広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    安部友裕

     「広島3-2中日」(23日、マツダスタジアム)

     雨のなか、声援を送り続けたカープファンが歓喜に酔いしれた。九回、2死満塁。小窪がしぶとく右前に落とす、劇的なサヨナラ打。上昇気流に乗ったチームは、5連勝を飾った。



     4番・鈴木がコンディション不良でスタメンを外れ、打線の軸を欠いた一戦。同点の九回は連打、四球で2死満塁とつなぎ、ヒーローに打席が巡ってきた。「雨にもかかわらず応援してもらい、背中を押してもらっった」。執念の一打で決着をつけた。

     投手陣も踏ん張った。初先発のアドゥワは7回2失点と好投。初勝利こそならなかったが、先発として役割をしっかり果たした。八回はフランスワ、九回は中崎が無失点でつなぎ、勝利を呼び込んだ。

     「何とかみんなで我慢して勝った試合」と小窪。低迷していた1週間前がうそのように、一気の5連勝で借金を3まで減らした。小窪は「本当に背中を押してもらい、ありがとうございます!目の前の試合をがんばっていきます。熱いご声援、よろしくお願いします!」と、選手の思いを代弁。一丸で戦う広島らしさが戻ってきた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000132-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島3―2中日(2019年4月23日 マツダ)

     広島が今季2度目のサヨナラ勝ちで中日を下し、5連勝を飾った。

     1点リードされた初回に長野の中犠飛で追いつくと、2回には今季初スタメンの磯村が左越えに勝ち越し1号ソロを放った。5回に同点とされたが、9回2死満塁から小窪が二塁手の頭を越えるサヨナラ打を放った。

     投げてはアドゥワが初回、平田に2本塁打を浴びたが、粘り強く7回2失点の好投。8回をフランスア、9回を中崎が抑えた。

     中日は平田の2本塁打の2点だけで打線がつながりを欠いた。前回登板で573日ぶりの白星を飾った先発大野雄が8回2失点の好投も2番手のR・マルティネスが踏ん張れなかった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000178-spnannex-base

    ○ 巨人 8 - 2 広島 ●
    <4回戦・鹿児島>

     16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、2回の広島・安部友裕の守備について言及した。

     川相氏が指摘したのは、2回一死満塁から丸佳浩の三ゴロを捕球した場面。サード・安部は丸の三ゴロを捕球すると、二塁へ送球しアウトを取るも一塁はセーフとなり、ダブルプレーが取れず…。三塁走者の生還を許した。

     この守備に川相氏は「打球を捕球するというのは、難しかったと思います」と評価した一方で、「ただ状況判断は悪いですよね。左バッターの丸だけに、よっぽどの当たりでない限り、セカンドのダブルプレーは取りにくい。ですから、三遊間寄りの打球は二塁へ投げる。今ぐらいだったら、ホームで1つアウトを取って、もう一度満塁という状況判断ですね」と語っていた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00185774-baseballk-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。


     得点力不足は5番の不振も影響している。松山、安部、バティスタが務める先発5番打者は打率1割9分2厘、2本塁打、5打点と低調。3番だった丸が抜けた上に5番が不振で、4番・鈴木へのマークが強まる。勝負を避けられる場面が目立ち、13四死球はリーグ2位。巨人・丸(8)よりも多い。

     鈴木はともにリーグトップの6本塁打、16打点と大奮闘しているが、打線のつながりの悪さは12球団最低のチーム得点圏打率(1割7分3厘)に表れており、東出打撃コーチは「打線の形を早くつくらないと」と暗中模索している。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000224-sph-base

    じたばたしない! 最下位に沈む広島のタナキクコンビが15日、逆襲への思いを語った。開幕5カード連続負け越しで4勝11敗、首位に6ゲーム差をつけられているが、闘志は衰えていない。チームを引っ張る菊池涼介内野手、田中広輔内野手が、胸に秘める思いを明かした。16日から巨人と鹿児島、熊本で2連戦を戦うが、平常心で臨む。



        ◇   ◇   ◇   

    苦しいチーム状況の中、チームを引っ張る菊池涼が口を開いた。クールな仮面の下、王者のプライドがのぞいた。

    菊池涼 (勝てなくて)楽しくはないですけど、試合がある限りやるしかないでしょう。それに尽きるんじゃないですか。やることは変えない。それで(3年間)勝ってきてるから。(精神状態は)フラットに入ることが大事。

    1番田中広との1、2番コンビが機能しないとチームの成績に直結し、注目も大きくなる。12日DeNA戦では、田中広が8番に下がった。

    菊池涼 やらなきゃいけないのは僕らもわかっている。ただ、そこで変に気負わずにやれるか。広輔も打てなかったり、僕もシーズン最初はそうでしたけど、ヒットを打てば気持ちも楽になるし、そういうメンタルのスポーツなんで。

    田中広もがまんの大切さに触れた。27打席連続無安打を経験。調子が上がらない中、いかにチームに貢献できるか考え続けてきた。

    田中広 まだ4月。昔だって負けた時期はあった。それがいつ来るかという問題。ちょっとしたことで変わる。1人1人がやるべきことをやる。チームもそうですけど、今はがまんしてやるだけです。

    3連覇中も勝てない時期はあった。16年は7月24日阪神戦から8月6日巨人戦まで3勝8敗。2位に11ゲーム差をつけていたが4・5ゲーム差に詰められた。17年は5月5日阪神戦から同21日中日戦まで5勝9敗。昨年は交流戦を7勝11敗と負け越し、9月5日阪神戦から同25日DeNA戦は5勝11敗。苦しい時期を乗り越えてきた過去がある。

    選手会長の会沢も「1人1人がしっかりやっていくしかない」とかみしめる。3連覇軍団は地に足をつけ、自分たちの力で苦境を乗り越える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-04150704-nksports-base

     広島が開幕ダッシュにつまずいた。14日で同一リーグのチームとの対戦が一回り。巨人との開幕戦を大瀬良の好投で快勝しながら、15試合を終えて4勝11敗の借金7。首位ヤクルトと6ゲーム差の最下位に沈んでいる。


     リーグ制覇した過去3年は開幕5カードを終えた時点で貯金を蓄えていた。16年は8勝6敗、17年は11勝3敗1分のロケットスタート。18年も9勝6敗と勢いよく飛び出し、その後のペナントレース1位快走につなげた。

     チームに暗雲が漂い始めたのは0-9の大敗を喫した7日阪神戦(マツダ)だった。先発九里が踏ん張れず、打線はFA移籍した西に完封負け。前日快勝し、上昇ムードが漂っていただけに、ショックは大きかった。緒方監督が会見場に姿を見せなかったのも、この試合後の出来事だ。

     チームはここから負の連鎖に陥った。守備ではミスが連発、投手陣も崩れ、4番鈴木に快音が止まると打線は得点力不足に泣いた。

     9日ヤクルト戦(マツダ)は先発陣の大黒柱であるはずのジョンソンがKOされ、10日同戦は延長十回にまさかの12失点。開幕4カード連続負け越したチームが優勝した例は過去にないという不吉なデータまで出てきた。チームは13日DeNA戦(横浜)で連敗を止めたが、翌14日の試合に敗れ、球団史上初めて開幕から5カード連続の負け越しとなった。

     ただ思い返せば昨年の今ごろは新井も鈴木もコンディション不良で1軍にいなかった。丸も4月後半にはケガで長期離脱を余儀なくされた。それでも全員でカバーして頂点まで突き進んだ。今年はケガ人もなく、メンバーはそろっている。

     14日の試合後、高ヘッドコーチは「守備も落ち着いてきたから地に足をつけて。これまでは自滅に近い形で負けていたからね」と浮上への手応えを強調。緒方監督は5カード連続負け越しを「今はそれがチームの現状」と受け止め、「1試合1試合しっかり戦っていきたい。立て直していくだけ」と約束した。16日から鹿児島と熊本で巨人2連戦。試練を乗り越えて、浮上のきっかけをつかみたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000114-dal-base

    ■ヤクルト 15-3 広島(10日・マツダスタジアム)

     広島は10日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に3-15で敗れた。延長戦で1イニング12失点とショッキングな敗戦に、緒方監督は報道陣の質問を受けることなく、早々に会見を切り上げた。


     3-3で迎えた延長10回、9回から救援し、イニングまたぎとなった抑えの中崎が味方の失策から勝ち越し点を献上。後を継いだ中田も勢いづいたヤクルト打線を止められなかった。10回裏の広島の攻撃が3者凡退で試合終了となり、真っ先にベンチ裏に消えたのは中田だった。1死満塁の場面から登板し、打者10人に対して5安打、2四死球で7失点。ベンチに戻ってうなだれた姿で味方の攻撃を観戦し、試合終了直後にはタオルを頭に被ったまま、足早にロッカールームに引き上げた。

     普段は試合後もベンチ裏でスイングなどの練習をしてから引き上げる鈴木も、足を止めることなく険しい表情で引き上げた。異様な雰囲気の中、報道陣の前に姿を現した緒方監督は「こういう展開になっても最後まで声援があった。明日はこの声援に応えられるようにしないと」と、惨敗の状況でもスタンドに残ったファンに感謝した。その後も自ら話を続けた指揮官は「今日は勝ちきれるチャンスもあった。自分の采配も含めて反省したい。また明日、勝てるように頑張りたい」と話した後、「以上です」と自ら会見を切り上げた。

     0-9で敗れた9日の阪神戦の後、2試合連続でヤクルトに2桁失点での敗戦で3連敗となった。過去3年、圧倒的な強さを誇ったマツダスタジアムでのこの失態は、開幕早々から非常事態の感が否めない。開幕から4カード連続負け越し。過去には優勝確率ゼロからリーグ3連覇を達成した指揮官がどのようにチームを立て直していくのか。開幕からわずか11試合で、チームに試練が訪れた。

     「広島3-15ヤクルト」(10日、マツダスタジアム)

     広島が延長十回、ミスを連発。悪夢のような一挙12失点で、3連敗となった。



     負の連鎖を断ち切れない。同点の十回、無死一塁から荒木の一ゴロを松山が二塁へ悪送球。ピンチを広げると、1死満塁から山田哲が放った二ゴロを名手・菊池涼がファンブル。転がったボールを拾って懸命に本塁へ送球したが間に合わず、勝ち越し点を献上した。やや二遊間寄り、バウンドの合わせにくい弾んだゴロだったが、記録は菊池涼の失策となった。続くバレンティンに適時打を浴び、3-5に。2イニング目に突入していた中崎は、ここで降板となった。

     この後、代わった中田が雄平に2点適時打、西浦に適時二塁打を浴びて3-8。球場が沈黙に包まれた。

     さらに、1死二、三塁から菊池涼が大引の二ゴロを本塁へ悪送球。信じられないミスが続き、9点目を献上。中村に適時打、荒木に2点適時打で3-12となった。

     その後、2死満塁から田代が3点二塁打。十回のスコアボードに「12」が刻まれ、スタンドがどよめいた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000139-dal-base

     「広島3-15ヤクルト」(10日、マツダスタジアム)

     広島が3連敗。十回、悪夢の1イニング12失点で惨敗を喫した。07年以来、12年ぶりに開幕から4カード連続負け越しとなった。



     魔の十回だった。無死一塁から荒木の一ゴロを松山が二塁へ悪送球。ピンチを広げると、1死満塁から山田哲が放った二ゴロを名手・菊池涼がファンブル。転がったボールを拾って懸命に本塁へ送球したが間に合わず、勝ち越し点を献上した。やや二遊間寄り、バウンドの合わせにくい弾んだゴロだったが、記録は菊池涼の失策となった。続くバレンティンに適時打を浴び、3-5に。2イニング目に突入していた中崎は、ここで降板となった。

     この後、代わった中田が雄平に2点適時打、西浦に適時二塁打を浴びて3-8。球場が沈黙に包まれた。

     さらに、1死二、三塁から菊池涼が大引の二ゴロを本塁へ悪送球。名手の1イニング2適時失策という信じられない光景で、9点目を献上。中村に適時打、荒木に2点適時打を浴びて3-12となった。

     その後、2死満塁から田代が3点二塁打。十回のスコアボードに「12」が刻まれると、スタンドは異様な雰囲気となった。悲惨な光景に、涙を流すカープファンの姿もあった。

     本拠地は空席だらけとなったが、居残り声援を送るファンの姿も…。だが、ボロボロのカープに反撃する力は残っておらず、その裏の攻撃は鈴木、松山、長野が三者凡退に倒れた。

     ヤクルトは2連勝。マクガフが来日初勝利。貯金3で、巨人と並び首位に立った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000146-dal-base

     広島の“カメレオン打線”に拍車がかかっている。3日の中日戦(ナゴヤドーム)は0―1の7回、鈴木誠也外野手(24)の2号逆転3ランが飛び出し、3―2で逃げ切って連敗を3でストップ。今季初先発の野村が7回3安打1失点の奮投で援護を待ち、最後は若き主砲が4番の仕事を果たしてなんとか競り勝った。

    「祐輔(野村)は8、9回もいこうと思うぐらいの素晴らしい投球。誠也はさすが4番打者」と投打のヒーローを称賛した緒方監督は、この日は相手先発が右の吉見ということもあり、前日のオーダーから一気に4人を入れ替えた。前夜1号弾を含む2安打の長野をあっさり下げ、代わりに3試合ぶり先発の西川が2安打。小窪に代わって2試合ぶり先発の安部も3安打を放ってアピールに成功した。

     結果が出なければ下げられるが、打っても明日は保証されないのが今季の赤ヘル打線。前日は高ヘッドコーチが長野について「これからは左右に関係なく使うかも…」としていたが、この日は迎打撃コーチが西川、安部について「明日は左(ロメロ)ですが、これから考慮します」と話すなど、ベンチの目まぐるしい状況変化が伝わってくる。

     打線の柱だった丸の穴は「全員で埋める」というのが緒方監督の方針。日替わりオーダーは層の厚さの裏返しでもあるが、選手の見極めに赤ヘル首脳陣は日々必死だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000031-tospoweb-base

    このページのトップヘ