広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安部友裕

    【始まりの鐘が鳴る~カープ日本一への道~廣瀬純】広島のセ・リーグ連覇を祝し、カープOBで評論家の廣瀬純氏(38)が東スポ初登場。頼もしい後輩V戦士たちの素顔を秘蔵エピソードとともに振り返る。カープファン必見の新連載第1回は、今季先発の柱として大ブレークした3年目右腕・薮田和樹投手(25)だ。

     こんにちは。元広島カープの廣瀬純です。今日から僕の知る仲間たちの日本一に向けての奮闘ぶりをご紹介していきます。

     リーグ優勝や日本一になるチームにはシーズン中「救世主」のような選手が必ず出現します。今年のカープでその役割を果たしたのは間違いなく薮田でしょう。

     シーズン開幕前はあくまで中継ぎ要員の一人でした。ところが、守護神・中崎が4月上旬に腰痛で離脱すると、セットアッパーとして台頭。中崎が5月に復帰すると、今度は祐輔(野村)離脱の穴埋めとして先発に抜てきされました。このチャンスを生かした薮田は6連勝するなど好投を連発。ここまでチーム最多の14勝(3敗)をマークしました(18日現在)。薮田の先発&中継ぎという大車輪の活躍がなければ連覇は困難だったかもしれません。

     僕が薮田の存在を初めて知ったのは彼が岡山理大付高時代のこと。といっても、たまたま自宅に配車したタクシーの運転手が薮田のお母さん(昌美さん)で「ウチの息子も野球をやっているんです。高校生ですが、直球は140キロ台後半が出るんです」とアピールされたのがきっかけです。僕はその際「(チームスカウト部の)松本有史スカウトでも紹介しましょうか?」と冗談交じりに話をしました。そんな経緯もあったので、薮田が2015年に入団してきた時には「あの時の運転手さんの息子か!」と驚いたものです。

     ただ、当時の彼の印象は「体が弱い」のひと言でした。亜大時代に右ヒジを手術した不安もあったからでしょうか。1年目のキャンプでは自ら積極的に前に出てアピールをしないどころか、投げ込みも最小限。練習が始まると「痛い」「かゆい」の連続だったため、二軍で指導していた佐々岡さん(二軍投手コーチ)も頭を抱えていました。僕も脆弱な体質を認識していましたから、薮田との会話で一番多かったのは「体、大丈夫か?」だったと思います。

     体の弱さが際立った半面、目を見張るものもありました。たとえば僕がトレーニングの一環で「フレクションボール」という筋膜をやわらげるボールを使っていたら、数日後、全く同じ物を通販で購入してきました。「純さん、これって体にいいんですよね」と。元来、彼は「健康オタク」。体にいいと思うことは全て実践するタイプです。様々な体のケア、トレーニング法を取捨選択しながら、自らのコンディションを上げていきます。一軍でもコンディショニングトレーナーのサポートのもと、肩関節や股関節の可動域の確認、ウエートトレーニングなどを継続して行っています。柔軟な発想力と行動力が今の結果に結びついています。

     交流戦では、パ・リーグを代表するオリックス・金子千尋と真っ向勝負で勝利。8月12日の巨人戦でも菅野との投げ合いを制し、完封勝利を飾りました。相手エースを撃破したことで、徐々に自らの投球に自信を深めたことも大きかったと思います。

     CSでは先発3本柱の一角を担うであろう薮田には、フル回転で活躍してもらいたいです。

     ひろせ・じゅん 1979年3月29日生まれ。大分県出身。佐伯鶴城高―法大。大学時代の2000年にシドニー五輪野球日本代表を経て、同年ドラフト逆指名で広島入団。10年に打率3割、ゴールデン・グラブ賞を受賞。13年にはプロ野球新記録の15打席連続出塁をマークした。16年に現役引退。17年から中国放送(RCC)の野球解説者として活躍中。通算成績は978試合で打率2割7分3厘、51本塁打、253打点。右投げ右打ち。
    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/770194/

     広島の西川龍馬が29日の巨人戦でチームに勝利をもたらす逆転2ランを放った。

     代打での出場が多かった西川だが、8月に入ってから故障者が相次ぎ、スタメンでの出場機会が増えている。29日の巨人戦では『7番・三塁』で先発出場。1点を追う5回に一死一塁の場面で、巨人先発・マイコラスのストレートをライトスタンドの最前列に運んだ。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた石井一久氏は「鈴木誠也選手がケガをして、エルドレッドに休養を与えながら戦っている中で、西川選手はレギュラーに近いバッティングをする選手」とコメント。

     「(普段はサードで出場する)安部選手をファーストに起用して、(エルドレッド、新井貴浩などを)休ませ、シャッフルすることができる」と続け、レギュラークラスに引けを取らない活躍を見せる西川を評価した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)
    引用元 https://baseballking.jp/ns/129702

     広島の連覇の土台にあるのは、圧倒的な打力だ。チーム防御率は上位3球団とほぼ変わらず、失点数(18日現在513)は3チームで最多。盤石とは言い難かった投手陣をカバーした。

     今季の逆転勝ちは41試合。阪神の金本監督が「広島との差を一番感じたのは得点力。本塁打の数も足も全然違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と脱帽する迫力だった。

     その攻撃陣を支えるのが石井琢朗(47)、東出輝裕(37)、迎祐一郎(35)の打撃コーチ3人だ。球団の方針で昨季から打撃コーチ(補佐含む)を2人から3人に増員。当初は、「船頭多くして船山に登る」と不安視する声があったが、広島の場合はそれぞれの役割分担が明確。石井琢コーチは練習メニューや育成方針など大枠を決めるリーダー役。東出コーチはメーンの打撃指導を任され、時には厳しい叱り役にもなる。

     昨季まで打撃補佐だった迎コーチは選手と年齢も近いことから相談相手であり、ナイターの7~8時間前に球場入りして若手の早出練習に付き合った。

     選手も混乱することはない。首位打者争いを演じる安部友裕(28)はこう言う。

    「3人もいることは本当に恵まれていると思います。たくさんのことを吸収したい。コーチの話を聞いて、今年のキャンプから逆方向のバッティングを意識する取り組みを始めました。これまでは右方向ばかり狙っていたせいで落ちる球に対応できなかったので、しっかりボールを潰して逆方向に叩く練習を徹底しています」

     リーグ連覇はトロイカ体制の成功でもあった。
    引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/213837

     広島は18日、甲子園での阪神戦に3-2で勝利し、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。昨年に続くセ・リーグ制覇で、37年ぶり2度目の連覇を達成。試合後、優勝インタビューに応えた緒方孝市監督は、選手に「本当に頼もしい奴らだ!」と感謝を伝えた。

     広島は2-2の同点で迎えた8回にバティスタが決勝打。ジャクソン、中崎と救援陣がリードを守り、優勝を決めた。緒方監督は試合が終了した瞬間にベンチで涙。その後、胴上げで11度宙を舞った。

     第一声では「この甲子園球場というのは、自分のプロ野球選手の第一歩目の球場でした。その思い出の詰まった甲子園球場で胴上げしてだたいて、本当に嬉しかったです」と話し、その後は何度もファンへの感謝の思いを明かした。

     また、離脱者が出たシーズンについて「チームはピンチだったんですけど、若い選手がチャンスと思って何人も活躍してくれた」と感謝。勝負強い戦いの連続で「逆転のカープ」と呼ばれたことについては「諦めないんですよ、うちの選手は」と話し、最後には「本当にご苦労さん! おつかれさん! 頼もしい奴らだ、本当に!」と呼びかけていた。
    引用元 https://full-count.jp/2017/09/18/post84521/

    「最近仕事をしていなかった。自分の仕事をやろうと思った。(左翼への本塁打は)うまく風に乗って入ってくれました」

     13日のDeNA戦、広島の田中広輔(28)が先頭打者本塁打を含む3安打3打点の活躍で勝利に貢献。2位・阪神が巨人に敗れたため、広島の優勝マジックは「2」となり、早ければ14日にもリーグ連覇が決まる。

     不動の1番としてここまでチームで唯一、全133試合にフルイニング出場。シーズン終了まで継続すれば2年連続の達成となる。遊撃手はただでさえ負担が大きいだけに価値がある。

     今季は目下、リーグトップの31盗塁。自身初のタイトル獲得が濃厚だ。盗塁以外にも、154安打(2位)、出塁率.396(3位)で上位につけている。

     タイトルを争うのは同い年のチームメート・丸佳浩(160安打=1位、出塁率.400=2位)。大いに刺激になっていることだろう。軍配やいかに。
    引用元 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/213499

     ◇セ・リーグ 広島12―4DeNA(2017年9月13日 マツダ)

     広島が苦手にしているDeNAに12―4で逆転勝ちを収め、連敗を阻止。2位・阪神が敗れたため、優勝へのマジックナンバーは一気に2つ減って「2」となり、セ・リーグ連覇に王手をかけた。14日に広島がDeNAを下し、阪神が巨人に敗れれば広島の2年連続、ホームでは1991年以来26年ぶりとなる優勝が決まる。

     広島は先発の中村祐が初回に2点を失ったが、その裏、打線がすかさず反撃した。まずは田中が左翼スタンドへ先頭打者本塁打を放って1点を返すと、さらに2死一、三塁としてから安部の左前適時打であっという間に同点。2死一、二塁から岩本の右前適時打で勝ち越すと、投手の中村祐にも適時打が出るなどこの回だけで打者11人を送り、7安打集中で6点をもぎ取った。

     3回と4回に1点ずつを返され、6―4と2点差に迫られたが、6回には代打・バティスタ、田中、菊池の3連打から打者10人を送り、またも6安打集中で一挙6点を加えて最後は圧勝で逃げ切った。

     セ・リーグで唯一、広島相手に勝ち越しているDeNAだったが、先発投手の飯塚が2点先制を守れず7安打6失点でプロ最短の1回KO。阪神を下した巨人と順位が入れ替わり、クライマックスシリーズ(CS)出場圏外の4位に転落した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000133-spnannex-base

    「上位の方がつないでくれた。無駄にしないようにという思いで打席に入りました」

     お立ち台で球場を埋め尽くした赤ヘルファンから大喝采を浴びたのは、7日の阪神戦の五回に決勝の三塁打を放った安部友裕(28)だ。

     2位阪神との直接対決3連戦すべてで殊勲打をマーク。初戦はサヨナラ本塁打で、2戦目も貴重な同点打。逆転優勝を狙った阪神に事実上の引導を渡す3タテに大いに貢献した。

     福岡工大城東から2007年ドラフト1位で入団。10年目を迎え才能が本格的に開花した今季、チームトップの打率.314はリーグ3位。現在、首位打者のマギー(巨人)とは4厘差でタイトルも狙える位置にいる。

    ■遅咲きのドラ1

    「苦節10年といっていい。大型遊撃手として入団したものの、当時の遊撃は梵が君臨。同期の丸がレギュラーに定着し、遅れて大卒で入団した同学年の菊池、田中が主力の座を掴んでいく中、13年には梵の故障で遊撃での出場機会を得るも結果を残せず、14年、15年の2年間はなかなか出番に恵まれなかった。わずか29試合出場にとどまり、本人は『腐りかけていた』と言っていたほどです」(放送関係者)

     転機が訪れたのは昨年。三塁手の助っ人のルナが故障で離脱したチャンスを逃さず、三塁に定着。自己最多の115試合に出場し、脇役ながら25年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季は一塁、三塁で併用されつつ、試合に出続けている。広島OBが言う。

    「これまで多くの選手と定位置を争ってきたタフさがある。三塁ではルナや堂林に加え、今季は新外国人のペーニャもライバルだった。社会人出身2年目でチームメートから『打撃は天才』と言われる西川が三塁を守る機会もあるし、一塁は新井、エルドレッドという大物がベンチに控えている。安部自身、ウカウカしてはいられないという意識は強いと思います」

     広島では04年、安部と同じ高卒10年目の「赤ゴジラ」こと嶋重宣(現西武コーチ)が首位打者を獲得するなど大ブレークした。遅咲きのドラ1はカープの連覇達成に欠かせない存在になった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000018-nkgendai-base

    <広島6-4阪神>◇7日◇マツダスタジアム

     新・神ってる男がまた打った。広島安部友裕内野手(28)が5回2死一塁、左中間へ勝ち越しの適時三塁打を放った。2位阪神を相手に3連勝を決める殊勲打。緒方監督が今季の推しメンに挙げる男の活躍で、2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決め、リーグ連覇へのマジックを8とした。最短の優勝は12日。いよいよゴールが見えてきた。

     広島がまた風を吹かせた。同点に追いついた後の5回2死一塁。勢いに乗った安部は阪神秋山の内角フォークをすくい上げた。強引になることなく、華麗に逆方向へ。打球は飛び込んだセンター中谷のグラブの先を抜けた。安部は快足を飛ばして一気に三塁へ。滑り込んでド派手なガッツポーズを決めた。「本当にうれしかった。自然と出た」と満面の笑みで表現した。

     劣勢をひっくり返した。先発ジョンソンが不調で1回に3点を献上。1回の攻撃中に雨天による25分の中断も挟んだ。集中力を保つのも難しい展開。安部は2回1死からチーム初安打となる安打を右翼へ。田中の2ランで1点差に迫った後の4回には先頭で左翼へ二塁打を放っていた。そして勝ち越しの三塁打。「一番だめなのは三振。逆方向しかないと思った」と頭の中を明かした。

     「攻撃こそ最大の防御。最後まで攻めて勝つ!」。選手サロンに置かれたホワイトボードに似顔絵付きで石井打撃コーチが書いた言葉だ。これまでと違うのは、吹き出しの主。これまでは河田外野守備走塁コーチのイラストが書かれていたが、その上から松山の顔写真が貼られ「マッちゃんの今日の一言」と書かれていた。柔らかく、雰囲気に乗せて有言実行。攻撃陣の結束力が試合でも出た。

     いちるの望みを持ちマツダスタジアムに乗り込んだ阪神をやっつけた。チームは6連勝で貯金は32。優勝へのマジックは一気に8まで減った。2年連続のCS進出を決め、連覇へもカウントダウンだ。緒方監督は「独特のムードのなかで後押しを受けて、選手も乗せられるように、チャンスでたたみ掛ける攻撃が出来ている」とうなずいた。追い風がビュンビュン吹いている。【池本泰尚】

     ▼広島がオール逆転で阪神に3連勝。広島の逆転勝ちは両リーグ最多の今季37度目。45度の逆転勝ちを記録した昨年の広島は、オール逆転の3連戦3連勝が6月17~19日オリックス戦しかなかったが、今季は4月11~13日巨人戦、5月2~4日中日戦に次いで3度目だ。これでマツダスタジアムでは43勝17敗1分け、勝率7割1分7厘。今季も本拠地で強く、昨年マークした本拠地球場49勝の球団記録にどこまで迫るか。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-01884448-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島6―4阪神(2017年9月7日 マツダ)

     広島・安部友裕内野手(28)が3夜連続の殊勲打で、チームのリーグ連覇を加速させた。

     2点を追う4回同点とし、なおも2死一塁で秋山から左中間を破る決勝の適時三塁打。ベース上でベンチに向かって両手を突き上げたヒーローは、お立ち台で「(打線の)上位の方がつないでくれた。それを無駄にしないようにと打席に入った」と冷静に振り返った。

     この日の夜も神っていた。5日の逆転サヨナラ2ラン、6日には2戦連続のサヨナラ勝ちを呼ぶ8回同点打を放った。3日連続の殊勲打で、負傷離脱した“元祖神ってる男”主砲・鈴木の昨季の活躍をほうふつさせた。

     あと本塁打が出ればサイクル安打だったが、「そういったことは一切考えていなかった。戒める気持ちを持って打席に入っていました」と安部。2位・阪神に同一カード3連戦3連勝。マジック再点灯から3日で一気に6つ減らしM8とした。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000131-spnannex-base

     広島が7日の本拠地阪神戦で6-4と逆転勝利を収め、優勝マジックを8とした。先発のジョンソンが初回に3失点するなど序盤にリードを許したが、2点差とした5回に4点を奪って逆転に成功。九里が5回から2イニングを無失点で抑えると、一岡、今村、中崎のリレーでリードを守り、勝利した。ここまで2夜連続でサヨナラ勝利を収めていた広島がこの日も勝負強さを見せて6連勝をマーク。阪神は4連敗となった。

     ジョンソンが初回に2四球を出すなど不安定な立ち上がりとなり、大山、中谷にタイムリーを浴びて3失点。打線は3回に田中の6号2ランで1点差に詰めたが、4回に守備の乱れもあり、再び1失点を喫した。雨で一時中断などもあった試合でジョンソンは波に乗り切れず、4回75球、5安打4四球4失点でマウンドを降りた。

     それでも広島打線は2点を追う5回、阪神先発・秋山を攻め、1死一、三塁から丸のタイムリー、松山の犠飛で同点に追いつくと、安部のタイムリー三塁打で逆転に成功。さらに西川のタイムリー二塁打でリードを2点に広げた。その後、継投で相手打線に得点を与えず、6連勝をマークした。

     阪神は先発の秋山が5回8安打6失点で5敗目。一方、鳥谷は9回に3試合連続となるヒットを放ち、通算1999安打で2000安打に王手をかけた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00010022-fullcount-base

    このページのトップヘ