広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    山本浩二

     2018年も残すところあとわずか。今年も多くの方々が、その生涯に終止符を打ちました。元広島内野手・衣笠祥雄さんは4月23日、上行結腸がんで亡くなりました。享年71歳。スポーツ報知では、知られざるエピソードとともに、故人をしのびます。



      *  *  *

     記録にも記憶にも残るスーパースターだった。衣笠氏は1979年に巨人・西本聖の死球で肩甲骨を骨折したが、翌日に代打でフルスイングの3球三振。「1球目はファンのため、2球目は自分のため、3球目は西本君のために振りました」と話した。同年の日本シリーズ第7戦で伝説の「江夏の21球」。マウンド上で孤独を感じる左腕に歩み寄り「オレもお前と同じ気持ちだ」と、一緒にユニホームを脱ぐ覚悟を伝えた。名場面での言葉に男気、人間味があふれ出る。

     だからこその思いが、広島ファンならずともある。「衣笠監督」はなぜ実現しなかったのか―。鉄人の無二の親友だった江夏豊氏がこの問いに丁寧に答えた。「これは謎。いろんな説があるけど…。先代のオーナー(故・松田耕平氏)室には衣笠のものばかり飾られていた。なぜ、あれだけの功労者なのにカープの指導者になれなかったのだろうか。オレには分からない」と思案を巡らせ、さらにこう続けた。

     「ある時、サチに聞いたことがある。『指導者というものに魅力はないんか』と。『ある。やってみたい』と、はっきり言った。でも、監督というのは、自分がやりたいからやれるものでない。サチも何があったのか言わない。他球団のユニホームを着るチャンスは、あるにはあったらしい。即座にお断りしたと。『オレは広島の衣笠だ』ということ。それが、どこのチームなのか聞きもしていないけど」

     87年の引退後、指導者として球界に復帰することはついになかった。縁やタイミング、強すぎた広島愛、理由は一つではないだろう。野球人生もまた、小細工なしのフルスイングだった。(島尾 浩一郎)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000129-sph-base

     今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督、選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が20日、都内ホテルで行われ、ソフトバンクを2年連続の日本一に導いた工藤公康監督が選ばれた。工藤監督は通算3度目の受賞となった。


     選考では広島をリーグ3連覇に導いた緒方孝市監督、3度目のトリプルスリーを達成したヤクルト・山田哲人内野手、パ・リーグ覇者の西武・辻発彦監督も候補に挙がったという。特に緒方監督に対して中西太氏が「3連覇はすごい」、杉下茂氏が「育成しながら3連覇に持っていった」など、絶賛の声もあがったという。

     だが、最終的に決め手となったのは広島OBの声だった。“ミスター赤ヘル”山本浩二氏もその手腕を評価しながら、「日本一にならなければいけない。工藤監督にすべき」と意見。日本一に導いた実績を重視し、工藤監督に決まった。

     作家でジャーナリストの門田隆将氏は、工藤監督の日本シリーズでの采配を評価。ベテランの内川に2度の送りバント、第6戦ではスクイズで決勝点を奪うなど、勝負に徹した采配を振り返り「今年はいろいろな面で工藤監督の手腕があった」と称賛。ソフトバンク・王会長も「山田君も日本一になったらあり得たかもしれない。正力賞はやはり、チーム全体の成績が大きい」と、語った。

     選考委員は以下の通り

     王貞治氏

     杉下茂氏

     中西太氏

     山本浩二氏

     門田隆将氏


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000100-dal-base

    日本プロ野球名球会と読売新聞社は20日、11月24日に東京ドームで開催する「名球会ベースボールフェスティバル2018」で実施する名球会セ・パ対抗試合(午後2時開始)の両チームの監督とスタメンが決まったと発表した。


    セ・リーグは黒田博樹、パ・リーグは野茂英雄が先発する。現役時代は、日米を通じて両者が投げ合ったことはない。

    選手は日本プロ野球で初めて所属した球団の、入団当時の復刻ユニホームを着用してプレーする。

    監督とスタメンは次の通り(敬称略)

    ◆名球会セ・リーグ

    監督 王貞治

    1番右翼 柴田勲

    2番二塁 高木守道

    3番中堅 山本浩二

    4番DH 王貞治

    5番一塁 松原誠

    6番左翼 ラミレス

    7番捕手 古田敦也

    8番遊撃 野村謙二郎

    9番三塁 鳥谷敬

    先発投手 黒田博樹

    ◆名球会パ・リーグ

    監督 張本勲

    1番中堅 福本豊

    2番二塁 山崎裕之

    3番DH 張本勲

    4番左翼 土井正博

    5番三塁 有藤通世

    6番右翼 秋山幸二

    7番捕手 和田一浩

    8番遊撃 松井稼頭央

    9番一塁 福浦和也

    先発投手 野茂英雄


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00397831-nksports-base

    【ネット裏 越智正典】広島34年ぶりの日本一はならなかったが、CSが始まろうとしていた10月11日、最終ステージで待ち構えていた広島の松田元オーナーが「優勝パレードは日本一になったときだけ」と言明したのは見事な選手激励だった。

     1974年、セで優勝した中日が名古屋まつりとぶつかった地元の熱望を断れず、チームを二分し、分隊を長嶋茂雄現役引退の巨人戦の後楽園球場へ。本隊はパレード。監督与那嶺要は泣いた。「みんなでパレードをやりたかった」。ドラは日本シリーズでロッテに負けた。

     カープの勝利の歴史は63年松田恒次オーナー(日本野球機構への正式届けは2月26日)の決断で初の県外キャンプに始まる。それまで、呉二河球場。雨の日はからだを動かさなかったからと、晩ごはんが焼きそば一皿の日もあった。

     キャンプ地を探せ! マネジャー竹内鉄男(法政大)が九州へ。どこもいっぱい。日南に球場があるらしいと聞き、宮崎の宮田旅館に一泊。翌朝バスでガタガタ道を3時間。青空、防風、町の人々の人情。あったあー。

     キャンプイン当日、一行は空路広島から鹿児島。着陸したとき機内の拍手はやまなかった。日南天福球場には歓迎の鯉のぼりが泳いでいた。横溝桂はいいボールが用意されていたのに感激。もう、変形したボールを金槌で叩いて直さなくてよい。

     カープは70年(4位)秋、アリゾナ州フェニックスのアストロズの教育リーグに三村、山本一義、山本浩二、衣笠ら6選手を送った。71年(4位)秋には同、ブルワーズに3選手。引率のコーチ、終戦直後の阪神の速投げ人気投手野崎泰一は、出会ったインディアンスの“火の玉投手”ボブ・フェラーと意気投合した。

     その71年秋、代表西野襄は恒次オーナーの意を汲んで72年の予算に「練習費」なんと、5000万円を組み込んだ。そして春、アリゾナ州ツーソンのインディアンスのキャンプへ。ナインはあの猛烈ジョー・ルーツに出会う(2月25日~3月17日)。当時快打選手、現スカウト、チーム編成の異彩、苑田聡彦ら36人。秋はパイレーツの教育基地、フロリダ州ブラデントンへ(10月31日~11月24日)。OB金山次郎、長谷川良平に臨時コーチを委嘱。43人。大デモンストレーションである。山本浩二、衣笠祥雄は結局、アメリカで計3度腕を磨く。

     赤へル軍団誕生前夜、北米を旅行中の私はパイレーツのGMジョー・ブラウンに自宅に招いて頂いた。「ヒロシマの選手はラブリーだ。みんな礼状をくれた。きっと黄金時代を作る」。氏はヤンキースを倒すのに選手の躾を貫いてワールドチャンピオンになった。

     75年10月15日、広島は初優勝。結団以来、風雪26年。銀座に行かなかった苑田らは、ビールかけの両国の宿舎から隅田川の土堤を歩いて、粋な向島へ。料亭で賑やかな三味線に合わせて太鼓を叩いて勝利のよろこびに浸った。夜が明けた…。 =敬称略=
     (スポーツジャーナリスト)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000001-tospoweb-base

    スポーツ界には、様々な「ミスター」が存在する。ときにはチームの象徴であったり、競技そのものを象徴する存在でもあったりする。今回はプロ野球のセ・リーグにスポットをあてて、各球団の「ミスター」を紹介。(文=池田敏明)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00010000-victory-base

     ◇セ・リーグ 広島10―0ヤクルト(2018年9月26日 マツダ)

     球団史上初のリーグ3連覇を達成した広島に、歴代の監督から祝福の声が寄せられた。

     元広島監督の山本浩二氏は「3連覇はすごい」と称え、「すごいチーム力。各選手が状況を考え、自分の役割を全うした。日本一のチャンスは十分あると思う」と絶賛した。

     前広島監督の野村謙二郎氏は「今年が一番厳しく、難しかった」と振り返り「この3年間で変わっていないのは、しっかりとした育成システムから成す選手層の厚さ。手応えのある、うれしい優勝だと思う。おめでとう」と祝福した。

     広島・松田元オーナーは「ようやくマツダスタジアムで胴上げを見ていただけた」と感無量。「建設されて10年の節目の年。その年に3連覇を果たし、その瞬間を見ていただけた。良きファンの人々に恵まれ、私たち球団は幸せな球団だと思っています」とファンに感謝した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000175-spnannex-base

     (セ・リーグ、巨人5-10広島、20回戦、広島14勝5敗1分、28日、東京D)

     天国と地獄の両方を見た男は強い。広島の首位独走の立役者の1人が6年目の鈴木誠也外野手(24)。28日の巨人戦でも「4番・右翼」で先発し、26号2ランを含む3安打3打点。それでも試合後は「(3番の)丸さんが打ってくださるので楽な気持ちで(打席に)入らせてもらっている」と先輩を立てた。

     昨季は4番を務め打率・300、26本塁打、90打点と主軸として結果を残す一方で、8月下旬に右足首の骨折で戦線離脱。今季もコンディション不良や自打球の影響で離脱、欠場を余儀なくされる時期もあったが、リーグ2位の打率・341。チーム内ではこの日4安打を放った丸(同4位)とともにタイトル争いを演じている。

     球団関係者は鈴木が短期間で「天国と地獄」を経験したことが「大きな成長へとつながった」とみる。

     「去年も4番に起用されて頑張っていたけど、その重要性や責任を本当の意味で背負うようになったのは、昨夏にケガで離脱してから。そこから試合で打てず悔しがる言動をひとつ見ても、明らかに変わりましたよ」

     これだけ立派な数字を残せば天狗(てんぐ)にもなりそうなものだが、「それがないんですよ。練習でも『まだやります!』とおかわりするし、妥協も満足もしない。それが今の成績を残す原動力だと思いますね」。鯉の4番は並の男ではない。(山戸英州)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000015-ykf-spo

     「中日6-5広島」(8日、ナゴヤドーム)

     広島の新井貴浩内野手(41)が、引退表明後初めて「6番・一塁」でスタメン出場し、1安打1打点。五回の右犠飛で通算1300打点とした。通算80犠飛は、恩師でもある山本浩二氏を抜いて歴代単独10位となった。チームは今季3度目の4連敗を喫し、優勝へのマジックは「10」のまま。9日は今季最後のナゴヤドームでの一戦。勝利で飾り広島に戻る。


     スタンドから聞こえる「新井さ~ん」の声に燃えないはずがない。大きな背中で、大歓声を受け止めた新井が1安打1打点だ。一塁の守備や走塁でも視線を独り占めする全力プレー。「声援?もちろん届いている。ありがたい」。5日の現役引退表明後、初スタメン出場となる「6番・一塁」で、その存在感は際立っていた。

     二回の第1打席で中前へクリーンヒット。五回は同点とし、なお1死満塁で一時勝ち越しとなる右犠飛を放った。「最低限の仕事ができて良かった」。1打席1打席が、日本野球史に刻まれる。史上17人目の節目の1300打点。通算80犠飛は、尊敬するミスター赤ヘル・山本浩二氏を抜いて歴代単独10位になった。

     どんな状況でも一切手を抜かないのも新井らしさ。五回無死一塁では大島の打球をダイビングキャッチ。八回の打席では歯を食いしばって一塁へ走り、振り逃げを勝ちとった。「当たり前のことだから」。サラリと言ってのける姿が頼もしい。

     ナゴヤドームには思い出がいっぱい詰まっている。ルーキーだった99年4月3日の中日戦。代打でプロ初出場したのがこの球場だ。さらに苦い記憶も。同年9月21日。五回無死満塁から小山田がゴメスを投ゴロ併殺打に仕留めた。だがアウトカウントを間違えていた一塁手・新井はチェンジと勘違い。中日・仁村一塁ベースコーチに球をトスしてしまった。一塁ファウルゾーンに球が転々とする間に二塁走者が生還した。

     「仁村さんが体をくの字にして球を避けてね。アッと思った。達川監督にめちゃめちゃ怒られたよ。(相手の)星野監督には『お前、良いヤツだな』って言われたのを覚えている(苦笑)」。19年前の出来事を懐かしそうに振り返った。

     リーグ3連覇、そしてその先にある日本一へ向けての戦いが続く。引退試合は予定されておらず、真剣勝負の1試合1試合が自身にとっての引退試合だ。プロ20年目。9日は今季最後のナゴヤドームだ。「全力で駆け抜けたい」。すべてを出し尽くし勝利を呼び込む風となる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000021-dal-base

     「広島9-3巨人」(10日、マツダスタジアム)

     超高性能の国産スラッガーだ。広島・鈴木誠也外野手(23)が8月1日・ヤクルト戦以来、今季2度目の1試合2本塁打で3年連続20号に到達した。阪神が勝ったため、優勝マジック点灯はまたしてもお預けとなったが、チームは今季2度目、最長タイの6連勝。マツダでスズキがメルセデスを打ち崩し、巨人戦4年連続勝ち越しを決めた。

     鈴木は豪快にバットを振り抜いた。打球は規格外の弾道を描いて右翼席に着弾。今季2度目の1試合2本塁打で4年連続巨人戦の勝ち越しを呼び込んだ。

     「本当にたまたまです。打った瞬間はどこに行ったかも分からなかったので。三振でもアウトでも一緒。自分のスイングで終わろうと思っていました」

     2点差に詰め寄られた直後の七回だ。2番手・野上の外角直球を強振し、逆方向へ突き刺した。初回は2死一塁から左翼席へ特大の19号先制2ランを放っており、リーチをかけていた3年連続20号へ一気に到達した。

     「使ってもらっているので。今は数字は意識していない。シーズンが終わったときにいい結果だったらいい」

     試合後はそうクールに振り返ったが6年目の進化が著しい。開幕前から「誠也の打球はエグイ。音が違う」と打撃投手から驚きの声が上がっていた。開幕直後の離脱時にフリー打撃を目の当たりにした水本2軍監督も「格が違う。一皮もふた皮もむけた。近年では見たことがない」と目を丸くしていたほどだ。

     “珍プレー”のうっぷんを晴らす猛打賞でもある。前夜は三回の打席で審判員のカウント間違いにより四球とならず、4ボール2ストライクから二ゴロに倒れていた。「気づかなかった。気づいていたら一塁に行っていた」。出塁を損した形だが、この日は5打数3安打の大暴れで打率も出塁率も上昇させた。

     「誠也のホームランから始まって2本目のホームランも非常に大きかった。つなぎの中でタイムリーが下位打線にも出ていた。いいゲームだった」

     試合後は緒方監督もご満悦だ。スタメンは初顔合わせの左腕メルセデス対策にあえて左打者をズラリ。野間、松山、西川が躍動して、ベンチの策がズバリ的中した。阪神が勝ったため優勝マジック点灯はまたしてもお預けとなったが、チームは今季2度目の6連勝。マツダスタジアムの巨人戦は13連勝となった。若き4番に導かれて、真夏のV3ロードを突っ走る。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000017-dal-base

    このページのトップヘ