰ってきても『はい、ムリ!』って。逆にそれが良い。変に引きずらないんです」と明かし、切り替えの早いリードオフマンをべた褒めした。

     またトークショーでは、同期入団の安部の決めフレーズである「覇気」を「便利。いろいろ使えます」と多発。それでも、丸と同様にオフシーズンの広島選手のトークショーで乱用されていることを知ると「賞味期限、切れかかってますね。もう使いません」と“覇気離れ”を宣言していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000130-sph-base

     広島・中崎翔太投手(25)が10日、広島県東広島市の「東広島ハウジングフェア」で行われたトークショーに一岡とともに参加し、来季目標に自身初となる「年間被本塁打0(ゼロ)」を掲げた。今季は59試合に登板し4勝1敗、25ホールド、10セーブを記録しリーグ連覇に貢献したが、さらなる高みを目指してリーグ3連覇へと導く。

     3年間、安定した成績を残してこそ、認められるプロの世界。15年から数字を積み重ねてきた中崎も3年続けて結果を残したが、満足感はない。救援投手として求められるのは、先発投手以上の完璧性。来季目標を、昨年同様に「被本塁打0」とした。

     「今年は2本打たれた。悔しい。もう一度、目標に向けて頑張りたい」

     今季許した2本塁打はいずれも痛恨のアーチだった。8月23日のDeNA戦では、1点リードの9回2死からロペスに同点弾を浴び、チームも延長10回サヨナラ負け。9月5日の阪神戦でも1点リードした9回1死一塁から福留に一時逆転となる2ランを許した。チームは安部のサヨナラ2ランで勝利を収めたが、中崎にとっては悔しさだけが残った。

     勝敗に直結する一発だけが許せないわけでもない。本塁打厳禁を掲げるのは、一発が試合の流れを一変させる可能性があるからこそ。たとえ、3点のリードがあったとしても、ソロアーチさえ被弾してはいけないと考える。

     「それ(チームの勝利)は結果論でしかない。点を取られていいというのはない。ちょくちょく打たれる抑えは信頼されない。(来季は今季以上に)しっかり抑えたい」

     現在のポジションに安住することなく、将来的な先発挑戦も視野に入れている。ただ、来季については、畝投手コーチが抑えの座を中崎と今村に競わせる考えをすでに明らかにしており、中崎も期待に応える構えでいる。

     今季は腰痛症による離脱もあったが、自身の進化を実感したシーズンでもあった。「1イニングあたりの与四球数と被安打数の合計」を示す「WHIP」が0・92となり、初めて1点を切った。「0点台だったということは、成長できたんだと思う」。WHIPは米国では投手の能力を示す指標の一つとされ、0点台は一流投手の証とされる。着実に成長曲線を描くが、まだ25歳。自らに高いハードルを課し、大投手の階段を上がっていく。 (柳澤 元紀)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000080-spnannex-base

     広島が5泊7日のハワイV旅行を終えて、日本時間7日に帰国した。今年は選手やスタッフ、その家族ら228人が参加。選手らは常夏の島で、どんな休暇を過ごすのか?意外と知られていないので紹介したい。

     参加者は12月1日にチャーター機で広島空港を出国。ホノルルに到着した1日の夜は滞在先ホテルで、ウエルカムパーティーが開催された。鈴木本部長のあいさつに始まり、緒方監督が乾杯の音頭を取り、連覇をお祝い。ムードメーカー上本が飛び入りでハワイアンダンスを披露するなど大盛り上がりだった。

     2日目はオーナー杯ゴルフが開催。強風に見舞われながらも選手たちはハッスル。丸は「プロに入ってから暖かいところでゴルフするのは初体験。すごくやりやすかったです」と声を弾ませていた。

     行事は2日目まで。3日目はテレビのロケ日が設けられているが基本的に自由行動だ。4日目、5日目はそれぞれがプライベートの時間を楽しんだ。

     安部、野間は報道陣の要望に応え、サーフィンに挑戦してくれた。安部は持ち前の身体能力を発揮。見事な波乗りを見せ「楽しかった。かなり乗れましたね」と満足顔だった。

     野村、薮田、中村祐はオアフ島のシンボル・ダイヤモンドヘッドへ登頂。道中で小学生の時にバッテリーを組んでいた同級生と遭遇した野村は「びっくりです」と目を丸くし、頂上では「景色がきれいで感動しました。パワーをもらいました」と絶景を目に焼き付けていた。

     シーズン中、遠征が多い選手にとって優勝旅行は家族と過ごせる絶好の機会でもある。緒方監督は家族で人気のパンケーキ店へ。新井も子どもたちとプールやショッピングを満喫し、「楽しかった。家族サービスもできて良かったよ」と笑顔。帰国の前夜は石原、会沢、小窪らの家族と夕食を楽しんだという。

     今年はウエスタン・リーグを制したファーム関係者も参加。水本2軍監督は「ありがたいことだよ」と感謝を口にしていた。そして人気者のクレート通訳も初参加。大きな買い物袋を手に「楽しい。靴を買いました」と白い歯を輝かせた。

     選手らは日本時間の7日に帰国。緒方監督は「いい骨休みになった」と振り返り、田中は「毎年、行けるように頑張ります」と来季へ決意を新たにした。

     報道陣も仕事の合間にハワイを満喫。パンケーキをごちそうになり、ダイヤモンドヘッドも登頂。大満足の出張となった。来年は球団史上初リーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指すシーズン。ぜひ達成してもらい、歓喜の余韻を伝えたい。

    (デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000043-dal-base

     広島・安部友裕内野手(28)が6日(日本時間7日)、優勝旅行先のハワイで取材に応じ、同学年の「タナキクマル」と競い合い、1~3番の打順に割って入る心意気を示した。アクシデントなどの緊急時に備えつつ、不動の上位打線に風穴をあける。チームは7日午後、チャーター機で広島空港に帰国した。

     誰よりも海が似合う。持ち前の身体能力を生かし、安部が波を乗りこなした。「楽しかったです。かなり乗れましたね」。とても3度目のサーフィン挑戦とは思えない。インストラクターも「すごい!さすがですね」と驚くほどのセンスを見せつけた。

     「覇気」全開の男は優勝旅行中もメリハリが利いている。朝はホテル周辺を散歩し、ジムで汗を流す。すべては来季のため。プロ11年目へ決意の表れだ。

     今季はプロ初の規定打席に乗せ、チームトップの打率・310、4本塁打、49打点をマーク。同学年「タナキクマル」とリーグ連覇の原動力となり、キャリアハイのシーズンを送った。

     「やっと10年目というところで差を縮められた。いずれは追い越したいという気持ちはある」。3人への対抗心は隠さないが、現状の1~3番は「絵に描いたようないい打順だと思う」と素直に認める。

     1番・田中が出て、2番・菊池が送り、3番・丸がかえす-。「彼らがやってくれているから、チームも強い。高め合っていきたい」。来季は「タナキクマル+アベ」の4人でハイレベルに競い合う。

     「上位打線を打ちたい」という言葉もまた本音だ。学生時代は俊足巧打の内野手で鳴らし、主に1番を打った。今季は「つなぐ5番」として脚光を浴びたが、1~3番を打つ能力も十分に兼ね備える。出塁率は・354、盗塁数も自己最多の17。打席でも積極的に仕掛け、「紙一重」と語る淡泊さを上回った。

     緒方監督の構想にも呼応した形だ。「タナキクマル」の並びに関して「今の形が100%のベストか。そういう固定観念を持っていたら失敗する」と柔軟な考えを持つ。故障や体調不良、アクシデントなどペナントレースは想定外のことも起こり得る。安部も「選択肢は多い方がいい。何かあった時に名前が挙がる選手でありたい」と力強く話した。

     現状維持では満足できない。「自分の色を出して、チームから求められるものを出せればいい」と燃える男は力を込める。型にはまらない。リーグ3連覇へ、安部が鯉打線に新しい波を作る。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000011-dal-base

    このページのトップヘ