広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岡田明丈

     「いつも球場を真っ赤に染めていただいて、ありがとうございます!今の結果に満足せず、もっともっと上を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」。8日・ヤクルト戦の試合後のヒーローインタビュー。この夜、8勝目を挙げた薮田はキリリとした顔つきで、大きな声を張り上げた。力強くて頼もしい言葉に、敵地に駆けつけたファンは拍手喝采を送っていた。



     今カープで最も旬な男だろう。どろ~んと落ちる“お化けツーシーム”が最大の武器。前半戦は28試合に登板し、8勝1敗、防御率2・25。交流戦からの先発転向後は5戦5勝、防御率1・64と圧巻の成績だ。その奮闘ぶりが評価され初の球宴出場が決まった。

     記者会見では「本当にうれしいし、光栄に思います。球界を代表する選手が出てくる場なので、一つでも勉強できればと思って臨みたい」と喜びを語り、対戦したい選手に同郷出身のソフトバンク・柳田の名前を挙げた。

     6月13日、オリックスのエース金子千尋に投げ勝った試合後、好調の秘訣(ひけつ)を聞かれると、「奥さんのおかげだと思います!」と堂々と言った。今年5月に亜大の1年先輩でモデルのkarunaと結婚。春から広島で一緒に暮らし始め、何よりも食生活が改善された。例えばブランチの卒業だ。これまで朝と昼の食事が一緒になりがちだったが、今では朝食からしっかり取る。好物はあま~い「フレンチトースト」だという。体調に合わせて、食事メニューもリクエスト。暑くて食欲が落ちた時はあっさりの「塩ラーメン」。愛妻のおかげで体重も増えて、直球の最速は156キロまで伸びた。

     食事の面だけではない。モデルとして活躍する妻から「プロの心得」も学んだという。

     「人に好かれる選手になってほしいと言われています。チームメートを含めて、応援される選手になっていかないといけない。自分もそう思う。身近にそう言ってくれる人がいてありがたいです」

     冒頭のヒーローインタビューでの受け答えも、プロ意識の高さの表れだろう。モデルも野球選手も人気商売。仲間やスタッフ、そしてファンの力に支えられている。14日からは球宴。全国の野球ファンに薮田の名前をアピールするチャンスだ。

     ◆karuna(カルナ)1991年5月20日生まれ、25歳。東京都出身。CMや広告を中心にモデルとして活躍中。旭化成プロダクツ「サランラップ」のCM「キモチが伝わる」に出演。身長164センチ。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000039-dal-base

    <マイナビオールスターゲーム2017:全セ2-6全パ>◇第1戦◇14日◇ナゴヤドーム

     全セが全パのパワーに圧倒されて敗れた。2連勝を狙っていた全セの緒方孝市監督(48)は笑顔で試合を振り返ったが、時折悔しさをにじませた。昨季の日本シリーズで敗れた「栗山監督に負けたみたい」と冗談も飛ばした。

     -パ・リーグのパワーに圧倒された

     緒方監督 3本くらい打たれたっけ。逆方向あり、バックスクリーンあり、特大ありでね。これだけ打たれたら負けるよね。

     -打線は一時勝ち越した

     緒方監督 こっちもこれだけの選手をそろえたなかでね、何点くらい入るのかなと思って見ていたけど。ただ相手もパ・リーグを代表する投手が投げてくるからね。これだけの打者を並べてもそう簡単には点は入らんよね。あらためてそういうところはあったけど。まあ明日はね。今日負けたので、明日は打ち勝ってくれるでしょう。

     -目に留まった選手は

     緒方監督 試合に限らずみんなフリー打撃からね、すごいスイングをする、鋭い打球を打つ選手ばっかりなのでね。あらためて身近で見させてもらって、糸井のスイングの力強さ、飛距離とか。ゲレーロのインパクトの強さとか。かなりそういう部分は感じたよね。

     -打順は自分で

     緒方監督 自分で考えた。いろいろ優先的に出したいメンバーもいたし。そのへんで打順を繰り上げたりした。

     -投手陣は

     緒方監督 先発したバルデスも中1日で投げてくれたわけだし。少し体調面が心配だったけど。田口もすごいバランスよく投げていたし。後半あらためて手ごわい投手なのは間違いないなと感じたね。岡田ね…。岡田のコメントはちょっと。後半戦考えるところがあるからね。

     -明日はどんな戦いを

     緒方監督 明日はね。やっぱり細かい作戦はないなかで。勝つ、勝つといっても難しい部分はあるかもしれないけど。出る選手は賞を目指してね。やっぱり勝たないとね。勝てばリーグから3人くらい選ばれて賞金がもらえるし。まずはチームが勝てるようにみんなにやってほしいというのと。球宴だけどね。(昨年の日本シリーズで負けた)栗山監督に負けているみたいで(笑い)。悔しさもまたあるので。明日はしっかり勝ちたいです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-01855509-nksports-base

     球宴前最後の9連戦を5勝3敗1分で乗り切り、2位・阪神に8差を付けて折り返すことになった緒方広島。今季負け越していた“苦手”DeNAに対しても2勝1敗と勝ち越し、貯金も最多タイの「23」にまで膨らんだ。リーグ連覇へ確かな足跡を残した赤ヘル軍団の前半戦を、OBの野球評論家・横山竜士氏が総括した。

     -前半戦総括の前に、この9連戦の戦い方をどう見たか。

     「最初の巨人3連戦でいきなり2試合連続完封負け。この巨人戦と次のヤクルト戦が共に合計13失点と、投手陣が苦しみました。踏ん張った中継ぎ陣とは対照的に、先発の失点の多さが目につきましたね。ジョンソンは最後のDeNA14回戦(12日・マツダ)こそ8回1失点と好投しましたが…。この期間中に2敗した岡田共々、もう少ししっかりしてほしい」

     -巨人・田口、菅野という苦手を打てずに完封負け。DeNAの今永や石田という左腕にも苦しめられた。後半戦に向けて課題もあったように感じたが。

     「確かにそう。苦手投手を作ったらダメだし、そういう投手と対戦した試合では特に先取点が大事。しっかり1点を取りにいく、そして1点を守る、という野球をするべきでしょう。打ったら勝ち、打てなかったら負け、という戦い方ではなくて、打てない時でも何とか工夫して勝ちに結びつけるような試合運びが後半戦は必要かなと思います」

     -若いチームだけに課題も多いが、それでも前半戦は昨年を上回る貯金を作った。精神的支柱だった黒田が抜けた穴を若手投手がカバーした。

     「開幕早々、エースのジョンソンが咽頭炎からの体調不良で戦線離脱。その後、クローザーの中崎も登録抹消の緊急事態になったのですが、岡田や薮田といった若い投手がよくカバーしたと思います。特に僕が評価したいのが岡田。開幕2戦目で4回KOを食らった後、立て直して先発ローテーションを守り続けた。交流戦のあった6月は週の真ん中に配置転換され、長いイニングを投げる役目を負って見事その期待に応えています。最近3試合勝てないものの、前半戦の投手のMVPという高い評価をしてもいいでしょう」

     -打線は今年も健在。チーム打率はリーグトップだし、本塁打数、得点数もダントツ。こと打線に関しては言うことない。

     「WBCに出た菊池の体調が悪く、欠場を余儀なくされた時期を除けばおおむね順調ですね。松山や安部、さらに西川などの成長もあり、全体的にレベルアップしているように思います。そんな打線をけん引しているのが3番の丸。1番・田中、2番・菊池の“タナキク”は昨年より打率は悪いですが、丸がそれをカバーして余りある活躍をしてくれた。今年から4番に座っている鈴木も『丸がいてこそ』という部分もある。打つ方に関しては、間違いなくこの丸がMVPです」

     「黒田の穴をどう埋める?」という開幕前の不安も、ジョンソンのリタイヤという開幕後のアクシデントも乗り越え、盤石の強さを見せつけた前半戦の広島ではあるが、一つ一つの試合を検証すれば冒頭の指摘のように課題も多い。逆転勝ちが多いというのは、裏を返せば先発陣が先に失点する苦しい試合展開が多かったということでもある。「後半戦はクライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズのような短期決戦を見据えた戦い方を」と横山氏は言う。初戦必勝、先行逃げ切り-が後半戦の肝。胸突き八丁の夏場を原点回帰で乗り切り、連覇へのゴールに駆け込む。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000045-dal-base

    <広島2-5DeNA>◇11日◇マツダスタジアム

     広島岡田には「ポスト黒田」と期待するだけの球の力がある。だが「黒田2世」と呼ぶにはまだ早い。岡田のようなタイプには、大胆さと繊細さが求められるが、まだどちらも足りない。

     特にこの日は大胆さに欠けた。4日巨人戦は1回から5回、この日は1回から4回まで先頭の出塁を許した。気にしすぎているのか、投球を窮屈にしているように見える。まずは自分の投球ができなければ、相手とは戦えるはずがない。

     そして繊細さ。プロであれば、常に「なぜ」と自問しなければいけない。「なぜ先頭の出塁を許すのか」「なぜ制球が乱れるのか」。しっかり考え、マウンドに上がっただろうか。問題が変わろうと、引退するまで頭の中での自問自答は終わらない。

     黒田も昔はそうだった。悲観することはない。ただ未熟であっても、黒田のように「1球の重み」を感じられるようでなければならない。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-01853925-nksports-base

     広島は11日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に2-5で敗れ、引き分けを挟んだ連勝は4でストップした。先発の岡田が6回途中5失点で降板し、打線は2点を奪ったものの、わずか3安打と低調だった。4回まで毎回先頭打者に出塁を許すなど、安定感を欠く投球だった岡田について、緒方監督は「今後はちょっと考えなければいけない」と苦言を呈した。


     初回にいきなり先頭打者に四球を与え、2回には連打で無死一、三塁のピンチを招くなど、失点こそなかったが、不安定な立ち上がりだった。味方が2点を先制した直後の3回には、先頭からの3連打とタイムリーですぐに同点にされた。

     緒方監督は「内容はよくないね。前回の登板でも、6回1失点とはいえ、全部先頭を出しているような投球だった。内容的には全然ダメ、という試合が続いている」と手厳しかった。プロ2年目で、初の本格的な先発ローテ入り。さすがに疲れが出てきたか、という記者の質問に「疲れているのはみんな同じ。中継ぎも登板過多になっているし、野手なんて8連戦目だから。岡田だけじゃない」と、珍しく語気を強めた。

     6回途中での交代については、「中継ぎがこれだけ投げている中で、6イニングは先発の責任と思って投げさせた。3失点ならよかったんだけど」と6回の2失点を悔やみ、「8連戦目で、(中継ぎも)誰が投げてくれるの」と、怒りが収まらない様子だった。

     それでも最後には、「明日はオールスター前の最後の試合。また頑張っていきたいです」と、気を取り直した指揮官。記録的な雨と長距離移動、そしてうだるような暑さの中で行われたオールスター前の9連戦は、明日1試合を残すのみとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00010032-fullcount-base

     「マイナビオールスターゲーム2017」の監督推薦選手が3日に発表され、広島からは薮田和樹投手(24)、岡田明丈投手(23)、田中広輔内野手(28)、丸佳浩外野手(28)が選出された。岡田とともに初出場となる薮田は、同郷で憧れの選手でもあるソフトバンク・柳田との対戦を熱望。自己最速156キロ超えへ意気込み、真っ向勝負で封じることを宣言した。


     超一流選手が集結する最高の舞台を前に、気持ちを高ぶらせた。監督推薦で決まった初の球宴。「本当に光栄だなと思っています。(球宴出場を)プロに入ってから考えたこともなかった」。3年目の薮田は素直に出場を喜んだ。

     戦ってみたい相手がいる。「自分の兄が広商でかぶっていて、ずっと憧れだった。(高校の)試合を見に行ったりもしていました」。対戦を熱望するのは同じ広島出身のソフトバンク・柳田だ。

     ファン投票で最多得票を獲得して出場を決めた鷹の強打者。今季はここまでリーグ3位の打率・318、同1位タイの20本塁打、同1位の67打点と好成績を残している。

     これまで対戦したことはないが、抑えるイメージはすでにできている。「(三振が)ベスト。自分の持っているボールで思いきった勝負をしていきたい。ストレートで勝負するからには、球速も必要だと思うので、出せるだけ出して真っ向勝負したい」と闘志を燃やした。

     自慢の直球にもこだわり十分。「マックスは出したい。156キロ以上。更新するくらい。どこにいくか分からないですけど」。こん身の力で右腕を振り下ろし、好打者をねじ伏せるつもりだ。

     先発転向後、4戦4勝でハーラートップに並ぶ7勝。緒方監督は「前半戦、いろいろな台所事情の中でフル回転してくれたし、交流戦から先発としてチームの勝利に大きく貢献してくれている。文句なしの成績」と選考理由を説明した。

     ベンチには巨人・菅野ら好投手が並ぶ。薮田は「より多くのものを吸収できたらいいと思う」と心待ちにした。急成長中の右腕が、夢舞台のマウンドでも存在感を見せつける。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000014-dal-base

    <広島8-1中日>◇1日◇マツダスタジアム

     3連発で貯金20!! 広島ブラッド・エルドレッド内野手(36)が先制、中押し、ダメ押しと来日初の3打席連続弾で8-1と中日に連勝した。来日6年目で円熟味を増す大砲のキングに並ぶ3発で、貯金は今季最多の20。優勝した昨季よりも13試合早い大台到達で、早くも独走状態に入った。


     お立ち台では通訳に仕事をさせなかった。壇上のエルドレッドは、インタビュアーの質問に通訳を介さず、すべて日本語で答えた。来日6年目。日本の言葉、文化を受け入れ、そして何より日本野球を受け入れた。2回は内寄りの直球を先制弾、3回はチェンジアップをたたいて中押し2ラン。5回は低めの球をすくい上げてダメ押しソロ。すべて左翼席を越える特大アーチで、主役を張った。「1打席1打席しっかり集中して結果を残すことができた。打てる球を見極めてアプローチできたことがいい結果につながった」と充実感に浸った。

     31歳で来日し、今月12日には37歳を迎える。米国で粗削りだった大砲は、日本で変貌を遂げた。「若ければ何かしてやろうと無理にやってしまうことがありますが、私は年齢を重ねてきた。そういった意味で成熟し、自分をコントロールしてアプローチできている」。今季は先発での無安打試合は最長3試合と安定。来日初の3打席連発で、本塁打数も21本とし、リーグトップの中日ゲレーロに並んだ。

     異国での成功の裏には、父ジムさんの言葉がある。「いつも同じ気持ちでやることが大事。イライラして、行動が乱れてはいけない」。少年時代、三振しても怒られなかったが全力疾走を怠ったときには叱られた。この日もエルドレッドのユニホームは泥だらけだった。

     日本愛だけでなく、広島愛にもあふれる。この日、本塁打を打ったバティスタには打席前に助言を送り、4番鈴木とも日ごろから打撃論を交わす。若い選手が多い広島打線の中で「センパイ」と胸を張る大砲の働きで、73試合目で貯金を今季最多20とした。独走優勝の昨季よりも13試合早い大台到達にも、緒方監督は「1つ1つの戦いの結果だから。貯金がいくつとか意識しないでやっていきたい」と引き締めた。【前原淳】

     ▼エルドレッドが自身初の3打席連続本塁打。広島選手の1試合3打席連続本塁打は6月16日丸がソフトバンク戦で記録して以来6人、7度目。同一球団でシーズンに2人が3打席連発は、04年に横浜の内川が5月18日巨人戦、多村が7月17日広島戦でマークして以来9度目で、広島では初。広島は90年5月10日アレンから3打席連発の選手が出た試合に5連敗中で、3打席連発が白星につながったのは65年5月11日興津以来、52年ぶり。

     ▼広島は貯金を今季最多の20に増やした。優勝した昨年の貯金20到達は86試合目で、今年の73試合目は80年64試合目、96年68試合目、87年70試合目、84年71試合目に次いで球団史上5番目のスピード。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-01848892-nksports-base

     「DeNA11-8広島」(28日、横浜スタジアム)

     広島の岡田明丈投手が、今季最短となる3回6安打4失点でKOされた。球数はわずか54球。右腕は「ランナーを出してから甘いところを打たれた」と振り返った。

     二回まで完ぺきな投球を見せたが、4-0の三回に突如、乱れた。石川の中前打をきっかけに走者をためると、梶谷や筒香などに適時打を浴びて4失点。リードをすべてはき出した。

     緒方監督は交代について「過去のピッチングをみながら判断させてもらった。次はしっかり投げてくれたらいい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000127-dal-base

    このページのトップヘ