広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岩本貴裕

     30日のプロ野球公示で、広島が大量6人を入れ替え。九里亜蓮投手、岩本貴裕外野手、下水流昂外野手の出場選手登録を抹消し、藤井皓哉投手、堂林翔太内野手、松山竜平外野手を登録した。松山は20日のDeNA戦で右側頭部に死球を受けて途中交代し、脳震盪特例措置の対象選手で抹消となっていた。



     阪神は石崎剛投手、陽川尚将内野手を抹消し、秋山拓巳投手、高山俊外野手を登録した。

     また、日本ハムは上沢直之投手、浦野博司投手、王柏融外野手の出場選手登録を抹消。巨人の森福允彦投手、ヤクルトの石川雅規投手、DeNAの上茶谷大河投手も抹消された。

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    広島
    投手 藤井皓哉
    内野手 堂林翔太
    外野手 松山竜平

    巨人
    投手 畠世周

    阪神
    投手 秋山拓巳
    外野手 高山俊

    ■出場選手登録抹消

    広島
    投手 九里亜蓮
    外野手 岩本貴裕
    外野手 下水流昂

    ヤクルト
    投手 石川雅規

    巨人
    投手 森福允彦

    DeNA
    投手 上茶谷大河

    阪神
    投手 石崎剛
    内野手 陽川尚将

    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    なし

    ■出場選手登録抹消

    日本ハム
    投手 上沢直之
    投手 浦野博司
    外野手 王柏融

    楽天
    投手 近藤弘樹


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00359964-fullcount-base

    ■広島 7-4 DeNA(21日・マツダスタジアム)

     広島のバティスタが21日のDeNA戦で、今季初本塁打を含む3安打4打点と活躍し、今季初めてお立ち台に立った。バティスタは初回に1死満塁から、追加点となるタイムリーを放つと、続く2回には2死満塁の場面でセンターへ2点タイムリー、7回にはダメ押し点となる今季1号本塁打を放った。


     試合前まで打率.143と不振だったバティスタだが、「タイミングの取り方を変えた。始動を早めにするようにした」と打撃を修正し、今季初の猛打賞につなげた。豪快な打撃のイメージが強いが、「打席では常にセンター方向を意識している」と言うように、2本のタイムリーは初回がライト前、2回はセンターへの打球だった。

    「スタートが悪かったが、諦めずに前を向いてやるしかなかった」と言うバティスタにとって同郷のクレート通訳は、良き相談相手であり、「いいコンビ」という間柄だった。そのクレート通訳が「産休、育休」のため一時帰国が決まっており、この日は帰国前最後のお立ち台でのやりとりとなった。「帰る前にホームランを打ててよかった」と喜んだバティスタの言葉に、クレート通訳も満面の笑みを見せた。

     昨季は302打席で25本塁打を記録し、プライベートでも仲のいい鈴木に「規定打席をクリアできれば本塁打王を狙える」と言われたというドミニカン。「いろいろな打順で起用されているが、どの場所でも自分の武器を見せて仕事をしたい」と、気温の上昇とともに自身の状態も上がることを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00352347-fullcount-base

     広島・野村祐輔投手(29)が13日、2年連続の開幕投手を目指すと明言した。広島・福山市で成人式イベントに出席後「狙うというよりも、みんな競争して目指す場所。自分の成績を残して目指さないといけない」と力説。3月29日の巨人戦(マツダ)のマウンドを懸け、大瀬良らと競い合う。

     昨季に続く開幕勝利に向け、心強い味方を得た。FA移籍した丸の人的補償で巨人から加入の長野だ。2009年夏のアジア選手権ではアマ日本代表のチームメート。1次リーグのインドネシア戦で野村に「本塁打を打ってくるわ」と声をかけて打席に向かい、予告満塁弾を放った。「スーパースターですよ!」と10年立っても興奮は色あせない。

     開幕戦を任されれば、やはり同選手権で僚友だった菅野との投げ合いになる。「(長野が菅野から予告弾?)それが最高ですね」。自身は丸を打ち取り、長野の援護を得てV4への第一歩をしるす。(田中 昌宏)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000306-sph-base

     12月も終盤に差し掛かり、2018年もあとわずか。プロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心となっている。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。

     そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

     ただ、ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

     ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回はちょうど10年前、2008年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

    【巨人】
    1大田泰示内野手(→日本ハム)104試合383打数105安14本59点 .274
    2宮本武文投手(2012年戦力外)
    3齋藤圭祐投手(2012年戦力外)
    4橋本到外野手 1軍出場なし(→楽天)
    5笠原将生投手(2015年失格)
    6仲澤広基内野手(→楽天、2014年戦力外)
    育1杉山晃紀投手(2011年戦力外)
    育2尾藤竜一投手(2011年戦力外)
    育3山本和作内野手(→オリックス、2015年戦力外)
    育4福元淳史内野手(→ソフトバンク、2013年戦力外)

    【阪神】
    ×松本啓二朗外野手
    ×藤原紘通投手
    1蕭一傑投手(→ソフトバンク育成、2013年戦力外)
    2柴田講平外野手(→ロッテ、2017年戦力外)
    3上本博紀内野手 20試合45打数19安打1本6点 .422
    4西村憲投手(2014年戦力外)
    育1野原祐也外野手(2012年戦力外)
    育2吉岡興志投手(2012年戦力外)
    育3藤井宏政内野手(2013年戦力外)

    【中日】
    1野本圭外野手(2018年引退)
    2伊藤準規投手 11試合2勝0敗1H 3.95
    3岩崎恭平内野手(→オリックス、2017年戦力外)
    4高島祥平投手(2012年戦力外)
    5岩田慎司投手(2016年引退)
    6小熊凌祐投手 8試合3勝4敗 6.23
    7井藤真吾外野手(2014年戦力外)
    育1加藤聡外野手(2012年戦力外)
    育2小林高也外野手(2011年戦力外)

    【広島】
    1岩本貴裕外野手 10試合7打数1安打0本0点 .143
    2中田廉投手 15試合0勝1敗3H 13.14
    3小松剛投手(2013年戦力外)
    4申成鉉内野手(2013年戦力外)
    育1松田翔太投手(2011年戦力外)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00270807-fullcount-base

    広島岩本貴裕外野手(32)が2日、マツダスタジアムに姿を見せ、ハワイV旅行に同行せず広島でトレーニングを続ける考えを示した。今季は出場10試合に終わり、来季に懸ける思いは強い。中堅丸が巨人に移籍することになり、外野のレギュラー争いに加わる。「チャンスは少ないけどあると思う。打撃が持ち味なんで、がんばります」と意気込んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00408509-nksports-base

     7月9日大阪。埋め立て地に立地するオリックス二軍の本拠、舞洲バファローズスタジアムは、数日前までの豪雨が嘘のように、灼熱と言っていい暑さに包まれていた。

     開門の11時45分。人気のカープ戦とあって、500人しか収容しない小さなスタンドはすぐに埋まった。フィールドでは赤い練習着に身を包んだビジターチーム、カープの選手たちが試合前のアップをしている。フィールドの実際の気温は何度だろうかと思うと、若いファームの選手たちのタフさに今さらながらに感心する。

     そういう若い選手に交じって、一軍で結果を残せなかった、あるいは故障していたベテランもファームには在籍する。彼らにとって、この暑さは、若手以上に耐えがたいことは間違いない。この灼熱地獄から抜け出し、カクテル光線と大勢の観客のもとで再びプレーするため、彼らは今、大粒の汗を流している。


    ◆ 打線の起爆剤となる日を待ち望んで

     試合前練習が終わったスタンド下の狭い通路に、大声が響き渡る。

    「アツイ、アツイネ!」

     大男たちの群れにあって、ひときわ大きな体躯をゆすりながらベンチから出てきたのは、エルドレッドだ。開幕戦にはスターティングラインナップに名を連ね、早速ホームランをかっ飛ばした来日7年目のベテラン助っ人も、38試合の出場で打率.213、ホームラン5本という成績にファーム落ちとなってしまった。

     もちろんホームランは魅力ではあるが、昨年から台頭してきた同タイプのバティスタが同数のホームランを打ち、打率.273という成績を残している中、ベンチはどうしても彼を持て余すことになる。

     それでも、日本になじみ、ファンからも愛されている37歳のベテラン助っ人は、腐る様子もなく、前向きにファームでのプレーに取り組んでいる。

    「まあ、仕方がないね。これだけは、僕にどうにかなるものでもないからね。でも、僕にはホームランがあるから、またどこかでチームを助ける時がくるよ」

     日本で現役を終えたいと話す助っ人は、あと何年プレーできるかはわからないと言いながら、灼熱の中、一軍でチームを助ける時に備えて汗を流している。


    ◆ 檜舞台への復帰を目指して

     この試合、カープはゲーム後半に1点ずつ計3点を挙げ、完封リレーで理想的な勝利を飾った。その試合の中で、一番大きな拍手をスタンドから浴びたのは、9回に代走で登場した35歳の赤松真人だった。

    「まだ全然。一番遅い選手よりまだ遅いんじゃないですか。今は違和感しかないと言う感じです」

     プロ14年目のベテランは、プレーヤーとしての復帰以上に、人生の崖っぷちから這い上がろうとしている。

     2016年オフに受けた健康診断で発見された胃ガンは幸い初期のものだった。抗がん剤治療で野球を続けるか、手術を受けて野球を諦めるかの選択に、赤松は迷うことはなかった。

    「みなさんもそうでしょう。僕も生きる方を選んだんです」

     しかし、胃の半分を切除した彼の復帰を信じた球団は、彼と選手契約を結んだまま、リハビリを見守ることにした。それから1年半。赤松自身、そろそろ答えを出さねばならないことは十分にわかっている。

    「クビを切られる前に結果を出さないとね。プロだから当然のことです」

     プロである以上、競争は当たり前、それは二軍でも同じことだと赤松は言う。そこで、病気はいいわけにはならない。ファームであってもポジションや出番は自分で勝ち取らねばならない。

    「みんな頑張っているのは一緒。なんでがんばっている自分が出れなくて、がんばっていない赤松さんがって若い選手に思わせたらだめでしょ」

     とは言え、復活への道は険しい。リハビリに時間を要する胃ガンの切除という常人の社会復帰にさえ大きく立ちはだかる困難であるのに、赤松はプロアスリートとしての復活を目指している。

    「筋力は落ちていなんです。でも、体調はずっと悪いですね。風邪をひき続けている感じって言えばわかってもらえるでしょうか。疲れが取れないんです。なんと言っても、感覚的なものがなかなか戻らない」

     ただでさえ戻らない体調に、夏の灼熱。若い選手が虎視眈々と一軍を狙いがむしゃらにプレーする中、ベテラン・赤松の復帰への道は平坦ではない。

     2点リードの9回、1アウトからの安打の後、赤松は代走としてファーストベースを踏んだ。これ以上点差をつけられたくないオリックスは執拗な牽制球を投げてくる。頭から帰塁する赤松。そして続くライト前ヒットで一気にセカンドベースを蹴ってサードベースに駆け込んだ。そして続くこの回3本目のヒットで赤松はゆっくりとホームベースを踏んだ。

     プロ野球もオールスターを迎え、いよいよペナントレースの山場に入っていく。その華やいだ舞台の裏で、その舞台への復帰を目指し、ベテランたちは、真夏の太陽の下、土にまみれている。


    文=阿佐智(あさ・さとし)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00158707-baseballk-base

     日本学生野球協会は11日、都内で審査室会議を開き、高校10件の処分を決めた。春夏通算43度の甲子園出場を誇る広島商は、3年生部員による2年生部員への部内暴力があり、4月20日~7月6日まで対外試合禁止になった。7月7日に開幕する第100回全国高校野球選手権広島大会には出場できる。

     節目の100回大会には出場可能の措置がとられた。部内暴力があった広島商に対外試合禁止処分が科せられたものの、期日は7月6日まで。関与していない部員数などが考慮され、処分内容が決まった。日本高野連の常本明審議委員長(68)は「夏の大会の前日までということで、了承をしていただきました」と説明した。

     4月19日に野球部員の保護者から匿名で、暴力があったとの報告が寄せられた。調査の結果、上級生による下級生への部内暴力が発覚した。

     部室整理が行き届いていないことを受け、同18日の練習後に部員全員で清掃をすることになった。そこで2年生数人が談笑しながら掃除を怠っていることに3年生が腹を立て、中断。2年生全員の51人が室内練習場に集められた。

     1時間の説教中にも、聞く姿勢や態度が悪いと感じ取った、一部3年生の感情が爆発。暴力行為を働いてしまった。学校側は事実を重く受け止め、全体練習を自粛。同20日に日本高野連に事案の詳細を報告していた。

     広島商は甲子園に春夏計43度出場し、夏6度、春1度の優勝を誇る。04年夏を最後に聖地から遠ざかっているものの、夏の広島大会に1915年の第1回大会から出場している全国的な伝統校だ。

     全体練習は早ければ18日にも再開予定。対外試合はできないため、夏の大会にはぶっつけ本番で臨むことになる。野球部の久保陵二部長(52)は「発表があった通りです。これを厳粛に受け止め、今後の活動に生かしていきたい」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000027-dal-base

    このページのトップヘ