広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    小野淳平

     3年ぶりにリーグ優勝を目指す巨人。昨オフは陽岱鋼、山口俊、森福允彦、カミネロ、マギー、吉川光夫を獲得するなど大型補強を敢行。毎年のように選手を補強し、若手・中堅選手が出場機会を限られ、他球団へトレードやFAの人的補償で移籍するケースが増えている。そして、移籍先でチャンスを掴んだ選手がいるのも特徴的だ。

     FAで加入した大竹寛の人的補償で広島へ移籍した一岡竜司がその一人。一岡は巨人時代、二軍の抑えとして結果を残していたが、山口鉄也、マシソン、西村健太朗を始めとしたリリーフ陣の層が厚く、一軍の枠に割って入る事ができず。巨人時代は2年間で一軍登板はわずかに13試合だった。

     巨人時代は、二軍で結果を残しながらもチャンスが巡ってこなかったが、移籍した広島では登板機会を一気に増やした。移籍1年目の14年は、右肩の故障で離脱した時期もあったが、31試合に登板して防御率0.58とチームに欠かせない存在となった。

     翌15年は1年目よりも成績を落としたものの、シーズン自己最多の38試合に登板。優勝した昨季は、故障で出遅れたものの、ビハインドゲームを中心に27試合に登板して、防御率1.82を記録した。移籍によってチャンスを掴んだ選手といえる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00104935-baseballk-base&p=1

     広島は23日、西原圭大投手(28)と、来季の契約を結ばないことを発表した。今季は2度の1軍昇格を果たしたが、2試合の登板でいずれも失点。防御率12・60と結果を残せていなかった。

     西原は今治北高、関西外大、ニチダイを経て2013年度ドラフト4巡目で広島に入団。14年には11試合に登板したが、わずか3年での解雇通告となった。前日22日までフェニックス・リーグ不参加メンバーとともに、2軍施設で練習を続けていた。

     この日、球団事務所に呼ばれた西原は「突然だったので…。ビックリしていますが、僕自身としてはトライアウトを受けて、やれることをやりたい。ただ、家族もいるので、相談して決めたいです」と言葉少なに話した。

     球団としては、3日に発表した久本祐一投手(37)、中東直己外野手(34)に続いて3人目。これで今季の戦力外通告は終了となる見込みだ。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000041-dal-base

     「巨人7-2広島」(27日、京セラドーム大阪)

     広島が首位攻防戦で大敗を喫し、6月12日・楽天戦(コボスタ宮城)以来の連敗となった。先発のジョンソンが来日最短の4回を7安打で、今季ワースト4失点(自責3)で降板。好調の攻撃陣も散発5安打、2得点に終わった。

     緒方監督は4点差の五回、1死一、二塁の場面で、ジョンソンに代打小窪を送った。小窪は中前打で起用に応え、田中の二ゴロで1点を返したが、反撃はここまでだった。指揮官は「(交代は)4点差あったからね。ワンチャンスで、1点でも詰められればと思っていた。田口には前回も抑えられていたので」と淡々と振り返った。

     2位・巨人とのゲーム差は9に縮まった。28日は相手エース・菅野との対決。14号ソロで意地を見せた鈴木は「勝たないと。すぐに追い付かれる。危機感を持ってやりたい。気を入れてやっていく」とナインの総意を代弁し、気を引き締めた。「一戦、一戦、やっている。とにかく、またあしたね」と指揮官。今季、まだチームは3連敗を喫してない。切り替えて戦うだけだ。


    引用元 http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/07/27/0009327833.shtml

     ◇セ・リーグ 広島2―7巨人(2016年7月27日 京セラD)

     広島の鈴木が7回に追撃の左越えソロを放ったが、2―6で敗戦。プロ入り以来続いていた本塁打を放てばチームが白星を挙げる“ホームラン神話”は18試合で途切れた。

     昨年6月28日の中日戦以降32試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を続けてきたジョンソンが4回4失点と誤算。救援も失点を重ね、鈴木の一発は焼石に水だった。

     6月17~19日のオリックス3連戦(マツダ)でサヨナラ、逆転サヨナラ、勝ち越しの3試合連続決勝弾を放つなど今季大ブレーク中の鈴木。今季だけでも12勝、プロ入りから通算すると本塁打を打った試合は18戦全勝だった。

     広島は24日の阪神戦に続き2連敗となり、6月11、12日の楽天戦以来の連敗。今季ここまで3連敗はない。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000149-spnannex-base

    このページのトップヘ