広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    山本浩二

     セ・リーグ連覇をめざす広島の勢いが止まらない。

     首位決戦ということで注目された巨人との3連戦を全勝で終え、1分けを挟んでついに10連勝を達成。週末の阪神戦は1勝2敗と負け越しを喫するも、貯金8つで2位に2.5ゲーム差をつける好ダッシュを決めた。

     開幕ダッシュの立役者はいくらでも挙げられるが、絶対に欠かせないのが主砲・新井貴浩だ。25年ぶりのリーグVに導いた昨季同様の勝負強さを発揮し、これまでチームトップの13打点をマーク。13日の巨人戦でも初回のチャンスでいきなりタイムリーを放ち、電光石火の先制劇を生んだ。

     悲願の優勝を果たしたこともあり、いわゆる“燃え尽き症候群”を心配する声も聞かれたが、40歳の大台に乗って迎えた新シーズンは絶好調そのもの。今季はここまで全14試合に出場し、うち5試合でマルチ安打を記録するなどすでに15安打を放っている。

     これは132試合で136安打を記録した昨季をもしのぐペース。今年はその数字をどこまで積み上げるのか、注目が集まっている。


    今季中の“ベスト20入り”はほぼ確実
     昨季終了時点で2107だった通算安打数は、現在2121まで進んだ。

     歴代通算安打ランキングを見てみると、今季だけで谷繁元信(2108安打)、前田智徳(2119安打)、小笠原道大(2120安打)の3人を抜き去り、現在は清原和博と並ぶ歴代25位タイ。球史に名を残す強打者たちの記録を次々に超えていっているのだ。

     仮に新井が昨季と同じ136安打をマークしたとすると、シーズン終了時には2243安打に到達することとなる。これは歴代18位の数字だ。下記は、今季中に新井が抜き去る可能性がある通算安打ランカーである。

    【通算安打記録ランキング】
    15位 2314本 榎本喜八
    16位 2274本 高木守道
    17位 2271本 山内一弘
    18位 2228本 大杉勝男
    19位 2204本 大島康徳
    20位 2173本 若松 勉
    21位 2167本 稲葉篤紀
    22位 2157本 広瀬叔功
    22位 2157本 秋山幸二
    24位 2133本 宮本慎也
    25位 2122本 清原和博
    25位 2122本 新井貴浩
    ――――
    27位 2120本 小笠原道大
    28位 2119本 前田智徳
    29位 2108本 谷繁元信
    30位 2101本 中村紀洋

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00112846-baseballk-base

     25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島カープ。この優勝を75年の初優勝に重ねる向きも多い。41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史氏は“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した選手だ。

     彼はどのようにして広島を変えたのか。当時を洗いざらい語ってもらった。(その1はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50787)


    流れを変えた、捨てゲーム

     二宮 1975年の初優勝でカギになった試合は? 
     大下 6月19日のヤクルト戦じゃろうね。この試合までカープは5連敗しとった。もう投げさせるピッチャーがおらん。それで監督の古葉(竹識)さんがワシと(山本)浩二とサチ(衣笠祥雄)を呼んで「明日は、若い永本(裕章)を投げさせようと思うんだ」と言ったんだ。

     二宮 永本は4年前に地元の盈進高からドラフト2位で入団したピッチャーで、ボールは速いがノーコンで通っていました。

     大下 そうそう。それで古葉さんは、こう続けた。「もう、これ(永本)しかおらんから負けてもいい。なんならオマエらは休んでもええぞ」と。

     二宮 いわゆる“捨てゲーム”だったわけですね。

     大下 その試合にカープは3対1で勝ったわけよ(永本は六回三分の一を投げ勝利投手に)。それでカープは勢いに乗った。優勝する時というのは、こういう不思議な勝ち方があるんじゃろうねぇ……。

     二宮 予期せぬ戦力と言えば、アンダースローの金城基泰がそうでした。前年の74年には20勝(15敗)をあげ、最多勝に輝きました。ところがその年のオフ、交通事故に遭い、失明の危機に見舞われました。

     その後、薬の副作用と戦いながら8月に復帰を果たし、貴重なリリーフとして活躍しました。10月15日、優勝を決めた後楽園球場の最後のマウンドに立っていたのが金城でした。

     大下 まさか金城が戻ってくるとはねぇ……。古葉さんも、失明の危機に見舞われたピッチャーを、胴上げ投手に使うんじゃから、采配自体が神がかっていたね。ワシら守っていても鳥肌が立ったからね。

     優勝を決めた試合は八回途中から出てきた。ワシの顔を見るなり金城は笑いながら、こう言うたよ。「大下さん、ワシは打球が見えんのじゃけん、ピッチャーゴロでも安心しなさんなよ。バックアップにきなさいよ」ってね。



    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00050790-gendaibiz-bus_all

    <今日の一番>

     広島恒例の強化メニューがロングティー。ローテーション打撃が終わった後に、1箱約200球がなくなるまで打ち続ける。中盤から選手のうなり声が響く。声にならない声から「オラッ」、「クソッ」など、腹の底から出る声だ。スイングが緩くなると、打撃コーチ陣からすかさず声が飛ぶ。終わるとその場に倒れ込む選手も少なくない。


     この日は今キャンプ初のロングティーが行われた。誰よりも大きな声を出して打っていたのが、鈴木誠也外野手(22)だった。残りが半分になると「あと半分!」と言いながら打ち、苦しくなると「限界突破!」、「ここからや!」と叫びながらバットを振っていた。自分と向き合う、殺気立つような雰囲気を醸し出していた。

     そしてラスト10球となると「10割への道!」と言って打った。契約更改の場で目標を問われ「10割200本、1000打点」と言った男。当然、無理だとは分かっている。だが、鈴木にとっては100%の冗談ではないのだ。その言葉に周りも乗せられ、快音が響く。

     鈴木らしさは最後まで出た。ヘロヘロになって打ったラスト1球を打ち損じると間髪入れずに「もう一丁!」と言い放った。自分の惰性は許さない。ド真面目に「10割への道」を歩んでいるのだ。【広島担当 池本泰尚】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-01775879-nksports-base

     広島の丸佳浩外野手(27)が20日、球団史上5人目となる4年連続全試合出場を誓った。マツダの室内練習場で合同自主トレに参加し、「全試合にスタメンで出続けるのは一つの目標です」と言い切った。

     広島では、衣笠祥雄の17年連続(1971~87年)を筆頭に、山本浩二(77~82年)、山崎隆造(84~89年)の6年で、4年の金本知憲(99~02年、阪神移籍後10年まで継続)と続く。丸が14年から始まった全試合出場を今季も継続すれば“鉄人”の仲間入りとなる。

     25日からは、宮崎・日南のキャンプ地で先乗り自主トレを行う。「チームとして優勝したけど、自分の成績はまだまだ。3割も打ててないですし、ホームランももっと打たないと」と丸。昨季の打率2割9分1厘、20本塁打を上回る成績と全試合出場へ、早くも本気モードに突入する。(酒谷 裕)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000282-sph-base

    このページのトップヘ