広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    岩本貴裕

     WBC組が不在の間に猛アピールだ。広島の堂林翔太(25)が14日の楽天戦に「2番・左翼」で先発出場。試合前まで12打席無安打が続いていたが、3安打2打点の活躍を見せ、「最近結果が出ていなかったけど、何とか結果が出てよかった」と胸をなで下ろした。

     今季は本格的に外野に取り組んでいる。同じ外野手の鈴木誠也は侍ジャパンの一員としてWBCに出場中。14年ドラフト1位の野間は右脇腹を故障し、離脱している。ライバル不在の間に緒方監督にアピールした。

     人気女子アナと結婚して長男も誕生したが、8年目の今季は背水のシーズン。入団当初は「プリンス」といわれ、ダントツの人気を誇った。生え抜きのスターに育成するという球団方針もあり、優先的に試合に出場できた。が、伸び悩んでいる間に監督が交代し、風向きが変わった。

    「男気」黒田の電撃復帰、「神ってる」鈴木や代表の菊池らの台頭で、人気面でもおんぶに抱っこではなくなっている。となると、人気だけではもう用済みだ。今年1月、新井に弟子入りして護摩行を行い、「何かを変えたくて来た。もう悔しい思いはしたくない。気持ちだけでも変われば」と今季にかける思いを口にしている。さるチーム関係者がこう言う。

    「人気者だった頃もテングにならなかったし、素直でいいやつ。だからチームで浮くこともなかった。しかしもう8年目。チーム内では今年ダメならヤバイともっぱら。トレード要員になるんじゃないかとささやかれています」

     崖っぷちアイドルが逆襲を狙っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000024-nkgendai-base

     広島岩本貴裕外野手(30)が2日、休日を返上して約2時間、ウエートトレーニングや素振りを行った。

     キャンプ打ち上げ翌日も休んでいられなかった。2軍キャンプスタートも、沖縄2次キャンプ参加。3月のオープン戦にも同行する。「(WBC組がいないことで)チャンスをもらった立場。結果を求めて(スイングが)小さくなったところがある。ただ、僕が求められるのは長打だと思う。準備をしっかりして1打席、1球に集中して打席に入りたい」。持ち前のパワーを武器に、2年ぶりの開幕1軍入りを目指す。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-01786580-nksports-base&pos=1

     「広島春季キャンプ」(14日、日南)

     広島・岩本が持ち味の長打力を発揮した。2日連続の紅白戦が行われ、紅組の「6番右翼」で先発出場。2打席目に2番手・中村恭の直球を完璧に捉え、右翼席へ運んだ。

     昨季は27試合の出場にとどまるなど、ここ2年は本塁打なし。前日の紅白戦でも安打を放ち、レギュラー争いへアピールを続ける。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000071-dal-base

     4番候補にも名前が挙がっている広島・松山竜平外野手(31)が27日、宮崎県日南市で先乗り自主トレに参加し、連日のロングティーで汗を流した。

     「遠くへ飛ばしたいからね。しっかり振り込んできたから強い打球が打てている」と納得顔だ。昨季は103試合に出場し打率・291、10本塁打。4番に限っては打率・345、3本塁打と好結果を残している。

     プロ10年目を迎える松山は、春季キャンプに向けて調整は順調のようだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000083-dal-base

     広島緒方孝市監督(48)と植田バッテリーコーチら2人のコーチ、岩本貴裕外野手(30)ら5選手が21日、緒方監督の地元、佐賀・鳥栖市内で行われた野球教室を行った。
     毎年12月に開かれている恒例行事だが、優勝旅行と重なったためこの時期の開催となった。鳥栖市内の少年野球チームの5、6年生、15チーム119人が参加。緒方監督は「野球は1人では出来ない。練習ひとつとってもそう。チームメート、環境をつくってくれる人、支えてくれる人、そして両親に感謝を忘れずにプレーしてほしい」とあいさつ。約2時間の野球教室で身ぶり手ぶりを交えるなど熱を込めて指導していた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-01768306-nksports-base

     広島・岩本貴裕内野手(30)と堂林翔太内野手(25)が3日、呉市内で行われた「くれ宝町 冬まつり」のトークショーにゲスト出演した。

     約1000人のファンが詰め掛け、野球だけでなく、プライベートの話などで約1時間来場者を楽しませた。一問一答では仲のいい選手を問われ堂林はボードに「鈴木様」と書き込み「流行語もとったので、『鈴木様』と呼ばせてもらってます」とニヤリ。会場を沸かせた。

     最後は岩本が「今年25年ぶりの優勝をしました。しかし、最後に日本シリーズで負けてしまいました。来年は隣にいる堂林と共にチームの戦力となって、日本一になれるように頑張っていきたいと思います」と力強いあいさつで締めくくった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000065-dal-base

    このページのトップヘ