広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

     日本野球機構(NPB)は13日、若手選手による「フレッシュオールスターゲーム2019」の開催要項を発表した。

     イースタン・リーグ選抜―ウエスタン・リーグ選抜の一戦で、7月11日午後6時から楽天生命パークで開催される。この日は推薦選手も発表され、日本ハム・吉田輝星投手、ロッテ・藤原恭大外野手、広島・小園海斗内野手、中日・根尾昂内野手らが名を連ねた。

     チケットは14日午前10時からローソンチケットで特別選考発売を開始。21日から一般発売される。マスコット撮影会付き、選手サイン会付きなどの特典チケットも販売される。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000190-spnannex-base

     広島・小園はオープン戦で打率・231ながら、2本塁打、3打点とアピール。球団の高卒新人では2000年の苫米地鉄人以来19年ぶりに開幕1軍入りしたが、出場機会のないまま3月31日に抹消となった。

     2軍では打率・175、3本塁打、9打点。一時打撃不振に陥っていたが、状態を上げてきている。4月17日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(タマスタ筑後)で日米通算131勝左腕の和田から公式戦1号を放ち、5月2日の同戦では左腕・田浦から特大の3号2ラン。2試合連続のマルチ安打をマークするなど、1軍昇格へアピールを続けている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000017-sanspo-base

     広島のドラフト1位の小園海斗内野手が2日のウエスタン・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)で特大3号2ラン。この日“プロ1号”をマークしたロッテのドラフト1位の藤原恭大外野手と“アベック弾”をマークした。



     1-9で迎えた8回1死一塁。左腕・田浦の高めに浮いた141キロ直球を強振し、右越えへ3号2ランを放った。この日は4打数2安打2打点。1日の同カードでは4打数2安打1打点。2試合連続マルチ安打とし、1軍昇格へ猛アピールした。

     この日はロッテのドラフト1位の藤原がイースタン・楽天戦(利府)の5回2死で右越えへ特大の1号ソロ。中学時代に「オール枚方ボーイズ」でチームメートだった好敵手とプロ初の“競弾”となった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00362244-fullcount-base

     「広島4-0阪神」(2日、甲子園球場)

     広島の曽根海成内野手が、今季初安打を放ち、好走塁でも勝利に貢献した。

     七回に代走で途中出場すると、2点を奪って迎えた九回1死二塁の場面で打席に立ち、右前打を放った。

     さらに1死一、三塁から会沢が放った左翼線への打球で一塁から一気に生還した。好走塁について「打った瞬間に行こうと思っていた」と汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00000136-dal-base

     広島ドラフト4位・中神拓都内野手(18)=市岐阜商高=が上々のデビューを飾った。3月26日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に「9番遊撃」で先発出場。家族が見守る中、“プロ初安打”を記録した。高校時代は投手兼遊撃手の二刀流だったが、プロでは野手一本で勝負。同期のドラフト1位小園、林らと切磋琢磨して、レベルアップを図っていく。


     ナゴヤ球場のスタンドで見守った家族の前で、最高のスタートを切った。3月26日のウエスタン・中日戦。プロ初スタメンに抜てきされた中神。三回に右前打をマークすると、四回にも右中間へ二塁打を放った。

     「あの日は父親の誕生日だったんです。祖母も見に来てくれていたので良かったです」

     恩返しの一打に中神はニッコリ。1月の入寮日には祖母から受け取った手紙を持参し、「その場で読んだら泣いてしまう」と後日、一人で読んだ。幼少期から両親は共働き。祖母にも食事など面倒を見てもらっていただけに思い出に残るデビュー戦となった。

     敵軍ベンチにはライバルの姿があった。中日のドラフト1位根尾は同じ岐阜県出身。高校時代に対戦した経験もあり、久々に旧交を温めた。「あまり意識はしなかったけど、負けたくはない」。チームメートのドラフト1位小園、同3位林、同7位羽月も同じ高卒の内野手だ。チーム内の競争は激しく「負けてはいけない。勝っていかないといけない」とプロ向きの負けん気の強さをのぞかせた。

     水本2軍監督は「いい選手だよ。元気があってね。力が付いていけば使う」と高く評価する。遊撃には小園がおり、中神は遊撃に加えて三塁に挑戦。「打球が速くて難しいバウンドもある。足を使えるようにやっていきたい」とやる気満々だ。

     高校通算46発のパンチ力も魅力だ。ファームは12試合に出場し、打率・200。アーチこそ出ていないが、二塁打は2本。(成績は4月17日現在)「まずは積極的にいくこと。甘い真っすぐに対応できるようにしたい」と力を込める。

     「高校時代は大会に合わせたら良かったけど、プロは毎日試合がある。その日は良くても次の日はダメとか。継続力が大事。まずはこのシーズンをケガなくやり通したいです」

     ウエスタン・リーグ開幕から約1カ月。プロの世界の厳しさも痛感しているが、体重はウエートトレーの成果で入寮時86キロから89キロまでアップした。目標はヤクルト山田。トリプルスリーを目指し、無我夢中でルーキーイヤーを駆け抜ける。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000046-dal-base

     広島のドラフト3位・林晃汰内野手(智弁和歌山)が打撃力アップのためにフォームの修正を行っている。現在の課題は打ちに行く際、右肩が内側へ入り過ぎていること。できるだけひねりを抑え、バットを内側から出す打ち方を習得中だ。持ち味の長打力を最大限に発揮するために鍛錬の日々を送る。


     背筋をスッと伸ばした状態を保ってバットを出す-。今、林が打撃で最も意識する部分だ。春季キャンプから朝山2軍打撃コーチに指摘され、持ち味の長打力を最大限に生かすためにも図るフォームの修正。根気強く取り組んでいる。

     「まだまだプロのレベルに達していない。真っすぐをしっかり捉えられていないし、負けている。まずはそこからです」。由宇の日差しを受け、額に汗をにじませながら言葉を紡いだ。

     打球がフェンス手前で失速する。「捉えた感じがあってもそうなることが多い。差し込まれているということだと思う」。通算49本塁打を放った高校時代にはなかった感覚だ。

     朝山打撃コーチは、1月の合同自主トレで初めて林の打撃を見たときから修正ポイントに気が付いていた。「(テークバックをして)打ちに行くとき右肩が内側に入り過ぎ。投手に背番号がすごく見えるくらい」。上半身の反動を使うことが狙いなのだが、体を大きくひねる余りバットの出が悪くなるという。

     高校まで、林はその指摘を受けたことがなく、フォームの修正は一筋縄ではいかない。たとえ練習で意識してできたとしても、試合では投球への対応に集中。フォームを考えている暇はない。

     ウエスタン開幕からコンスタントに試合出場を続けてきた。だが16~18日のタマスタ筑後でのソフトバンク戦は、初めて遠征メンバーから外れ大野練習場で打ち込んだ。無意識の中で目指す形でバットが振れるようになるために反復練習を繰り返している。

     「真っすぐを打ち返せるようになれば武器になる。課題を消化していきたい」。小さくても一歩ずつ前に進んでいく。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000061-dal-base

     広島のドラフト1位ルーキー小園海斗内野手が、公式戦初ホームランを放った。17日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグのソフトバンク戦。3回の第2打席で右翼へアーチをかけた。



     初回にメヒアが先発の和田から2ランを放ち先制した広島。2点リードの3回、先頭で打席に入った小園が快音を響かせた。和田が投じた初球のスライダー。甘く入ったボールを捉えると、打球は右翼の防球ネットに突き刺さった。

     オープン戦では2本塁打を放った小園だが、ファーム降格後は打撃不振に陥っていた。この日までウエスタン・リーグで10試合で打率.122。日米通算131勝のベテラン左腕から放った一発が打撃復調のキッカケとなるか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00348345-fullcount-base

     前日3月31日に一軍選手登録を抹消された広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手(18)に、主砲・鈴木誠也内野手(24)がエールを送った。

     鈴木は背番号51の後輩でもある小園について「高卒としてはすごいと思います。僕(の1年目)とは比べ物にならないんじゃないですか」とした上で「僕は高校の時は楽しくやっていて(バットを)振り回すだけだったんですけど(小園は)完成度も高いですし対応力もすごいと思います」と絶賛。

     小園は一軍キャンプでスタートし、オープン戦でも高卒新人最多タイの2本塁打を放つなどで、球団の高卒新人としては19年ぶりの開幕一軍を勝ち取った。そんな小園に首脳陣が一軍で見せたかったのが鈴木の姿だ。4番に座りながらも、試合日はほとんど毎日早出に参加。全体練習日もチーム練習開始の3時間前には室内練習場で他の若手とともに打ち込みもする。

     鈴木は「アドバイスじゃないですよ」と前置きして自らの1年目を振り返ると「人よりも(練習を)やらなきゃ(野球人生が)終わると思っていた。やる時は一人で(練習を)やらないと終わると。二軍では一日でも早く上(一軍)に上がりたいと思ってました。でも言ってるだけじゃダメなので内容(結果)も、という意識でした」。

     緒方監督は小園について「これで今年終わるわけじゃないから。彼もどっかでまたね、(一軍に)上げてそういう経験をさせていける選手だと思う」と話し、今後の一軍起用もあるとした。そんな期待の新人に鈴木の言葉はどう響くのか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000032-tospoweb-base

     王者が迷路に迷い込んでいる。

     広島は11日のヤクルト戦も敗れ、マツダスタジアムで2015年6月以来となる3年ぶりの同一カード3連敗となった。先発した岡田が1回3分の0を6四球の大乱調で6失点KO。二回に4連続四球となる押し出し四球を与えた際には、スタジアムのファンからヤジが飛んだ。緒方監督は「今のままでは投げさせられない」と岡田の二軍降格を即断した。

     ふがいない試合は前日10日のヤクルト戦から続く。延長十回に1イニング12失点。延長イニングの失点では史上最多のヒドさで敗れていた。リーグV3を果たした王者ながら、開幕4カード12試合で3勝9敗の借金6。最下位に沈む中、球団内では早くもこんな声が上がっているという。さる球団関係者が言う。

    「一にも二にも崩壊している投手陣の立て直しが急務だが、打線も援護できていない。今年は勝敗を度外視して若い投手や(鈴木)誠也世代の野間、西川、さらにもっと若い世代を育成すべきではないかという声がある。現在二軍で奮闘中の新人の待望論もあります」

     ドラフト1位ルーキー小園海斗(18=報徳学園)のことである。現在二軍で「1番・遊撃」の英才教育中。オープン戦から存在感を見せ、開幕一軍の座こそ射止めたものの、出番がないまま二軍落ちとなっていた。二軍でも10日終了時点で打率.083と苦しんではいるが、チャンスはあるのか。

    ■昇格の条件は「二軍で3割」

    「キャンプから突っ走ってきただけに、バテてきているが、まだ打数も少ない。昇格の条件は『二軍で3割』が目安になるでしょう。遊撃のレギュラー田中の打率は.191(11日現在)。緒方監督は1番からの変更をほのめかしている。三塁の安部も2割そこそこでスタメンを譲ったりしている。小園を遊撃に置き、田中を三塁へ回すプラン。もしくは小園を三塁で使うか。いずれにせよ、小園に早期昇格のチャンスはありそうです」

     投手では高卒2年目の遠藤淳志(20)の評判がいい。

    「新人時代の昨年、二軍の投手コーチとして育てた佐々岡(現一軍)投手コーチの秘蔵っ子。一軍に抜擢された春のキャンプではリリーフ枠を争ったが、二軍では2日に先発として初勝利をマークするなど、ドラフト5位入団ながら、将来のエース候補とされる有望株です」(前出の関係者)

     首位とは5ゲーム差。諦めるのはまだ早過ぎるが、このままでは、小園や遠藤といった「令和」新時代を担う若手の抜擢、育成が今季の緒方監督の仕事になるかもしれない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000028-nkgendai-base

     広島の小園海斗内野手が7日、ウエスタン・リーグ対オリックス戦で「1番・遊撃」で先発出場。4打数無安打に終わり4試合連続ノーヒットに終わった。これで4月3日・中日戦の第3打席から21打席連続無安打となったが「自分の中で課題は分かっているのでしっかり修正していきたい」と前を向いた。



     オリックスの先発・成瀬の前に第1打席は空振り三振、第2打席も見逃し三振に倒れるなどこの日も快音は響かず。それでも6回の第3打席は中飛、9回の第4打席は左飛はしっかりと捉えた打球を放っており「最後の2打席の感じは悪くなかった」と、復調のきっかけを感じた様子。

     春季キャンプ、オープン戦、そして開幕1軍入りと怒涛の日々を過ごしてきたドラ1ルーキーに水本2軍監督は「下(2軍)では多く打席に立つことで課題が見えてくる。結果が出ないから(スタメンを)外すことはない。試合を重ねてやるべきことをやっていくことから。やることはいっぱい、まだまだですよ」と、口にする。

     2軍ではここまで6試合に全てフル出場し24打数2安打、0本塁打、0打点、0盗塁、打率.083。まだまだ納得いく結果は出ていないが「課題は分かっている。まだ後ろで構えていて、自分の中で投手に入っていけていない。その部分を含めて修正していきたい」と力を込めた。

     将来のリードオフマンと期待され「1番・遊撃」として起用されているが「経験させてもらっているが、そこに甘えることなくやっていきたい。練習からしっかりやっていきます」と、巻き返しを誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00339954-fullcount-base

    このページのトップヘ