広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    小窪哲也

     南国の穏やかな風に揺られながら、つぶやいた一言が耳に残る。

     「なんか、いいですよね」-。

     選手会長として昨年1年、チームの中核を担った小窪が言った。優勝旅行先のハワイでの一コマだ。5泊7日。25年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた男たちは、思い思いに1年に2チームだけが得られる栄誉を満喫した。「カープの良さは団結力よ」。新井が言う。それは同時に、強さの裏側を感じた7日間でもあった。

     ハワイに到着した初日の夜。球団主催のレセプションパーティーが開催された。エルドレッド、ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズと、4人の外国人選手も優勝旅行に帯同。変わらぬ日常であるかのように、酒を飲み交わし、笑い合っていた。会の最後には続々と選手がプールに飛び込んでいく。自然と「孝市コール」がわき起こる中、緒方監督も息子を抱えてプールへ。それにコーチ陣も続き、最後まで笑いありの和やかな雰囲気だった。

     リーグ連覇、そして33年ぶりの日本一を狙う1年。誰もが「厳しい戦いになるだろう」と口をそろえた。打倒・広島-を胸に他球団のマーク、攻めなどはより厳しくなる。巨人などは大型補強を敢行。対抗策は何か。昨季限りで引退した黒田博樹氏(41)は、それでも「カープは他球団に負けないチーム」と言う。広島に戻った2年で黄金期の伝統を系譜し、成長した若手の姿に自信を見せる。

     チーム最年長となる新井貴浩内野手(39)は言う。「俺たちは挑戦者なんだと、120%の気持ちで戦う。もう一度、優勝したい。日本一になりたい」。野球は心技体のスポーツと言い、昨季は「心が体を動かす」と、ファンの大声援を背に2000安打や、セ最年長MVPを獲得するなど活躍した。黒田の穴は「1人では埋められない」。それでもその穴が広島ナインにとって、さらなる団結力を生む可能性が高い。

     過去、資金力や知名度では他球団に及ばなかった。それでも2人が「中央に負けるか。東京に負けるか」と、反骨心で20年近く戦ってきたように、「カープに戻ってきてよかった」とチーム愛を語ったように、他球団にはない“何か”が存在するのも確かだ。そのチーム愛と団結力に加えて、投打のキーマンになるのが福井優也投手(28)と、堂林翔太内野手(25)。2人も相当な覚悟で今季に向けた準備を進めている。

     「大型補強」VS「団結力」。昨季4位の阪神や、3位のDeNAも黙ってはいないだろう。2017年のセ・リーグを制するのはどの球団か。1979年、80年以来のリーグ連覇なるか。開幕までもう3カ月を切っている。(デイリースポーツ・田中政行)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000053-dal-base

     広島・小窪哲也内野手(31)が23日、家族ぐるみで親交のある広島県出身の女子プロゴルファーの佐伯三貴(32)から刺激を受けたことを明かした。

     「いろいろ体のことについて大切さを学んでいる。プロ意識が高く、見習うべき部分がある。僕も頑張らないといけない」。通算7勝の佐伯は右手関節炎などで昨年5月から今年4月までツアーを欠場しながら復帰後に来季シード権を確保。今月も食事を共にする機会を持ち、来季への活力を得た。

     今季は選手会長として25年ぶりリーグ優勝の陰の功労者となった一方、打率・217、2本塁打、10打点で個人的には満足できない成績に甘んじた。もちろん、チーム全体を思う姿勢は不変で先日も知人を交えて後輩の西川と会食。来季は三塁の定位置を争う間柄ながら、「若い選手にいろいろ伝えていきたい。チームが良くなるのが一番。みんなが良い方向を向けるようにしたい」と誓った。33年ぶりの日本一を目標にする来季。就任2年目を迎える選手会長はチームとしても個人としても今季を超える充実を期した。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000036-spnannex-base

     広島・小窪哲也内野手(31)と野間峻祥外野手(23)が23日、広島県呉市で行われた幼稚園児らとの交流イベントに参加した。

     園児からあこがれの選手を問われた小窪は「黒田さんにあこがれていますけど、野手で言ったらヤクルトのバレンティン」と回答。「タイプが違うので目指すことはないですけど、1シーズンに60本塁打を打っているので」と敬意を示した。

     一方、野間は「(巨人の)マシソン」と投手の名を挙げて、笑いを誘った。さらに今季を振り返り「個人的には2軍(生活)が長くて悔しいシーズンでしたけど、チームとしては(リーグ優勝できて)『最高でーす!』」。今季ブレークした鈴木のお立ち台での定番フレーズを叫んで、会場を熱狂させていた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000102-spnannex-base

     広島の小窪哲也内野手(31)、上本崇司内野手(26)、庄司隼人内野手(25)、天谷宗一郎外野手(33)、土生翔平外野手(27)が11日、広島県福山市のツネイシスタジアムで行われた「ツネイシベースボールクリニック2016」で講師役を務め、150人の少年少女を指導した。

     打撃指導した土生はしっかりタイミングをとって自分のスイングをするように」と呼びかけた。守備を担当した小窪は捕球姿勢などを指導。自らが見本となり細かく教えた。

     閉会式では天谷が「小中学生の皆さん、たくさんの人に支えられて野球ができているということを忘れないように」と話し、「日本一になれなかった悔しさをもって来年、日本一になれるようチーム一丸となって頑張っていきたいと思います」と力強いあいさつで締めた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000066-dal-base

     25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島。今季はファースト・新井貴浩、セカンド・菊池涼介、ショート・田中広輔、センター・丸佳浩、ライト・鈴木誠也と5人が規定打席に到達した。

     内野はサードを除いた3つのポジションで規定打席に到達。サードが1つ課題のポジションといえそうだ。今季はプロ9年目の安部友裕がチーム最多の58試合で先発出場し、次いでルナの53試合、小窪哲也の15試合とレギュラーを固定することができなかった。

     今季中日から加入したルナがレギュラーを掴むかと思われたが、故障で離脱した期間が長く、来日後、自己最少となる67試合の出場にとどまり、打率.272、5本塁打、34打点に終わった。守備では53試合で10失策を記録し、今オフに自由契約となった。

     ルナが抜けたが、現時点で新助っ人獲得の発表がされていない。今季サード最多出場の安部を始め、堂林翔太、西川龍馬らで、レギュラー争いが繰り広げられることが予想される。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00098085-baseballk-base

     広島・小窪哲也内野手(31)が30日、広島市南区の球団事務所で来季の契約交渉に臨み、現状維持の年俸4000万円(金額は推定)でサインした。

     「プレーの面ではダウンだと思うんですけど、選手会長としてリーグ優勝に貢献できたというところで、現状維持でやっていただいた。納得しています」

     今季は代打で45回起用されるなど69試合に出場しながら打率・217、2本塁打、10打点の成績に終わった。それでも新選手会長として、投手陣と野手陣、そして選手とフロントのパイプ役となった点が高く評価された。交渉役の鈴木球団本部長も「数字的にはよくなかったけど、いろいろなサポートなど25年ぶり優勝に向けてよくやってくれた」とたたえた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000130-spnannex-base

     広島は24日、マツダスタジアムで「違法薬物根絶・暴力団追放講習会」を行った。

     広島県警察本部刑事部薬物銃器対策課員及び捜査第四課員を講師として招いた。約1時間の講習に、選手、スタッフが耳を傾けた。

     選手会長の小窪哲也内野手(31)は「分からなかった部分も、教えてもらった。気を引き締めていきたい」と振り返った。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-01742579-nksports-base

     練習でマツダスタジアムを訪れた広島の小窪が湯布院リハビリキャンプ不参加を残念がった。「楽しみにしてましたからね」。

     日南キャンプ中の15日の打撃練習中に右肘違和感を発症し、日南市内の病院で炎症と診断されていた。16日に帰広して受けたチームドクターの診断については「特に問題なかった」と説明。スイング練習に励み、「大丈夫です」と力を込めた。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000061-spnannex-base

     「広島秋季キャンプ」(15日、日南)

     小窪哲也内野手が、全体練習後のロングティーを終えた後、右肘の違和感を訴え日南市の病院で超音波検査を受けた。12年9月に右肘の手術を受けており、その患部に炎症が起きた模様。アイシング治療を施し、病院で注射を打った。

     松原チーフトレーナーは「練習でバットを振る量が増えたから炎症が出た。骨などに異常はない」と軽症を強調。病院からチーム宿舎に戻ってきた小窪も「大丈夫です」と話した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000102-dal-base

    このページのトップヘ