広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     MBSラジオの改編会見が18日、大阪市内で行われた。今季も阪神戦に力を入れる同局は、キャッチフレーズを球団の「ぶち破れ!オレがヤル!」にならい、「タイガース全力応援宣言 ぶち破れ!MBSがヤル」とすることを発表。編成サイドは、解説者に復帰する前監督の金本知憲氏に対して「力強い戦力になっていただける。3年間、鍛えた選手の成長をネット裏から見届けてもらう」と期待した。

     また、4月に45周年を迎える「ありがとう浜村淳です」のイベント「ありがとう浜村淳です45周年記念公演“しじゅうご”縁がありますように…平成最後の大パーティー!」(4月16日、大阪・梅田芸術劇場)に純烈が出演することが分かった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000116-dal-ent

    <オープン戦:広島3-5オリックス>◇16日◇マツダスタジアム

    16日にマツダスタジアムで行われた広島-オリックス戦の試合後、昨季限りで現役を退いた新井貴浩氏(42)の引退セレモニーが行われた。


    試合前に続く催しで、ナイン、首脳陣、関係者に加え3万649人の観衆が見守った。新井氏のあいさつは以下の通り。

       ◇   ◇   ◇

    広島で生まれ、広島で育ち、小さな頃からの夢はカープの選手になることでした。アマチュア時代、たいした選手ではない私を、取って育ててくれた、カープ球団、そして、たくさんのすばらしい出会いのおかげで、この厳しいプロの世界で20年間もユニホームを着させていただきました。ユニホームを脱いで数カ月たちますが、うれしかったこと、楽しかったことより、苦しかったこと、悔しかったことのほうがはるかに多い野球人生でした。ですが最後は3連覇させてもらい、そして、日本シリーズという最高の舞台でユニホームを脱がせていただけたのは、今ベンチ前にいる、弟のようにかわいい後輩たちのおかげです。本当にみんな、ありがとう。彼らは今シーズンも、みなさんを大いに楽しませ、また、喜ばせてくれると思います。私もいま1度、カープファンに戻り、みなさんと一緒になって、かわいい後輩たちを応援していきたいと思います。

    最後になりますが、私の野球人生、無駄なことは何ひとつありませんでした。今思うと、すばらしい野球人生でした。7年間お世話になったタイガース球団、ならびにタイガースファンのみなさま、ありがとうございました。

    選手会長時代、いつも選手会の支援をしてくれ、また、背中を押してくれたプロ野球ファンのみなさま、ありがとうございました。

    そして最後に13年間、お世話になったカープ球団、、ならびにカープファンのみなさま、たくさん、怒らせ、たくさん、悲しませたのに、こんなにたくさん、応援していただき、ただ、ただ、ありがとうございました。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03160437-nksports-base

     「オープン戦、広島-オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     広島・長野久義外野手(34)が試合前に行われた「新入団選手紹介」に登場した。


     ドラフト1位・小園海斗内野手=報徳学園=らルーキー、新外国人に続いて名前を呼ばれると、球場は割れんばかりの大歓声に包まれた。長野は声援にお辞儀で応え、サインボールを客席へ投げ入れた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000080-dal-base

    <オープン戦:ヤクルト3-4広島>◇19日◇神宮

    昨季セ・リーグ王者の広島と同2位ヤクルトのオープン戦が19日、神宮で行われた。日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(42)が、開幕を10日後に控える両チームの現状を分析した。


       ◇   ◇   ◇

    広島、ヤクルトの両ベンチがうれしい悲鳴を上げている。初回、1番田中広と2番菊池涼の「タナキク」連打で先制。田中広は5回も二塁打から生還した。ここで頭を悩ませるのが、快進撃を続けるドラフト1位、小園の起用法だ。

    ポジションのかぶる田中広を差し置いて遊撃は難しい。日本代表クラスで、ゴールデングラブのタイトルホルダー。シーズン中に交代させることもない。ならば三塁安部の出来を見て、不調なら三塁で勝負させる手はあるだろう。だがその安部も5回に2ランでアピールした。リーグ3連覇中のチームで、無理に何かを変える必要もない。腰を据えて2軍で経験を積ませるのも1つ。小園をただベンチに置いておくのはもったいない。

    ヤクルトも2年目の塩見がバットで成績を残す中、同じ外野手の青木とバレンティンが本塁打を放った。この2人はレギュラーから外せない。雄平も好調だ。加えて緊急時は一塁の坂口が外野に入るオプションがある。塩見は小園と違って大学、社会人を経て入団しており、すぐにでも使うべき戦力。私なら投手の左右によって雄平と併用する。

    広島の内野、ヤクルトの外野ともに、メンバーが充実しているポジションに新戦力が台頭している。「使ってみたい」と思わせる結果を残す若手を、どう起用するか。決断が試される両首脳陣の手腕を楽しみに、開幕を待ちたい。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-03190596-nksports-base

    ◆オープン戦 ヤクルト3―4広島(19日・神宮)

     広島の安部友裕内野手(29)が逆転2ランを放ち、先発・野村祐輔投手(29)も初回に3点を失いながら2回からの4イニングは無失点と粘投。ドラフト2位の島内颯太郎投手(22)は1点リードの6回に登板して1イニングを無失点。紅白戦、練習試合を含めた実戦の無失点を8試合9回2/3に伸ばした。チームはビジターで無敗の4連勝(1分け)を飾り、オープン戦は通算7勝2敗2分け。残り5試合に全敗しても負け越しはなくなり、3年ぶりのオープン戦勝率5割以上が確定した。

     もはや風格すら漂わせていた。島内にとって、九州共立大のエースとして臨んだ昨年11月の神宮大会(初戦敗退)以来の神宮マウンド。青木、山田哲を打ち取り、2死からバレンティンに中前打を浴びたが、2死二塁で雄平を見逃し三振に仕留めた。ヤクルトが誇るビッグネームを料理したルーキーは「球は走ってなかったんですが、丁寧に投げたのが良かった。スライダーでストライクが取れているし、打者が真っすぐだと思って振っている感じがありました。腕が振れているからかな」と胸を張った。

     文句なく、開幕1軍を手中に収めている。佐々岡真司投手コーチ(51)は「(勝ちパターンで起用?)それも選択肢のひとつ」と勝利の方程式として計算している様子。「神宮のマウンドを経験させたかったんだけど、いいものを見せてくれた。(ルーキーが開幕1軍にいることで)中継ぎ陣の刺激になると思う」と、島内の存在でブルペンが活気づく効果も期待した。

     謙虚な大卒右腕は「(開幕1軍?)最後まで頑張ります」と柔らかな笑みを見せた。広島では開幕ローテ入りが決定的な3年目左腕・床田寛樹投手(24)と並ぶ新人王の有力候補。新戦力がチームを4連覇へ導く原動力になる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000142-sph-base

     16日に行われた新井貴浩氏の引退セレモニーで、黒田博樹氏がサプライズ登場した。

     黒田氏は元広島監督の山本浩二氏とともに試合前のセレモニーに登場し「大飛躍(ジャンプ)銅像」と名付けられた記念品を贈呈した。現役時代の新井氏が、仲間のサヨナラ安打に喜んでジャンプした姿をモチーフにした銅像で、黒田氏は「40歳を超えて、無意識にこのジャンプができるのは新井しかいない」と笑った。



     事前に告知されていなかったこのサプライズ贈呈式について、黒田氏は「球団の人から話がきて、口止めされていたので2週間ぐらい前に(新井氏と)食事をした時も、何も言えなかった。今日も球場に来て隔離されていたので、本人も気づいていなかったと思う」と打ち明けた。銅像については「自分のヒットでもないのに、あそこまで喜べる。チームに対しての気持ちを象徴していると思うし、それで3連覇の源になっていたはず」と説明した。

     15年にともにチームに復帰し、翌年にはチーム25年ぶりの優勝を果たした盟友について「復帰した時はゼロか、もしかしたらマイナスからのスタートだったかもしれないのに、ここまで評価を変えられたのは彼の力」と称賛した黒田氏は「20年間やってきた彼の野球人生を示した像。玄関に飾ってくれるでしょう」と、最後は笑いをとっていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00320199-fullcount-base

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     未来のスラッガーの登場に満員のスタンドがどよめいた。0-0の七回1死、広島のドラフト3位・林(智弁和歌山)が代打で出場した。「人がたくさん入っていて雰囲気が違いました。すごいと思った」。1軍の雰囲気に初々しさを見せながらも、初球から果敢にスイング。カウント2-2から最後は榊原の142キロに空振り三振を喫したが、1打席に自分の魅力を詰め込んだ。

     「(出場は)試合中に言われました。思い切り?自分にはそこしかないので。思い切って振れとコーチの方から言われていた。(緊張は)なかったです」

     この日のオープン戦初出場は、元々マツダスタジアムで試合前に「新入団選手紹介」が予定されていたことに加え、緒方監督からのご褒美の意味もあった。前日16日のウエスタン・ソフトバンク戦。「4番・一塁」で出場し、八回に決勝本塁打を放っていた。そんな特別な“昇格”だったこともあり、林は午前中に2軍の大野練習場で汗を流してから1軍ベンチ入りしていた。

     以前から林のスイングに舌を巻いていた迎打撃コーチは「ストライクをどんどん振りにいけていた」と積極性を評価。結果こそ出なかったが「真っすぐを力強く振りにいけていた」と称えた。

     今後は再びファームで4番として英才教育を受ける。林は「あそこで打たないと、ここ(1軍)では戦えない。あそこで打てるようにやっていきたい」と力を込めた。貴重な経験を糧にして、強打者の道を歩んでいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000035-dal-base

     「オープン戦、広島0-0オリックス」(17日、マツダスタジアム)

     広島・メヒアの2軍降格が決まった。この日は代打で見逃し三振に倒れ、打率・176に下降していた。

     これで、野手の外国人1枠はバティスタが手中に収めた形だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000145-dal-base

     元阪神で野球評論家の赤星憲広氏(42)が16日放送の日テレ系「Going! Sports&News」(土曜・後11時55分)に出演し、プロ野球セ・リーグの今季の順位予想を披露した。


     赤星氏は4連覇を狙う広島を1位に予想。「このチームは誰かが抜けたら必ず誰かが出てくる。丸選手の穴を埋めるために出てくるのは4年目の西川選手だと思う」と期待した。

     2位には巨人を挙げ「投手陣の不安はすごくある。セ・リーグで唯一、クローザーが確定していない。新外国人のクックがハマるかハマらないかで変わってくる」とし、打線のキーマンに吉川尚を挙げ「しっかりつなぐことが出来れば4番は岡本選手で固定できたので心配はないかなと思う」と話した。

     古巣の阪神については「投手力はセ・リーグの中でもトップクラスだとは思うんですけど、正直、守備力を含め、ちょっとどうなのかなと。キーマンは大山選手」と若き主砲候補に期待を寄せた。

     赤星氏のセ・リーグ順位予想は以下の通り。

     1位・広島、2位・巨人、3位・ヤクルト、4位・阪神、5位・DeNA、6位・中日。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000114-sph-base

    <オープン戦:広島0-0オリックス>◇17日◇マツダスタジアム

    6回ノーヒッターだ。広島クリス・ジョンソン投手(34)が17日、オリックス戦に先発して6回を投げ、四球を1つ出しただけの無安打無得点に抑えた。



    昨年の先発24試合はすべて石原とバッテリーを組んだが、会沢との今季2度目のコンビでまた無失点。前回12日の日本ハム戦は2回7安打6失点と炎上しており、修正力も見せつけた。大瀬良と並ぶもう1本の柱としてチームを引っ張っていく。

       ◇   ◇   ◇

    ジョンソンは、つけ入る隙を見せなかった。初回、先頭の福田をカットボールで中飛に仕留め、西浦はカーブで一ゴロ。3番頓宮は148キロの真っすぐで左飛に打ち取った。多彩な球種を思ったところに投げ分け、オリックス打線を翻弄(ほんろう)。4回に四球を1つ出しただけで、6回までスイスイと無安打を続けた。「持ち球すべてをいい制球で投げられた」と静かに振り返った。

    大きな収穫があった。2日の西武戦を4回無失点に抑えた会沢とのコンビで、またも無失点に抑えた。24試合に先発した昨年は、石原以外とバッテリーを組んでいない。信頼し合える理想的な関係だったが、新たなオプションが増えたことになる。「1回しかサインに首を振らなかった。投げたい球をしっかり考えてくれた。2人のキャッチャーが自分の持ち味を引き出してくれるのは心強い」。新しい女房役を手放しでたたえた。

    復活のマウンドだった。前回12日の日本ハム戦で2回6失点と大炎上。何を試しても立て直せなかった。コンビを組んだ坂倉との相性を言い訳にせず、すべての原因を自分に求めた。「基本に立ち返って、ブルペンで投球フォームを見直した」。歩幅がわずかに広がり、ボールに正しく力を伝えられていないことに気づいた。ブルペンとキャッチボールで修正。中4日で迎えたこの日は、別人に変わっていた。

    緒方監督は「前回から修正して、よかったんじゃない」と信頼を口にした。佐々岡投手コーチも「しっかり修正できて、ほぼほぼ完璧だった」と話した。リーグ4連覇、そして悲願の日本一のため、ジョンソンの左腕は欠かせない。大瀬良とともに、投手陣を引っ張っていく。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170897-nksports-base

    このページのトップヘ