広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

    広島林晃汰内野手(18)が5日、秋季日南キャンプの紅白戦で決勝打を含む2安打とアピールした。


    前回の紅白戦で無安打に終わった結果から、新打法の意識を大きく変えた。先輩西川の助言も、実戦での好結果につながった。内容や取り組む姿勢も首脳陣は評価。初の1軍キャンプで得られるものは、経験だけではない。球団期待の長距離砲は、実り多き秋にする。     ◇     ◇    ◇

    力をバットにぶつけた。紅白戦の5回2死一塁。林は、平岡の直球を強振した。右翼線への二塁打となり、一塁走者を本塁にかえした。前の打席でのキャンプ初安打に続く初長打が、勝ち越し打となった。負ければ坂道ダッシュが待っていた白軍野手を救う一打で、首脳陣の評価を高めた。

    佐々岡監督 必死にアピールしようとしているのが見えた。必死に食らい付いて、1戦目と2戦目で違うものを見せてくれた。

    新指揮官は若い選手に「失敗した後のプレー、取り組む姿勢」を何より求める。キャンプ初実戦となった3日の紅白戦で林は4打数無安打に終わった。奥歯をかみしめ、打撃の意識を変える覚悟を抱いた。キャンプインと同時に軸足に重心を残す打法に変えたが、映像を見るとイメージと実際のフォームに違いがあった。「もっと極端にやってみよう」。捕手側に上体が傾くほど、重心を100%軸足に残すように変えた。

    同じ右投げ左打ちの西川の助言もヒントとなった。「もっと打ちに行っていい」。探るようにゆっくり体重移動するのではなく、投球に力強くぶつけるように移動させるようにという指摘。紅白戦前の打撃練習から「バットに(球を)乗せて打てている感じが出てきた」と変化を感じた。東出打撃コーチも「つかみかけている。1日で飛距離が変わった」と目を丸くした。

    結果が出なかった後の行動で、林は結果と内容をものにした。長打も出た。その姿こそ、佐々岡監督が望むもの。練習最後のロングティーでは東出打撃コーチから他の選手の約2倍の500~600球をトスされながら、最後まで力強く振り抜いた。「スイング(スピード)や長打。そこを求めつつ、その上でアピールしたい」。今こそ、バットを振って、振って、振り抜くときだ。【前原淳】

    ◆林晃汰(はやし・こうた)2000年(平12)11月16日、和歌山・岩出市生まれ。岩出小1年から「岩出ヤンキース」で捕手、三塁手として野球を始める。岩出中では「紀州ボーイズ」に所属。2、3年と全国大会出場。智弁和歌山では1年夏からベンチ入り。18年ドラフト3位で広島入団。1年目は2軍でチーム3番目に多い102試合に出場、打率2割2分5厘、7本塁打、35打点。182センチ、90キロ。右投げ左打ち。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11050895-nksports-base

     広島・小園海斗内野手(19)が4日、気迫のバッティングを披露した。宮崎・日南キャンプ3日目のフリー打撃で、56スイングのうち安打性の当たりは25本と“打率4割4分6厘”。バットを体に巻きつけるように内角球をさばき、うち3本は右翼席へと打球を運んだ。それでも「もっと確実性を上げたい」と貪欲にスイングを続けた。

     隣のケージでは同学年のドラフト7位・羽月隆太郎内野手(19)が快音を響かせていた。今季は高卒新人ながら1軍で58試合に出場した小園は「(1軍では)ずっと1人というか、一番年下だったので、一緒にできるのが大きいです。仲のいい新人で盛り上げていければいい」と、モチベーションが高まっている様子だ。

     4球団競合の昨年ドラフト1番星。秋季教育リーグのフェニックス・リーグでも3本塁打をマークしたが、打率は2割台に低迷。一方、1軍未出場でドラフト最下位指名の羽月は、同リーグで打率3割を大きく超える成長ぶりを見せた。「(羽月?)すごいです」という言葉に偽りはない。「絶対に負けないぞという思いがあります。それがなくなると野球が終わってしまう」と危機感を持って練習に打ち込んでいる。

     プロ入りして出会った人物に野球観を変えられたという。背番号51の前任者、鈴木誠也外野手(25)だ。「セ・リーグで一番打っている(首位打者)のに、(凡退して)悔しがっている姿をベンチで見ました。打てなかったら、最後まで居残ってバッティングしている音も聞こえてきました。野球に対する姿勢がすごいです」。球界を代表する打者なのに誰よりも努力を惜しまない。俺もいつかは―。気持ちを奮い立たせてくれる偉大な先輩が同じチームにいることに感謝している。

     目指すのは誠也のように走攻守すべて高いレベルの選手になることだ。「首位打者も(いつかは)狙いたいです。厳しいですけど」。急成長した羽月と切磋琢磨(せっさたくま)して、誠也先輩のように押しも押されもしないスター選手になってみせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000135-sph-base

     広島・小園海斗内野手(19)が1日、秋季キャンプ地の宮崎県日南市に入り、打撃のレベルアップを誓った。秋季キャンプのテーマは、みやざきフェニックス・リーグから継続して「甘い球を一発で仕留めること」。実戦漬けとなる今キャンプでも持ち味の積極性を忘れず、確実性アップも目指す。

     野球漬けとなる日々を前に、ルーキー小園は心を躍らせていた。今季は高卒1年目ながら1軍の舞台を経験。「シーズンで課題がすごくあった。打撃、守備、走塁の課題を克服できるようにやっていきたい」とレベルアップへ目を輝かせた。

     ここ数年、秋季キャンプでは実戦が行われていなかったが、今秋は最大8試合を実施。早くもキャンプ2日目に予定され、10月のみやざきフェニックス・リーグから「ボール球を見極めて甘い球を一発で仕留めること」をテーマに掲げる小園にとっても、絶好のアピール機会となる。

     バットも振って振って振りまくる。「結構振ると思う」と猛練習は覚悟の上だ。シーズンの後半は疲労からスイングに狂いが出たと振り返り「スイング力を高めていきたい。そういうところで成長できるようにやっていきたい」と力を込めた。

     佐々岡監督は若手のアピール合戦を心待ちにする。「結果内容、取り組む姿勢」を求め、「フラットに考えたい。横一線。競争の中で、チャンスをモノにできるか」とサバイバルをあおった。

     「自分の成長のために頑張るだけです」と小園。東出2軍打撃コーチは「来年は15発打ってほしい」と期待。朝から晩まで、猛特訓に身を投じる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000021-dal-base

     11月2日から宮崎県日南市の天福球場で広島の秋季キャンプが始まる。今年のキャンプは見どころ満載だ。紅白戦は1クール2試合、最大8試合予定され、若手によるアピール合戦が繰り広げられそうだ。

     佐々岡新監督は「来年の春のキャンプへの見極めになる」と競争意識を高め、「野手なら打つ、走る、元気の良さ。投手ならスピード、コントロール、キレ、何かアピールしてほしい」とサバイバルのゴングを鳴らした。

     フレッシュなメンバーが顔をそろえる。小園、林、正随、羽月のルーキー組。高卒2年目の中村奨も秋季キャンプ初参加となり、同じ捕手の3年目・坂倉としのぎを削る。

     個性派ぞろいの中、注目はドラフト7位から2軍のレギュラーをつかんだ羽月だ。今季ウエスタン・リーグでは89試合出場、打率・300をマークした。最大の長所である23盗塁の足に加えて、研究熱心な姿勢が好結果を呼び込んだ。

     ベテラン白浜に「配球、捕手の考え方」を学び、寮では3年目の左腕・高橋昂と一緒にテレビで試合を見ながら「次どんな球を投げますか」と投手目線の考えも吸収した。シーズン後半は本気で「1軍で活躍する」と昇格を狙っていた。「自分の持ち味は足。元気を出して、全力でがむしゃらに取り組んでいきたい」と目をぎらつかせる。

     投手陣は来季へ向けて先発、中継ぎの整備が急務だ。1軍の台所事情は厳しく、若手にもチャンスは広がっている。ルーキー田中法、2年目山口、遠藤、ケムナ…。もうワンランクアップへ、投手コーチに就任した横山竜士氏の指導に期待が高まる。

     横山氏は就任会見で「今季は三振が少なかった。四球を減らすため、制球を意識しすぎるのではなく、どんどん攻める気持ちを持って、三振を取れる投球をしてほしい」と闘争心を求める。現役時代は先発、リリーフを経験し、けん制の達人として鳴らした。“新鬼軍曹”の鋭いまなざしに、日南の温暖な空気もピリッと引き締まるに違いない。

     さらに34歳のベテラン松山が一塁本格挑戦のため志願して参加するなど、日南の秋は熱くなりそうだ。佐々岡監督は10月中旬に、みやざきフェニックス・リーグを視察。投手はもちろん、野手の現状も把握できている。来季のV奪回へ、新生カープがいよいよ動き出す。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000063-dal-base

    広島が29日、日南秋季キャンプの参加選手を発表した。11月2日から20日まで宮崎・日南市で行われる。2年目中村奨成捕手(20)が初の1軍キャンプ参加となるほか、高卒1年目の小園海斗内野手(19)、林晃汰内野手(18)、羽月隆太郎内野手(19)の3選手もメンバー入り。松山竜平外野手(34)も最年長として参加する。秋季キャンプ参加選手は以下の通り。


    ■投手

    九里、矢崎、岡田、薮田、床田、ケムナ、塹江、高橋樹、山口、アドゥワ、田中法、遠藤、平岡、モンティージャ、藤井黎、メナ

    ■捕手

    中村奨、磯村、坂倉

    ■内野手

    曽根、堂林、三好、林、小園、西川、羽月

    ■外野手

    野間、正随、高橋大、松山、永井、大盛


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-10290220-nksports-base&pos=1

    <みやざきフェニックスリーグ:広島-西武>◇20日◇日南

    広島小園海斗内野手がみやざきフェニックス・リーグ西武戦(日南)で1発を含む3安打を放ち、遊撃取りをアピールした。


    3番二塁で先発し、3回に渡辺の内角高め直球を右越えに3ラン。5回には報徳学園の6学年先輩にあたる田村から右前打を放った。来季は右膝手術から復帰する田中広と、定位置を争う見込み。「まだまだ(田中)広輔さんに追いつけない。少ないチャンスをものにしてレギュラーを取れるように」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10200744-nksports-base

     「フェニックス・リーグ、広島9-7西武」(10日、南郷スタジアム)

     広島・小園海斗内野手が2試合連続弾をマークした。

     「3番・遊撃」でスタメン出場し、一回無死一、二塁。1ボールからベテラン・内海の外寄り直球を右翼席へ運ぶ先制3ランとした。

     前日のDeNA戦では右腕・進藤から2ランを放っていた背番号51。「一発で仕留められた。(5打数1安打と)他の打席がダメだったので、(安打を)2、3本打てるようにしたい」と力強く話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000147-dal-base

     広島・小園海斗内野手(19)は8日、フェニックス・リーグの韓国ハンファ戦で、“人生初”となる二塁でフル出場した。5度の守備機会を無難に処理。小園が複数ポジションを守れれば、田中広との併用が可能となるだけでなく、メジャー挑戦の意向を示している菊池涼の不在にも備えられる貴重な新オプションとなる。

     佐々岡政権の始動を前に、早くも新オプションが蓄えられている。フェニックス・リーグ開幕2日目にして、小園が人生初の守備位置に就いた。「1番・二塁」でフル出場。初回先頭の二塁へのゴロを無難にさばくと、強烈な正面のゴロあり、2度の飛球ありとパターン豊かな計5度の守備機会に恵まれた。準備期間は試合前の守備練習だけながら、失策なしと持ち前の対応力だけで乗り切った。

     「景色が違いました。ノックとか遊びながらでしかやったことがなかった。ショートよりも(一塁が)近いので、まずはしっかり捕ろうと思っていました」

     秋季リーグに帯同している内野手は、6人のみと少数精鋭。水本2軍監督の方針で、全内野手に複数ポジションを課すことが決まった。「けん制にバントシフトに覚えることはたくさんある。二塁のことが分かれば、ショートでも指示が出せる。いろんなことができれば、自分の幅も広がると思います」。今秋は、ウエスタン・リーグで5試合のみだった三塁にも挑戦する予定だ。

     新体制のカギを握る新オプションになるかもしれない。正遊撃手だった田中広は8月下旬に右膝を手術。来春キャンプでの合流を目指しており、完全復活となれば、小園を三塁起用するなど併用も可能になる。また、菊池涼は今オフにもメジャーに挑戦したい意向を示しており、名手不在を想定した備えも必要。玉木2軍内野守備走塁コーチは「(1軍でも)可能性がないことはない」と明言しており、来季に間に合うように本格挑戦する。

     昨秋から外野に挑戦した西川が中堅で定位置をつかむなど、複数ポジション習得が選手層の厚さにつながってきた。高ヘッドコーチは坂倉、磯村の内野挑戦プランも温めているという。

     「試合に出られることが増える。自分の任されたところでアピールしていきたいです」。小園にとっては勉強の一環ともいえる新ポジションは、V奪還の重要な一手となる可能性もある。 (河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000006-spnannex-base

     赤ヘルの黄金新人が歴史にまた名を刻んだ。広島・小園海斗内野手(19)が10日の中日戦(マツダ)の1―0の7回、相手先発・梅津から球団の高卒新人最多本塁打記録を塗り替える4号2ランを放った。チームは3―0の快勝で2位DeNAにゲーム差なしと肉薄。厳しい夏場を乗り越え、ひょうひょうと激戦の輪に加わる19歳に周囲は驚きを隠せないでいる。

     小園は3連勝中の大卒新人右腕のウイニングショットを狙っていた。7回一死二塁の第3打席、3球目のフォークがやや浮くと、フルスイングで右翼ポール際へ弾丸ライナーを運んだ。1950年に紺田周三がマークした球団の高卒新人本塁打記録を69年ぶりに更新。出場機会がなかった8日の阪神戦を挟んで2戦連発の大仕事には、緒方監督も「びっくりさせてくれる」とうなるばかりだ。

     8回零封で11勝目の大瀬良、16号先制弾の西川と3人で上がったお立ち台では「(大瀬良)大地さんに1点でも多く、僕が打って、と思っていました」と初々しい笑顔を浮かべ、鯉党の喝采を浴びた。その後の囲み取材ではメモリアル弾の手応えを聞かれて「抜けるとは思いましたが、入るとは…」と振り返ったが、その裏にはプロの先輩たちも驚く成長がある。

     高校2年次に食事を見直して74キロから81キロまで体重を増やし、プロ入り時は公称84キロ。周囲によれば、現在はさらに2キロほど増えているという。たかが2キロではない。チームスタッフは「プロの練習は甘くないし、一軍で試合に出続ければいやでも重圧と緊張で体重は減る。ましてや高校生。それが増えているというんだからアイツは大物だよ」と舌を巻く。

     体重だけでなく、日々の猛練習でスイングスピードに力強さ、飛距離も増してきた。辛口の広島OBたちも「トリプルスリーを狙える逸材」と口を揃える鯉の希望の星はすくすく育っている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000030-tospoweb-base

    ◆ 平成最後のドラフトを沸かせたミレニアム世代

     両リーグの優勝チームが決まり、ペナントレースも残りわずか。10月に入るとクライマックスシリーズが始まり、あと3週間もすればドラフト会議がやってくる。

     今年は最速163キロの直球を誇る“令和の怪物”こと佐々木朗希(大船渡)や、夏の甲子園大会、その後のU-18W杯でも活躍した奥川恭伸(星稜)らが注目を集めそうだが、話題性だけで見ると昨年のドラフト会議のほうが盛り上がったようにも思える。

     夏の甲子園大会で活躍した、根尾昂、藤原恭大らの高校生野手が注目を集め、史上最多となる11球団が高校生野手をドラフト1位で指名。さらに、夏の甲子園を制した大阪桐蔭からは史上最多タイとなる4選手が指名を受けるなど、例年以上に高校生に注目が集まった年だった。

     あれから約1年――。平成最後のドラフトで話題をさらった高卒ルーキーたちは、今シーズンどんな成績を収めているのだろうか。


    ◆ 長打力に注目したい隠れた逸材も?!

     検証したのは、昨年のドラフト会議で指名された高校生のシーズン成績(※9月25日終了時点/☆=一軍での成績)。まずはパ・リーグから。

    ▼ 西 武
    ・渡邉勇太朗(2位) 1登板:0勝0敗/防御率5.40
    ・牧野翔矢 (5位)42試合:率.172(87-15)0本 8点
    ―――――
    ・大窪士夢(育成2位) 1登板:0勝0敗/防御率9.00
    ・中熊大智(育成3位)11試合:率.148(27-4)0本 0点


    ▼ ソフトバンク
    ・野村大樹(3位)48試合:率.196(46-9)0本 10点
    ・水谷 瞬(5位) 2試合:率.000( 1-0)0本 0点
    ―――――
    ・渡邉 陸(育成1位)※一二軍出場なし
    ・中村宜聖(育成4位)※一二軍出場なし


    ▼ 日本ハム
    ・吉田輝星(1位) 4登板:1勝3敗/防御率12.27 ☆
             17登板:2勝5敗/防御率4.31
    ・野村佑希(2位)75試合:率.245(273-67)5本 32点
    ・万波中正(4位) 2試合:率.000(4-0)0本 0点 ☆
             87試合:率.242(289-70)14本 42点
    ・柿木 蓮(5位)26登板:2勝4敗/防御率8.24
    ・田宮裕涼(6位)72試合:率.226(195-44)0本 16点


    ▼ オリックス
    ・太田 椋(1位) 6試合:率.000(13-0)0本 0点 ☆
            64試合:率.258(233-60)6本 21点
    ・宜保 翔(5位) 4試合:率.300(10-3)0本 0点 ☆
            111試合:率.227(375-85)0本 20点


    ▼ ロッテ
    ・藤原恭大(1位) 6試合:率.105(19-2)0本 2点 ☆
             81試合:率.227(300-68)4本 21点
    ・山口航輝(4位)110試合:率.242(281-68)6本 29打点
    ・古谷拓郎(6位)13登板:6勝4敗/防御率5.04
    ・土居豪人(8位) 9登板:0勝0敗/防御率9.00


    ▼ 楽 天
    ・引地秀一郎(3位)10登板:1勝3敗/防御率10.01
    ・佐藤智輝 (5位) 2登板:0勝0敗/防御率0.00
    ―――――
    ・清宮虎多朗(育成1位)※一二軍出場なし

     球団として54年振りとなる開幕スタメンを勝ち取ったロッテの藤原恭大、ドラフト制度導入後では史上19人目となる高卒投手の初登板初勝利を成し遂げた日本ハムの吉田輝星ら、ドラ1たちが話題を振りまいたものの、プロの壁が立ちはだかる格好となった。藤原も吉田も、プロの水に慣れるまでには、もう少し時間を要しそうだ。

     ファーム公式戦に目を向けると、日本ハムの万波中正がリーグワーストの117三振ながら、イースタンでは4位タイとなる14本塁打をマーク。身体能力の高さを発揮している。また、骨折で出遅れたオリックスのドラ1・太田椋も、復帰後は二軍で経験を積み、チーム2位の6本塁打を放つなど、まずまずの成績を残している。

     太田より一足早く一軍昇格を決めたオリックスのドラ5・宜保翔は、出場3試合目でプロ初安打を記録し、ここまで4試合(10打数)で3安打をマークしている。太田と万波は一軍で初安打を記録することはできていないが、その他の選手も含め、来季以降の活躍に期待したいところだ。


    ◆ 育成から駆け上がった山下航汰

     続いて、セ・リーグ各チームの高卒ルーキーの成績を見ていきたい。

    ▼ 広 島
    ・小園海斗(1位)57試合:率.213(188-40)4本 16点 ☆
              53試合:率.210(210-44)6本 22点
    ・林 晃汰(3位)101試合:率.225(311-70)7本 35点
    ・中神拓都(4位)※一二軍とも出場なし
    ・田中法彦(5位)4試合:率.000(0-0)0本 0点
    ・羽月隆太郎(7位)87試合:率.313(208-65)0本 9点


    ▼ 阪 神
    ・小幡竜平(2位)98試合:率.227(313-71)1本 14点
    ・川原 陸(5位)※一二軍とも出場なし


    ▼ DeNA
    ・勝又温史(4位)16登板:2勝3敗/防御率6.80
    ・益子京右(5位)31試合:率.247(77-19)1本 13点
    ―――――
    ・宮城滝太(育成1位)16登板:3勝6敗/防御率6.10


    ▼ 巨 人
    ・増田 陸(2位)※一二軍出場なし
    ・直江大輔(3位)3登板:0勝1敗/防御率10.80
    ・横川 凱(4位)4登板:1勝1敗/防御率6.00
    ・松井義弥(5位)20試合:率.136(44-6)1本 3点
    ・戸郷翔征(6位)1登板:0勝0敗/防御率3.86 ☆
             11登板:4勝1敗/防御率3.00
    ―――――
    ・山下航汰(育成1位)12試合:率.167(12-2)0本 0点 ☆
                87試合:率.337(309-104)6本 37点
    ・平井快青(育成2位)※一二軍出場なし
    ・沼田翔平(育成3位) 3登板:0勝0敗/防御率2.00
    ・黒田響生(育成4位)40試合:率.179(84-15)1本 9点


    ▼ 中 日
    ・根尾 昂(1位)107試合:率.212(406-86)2本 33点
    ・石橋康太(4位)11試合:率.067(15-1)0本 2点 ☆
             45試合:率.191(115-22)4本 12点
    ・垣越建伸(5位)15登板:3勝2敗/防御率3.58


    ▼ ヤクルト
    ・市川悠太(3位)18登板:1勝0敗 防御率2.79
    ・濱田太貴(4位) 1試合:率.000(2-0)0本 0点 ☆
             105試合:率.254(338-86)8本 52点
    ・鈴木裕太(6位)19登板:0勝2敗/防御率8.38


     パ・リーグの選手同様、1年目から一軍デビューを飾った選手は、投手と野手を併せても5名。そのなかで目を引くのは、やはり広島の小園海斗か。6月に一軍デビューを飾ったのち、フレッシュオールスターでMVPを獲得して勢いをつけると、後半戦が開幕した7月15日に再昇格。田中広輔の不振もあり、そのままショートのレギュラーに定着した。

     もうひとり注目したいのが、巨人の山下航汰。育成選手として入団すると、高卒の選手とは思えないバットコントロールでヒットを量産し、イースタンで首位打者をキープ。7月5日には球団史上初となる高卒1年目で、支配下選手の座を勝ち取り、8月2日には一軍に昇格した。9月4日の対中日戦では、地元群馬で初ヒットを放っている。

     そして、9月に入って月間成績が打率.355(62-22)、11試合連続安打など調子を上げている中日の根尾が、27日に初昇格を果たす見込みとのこと。同選手の一軍デビューも楽しみだが、彼らのプロ野球人生は始まったばかり。彼らミレニアム世代が今後どのような成長を遂げるのか、10月7日から始まるフェニックスリーグや秋季キャンプでの奮闘も楽しみにしたい。


    文=福嶌弘(ふくしまひろし)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00204104-baseballk-base

    このページのトップヘ