広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岡田明丈

    <広島-中日>◇23日◇マツダスタジアム

    広島で1軍登録最年少のアドゥワ誠投手(20)がチームの窮地を救った。


    プロ初先発で7回をソロ2本による2失点に抑え、先発の役割を十分に果たした。

    先発デビューの1回初球を中日平田にセンターバックスクリーンにたたき込まれる幕開けも、強心臓ではね返した。立ち上がり10球連続ストライクが示すように、ストライク先行で攻めた。5回、平田に2打席連続となるソロを左翼席に運ばれるも動じない。後続を断つと、勝ち越し点を許さなかった。7回、3度目の対戦となった平田を中飛に打ち取り、105球を投げ抜いて降板した。

    勝ち星は得られなかったものの、広島先発では大瀬良、床田がともに3度、野村が2度しか達成していなかったクオリティースタートをクリア。12連戦を前に、生きのいい先発右腕が加わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-04230871-nksports-base

     開幕してから約3週間が経過したプロ野球。セ・リーグではヤクルトとDeNA、巨人が首位を争う。その一方で昨季まで3連覇中の広島が5カード連続でカード負け越しとなり、大きく出遅れる波乱が起きている。パ・リーグは昨季2年連続日本一に輝いたソフトバンクが怪我人を多く抱えながらも首位に立ち、楽天、日本ハム、西武が追う展開となっている。



     各球団が14試合ないし15試合を消化した4月の半ば。それぞれの球団の戦いぶりを識者はどう分析しているのか。中日、オリックス、楽天で27年間に渡ってプレーし、史上3人目となる両リーグでの本塁打王にも輝いた野球解説者の山崎武司氏が「Full-Count」のインタビューに応じ、ここまでの戦いへの見解を語った。

     今季のプロ野球で、この3週間での最大のサプライズといえば、やはり広島の出遅れだろう。開幕から5カード連続で負け越し、現在、4勝11敗の借金7。チーム打率.212はリーグ最下位、チーム防御率4.09はリーグ5位と、3連覇中の常勝チームとは思えないほどの不振に喘いでいる。

     広島が苦戦を強いられている要因はどこにあるのか。かつて在籍した中日、楽天を中心に解説、評論を行い、セパ両リーグをチェックしている山崎氏は「ピッチャーがてんてこ舞いになっている。理由は簡単。ピッチャーが全く機能していない。そこに尽きる」と、投手陣が原因にあると指摘する。

     エースの大瀬良や床田、野村は奮闘しているが、頼みのジョンソンが防御率9.00と結果を残せず、開幕ローテに入った岡田は2試合連続で炎上し、防御率10.80で2軍降格となった。守護神の中崎はすでに2敗を喫し、フランスアも防御率7.20と不振だ。

     丸佳浩が巨人にFAで流出したものの、山崎氏は「丸がいなくなったから、というのは思わない。やっぱりピッチャーが悪い。ジョンソンも良くないし、岡田もダメ」とする。これまでも、打線に比べ、投手力の弱さは指摘されてきた。それでも、年替りで若手が台頭したり、と、課題を何とか潰してきており、山崎氏は「今年まだそれが出てきていない」という。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00347334-fullcount-base

     「広島2-6ヤクルト」(11日、マツダスタジアム)

     明らかに、我を失っていた。

     二回、先発の岡田がストライクが入らなくなり、4者連続四球。捕手の会沢や遊撃手の田中広が声をかけても効果なく、たたきつけるワンバウンドのボールや抜けた変化球が打者の頭部付近に向かうなど、明らかなボール球を連発した。1回0/3を2安打6四球6失点でKO。自滅でチームは4連敗となった。

     デイリースポーツ評論家の関本四十四氏は「立ち上がりから調子が悪く、『まずい』と焦ってしまい、バランスが崩れた。間違いなく、メンタル面が影響している。いわゆるイップスのようなもの。上体と下半身の連動がバラバラになって、本人もパニックになって、どこを修正したらいいか分からなかったと思う」と振り返った。

     前夜は十回に一挙12失点で惨敗。一夜明けても本拠地に重い空気が漂っていたが、岡田はその雰囲気を払しょくするどころか、一気に飲み込まれてしまった。

     4連敗中の失点はトータル「40」。先発陣が4戦連続で5回持たず、厳しい戦いを強いられている。ただ、この日も松山の失策が失点に絡んだように、トータル18失策は断トツの両リーグワースト。野手陣も焦りからミスを連発し、本来のプレーを見失っている。バットも湿り、頼みの主砲・鈴木も17打席ノーヒットと、力みからミスショットを繰り返している。

     関本氏は「口に出したくはないだろうが、丸や新井が抜けたことで弱くなったと言われたくないと思っていたはず。ただ、負けが続いて『あれ、おかしいな』と思っているうちにズルズルとあり地獄にはまってしまった。こういう時はエースの大瀬良が完封したり、鈴木がドカンと一発を放ったり、何か勢いのつくきっかけがほしいところだが、『俺がやらないと』、『何とかしないと』などと必要以上に思うと裏目に出る。全員が地に足をつけてプレーしていくしかない」と語った。

     12試合で3勝9敗となったのは10年以来、9年ぶり。ただ、巻き返す時間は十分に残されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000150-dal-base

     広島がドロ沼から抜け出せない。11日のヤクルト戦(マツダ)は先発・岡田が立ち上がりから制球難を露呈。1回0/3を2安打6四球6失点と試合を早々にぶち壊し、2―6で押し切られて4連敗となった。本拠地で同一カード3連敗は2015年6月以来4年ぶりの屈辱だ。

     岡田は「自分の直球がどれだけ通用するか、勝負したい」と意気込んでいたが、そもそもストライクが入らなければ勝負にならない。初回から2四球2安打などであっさり2点を失い、2回は完全に独り相撲。先頭打者から投手の寺原を含む4者連続四球で3点目を与え、一死も奪えずKOされた。その後も守乱が絡んで走者が次々に生還。今のカープ打線にいきなりの6点ビハインドは重過ぎた。

     連日の惨敗に緒方孝市監督(50)の言葉も苦しい。岡田の二軍降格を明言し「地元で勝てていないので本当にファンの人には申し訳ない」と頭を下げた。

     守乱もあったとはいえ投手陣は今カード3試合で計31失点。佐々岡投手コーチも「苦しいよね」と渋い顔だった。こと対ヤクルトで見過ごせないのが2年前まで在籍していた石井、河田両コーチへの“過剰意識”だ。投手陣の間では対戦前から「琢朗さん(石井打撃コーチ)たちの指導の効果が本格的に表れてきている。ウチの打線に似た怖さが出てきたから気を付けないと」との声が上がっていた。

     指揮官は「また明日から試合は続くし、立て直せるようにしっかりやるだけ」と前を向いたが…。今後はツバメ恐怖症の克服もコイ投の課題となりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000036-tospoweb-base

     広島の「投壊」が止まらない。広島は2019年4月11日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し2-6で敗戦し、今季初の同一カード3連敗を喫した。この日の先発・岡田明丈投手(25)が大乱調で、広島は2回までに6失点。ヤクルトとの3連戦で計31失点の広島は、これで借金が「6」に膨らみ定位置の最下位に。ファンからは早くも優勝を絶望視する声も上がっており、Aクラス入りも危ぶまれる状況に陥っている。

     先発・岡田の独り相撲にチームが沈んだ。1回にウラディミール・バレンティン外野手(34)の適時打などで2点を失った岡田は、続く2回、7番、8番に連続四球を与えると、9番・寺原隼人投手(35)にまさかのストレートの四球。1番・太田賢吾内野手(22)にもストレートの四球で押し出し。岡田はここで降板となったが、後を継いだ矢崎拓也投手(24)がヤクルト打線につかまり、この時点で試合がほぼ決した。

    ■先発・岡田にファンから罵声も

     先発陣の不調は深刻だ。6人のローテーションが2回りし、12試合を終えたところでわずか3勝。防御率4.12はリーグ5位だが、69失点はリーグ断トツの最下位。5位阪神の「55」を大きく上回る失点が、広島投手陣の現状を物語っている。昨シーズンまでは熱狂的な声援を送っていた広島ファンも、ついに我慢の限界を迎えたのか、11日の試合では、降板する岡田の背中に罵声を浴びせる場面も。

     連日の投壊と貧打。チームのあまりの停滞ぶりに、ネットではあの「暗黒時代」と重ね合わせる声も。広島は98年から12年まで15シーズン連続でBクラスに停滞し、広島ファンの間では「暗黒時代」と呼ばれている。この間、5人の監督が指揮を執ったが、チームは毎年のように最下位争いを繰り広げ、最高の4位はわずか3度だけ。当時はチームの経済事情も悪く、補強にかける費用が抑えられていたことも停滞の要因とみられる。

     ファンの間でささやかれる「暗黒時代」への逆戻りだが、実際のところ広島は大きな不安を抱えている。昨オフは、丸佳浩外野手(30)が国内FA(フリーエージェント)権を行使して巨人に移籍し、広島は大きな戦力を失ったが、今シーズン中に複数人、国内FA権取得が見込まれる選手がいる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000002-jct-spo&p=1

    <広島2-6ヤクルト>◇11日◇マツダスタジアム

    広島先発岡田がプロらしからぬ四球連発で自滅した。初回に2四球で2失点。2回は先頭から連続四球の後、投手の寺原をストレートの四球で歩かせ満塁。太田に押し出し四球を与えたところで降板となった。1回0/3、6四球で6失点。「初回から思ったところに投げられず、引きずってしまった」とうなだれた。緒方監督は「今のままでは投げさせられない。2軍でしっかりやってもらうしかない」と降格を即断した。


    チームは泥沼に迷い込んでいる。前日10日のヤクルト戦は延長10回の1イニングで12点失点し、開幕から4カード連続の負け越しが決まった。それを受け、練習前の野手陣の円陣で元選手会長の小窪が声だし役を務めた。「やられたら、やり返す!」と短い言葉で鼓舞した。

    岡田も同じ思いだったが、責任感が手もとを狂わせたのか。今季初の4連敗で借金6、首位に5ゲーム差となった。 試練は続く。12日からの6日間で横浜→鹿児島→熊本と移動し5試合を戦う。緒方監督は「地元で勝ててないのでファンの人に申し訳ないけど、明日から試合が続くし、立て直せるようにしっかりとやるだけ」と前を向いた。悪い流れを引きずるわけにいかない。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-04111112-nksports-base

     「広島-ヤクルト」(11日、マツダスタジアム)

     広島・岡田明丈投手が、立ち上がりから大乱調。投球フォームのバランスが崩れ、制球難に陥った。1回0/3を2安打6四球6失点でKOとなった。



     一回は先頭の太田に四球。その後1死一、三塁を迎えると、4番・バレンティンに右前適時打を放たれ先制点を献上した。なお1死一、三塁では雄平の左犠飛で2点目を失った。

     二回は制球がさらに悪化。たたきつけるワンバウンドのボールや抜けた変化球が打者の頭部付近に向かうなど、明らかなボール球を連発。2者連続四球で無死一、二塁とされると、バントの構えをしていた投手の寺原にもストライクが入らず、3者連続の四球で無死満塁。さらに、太田にもストレートの四球を与えて押し出しで3点目を献上。ここで降板を告げられた。

     2番手・矢崎も制球が安定せず、青木に適時打。山田哲の押し出し四球と流れを止められず。さらに、1死満塁から松山が失策。0-6となった。多くのカープファンが詰め掛けた本拠地は異様な雰囲気に包まれた。

     前夜は延長十回に一挙12失点で惨敗。悪夢のような光景に涙を流すファンもいたが、一夜明けたこの日も初回から暗雲が漂い、スタンドからは「どうなってんねん」などと罵声も飛んでいた。

     広島は本拠地で3連敗を喫しているが、3試合トータルで34失点。先発投手は7日・阪神戦の九里、9日・ヤクルト戦のジョンソン、10日・ヤクルト戦の野村に続き、4試合連続で5回を持たず降板となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000109-dal-base

    <中日3-2広島>◇4日◇ナゴヤドーム

    広島は開幕から2カード連続負け越しとなった。3点ビハインドの9回に中日守護神鈴木から2点を奪って1点差に詰め寄るも、追い付くことはできなかった。広島緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。



    -最終回に1点差にまで詰め寄った

    緒方監督 いい集中力で、攻撃を最後までしてくれた。それまでゼロに抑えられていたけど、粘り強く戦ってくれた。

    -初対戦のロメロに苦戦

    緒方監督 ある程度予想はしていたけどね。あれだけストライクゾーン近辺にポンポンと来られたら、打者としては苦しくなるなと。ただ、手も足も出ない内容ではなかった。いい当たりも、捉えた打球もあった。次対戦するときは違うアプローチができるんじゃないかな。

    -先発岡田について

    緒方監督 良かった、良かった。オープン戦ではあまり良くない投球だったけど、挽回したような内容だった。次回、期待できるんじゃないか。

    -開幕から2カード連続負け越し

    緒方監督 地元に帰って、切り替えてやっていきます。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-04041192-nksports-base

     “岡田官房長官”が新世代を彩る快投を誓った!? 広島の一部投手陣が1日、マツダスタジアムで練習を行い、4日の中日戦(ナゴヤドーム)で今季初登板初先発予定の岡田明丈投手(25)も調整。報道陣から新元号が発表されたと聞かされた剛球右腕は「新しい年になるので、しっかり投げて、勝って帰ってこれるようにしたい」と気合を込めた。

     いや、そうじゃない。新元号が施行されるのは5月1日。今季初登板の日は、まだ平成だよ―。「そうなんですね。(新元号の)意味合いを調べたいと思います」と話してからサラサラと「令和」としたためて、カメラマンの「岡田官房長官!」の声に応じて、色紙を掲げていた。

     そんな新元号の意味合いは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」というもの。3日の同カードで先発する平成元年生まれの野村祐輔投手(29)は「人々が美しく心を寄せ合う…。カープらしい言葉ですね」とニッコリ。さすがチームを「家族」と表現する選手が多い鯉戦士。一丸での勝利を誓った。

     大瀬良大地投手(27)は先発ローテーションが順調に回れば平成最後の日となる4月30日の阪神戦(甲子園)で登板する可能性がある。「(平成最後の日に白星?)そうなれば思い出になりますね。あと1か月の平成をしっかり楽しみたいです」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000121-sph-base

     コンディション不良のため23日ソフトバンク戦の登板を回避していた広島のクリス・ジョンソン投手が27日、マツダスタジアムでナイター練習に参加し、ブルペン投球を行った。見守った佐々岡投手コーチは開幕ローテ入りへゴーサイン。「大丈夫。今日ある程度チェックして、大丈夫という判断をすると思います」と説明した。ジョンソンは開幕2カード目の中日3連戦の初戦に先発する見込みだ。



     佐々岡コーチは「今いるメンバーでできると思う」と話し、開幕ローテは大瀬良、床田、岡田、ジョンソン、野村、九里の6人に決定した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000113-dal-base

    このページのトップヘ