広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岡田明丈

     広島がセ・リーグ連覇に王手をかけた。

     14日にマツダスタジアムで行われたDeNAとの一戦に5-4で勝利し、優勝マジックはあと「1」。37年ぶりのリーグ連覇と26年ぶりの本拠地胴上げはもう目前に迫っている。

     今季も圧倒的な力でセ界を席巻している広島。その原動力のひとつとなっているのが、若手投手たちの躍動だ。

     先発3本柱の一角であり、投手陣の精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。さらに沢村賞を受賞したジョンソンも開幕早々に戦線離脱を強いられるなど、かなり不安の多いスタートとなったが、蓋を開けてみればチャンスを与えられた期待の若手たちが大活躍。それぞれがきっちりと役割をこなし、勝ち星を積み重ねた。

     この2年のチーム内勝利数の上位5選手を比べてみると、2年連続で名前を連ねているのは野村だけ。リーグ屈指の強力打線がもたらす援護があるとはいえ、これだけの若手が台頭してくる土壌があるのが広島の大きな強みである。

    【2016年・勝利数トップ5】
    野村 祐輔:16勝3敗 防2.71
    ジョンソン:15勝7敗 防2.15
    黒田 博樹:10勝8敗 防3.09
    ヘーゲンズ: 7勝5敗 防2.92
    福井 優也: 5勝4敗 防4.34
    ジャクソン: 5勝4敗 防1.71

    【2017年・勝利数トップ5】
    薮田 和樹:14勝3敗 防2.42
    岡田 明丈:12勝5敗 防3.63
    野村 祐輔: 9勝5敗 防2.95
    大瀬良大地: 9勝2敗 防3.65
    九里 亜蓮: 9勝5敗 防3.74
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00131674-baseballk-base

     ◇セ・リーグ 広島12―4DeNA(2017年9月13日 マツダ)

     暗雲を断ち切った。先発・中村祐の後を受け、6―3の4回から登板した広島・九里が2回1失点と力投し、荒れかけた試合を落ち着かせた。「まずは自分のボールをしっかりと投げることだけ意識した」と役割を全うし、9勝目を手にした。



     先発陣の不調を救うのが背番号「12」の仕事だ。8月後半からロングリリーフに回り、9月4試合目の登板で3勝。「行けと言われたところまで全力で行くことが最優先」。肩の仕上がりの早さ、マウンド度胸、何より献身性でチームに貢献している。

     投手陣は薮田が14勝、岡田が12勝をマーク。野村、大瀬良、そして九里が2桁勝利にリーチを掛けた。10勝投手が5人となれば、球団史上初。「勝ち星は野手の方に感謝です」と九里は謙虚にチームの窮地に備える。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000071-spnannex-base

     地元Vで全員集合! 広島は10日の中日戦(ナゴヤドーム)に4―3で今季39度目の逆転勝利。2点を追う7回、松山竜平外野手(31)の12号2ランで同点とすると、さらに二死一、三塁から代打・西川の二塁内野安打で勝ち越した。

     緒方監督は「松山はすごいね。あんなところで打って絶好調。西川も嫌らしい安打でつないでくれた」と殊勲者をねぎらった。これで連勝を9に伸ばした赤ヘルは、いよいよ優勝マジックを「5」とした。

     1年前のこの日、25年ぶりのリーグ優勝を飾ったものの、場所は敵地・東京ドーム。チーム内からは「今年こそ本拠地で優勝を決めたい」という声が多いなか、大きなチャンスが巡ってきた。チームは12日からDeNAと3連戦、16日からはヤクルトと2連戦といずれもマツダスタジアムで迎え撃つ“本拠地ウイーク”に突入する。指揮官は「地元に帰って一試合、一試合やっていくだけ」と平常心を貫いている。

     それでも地元で優勝を達成した場合には、あるプランを温めている。球団幹部は「まだ、具体的なことは決めていないけど、マツダ(スタジアム)で優勝するようなら、人数の都合で一軍メンバーから漏れた人たちにも来てもらって優勝の輪に入ってもらおうと思っている。状況にもよるけど、誠也や赤松にも来てもらえたら」と、昨季の功労者で胃がんからの復活を目指す赤松と、今季98試合で4番を務め、現在は右足首骨折で離脱中の鈴木を招集する計画が浮上している。

     最短では14日にも優勝が決まる。「こればっかりは相手もあることだし、自分たちではコントロールできない部分もある」(チーム関係者)が、本拠地での“オールスター”集結はナインもファンも待ち望んでいる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000029-tospoweb-base

     先日、「元祖赤ヘル」で元監督の山本浩二と会った。

     古巣の話題になると開口一番「(大型)連敗さえしなければ、もう大丈夫じゃろ」と余裕のV宣言だ。なるほど、24日現在の成績は56勝31敗2分。貯金は今季最多の25に膨れ上がっている。2位・阪神とは9ゲーム差の独走。残りのペナントレース54試合を勝率5割で乗り切れば、83勝とちょうど優勝ラインが見えてくる。

     すでに巨人は先のDeNA戦にエースの菅野智之と田口麗斗をぶつけてくるなど、Aクラス浮上を見据えたローテーションを編成。中日の指揮官・森繁和に至っては「広島がどんどん勝ってくれ。その分、2位以下が団子状態になってうちにもチャンスが出てくる」とすでにクライマックスシリーズ狙いを隠そうとしない。

    若き力が躍動!


     今でこそ反論の余地もないが、開幕前には個人的に広島の連覇は難しいと予想していた。その最大の根拠は投手陣の不安にある。

     まず第一に、大黒柱であった黒田博樹が昨季限りで現役を引退。その前年にはエースの前田健太をメジャーに流失しており、立て続けに柱を失っていることが大きなマイナス要因となるのは火を見るより明らかだった。

     さらに、昨年の野村祐輔とジョンソンの“好成績”も不安要素のひとつ。野村は16勝3敗で最多勝と最高勝率のタイトルを獲得。ジョンソンも15勝7敗で沢村賞受賞。つまりこの何が不安なのかと言えば、これだけの数字は“出来過ぎ”に近く、2年連続は望めないだろうということ。

     「タナ・キク・マル」を中心とした打線は強力でも、野球の勝敗の大半は投手力にかかっている。しかも、開幕直後にはジョンソンが咽頭炎と体調不良で戦列を離脱。どう見ても苦戦必至の台所事情だった。


    引用元 https://baseballking.jp/ns/column/125371

    <中日5-9広島>◇9日◇ナゴヤドーム

     広島は8連勝で80勝に到達した。2点を追いかける7回に4番松山の中前適時打、岩本の3季ぶりの1号3ランで逆転。8回にも2点を入れ、試合終盤にたたみかけた。緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。



     -試合前半は重苦しい空気だった

     緒方監督 はっきり言って、守備の乱れからの失点だよね。こういう流れのゲームは絶対にやっちゃダメ。安部をセカンドで起用しているという部分もあるし。安部しかり、野手が中盤取り返してくれた。しっかりした集中力で点を取り返したというのは、評価するところ。ただ、岡田の投球は相変わらず代わり映えがしない。処置は考えている。

     -打線を思い切って左打者を並べた

     緒方監督 打撃コーチのプランがあった。(中日先発が右サイドスローの)三ツ間という投手を攻略するために。打撃の方で、走塁の方でも失敗はあったけど、そういったところで作戦を立ててやってくれた。

     -先発起用した岩本が逆転1号3ラン

     緒方監督 すごいホームランだったね。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-01885380-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島9―5中日(2017年9月9日 ナゴヤD)

     広島が中日との点の取り合いを9―5で制して8連勝。セ・リーグ連覇へ向けた優勝マジックを「6」とした。最短Vは13日。

     広島は3―5で迎えた7回、この回から登板した中日3番手・谷元を即座に攻略し、先頭の2番・安部が右翼線二塁打で出塁。1死三塁としてから4番・松山の中前打で1点差に迫ると、続く西川の叩きつけた打球は高くバウンドして投手への内野安打に。そして1死一、二塁というこのチャンスに6番・岩本がバックスクリーンへ劇的な今季1号3ランを叩き込み、7―5と逆転に成功した。岩本にとって2014年6月27日のDeNA戦(横浜)以来1170日ぶりとなる一発が値千金の逆転3ラン。8回にも2点を加えて突き放した。

     4回6安打4失点(自責2)で降板した先発・岡田を5回からリリーフし、2回を1安打1失点(自責0)と好投した2番手・九里が8勝目(5敗)をマーク。4番・松山は初回に中前へ運んだ先制打から5回、7回、8回と計4本もの適時打を放ち、4安打4打点の大活躍だった。

     中日はプロ初先発となった2年目の三ツ間が5回で8四球を与えながらも3失点で勝利投手の権利を得て降板したが、7回に登板した3番手の谷元が1回5安打4失点と打ち込まれた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000137-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島9―2ヤクルト(2017年9月3日 神宮)

     首位の広島が最下位のヤクルトに9―2で逆転勝ちを収め、3連勝。敗れたヤクルトは7連敗となった。

     広島は0―1で迎えた2回、先頭・松山の右越え10号ソロで同点とし、さらに会沢の左越え4号2ランで逆転に成功。3回に丸の犠飛で1点を加えた後、4回には2死走者なしから会沢、野間が連続四球を選んで一、二塁としてから投手の岡田が左翼線に2点適時二塁打を放って突き放した。

     6回には会沢がプロ11年目で初の1試合2本塁打目となる左越え5号ソロを放ち、9回にはノーヒットでもう1点を追加する完勝だった。投打に活躍した広島の先発・岡田は6回5安打2失点で今季12勝目(5敗)を挙げている。

     ヤクルトは初回、1死二塁からバレンティンの中越え二塁打で1点を先制したが、先発投手の山中が4回途中7失点KOされた。

     ▼ヤクルト・真中監督 山中は立ち上がりからボールが集まったかな。向こうのペースで自分の投球が全くできなかった。7、8番を2死から四球で歩かせて投手にタイムリーですからね。あれ以上最悪のケースはないんじゃないかというぐらい。(昇格した渡辺は)1打席では(判断は)難しい。タイミングが合えば起用したい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000141-spnannex-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2017年9月3日 神宮)

     広島の会沢翼捕手(29)がプロ11年目にして初めて1試合で2本塁打を放った。

     敵地の神宮球場で行われたヤクルト戦に「7番・捕手」で先発。1―1の同点で迎えた2回の第1打席で相手先発・山中から左翼スタンドへ逆転の4号2ランを放つと、7―2と5点リードで迎えた6回の第3打席では3番手・近藤から左翼スタンドへ5号ソロを放った。

     4号2ランは1ストライクからの2球目、高めのカーブ。5号ソロはフルカウントからの7球目、真ん中に入ってきたカットボールをとらえた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000141-spnannex-base

     「広島-中日」(27日、マツダスタジアム)

     広島先発の岡田が初回に4点を失った。立ち上がり、簡単に2死を取ったが、3番・大島に右前打を打たれ、盗塁を許すと、ゲレーロに中前へ先制適時打。続く福田には甘く入ったスライダーを狙われ、左中間へ13号2ランを運ばれ3失点。

     まだ終わらない。藤井に中前打を打たれ、高橋に四球を与えてピンチが拡大すると、8番・武山に左前適時打を浴びて計4失点。

     エルドレッドの2ランで2点差となった四回には、先頭打者として打席に入った投手の小笠原に四球を与え、京田の左中間突破の三塁打と谷の左犠飛で2点を失った。

     結局、この回限りで交代を告げられ、4回6失点KO。前回20日のヤクルト戦(マツダ)に続き、今回も12勝目は手にできなかった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000103-dal-base

    このページのトップヘ