広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岩本貴裕

     広島・高橋大樹外野手が12日、ソフトバンク・柳田と16日から広島市内で合同自主トレを行うことを明かした。

     同じ京都の高校出身で同い年のソフトバンク・真砂を介して知り合ったのがきっかけ。昨季はウエスタンで打率・288を残し打撃に手応えを感じてシーズンを終えた。14年以来となる1軍出場を目指し「どうすれば柔らかい打撃ができるのか聞いてみたい」と声をはずませた。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/01/12/0010891725.shtml

     広島の岩本貴裕外野手(31)が12日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で自主トレを行い、新打法で10年目のシーズンに臨む意気込みを語った。今オフは1年目以来となる足を上げてタイミングをとる打撃フォームに挑戦中で、イメージするのは巨人・阿部だ。昨季は勝負強い打撃で代打打率・429をマーク。現状に満足せず、さらなる進化を求めて突き進む。

     スローボールの打撃マシンで、岩本は新フォームを確認しながら打ち込んだ。右足を上げてタイミングを計る打法は新人だった09年以来だ。「もっと打ちたいし、良い打撃をしたいと思ったから」と変更理由を説明した。

     昨季終了後に受けた東出打撃コーチの言葉がきっかけだった。「良い打者はみんな足を上げているだろうって言われました」。足を上げると、打ちに行く際に体が開くことから、これまではすり足で投手と対峙(たいじ)してきた。

     新フォームは巨人・阿部の足の上げ方を参考にした。「(右足を)引くのではなく上げる。あとはそのまま下ろすイメージ」。一般的な打者のように膝を体の内側に引くように足を上げると、岩本の場合は悪癖が顔をのぞかせる。たどり着いたのは、よりシンプルな動きだった。

     昨季はシーズン終盤での勝負強さが目立った。代打打率は・429を誇る。今季でプロ10年目。積み重ねてきた打撃技術を継続させる選択肢もあったが、レベルアップを求めて変化を恐れなかった。

     室内練習場で約1時間の打撃練習を終えると、午後からは広島市内のトレーニングジムに移動し筋力トレーニングで汗を流した。スクワットは過去最高の重量を上げ、肉体は順調に仕上がっている。「とにかく僕は打たないといけない立場」。“阿部打法”で勝負をかける。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000024-dal-base

     広島の堂林翔太内野手(26)が17日、広島市内の「カープベースボールギャラリー」で行われたサイン会後、来季は1年間1軍に帯同してキャリアハイを目指すことを誓った。1軍デビューした2012年は全試合に出場したが、13年以降は出場機会が減少。今季は44試合の出場に終わった。背水の陣で臨む来年9年目のシーズンこそ、巻き返しを図り、3連覇、日本一へ貢献する。

     粉雪が舞う寒空の広島で、堂林の心は熱く燃えていた。9年目の来季へ向けた覚悟と結果が求められるという自覚。気持ちはすでに先を見据えている。

     「毎年が勝負。これまでは『来年は』と言っていたけど、『来年こそは』という感じになる。結果で応えていかなくては、今まで使ってもらっていた意味がなくなってしまう」

     今季はオープン戦から結果を残して開幕1軍入り。限られたチャンスの中で結果を残していたが、好調は続かなかった。夏場から調子を崩し、44試合の出場で打率・217、1本塁打、11打点。満足のいく成績を残せず、シーズンを終えた。

     「試合に出なくては数字もついてこない。厳しい立場というのは分かっている。その壁を越えていかなくては、キャリアハイというのはない。これまでを超えていけるようにしっかり意識してやりたい」

     規定打席に到達したのは、全試合出場を果たした2012年の1度のみだ。その年はプロ入り3年目で初めて1軍に昇格し、118安打で打率・242、14本塁打、45打点をマーク。勝負強い打撃を見せ、将来を嘱望されたが、翌年以降は伸び悩み、出場機会も徐々に減少。2軍生活が長くなっていった。

     もちろん、このまま終わるわけにはいかない。今季後半から暗闇に迷い込んでいた打撃に関しては、秋季キャンプで明るい兆しが差し込んだという。「自分の感覚と打撃コーチの言っていることが合った。ボールの内側を打つイメージを意識して、と。『悪いなら悪いなりに結果を残せるようにしないと、1年間1軍に残れない』と東出さんからも言われている」。自分の打撃を取り戻し、それを継続させることが、おのずとキャリアハイの成績につながるはずだ。

     この日は、広島市内で行われたサイン会に岩本と参加。ファンから激励の言葉を受けるなど、周囲からの期待は大きい。今オフは広島市内で自主トレを行い、年明けには新井と護摩行に参加予定。「1年間1軍に帯同して心から優勝を喜びたい」。リーグ3連覇、そして日本一を目指す2018年。鯉の背番号「7」を背負う男が、歓喜の瞬間を味わうため意地を見せる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000010-dal-base

     広島の岩本貴裕外野手(31)と堂林翔太内野手(26)が17日、広島市内のカープベースボールギャラリーで行われたサイン会に参加した。選手と近い距離で写真撮影や握手をすることができ、毎年募集者が殺到。約10倍という中から抽選で選ばれた150人のファンが訪れた。

     岩本は「オフのイベントは大事。シーズン中は皆さんに応援してもらった。少しでも喜んでもらえたらいい」と笑みを浮かべた。堂林も「こうやって交流できるのはいいこと」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000056-dal-base

     広島の松山竜平外野手(32)と鈴木誠也外野手(23)が16日、広島・呉市内でトークショーを行い、プロ初打席の思い出を振り返った。

     松山の初出場初打席は、広島市民球場時代の08年4月24日のヤクルト戦。「(記憶は)ありますよ。セカンドゴロ。人生で一番緊張しました。ぶるぶるになりました」としみじみ振り返った。

     一方で「僕も緊張しました」と話した鈴木の初出場は、代打で出た13年9月14日の巨人戦(マツダ)。「投手がテレビで見てた沢村さんで、『うわー!』と思って捕手を見たら阿部さん。遊撃を見たら坂本さんで『カッコイー!』って」と当時を思い返した。松山からは「緊張してないじゃん!」とツッコミを入れられた。

     同イベントでは約400人のファンと交流。ショーでは2人のお立ち台の決めぜりふ「最高で~す」(鈴木)と「鹿児島にいるじいちゃん、ばあちゃん、やったよ!」(松山)を絶叫し、会場を盛り上げた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000124-sph-base

     広島の岩本貴裕外野手(31)が11日、所用のため訪れたマツダスタジアムで、合気道の道場に通うことで精神力を鍛えると明かした。昨オフに続いて2年連続となる道場通い。合気道効果もあり、今季は主に起用された代打で首脳陣の期待に応えたが、来季へ向けて大一番で重圧に負けないメンタルをさらに磨く。



     今季の代打打率は・429。シーズン終盤の勝負強さは際立っていた。「打席で緊張しなかった」。岩本は平常心を保てたことが好結果につながったと自己分析した。

     昨オフ、知人の紹介で広島市内の合気道道場に週一度、通った。相手の心理を読み解く術を学びなら、プラス思考の重要性に気が付いた。今季は打席が巡ってくるたびに「良い場所で行かせてもらっていると思っていた」。失敗を恐れず、全神経を研ぎ澄まして、目の前の1球と対峙(たいじ)できた。

     来年、32歳になる。プロである以上、スタメンとしてグラウンドに立ちたい思いはある。だが「代打とかが主になると思う」。冷静に周囲を見渡し、チームのためになれるのは何かを考えた。

     苦い記憶はCSファイナルS第4戦。3-4の六回無死満塁で送り出され、空振り三振に倒れた。「一発で甘い球を仕留められるかが大事」。ここ一番の勝負強さに磨きをかけ、まずは開幕1軍をつかみとる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000031-dal-base

     広島は10日、由宇練習場で行われている秋季練習の第2クールを終了した。福井、加藤、岩本、下水流、赤松、天谷ら残留組が参加した。

     レギュラー選手や若手選手など38名が参加している宮崎県日南市での秋季キャンプと平行して行われている。水本2軍監督は「日南に行けていない選手たちが、よくもがいている。自らの立ち位置をみんなわかった上で、良い練習に取り組めている。ここにいる全員が戦力なのだから、今後もしっかり頑張ってほしい」と力を込めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000151-spnannex-base

     今年のドラフト会議(26日)は早実・清宮幸太郎内野手(3年)をはじめ、スラッガーの当たり年。過去10年に12球団が指名してきた選手たちを検証すると、強打者育成の難しさが浮き彫りになる。

     「2ケタ勝てる先発は毎年出てくる。でも(ホームランを)30本打てる打者は何年かに1回しか出てこない」

     2009年のドラフト前にヤクルト・高田監督(当時)は力説。球団が1位指名を予定していた目玉候補の花巻東高・菊池(現西武)よりも、横浜高・筒香(現横浜DeNA)がほしいと語った。本番では競合の末に菊池を逃したが、不思議な巡り合わせで現在、筒香が主砲を張るDeNAのGM職にある。

     今回のドラフトは、高田GMが希少価値を説いた大砲候補が豊作だ。史上最多の高校通算111本塁打の清宮。今夏の甲子園で1大会6本塁打の新記録を樹立した広陵・中村奨成捕手(3年)。高校通算65本塁打で大型三塁手の履正社・安田尚憲内野手(3年)。東京六大学最多記録の通算23本塁打まであと2本に迫った慶大・岩見雅紀外野手(4年)。いずれも1位指名が有力視される。

     4人とも将来が楽しみな逸材だが、実際には30発どころか中距離打者さえ簡単には出てこないのが日本球界の現状だ。過去10年の指名選手のうち、シーズン10本塁打を記録した野手を球団別でみると(表)、セ・リーグ2連覇中の広島が7人とダントツ。スラッガー育成に定評のある西武が5人で続く。以下は2-3人の輩出が限界で、中日にいたってはゼロ。素材が悪いのか、育て方が悪いのか。いずれにせよ金の卵を引き当てた球団の責任は重大だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000014-ykf-spo&pos=1

     「セCSファイナルS・第4戦、広島3-4DeNA」(23日、マツダスタジアム)

     広島が六回無死満塁の絶好機を生かせなかった。

     1点を追う六回。先頭のバティスタが四球を選び、新井が左前打で無死一、二塁とし先発ウィーランドを降板させた。2番手・砂田から西川が四球を選んで無死満塁と好機を広げた。DeNAは併殺狙いで内野ゴロでも1点が入る状況だったが、3番手・三上を前に代打の岩本、小窪が連続空振り三振。続く田中は4番手・エスコバーの初球を打って、二ゴロに倒れ無得点に終わった。

     試合後、緒方監督は「六回の勝負どころは仕掛けたんだけど、得点につながらなかった」と悔しさをにじませた。石井打撃コーチも「あそこですね。これは結果論になるんだけど」と前置きして「会沢を打席に立たせて併殺でもよかったかな。勝負手を間違えた。(代打を)出した僕の責任。出ていった選手に悔しい思いをさせてしまった。後半に入って、最低でも同点にしたかった。勝負にいった結果」と振り返った。

     リーグ1位に与えられる1勝のアドバンテージを加えて2勝3敗と負けが許されない状況となった。石井コーチは機動力を含めリーグ一の打撃力を誇るチームを築き、今季限りで退団する。日本一を置き土産にカープのユニホームを脱ぐためにも、CSファイナルS敗退だけはさけたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000155-dal-base

    このページのトップヘ