広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    島内颯太郎

     「DeNA2-2広島」(30日、横浜スタジアム)

     雨のため20分遅れで試合開始となった一戦は延長十二回、引き分けに終わった。


     2-2の十二回。DeNAの守護神・山崎の前に三者凡退に仕留められ、広島の勝ちはなくなった。その裏に投入の7番手・遠藤も奮起。DeNA打線を3人で斬り、得点は許さなかった。

     広島は勝利目前で追いつかれた。2-1で九回を迎えたが、1点を守り切れず。5番手のフランスアが2死三塁で佐野に右前へ同点打を運ばれ、延長にもちこまれた。

     直前の九回表に無死満塁と絶好の追加点のチャンスを作りながら国吉の前に無得点に終わったのも響いた。

     意地を見せていた。1点を追う七回。先頭の鈴木がこの日2安打目となる中前打で出塁。続くメヒアが藤岡から逆転の2号2ランを右翼へ運んだ。鈴木は四回に14打席ぶりの安打を放っていた。

     先発の床田は三回に筒香に先制二塁打を許したが、6回を3安打1失点の好投だった。

     引き分けたDeNAは35勝36敗で阪神と並び、同率の3位に浮上した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000130-dal-base

     22日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した谷繁元信氏が、交流戦で苦戦する広島について言及した。

     広島は33勝20敗1分の首位、2位・阪神と4ゲーム差をつけて交流戦に突入したが、22日終了時点で交流戦は4勝11敗1分と大きく負け越し、現在は37勝31敗2分の2位だ。

     谷繁氏は広島について「1年間やっていると、チームの波がありますよね」と話した上で、「4月の出だしはあんまり良くなかったんですけど、借金8から1ヶ月半で貯金を14まで上げてきて、その時はチーム状態が良かったじゃないですか。少し落ちかけたところで交流戦に入ったんじゃないかなという感じですよね」とここまでの戦いぶりを指摘。

     続けて谷繁氏は、「打線的にも落ちてきていますし、何かを変えたいと思ってドラフト1位の小園を上げて1番で使いました。ただ、そのうち(カープは)上がってくると思いますよ」と現在はチーム状態が落ちているが、再び上向くのではないかと予想した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00193151-baseballk-base

     デイリースポーツ評論家で広島OBの横山竜士氏(43)が、残り7試合となった交流戦で巻き返しを目指すチームに提言した。ここまで3勝7敗1分け。11試合を戦い終え見えてきたパ・リーグ球団を攻略するための糸口とは。これまでの戦いを投打で分析しながら語った。


      ◇  ◇

     交流戦は好調だった打線に当たりが止まった。パ・リーグのチームは、広島をとても研究しているという印象を受けた。鈴木を封じるために、セ・リーグのチームは内角球が多い。交流戦でもその傾向は続く。一方で他の打者に対しても積極的に内角を攻めていた。これに各打者は苦しんでいるように感じた。

     得点するヒントは、7日からのソフトバンク3連戦で見た相手の姿にあったように思える。主力が故障で離脱している中、出場機会をもらった真砂がセーフティーバントをしたり、甲斐がスクイズをしたり。とにかく広島が嫌がるような攻撃をしてきた。

     16日の楽天戦は新たに組み替えた打順で勝利した。研究されている中でどうやって点を奪っていくか。相手が嫌がる攻撃を状況に応じてやりながら、粘り強く1点を奪う攻め方もしてほしい。

     投手に関しては、内角球の使い方がカギになると思う。パの右投手は、右打者と対する場合でも、内角のボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるカットボールやスライダーを投げていた。セの投手ではあまり見られない配球だ。

     体に近い球は最も打ちにくい。結果が出ている島内や遠藤は、腕を振って直球を内角へ投げ切れているからこそ、フォークや縦のカーブといった落ちる球が生きている。

     チームは四球を出さないことを課題にしている。だからといって何でもかんでもストライクを取りにいくと打ち返される。次の1球につながる、意図ある球をどれだけ内角へ投げ切れるか。それが大事だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000028-dal-base

     ◇交流戦 広島4―5日本ハム(2019年6月11日 札幌D)

     セ・リーグ首位の広島は敵地で日本ハムに4―5で敗れ、交流戦通算2勝5敗と黒星先行。ロッテ、中日と並んで最下位に転落した。

     先発投手の野村が6安打5失点でプロ8年目にして自身最短となる初回KO。島内、菊池保、遠藤、中崎とリリーフ陣が無失点リレーでつなぎ、8回には3番・バティスタが5試合ぶりとなる18号2ランをバックスクリーン右に叩き込んで1点差に迫ったが、1点及ばなかった。

     また、交流戦突入後、12球団で唯一DHに安打が出ていない広島だが、この日初めてDHに入った正捕手の会沢も4打数無安打に終わり、待望のDH初安打ならず。松山の8打席、長野の4打席に続いてDH選手はこれで16打席連続ノーヒットとなった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000207-spnannex-base

    ○ 日本ハム 5 - 4 広島 ●
    <1回戦・札幌ドーム>

     日本ハムが逆転勝ち。広島は先発・野村の初回5失点が響き、交流戦は3カード連続の初戦黒星となった。

     広島は1回表に4番・鈴木の適時二塁打で先制したが、その裏に野村がいきなり崩れた。先頭の西川、続く大田に連打を許すと、3番・近藤には四球を与え無死満塁。4番・中田には初球を左翼線に運ばれ、これが逆転となる2点適時二塁打となった。

     野村は5番・王、9番・中島にも適時打を浴び計5失点。1回49球、6安打1奪三振1四球の内容で、プロ最短となる1回でマウンドを降りた。

     中継ぎ陣は力投。5回は2番手・島内が失策と連続四球で無死満塁のピンチを招くも、あとを受けた3番手の菊池保が2三振含む完璧リリーフで得点を許さなかった。4番手・遠藤もピンチで踏ん張り、5番手・中崎は3者凡退。救援陣は2回から無失点でつないだが、勝利にはつながらず野村は3敗目(3勝)を喫した。

     打線は3点を追う8回、3番・バティスタの18号2ランで1点差に迫るも、あと1点届かず。1番の野間は初回の第1打席で空振り三振、二死三塁で迎えた2回の第2打席は遊ゴロに倒れ、7日ソフトバンク戦(マツダ)の第3打席から13打数連続無安打。5回の打順で代打・長野を送られ、途中交代となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00191658-baseballk-base

     広島ドラフト2位の島内颯太郎投手(22)=九州共立大=がスライダーの精度向上に取り組んでいる。プロ1年目は春季キャンプ、オープン戦と好投を続け、開幕1軍切符をゲット。セットアッパーとして期待されたが、結果を残せず4月8日に登録抹消となった。ファームでは課題克服に励み、早期の1軍返り咲きを狙っている。



     9日に大野練習場で行われた2軍練習。ブルペン入りした島内は宮島を望む屋外ブルペンで黙々と腕を振っていた。雨が降り始め、屋内ブルペンに場所を移したが、右腕の目つきは鋭いまま。菊地原2軍投手コーチの助言を受け、心地いいミット音を響かせた。

     「まだまだスピードが出て、曲がりすぎるところがある。曲げにいってしまうこともあるんですけど、最初よりはカウントを取りやすくなってきました」

     2軍に降格してからスライダーをマイナーチェンジした。これまでは「曲がる前に浮いていた」というが、「真っすぐと似た軌道」から変化するように微調整。カットボールのような小さな変化が理想だ。菊地原コーチも「曲がりを小さくと取り組んでいる。真っすぐは素晴らしいからそれを生かすカウント球があれば幅も広がる」とうなずいた。

     4日のウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)では1点ビハインドの七回から登板。1イニング目は2三振を奪い三者凡退に抑えたが、2イニング目に失点した。先頭打者の安打からピンチを広げ、決勝点を献上。「ランナーを出した時の投球と複数イニングが課題」と菊地原コーチが言うように、実戦の中で克服に励んでいる。

     シーズン開幕までは順調だった。キャンプ、オープン戦と好投を続け、開幕1軍メンバー入り。若きセットアッパーとして期待は高まっていた。開幕戦では大学の先輩・大瀬良と巨人・菅野の投げ合いを目に焼き付けた。「あれだけのコントロールがあって、第一戦で活躍できるんだと思った」。目を輝かせて飛躍を誓ったが、プロ初登板した3月30日・巨人戦(マツダ)で未熟さを露呈。結局、4試合で防御率9・64と本来の力を発揮できず、2軍降格となった。

     島内は「自分の中で余裕を持って投球できるようにしたい。少しでも早く1軍に上がって2軍に落ちないようにしたいです」と力を込める。150キロ超の直球、フォーク、チェンジアップには自信を持つ。もう一つの武器を手に入れて、1軍の舞台に舞い戻る。(デイリースポーツ・杉原史恭)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000067-dal-base

     「広島0-9阪神」(7日、マツダスタジアム)

     広島ドラフト2位・島内(九州共立大)の2軍降格が決まった。6点ビハインドの八回から登板したが、先頭四球から崩れ、糸井、福留にタイムリーを浴びた。結局2回を投げ3安打3失点。試合後は「ずっと課題にしていた変化球でカウントをとるということができず、甘い真っすぐを打たれた。悪いときの自分のピッチングだった」と振り返った。


     佐々岡投手コーチは「オープン戦でできていたことが公式戦でできていなかった。技術、メンタル、すべてをもう一度。ファームでしっかりやってきてもらいたい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000124-dal-base

    ◆中日7―4広島(2日・ナゴヤドーム)

     広島投手陣が勝負所でことごとく失点を許し、2試合連続の逆転負けで3連敗。2015年6月24日以来、1378日ぶりの単独最下位に転落した。

     緒方孝市監督(50)は「(継投?)こっちが代えて点を取られている。それは俺の責任。(単独最下位?)ああそう。そう書いてください」とポツリ。昨季3勝9敗と大きく負け越した鬼門・ナゴヤドームでの屈辱的な敗戦に厳しい表情を崩さなかった。

     3度の勝ち越しを自慢の投手陣がフイにした。まずはコンディション不良のため、開幕2戦目(3月30日、巨人戦)の先発予定からこの日にズレ込んだクリス・ジョンソン投手(34)だ。1点リードの2回に3本の二塁打を浴びて逆転を許すと、再び1点をリードした5回には、無死一塁から加藤のゴロを二塁に悪送球。1死一、二塁から平田に同点打を浴びて「最悪のミスを犯してしまった」と猛省した。

     同点の6回は一岡が3者凡退の好救援。だが7回、長野の移籍1号ソロで勝ち越した直後の継投から歯車が狂った。3番手のドラフト2位右腕・島内が先頭・堂上に四球を与えて不穏な空気が漂う。1死三塁までこぎ着けたが、平田を申告敬遠したところでフランスアにスイッチ。ここで、いきなり京田に中前同点打を浴びてしまった。

     イニングをまたいだ同点の8回も続投したドミニカン左腕。だがビシエドに中前打、福田に死球で無死一、二塁となったところで、高橋のバントをさばいて間に合わない三塁に送球。まさかの犠打野選で自らピンチを広げると、1死後、代打・阿部に決勝の2点中前打を献上した。傷心のセットアッパーは「(イニングまたぎ?)難しくはなかった。打たれることもある。次は頑張ります」と言葉少なに帰りのバスに乗り込んだ。

     オープン戦を6試合無失点で切り抜けた島内が、2試合連続失点。佐々岡投手コーチは「オープン戦(の結果)から期待して、あの場面に持っていったんだけど、ああいう投球ではね。やっぱり重圧が違うのかな。(2軍に)落とすということはないが、ちょっと考えるよね」と勝ちパターンでの起用を改め、しばらくはプレッシャーの少ない場面で登板させる考えを示した。

     高ヘッドコーチも「野手は点を取れている。あとは投手。無駄な四球など、バタバタする面がある。もう少し落ち着いたらカープらしい野球をしてくれると思う」とチームを3連覇に導いた投手陣の奮闘に期待していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000248-sph-base

    このページのトップヘ