広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    岡田明丈

     広島は2015年に15勝を挙げた前田健太がポスティングシステムでドジャースへ移籍し、厳しい戦いが予想された。しかし、シーズンが開幕すると15年5勝の野村祐輔が16勝を挙げる活躍で、前田健太の“15勝”の穴を埋め、前評判を覆し25年ぶりのリーグ優勝を達成した。そして、昨季10勝を挙げた黒田博樹が現役を引退。リーグ2連覇を達成するためには、昨年の野村のように、10勝分の穴を埋める先発投手の台頭が必要になってくる。

     その筆頭が、今季プロ7年目を迎える福井優也だろう。福井は1年目に8勝をマークしたが、2年目以降は、力強いストレートを持ちながらも、制球に苦しみ思うような結果を残すことができなかった。

     5年目の15年も制球に苦しむ場面はあったが、それに動じることなく力強いボールを投げ、打者を封じていき自己最多の9勝をマーク。これで殻を破ったかに思われたが、昨季は5勝止まり。ただ8月以降に限ると、5試合に先発して、3勝2敗、防御率3.21とまずまずの成績を残している。ストレートは威力があるだけに、シーズン通して安定した投球ができれば、10勝以上は期待できそうだ。

     14年新人王の大瀬良大地もいる。大瀬良はプロ1年目の14年に10勝をマーク。さらなる活躍が期待された2年目だったが、試合を作るも勝ち星に恵まれず、シーズン途中からリリーフに転向した。3年目の昨季は前田健太がメジャーに挑戦したため、先発に再転向も故障で開幕に間に合わず。夏場に復帰したが、2年目と同じようにリリーフを務めた。

     ここ2年間はリリーフ中心となっているが、先発時代の14年にはリーグトップの完投数を記録するなど、長いイニングを投げる事ができるのは魅力的。

     その他、大瀬良と同学年の九里亜蓮と横山弘樹、昨季4勝を挙げた岡田明丈、左の戸田隆矢などもいる。

     “10勝”以上に精神的支柱として、若い投手陣を引っ張ったという意味では、黒田博樹の引退は数字以上に重いかもしれない。リーグ2連覇を成し遂げるためにも、若き先発陣の奮起が必要不可欠。昨季の野村のように、先発ローテーションの一角に食い込む投手は誰になるだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00100658-baseballk-base

     2年目を迎えた広島の岡田明丈投手(23)が3日、奈良県香芝市にある母校・大商大グラウンドで始動。ランニングやキャッチボールなどで汗を流し17年シーズンの目標を17勝に設定した。

     「1年間ローテーションを守れば、おのずと結果はついてくる。(自身の)背番号くらいは勝ちたい」。

     設定した数字には背番号以外に、ある思いも込められている。大商大の先輩で横浜(現DeNA)で活躍した斉藤明雄氏は2年目の78年に自己最多となる16勝をマークした。17勝は偉大な先輩超えを果たすことにもなる。

     今オフは大阪と広島を行き来しながらトレーニングを積んでいる。昨年限りで現役引退した黒田の穴を埋めるためには、岡田にもフル回転が求められるだけに「大きな存在だった黒田さんが(今年から)いませんし、カバーできるように頑張りたい」と言葉に力を込めた。 (吉仲 博幸)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000027-spnannex-base 

     広島の岡田明丈投手(23)、オリックスの近藤大亮投手(25)、楽天の福山博之投手(27)と吉持亮汰内野手(23)、中日の金子丈投手(23)の5選手が3日、母校の大商大で始動した。

     奈良県内の関屋グラウンドでランニングなどを行った。年始にひいたおみくじが大吉だったという岡田は「1年間、ローテーションを守ることが一番の目標です」と意気込んだ。

     オリックスの近藤は右肩負傷などで昨年は未勝利。巻き返し期す2年目は「1年間、1軍で投げてチームに貢献したい」と言葉に力を込めた。

     楽天の吉持は「持ち味の足と守備を生かしてレギュラーを獲りたい」と新年の誓いを立てた。


    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/03/kiji/20170103s00001173159000c.html

    <担当記者が振り返る2016年:広島>

     25年ぶりのリーグ優勝を飾った広島。2位巨人に17・5ゲーム差をつけるぶっちぎりの優勝だった。6月には球団32年ぶりの11連勝。流行語大賞にもなった鈴木の3戦連続決勝弾「神ってる」も生まれた。優勝するまで3連敗以上は1度だけ。シーズンで45度の逆転勝利を飾るなど緒方監督の目指す野球が形になった。

     15年は不振にあえいだ菊池、丸のキクマルコンビが復活。2人と同学年の田中も1番に定着し、上位打線を形成した。2番菊池はリーグで最多犠打と最多安打を同時に獲得。シーズン序盤はバントのサインは少なく、タナキクマルで塁上を駆け回った。2000安打を放った4番新井、軽打も身につけたエルドレッドも好調。最後まで諦めることのない気持ちが加わり、「逆転のカープ」を呼んだ。

     だが打ち勝った印象が強いが、奮闘したのはむしろ投手陣だろう。前田健太が抜けた穴を全員でカバーした。ジョンソン、最多勝の野村はもちろん、先発以外で29勝。ジャクソンと復活した今村が守護神中崎につなげた。ルナの故障にともなって4月22日から昇格させたヘーゲンズの中継ぎ起用もピタリ。その後の先発起用も含め、2年目緒方采配が光った形となった。

     来季は真価が問われる1年になる。年内の外国人の補強は中継ぎ投手1人のみ。連覇へは現有戦力の底上げが絶対条件となる。勢いで勝ち続けた印象が強いが、16年シーズンの後半には明るい材料も多かった。福井、故障明けの大瀬良、新人岡田がマウンドで躍動。塹江の初登板もあった。黒田が引退し2年連続で投手陣の軸が抜ける。新たな軸の登場が待たれる。

     野手陣もルナが退団し三塁は安部、堂林らがしのぎを削る。外野の野間も秋季キャンプで輝いた。「神ってる」で終わるのか、黄金時代到来か。重要な1年が始まる。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01757041-nksports-base

     広島岡田明丈投手(23)が基礎体力向上に励む。優勝旅行先のハワイでもオスカルとともにランニングとキャッチボールで汗を流した。

     着用していたTシャチはピチピチで入団時よりも体重は7キロ増えて89キロ。「無理せずに自然にトレーニングで増えました。体が大きくなった方が、回復力もあると感じる。今は週4日のトレーニングで基礎体力をつけています」と明かした。今季は4勝。分厚い胸板で剛腕に磨きを掛ける。



    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-01747748-nksports-base

     FA市場の動きが活発化し、18日には岸孝之(前西武)の楽天入りが決まった。その他、陽岱鋼(日本ハム)、糸井嘉男(オリックス)、山口俊(DeNA)、森福允彦(ソフトバンク)も他球団と接触しており、今後の動向が注目されている。

     10年ぶりの日本一に輝いた日本ハムは、今季インディアンス傘下3Aコロンバスでプレーしていた村田透の獲得を発表した。3Aながら9勝4敗4セーブ、防御率3.78を記録した右腕の獲得は、連覇を目指すチームにとって貴重な戦力になりそうだ。

     一方でセ・リーグ王者の広島は、ドラフト以降、目立った動きはない。もともとFA選手の獲得に積極的ではない球団だが、メジャーへ旅立った前田健太(現ドジャース)に続き、今年は10勝8敗、防御率3.09の成績だった黒田博樹が引退。それでも前田移籍時のポスティング制度による譲渡金、黒田の年俸分と金銭面での余裕はあるはずだが、ここまでは静観を貫いている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00096302-baseballk-base

     岡田が「ポスト黒田」に名乗りを上げた。

     1年目は4勝に終わったが、15度の先発登板のうち、10度のクオリティースタート(先発で6回以上投げて自責点3以下)でリーグ制覇に貢献。大分・湯布院のリハビリキャンプに参加中の右腕は「黒田さんが抜けたのは大きな穴。自分だけで埋められるようなものではないが、数字の部分だけでも埋められるように。2ケタは勝ちたい」と10勝を目標に掲げた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00000251-sph-base

     広島の秋季キャンプが16日、宮崎県日南市の天福球場などで行われた。18日からの湯布院リハビリキャンプ参加などのため、11人がこの日で打ち上げ。岡田明丈投手(23)は、初めての秋季キャンプを終え「充実していた」と振り返った。投球フォームの修正に取り組んだ8日間。手応えをつかんで、来春キャンプに臨む。

     「アキ、食らいつけ!」。緒方監督のゲキに、岡田は気力を振り絞った。最後の練習は、約1時間の特守だ。指揮官が打ち続ける白球を、歯を食いしばって追いかけた。「全部を出し切りました」。充実感とともに、8日間の秋季キャンプを打ち上げた。

     投球フォームの修正をテーマに掲げ、日南入りした。右足により体重を残すことに加え、左手を捕手方向に真っすぐ出すフォームにすることが課題だった。最大の武器は150キロを超える剛球。力強い球を投げようとするあまりに左手が肩より上がり、バランスが崩れて制球に苦しんだ反省があった。「決めに行ったところで、球が高めに抜けることがあった。左手が的になるというか、上下にぶれないようにしたい」

     シーズン中から首脳陣に指摘を受けていた。8日の合流初日から毎日ブルペン入り。すべての投球を映像に残し、食事後にイメージと実際の動きを確認する日々が続いた。剛球を維持しながら制球力を高めるのが狙い。「手応えはあります。低めに強い球が行っていますから。球威が落ちているとか物足りなさは今はないですし、いい感じ。これをオフも続けたい」と前を向いた。

     今季は4勝3敗、防御率3・02ながら、先発した15試合で10度、先発投手の評価基準となるクオリティースタート(6回を投げ自責点3以下)をクリアした。日本シリーズでも先発の椅子を勝ち取り、第4戦のマウンドに上がった。白星こそ逃したものの、最高の舞台に登板した経験は、何物にも代え難い大きな財産になった。

     リーグ連覇、そして33年ぶりの日本一奪還を目指す来季は、黒田がいない。ジョンソン、野村の2本柱に続く座を勝ち取る戦いが来春、始まる。競争を勝ち抜き、開幕ローテ入りすることは最低限の目標だ。

     球場を出る前、丸に「来季は何勝するんだ?」と声を掛けられると、岡田は迷わず「17勝です!」と自身の背番号と同じ数字を掲げた。「充実していた」と振り返った今秋。自らに課した高い目標を成し遂げるために、オフもトレーニングに励む。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000018-dal-base

     広島・薮田和樹投手(24)が、新球スライダー習得に向けて、日々ブルペン投球を重ねている。直球の制球力向上にも力を入れており、充実の宮崎・日南キャンプを過ごす右腕。この日は休養日だったが、天福球場でランニングを行って軽く汗を流した。

     11日まで4日間行われた第1クールで、薮田は毎日ブルペン入り。まだ打者に対しては投げていないが、習得中のスライダーに手応えを覚えつつある。

     「まだ狙ったところには投げ切れてないですけど、変化は結構大きい。楽しみです。特に右バッターに対して、カウント球としても決め球としても使っていきたい」

     プロ入り後の持ち球はカットボール、カーブ、落ちるツーシームの3種だったが、10月のフェニックス・リーグ中に船越から「カットとカーブの間の軌道の球があるといい」と助言を受けて再習得を決意した。

     高校時代にはスライダーを武器にしていた時期もあったが、肘を痛めた際に封印していた。それでも不安がなくなった今、“宝刀”を再び抜く決意をしたというわけだ。ただ、それ以上に力を注がなくてはいけないことがあることも自覚している。CS、日本シリーズで出番がなかった要因となった制球力の向上だ。

     薮田といえば球数が100球を超えても150キロをマークする直球が武器。10日のブルペン投球後には、緒方監督に呼び止められ「直球の質自体は悪くない」と評価された。一方で「球速が155キロあっても甘いところなら打たれる。低めへの投球を意識しなさい」と助言を受けた。畝投手コーチも「まずは真っすぐを低めに決めることを第一にやってほしい。(スライダーは)そこからの上積みとして期待したい」。背番号23は「真っすぐもスライダーもどちらも全力で頑張ります」と力を込めた。

     今季は16試合登板で防御率2・61の好成績。先発した3戦では、いずれもクオリティースタート(先発で6回以上、自責点3以内)を達成した。来季に向け「手応えを感じたので先発をやりたい気持ちがあります。とにかく1軍で投げられることが一番ですけど」と控えめながらも、ローテーション入りへの意欲を示している。

     「黒田さんが引退されたのはチームとしては大きい(痛手)。力になれるようにしたい」。救援した8月4日ヤクルト戦で1回3失点だった翌日に、「もっと自信を持って投げた方がいい」と声を掛けてもらった。偉大な先輩に近付けるよう努力を重ねている。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161113-00000008-spnannex-base

     今オフは“超暖冬”の予感? 広島のドラフト1位右腕・岡田明丈(23)が9日、秋季キャンプ先の宮崎・日南で契約更改に臨み1020万円アップの2520万円でサインした。

     今季の成績は4勝(3敗)、防御率3・02。勝利はならなかったものの、日本シリーズ第4戦に先発するなどチームに貢献した。

    「初めてなのでどんなものかも分からない。でも楽しみもあります」と語り臨んだ岡田だったが、サインの後は「ビックリしました」と目をパチクリ。

    「クオリティースタート(先発で6回以上投げ、自責点3以内)が15試合中10回あった点を評価してもらった」とのこと。来季は「穴を埋められるように」と“ポスト黒田”としての自覚もあり、この日はブルペンで63球を投じ、課題の制球力アップに努めた。

     また同じく1年目左腕のオスカルは2勝3ホールドの成績ながら、300万円アップの1100万円で更改。「すごくありがたい。(ブラジルに住む)両親に恩返ししたい。来年は日本に招待できたらいい」と目を輝かせた。

     25年ぶりの優勝もさることながら、総観客数は球団史上最多となる215万7331人を動員。球団関係者によるとグッズ類の総売り上げは「50億円を超える見込みで球団史上最高。黒田選手復帰効果もあり2年前の約2倍の数字」という。

     今後、新井をはじめ主力選手の契約更改がスタートしていくが、これからも景気のいい数字が紙面をにぎわしそうだ。

     =金額は推定=


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000037-tospoweb-base

    このページのトップヘ