広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    小窪哲也

    ◆ 今季、菊池以外に6人が一軍で二塁を守る

     広島が菊池涼介のポスティングシステムによるMLB移籍を容認した。今後は正式な手続きを経たうえで、入札の意思があるMLB球団と交渉を行い、移籍を目指す。

     球団としてはMLBからの入札が実現しなかった場合には、残留も受け入れるかたちを取るが、MLB移籍となった場合は、戦力的に大きな痛手。菊池の動向次第ではあるが、後釜の準備は必須だ。この秋のキャンプ、そして来春のキャンプ、オープン戦で2020年シーズンに向けた内野の布陣を固めていくことになる。

     2019年シーズンを振り返ると、広島の二塁を守ったのは菊池(138試合)の他に6人いた。曽根海成(10試合)、上本崇司(8試合)、三好匠(5試合)、サンタナ(4試合)、安部友裕(2試合)、小窪哲也(1試合)である。すでにサンタナとは契約を結ばないことが発表されており、その他の5人は候補になり得るメンバーとも言える。

     2013年シーズンからほとんどの試合で菊池が二塁を守っていたこともあり、一軍で二塁を経験している選手はほとんどいない。直近の7年間で見ると、2017年シーズンに上本が16試合で守備についたのが、菊池を除いた二塁としての最多出場ということが、すべてを物語っている。


    ◆ 小園海斗や田中広輔のコンバートも

     菊池の存在によって一軍の二塁手が手薄ということもあり、他のポジションからコンバートして穴を埋める可能性も十分に考えらえれる選択肢だ。2018年ドラフト1位の小園海斗もそのひとり。今季は田中広輔の不振、故障離脱もあり、遊撃手として55試合に出場した。しかし、みやざきフェニックス・リーグでは二塁のポジションでも試合に出場しており、来たるべき日に備えて準備を行っていることがうかがえる。

     一方で、復活を期す田中が二塁に回るというプランもあるだろう。今年8月にヒザを手術したこともあるが、田中も2020年シーズン中に31歳となる。今後、遊撃手として5年、10年と第一線でプレーできる可能性は低い。絶対的な存在だった菊池が退団するタイミングで、二塁にコンバートされたとしてもおかしくはないだろう。

     二塁のポジションを掴むのは、実戦経験が少ないとはいえ、2019年シーズンに二塁を守ってきた選手たちなのか。それとも遊撃として実績がある田中なのか、はたまた高卒2年目の小園に経験を積ませていくのか。

     ポジションこそ異なるが、前田健太がポスティングシステムを使い海を渡った翌年に、野村祐輔が16勝3敗の好成績で優勝に大きく貢献した。それ以降には大瀬良大地というエースも誕生し、エースだった前田が不在でもチームは3連覇を飾っている。チームとしては当時と同じように、菊池が不在となっても、新たなるセンターラインの核を作り出さなければならないし、そういう選手の出現を望んでいることだろう。

     まずは菊池の動向次第ではあるが、プロ入り2年目となる2013年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞してきた球界きっての名手・菊池の後釜として、スタメンに名を連ねるのは、いったい誰になるのだろうか。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00208655-baseballk-base

     ソフトバンクは8日、球団公式インスタグラムを更新。内川聖一外野手と広島の鈴木誠也外野手との2ショット写真を公開した。
     球団公式インスタにアップされたのは、マツダスタジアム内での1枚。内川と鈴木はガッチリ手を組み、笑顔を見せている。ハッシュタグでは「#日本生命セパ交流戦2019 #広島東洋カープ #鈴木誠也選手 #内川聖一 #自主トレ仲間 #背番号仲間」などと綴られている。

     2人は2016年1月から毎オフ自主トレを積んでいる。貴重な2ショット写真にファンも興奮だった。

    「内川聖一塾生の鈴木誠也選手ですね 背番号も一緒でーす。」

    「師弟 ぱちぱち」

    「すーてーきー!いいね。師弟関係。」

    「こういうのいいですねー」

    「良い写真ですね」

    「師弟コンビ」

    「こーいうのイイですね 試合見るのがますます楽しみになる」

     1万7000件近くの「いいね!」が押される人気の投稿となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00402196-fullcount-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 西武―広島(4日・メットライフドーム)

     広島ナインが2017年の交流戦以来、2年ぶりに体験した“メットライフ名物”にうんざりしていた。球場入口から一塁ダッグアウトまで計百数十段の階段を降りないとたどり着かないが、これは12球団の本拠地球場でも最高の“難所”とされる。


     小窪哲也内野手(34)は商売道具の入ったキャリーバッグを右腕でつり上げながら歩き「ええ筋トレになりますわ」と滝のような汗。ただし階段を降りきったところで右上腕にたまった乳酸が限界を超えたのか、一度、荷物を下に置いて持ち替えようとした。すると小窪に合わせて後続の歩みも強制ストップ。階段の上部からは「うわ~。止まらないで~」とうめき声が漏れてきた。

     昨オフに左膝の手術を受けている佐々岡真司投手コーチ(51)も慎重に階段を降りていた。ようやくダッグアウトにたどり着くと「問題は上りだな―」。この昇降が3日続くことに戦々恐々としていた。

     そんな中、余裕の笑みを浮かべていたのは、昨オフに楽天から移籍した菊池保則投手(29)だ。キャリーバッグを腕でつり上げるのではなく、ハンドルを後ろ手に持ちつつ、キャスターを階段にゴツンゴツンとぶつけながら滑り下ろしていた。壊れるんじゃないかと心配になるほど派手な音を立てていたが「慣れてますんで」。マウンド上ではビッチャビチャにかく汗がトレードマークだが、涼しい顔でロッカールームへと消えていった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000126-sph-base

     ◇セ・リーグ 広島5―7阪神(2019年6月2日 マツダ)

     広島は2日の阪神戦で5―7と惜敗して、連勝が5で止まった。それでも、7点劣勢の6回に、田中広輔内野手(29)の適時打が口火となり、サビエル・バティスタ外野手(27)のこの日3安打目となる適時打などで1イニング5点の猛追。一発が出れば大逆転というほどの見せ場をつくった。2位・阪神との直接対決を勝ち越して4ゲーム差。勢いを持続したまま、交流戦に突入する。

     試合後のナインに悲壮感はない。2回に7点差をつけられても、勝利への望みが消えないところに、好調なチーム状況が表れている。6回に1イニング5点の猛追。緒方監督は「こういう展開になっても、野手が集中していい攻撃をしてくれた」と、交流戦への手応えをつかむ一戦となった。

     7点劣勢の6回1死無走者、西川の出場25試合連続安打となる左前打が口火となった。磯村の右前打、小窪の四球で満塁。続く田中広は初球の直球を狙った。左前への2点適時打として、チーム初得点が生まれた。

     死二、三塁からの野間の遊撃へのゴロは、快足を飛ばして内野安打。適時失策もからみ、二塁走者・田中広も生還した。さらに2死一、三塁で、バティスタが左前適時打を放ち、今季4度目の1イニング5点以上とした。

     結果もさることながら、猛攻の中身が濃かった。田中広が「チャンスだったので積極的にいった」という一打は、今季2度目となる2試合連続の複数安打。打率・192と2割復帰も目前で、不振脱出への光としたい。

      5点目を挙げたバティスタは、1打席目に「しんどかった」と笑う自身初の三塁打。計3安打で打率は・307となり、ついに大台に乗せた。5月に10本塁打を量産した大砲の勢いは増すばかりで、「調子もいいし、交流戦も一生懸命頑張ります」と誓った。

     持ち前の粘り強さを確かめて、交流戦へと突入する。2位・阪神との直接対決に勝ち越して4ゲーム差。指揮官は「もうひと押しというところまで苦しめられた。負けはしたけど、切り替えて交流戦に入っていきたい」とうなずく。昨季の交流戦は借金4と苦しんだ。パ・リーグの投手陣を攻略するためのカギは、この日の粘りにある。 (河合 洋介) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000065-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2阪神(2019年6月1日 マツダ)

     今季3度目の5連勝で球団タイ3度目の9カード連続勝ち越し決定。前夜サヨナラ勝ちの勢いそのままに投打で2位・阪神を圧倒した王者・広島のお立ち台にはジョンソン、小窪と投打のヒーローがそろって上がった。

     6回で98球を投げ5安打1失点のジョンソンは昨年5~8月に8連勝して以来となる自身4連勝。小窪は2016年7月30日のDeNA戦(マツダ)でザガースキーから代打満塁弾を放って以来3年ぶりのプロ通算18本目が先制、そして決勝のソロ弾となった。

     まずは「アリガトウゴザイマス」とヒーローインタビューに日本語で応じたジョンソンが「全体的に非常に良かったと思います。投球内容も良かったですし、守備陣もしっかり守ってくれましたし、バットの方でも貢献できたんで良かったと思います」と笑顔。

     投球について「ストライク先行でどんどん攻めてゴロを打たせ守備陣に守ってもらうっていう自分のスタイルの投球ができたのとストライクがいっぱい取れたっていうのが良かったと思います」と振り返ると、小窪の先制弾が出た5回、自身2試合連続タイムリーとなる右前打を放ったことについては「野手のみんなが打ってくれて自分の打順まで回ってきた。何とかボールをバットに当てようという意識で打席に入った。本当に野手のおかげだと思っています」とチームメートに感謝して笑顔、笑顔だった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000207-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島7―2阪神(2019年6月1日 マツダ)

     今季3度目の5連勝で球団タイ3度目の9カード連続勝ち越し決定。前夜サヨナラ勝ちの勢いそのままに投打で2位・阪神を圧倒した王者・広島のお立ち台にはジョンソン、小窪と投打のヒーローがそろって上がった。

     6回で98球を投げ5安打1失点のジョンソンは昨年5~8月に8連勝して以来となる自身4連勝。小窪は2016年7月30日のDeNA戦(マツダ)でザガースキーから代打満塁弾を放って以来3年ぶりのプロ通算18本目が先制、そして決勝の左越えソロ弾となった。

     ジョンソンに続いてヒーローインタビューに応じた小窪は「とにかく出塁することを考えて打席に入りました」と0―0で迎えた5回、先頭打者として入った第2打席を振り返り、自身1036日ぶりの一発に「ずっとカープファンの皆さんの前で、このマツダスタジアムでまた打ちたいと思ってずっと練習してきたので良かったです」とかみしめるように話した。

     「ホームランは3年ぶりなので、そんなに出るものじゃないので、僕はしっかりケースに応じてバッティングするように考えてます」という前選手会長は、続く6回にもつなぐ打撃で右前打。三塁の守備でも再三の好守で投手を助けた。

     今季は先発あり、代打あり、途中から守備もありと貴重な役割をこなして快進撃を続けるチームをしっかりと支えている。「とにかくチームが勝てばいいと思って試合に臨んでます」。カープの頼れる前選手会長は2019年も謙虚、そして頼もしい存在であり続ける。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000208-spnannex-base

    ■広島 7-2 阪神(1日・マツダスタジアム)

     広島は1日、本拠地・阪神戦に7-2で勝利し、5連勝を飾った。5月は球団記録を更新する月間20勝を挙げたが、6月も白星スタート。先発ジョンソンが6回5安打1失点と好投し、自身4連勝で5勝目を飾った。打線も小窪、バティスタの一発などで援護した。


     4回までは広島ジョンソン、阪神岩田の両先発が無失点に抑える好投。しかし、広島は5回に小窪の今季1号で先制すると、ジョンソンが自らタイムリーを放ち追加点を奪った。

     直後の6回、ジョンソンはマルテにタイムリーを浴びて1点差とされたが、その裏に先頭バティスタが15号ソロを放ち、貴重な追加点。7回も西川の2点二塁打、田中のタイムリーが飛び出し、突き放した。

     阪神は岩田が5回4失点(自責3)で今季初黒星。救援陣も失点し、完敗で2連敗を喫した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00394027-fullcount-base

     「広島2-1阪神」(31日、マツダスタジアム)

     広島の上本崇司内野手が、サヨナラ勝利の道を切り開いた。

     1-1の延長十一回2死で打席に立つと、能見のフォークを力強く振り抜き左前へ運んだ。続く磯村が四球を選び2死一、二塁となり、野間が自身2度目となるサヨナラ打を放った。

     「打席に行く前に、東出さんに声をかけてもらった。2アウトだからホームランを狙えって冗談ぽく言われた。それで気が楽になって、フルスイングできました」

     主な仕事は終盤での守備固めや代走だ。それでもバットを持って打席に立てば「出るからには責任がある。全力で」と気合を入れている。

     5月、チームは25試合で脅威の20勝と勝ちまくり、球団の月間最多勝利の新記録を樹立した。4月には最下位に沈んだが、2位・阪神と4ゲーム差をつけて6月に入る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000192-dal-base

     あと一歩が及ばなかった。広島は26日の巨人戦(東京ドーム)に4―5の僅差で敗れた。勝てば日本一に輝いた1984年の球団記録に並ぶ12連勝だったが、首位攻防戦は2勝1敗の勝ち越しで終わった。

     緒方孝市監督(50)は「いつも通り一丸となってしっかりと戦えた。勝てなかったのは悔しいけど、週明けから6連戦があるのでしっかりと戦う。それだけです」と淡々と話した。そんな指揮官の姿勢と同様に敗戦にも嫌なムードは一切ない。

     この日も長野の適時打で一時同点とした。高ヘッドコーチは「こういう野球を続けていって、きっかけさえあればまた連勝はできると思う」と話し、開幕から5カード連続での負け越しを喫した時期への逆戻りをきっぱり否定した。

     苦しい時期が続いたが広島ナインに悲壮感は一切なかった。選手会長の会沢は「いい時は来ると思っていましたし(選手)個々にそういう話をしたりしました」と明かし、開幕投手の大瀬良も「(3連覇して)研究されないほうがおかしい」と考えていたと言い、こう続ける。

    「選手は(開幕前から)いずれ悪くなる時も来るとそれぞれが想定していたと思います。今(良くなったのは)カープの普通の野球ができている、それだけだと思いますよ」。リーグ3連覇の絶対王者の自信は簡単には揺るがない。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000036-tospoweb-base

    ■広島 9-7 ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

     広島が一時あった5点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ちを飾った。15日、本拠地でのヤクルト戦。4点ビハインドで迎えた9回に怒涛の4点を奪って、試合を振り出しに戻すと、延長10回に鈴木がサヨナラ2ランを放った。


     土壇場にドラマが待っていた。4点差で迎えた9回、菊池の右前安打、バティスタの三塁失策で1死一、二塁とすると、鈴木が中前適時打を放ってまず1点。満塁となり磯村が2点適時打を放って1点差。田中広が四球を選んで再び満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで同点に追いついた。

     延長にもつれ込むと、鈴木がこの日2本目の本塁打となるサヨナラ13号2ランを放って激戦に終止符を打った。広島は4連勝。貯金を今季最多の3に増やし、2位に浮上した。

     ヤクルトは7番手の梅野が9回に4安打2四球で4点を失い、同点とされると、延長10回に8番手中尾がサヨナラ弾を食らって痛恨のサヨナラ負けを喫した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00376665-fullcount-base

    このページのトップヘ