広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

    広島小園海斗内野手(19)が13日、再開された1軍練習に合流した。

    「前回は本当に悔しかった。積極的にやっていきたい」。前回2軍降格となった1日からわずか12日での1軍復帰に向けて鼻息は荒い。



    11日フレッシュ球宴では先頭打者弾でMVPを受賞し、後半戦に弾みをつけた。獲得した賞金100万円は試合後に食事をともにしたロッテ藤原と中日根尾に食事代を支払わされることになったが「賞金合わせても僕の方が(年俸が)少ないんですけどね」と首をひねりながら笑った。

    フレッシュ球宴で得たのはMVPだけではない。純粋に野球を楽しむことの重要性を再確認した。「楽しんでやれれば。そこに限る。その意識は変えずにやりたい」。再合流した広島1軍でも「楽しんでやれ」と声をかけられた。「前回(の1軍)は初めてのことだったので、いつも以上の緊張があった。次は安定した気持ちでいければ。気持ちづくりも大切」。新人だからこそ、求められる姿勢でもある。まだ責任を取る立場にはない。失敗を恐れない姿勢で、11連敗中のチームに新風を吹かせたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-07130691-nksports-base

    <日本生命セ・パ交流戦:広島-ロッテ>◇20日◇マツダスタジアム

    広島ドラフト1位小園海斗内野手(19)が12時48分、マツダスタジアムに姿を見せた。1軍に再合流し、そのまま1軍選手登録される見込みだ。


    【小園のここまで】

    ◆春季キャンプ 当初は宮崎・日南キャンプで1次キャンプを経験させた後、2次キャンプから2軍調整するプランもあったが、攻守で頭角を現し、沖縄での2次キャンプも同行し、1軍で完走。

    ◆オープン戦 チームのオープン戦初戦だった2月24日のDeNA戦で4回裏の守備から途中出場。9回無死一塁で、山崎から左前打。3月3日の西武戦ではプロ1号本塁打。4回の遊撃守備から途中出場し、8回先頭で左腕武隈の直球を右翼席に運び、86年西武清原、93年巨人松井も達成できなかったオープン戦での高卒新人アーチを記録した。3月21日ヤクルト戦では2号を放つなど、オープン戦通算成績は、打率2割3分1厘、2本塁打、3打点。

    ◆開幕1軍 オープン戦の活躍から球団の高卒新人では00年苫米地鉄人以来となる開幕1軍メンバー入り。ただ、開幕戦は出番がなく、第2戦はベンチを外れ、3月31日に出場選手登録を抹消された。

    ◆ウエスタン・リーグ ここま46試合に出場。打率1割8分8厘(181打数34安打)ながら4本塁打。4月17日のソフトバンク戦で和田から右翼席へ2軍でのプロ1号をマーク。5月上旬に下半身の張りで2試合欠場したこともあったが、5月17日阪神戦では望月の直球を右翼席に4号ソロを放った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-06200389-nksports-base

     コイ党には久々の朗報だ。フレッシュオールスターゲームが11日、楽天生命パークで行われ、広島のドラフト1位新人・小園海斗内野手(19)が初回に全イ先発の日本ハム・吉田輝から先頭打者本塁打を放つなど5打数2安打の活躍で5―1の勝利に貢献。MVPに選ばれた。

     小園、吉田輝に中日・根尾、ロッテ・藤原。久々となった昨夏の甲子園を沸かせた「高校BIG4」の揃い踏みで、最も輝きを放ったのが小園だった。一軍昇格した6月20日のロッテ戦ではプロ初打席を初安打で飾りながら、守備で3試合連続失策。潜在能力の高さと課題を浮き彫りにした経験は大舞台で生きた。吉田輝の全球直球勝負に対して4球目の146キロを一閃。「本当に闘志を感じました」と相手に敬意を示しつつ「絶対に打ってやろうと思いました。打った瞬間は良かった」と喜びを表した。

     今月1日の出場選手登録抹消後は本来の遊撃だけでなく三塁での出場も増えており、この日も全ウの三塁を任された。今月の二軍戦では25打数9安打、2本塁打、8打点と絶好調で「打撃ではコンパクトに振っていくことへ切り替えました。そうじゃないとプロの球は打ち損じてしまうので。本塁打は狙っていません。安打の延長線上が本塁打くらいの意識でやってます」とのコメントも成長をうかがわせる。

     一軍は20年ぶりの11連敗を喫するなどどん底。巻き返しに向けた緒方監督の試行錯誤は続いている。最近は三塁で安部、小窪、メヒアが併用されており、守備では安定感のある田中広がいる遊撃よりは狙い目。MVP弾は何よりのアピールになったはずだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000014-tospoweb-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    84試合で68通り。日替わりオーダーに、広島打線の苦悩がにじみ出る。快進撃で首位に立った5月は、1番野間、2番菊池涼、3番西川、4番鈴木、5番バティスタの並びが機能した。だが各打者が一斉に調子を落とし、点を取れなくなった。投打の歯車が狂い、気がつけば首位に11ゲーム差の4位。緒方監督は「打線は早く固めたい」と話すがなかなかうまくいかない。


    やっかいなのは、勝ち方を知っているはずの3連覇経験者たちが、やるべきことを必死にやっても勝てないことだ。菊池涼介の得点圏打率はリーグトップの4割で、誰よりチャンスに強い。鈴木誠也の出塁率4割3分7厘、長打率5割6分6厘もリーグ1位で、誰より怖い打者といえる。西川龍馬の5犠飛も最多タイだ。投手では大瀬良大地の4完投が1位。そういう個の力が、どうしても勝ちにつながらない。

    現状を打破する要素があるとするなら、現在2軍の小園海斗なのかもしれない。デビュー戦で初打席初安打を放ち、フレッシュ球宴でMVPになるような「持ってる感」は、新鮮で魅力十分。ネックがあるとすれば、先発3試合で4失策の守備力だろうか。だが、ミスした重さに歯を食いしばって耐え、なお前に進もうとする姿は、周りの心を動かす。こういう新しい力が、巻き返しへのきっかけになるのではないだろうか。

    フレッシュ球宴で三塁を守った。本来の遊撃に加え、そういう選択肢も考えられる。小園はチームを変える可能性のある選手だと思う。【広島担当 村野森】

    <とっておきメモ>

    <日本生命セ・パ交流戦:広島7-6ロッテ>◇20日◇マツダスタジアム



    広島ドラフト1位の小園海斗内野手(19)がチーム連敗ストップへの道を切り開いた。1軍昇格し、1番遊撃としてプロ初出場。いきなり第1打席に左前へプロ初安打を放ち、先制劇に貢献した。

       ◇   ◇   ◇

    スカウトの目は確かだった。多くの逸材がそろった昨秋ドラフトで報徳学園の小園を強く推したのは、関西地区担当の鞘師スカウトだ。理由は「一番カープっぽい」から。「足と守備は抜けていた。明るく厳しい。うちで練習すればモノになる。これまで広島にいた選手、今いる選手のタイプからも、ピッタリだと思った」。広島だからこそ、磨かれる原石だと確信した。

    同スカウトは報徳学園出身。同校野球部の大角監督は同学年の元チームメート。“後輩”だからこそ、小園をより厳しい目で見てきた。それでも「やっぱりモノが違う」。1軍春季キャンプを完走し、高卒新人で00年苫米地以来の開幕1軍メンバー入り。早くからその一端をのぞかせていた。

    同じ高校出身だから願掛けも同じ。プロ初スタメンの報告を受けた母こず江さんは地元のパワースポット清荒神清澄寺に向かったという。昨秋ドラフトで緒方監督が交渉権を引き当てる前、鞘師スカウトが参った場所でもある。多くの人の思いを背負ったメモリアル安打は、プロ初打席で生まれた。【広島担当=前原淳】



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-06200701-nksports-base

     『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム イースタン・リーグ選抜-ウエスタン・リーグ選抜』で解説を務めた野村弘樹氏が、広島・小園海斗について言及した。

     ウエスタン選抜の『1番・三塁』で先発出場した小園は初回の第1打席、イースタン選抜の先発・吉田輝星(日本ハム)のストレートをライトスタンドへ運ぶ先頭打者本塁打、続く2回の第2打席はライト前に弾き返すヒットを放った。先頭打者弾を含むマルチ安打の活躍を見せた小園は、MVPを受賞した。

     野村氏は小園について「根尾、藤原、小園の野手3人を並んでみたときに、小園の体つきの良さにびっくりしたんですよ。2月に見たときもお尻周りが大きくてビックリしたんですけど、さらに大きくなっている。藤原、根尾もいい体をしているんですけど、小園の方が大きく感じましたね」とコメント。

     また、小園の守備について野村氏は「オープン戦をみたときに、言い方悪いですけど、“こいつはやるな”と感じたんですよ。今日ノックを受けている姿を見ても、速くて捕る瞬間が緩むんですよ。力が抜けてパッと動くので、デビューした時はエラーが重なりミスがありましたけど、経験を積んでいくと素晴らしい選手になるような気がしますね」と評価した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00195546-baseballk-base

     広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)=報徳学園=が14日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で行われた全体練習に参加した。後半戦初戦の15日・DeNA戦から出場選手登録される予定で、即1番での起用の可能性もある。チームが1分けを挟んで11連敗と泥沼にはまる中、再進撃へドラ1が流れを変える。

     猛反撃へ、小園がいよいよ再昇格する。後半戦開幕は、現在の11連敗(1分け含む)が始まった横浜スタジアムでのDeNA戦。前日に1軍合流し、この日本拠地で汗を流したルーキーは「チャンスをもらったので、また生かしていけるように頑張りたい」と目をギラつかせた。

     チームは前半戦を借金5、4年ぶりのBクラスターンとなる4位で終え、首位・巨人には11ゲーム差をつけられた。小園は今月1日に出場選手登録を抹消されたが、その後ウエスタンで毎試合安打を記録するなど、6試合で25打数9安打、打率・360をマーク。チームの流れを変える存在として、期待が懸かる。

     昇格即1番で先発する可能性もある。1番はここまで9人が座った打順で、固定できていないのが現状だ。前半戦ラスト4戦は野間が「1番・中堅」を務めていたが、15日は松山が左翼で先発することが有力なことから、左翼だった西川が中堅に入る可能性がある。本職の遊撃だけでなく、2軍では三塁守備も経験してきた小園は、1軍で先発した3試合全て「1番」で出場している。野間が控えにまわれば田中広もいるが、当然小園も“1番候補”の一人に浮上する。

     自身にとっても、「1番」は慣れ親しんだ場所だ。報徳学園、U-18日本代表時代の定位置。「先頭で出られたら自分の気持ちも乗っていけるし、本当にチームの流れを変えたい気持ちもあるので」と意欲を見せる。

     積極的に攻めるイメージも膨らませる。「初球とかしっかり振っていきたい。先頭なので思い切っていくとチームの勢いも変わっていくと思う。どんどん積極的に振っていきたいと思う」と、みなぎる闘志を言葉に表した。

     11日に行われたフレッシュ球宴(楽天生命パーク)では先頭打者本塁打をマークするなどスター性を感じさせる活躍を見せ、MVPも受賞したノッてるルーキー。「常に気を抜けない」。高卒1年目として目の前の1球、1プレーに対してがむしゃらに臨むことが、チームにも良い風をもたらすはずだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000030-dal-base

     広島は14日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で全体練習を行った。チームは引き分けを挟んで、11連敗中。借金5の4位で前半戦を終えている。

     15日から始まる後半戦へ向けて高ヘッドコーチは「4日間空いたことで気分的にリセットされたと思う。1つ勝って連敗を止めれば流れも変わってくる」と力を込めた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000067-dal-base

     広島は13日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で全体練習を行った。

     ドラフト1位・小園海斗内野手、サビエル・バティスタ外野手が1軍に合流。10日にフレッシュ球宴MVPを獲得した小園は「状態は安定してきている。前までのような波は減っています」と手応え。バティスタも「後半戦は1軍で打ちたい。打ったらチームが勝てる」と11連敗中のチームに救世主に名乗り出ていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000099-dal-base

     広島が13日、マツダ室内でチーム練習を再開し、サビエル・バティスタ外野手(27)、ドラフト1位・小園海斗内野手(19)、支配下登録されたばかりのエマイリン・モンティージャ投手(23)が合流。バティスタは5月の快進撃の再現を誓った。

     20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた鯉に、反撃のキーマンが帰ってきた。5月は打率3割5分2厘、10本塁打、21打点と大当たり。球団記録の月間20勝の立役者になった。しかし6月は打率2割4分7厘と調子を落とし、同月11日の日本ハム戦(札幌D)で放った18号以来、アーチも不発。「1」しかない外国人野手枠を巡り、メヒアとてんびんにかけられる形で今月3日に降格した。

     普段通り、リラックスした雰囲気で練習をこなした大砲は「1軍は楽しいね。バティ(バティスタ)が打ったらチームは勝てる。後半戦は5月みたいな気持ちで打席に入りたい」と気合満点。陽気なドミニカンが、後半戦の逆襲へと導く。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000174-sph-base

    このページのトップヘ