広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小園海斗

    geo20081114440013-p1

    EKTqQnqVUAEgRFI

    EKTqQnqVUAEgRFI

    EKTqQnqVUAEgRFI

    index

    d_12595015

    今シーズンのペナントレースは一軍人数、そしてベンチ入り人数が増枠されている。例年よりも連戦が多いこともあり、ベテラン勢を中心とした主力選手たちが積極的休養という形で、スタメンから外れるケースも多い。そんな状況も相まって、各球団が若手選手たちを一軍で起用する機会は増えている。

    262376-2362-1-2442-pcg

    そこで各球団の若手、とくに高卒4年目(2016年ドラフト以降)までの選手たちがどのような活躍を見せているか振り返ってみたい。  広島の高卒4年目までの選手を見ると、野手では坂倉 将吾(日大三/2016年4位)の活躍が目立つ。ここまで23試合に出場。すでに昨シーズンの安打数(14本)を超える18安打を記録。打率.346(52打数18安打)と打撃面で結果を残し、スタメンでの起用も増えてきた。現在は会沢 翼との併用が続くが、徐々に出番を増やしつつレギュラー奪取となる可能性もありそうだ。  その他では羽月 隆太郎神村学園/2018年7位)が頭角を現しつつある。8月7日に一軍に登録されると、いきなり「2番・二塁」で出場し2安打をマーク。その後もスタメンで起用されており、期待値の高さをうかがわせてくれる。中村 奨成(広陵/2017年1位)も3年目で初の一軍出場を果たした。まだ守備にはついておらず、代打での出場だけだが、大きな経験にはなったことだろう。  昨シーズン結果を残した小園 海斗(報徳学園/2018年1位)は、ここまで一軍出場がない。二軍でも目立つような成績を残すことが出ておらず、少し心配だ。  投手陣では遠藤 淳志(霞ヶ浦/2017年5位)が先発ローテーション入りを果たした。8月2日の巨人戦ではプロ初完投勝利をマーク。その後も安定した投球を続けているのは心強い。高卒3年目で先発は初めてということを考えると、今年はシーズンを通した働きができれば十分だろう。


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5f04cc6b7c01e93280c005b6dee90e7a06564465

    期待の若ゴイ、広島の小園海斗内野手(20)が今季はすっかり影を潜めている。ルーキーだった昨年は不振の田中広輔内野手(31)に代わって遊撃に定着し、出場58試合で打率2割1分3厘、4本塁打、16打点。球団の高卒新人本塁打記録を69年ぶりに更新するなど、堂々のプレーぶりでブレークした。


    しかし、2年目の今季は一転して開幕から二軍暮らし。今月7日には同期入団の羽月隆太郎内野手(20)が初昇格し、初安打&初打点を挙げるなど猛アピールに成功。ファンからは「小園も一軍で見たい」との声も上がっているが、事はそう簡単ではない。チーム関係者は「小園は身体能力が高いし、振る力もある。ただ、打撃の確率を上げないと去年と同じことになる。走塁や内野守備も改善点がある。(一軍昇格は)じっくり二軍でそれらを克服し、ファームの試合で結果と数字を残してからになるだろう」との見通しを明かす。

    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/29d59e885f5fde768b086315f1f4d4ae3aad5283

    「ウエスタン、阪神-広島」(19日、鳴尾浜球場)  広島の「ドラ1コンビ」が躍動した。0-0の二回、小園が先制の右前適時打を放つと、大盛、中村奨も連続タイムリーで続いた。広島はこの回、4得点を奪った。  18年ドラフト1位の小園は試合前の時点で2軍戦16試合に出場し打率・140、0本塁打、2打点と低迷。17年の同1位の中村奨は13試合に出場し、打率・333、0本塁打、3打点と好調だった。

    20200719-00000052-dal-000-4-view



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/fa5d7f7244370bb13d27e25278544429c3b12bcd

    20200711-01970307-tospoweb-000-11-view

    このページのトップヘ