広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    山本浩二

     広島・新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山県伊都郡高野町の高野山清浄心院で14年連続の護摩行に挑み、石原、会沢、堂林と約1時間半、炎と向き合った。池口恵観住職(81)は「あと10年できる」と太鼓判。新井も「やります」と意欲を燃やすと同時に、日本一への決意を強くした。

     気温マイナス6度。真っ白に雪化粧した高野山で、新井は顔を真っ赤にしてお経を唱え続けた。新しい年の始まりを告げる荒行は14年連続。護摩木は昨年より1000本増の3000本。約1時間半、燃えさかる炎と無心で向き合い、今季への決意を新たにした。

     「今年もきつかったと思う。やっている時は何も考えられない。声も自然と出る。原点に戻るし、『よし、やるぞ!』と気持ちがグッと引き締まります」

     高野山での護摩行は今年が初めて。標高800メートルを超える世界遺産には神々しい雰囲気が漂う。同地を訪れるのは「3、4回目」と言う新井も、特別なパワーを感じ取っていた。

     「雰囲気が違うでしょ?着いた瞬間、空気と雰囲気がちょっと違うと感じた。別世界。素晴らしいところと知っていたので、そこでやらせてもらって感謝しています」

     節目のプロ20年目、心と体が充実している。ウエートトレーニングでは過去最高の数値を記録。それを証明するように、池口住職はシーズンMVPを獲得した一昨年以上の活躍を予言。「一球闘心」という四字熟語を授け、「50歳現役」に太鼓判を押した。

     「それ(2016年)以上に、気と力と若さが出ていた。新井には『50歳を過ぎてもやれ』と言った。本人も『やります』と言っていた」

     新井は今月30日に41歳を迎えるが、気力と体力は衰えるどころか、進化し続けている。それを支えるのは「日本一」への思い。昨季は「チームが苦しい時に救いたい」と繰り返し、チームの精神的支柱としてリーグ連覇に貢献した。

     その姿は今年も変わらない。2年連続で護摩行に参加した堂林、会沢には「昨年、厳しい経験をして、『今年もお願いします』と言ってきた。すごく気持ちが入っていると感じた」と優しいまなざしを向ける。

     護摩行はあと2日。新井は「キャンプが始まる前に心を締めてやりたいと思う」と力を込めた。頂点だけを見据える心はメラメラと燃えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000007-dal-base

     広島・松田元オーナー(66)が6日、膵臓(すいぞう)がんのため4日早朝に急逝した楽天・星野仙一球団副会長(享年70)の早過ぎる死を惜しんだ。

     松田オーナーは星野氏が現役を引退してから親交を深めたという。「熱さとクールさの両方を持っていた。(球界にとって)痛い。バリバリ引っ張っていってほしかった。あの若さでつらいと思う」と沈痛の表情を浮かべた。

     16年のドラフト会議での出来事が忘れられないという。控室に姿を見せた星野氏は松田オーナーの手を握り、「良かった、良かった、良かった」。25年ぶりのリーグ優勝を自分のことのように喜んでくれたのだった。

     同オーナーは「『良かった』と3回も言ってくれた。一緒に喜んでくれて、すごく伝わってきた。手の大きさも、声も、覚えている。部屋を出るときも『良かった』と言っていた。あの人の人柄だと思う」としみじみと振り返った。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000032-dal-base

     プロ野球・中日の投手として「打倒・巨人」に燃えた現役時代から強い印象を残し、監督として中日、阪神、楽天で優勝を果たすなど引退後も球界に大きく貢献した星野仙一さんの訃報に、球界の関係者からは死去を悼む声が相次いだ。


     明大出身の星野さんと同学年で、ともに東京六大学野球のスターとして注目され、2008年の北京五輪ではコーチとして日本代表監督の星野さんを支えた、法大出身で元広島監督の山本浩二さん(71)は「突然の訃報に言葉が出ない。あまりにもショックが大きい」と悲しんだ。

     昨年11月、12月に2度行われた野球殿堂を祝う会で顔を合わせており、山本さんは「元気がなく、顔つきや声にも力がなくなっていたので心配はしていた。後でお礼の電話がかかってきたので『気をつけてくれよ』と話したばかりだったのに……。本当に早すぎる」と話した。

     昨年、星野さんと共に野球殿堂入りを果たした元大洋(現DeNA)投手で野球評論家の平松政次さん(70)は「朝、たまたま携帯電話を見ていたらニュースが流れていてびっくりした」。昨年は1月の殿堂表彰式などで3度会ったが「一度も体調が悪いなんて感じさせることはなく、むしろ星野さんはスリムだな、スタイルがいいなと思っただけだった」と驚きを隠せなかった。

     岡山東商高出身の平松さんは高校時代に、倉敷商高の星野さんと甲子園行きをかけて競った間柄。昨年11月の野球殿堂入りの記念パーティーでは「岡山で2人(同時の殿堂入り)なんて珍しいことだな」と喜び合ったといい、「がんというから急なことではないだろう。ものすごく強気で、弱い所は絶対にみせない人。内心きつかっただろうけれど、全く感じさせなかった。星野さんらしい」としのんだ。

     星野さんが阪神監督当時に球団社長だった野崎勝義さんは「編成能力に優れた監督だった。球団は外様を呼んだり、難しい交渉をしたりして良い選手を獲得するのが下手だった。二人三脚で、それまでのやり方をひっくり返した」と当時を懐かしみ、「早すぎる。夢にも思わなかった」と声を落とした。【細谷拓海、中村有花、坂本太郎】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000022-mai-base

     37年ぶりのリーグ連覇を果たした昨季、広島に1人の革命的な4番打者が誕生した。鈴木誠也――。攻守走に最高級の品質を持つ23歳は、しかし、佳境を前に故障離脱の憂き目を見た。曲折を乗り越え、精神的に成長した2018年。「年男」が掲げる100打点は目安に過ぎない。心身とも屈強な真のスラッガーへ。予兆が現実になった時、3連覇と日本一の光が見える。

     「去年はブレブレでした。自分自身に対して感情が爆発したことも。こんな精神状態じゃダメだ…と気付いていたけど、具体的にどうすればいいのか、わからなかった…」

     鈴木は静かな口調で切り出した。打率・300、26本塁打、90打点の好成績を残した2017年。4月中旬から4番に抜てきされ、重圧など無関係とばかりに打った。だが、周りの目を意識し始め、自分を見失う。奇禍はそんな時に起きた。

     「3年目から階段を上り始めたけど、去年はガケだった。次の階段が無いから、一つ間違えたら(谷底に)落ちる。ケガは起こるべくして起きた…と」

     8月23日、DeNA戦で右足首を骨折。大きな転機だった。厳しい境遇にある人たちと入院中に出会い、好きな野球ができる幸せを実感。人として足もとを見つめ直した。その一方では、野球人として自身と向き合った。有意義な時間だった。

     「自分が向かう場所を見失い、ずっとモヤモヤしていた。でも、今は違います。ここを目指す、こういう選手になる…という目標が明確になったので」

     実績を積み重ね、求められるものが変わった昨季。周りの目に心を乱され、イラ立つ自分がいた。どうすれば達観できるのか。考え抜いて見つけた答えが“目標に向かってプレーする”だった。目指す先を問うと「それはまだ」と笑った。

     「去年よりも成長したい。数字は別に意識していません。ただ4番を打つとしたら、100打点は挙げないといけない。前の人たち(タナ・キク・マル)があれだけ出塁し、つなげてくれる。還すのが4番の仕事なので」

     多種多様な名優がそろうカープ打線。その中で4番の期待を担う鈴木は、状態が良くない中で残した昨季の好成績を例に挙げるまでもなく、底知れぬポテンシャルを秘める。24歳の年男を迎える今季、曲折を乗り越えてどう覚醒するのか。

     「テーマは、気持ちをどうコントロールするか。ケガをして、いろんなことを感じた。それをどう出していけるか。楽しみです」

     右足首手術から完全復帰し、新たな誠也神話の創世記が始まる。(江尾 卓也)


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/04/kiji/20180104s00001173037000c.html

     今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)と参加。打率3割、30本塁打、30盗塁の大台について「目標でもあるので、それに向かって頑張りたい」と意欲を口にした。

     95年に同じ遊撃でトリプルスリーを達成した野村氏は「助言は特に必要ない。ホームランはもともと打とうと思えば打てる。近い将来やってくれる」と太鼓判。山本氏も「それを達成すればチームも優勝に大きく近づく」と歓迎した。田中は今季打率.290、8本塁打、35盗塁だが、昨季は13本塁打をマーク。長打力に磨きをかければ不可能ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000034-spnannex-base

     広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18=広陵)が、思わぬ悩みに直面している。高校3年間貫いた丸刈りを卒業し、新たなヘアスタイルを求めているものの、いまだに決まっていないという。そんな中、かつて赤ヘルに一大ブームを巻き起こした“伝説のパンチパーマ職人”が注目発言。甲子園で1大会6本塁打を記録した“カミってる”男に届くのか…。

     高校球児の代名詞でもある丸刈り。広陵から広島にドラフト1位で入団が決まった中村奨もその一人だ。ただ、現役を終えると意識的に「脱丸刈り」へシフトする球児も多い中、中村奨は今夏の甲子園を終えた後も髪形を変えることはなかった。

     同世代でダントツの人気を誇り、日本ハムに同1位で指名された清宮幸太郎内野手(18=早実)も、ドラフト会議では短髪ながらおしゃれな姿を披露。一方で中村奨はドラフト会議、契約交渉、新入団発表と丸刈りを継続した。その裏ではバリカンのアタッチメントを付け忘れて6ミリにするはずが、5厘になってしまう“アクシデント”もあったそうだが、丸刈り姿を貫くその姿には、好感を持ったファンも多いことだろう。

     ところが、高校生活も残すところあとわずか。舞台をプロに移すのと同時に、新たなヘアスタイルに興味を抱きはじめているという。だが「高卒らしくというか…。あまり伸ばしすぎると『調子に乗ってる』とか『みっともない』とか言われてしまいそうですよね。でも、正直坊主はもういいかな」と“脱丸刈り”を決めたものの、まだ方向性は定まっていない。

     そんな悩めるドラ1捕手に“伝説のパンチパーマ職人”が手を差し伸べた。広島市内にある「ヘアーサロン十日市」の広瀬光人社長(77)は、山本浩二氏(71)らかつての赤ヘル黄金期を支えたナインたちにパンチパーマを施した仕掛け人。手入れのしやすさとカッコよさが売りでチーム内には“軍団”ができたほどだった。

    「当時からパンチパーマはありましたが、野球選手にやった人はいないでしょう。12球団で最初にパーマを始めたのはカープですよ。技術には自信がありましたし、(パーマは)自分が開発したオリジナルです。ビシッと決まって選手も大喜びでしたよ」(広瀬社長)

     広瀬社長は中村奨の入団に「楽しみ。人気はすごいし、よそに行かず(競合のくじで)広島が引いてくれてよかった」と大歓迎。また、気になるヘアスタイルについては「本人がその気ならいつでもしますよ。山本浩二さんもうちでやっていたし、パンチパーマといえばうちでしょう。人それぞれ髪質は違いますが、いいパーマにする自信はあります。来てもらえるならウエルカムです」と全面バックアップを約束した。

     甲子園6発と“カミってる”数字を残し、プロ入りで転機を迎えた中村奨。候補の一つにしてみてはどうだろうか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000027-tospoweb-base

     広島・丸佳浩外野手(28)が3日(日本時間4日)、13年5月20日のロッテ戦から継続中の連続試合出場に強いこだわりを示した。来季も全試合に出場すれば5年連続となり、球団史上4人目。今季は休日も体を動かし、初のMVPを獲得。来季も丸流ルーティンを継続し、リーグ3連覇を目指す。



     丸にとって、優勝旅行がつかの間の休息だ。家族との時間を楽しみ、この日はテレビ収録に参加。前日は仲間とゴルフを満喫し「楽しいです。プロに入ってから暖かいところでゴルフをするのは初体験。すごくやりやすかった」と振り返る。シーズン中に休まない男が「練習は無理ですよ。切羽詰まっているわけではない。帰ってからやろうと思う」と笑顔で言った。

     プロ10年目の今季、球界の顔へ成長を遂げた。4年連続で全試合に出場し、打率・308、23本塁打、92打点。最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得し、MVPにも輝いた。

     「なかなか取れるものじゃない」と重みをかみしめつつ「それは今年の話。来年はダメになっている可能性もある」と慢心は一切ない。「まだアピールする立場。結果を出さないといけない」とまで言い切った。

     13年5月20日のロッテ戦から、連続試合出場を継続中。来季も全試合出場で5年連続となれば、広島では衣笠祥雄、山本浩二、山崎隆造に続いて球団史上4人目。プロ11年目も毎日グラウンドに立つことが第一目標だ。

     「試合に出続けることは、僕にとって数少ない野球に対するこだわり。そこはモチベーション」

     来年4月に29歳となるが、ルーティンは継続する。「同じ動きでやることがある程度、生活のリズムになっている」。シーズン中はナイターなら試合開始の8時間前に球場入りし、試合がない休日もマツダスタジアムで汗を流す。「体を休めるという感覚は僕にはない。動けるうちは動こうというスタンス」と自らの考え方を示した。

     来季にはカウントダウンも始まる。通算1000安打まで残り53本。「モチベーションになる。早くクリアできればチームに貢献できる。狙うわけではないが、早いうちに達成できれば」と早期達成への意欲を隠さない。節目の数字も通過点。鯉の鉄人は休まず、さらなる高みを目指す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000012-dal-base

     【カフク(米ハワイ州)2日(日本時間3日)】広島の優勝旅行2日目はタートルベイ・リゾート内のゴルフ場で球団主催のゴルフコンペが行われ、首脳陣、選手、関係者ら75人が参加した。新井貴浩内野手(40)は菊池らと同組でプレーし、48位でフィニッシュ。来年1月で41歳になるベテランは、OBの黒田博樹氏(42)から「ボロボロになるまでやれ」と強烈なエールをもらったことを明かした。

     鯉のレジェンドからハッパをかけられて、セ・リーグの最年長野手は奮い立った。新井が黒田氏から独特の言い回しでエールをもらっていたことを明かした。

     「黒田さんとは、ひんぱんに会って、いろいろな話をしている。(現役続行の)報告はした。相変わらず、人ごとのように『ボロボロになるまでやらなアカン』と言われたよ」

     自分はきれいに辞めてはるのに…。新井と黒田氏は1999-2007年と、15-16年に広島で一緒にプレーし、16年は25年ぶりのリーグ優勝を経験。2桁勝利(10勝8敗)を挙げながら先に引退した先輩からの“無責任”(?)な現役続行指令に戸惑いつつも、しっかりと受け止めた。

     37年ぶりのリーグ連覇を果たした今季も、新井は100試合で打率・292、9本塁打、48打点と勝負強さを発揮。プレー以外でも4番の重圧に苦しむ鈴木や、開幕直後に不振だった松山に「(お前は)頑張っているよ」と声をかけ、気持ちを楽にさせるなどリーダーの役割も担ってきた。

     来季も悩める若鯉のために「自分にできることがあればアドバイスをしたい。もちろん、誠也(鈴木)に限らず、聞きにきてくれれば協力をしたい」と相談室をオープンする。

     この日のゴルフコンペでは菊池らと同組で18ホールを回った。48位だったが、野球のグラウンドと同じようにゴルフのコースでもエネルギッシュに動き回って周りを笑顔にした。

     「いいよね。ゆっくり過ごして、リラックスできるいい時間にしたい」

     優勝旅行を満喫して、来年1月30日に41歳になるベテランは、先輩の言葉を胸に、2018シーズンも全力で突き進む。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000034-sanspo-base

     37年ぶりにセ・リーグ連覇を果たした今季の広島。ドラフトでは、地元・広陵高の中村奨成を1位指名し、将来の正捕手候補には背番号「22」が与えられた。

     同じタイミングで、既存選手の背番号変更も発表。今シーズン正三塁手の座をつかみ、リーグ4位の打率.310をマークした安部友裕は、10年間背負った「60」を新入団の永井敦士に託し、来シーズンから新たに「6」を背負うことが決まった。

     若手がしっかりと育ち、再び黄金時代を迎えつつある広島。2014年には、三村敏之、長内孝、緒方孝市らが背負ってきた「9」を、不動の中堅手へと成長した丸佳浩が継承。2016年には、宮川孝雄、高橋慶彦、東出輝裕らが長年着用してきた「2」を、正遊撃手となった田中広輔が引き継いだ。

     安部が新たに背負う「6」も、小早川毅彦、浅井樹、梵英心と、その時代を象徴する名手たちが受け継いできた。「7」を継承した堂林翔太は伸び悩んでいるが、こちらも山本一義、野村謙二郎ら、かつてのスター選手が背負ってきた番号。プリンスには来季こそ、殻を破る活躍に期待したい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00139254-baseballk-base

    このページのトップヘ