広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    島内颯太郎

    hhhf

    jul271-gg

     「広島2-2DeNA」(19日、マツダスタジアム)  先発・野村の後を受けた広島の救援4投手が七回から4イニングをゼロに抑えた。  七回は島内が150キロ超えの球を連発。4番・佐野から奪った空振り三振は155キロをマークした。八回の塹江も150キロの直球と変化球のコンビネーションで好投。高城を150キロの直球で見逃し三振に仕留めた。

     デイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏は「島内、塹江は素晴らしい投球だった。2人とも、しっかりと腕が振れていて、直球で三振を取れるところが頼もしい。『打てるもんなら打ってみろ』という強い気持ちがボールに伝わっている」と絶賛した。九回はフランスア、延長十回は薮田が無失点に抑えた。  先発・野村が初回に4安打を浴びて2失点したが、二回以降は粘り投球で6回2失点と試合を作った。安仁屋氏は「序盤だけを見れば大敗してもおかしくない試合だった。しかし、野村が粘り、リリーフ陣も相手の反撃を許さなかった。やっとリリーフ陣の形が固まってきた。カープにとっては今後につながる試合になった」と収穫を強調した。

    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/8cafe5cf0a920b622501cbd13f6b68dd7f33688e

    広島・島内颯太郎投手(23)が19日のDeNA戦(マツダ)で2―2の7回から2番手で登板し、1イニングを1安打無失点に抑えた。これで7月18日のヤクルト戦(マツダ)から10試合連続無失点。  この日は1番から始まる上位打線との対戦だったが、梶谷を三直、柴田を遊飛に打ち取り、二死から宮崎に左前打を許したものの、4番・佐野から空振り三振を奪った。

    284f9c38




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/870160b81282531455d2922fad643c1de70b4f79

    <広島2-2DeNA>◇19日◇マツダスタジアム 広島が序盤に2点を失いながらも投手陣が踏ん張り、引き分けに持ち込んだ。

    先発野村が2回以降は追加点を許さず、6回まで投げきった。7回からは島内、塹江、フランスアとつなぎ、10回は薮田がこの日広島投手陣初の3者凡退で締めくくった。佐々岡真司監督は「リリーフ陣は踏ん張ってくれている。あとは打線かな」と、形が確立できつつある中継ぎ陣に手応えを感じていた。


    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/84373dd5a015bdabf617a97e678a4ae94fc15da6

    「広島3-4DeNA」(18日、マツダスタジアム)  広島の島内颯太郎投手が1回無安打無失点と好投した。  3-4の八回から登板。佐野を二飛に打ち取るとソト、ロペスも封じて仕事を全うした。  これで登板13試合で失点した試合は1試合のみ。7月18日のヤクルト戦から始まった無失点試合は9試合に伸びた。150キロ台の直球に加えフォークで空振りを奪えるのも武器。日に日に存在感が増している。



    284f9c38



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3b39d72987cdf2d2870077ff0eb86217066f480c

    262376-2362-1-2442-pcg

    広島2年目の島内颯太郎投手(23)が6日、今季初めて1軍に合流した。同日出場選手登録を抹消された中村恭平投手(31)に代わって、7日にも1軍登録される見込み。新人の昨季は中継ぎとして25試合に登板。今季は2軍公式戦3試合で、それぞれ1イニング無失点に抑え、1軍行きを勝ち取った。この日マツダスタジアムの室内練習場で調整した右腕は「自分の持っているものをしっかり出したい。このチャンスをしっかりつかみたい」と意気込んだ。

    っr



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/804abd12e1b5a89ec71004827a3a666e4e2f05a2




    l_524d2e2617bf8

    2日連続2桁安打で波に乗る。広島は12日の中日戦(ナゴヤドーム)に7―2で勝利した。11日の同戦で23安打19得点した鯉打線がこの日も爆発した。初回一死二塁で西川の適時二塁打で先制。

    3回二死二塁でも
    鈴木誠の適時打でもう1点を追加。7回には〝プチ〟ビッグイニングがあり、西川、鈴木誠、堂林の適時打で4点を挙げ、8回にも菊池涼の適時打で1点を追加した。  佐々岡真司監督(52)は調子を上げる打線に「昨日の今日で(大勝した)次の日はなかなか打てないっていうのはよくあるんだけど、皆がつないで、つないでという意識を持って今日もやってくれた」と手放しで褒めた。


    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/5db7817b482025b856bd5a91020e8125c0cf471f

    このページのトップヘ