広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

    <練習試合:広島8-9中日>◇22日◇マツダスタジアム

    「8番遊撃」で先発出場の広島小園海斗内野手も1発でアピールした。


    8回に中日藤嶋から追い込まれながら内角球を右翼席まで運んだ。3回の遊撃内野安打を含め、1軍実戦25打席ぶり安打の前日21日から2戦連続マルチ安打となった。

    積極的な打撃を取り戻し、好結果が続いているだけに「1打席1打席が勝負。そこ(積極性)は変えずにやっていきたい」と前を向いた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-23220766-nksports-base

     広島は17日に本拠地マツダスタジアムで全体練習を再開し、初の開幕スタメンを狙う小園海斗内野手(19)が決意の居残り特打に汗を流した。高卒2年目のオープン戦は出場12試合で打率・171。数字は低調でも悲壮感はなく、今春のテーマ「打ちに行きながら見極める」を追求しながら、至近の目標をかなえる構えだ。

     オープン戦の全日程を終え、一部投手陣を除いてつかの間の休息を得たナインは、開幕に向けて本拠地で全体練習を再開した。小園は全メニュー消化後、長野、野間、西川、高橋大らと居残り特打を敢行。懸命に汗を流し、打力向上に努めた。

     「最初の頃は良かったけど、広島に帰ってからは結果がなかなか出なかった。ただ、しっかり振ることはできていたし、いろんな経験もできました」

     オープン戦はチームで最も多く打席に立った。出場12試合で35打数6安打、1本塁打、6打点。本人の自戒通り、序盤は打った。一発を含む3安打2打点をマークした2月24日の巨人戦が典型例。だが、3月に入ってサードでの出場が増えると安打から遠ざかった。

     「ショートだとずっと動いてリズムをつくったけど、サードはあまり経験がなく入り方が難しかった。その中でも(終盤は)つくっていけたので、そこは収穫だと思います」

     新分野に挑む19歳の本音だ。継続して取り組む課題もある。「ストライク、ボールを見極めようとして受けてしまい、ワンテンポ遅れることがあった」と朝山打撃コーチ。見極めながら打ちに…ではなく、打ちに行きながら見極める。しっかり強く振る――。その追求が目下のテーマだ。

     「取り組んでいることを突き詰めたい。数字は大事だと思いますが、まだそこまで優良選手でもないので結果を恐れずに、持ち味の積極性を忘れず貪欲にやるだけです」

     視線の先には、開幕戦先発出場という至近の目標がある。高卒2年目で実現すれば2000年の東出(2軍打撃コーチ)以来。そのために、きょう18日とあす19日は中日との2軍練習試合(由宇)に参戦し、見えそうで見えない開幕に向けて全力を出し切る構えだ。

     「常に、できるという準備をやっていけばいいと思います。いつでもいけるように」

     荒々しくも確実に前進するホープ。追求の2文字を心に刻み、一心不乱に突き進む。

     (江尾 卓也)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000053-spnannex-base

    <深掘り。>

    #開幕を待つファンへ。プロ野球は新型コロナウイルスの影響で、20日に予定されていた開幕が延期に。もし予定通りに開幕を迎えていたら、12球団はどんな陣容で今季初戦に臨んだのか-。予想スタメンとともに、今後の練習試合のポイントを各球団担当が洗い出し。期待をパンパンに膨らませ、球場で声をからす日を迎えたい!



    春季キャンプ中に腰痛で離脱していた松山が復帰したことで3番から西川、鈴木誠、松山という中軸が固まった。1、2番は3連覇に貢献した田中広、菊池涼の「タナキクコンビ」が有力。だが、首脳陣は開幕が延びたことで長野や野間の1番、新外国人ピレラの2番などさまざまな組み合わせをテストする。選手の調子や前後の関係性を見ながら1、2番の顔ぶれが変わる可能性は十分ありそうだ。

    来日後、三塁に再挑戦するピレラに実戦守備を積ませられることはプラス材料だろう。外野は鈴木誠と西川は確定で、残る1枠を実績ある長野とスピードある野間とで使い分けることになりそうだ。広島野手陣は離脱者もなく全体的に打撃内容が良かっただけに、もう1度定められた開幕に向けて状態を上げられるかが課題となる。【広島担当・前原淳】

    【19年】打率.254(3)本塁打140(4)【オープン戦】打率.271(3)本塁打10(5)

    ( )数字は順位



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-23180067-nksports-base

     広島・小園海斗内野手(19)に追い風が吹いている。田中広輔内野手(30)との遊撃手争いに敗れて春季キャンプ終盤に三塁コンバート。オープン戦の守備ではミスを犯す場面もあるが、本格的な三塁挑戦から3週間の間で驚異の適応力を見せているとあって「まだ不安なところもあるが、打球のスピードや距離感など実戦を積んでいけば克服できる。開幕で起用しても問題ないところまで持っていける」(チーム関係者)と開幕スタメン候補に急浮上しているのだ。

     強靱なメンタルも高評価の要因だ。経験少ない高卒2年目の選手とあって当初、首脳陣は不慣れな守備位置へのコンバートによる打撃への影響を懸念していた。しかし、実際は「エラーしてもその後、何事もなかったかのように打席に入ってバットを振れている。精神的にも強いところを見せている」と球団関係者。小園自身も「打撃と守備は分けている。エラーは許されることではないが、打席ではあまり考え過ぎないようにしているし、逆にミスをしたときはバットで取り返そうと思っている」とポジティブ思考で乗り切るつもりだ。

     新打線のキーマンである三塁手候補のホセ・ピレラ外野手(30=フィリーズ)の送球難が解消されず、ここにきて左翼手への変更も検討されている。小園にとって開幕の延期で練習&アピールの機会が増えたことは大きなプラス。不測の事態のなかで期待の若鯉がチャンスをつかめるか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-23131092-nksports-base

    <オープン戦:中日2-8広島>◇1日◇ナゴヤドーム

    広島2年目の小園海斗内野手が開幕スタメンへ、またアピールに成功した。「6番三塁」でオープン戦初先発。3回2死一、三塁でフルカウントからの6球目、梅津の内角直球を強振し、右翼線への2点適時二塁打を決めた。変化球を2球見逃してからの一打に「去年だったら絶対振ってました。打ちにいく中でボールを見極められている。成長していると思います」と胸を張った。


    これで4試合連続安打で、打率は3割7分5厘と好調。実績のある田中広が遊撃におり、当初三塁だった新外国人ホセ・ピレラ外野手(30=フィリーズ)が左翼、小園が三塁で開幕を迎える可能性も出てきた。高ヘッドコーチは「あります」と認めた上で「左腕(大野雄ら)に対してどれくらい対応するかという意味もあった」と説明した。小園は「もちろんショートが一番守りたいですけど、任されたところで全力プレーするだけです」と闘志を燃やした。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-23010933-nksports-base

    <オープン戦:中日3-1広島>◇29日◇ナゴヤドーム

    広島が「攻撃型オーダー」で試合に臨んだ。これまでの対外試合では1、2番は田中広輔内野手、菊池涼介内野手の「タナキク」コンビで組まれていたが、中日戦は長野久義外野手、新外国人のホセ・ピレラ外野手(30=フィリーズ)が入った。


    朝山東洋打撃コーチは新打順の可能性を認めた上で「つなぎというよりも、攻撃型のオーダーになる。バントの場面でも(バントを)使わないこともあると思う」と説明した。

    ピレラは4打数無安打。3回に三塁へのゴロを捕球し、一塁へ悪送球。内野守備で課題を残し「ミスが出てしまったので、同じミスを繰り返さないようにしたい」と反省。4回から小園海斗内野手が三塁につき、ピレラは来日後初めて左翼に回った。守備機会こそなかったが、新助っ人は「過去にプレーしていたところだし、落ち着いてやるだけです」と冷静だった。

    ▽広島鈴木誠 初めてのことですけど、慣れてくると思う。いつもはお客さんが入った中でやるので(無観客は)モチベーションを保つのが難しい。

    ▽広島田中広 雰囲気が違って不思議な感じでしたけど、試合に入れば集中できた。あらためて声援が力になっていると感じました。

    ▽広島西川 違和感しかなかったです。走る音、打球の音が聞こえてくるので、意識してしまいますね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-22291053-nksports-base

     「オープン戦、中日3-1広島」(29日、ナゴヤドーム)

     新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オープン戦史上初の無観客開催が実施された。静寂に包まれる中、広島の小園海斗内野手(19)は七回に中前打を放ち、オープン戦3試合連続安打をマーク。守備では四回からオープン戦初の三塁の守備にも就いた。新助っ人ピレラが三塁守備に不安を抱える中、打撃好調な若鯉が三塁手として初の開幕スタメンに名を連ねる可能性が現実味を帯びてきた。



     びっしりとむき出しに並んだ椅子が、その異様な雰囲気を物語っていた。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として無観客で行われた一戦。そんな中、小園が静寂を切り裂く。七回、又吉から中前打を放った。

     「アピールしないといけない立場なので」

     右腕が投じた初球。真ん中低めのスライダーを迷うことなく振り抜いた。力強いライナー性の打球が内野手の頭上を越えた。持ち味の積極性で、好調ぶりを印象づけた。

     これでオープン戦は3試合連続安打となった。2月23日の阪神戦で二塁への内野安打を放つと、同24日の巨人戦では一発を含む3打数3安打。そしてこの日と猛アピールが続くが、復活を目指す田中広の状態がよく、実績なども考慮すると、小園が遊撃で出場するのは現実的には難しい状況だ。それでも非凡な打撃は魅力。首脳陣は他ポジションでの起用も視野に入れている。

     これまでのオープン戦では途中出場して二塁と遊撃手を守った小園だが、この日は公式戦、オープン戦通じて自身初めて四回から三塁に就いた。六回無死一塁では高橋が打ったゴロを難なく処理し、二塁に送球。軽快なグラブさばきで封殺した。春季キャンプでもノックを受けてきた守備位置。「練習もやっていましたし、イメージのままできた」と納得の表情を浮かべる。

     この日も新助っ人のピレラが三塁でスタメン出場したが、三回に平田の平凡な打球を処理後に悪送球。一塁手の堂林がジャンプしても捕れないほどの送球で、無死二塁のピンチを招いた。以前の練習試合でも失策をするなど、三塁守備に不安を抱えている。高ヘッドコーチは「ちょっと実戦に入ってからミスが多いね」と渋い表情をのぞかせ、「まだまだ、決まっていない」と正三塁手白紙を強調。首脳陣は今後もピレラを三塁で起用する方針だが、本当に三塁で使えるのか、本職の外野で起用した方がいいのか見定めていく。

     小園としては遊撃手として出場するのが目標だ。しかし朝山打撃コーチは「いろんなポジションで出ても得るものはある。見え方が違うし、絶対にプラスになる」と遊撃以外での出場を後押しする。「がむしゃらにやって(スタメンを)絶対に勝ち取れるように頑張ります」と小園。“開幕三塁”も視野に、背番号51は貪欲にレベルアップに励んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000021-dal-base

    ■広島 9-8 巨人(オープン戦・24日・那覇)

     巨人は24日、那覇で広島とオープン戦を行い、8-9で敗れた。新外国人のエンジェル・サンチェス投手が先発するも、1回を5安打5失点の大炎上。先発ローテ入りに不安を残す投球内容となった。広島は打線が好調でオープン戦3連勝となった。


     サンチェスは先頭の田中に右前打を許し、一死後に坂倉に先制の適時三塁打を浴びた。さらに鈴木の左犠飛で2失点目。そして西川、ピレラに連打を浴び、安部には右翼席へ3ランを浴びた。

     一方、巨人の4番岡本は3回に右犠飛、5回に2点二塁打を放ち3打点の活躍。3番丸も3打数3安打と気を吐いた。新外国人のパーラは3打数1安打だった。

     広島では途中出場した2年目の小園海斗内野手が3打数3安打2打点と躍動した。4回の第1打席で右前打、7回の第2打席では高田から右越え1号ソロ、9回の第3打席も適時二塁打を放ち3打数3安打2打点の大活躍。田中広輔内野手との遊撃の定位置争いは熾烈を極めている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00699564-fullcount-base

     「オープン戦、広島14-2阪神」(23日、コザしんきんスタジアム)

     広島は16安打で14点を奪い、阪神に大勝した。


     3-1の六回には、打線が大爆発。1死から三好の左二塁打をきっかけに堂林が左前適時打を放つと、会沢、小園、ドラフト2位・宇草(法大)にも適時打が生まれ一挙7点を奪った。終盤になっても攻撃の手を緩めず加点した。

     チームは戦力の底上げを目指し、競争をテーマに今キャンプに臨んでいる。若手個々が持ち味を発揮しながら、開幕1軍生き残りを目指して激しい競争を繰り広げてきた。

     キャンプ最終盤。開幕まで1カ月を切った。佐々岡監督は打線について「しっかりと振れていると思うし、必死に食らいついていこうという気持ちが出ている。今後は(開幕へ向けて)人数を減らしていかないといけない時期になる。うれしい悩みです」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000145-dal-base

     広島の菊池涼介内野手(29)とデイリースポーツ評論家で広島OBの新井貴浩氏(43)が、春季キャンプ特別対談に臨んだ。菊池涼は今キャンプを2軍からスタートさせ、若手の手本にもなってきた。チームリーダーとしての自覚をさらに強くして臨むシーズンについて語り合った。また、日の丸を背負って金メダルを目指す東京五輪についての思いも聞いた。=対談その2



      ◇  ◇

     新井貴浩氏(以下、新井)「広輔(田中)が、もう一度、二遊間をタナキクでやりたいと言っている。まだまだ小園に負けない気持ちは強いよね」

     菊池涼「強いと思います。そういう気持ちでやってほしい。僕は両膝のケガをしたことがある。不安も絶対にあると思うけど、ケガをしてから考え方が変わっていると思う。僕もそうだったし、誠也もそうだった。ケガをした経験が力になると思います」

     新井「長くプレーをしていると、声を掛けなくても互いにわかることがある」

     菊池涼「あります。広輔とはコンビを組んで長いし、あうんの呼吸というのがあります。センターが丸だった時は、僕と広輔、丸の三角形で『任せたよ』と言わなくても意思疎通ができて成り立っていましたから」

     新井「小園と二遊間を組んだことでプレーの幅が広がったのでは」

     菊池涼「小園が守るようになった時は、僕が合わせないといけない。ここは行っちゃいけないとか、ありました。彼は一生懸命だったし、ノビノビやってほしかった。勢いを持って捕球しに来たら、僕が引かないといけない。去年はそういうのがいっぱいありました。僕が二塁を守り始めた時のショートは梵さん。こういう感じでやっていたのかなって感じました。勉強になったし、新しい発見がありました。センターに関しても去年は同じで、野間や西川になると、まだどこまで行っていいのか、どこまで捕りに来ることができるのか。その距離感ですね」

     新井「話が戻るけど、広輔が選手会長になった。アツ(会沢)、キク、広輔がリーダーとして引っ張っていくことになる」

     菊池涼「オーナーが、誠也にはノビノビやってほしいと言われていた。誠也は自信を持っているし、プレミアでもあれだけ活躍して一皮むけたと思います。だから誠也の前を打つ、僕だったり広輔だったりが、重要なピースになります」

     新井「日本代表のことについても聞きたい。去年のプレミア12を見ていて感じたことがある。侍ジャパンの中では、年齢的に坂本(巨人)が年上にいるけど、キクも引っ張っていると感じた。チームをまとめて、引っ張っていかないといけないという気持ちはあるでしょ」

     菊池涼「最初は、そんな感じではやっていませんでした。でも選ばれる回数が増えてくるたびに、新しく入って来る人がいる。中には人見知りの人も。そこで和ますのが、僕とかマッチさん(ソフトバンク松田宣)とか。まずは、コミュニケーションを取らないとうまくいかないというのは絶対にあるので。ひっくるめてでも、みんなでつっつき合ってやるというのは、心掛けています」

     一つになる

     新井「今の侍のメンバーは、団結しているとすごく感じる」

     菊池涼「稲葉監督が熱い方だし、みんなも同じ方向を向いている。期待に応えるには、仲良しクラブじゃだめだけど、チームとして一つになるには、コミュニケーションが大事。僕の一つの仕事だと思っています」

     新井「すごく良いチームだなと思う。プレミア12で優勝をしたから言っているわけではなくて。戦っている時のベンチを見ていても、そう思った」

     菊池涼「雰囲気はめっちゃ良いです。試合に出ていなくても、ベンチからみんなが応援しますしね。そういうところの経験を持って帰りたいとも思いました」

     新井「横のつながり、気持ちのつながりをすごく感じた。東京五輪がすごく楽しみだよ。自分も北京五輪を経験している。プレミア12やWBCはすごい大会だけど、五輪は歴史がある。独特の雰囲気もある。その重圧は経験して分かっている。もちろん金メダルを取るために頑張るんだけど、プレミア12の時のように、日本を代表する選手が必死になって戦っている姿を見たい」

     菊池涼「コミュニケーションを大事にしていきたいですね」

     新井「去年の5月くらいだったかな。その時に稲葉監督が言っていた。カープの選手にはすごく助かる。元気があるし、明るくもしてくれる、とね。キクはムードを作ってくれると言っていた。ケガさえなければ、間違いなく選ばれる。楽しみ?」

     菊池涼「楽しみですけど、僕もWBC、プレミア12を経験してきて、違うプレッシャーや雰囲気があるのかなと思っています。それに東京での開催というところが。注目度が今まで以上に高まって、勝つのが当たり前と見られているかもしれない。また、新しいプレッシャーとか雰囲気の中で、どういうふうにチームを鼓舞しながらやっていくのかは、まだ想像がつかないんです」

     新井「自国開催。今言ったように、勝って当たり前、金メダルを取って当たり前という感じになると思う。重圧は半端ないくらいに感じるはず」

     菊池涼「プレミアでも緊張感はすごくありました。五輪は、それ以上だと思います。グラウンドに立ってみないと分からないかもしれないけど、そこを、うまく逆手にとってできればいいです」

     新井「きょうはありがとう」

     菊池涼「ありがとうございました」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000035-dal-base

    このページのトップヘ