広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小窪哲也

    【デスクと記者のナイショ話】

     デスク:対巨人の連勝は7で止まったけど、今年は広島の独壇場だな。死角も見当たらないし、この調子だと8月中にも優勝しちまいそうだな。

     覆面記者:ですね。ただ、懸案事項がまるでないっていうことでもないですよ。

     デスク:左投手が少ないとか? 戸田が一軍に合流したようだけど、4日現在で出場選手登録されているサウスポーはジョンソンだけだよな。

     記者:ずいぶんとチーム事情に詳しいですね。それとは別に、もう一つ悩みがあるんです。

     デスク:思いつかんなあ…。

     記者:右打者不足ですよ。特に三塁で先発出場するクラスの選手が現在は左打者だけなんです。

     デスク:確かに安部も西川も左だ。上本は両打ちだけど、代走とか守備固め要員だもんな。

     記者:左腕田口との対戦になった4日の巨人戦は西川が「6番・三塁」で先発出場しましたが、3打数無安打。三塁を守れる右打者がいれば、展開が変わっていたかもしれません。

     デスク そうは言っても小窪や新助っ人のペーニャは二軍だしな。

     記者 そんな中でウルトラCとして期待されていることがあります。

     デスク もったいぶらないで教えろよ。

     記者 新井さんの三塁での起用です。

     デスク え?

     記者 阪神時代の2014年を最後に守っていませんが、もともとは三塁手。チーム関係者からは「本人は嫌がるだろうけど、新井さんが三塁を守れば超攻撃型のオーダーが組めるはず」との声も上がっています。

     デスク“怖いもの見たさ”で見てみたいな。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000043-tospoweb-base

     ◇交流戦 広島4―3日本ハム(2017年6月6日 札幌D)

     広島は6日の日本ハム戦を今季20度目の逆転で制して3連勝へ伸ばした。新井貴浩内野手(40)が2点を追う4回、反撃の口火を切る6号アーチを掛ければ、7回には丸、エルドレッドの長短打などで一挙3点を奪った。昨秋日本シリーズで3連敗を喫した敵地で鮮やかなリベンジ星。貯金を今季最多の13とし、首位の座をがっちりキープした。


     鮮やかな放物線を描いた打球が敵地の左翼スタンドに着弾した。2点を追う4回1死から、3試合ぶりにスタメン出場した新井が6号ソロ。カウント1―2から加藤の138キロの内角低め直球を鋭いスイングではじき返した。

     「直球がいい投手。その球をコンタクトしようと思っていた。うまく打てました」

     5月3日の中日戦以来約1カ月、実に48打席ぶりの一発に白い歯がのぞく。敵の左腕とは、10月27日の日本シリーズ第5戦で対戦。2回途中で早々とKOしたが、新井自身は初回2死一、二塁で中飛に倒れており、意地を見せた格好だ。

     足でも魅せた。1点を追う6回1死から四球で出塁し、2死後、小窪への3球目に走った。「魅せるとかじゃなく、準備はしっかりやっているので」。4月8日のヤクルト戦以来、今季2個目の盗塁成功。得点には結びつかなくても、反撃の機運をグッと高めた。

     心が揺れ動く出来事があった。ロッテ戦があった4日、堂林が2軍に降格。バティスタを出場選手登録したことに伴ってペーニャが落ち、三塁を守れる内野手の補充が必要な状況だった。入れ替わりで小窪が昇格。事情を説明する首脳陣に、新井はこう申し出た。

     「ボク(が降格)ではダメなんですか?」

     堂林が5月31日の西武戦で放った今季1号から4日目。40歳の自分が1軍に残るなら、若い有望株に経験を積ませる方がいい。愛弟子の将来、チームの将来を思えばこその新井らしい直訴だった。

     「本塁打を打ち、走ってくれるんやから。勢いをつけてくれたよ」。緒方監督はその奮闘を絶賛した。昨秋のリベンジを果たすチーム一丸の勝利。新井も満足そうだ。

     「いつも通り諦めない気持ち。やり返したとかじゃない。初戦を取れて良かった」

     本塁打に愛弟子へのエールを込めたのでは?との問いには、わずかにほほえんでみせた40歳。どこまでも頼もしい男がそこにいた。 (江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000065-spnannex-base

     広島・小窪哲也内野手が7日、出場選手登録日数が9年に達し、海外FA権の資格取得条件を満たした。

     資格取得条件を満たしたことを知らされると「逆にびっくりです。知らなかった。(権利行使の意思は)ありません」と残留宣言をした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000104-dal-base

     「交流戦、日本ハム3-4広島」(6日、札幌ドーム)

     広島が逆転勝ちで3連勝、首位を守った。

     広島は2点を追う七回無死二、三塁から菊池の二ゴロの間に1点。さらに1死三塁から丸の左前適時打で同点とした。なおも2死一塁からエルドレッドの左線適時二塁打で勝ち越した。

     決勝打を放ったエルドレッドは「なんとか打ってやろう、食らいついていこうと思っていた。いいヒットが出たと思います」と喜んだ。

     昨年の日本シリーズでは札幌ドームで3連敗を喫し結果的に日本一を逃した。「日本一になりたかったけど、過去のことなので。今は集中して日本ハムと戦っていきたい」と目の前の戦いに集中する。

     先発薮田は6回3安打3失点で5勝目。

     日本ハムは先発加藤が6回1失点も救援陣がリードを守れず3連敗。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000145-dal-base

     体調不良で長期離脱中の広島クリス・ジョンソン投手(32)が16日、マツダスタジアムでシート打撃に登板した。小窪、堂林、天谷と対戦。打者のべ13人に対して55球を投げ、安打性3本、2四球、1奪三振。直球の最速は142キロだった。


     「感触は良かった。打者を立たせて投げられたのは非常にいいこと。内容はまだまだ。これからしっかり修正していきたい」

     開幕投手を務めながら、4月5日に咽頭炎で登録抹消。離脱後は落ち込んだという。

     「非常にきつい数週間だった。自分の人生の中でもケガ、病気、特に病気はあまりしない方だった。いきなり開幕して離脱しなければいけない状態に陥って、しかも思いもよらないぐらい長引いた。球団にも3年契約をしてもらって初めての年で、何とか一生懸命、自分のできることをさらに見せようと思ってシーズンインしたので…。いきなり離脱になって、精神的にきつい状態だった」

     次回は2軍戦で3イニングを投げ、徐々にイニングを伸ばして、1軍復帰を目指す。ジョンソンは「まずは次の試合に向けてコンディションを上げていきたい」と前を向いた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/16/0010193378.shtml

    このページのトップヘ