広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    広島カープ

     広島の緒方孝市監督が27日、「セ・リーグ ファンミーティング 2017」に参加。リーグ2連覇と日本一へ向け、昨季限りで現役引退した黒田博樹投手の穴埋めをポイントに挙げた。


     緒方監督が穴埋め役として期待したのが大瀬良大地、九里亜蓮の13年ドラフト1、2位コンビだ。ドラフト1位の大瀬良は昨季、右肘痛で出遅れ、17試合登板(先発1試合のみ)、3勝1敗、防御率3.32。ドラフト2位の九里は昨季27試合登板(先発10試合)、2勝2敗、防御率4.50だった。緒方監督は「中継ぎだった大瀬良と九里。投手陣の中でも期待したい」と期待を込めた。

     打線のキーマンには田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の“タナキクマル”を挙げ、課題には“神ってる男”の4番起用を挙げた。「上位のタナキクマルはウチの看板。当然、引っ張ってもらいたい中心選手。新井は開幕で4番に座る可能性は高いです。ただ、課題は4番打者。ここに鈴木誠也が昨季以上の成長が見られれば、4番に据えようと思っている。プレッシャーがかかるなら他の選手を据えようと思う」と話した。

    「もう一度、チームの底上げ。(キャンプから開幕まで)ちょっとケガ人が出て、満足はいかないが、新たに戦力が出てくると思う。楽しみにしている」。昨季のリーグ制覇メンバーが今季もチームを支えることとなるが、緒方監督は新戦力の台頭と若手のさらなる成長を望んでいた。


    引用元 https://full-count.jp/2017/03/27/post62950/

    ◆オープン戦 広島1―1ソフトバンク(26日・マツダスタジアム)

     広島の菊池、田中、鈴木のWBCトリオが合流即スタメン出場したが、全開とはいかなかった。特に侍でレギュラーとして奮闘した菊池は、疲労の色が濃かった。初回に空振り三振を喫し、2回の守りから退いた。石井打撃コーチは「出なくてもよかったくらいだったけど、本人と話して1打席だけ」と体調を考慮した措置と説明。菊池も「身も心も疲れています」と話した。

     鈴木には第1打席で中前ポテンヒットが出たが、田中も2打数無安打。緒方監督は「彼らは、引っ張っていかないといけない存在。その中で調整遅れとか、成績が出なかったら、代わりが出るだけ」とハッパをかけた。

     チームも4安打の貧打で引き分けた。最近4試合の得点はエルドレッドのソロ2発だけ。最後の6試合は勝ちなし(4敗2分け)でオープン戦11位に沈んだ。昨年のセ・リーグ覇者は、WBC組がどこまでコンディションを戻せるかがカギとなる。


    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170326-OHT1T50330.html

     「オープン戦、広島1-1ソフトバンク」(26日、マツダスタジアム)

     広島の開幕4番が新井貴浩内野手(40)に決まった。オープン戦ラストのソフトバンク戦は「4番・一塁」で先発出場。3打数無安打に終わったが、緒方監督が打撃の状態を高く評価した。新井が4番で開幕を迎えるのは阪神時代の12年以来5年ぶり、広島では07年以来10年ぶりとなる。リーグ連覇へ、3月31日・阪神戦(マツダ)からチームの主役を張る。



     カープの顔は今年もこの男だ。緒方監督が「開幕4番」に新井を指名した。オープン戦最終戦は3打数無安打に終わったが、主砲への信頼は揺るがない。指揮官は「今の状態を見たら、必然的にそうなるんじゃないか。彼が一番いいものを見せている」と明言した。

     新井が開幕戦を4番で迎えるのは阪神時代の12年以来。広島では07年以来、実に10年ぶりとなる。くしくも今年の開幕戦の相手は古巣阪神。ベテランの存在感を発揮するには絶好の舞台だろう。それでも本人は自然体。指揮官の開幕4番構想を聞いても、表情一つ変えずにこう言った。

     「何番だろうがやることは一緒なので。何番でも全力を尽くすだけ。言われたところ、場所で、しっかり結果を出すだけなので。何番だろうが関係ない」

     オフは優勝旅行、名球会イベントなどで多忙を極め、調整がやや遅れ気味でキャンプインした。それでもキャンプ序盤は下半身を徹底的に鍛え、後半は日南に残りバットを振り込んだ。もう不安はない。3月後半には万全の状態に仕上げてきた。

     「しっかりできた。不安なく入れます。じっくりやらせてもらいましたし、キャンプ、オープン戦と、大きなけがなくしっかりできたので、準備は整いました。(状態は)いいんじゃないかな」

     オープン戦では15日・楽天戦(静岡)で右膝をグラウンドに強打。大事を取って4試合を欠場したが、実戦復帰した22日・オリックス戦(京セラ)でいきなり中越え二塁打。「(スタンドまで)行ったと思ったわ!フェンス破れとったぞ!」。翌日の練習前には阪神時代に指導を受けたオリックス・風岡コーチから冗談を飛ばされるほど、まだまだパワーも健在だ。

     緒方監督は「(新井に)おんぶにだっこじゃいけない。新しく誰かが(4番に)座れるぐらいの活躍を期待したい」とハッパをかけることも忘れなかったが、結果がすべての勝負の世界だ。オフから「競争」という言葉を繰り返してきた新井が、実力で勝ち取った。

     「開幕に向けて気持ちは自然と高まってくると思う。残りの日数もしっかり練習して臨みたい」。開幕ダッシュを、不惑の4番が導く。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/03/27/0010039090.shtml

     広島の大瀬良大地投手が開幕ローテ入りを確定させた。26日、オープン戦最終戦となるソフトバンク戦に先発。5回4安打1失点と結果を残し、先発ローテに滑り込んだ

     初回は2者連続三振など3者凡退と上々の立ち上がり。2回は内川の中前打と四球で無死一、二塁とピンチを背負ったが、後続を断ち無失点に抑えた。5回無死で松田に甘く入ったカットボールを打たれ、左翼席へ特大の一発を浴びたが、最少失点で切り抜けた。

     キャンプで右脇腹痛を発症し出遅れていた右腕。前回18日の日本ハム戦(マツダ)でオープン戦初登板を果たし、3回2/3を無失点と好投。この日の登板が開幕ローテへの最終テストの位置づけだった。

     順調なら開幕カードの阪神3連戦で先発が予想される。ポスト黒田の期待もかかる4年目が何とか開幕に間に合わせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010025-fullcount-base

    <担当記者イチオシ:広島岡田明丈投手>

     黒田博樹氏が抜けた先発陣で、2年目右腕岡田明丈投手(23)の存在感は日に日に高まっている

     昨季終了後から課題の制球難克服と調子安定のため、フォームを修正した。春季キャンプ、オープン戦から成果を発揮。春季キャンプで主戦候補の大瀬良大地投手や福井優也投手が離脱する中、首脳陣に成長を強く印象付けた。

     150キロ超の直球は球威、切れが増し、制球力も向上。オープン戦に5試合登板し、防御率1・57と数字でも成長を示した。緒方孝市監督は「期待は大きい。1年間しっかりローテーションを守ってくれるんじゃないか」と目を細める。

     右も左も分からなかった昨春とは違う。「何をすればいいか分かっている。昨年の経験を生かせると思っています」。地に足をつけ、2度目の開幕を迎える。【広島担当 前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-01797809-nksports-base

     昨季野手では鈴木誠也(広島)、原口文仁(阪神)、桑原将志(DeNA)、倉本寿彦(DeNA)などがレギュラーに定着した。一軍に定着を目指し、若手選手などはオープン戦で必死にアピールを続ける。

     そこで気になるのが、オープン戦の勢いをそのままにシーズンでも大活躍していたかということ。近年レギュラーに定着した選手たちのオープン戦(※レギュラーに定着したシーズン)の成績を見ていきたい。

     昨季神ってる活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した鈴木は、オープン戦の成績はというと、打率.375を記録したが、右足のハムストリングの筋挫傷により出場試合数はわずかに2試合だった。外野のレギュラーを争っていた野間峻祥が同年のオープン戦、13試合に出場して打率.308とアピールしており、出遅れた印象があった。

     それでも、鈴木は4月に昇格を果たすと、6月に2試合連続サヨナラ弾を放つなど、打率.335、29本塁打、95打点の活躍をみせレギュラーに定着。チームに欠かせない存在となった。

    <2016年>
    鈴木誠也
    OP戦:2試 率.375 本0 点1
    シーズン:129試 率.335 本29 点95


    15年ブレイクの森も…

     高卒2年目の15年にブレイクした森友哉(西武)も、オープン戦の出場試合数は、わずかに2試合。安打を1本も記録することができなかった。

     シーズンが始まると『6番・指名打者』で出場し、得意の打撃力で活躍しレギュラーに定着。オールスターにも出場し、清原和博が放って以来28年ぶりに10代の選手が本塁打を記録した。シーズン後半に入ると、当たりが止まった時期もあったが、最終的には打率.287、17本塁打、68打点の成績を残した。

    <2015年>
    OP戦:2試 率.000 本0 点0
    シーズン:138試 率.287 本17 点68

    山田哲人もOP戦は活躍できず…
     14年に田中浩康から二塁のポジションを奪った山田哲人(ヤクルト)も、13試合に出場して、打率.213、0本塁打、1打点とオープン戦はいまひとつだった。田中浩は11試合に出場して打率.200。両選手ともに決め手を欠く内容となったが、シーズンが開幕するとスタメンで起用されたのは若い山田だった。

     山田は3・4月打率.291、4本塁打、17打点を記録すると、5月以降は9月を除き、毎月月間打率3割をマーク。日本人の右打者ではシーズン最高となる193安打を放ち、レギュラーの座を不動のモノにした。

    <2014年>
    OP戦:13試 率.213 本0 点1
    シーズン:143試 率.324 本29 点89

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00108717-baseballk-base

     昨季限りで現役を引退した元広島カープの広瀬純氏(37)が24日、東京・銀座の広島ブランドショップ「TAU」で行われたトークイベントにゲスト出演した。

     この日のテーマは「マツダスタジアムの魅力を伝える」で、広島県の「魅力ある建築物創造事業」情報発信イベントとして行われ、抽選で選ばれた約50人が参加した。広瀬氏はマツダスタジアム設計者の仙田満氏とのトーク冒頭、現役時代にプレーした首都圏の球場について「特に、神宮球場はホームゲームみたいに多くのカープファンが応援してくれて、良い雰囲気を作ってくれて、気持ちよくプレーできましたね。生涯打率も3割5分くらいは打ちましたかね。現役の後は神宮でプレーをしようかと思いました」と、トークで場内を沸かせた。

     一方、昨季までの本拠地・マツダスタジアムの感想について「選手のやる気が間違いなく上がる球場ですよね。居心地がとにかく良いです。スタンドのファンと選手との距離がとても近いですしね。実は現役時代、ケガで休んでいた時に変装してスタンドから観戦したことがありますが、ファン目線でも野球が楽しめました」と、現役時代の秘話を披露した。

     今季から地元放送局の解説者を務める広瀬氏は今季の広島の順位予想については「チームはサードとレフトのポジション以外は野手が充実しているし、連覇をしてほしいですね。巨人が怖い存在です」と早速、解説者として今季の展望について話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000143-spnannex-base

     広島の2年目右腕・岡田明丈投手が、開幕前最後の登板で順調な仕上がり具合を見せた。25日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に先発。6回まで投げ、5安打無失点と好投し、「ストレートをしっかりインコースに投げ切れれば、シーズンでもしっかり投げられるじゃないかと思います」と手応えをつかんだ様子だった。


     初回、今宮に四球、柳田に死球を与えたが、「コースをきっちり投げようとした。死球は勝負しにいった結果。慌てたところはない。粘ることが出来た」と内川、デスパイネを打ち取った。

     2回以降は150キロ近い真っすぐを軸に内角もきっちり攻め、走者を出しながらも、6回まで無失点投球。85球で降板した。

     開幕カード第2戦となる4月1日の阪神戦(マツダ)での先発が有力視される右腕。「(真っすぐで)空振りも取れていたので、腕は振れていると思う。去年よりも慌てることはないかなと思う。去年の経験が今年は生かせている」という。ルーキーイヤーの昨季は4勝。黒田博樹が抜けた穴を埋める存在として、期待がかかる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010026-fullcount-base

     WBCの戦いを終えて帰国した広島・鈴木誠也外野手(22)が23日、千葉県成田市内のホテルで取材に応じた。侍初選出で刺激を受けた若武者。悔しい経験を糧に、次なる目標へ一歩ずつ歩んでいく決意を示した。

     最年少野手として出場したが、出場5試合で14打数3安打の打率・214と持ち前の打棒を発揮できず。「しっかり結果で応えたいと思っていましたが、結果が出なくて申し訳ないなと思います」と退任を表明した小久保監督への思いを吐露。それでも「世界の舞台でやれて、プラスになることもあった」と語った。

     2019年のプレミア12、20年の東京五輪へ「主力として出て、優勝できるよう頑張っていきたい」と前を見据えた。チームには26日に合流予定。大舞台での経験を生かし、今季のさらなる飛躍へつなげる。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/03/24/0010028660.shtml

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     スケールの大きなドジャースタジアムを見て、侍ジャパンの鈴木は5年4カ月前を思い出した。「僕、来たことあるんですよ」。11年12月に東京高校選抜のロサンゼルス遠征壮行試合に参加。施設見学で、ドジャースタジアムを訪れていた。「当たり前ですけど、あの時はここでプレーすることになるとは想像も出来ませんでした」と笑った。


     ロッテ佐々木や日本ハム石川亮も選ばれており、7日間で4試合。野球エリートが集まる米国のMLBアーバンユースアカデミーと対戦した。始球式にはドジャースのラソーダ元監督や長谷川滋利氏が登場。投手として選ばれた鈴木は背番号18番。抑えも務め、打っては1試合2発を含む計3発で3勝1敗のチームに貢献している。

     時を経てジャパンのユニホームに袖を通し、ロサンゼルスに戻ってきた。「不思議な感じです。思ったより外野もせまかったですね」。あの頃から変わらず、必死にボールを追いかけ続けてたどり着いた舞台。思い切り暴れるだけだ。この経験もまた、鈴木を成長させるに違いない。次はどんな姿を見せてくれるか、楽しみだ。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1795587.html

    このページのトップヘ