広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    岩本貴裕

     広島は12日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に5-1で勝利し、オールスター前の9連戦を5勝3敗1分と勝ち越した。先発のジョンソンが8回1失点の好投で4勝目を挙げ、バッテリーを組んだ石原の通算1500試合出場を勝利で飾った。緒方監督は「ジョンソンは今季一番の投球。石原もナイスリードだった。バッテリーの勝利ということだね」と声を弾ませた。

    「今日はジョンソン。気迫あふれる投球で、本当に集中して投げていた」と、緒方監督は開口一番、好調のDeNA打線を1失点で封じた左腕エースを褒めた。「試合展開で言えば、(3回の)丸のところで1点取れたのが大きかった」と、頼れる3番打者の先制打を評価。「それから何と言っても岩本だね。あの場面でああいう一本が出たのは大きい」。7回に今季初打席で満塁の走者一掃のタイムリーを放った岩本を絶賛した。

     岩本は「初打席でチャンスが回ってきたので、積極的にいこうと思っていた。ボール球を2つ振ってしまったけど、とにかく粘るという意識で、ファームでやってきた三振をしないというバッティングができた」と、2球で2ストライクに追い込まれた後の殊勲打を振り返った。

     先制打を放った丸が「攻撃も守備もいい形で、前半戦を乗り切れた。後半戦もこのままいきたい」というチームは、最高の形の勝利で2位阪神を8ゲーム差引き離した折り返しとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00010037-fullcount-base

     「広島5-1DeNA」(12日、マツダスタジアム)

     この日37歳の誕生日を迎えた広島・エルドレッドが途中交代した。六回に左前打を放ち、石原の安打で二塁に進んだ際に左太もも裏に違和感を訴えた。

     その後、ベンチ裏でチームドクターによるエコー検査を受けた。松原チーフトレーナーは「(足を)つった状態でした。出血はなく肉離れではありませんでした。大事を取って交代しました」と説明した。今後は経過を見ていくが、現状、病院で再検査する予定はないという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000162-dal-base

     「広島5-1DeNA」(12日、マツダスタジアム)

     広島がジョンソンの好投で、カード勝ち越しを決めた。広島は52勝29敗2分けの貯金「23」とし、首位で前半戦を折り返した。
     三回、丸の先制タイムリーと、DeNA・浜口の暴投で2点を先制。七回には二塁打と2四死球で2死満塁とし、岩本が走者一掃の適時二塁打を放ち、試合を決めた。

     先発のジョンソンは8回1失点で4勝目(2敗)を挙げた。

     DeNAは打線がふるわず、五回の1点に抑えられた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000136-dal-base

    このページのトップヘ