広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小窪哲也

     体調不良で長期離脱中の広島クリス・ジョンソン投手(32)が16日、マツダスタジアムでシート打撃に登板した。小窪、堂林、天谷と対戦。打者のべ13人に対して55球を投げ、安打性3本、2四球、1奪三振。直球の最速は142キロだった。


     「感触は良かった。打者を立たせて投げられたのは非常にいいこと。内容はまだまだ。これからしっかり修正していきたい」

     開幕投手を務めながら、4月5日に咽頭炎で登録抹消。離脱後は落ち込んだという。

     「非常にきつい数週間だった。自分の人生の中でもケガ、病気、特に病気はあまりしない方だった。いきなり開幕して離脱しなければいけない状態に陥って、しかも思いもよらないぐらい長引いた。球団にも3年契約をしてもらって初めての年で、何とか一生懸命、自分のできることをさらに見せようと思ってシーズンインしたので…。いきなり離脱になって、精神的にきつい状態だった」

     次回は2軍戦で3イニングを投げ、徐々にイニングを伸ばして、1軍復帰を目指す。ジョンソンは「まずは次の試合に向けてコンディションを上げていきたい」と前を向いた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/16/0010193378.shtml

    <DeNA10-9広島>◇30日◇横浜

     広島が9回に驚異的な粘りを見せるも、1点及ばず敗れた。DeNAには2カード連続の負け越しとなった。先発九里が7失点と炎上。中継ぎ陣もブレイシア、薮田が失点した。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り


     -打線が粘った

     緒方監督 最後の最後までね。ものすごい執念を見せてくれた。

     -鈴木が2戦連発

     緒方監督 誠也だけじゃないよ。出た選手みんながすごかった。

     -先発が粘れない

     緒方監督 最初が0-7のスタートやからね。

     -四球から崩れる

     緒方監督 この球場はね、上がったら本塁打という面があるから、大胆に攻める投球をしていかないといけないんだけどね。何点あっても分からないからね。

     -地元で出直し

     緒方監督 仰る通りです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-01815948-nksports-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     思いを込める。広島の選手会長、小窪の帽子の裏には「38 共に」と書かれている。菊池も帽子の裏、左側に大きく「38」を書いている。今、チームで代走の役割を担う上本は「赤松さんなら」とよく口にする。胃がんとの戦いを続ける赤松の存在は、少しも薄れていない。小窪は「ために、じゃなくて、共に」と力を込めて話す。



     小窪が春季キャンプに持ち込んだ背番号38のレプリカユニホームは、今もロッカーに掛けてある。キャンプで1カ月掲げると「さすがに砂ほこりで汚くなった」と歯を見せる。菊池も帽子を見て「大好きな先輩だから」と笑う。誰かに見せるためではなく、自分をエネルギーのため。赤松と「共に」が自分の「ため」につながっている。

     7月末まで抗がん剤治療を続ける同僚への思い。最後まで諦めない逆転のカープとつなげるのも暴論ではないだろう。4月20日現在で、12勝のうち6勝が逆転。3点差を2試合、4点差も1試合ひっくり返した。どんな状況でも目の前の仕事に全う。次の打者を思ってつなげていく姿勢が激勝を生む。38番は“ラストピース”ではない。今日も共に戦っている。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01811199-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島4―3DeNA(2017年4月18日 マツダ)

     広島が最終回の集中打でDeNAに逆転サヨナラ勝ちした。

     1点を追う9回、新井、鈴木の連打で無死一、二塁としエルドレッドの左中間安打で追いつくと、小窪の犠打で1死二、三塁として会沢が中前打で決着を付けた。

     投げては先発野村が6回3失点で試合を作ると、2番手薮田が2回無失点の好救援、9回は中田が抑えた。

     DeNAは5回に3点を先制、リードして9回を迎えたがパットンが踏ん張れなかった。

     ▼会沢の話 最高です。絶対決めてやるという気持ち(で打席に入った)。(チームは)一人一人気持ちで一丸となってプレーできている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000142-spnannex-base

    <阪神2-1広島>◇16日◇甲子園

     広島が敗れて今季初のカード負け越し。貯金は8となった。115球を投じてなお、先発九里を8回のマウンドに送り出したが、原口に決勝の適時打を浴びた。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -九里が力投

     緒方監督 九里頑張ったね。よく投げた。

     -8回は継投も選択肢にあった

     緒方監督 まあ、試合の結果について、特にベンチワークについては監督であるオレの責任だから。九里は頑張ってくれた。野手も盛り上げたし。本当にしんどいなか、最後まで1人1人がプレーしてくれた。

     -抑えて、勝ちがつけば自信になる

     緒方監督 四球だけじゃん、ちょっと不安定なところを見せたのは。2回、3回の。あとは打者に向かってしっかり投げ込めていたし、まともにとらえられる打球もなかった。7回、8回も1球1球だった。悔しい思いもしただろうし、経験にして次に生かしてほしい。九里が責任を感じることはなにもない。

     -若い投手の育成の方針もあったか

     緒方監督 抑えられると思ったから、送り出した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01808836-nksports-base

     「阪神1-7広島」(15日、甲子園球場)

     広島・堂林が途中出場ながら3打数2安打と結果を残した。

     四回に代打で出場。岩崎には三ゴロに抑えられたが、七回に2番手松田から中前へ痛烈な中前打。九回には藤川から遊撃内野安打を放った。「左投手に代わった瞬間に準備できていました。右投手から2本出たのは大きいです」とうなずいた。

     本格的に挑戦している左翼守備でも好守が光った。五回、鳥谷の左前への打球をスライディングキャッチ。「体が反応しました。余裕はないですけど、毎日ノックを打ってくれる河田(外野守備)コーチに感謝です」。

     背番号7のがむしゃらな姿に赤く染まった左翼席は沸き返っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000119-dal-base

    <広島4-1ヤクルト>◇7日◇マツダスタジアム

     9回1死まで無安打投球を続けたドラフト1位加藤の好投もあり、連勝を5に伸ばした広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -加藤が9回途中まで無安打無失点。

     緒方監督 大きな、大きな仕事をしてくれた。大したもんだ。チームにとって大きな1勝になるし、素晴らしい。度胸ある投球を見せてくれた。石原の大胆さを引き出してくれたリード。バッテリーに加えて、守備。あれで加藤も救われたと思う。よく守ってくれた。

     -加藤は7四球を出しながら、最後まで攻めた。

     緒方監督 彼のいいところはテンポの良さ、四球を出した後も腕を振り続ける姿勢。そこに彼の長所がある。相手を見ても、あれだけ荒れていたら絞りづらい。

     -次回も期待。

     緒方監督 これで次なかったらうそでしょ。いいことばかりじゃなく、いろんなところをオープン戦から見ている。次も同じようにとは言わないけど、役割を果たしてくれれば次に繋がる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00111530-baseballk-base

    このページのトップヘ