広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    山本浩二

    【大下剛史・熱血球論】広島のリーグ連覇の立役者を一人だけ選ぶとするなら、迷うことなく丸佳浩の名前を挙げる。開幕から全試合にスタメン出場し、打率3割8厘、22本塁打、90打点の好成績もさることながら、広い守備範囲、常に先の塁を狙う積極性と、走攻守すべての面でチームをけん引した。リーグMVPは記者投票なのでどのような結果になるか分からないが、十分にその資格はある。

     何より好感が持てるのは野球に取り組む真摯な姿勢だ。決して派手なタイプではないが、オフも黙々とジムで筋力トレーニングに励み、キャンプはもとよりシーズンに入っても練習から妥協しない。まだ28歳ながら“大人のプレーヤー”の風格さえ漂わせるなど、体だけでなく精神面でも着実に成長している。

     昔から野球で重要なのは捕手―二遊間―中堅を結ぶセンターラインだと言われてきた。広島に当てはめると会沢、菊池と田中、丸がその役割を果たしているわけだが、中堅手の丸は守っている姿からチームに安心感を与えている。広島の歴代外野手の中でもトップクラスで、ミスター赤ヘル、山本浩二の全盛期よりも動きはいいと思う。集中力も球際の強さも申し分ない。

     2007年の高校生ドラフト3巡目指名で千葉経大付高から入団して、ちょうど10年目。正直言ってここまでの選手になるとは思わなかったが、広島らしいたたき上げで欠くことのできない野手の大黒柱となった。

     37年ぶりのリーグ連覇を達成し、さらに33年ぶりの日本一へとチームを導けば、選手としてのハクもつく。満足せずに上を目指す姿勢を貫けば、あと10年は第一線で活躍できるはずだ。順調なら来季中に国内FA権を取得するが、OBとしては現役だけでなく、将来的に指導者としても広島一筋でやってほしい。そう思わせる選手である。(本紙専属評論家)
    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/770710/

     9月14日のDeNA戦は、大接戦の末、5-4で広島が勝った。だが、優勝マジック対象チームの阪神が、これも接戦の末に巨人と引き分けたため、優勝はならなかった。残り9試合でマジック1。15日は試合がないため、優勝決定は9月16日以降となったが、広島の2年連続8回目の優勝は「当確」だ。広島は過去7回、どんな優勝決定日を迎えていたのだろうか。



     1975年10月15日、残り2試合で、2位中日との差は2.5ゲーム差。マジック「1」の広島は、後楽園球場で巨人と対戦した。超満員の観客が見守る中、広島は5回に先制したが、追加点は奪えず。1-0で迎えた最終回に、同年入団のゲイル・ホプキンスが高橋一三から3ランホームランを放ち、チーム創設25年で初優勝を果たした。投げては、外木場義郎、金城基泰の完封リレー。この年からチームカラーになった「赤」のヘルメットを被った「赤ヘル軍団」が、初めて歓喜の時を迎えた。

     1979年10月6日、残り8試合でマジック「1」の広島は、広島市民球場で阪神を迎え撃つ。2回に阪神・スタントンのソロが出て先制される苦しい展開だったが、6、7、8回と畳みかけて逆転に成功。8回1死から広島はクローザーの江夏豊がマウンドに登場し、古巣と対峙した。9回、イニングまたぎの江夏は阪神に激しく食い下がられ、代打川藤幸三、真弓明信のタイムリーで1点差に迫られるも、辛うじて逃げ切る。31000人の地元大観衆の前で、古葉竹識監督の体が宙を舞った。

     1980年10月17日、この日、広島はマジック「2」で、阪神と甲子園でのデーゲームに臨んだ。15000人とやや寂しい観客の前で、広島は6-3で阪神を下す。この時点でマジック「1」。マジック対象のヤクルトは神宮球場でのナイトゲーム。中日と対戦するが1-4で敗戦。この瞬間に広島のリーグ連覇が決まった。カープナインは広島へ帰る新幹線の中だったが、「ヤクルト敗れる」の一報を受けて山本浩二、衣笠祥雄以下のナインが、車内で優勝の雄たけびを上げる。

     1984年10月4日、マジック「1」としていた広島は横浜スタジアムで大洋と対戦。25000人の観客が見守る中、5回に2点を先制される厳しい展開だったが、6回に山本浩二が大洋の関根から逆転3ランを放った。この1点のリードを守り切って小林誠二が完投し、4年ぶりのリーグV。古葉竹識監督にとって4度目のリーグ優勝で、これが名将の最後の優勝となった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00010026-fullcount-base

     今季からスタートしたソフトバンク・達川光男ヘッドコーチ(61)のコラム「今昔物語」-。独特の話術で球界の今と昔を紡ぐ語り部が、今回も痛快に論じます。第3回は、広島で現役だった26年前の梅雨時期に迎えた「人生最大のピンチ」。この局面を救ったのは、必死な動物の姿でした。そして「鬼軍曹」として知られた当時のヘッドコーチの気づかい、さらに亡き妻から掛けられた愛にあふれる言葉とは-。

    【達川コラム(下)】ぎっくり腰なのに先発で「エーーーッ!」鬼軍曹の気遣い、亡き妻から愛の駄目だし
    ■ドラ1が起用され…

     西スポ読者の皆さま、どうも達川です。早いもので、このコラムも3回目じゃの。チームも交流戦に突入したんじゃけど、2カード連続勝ち越しと5月に続いていい戦いができとると思うよ。先週末は横浜スタジアムでの試合だったんじゃけど、宿舎に向かうバスから大井競馬場が見えたんよ。それで、ふと昔のことを思い出しての。今回は、その話をさせてもらうかの。

     あれはもう26年前か…。1991年のことよ。ワシも長年、正捕手を務めて、もうベテランと呼ばれる立場じゃったけど、その年にドラ1で瀬戸(輝信)いうのが、入ってきてな。で、今と同じ時期じゃった。ワシが突然スタメンを外されて、瀬戸が起用されて大敗したんよ。ワシは調子も悪くないし、どこも痛くない。10年近く正捕手を務めてきて、意地もプライドもあったからの。コーチ室まで「どうしてですかっ!」と言いに行ったんよ。そしたら、首脳陣総出で怒られたよ。「おまえが決めることじゃないっ!」。一蹴よ。



    引用元 https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/333539/

     11日終了時点で2試合連続本塁打を記録していた広島の鈴木誠也。8月の月間打撃成績は打率.308、4本塁打、11打点(11日終了時点)を記録し、首位を走る広島の4番打者としてチームを引っ張っている。

     打撃の状態が良いように見えるが、12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「ホームランは出ているんですけど、外の変化球に少し脆さがあるんですよね」と話す。

     この日の第3打席も、巨人の先発・菅野智之が投じた外角のスライダーを当てにいくも二飛に倒れた。谷繁氏はこの打撃を見て「先っぽですね。最近追い込まれてからの変化球を当てにいくバッティングをしているんですよね」と指摘。

     「(外の変化球を)しっかり待って振れるようになれば、調子が良いと見ていい」。現時点で打率.304、25本塁打、87打点を記録する鈴木だが、外の変化球をしっかりと対応できるようになれば、さらに怖い打者になりそうだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://baseballking.jp/ns/127857

    <広島4-3阪神>◇1日◇マツダスタジアム

     今日にもマジック点灯じゃ~! 広島鈴木誠也外野手(22)が1回に先制打を放ち、チームを勝利に導いた。貯金を今季最多となる28にまで増やし、今日にも優勝へのマジックナンバー「36」が点灯する。決勝打にも笑顔を見せない4番と同様に、チームに気の緩みは一切ない。若き主砲とともに、緒方広島がV2ロードを突き進む。

    【写真】広島鈴木が侍の誓い 稲葉ジャパンに呼んでください

     またも鯉の4番が試合を動かした。1回1死一、二塁。4番鈴木が外角カットボールを捉えた打球は遊撃大和の頭上を越え、左中間で弾んだ。奇跡を信じて広島に乗り込んできた阪神の出ばなをくじき、チームに勢いをもたらした。エルドレッドの適時二塁打もあり、幸先よく3点を奪った。

     先制機を逃さなかった。立ち上がりに2四球と制球に苦しむ阪神先発の岩貞から好機を得ると、ストライクゾーンに入ってきた球に反応した。「積極的に行こうと思って、行けたのは良かった」。3ランを含む4安打5打点の7月30日ヤクルト戦から2戦連続打点。いずれも貴重な打点となった。

     開幕から打撃感覚が上がらず、試行錯誤を続ける。一時2割9分台の打率は3割3厘に良化。21本塁打はリーグ3位で、77打点はリーグトップを誇る。それでも「数字で野球をやっていない。僕は技術を上げていきたいと思ってやっている。あまり成績にとらわれてやっていない」と満足感も達成感もない。

     7回2死二塁では、高橋のスライダーを打ち損じて左飛に倒れた。直後にはベンチで前の背もたれに顔をうずめ悔しがった。向上心と探究心の塊に、緒方監督も目を細める。「凡打すればベンチで力いっぱい悔しがるし、1本じゃ満足しない。1打席に集中して結果を求めて闘争心をむき出しにする。調子が良かろうが悪かろうが、今のチーム状態であれば彼を4番で使う」。意外性を連想させる「神ってる」と呼ばれた昨年とは違う。堂々たる主軸の立ち位置を築いた。

     普段は気さくで親しみやすい22歳。ただ、グラウンドに立てば人が変わる。4番の重圧もある。研ぎ澄まされた精神状態から周囲の声が耳に入っていないように思われることも。チーム内からは好感を持って“宇宙人”と呼ばれることもある。

     4番がたぐり寄せた試合の流れを最後まで譲らず、貯金は今季最多28に膨らんだ。今日2日阪神戦に勝ち、DeNAが敗れればマジックがともる。緒方監督は「全然関係ない」とかぶりを振る。連覇へ向けた道筋を描き始めたチームとともに、4番鈴木も高みへの歩みを止めるつもりは、まったくない。【前原淳】

     ▼広島がM点灯に王手をかけた。今日の試合で広島●、DeNA○ならば広島にM36が出る。これまで広島のM点灯が早かったのは、日付では80年と16年の8月24日で、試合数では80年の開幕87試合目。ただし、80年は130試合制で、M点灯時の広島は残り43試合。今日点灯した場合、残りが46試合あり、日付だけでなく、残り試合から見ても「最速M」になる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-01865683-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島14―3阪神(2017年7月19日 甲子園)

     これが首位独走の底力だ。広島は19日の阪神戦(甲子園)に14―3で圧勝した。3―3の8回、新井貴浩内野手(40)が右中間突破の決勝二塁打。山本浩二氏に並ぶ2284試合出場の節目を自ら祝った。ベテランの一打を起点に一挙8点の猛攻。2位の虎とは7月10日以来の今季最大9ゲーム差とし、貯金も今季最多を更新する24となった。

     痛烈なライナーが広い右中間を真っ二つに割った。同点に追い付かれた直後の8回1死一塁で、新井が値千金の勝ち越し二塁打。阪神のセットアッパー・マテオの初球、152キロの甘い直球をジャストミートし、塁上で笑みがはじけた。

     「好投手は追い込まれると苦しい。初球から振っていこうと思った。強力な阪神の中継ぎ陣から点が取れてうれしい」

     最高のシナリオだった。1点差に迫った6回1死満塁で同点の中犠飛を放ち、勝ち越し打で自ら祝った節目の試合。プロ19年目。積み重ねた出場試合は歴代15位の2284試合に達し、元監督で、憧れのミスター赤ヘル・山本浩二氏に並んだ。

     「実感がないけど、こういう記録は長くやらせてもらっているおかげ。山本浩二さんを含めて、お世話になった方に感謝したい」

     少年時代は自転車に乗って旧広島市民球場に通い、背番号「8」の背中を追った。入団5年目の2003年には山本監督から4番に抜てきされながら、プレッシャーに負けたホロ苦い思い出もある。

     「4番を外れる日、山本監督から“苦しいか、しんどいだろ”と声を掛けられた。情けなさで涙が出たね」

     これが後半戦初の先発出場。だが、代打でも、守備固めでも愚痴一つこぼさない。そんな姿を若手は慕う。新井が口火を切ると、皆がせきを切ったように打ちまくった。田中の3点三塁打の前後では、安部が、鈴木がタイムリー。一挙8点の猛攻で試合を決めた。

     「(打撃コーチの石井)琢朗さんがいつも言う、つなぐ攻撃ができた。皆がすごく喜んでくれたのがうれしいね」

     破顔一笑の40歳。緒方監督は「マテオから点を取れたのは大きいね。新井の2打点が大きかった」と称えた。2位阪神とは7月10日以来の今季最大9ゲーム差となり、貯金も今季最多を更新する24。首位独走に貢献する元気なベテランが頼もしい。 (江尾 卓也)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170720-00000006-baseballo-base

     広島の鈴木誠也(22)がこれぞ4番の仕事を見せた。2日の中日戦。1点を追う八回1死一、三塁から、左翼席へ弾丸ライナーで逆転3ランを叩き込んだ。

     前日は4タコ。この日も3打席目まで無安打だった。この時点で打率は3割ジャスト。「それまでの打席がふがいなさすぎた。大きな声援をいただいて、ここは絶対打ちたいと打席に入りました」と結果で応え、4月上旬から4番に抜擢する緒方監督も「カープの4番が試合を決める大きな本塁打を放ってくれた。頼もしく、成長を感じる」と目を細めた。チームは今季26度目の逆転勝利で貯金を21とした。

    ■「次こそはバリバリで出ないと」

     自他共に認める「負けず嫌い」。侍ジャパン野手最年少で臨んだ3月のWBCは悔しさしかなかったという。グラウンドではなく、ベンチで準決勝敗退を見つめた。帰国後、鈴木はこう誓っていた。

    「今回は、ただの補欠。代表だから試合に出られなくてもしょうがない、ではダメなんです。やっぱり試合に出ないと楽しくないし、次こそはバリバリで出ないといけない」

    「次」とは、2020年の東京五輪のことである。DeNAの筒香嘉智(25)を蹴落として侍の4番を張るくらい、絶対的な主力メンバーに成長したいと胸に秘める。

     昨年の流行語大賞「神ってる」には「マグレっぽいから」とウンザリしている。この日は3打点で61打点とし、リーグトップタイに並び、自身初のタイトルも視野に入れる。2位の阪神とは7.5ゲーム差。独走態勢に入ったチームをリーグ連覇へ、3年後には、今度こそ主力として侍ジャパンを金メダルに導くという目標が、モチベーションとなっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000008-nkgendai-base

    このページのトップヘ