広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小窪哲也

     37年ぶりの連覇を達成した広島は今季、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでDeNAに2勝4敗(アドバンテージの1勝を含む)で敗戦。2年連続の日本シリーズ進出を逃した。
     シーズンでは2位阪神に10ゲーム差をつけ、圧倒的な力を見せつけたが、短期決戦ではもろさも露呈。球団初の3連覇と、34年ぶりの日本一がかかる来季へ向けて、補強ポイントを探った。

    ◯左腕投手

     先発、中継ぎ共に左腕の数が不足している。先発で10試合以上登板したのはジョンソン(13試合)だけ。ほかではルーキー床田が3試合。高橋樹と戸田がそれぞれ1試合ずつに投げただけだった。

     救援での左腕の最多登板は高橋樹の9試合。以下、飯田が8試合、佐藤が6試合、戸田とオスカルが2試合ずつと、サウスポーの出番は圧倒的に少なかった。それだけにドラフトで即戦力左腕の補強に乗り出すかに思われたが、指名した6選手のうち投手4人は全員が右腕。ファームには高卒ルーキーの高橋昂を筆頭に、高橋樹、塹江、戸田と将来期待できそうな20代前半の左腕が控えているが、来季1軍でバリバリ働けるかどうかは未知数。戦力外を含め、他球団からの補強か、新外国人か、今後何らかの動きがあるかもしれない。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092312-fullcount-base

     「セCSファイナルS・第4戦、広島3-4DeNA」(23日、マツダスタジアム)

     広島が六回無死満塁の絶好機を生かせなかった。

     1点を追う六回。先頭のバティスタが四球を選び、新井が左前打で無死一、二塁とし先発ウィーランドを降板させた。2番手・砂田から西川が四球を選んで無死満塁と好機を広げた。DeNAは併殺狙いで内野ゴロでも1点が入る状況だったが、3番手・三上を前に代打の岩本、小窪が連続空振り三振。続く田中は4番手・エスコバーの初球を打って、二ゴロに倒れ無得点に終わった。

     試合後、緒方監督は「六回の勝負どころは仕掛けたんだけど、得点につながらなかった」と悔しさをにじませた。石井打撃コーチも「あそこですね。これは結果論になるんだけど」と前置きして「会沢を打席に立たせて併殺でもよかったかな。勝負手を間違えた。(代打を)出した僕の責任。出ていった選手に悔しい思いをさせてしまった。後半に入って、最低でも同点にしたかった。勝負にいった結果」と振り返った。

     リーグ1位に与えられる1勝のアドバンテージを加えて2勝3敗と負けが許されない状況となった。石井コーチは機動力を含めリーグ一の打撃力を誇るチームを築き、今季限りで退団する。日本一を置き土産にカープのユニホームを脱ぐためにも、CSファイナルS敗退だけはさけたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000155-dal-base

     「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫除去」で9月26日に出場選手登録を抹消された広島・安部友裕内野手(28)のCSファイナルステージでの復帰が9日、絶望的となった。

     1軍首脳陣が「切ってしまっている。(CSでの復帰は)無理じゃないかな」と見通しを語った。安部は正三塁手として今季打率・310、4本塁打、49打点と活躍。チームは右足首骨折の鈴木に続いて、レギュラー2人を欠いて、CSを戦うことになる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000510-sanspo-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】18日開幕のCS最終ステージまで、ブランクが心配される広島だが、チームの雰囲気は相変わらず明るい。9月30日のDeNA戦の試合前も、東出打撃コーチが、鈴木の穴を埋める代理4番・松山にこんなツッコミを入れて周囲を沸かせた。

    「もし9月の月間MVP(9、10月期)を取れなかったら、もう取材は受けないって松山が言ってるんだよ!」

     もちろん、当の松山は「オレそんなこと言ってませんよ! 話作らないでくださいよ!」と笑って否定。この調子ならCSでもしっかりと代理4番を務められそうである。

     問題は、死球でできた右ふくらはぎ血腫の除去治療を受け、登録抹消中の安部だ。「筋肉は傷ついていないのでCSにはギリギリ間に合うかも」と東出コーチは言うものの、石井打撃コーチは「ここで無理させると長引く恐れもある。CSはいないものと思って戦いますよ」と断言した。

     だが、離脱直前に5番を打ち、足と三塁守備でも貢献していた安部の穴は簡単に埋められるものではない。控え三塁手の1番手は西川になるようだが、「二の矢、三の矢を用意する必要がある」と石井コーチは言う。

    「バティスタやメヒアもいるけど、まだ全面的に信頼できるほどではありません。下位で得点源になるとしたら、エルドレッドか小窪かな。エルドレッドはまだ二軍で調整中で、復調すれば早く上(一軍)で打たせたい」 彼らが頼りにできないとなった場合“CS用秘密兵器”となりそうなのが「サード・新井」。石井コーチが「よほどの緊急事態に限る」としている一方、東出コーチはなかなか前向きである。

    「サード・新井さんは面白いかもしれない。ある意味、壊れるのを覚悟でいってもらえるでしょ」

     しかし、「何だかんだ言っても、やはり主役がきちんと打てるかどうかですよ」と石井コーチは強調する。昨年は、初の本拠地CS開催でチーム全体が硬くなっている中、田中が打率8割3分3厘と打ちまくり、日本シリーズへ進出している。

    「今年も広輔にあれだけの活躍ができるかどうか。そうでなければ丸が中心打者として打線を引っ張っていけるか、ですね」と石井コーチ。ちなみに、東出コーチのほうは「CSで打てなかったら、秋季キャンプはまた地獄になる。強化指定選手もいっぱいいますよ」と不気味な予言をしている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000005-tospoweb-base

     「広島3-1ヤクルト」(28日、マツダスタジアム)

     37年ぶりに連覇を達成した広島が、本拠地最終戦を白星で飾った。

     広島は四回、1死二塁から丸の左前適時打で先制。五回に敵失、六回にはバティスタの中前適時打で加点した。

     大瀬良は7回1失点と好投。ルーキー時代の2014年以来3年ぶりの2桁勝利となる10勝目を挙げた。

     この日で観客動員217万7554人となり球団新記録を達成。ホームゲームで絶対的な強さを誇り、50勝20敗1分けだった。

     ヤクルトは七回に坂口の4号ソロのみで7連敗。1950年のワースト94敗に並んだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000136-dal-base

     広島のアレハンドロ・メヒア内野手(24)が27日、残り3試合でのアピールを誓った。

     前日26日に三塁の安部が「右ふくらはぎ打撲箇所の血腫切除」のため出場選手登録を抹消され、CS出場は微妙な状況となった。代役候補にドミニカンの名前もあがる中、「チャンスをもらったら一生懸命やります。(三塁の守備には)自信がある」と力強く言った。

     この日のヤクルト戦は雨天中止。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で汗を流し、「低いボールを振っただダメ」と言い聞かせるようにバットを振り快音を響かせていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000080-dal-base

     プロ野球の広島東洋カープが37年ぶりのリーグ連覇を果たし、興奮も冷めやらぬ9月20日、外国人観光客でにぎわう古都奈良で、カープ優勝記念の「豆腐の無料配布」が行われた。広島と奈良の共通点として思い浮かぶのは、奈良公園と宮島にたわむれる鹿くらい。なぜ奈良でカープなのか?そしてなぜカープ優勝で豆腐なのか?


     午後1時半過ぎ、近鉄奈良駅前の広場に突如現れた赤備えのスタッフたちが手にするのは、真っ白な豆腐、豆腐、豆腐。カープの帽子にカープの法被、ズボンや靴まで全身真っ赤でキメた「きたまち豆腐」店主の藪田洋輔さん(40)が、昨年に続いて計画した「豆腐の消費拡大キャンペーン」のふるまい豆腐が始まると、待ち構えていた人たちや通りすがりの観光客が列を作り、約200丁用意した手づくり豆腐は20分ほどでなくなった。

     しかし、テーブルの前をよく見てほしい。晴れがましくプリントされているのは「広島東洋カープ連覇おめでとう」の文字。奈良生まれ奈良育ちの藪田店主、実は小学1年生から大のカープファンなのだ。2009年、阪神なんば線の開通によって甲子園と一直線になったはずの奈良だが、言わずと知れた近鉄王国。当時の野球少年はパ・リーグは「近鉄」、セ・リーグは「巨人」か「広島」のファンが多かったのだとか。

     13年にオープンした「きたまち豆腐」は現在、奈良市内に2つの店舗を構える。厳選した国産大豆を使って毎朝手づくりされる、なめらかでもっちりとした豆腐のほかに、豆乳おからドーナツや豆乳プリン、この夏登場した豆乳ソフトクリームも好評だ。店主自らラッパを手にしたリヤカーでの引き売りは、奈良のちょっとした風物になりつつある。

     とはいうものの、豆腐消費は年々減少、製造事業所も5万以上あった1960年(昭和35年)をピークに今では全国で8000カ所ほどに。県内の豆腐店で修業したあと、「豆腐受難時代」にあえて独立開業した藪田店主の「豆腐愛」と、店内の壁一面にカープグッズを飾るほどの「カープ愛」、この2つが「カープ優勝記念ふるまい豆腐」を実現したというわけだ。

     さらにこの日は「奈良に熱烈なカープファンがいるらしい」という情報を聞きつけた広島ホームテレビ「あっぱれ!熟年ファイターズ」がふるまい豆腐の取材に。番組のMCを務める渡辺弘基氏とレギュラーの松本裕見子さんも豆腐の配布に参加した。渡辺氏はカープ初優勝の75年(昭和50年)に中継ぎとして活躍、当時の古葉竹識監督から「陰のMVP」とたたえられた往年の名選手。「タイガースファンも巨人ファンもどうぞ!」と豆腐を配っているところに、愛用するタイガースグッズを見せつけながら豆腐をゲットするつわものの女性も。

     カープ優勝が、遠く古都奈良で思わぬ活気を生み出した今回のふるまい豆腐。日本シリーズで優勝した暁には、ビールかけのあと豆腐で一杯、としてもらいたいところだ。

     ふるまい豆腐の様子は、広島ホームテレビで9月30日の朝9時30分から生放送「あっぱれ!熟年ファイターズ」内の特集「奈良はじめて物語」で放映される予定だという。(デイリースポーツ特約記者・鹿谷亜希子)
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000038-dal-life

    <広島5-7阪神>◇21日◇マツダスタジアム

     広島が初回に5点を先制しながらも逆転負け。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り
     -凱旋(がいせん)試合を勝ちたかった

     緒方監督 ファンの方も試合終了後のセレモニーを楽しみに今日は来てもらっていたと思う。勝ちゲームの流れだったし、勝ちたかった。

     -大瀬良は「悔しい」と言っていた

     緒方監督 投手にしろ野手にしろ、CSに向けての戦いなのでね。彼らにとってはそこで出場するために、絶好のアピールの場で。いいものをどんどん見せてほしいなと。悔しかったら結果を出せ、内容を出せと。制球は思ったところに投げられていないし。3点取られたところで代えて、追いつかれたのは内野安打、失策絡みだったけどね。

     -大瀬良の次回は

     緒方監督 中5日でもう1回チャンスをあげられるか、というところになってくるよね。そこはコンディションを整える選手の状態とか。登板とか。彼だけじゃないので。他にも明日の(中村)祐太にしかり、2軍に控えて調整させている岡田にしかり。ジョンソンも投げられる状態であれば投げさせるし。

     -中継ぎは

     緒方監督 九里は、まあまあ投げられていたと思う。中田は四球からの失点。彼もそういう立ち位置にいるので。

     -野手陣も新しい力を

     緒方監督 そういう中でも、今日は初回は素晴らしい攻撃をしてくれているわけでね。松山にしかり、バティスタにしかり。自分のセールスポイントを見せてくれた。ただ、攻撃の流れのなかでは2回からの得点というところが出来なかったので。チャンスらしいチャンスもなかなかなかった。バティスタにしても2点差での走塁もね。これをいい意味で。ミスは短期決戦に出ないように。彼らは1試合、1球のなかで勉強をしている。こっちはこれだけいいものを見せてくれれば、考えて使っていきたい。ただ短期決戦はひとつのミスが命取りになる。

     -残りの試合の戦い方は

     緒方監督 そこまで勝ちにこだわった試合は出来ない。コンディションを整えないといけない選手もいるし。後ろで登板過多の選手も、間隔を空けてしか投げさせようとは思わないし。その中で戦い方だけは今まで通り、しっかりと。やはりミスはしっかり反省して、ミスの出ないような野球を目指してやらないといけない。攻撃も1点、1点という攻撃をしていきたい。また明日から1戦1戦やりたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00009046-nksports-base

    このページのトップヘ