広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    岡田明丈

    <担当記者イチオシ:広島岡田明丈投手>

     黒田博樹氏が抜けた先発陣で、2年目右腕岡田明丈投手(23)の存在感は日に日に高まっている

     昨季終了後から課題の制球難克服と調子安定のため、フォームを修正した。春季キャンプ、オープン戦から成果を発揮。春季キャンプで主戦候補の大瀬良大地投手や福井優也投手が離脱する中、首脳陣に成長を強く印象付けた。

     150キロ超の直球は球威、切れが増し、制球力も向上。オープン戦に5試合登板し、防御率1・57と数字でも成長を示した。緒方孝市監督は「期待は大きい。1年間しっかりローテーションを守ってくれるんじゃないか」と目を細める。

     右も左も分からなかった昨春とは違う。「何をすればいいか分かっている。昨年の経験を生かせると思っています」。地に足をつけ、2度目の開幕を迎える。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-01797809-nksports-base

     広島の2年目右腕・岡田明丈投手が、開幕前最後の登板で順調な仕上がり具合を見せた。25日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に先発。6回まで投げ、5安打無失点と好投し、「ストレートをしっかりインコースに投げ切れれば、シーズンでもしっかり投げられるじゃないかと思います」と手応えをつかんだ様子だった。


     初回、今宮に四球、柳田に死球を与えたが、「コースをきっちり投げようとした。死球は勝負しにいった結果。慌てたところはない。粘ることが出来た」と内川、デスパイネを打ち取った。

     2回以降は150キロ近い真っすぐを軸に内角もきっちり攻め、走者を出しながらも、6回まで無失点投球。85球で降板した。

     開幕カード第2戦となる4月1日の阪神戦(マツダ)での先発が有力視される右腕。「(真っすぐで)空振りも取れていたので、腕は振れていると思う。去年よりも慌てることはないかなと思う。去年の経験が今年は生かせている」という。ルーキーイヤーの昨季は4勝。黒田博樹が抜けた穴を埋める存在として、期待がかかる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010026-fullcount-base

    <オープン戦:広島1-2ヤクルト>◇11日◇福山

     先発ローテ入りが確実な広島の先発岡田明丈投手(23)は5回82球を投げて、4安打2失点だった。

     3回に1ボールから中村に中前打を許すと、続く西浦にも1ボールからの真っすぐを左翼席に運ばれた。「初球ボールとなって、2球目(ストライクを)取りに行ったストレートを狙われた。コースにしっかり投げきりたかった」。試合後は反省の弁を並べた。

     5回には連打と四球などで無死満塁のピンチを招くも、真っすぐで押す投球で3者連続三振を奪った。追加点を許さぬ投球に「自信のある球で攻めることができた。あそこで粘れたのは収穫」とうなずいた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-01790753-nksports-base

     「オープン戦、阪神2-6広島」(5日、甲子園球場)

     広島は先発の岡田が4回2安打無失点の好投。最速150キロの直球を軸にキレのあるスラーダーやフォークなどで的を絞らせなかった。二回、先頭の原口に中前打を浴びるなど1死一、三塁のピンチ背負ったが、後続を打ち取り得点を許さなかった。三、四回と三者凡退に抑え、マウンドを降りた。

     打線は二回、会沢の左前適時打で先制。三回には3-0とリードを広げ、なおも2死三塁の場面から新助っ人・ペーニャが右前適時打を放った。

     阪神はドラフト2位・小野が初先発したが3回4失点と苦戦した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000073-dal-base

     広島・岡田明丈投手(23)が4日、マツダスタジアムで全体練習に参加し、5日の阪神とのオープン戦(甲子園)に備えて、キャッチボールなどで汗を流した。

     開幕ローテ入りが有力視される右腕は気合十分。「バッター一人一人という気持ちでやっていこうと思います。全力でアピールしないといけない」と力を込めた。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000082-dal-base

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     広島は今季、リーグ連覇と33年ぶりの日本一を目指す。最大の懸案事項は、先発陣の再整備だ。昨季限りで黒田博樹氏(42)が現役を引退。開幕ローテはクリス・ジョンソン投手(32)と野村祐輔投手(27)の2人しか決まっておらず、投手陣を引っ張ってきた右腕が抜けた穴を誰が埋めるのか。

     緒方監督、コーチ、選手の誰しもが口をそろえる。「今年は日本一が目標」。昨季、成し遂げた25年ぶりのリーグ制覇。そして日本シリーズでの敗北。喜びと悔しさの両方を経験したことで、一体感はさらに強さを増した。新井も「頂がはっきり見える」と言い切る。活気ある春季キャンプの現場を見ても意識の高さがうかがえる。

     連覇への課題は、先発投手の再整備だ。昨季はジョンソンが15勝、野村が16勝、黒田氏が10勝と3本柱がそろって2桁以上の勝ち星をマークした。だが、昨季限りでレジェンドが現役引退。開幕ローテは、ジョンソンと野村しか決まっておらず、残り4枠は未定だ。

     黒田氏が残した10勝、151回2/3の投球回数を埋めるのは簡単ではない。緒方監督は「競争」という言葉を連呼しながら“ポスト黒田”の台頭を願ってきた。

     順当なら大瀬良、岡田、福井の名前が挙がってくるだろう。彼らの存在を脅かしそうなダークホースが薮田と左腕・塹江。キャンプ序盤を終え、14年度ドラフトの同期入団である2人の株が急上昇している。

     右肩の故障を抱えながら入団した薮田は、3年目を迎え不安がない。オフは過去2年のオフにできなかったキャッチボールやブルペンでの投球を続けた。昨季までは、古傷をかばうような投げ方だったが、今春は「肩がスムーズな動きをしている。しっかりしたテークバックが取れている」と畝投手コーチ。8日のシート打撃登板では、この時期にもかかわらず自己最速タイの153キロを計測した。球威はチーム屈指で、スタミナもある。

     先発、中継ぎを問わず、広島は左腕不足の解消がここ数年の課題だ。塹江は、右打者の内角へ投げ込む左腕独特のクロスファイヤーが持ち味。昨季、1軍を経験したこともあり、精神面でたくましさを増した。走者を背負っても動じない投球ができるようになりつつあり、失点しても次の点を与えない粘り強さが出てきた。

     今春は多くのチャンスが与えられる予定。経験を積むことで緒方監督が先発に求める安定感が生まれてくるはずだ。

     リリーフ陣に大きな配置転換はない。守護神は3年連続で中崎が務め、セットアッパーはジャクソンか新外国人・ブレイシアのどちらかが担う予定。七回は今村が濃厚だ。昨季とほぼ同じ布陣で勝利への扉を開いていく。

     指揮官が思い描く理想の投手編成は、リリーフを含め「20人」の1軍級を整備すること。昨季は故障者や不調な選手が出た場合でも、2軍から昇格したヘーゲンズや九里、中村恭らがカバーして戦力を維持した。田中、菊池、丸、鈴木ら強力な攻撃陣がいるが、目指す野球を「投手を中心とした守り勝つ野球」と言い切る。昨季は前田が抜け、そして今季は黒田氏がいない。それでも激しいチーム内競争から選手を育て、連覇へとつなげていく。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000033-dal-base

    このページのトップヘ