広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

    ウエスタン・リーグ:広島3-2中日>◇19日◇由宇 広島2軍は19日、ウエスタン・リーグ開幕戦をサヨナラ勝利で発進した。 1点を追う9回1死二塁から大盛穂外野手の左翼越え二塁打で追いつくと、続く磯村嘉孝捕手も左中間への二塁打を放ってサヨナラの走者が本塁に生還した。 3カ月遅れで開幕したウエスタン・リーグも無観客で行われた。自然に囲まれた山口・由宇練習場には、両軍選手の声とともにウグイスなどの鳥の鳴き声も響いた。得点が入っても両軍はエアハイタッチで喜び、サヨナラ勝利した広島ナインは殊勲者の磯村をグラウンドに飛び出すことなく、ベンチ内で出迎えた。例年とは違うシーズン開幕に、水本2軍監督は「毎年、(由宇に来るファンが)多くなっているので残念でさみしいですけど、野球選手として新聞やテレビでの情報でファンの方が喜んでくれたらうれしい。こういう状況でも野球がちょっとでも勇気づけられればというのは、ファームも変わらない。ファンが入る日を待っています」と話した。


    広島2軍がサヨナラ勝ち 大盛が同点、磯村が決めた(日刊スポーツ ...



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/49557b539a9e5b35d82e83b78f2783bcf8276d64

    <2軍練習試合:阪神8-6広島>◇7日◇鳴尾浜

    広島小園海斗内野手が2軍に合流し、阪神との練習試合(鳴尾浜)に「1番遊撃」で先発出場した。


    9回にドラフト3位の及川からソロを放ち、5打数1安打。前日6日まで1軍に同行したが出場機会が減っていた。佐々岡監督は「スタメンの機会が少なくなっている。ならば下で打席や守備の機会を与えたい。(再昇格の)準備をしてもらう」とチーム事情で2軍降格になることを示唆した。




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/80001ce0691a482188318ad33659795604b7efa8

    <練習試合:オリックス6-3広島>◇7日◇京セラドーム大阪

    9番遊撃で先発した広島田中広輔内野手が適時二塁打を放った。4点を追う5回。2死一、二塁でオリックス山本のカットボールを捉えた。「イメージ通り打てたかなと思います。(力に)負けないようにタイミングを取っていた」。


    試合後は打撃よりも1回の適時失策を猛省。「ルーキーの森下が投げていた。1つアウトを取るだけでも違った。技術不足です」と唇をかんだ。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0d91a29d7e9ae902e0b3f86cbdc4c2351ce08d44

     2年目の広島・中神拓都内野手(20)が、打撃フォーム変更で飛躍を期している。実戦機会がなかった開幕延期の期間に、東出2軍打撃コーチからの進言もあってDeNA・宮崎敏郎内野手(31)の打撃フォームを参考にスタイルを変えた。バットのヘッドをうまく利かせて打てる“宮崎打法”を完全取得し、大きな成長を目指していく。


     試合がなくても成長できる機会がある。開幕延期で練習が続いた日々で、中神は新たな取り組みにチャレンジしている。バットのヘッドをうまく使えていなかった現状を打破しようと模索していた中、東出2軍打撃コーチから「(DeNAの)宮崎みたいにやってみれば」とアドバイスを受けた。

     構えた時にバットを体の前に出して、ヘッドを揺らしながらタイミングを取るのが宮崎の特徴。実際に挑戦してみた中神も「思い切り振らなくても、捕まえた打球がいっている」と大きな手応えを感じている。

     元々、構えた時に右肘が投手に隠れてしまう傾向があり、スイング時にバットが出てこない原因にもつながっていた。今は宮崎のように柔らかく手首を使いながら「右肘を見せるイメージで取り組んでいる」という。

     目に見える変化に、東出コーチも「元の打ち方より、はるかにいい。試合がない期間をうまく生かしている」と目を細める。試合が続けばなかなか自身のスタイルを変えることは難しいが、練習だけの日々を送る中で大胆なフォーム変更に踏み切ることができた。

     宮崎の練習方法の研究にも余念がない。素振りやティー打撃の動画も見ながら自身の練習に取り入れている。「打てる選手は工夫して練習している。マネしてやっています」。自らの引き出しを増やすための努力を惜しまず、レベルアップにつなげていく。

     オフ期間から体を大きくすることにも取り組み、体重は入団時よりも5キロ増えて90キロをキープしている。打撃練習では、単調になりがちなマシン打撃よりもティー打撃を重視。「体全体を柔らかく使って」と試合での打席を常に意識しながら調整を重ねている。

     19年にプロの門を叩き今季が2年目。ルーキーイヤーは2軍で87試合に出場するなど首脳陣の期待は大きい。同期入団で同じ内野手の小園が1軍でポジション争いを繰り広げていることも大きな刺激になっている。持ち前のパンチ力と“宮崎打法”から得たしなやかさを武器に、まずは2軍で存在感を示していく。(デイリースポーツ・向 亮祐)

     ◆中神拓都(なかがみ・たくと) 2000年5月29日生まれ、岐阜市出身の20歳。175センチ、90キロ。右投げ右打ち、内野手。背番号56。市立岐阜商では1年から遊撃でレギュラー。遊撃の他に投手も務め、147キロをマークした。高校通算46本塁打の長打力と50メートル5秒9の俊足が持ち味。18年度ドラフト4位で広島に入団。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/0241bc9e2eea55997d1856ff201849633d6ee1a0

     2018年のドラフト会議後、広島・松田オーナーは「阪神はいい選手を取ったな」とニヤリと笑った。阪神は1位指名した大阪桐蔭・藤原(ロッテ)、立命大・辰己(楽天)のクジを続けて外し、大阪ガス・近本の交渉権を獲得していた。


     松田オーナーはかねて近本の打撃センスを高く評価。スカウト会議が開かれる度、「大阪ガスの近本という選手はいいぞ」と名前を挙げ、「ワシは推しとるんじゃけどな、誰も聞いてくれんわ」とジョーク交じりに話したこともあった。

     「育成のカープ」のドラフト戦略はフロント主導。その年チームの補強ポイントは遊撃手で、当時フルイニング出場を続けていた田中広の後継者探しが急務だった。現場からは即戦力投手を求める声もあったが、大本命は報徳学園・小園で最後まで揺るがなかった。

     スカウト会議に必ず出席する松田オーナーはもちろんチーム事情を全て把握。それとは別にオーナー個人として、近本が好みの選手だったというわけだ。

     2019年、近本は大活躍した。「1番・中堅」に定着し、142試合に出場し、打率・271、9本塁打、42打点。新人王こそヤクルト村上に譲ったが、36盗塁でタイトルを獲得した。小柄ながら思い切りのいい打撃は目を見張るものがあり、今ではすっかり阪神の顔だ。松田オーナーは「活躍すると言っただろう」と得意げで、うれしそうだった。

     あの年、広島は4球団競合の末、緒方監督がクジを引き当てて、小園をドラフト1位で獲得。小園は1年目から1軍でスタメン出場するなど、レギュラー争いに加わる活躍を見せた。そのオフ、丸が巨人にFA移籍、長野が加入した。丸が抜けた中堅レギュラーには内野から外野転向した西川が収まった。

    (デイリースポーツ 杉原史恭)



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/72ff70aa1dc9415a12074d65073be342ca9e2043

    #プロ野球が帰ってくる-。日本野球機構(NPB)は25日、12球団代表者会議を開き、6月19日の開幕を正式決定した。通常より23試合少ない120試合での実施となるが、各球団に見どころ満載。ようやくたどり着いた開幕。「12球団ここを見てくれ」をお届けします。



       ◇   ◇   ◇

    広島は開幕が遅れたことで昨年8月に右膝を手術した田中広輔内野手の状態が上がっている。

    対投手との打撃を再開した初日の22日は4打席で安打性4本。翌23日も4打席で同3本と打撃にも表れている。上位打線の出塁率は得点力に大きく影響する。3連覇した年はいずれも3割6分超あった出塁率が、昨年は2割6分8厘。チーム低迷の一因となった。「1番遊撃」の復活が、王者奪還への鍵を握る。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/060bb35ba0405771b9bcaeda3883c0a14320e684

     広島の安部友裕内野手(30)が25日、マツダスタジアムで行われた集合練習に参加し、三塁での開幕スタメン出場に意欲を示した。内野手は一塁と三塁のレギュラーが決まっていない状況。6月19日の開幕に向け、さらに攻守を磨いていくことでし烈な争いを勝ち抜くことを誓った。

     はつらつとした表情で汗を流した。この日、集合練習に参加した安部。午前中の、全体での守備練習に参加した後、午後は三塁でメヒアとともに特守ノックを受けるなど精力的に活動した。

     田中広の遊撃、菊池涼の二塁のスタメンはほぼ確定的だが、一塁と三塁はまだ決まっていない状況だ。開幕一塁の本命だった松山がコンディション不良により、3軍でのリハビリ調整が決定。チャンスが広がり、堂林と争う構図となった。しかし、「一塁で出られるに越したことはないが、三塁で出たい」と昨季74試合(一塁は37試合)出場したサードを優先する構えを示す。

     三塁は小園や新外国人のピレラ、一、三塁両方をこなすメヒアが控えており、6月19日の開幕までし烈な争いが続く。「(守備練習を)やっていなかったということがないように。観客のこともあるし、緊張感や見え方も違う。まずは数を受けたい」と意気込んだ。

     朝山打撃コーチから助言を受け、高めの球を捉えるため、トップの位置から振り下ろすスイングを心掛けるなど攻守ともにレベルアップを図っている。「一球、一打席を無駄にならないように取り組んでいきたい」と話す背番号6はスタメン獲得に向けて歩みを進めていく。



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/b72e00ab331ae96981ef13bd780cb548a13cff45

     広島の小園海斗内野手(19)が21日、1軍に再合流した。

     本拠地・マツダスタジアムで行われたチーム練習に参加した若鯉は、打撃に守備と精力的に体を動かし「また(1軍に)呼んでいただいたので。勝負できるので」と腕をまくった。

     午後からは守備練習に取り組み「ボールから目をそらさない意識でやっていました」と基本を重視。攻守でアピールを続けていく。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000106-dal-base

     高校球児にとって人気コンテンツ「選手名鑑」。今でも現場にいくとこの選手名鑑に掲載されたいという声が多く聞かれます。

     改めてこの選手名鑑をランキングすると、どの選手が上位に入ったのか?2015年1月1日~2020年4月30日を集計期間として、ランキング化しました。

     かなりの激戦ランキングに!今回はベスト50を紹介していきます。


    50位~31位

    50位 村上 宗隆(九州学院-東京ヤクルト)
     高卒2年目で36本塁打を放ち、今ではプロ野球ファン期待のスラッガーへ成長しました。悔いがあるとすれば、高校時代にもっと踏み込んで取り上げるべきだったと痛感しています。

    49位 峯村 貴希(木更津総合-日本大)
     1年春からレギュラーで出場し、3度の甲子園出場を経験。2017年度の千葉県を代表する大型遊撃手として活躍しました。

    48位 森 敬斗(桐蔭学園-横浜DeNA)
     2年秋の関東大会では大活躍を見せ、優勝に貢献。ドラフトが近づくにつれて日増しに注目度がアップし、ドラフト1位になった瞬間、注目度が大爆発。49位にランクイン!

    47位 鈴木 昭汰(常総学院-法政大)
     侍U-15代表を経験したクレバー型左腕。2016年の春夏ではエースとして活躍し、2016年度の茨城ナンバーワン左腕でした。

    46位  清水 大成(履正社-早稲田大)
     昨夏甲子園優勝の履正社のエース。大活躍を見せた2年秋の近畿大会。そして甲子園で活躍しつづけ注目度はあがっていきました。




    引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00010008-hbnippon-base

     広島の小園海斗内野手(19)が12日、マツダスタジアムの室内練習場で行われた全体練習に参加した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選手だけでなく、首脳陣も午前と午後に振り分けて指導に当たるなど、感染防止に努めた。


     この日はフリー打撃などの通常練習に加え、守備練習も行った。テレビ電話越しから山田内野守備走塁コーチの指導の下、春季キャンプ中も実践していたという前方にダッシュしてから捕球の構えを行い、送球動作に入るという一連の動きを何度も反復した。

     小園は「重心を低く。しっかりと構えられるように」と低姿勢からスムーズかつ素早い送球を心掛けた。実戦練習ができない中、工夫を凝らし、調整を行っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-00000061-dal-base

    このページのトップヘ