広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

    <ヨネちゃんのおシャレ野球学(19)>

    今年、定位置をつかむだろうか。2年目の広島小園海斗内野手(19)への期待が高い。昨年は58試合に出場し、2割1分3厘、4本塁打、16打点の成績を残した。目立つ数字こそなかったものの、ここ一番の集中力はルーキーらしからぬものがあった。「ここぞの、こぞの(小園)」?



    例えば本塁打&猛打賞がそれ。1号、2号、3号を放った試合では、それぞれ4安打、3安打、3安打した。「4・3・3」って、サッカー部か? 高卒新人の猛打賞3度は88年の立浪(中日)以来。本塁打を含む猛打賞3度は86年の清原(西武=5度)以来になった。報徳学園がPL学園に挑みかかった?

    9月に飛びだした3、4号は2試合連続だった。高卒新人の連続アーチは、清宮(日本ハム)が18年8月に記録して以来で、広島では初めて。これだけ見ても「ただ者」ではない。つまり、その、お金が取れる? 選手ということだ。

    4本塁打の内訳はヤクルト2、中日、阪神が各1。ヤクルトは3割5分9厘とかもにした。「飲んでかかった?」結果だろう。対照的に巨人戦は、わずか7分3厘だった。巨人を相手にする際は「読んでから?」臨みたい。【米谷輝昭】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170033-nksports-base

     広島・小園海斗内野手(19)が16日に廿日市市内の大野練習場で合同自主トレに参加し、球団史上初となる高卒2年目以内でのシーズン2桁本塁打に意欲を示した。ドラフト制以降の高卒2年目では1990年江藤智の5本が球団最多。年始にピラティスを導入するなど肉体改造に着手し、昨季4本塁打からの大幅増を期した。

     遊撃の定位置奪取の先には、赤ヘル史への挑戦が待っている。小園は合同自主トレ内でのフリー打撃にとどまらず、マシン打撃を追加して約50分間にわたって振り込んだ。会沢ら主力組はマツダスタジアムが拠点で、同じ大野練習場にいた新人らと比べて打球の質の差は明らか。確かな手応えのまま、今季目標を具体的な数字で示した。

     「本塁打は狙ってないし、そう簡単には打てない。ただ去年は後半戦で4本打てた。今年は10本、2桁を目指して頑張りたい」

     ドラフト制以降で高卒2年目での球団最多本塁打は90年江藤智の5本。三村敏之(3本)、前田智徳(4本)ら高卒入団で飛躍した歴代の先輩も2桁には届いていない。昨季は58試合で4本塁打。合同自主トレを視察した東出2軍打撃コーチからも「今日のメンバーでは群を抜いている。最終的には20発打てるようになってほしいし、最初から形にこだわって小さくなってほしくない」と発破をかけられた。

     肉体改造を目指し、年始には大阪府内でピラティスを初体験した。体幹を含めた筋力強化や柔軟性向上につながり、同僚の西川も日本ハム・近藤らとの合同自主トレで導入している。

     「弱いところを中心にやったので、かなりキツかったです。体幹が強い方ではないし、夏場にバテて1年間やれる体力がなかった。シーズン中にもやれたらいいな…と思っています」

     前日15日には遊撃を争う田中広が「タナキクをもう一度全国の皆さんにアピールできるようにしたい」と宣言したばかり。小園も遊撃にかける思いでは負けられない。「まだ自分の実力では無理なので、少ないチャンスをモノにしたい。一つのポジションをつかめれば、ずっと試合に出られる。遊撃を獲りにいくつもりで頑張ります」。し烈な定位置争いが成長速度をさらに速めるだろう。(河合 洋介)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000056-spnannex-base

     2019年は70勝70敗3分の4位でリーグ4連覇を逃した広島。今オフには、佐々岡新監督が就任し、内外野を守れるユーティリティのピレラが加入したことでレギュラー争いが激戦となりそうだ。さらにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介の残留が決定。そこで、ここでは広島の来季の基本オーダーを予想してみたい。


    1(遊)田中広輔
    2(二)菊池涼介
    3(中)西川龍馬
    4(右)鈴木誠也
    5(一)松山竜平
    6(左)長野久義
    7(三)ピレラ
    8(捕)會澤翼
    9 投手
    開幕投手 大瀬良大地

     1、2番は昨季の開幕と同じ“タナキク”コンビ。新選手会長の田中は昨季、打撃不振とケガなどで93試合で打率.193、8盗塁と自己最低の成績に終わったが、実績から万全ならば遊撃のレギュラーと予想した。一方、高卒1年目ながら田中の離脱中に遊撃を守った小園は、このまま一気に定位置奪取といきたいところだ。

     外野は鈴木、西川、長野の3選手。3番には昨季は打率.297、16本塁打と成長著しい西川、4番には首位打者、最高出塁率の2冠に輝いた鈴木、ピレラの本職は二塁だが、菊池涼の残留が決まったことから三塁とした。しかし三塁はメジャーでは1試合しか経験がないため、外野、一塁を守る可能性も高そうだ。そうなった場合には野間、松山らも含めた争いとなるだろう。

     また、ドーピング検査で陽性反応を示して6か月の出場停止処分を受け、保留者名簿に記載されたままになっているバティスタの去就がまだ決まっていないが、仮に残留となれば一塁、外野はさらに激戦となることが予想される。開幕投手は、昨季11勝の大瀬良が2年連続での開幕投手が最有力になりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00657429-fullcount-base

     広島の小園海斗内野手(19)がデイリースポーツの新春インタビューに応じ、2年目となる今季へ向けて遊撃の定位置奪取を目標に掲げた。ルーキーイヤーの昨季は58試合に出場しプロ初安打、初本塁打を放つ一方で、守備では失策でチームの足を引っ張ったこともあった。すべての経験を力に変え、大きな目標へ突き進む。=インタビュー2

      ◇  ◇

     -昨年の秋季キャンプでの収穫は。

     「打撃ではボール球を少しは振らないようになりました。だから紅白戦では四球を選ぶことができるようになった。去年は四球が58試合に出て6個しかなかったですからね」

     -変わることができた要因は。

     「打席の中で立つ位置を変えたことが大きかったです。今までは投手に最も近い場所だったけど、秋から一番後ろに立つようにしました」

     -きっかけは。

     「10月のみやざきフェニックス・リーグのとき、東洋さん(朝山1軍打撃コーチ)に『後ろに立ってみろ』と言われたんです。これまでも立ってみた経験はありました。ただ、プロは変化球の切れがすごいので、落ちたり曲がったり変化をする前に打ちにいきたいと思って、一番前で構えていました」

     -距離にすると50センチ。得られたメリットは。

     「捕手側にある白線を左足で踏むんじゃないかというくらい後ろに立っています。最初は慣れなくて違和感があったけど、球を呼び込めるようになりました。球の軌道が長く見えるようになったから、曲がりとかをしっかり見極められるようにもなったかな。今年は四球の数をもっと増やしていきたいという思いがあります」

     -ボール球を振らなくなれば打率も上がる。

     「誠也さんを見ていると、平気でワンバウンドを見逃しますよね。投手を全く相手にしていないように感じることがありました。だから、ベンチに座っているときに、どうやって見極めているんだろうと思っていたんです。選球眼が良くなってボール球を振らなくなれば四球で出塁できる。打率も下がらない。本当に大事です。塁に出られたら盗塁するチャンスも出てくる。成功すれば二塁打を打ったのと同じ価値があると思うから、選球眼を良くしていきたいです」

     -東出、迎の両打撃コーチは、小園選手の積極性を高く評価していた。空振りをしても良いからと。どんな投手との対戦でも、まずは思い切ってバットを振れることが大事だと言っていた。

     「その姿勢は失いたくありません。ただ、ブンブン丸だけでは通用しない世界。松山さんに話を聞いたとき、自分も昔はそうで、しっかり見極められるようになってから活躍できるようになったと言われました。選球眼が大事だぞと言ってもらいました」

     -話をしたのはいつごろ?

     「松山さんが頭部死球を受けて2軍で再調整している時期に話をしました」

     -松山選手はチーム屈指の打撃技術を持つだけに、得られたものも多かったのでは。

     「バットの軌道とか、左足の股関節に体重を乗せる方法とかを聞きました。どうやっているんですか?と。松山さんは逆方向にも大きい打球を打てる。それはバットの軌道がしっかりとしているからだと思うんです。たくさん話をしてもらったし、見て学ぶこともありました」

     -定位置奪取のためにはバットでのアピールも必要になる。

     「まずは試合に出ることが目標です。グラウンドに立てるように必死にやっていきます。数字は…ホームランは2桁は打ちたい。10本!頑張ります」

     -昨季は低めの球や変化球に苦しんだデータが残っている。対応力も課題になりそうだ。

     「低めは結構好きなんです。でも、去年は自分の中で高めに狙い球を設定していた。低めまでついていく余裕がなくて、打ったとしてもギリギリのところでレフト前に持っていく感じだった。言い換えればそこまでの技術しかないんです」

     -今季は他球団もより弱点を突いてくることが予想される。

     「自分の実力を上げることが、まずは最優先。その次にスコアラーの方から資料をいただくことができるので、それをしっかりと見て、自分がどういうふうに攻められているかとか傾向を頭に入れて打席に立ちたい」

     -守備や走塁も持ち味だ。

     「去年のフェニックス・リーグではミスが多かった。秋のキャンプでは山田コーチに教えてもらいながらレベルアップを目指してきた。打球への入り方やワンバウンドの打球の捕り方など良い方向にいっていると思う。走塁に関しても純さん(広瀬コーチ)と一緒にやってきた。いろんな走り方を試して、撮ってもらった動画を見て軸足の位置を変えたりした。ちょっとずつですけど良くなっています。盗塁は2桁は走りたいです」

     -飛躍の2年目になりそうだ。

     「はい、本当に楽しみです!」

     ◆小園 海斗(こぞの・かいと)2000年6月7日生まれ、19歳。兵庫県出身。178センチ、84キロ。右投げ左打ち。内野手。背番号51。今季推定年俸1000万円。報徳学園から2018年度ドラフト1位で広島入団。プロ1年目の19年6月20日・ロッテ戦(マツダ)で初出場初先発(1番・遊撃)。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000041-dal-base

     広島の小園海斗内野手(19)がデイリースポーツの新春インタビューに応じ、2年目となる今季へ向けて遊撃の定位置奪取を目標に掲げた。ルーキーイヤーの昨季は58試合に出場しプロ初安打、初本塁打を放つ一方で、守備では失策でチームの足を引っ張ったこともあった。すべての経験を力に変え、大きな目標へ突き進む。=インタビュー1

      ◇  ◇

     -あけましておめでとうございます。2年目を迎えた。春季キャンプ、そしてシーズンへ向けての目標は。

     「あけましておめでとうございます。もちろん、ショートでレギュラーを取りたいと思って去年の秋季キャンプを過ごし、自主トレもやっています。その思いで臨みたいと思っています」

     -遊撃への思いは。

     「去年は1年目から1軍で試合に出場させてもらいました。悔しいことがいっぱいあったので、さらに活躍してやろうと強く思うようになってきた。その気持ちがうせたら野球選手は終わり。そう強く思いながら春季キャンプに入っていきたい」

     -昨季は開幕1軍をつかみ、58試合に出場し打率・213、4本塁打、16打点、1盗塁だった。

     「こんなに試合に出られるなんて考えてもいませんでした。すごく大きな経験になったし、もっともっと成長したいと思うようになりました。プレーの内容や成績については、全く満足はしていません。チャンスで1本打っていたらチームが勝っていたという試合がある。守備も同じ。自分がエラーをしたことによって負けたことがあった。1日1日が濃くて、本当に良いシーズンを過ごさせてもらったのは確かです。でも悔しかった記憶が大半ですね」

     -6月には3試合連続で失策したこともあった。

     「ファンの方からの声援とかがすごくて、最初のころは緊張が続いていました。大事に捕りにいき過ぎて、足が止まってしまったのが原因。自分の武器は守備でも積極性なんですが、このときはちょっと消極的になっていた自分がいた。ちょっとした余裕じゃないけど、それくらいの気持ちでグラウンドに立てていれば違っていたかもしれません」

     -良い思い出は。

     「プロ初打席で初ヒットを打ったり、ホームランも4本打つことができました。猛打賞や4安打の固め打ちもしたかな。そんなに打ったことは2軍ではなかったことなんです」

    去年の経験生かす

     -苦しい経験も良い経験も、2年目への財産になる。

     「再昇格したときは積極的なプレーができました。苦い経験を反省できたからこそです。今後、もっと苦しいことがあると思うけど、そのときにどうやって壁を乗り越えていけるかが大切。去年の経験を生かして、いろいろ考えながら自分の幅を広げていければと思っています」

     -春季キャンプから競争が始まる。主に田中広とのポジション争いになる。

     「守備、打撃、走塁、経験値など、すべての面で勝っているものはありません。その中で自分の持ち味を出していきたい。若さだったり積極性だったりを。チャンスは少ないと思うので、それを確実につかみ取りたいです」

     ◆小園 海斗(こぞの・かいと)2000年6月7日生まれ、19歳。兵庫県出身。178センチ、84キロ。右投げ左打ち。内野手。背番号51。今季推定年俸1000万円。報徳学園から2018年度ドラフト1位で広島入団。プロ1年目の19年6月20日・ロッテ戦(マツダ)で初出場初先発(1番・遊撃)。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000032-dal-base

     ロッテ藤原恭大外野手が自身のインスタグラム更新。同期の広島小園海斗内野手と兵庫県淡路島旅行を楽しんだことを報告した。



     藤原は「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。小園と旅行に行ってきました」と綴り、小園との2ショットを投稿。2人は宿泊したとみられるホテルの“フォトフレーム”に収まり、笑顔を浮かべている。

     2人は高校2年時からU18野球日本代表に選出され、一昨年秋のドラフト会議で1位指名。ライバルであり親友でもある2人の“仲良しショット”にファンは歓喜のコメントを寄せている。

    「本当に仲良いですね!」

    「可愛すぎん?」

    「仲良いですね これからも、良きライバルで切磋琢磨してください」

    「グランドで活躍する姿を心待ちにしています」

    「カッコイイです」

    「今年はレギュラー取れるように頑張ってください!応援してます!」

     ルーキーイヤーの昨年、藤原は開幕スタメンを果たすも6試合出場、19打数2安打、打率.105にとどまった。一方小園は58試合出場、188打数40安打、打率.213と奮闘した。勝負の2年目を前に、仲良し旅行で英気を養った2人の飛躍が期待される。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00651480-fullcount-base

     【球界ここだけの話)】球団創立70周年で盛り上がる今季、若鯉旋風は巻き起こるか。2018年ドラフト1位の中村奨成捕手(20)=広陵高=が19年1位の小園海斗内野手(19)=報徳学園高=に刺激を受けていることを明かした。

     「彼は結果を残しているが、今の僕には実力がない。いい意味で火をつけてくれる存在」

     中村奨は昨春、右第一肋骨(ろっこつ)の疲労骨折でキャンプから出遅れ、シーズンも1軍出場なし。一方、小園は6月に1軍デビューを飾ると、球団高卒新人最多4本塁打をマークするなど58試合で打率・213、16打点。捕手と内野手では事情が異なるが、闘争心に火がついた。

     後輩との初めて出会いは、広陵高3年時に高校日本代表として出場した2017年9月のU18W杯(カナダ)。代表メンバー20人のうち、2年は小園と大阪桐蔭高の藤原恭大外野手(19年D1位でロッテ入団)だけ。そこで声をかけたのがキッカケだった。18年秋に小園の入団が決まると、同12月の新人選手入団会見の際に「1年目でわからないこともあるだろうから、食事に行こう」と小園家全員を広島市内の焼肉店に招待した。以降、何かと気にかけている。

     そんな面倒見のいい先輩を、小園は「ジャパンのときからお世話になっている。いつか1軍の舞台で優勝を目指してやっていきたいですね」と共演を熱望。後輩のエールを受けた中村奨はこのオフ、広島市内のトレーニングジム「アスリート」に週5日のペースで通うなど肉体改造に着手。捕手は“正妻”の会沢を筆頭に層が厚く、1軍までの道のりは険しいが、奮闘している。

     「クビを覚悟してやらないといけない。ドラフト1位で入ったが、ここまで何もしていない」と中村奨。17年夏の甲子園で清原和博氏(PL学園高)の記録を更新する1大会最多の6本塁打を放った地元広島出身のスターが、後輩の活躍に刺激を受け、3年目の今季こそ1軍の舞台に立つ。(柏村翔)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000509-sanspo-base

     広島はポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた菊池涼介内野手の来季残留を発表した。夢のMLB挑戦は実現することはできなかったが、カープにとっては大きな“補強”に成功したといって過言ではない。菊池涼の残留で来季、リーグ制覇奪還を狙う2020年の広島打線を見ていく。


     菊池涼の残留で余程のことがない限り「2番・二塁」は決定だろう。「タナキクマル」と呼ばれた“相方”の田中広は終盤に怪我で離脱しドラフト1位・小園が遊撃のポジションを守った。田中広が順調に回復し万全の状態でキャンプに挑むことができれば「1番・遊撃」の最有力候補であることは間違いない。

     今季ドーピング違反で6か月間の出場停止処分を受けたバティスタ次第になるが、19年からの戦力ダウンはほとんどないと言える。新助っ人ピレラはメジャー通算17本塁打で内外野を守れるユーティリティも武器。中軸として期待したいがキャンプ、オープン戦など実戦での対応力を見てからになりそうだ。

     今季はプロワーストの72試合の出場にとどまった長野は移籍2年目となる来季は正念場を迎える。そこに高い身体能力が武器でパンチ力もある野間がポジションを争う。

    ○2020年広島オーダー予想

    【広島】
    1(遊)田中広輔 小園海斗
    2(二)菊池涼介
    3(中)西川龍馬
    4(右)鈴木誠也
    5(一)松山竜平
    6(三)ピレラ 安部友裕
    7(左)長野久義 野間峻祥
    8(捕)會澤翼
    9(投)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00647070-fullcount-base

     2019年はリーグ4連覇を逃してBクラスの4位に終わった広島。退任した緒方孝市監督に代わり、佐々岡真司新監督を迎え、2020年はペナント奪還を目指すシーズンとなる。


     メジャー移籍を目指した菊池涼介内野手が残留。4番の鈴木誠也外野手、怪我からの完全復活を目指す田中広輔内野手ら、リーグ3連覇を知る中心選手は健在だが若手の台頭はチーム力アップには必要不可欠だ。

     そこでここでは2020年期待の若手をピックアップ。未来のスター候補たちを探っていく。

    ○小園海斗内野手(2年目、19歳)
     2018年のドラフトで4球団が競合した遊撃手。田中の不振もあって1年目から58試合に出場し、打率.213、4本塁打を記録した。2020年は復活を目指す田中との競争に。さらなる飛躍、成長を遂げてほしい選手だ。

    ○林晃汰内野手(2年目、19歳)
     2018年ドラフト3位で入団した期待の大砲候補。高校時代は名門・智弁和歌山で1年夏からレギュラーを奪い高校通算49発を記録。ルーキーイヤーの昨季は2軍で4番を務めるなど102試合に出場し打率.225、7本塁打、35打点と経験を積んだ。同期入団の小園に続くスター候補だ。

    ○羽月隆太郎内野手(2年目、19歳)
     2018年ドラフト7位と下位指名で入団したが、ルーキーイヤーの昨季は2軍で89試合に出場し打率.300、9打点、23盗塁と存在感を発揮。カープの二塁には残留を表明した菊池涼が君臨するが誓い将来、小園との1、2番コンビとして期待も大きい。

    ○中村奨成捕手(3年目、20歳)
     2017年のドラフト1位。高校通算45本、17年夏の甲子園では新記録となる大会6本の本塁打を放ち“強打の捕手”として期待されたが、怪我などもありここまで1軍出場はなし。絶対的正捕手の會澤や磯村、坂倉ら層の厚い捕手陣に食らいつきたい。

    ○山口翔投手(3年目、20歳)
     2017年ドラフト2位で入団。プロ2年目の昨季は救援で1軍初登板を果たすと、初先発となったヤクルト戦では7回2死まで無安打投球でプロ初勝利を挙げた。1軍では9登板(6先発)で1勝3敗、防御率4.85、ファームでは16試合に登板して6勝6敗、防御率4.42の成績。今季は先発ローテーション定着を目指す。

    ○藤井皓哉投手(6年目、23歳)
     2014年ドラフト4位で入団。プロ6年目の昨季は1軍で4登板したが、防御率14.21と壁に当たった。一方でファームでは26試合に登板して2勝0敗、驚異の防御率0.33。今季は1軍でも快投を再現したい。

    ○エマイリン・モンティージャ投手(2年目・24歳)
     カープアカデミー出身のドミニカ人左腕。昨年5月に育成契約を結ぶとファームで結果を残して7月に支配下登録。1軍では2試合の登板も、ファームでは13試合に登板して2勝4敗、防御率2.78の好成績を残した。190センチの長身を生かした投球でフランスアに続くブレークを狙う。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00651150-fullcount-base

     「高校BIG3」と呼ばれ、18年ドラフト1位で広島に入団した小園海斗内野手(19)。シーズンオフもイベントに引っ張りだこで多忙な日々を送っている。1年目の今季は、開幕1軍を果たし、球団の高卒新人記録を塗り替える4本塁打を放つなど、58試合に出場。打率2割1分3厘、16打点と高卒ルーキーにしては上出来の成績を残した。報徳学園高時代から取材を受ける機会が多かったこともあるだろうが、19歳とは思えないほど落ち着いており、彼の素直さが伝わってくる。


     年末年始の番組収録などで帰省した際には、母親に手料理を振る舞ってもらったといい「から揚げがおいしかったです。全然、お母さんの手料理を食べられていなかったので」とうれしそうに話を聞かせてくれた。目まぐるしく過ぎていったルーキーイヤーを改めて振り返った小園は「毎日毎日、死にそうになるくらい気持ちがやばかった」。常にいいことばかりではなく、小園の失策を機に逆転負けを喫したこともあり「正直寝られないくらいだった」と活躍の裏ではプレッシャーとも戦っていた。

     そんなシーズン中には、主力の鈴木誠也外野手(25)や西川龍馬内野手(25)に食事に連れて行ってもらう機会も多く「(2人は)練習しないとイヤくらいの気持ちでやっている。そういう選手になりたい」と彼らの背中からプロとしてあるべき姿を学んだという。来季は2年目に入り、さらに期待がかかるが「全てにおいてまだまだ。体も強くないと1年間戦えないと分かった。今の活躍では1軍では無理。やれることは全力でやりたい」と着実に力をつけていくことを誓った。来季は田中広輔内野手(30)も復活が期待され、ポジション争いはますます激化していくだろう。私自身、来季は小園と同じく“記者2年目”を迎えるが、昨年以上に飛躍していけるよう若きスターとともに頑張っていきたい。

    (記者コラム・坂口 愛澄)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-12300063-sph-base

    このページのトップヘ