広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     もはや「模範助っ人」と言ってもいいかもしれない。球団史上最長の来日7年目となった広島のブラッド・エルドレッド内野手(38)が二軍で若手に交じって黙々と汗を流している。

     今季は開幕こそスタメンに名を連ねたものの、代打での起用が多く、出場38試合で先発起用は18試合のみ。打率2割1分3厘、5本塁打、14打点となかなか状態が上向かず、6月9日に出場選手登録を抹消されてから二軍暮らしが続く。現在の助っ人事情は野手がバティスタのみで、ジョンソン、ジャクソン、フランスアと投手3人。さらに新助っ人ヘルウェグの加入で外国人枠の争いは一層厳しくなった。それでも水本二軍監督が「エルドレッドはモチベーションを保ってしっかりやってくれている」と話すように腐ることはない。それどころかエルドレッドは「体調はすごくいい。10代のころのような体調で野球を楽しめている」と笑顔さえ見せる。

     二軍では17試合に出場して打率3割8厘で1本塁打、5打点。「一軍に呼ばれたら、自分のパフォーマンスでチームの勝利に貢献できる自負はあるよ。いろいろな状況で今ここにいることも理解している。プレースタイルはどこにいようとも変わらない。チームに貢献するという不動の気持ちを持っている」と泣かせるセリフを吐く。さらにエルドレッドは「(二軍では)年上の人間だし、いい影響を(若手に)与えたいと思っている。ときにはアドバイスや自分の考えを伝えたり、ベテラン選手として自覚を持って楽しみながら彼らの役に立てるようにね。Good Example。いい見本でありたい」とまで言う。

     単なる優等生発言ではなく、行動も伴っていることは全二軍スタッフが見ている。近年では新外国人選手にチームの“しきたり”を教えるのもエルドレッドの役目。2014年のキングは不良債権化することもなく、リーグ3連覇へひた走るチームを陰で支えている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000030-tospoweb-base&pos=5

     ◇セ・リーグ 広島10―9巨人(2018年7月20日 マツダ)

     首位・広島が7点差を1度はひっくり返されながらも2位・巨人に10―9で延長10回サヨナラ勝ち。西日本豪雨のため16試合ぶりとなったホームゲームを勝利で飾った。巨人の連勝は7で止まり、今季最多タイの8連勝を逃した。



     広島は8―8で迎えた延長10回、6番手のジャクソンが岡本に勝ち越し本塁打を許して8―9と逆転されたが、その裏、2死一塁から下水流が右翼スタンドへ劇的なサヨナラ2ランを放った。下水流は9回から左翼の守備につき、この試合の初打席だった。

     広島は巨人先発・山口俊から初回に安部の3ランなどで4点、2回に松山の2ランなどで3点を奪って2回までに大量7点をリード。巨人は広島先発・野村から4回に陽岱鋼、5回にマギーと2イニング連続で3ランが飛び出して1点差に詰め寄り、2点差で迎えた7回には名手・菊池の今季初エラーもあって無死二、三塁としてから吉川尚の中前2点適時打で1度は8―8の同点に追いついた。延長10回には岡本のソロ本塁打でこの試合初めてリード。だが、その裏、5番手の守護神・マシソンが力尽きた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000208-spnannex-base

     広島が18日の中日戦(ナゴヤドーム)に0―5で今季5度目の完封負けを喫した。自慢の打線がわずか1安打に終わり、先発した岡田明丈(24)が7回途中4失点で4敗目。それでも、1勝5敗で迎えた“鬼門”ナゴヤドームでの今カードを2勝1敗と勝ち越し、緒方孝市監督(49)は「地元に戻って一戦一戦、戦っていく」と西日本豪雨後、初めて本拠地開催となる20日からの巨人3連戦に切り替えていた。

     一方、16日に右すね付近に自打球を受けた鈴木誠也外野手(23)は2試合続けて欠場したものの、首脳陣によれば今後も抹消はせず、20日の試合出場については当日の様子を見たうえで判断するという。大事には至らなそうでなによりだが、広島には気になる“敵”がいるという。

     それは全国各地で続いている猛暑だ。この日、岐阜県では最高気温40度超を観測。今後も記録的な暑さが予想されるなか、広島には過酷すぎる日程が待ち受けている。

     今カードこそ屋内球場で3試合が組まれたが、その後は巨人との3連戦を皮切りに7カード連続で屋外球場。土日を含めてナイター開催とはいえ、試合前練習を行う時間帯は“灼熱地獄”だ。

     チーム関係者は「心配だね…。練習時間を考えたり、対策を取っていけたら」。さらには16日に一軍に昇格したばかりの安部の名前も挙がり「(安部は)暑さには強いみたいだし、調子を上げて頑張ってもらいたい」と期待を込めた。
     果たして“熱帯夜シリーズ”を乗り切れるか。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000042-tospoweb-base

    <中日5-0広島>◇18日◇ナゴヤドーム

     広島は中日先発ガルシアの前に今季最少1安打に抑えられ、0封負けを喫した。


     先発岡田は6回まで無失点に抑えるも、7回につかまった。広島緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

     -中日ガルシアが良かった

     緒方監督 打てなかったね。切り替えてやるだけ。今日は終わったことだから。

     -先発岡田は6回まで好投した

     緒方監督 低めにしっかり投げ込めていたと思う。

     -明後日からは広島で巨人3連戦

     緒方監督 地元でまた1戦1戦しっかりと戦っていくだけ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00272618-nksports-base

     育成出身で、1軍でのデビュー戦で初先発勝利をあげた巨人のメルセデス。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー出身であったことも話題となったが、今季、広島に加わったアカデミー生も負けてはいない。ヘロニモ・フランスア(24)だ。

     今年3月に育成契約を結ぶと、5月に行われたウエスタン・リーグの登板試合を緒方監督が直々に視察し、高評価。同月、支配下選手契約された。プロ初登板初先発となった同26日の中日戦(マツダ)は、4回3失点で降板し黒星を喫したが、中継ぎに転向後、能力の高さを発揮。2番手で登板した6月26日の巨人戦(マツダ)では150キロ台の直球とスライダー、チェンジアップを駆使し、5回を1安打9奪三振で無失点に抑え、プロ初勝利を手にした。

     ピッチング以上に強烈な印象を残したのが、打者顔負けのフルスイングだ。6月7日の日本ハム戦(マツダ)。3回の第1打席で、初球の変化球にヘルメットが落ちそうになるほどバットを振った。あまりの全力プレーに鯉党から歓声が沸くと、2球目も豪快に空振り。普段はベンチで表情を変えることなく戦況を見つめている緒方監督が、笑いをこらえるように顔を背ける様子は「You Tube」などの動画サイトでも人気だったりする。

     2014年9月に練習生として来日。16年は四国アイランドリーグplusの高知に派遣され、1シーズンを過ごした。1軍デビューまで4年近くを擁したが、あきらめることなく黙々とトレーニングを続けてきた。母国で活躍を祈る母には、定期的に仕送りを続けていたという心優しき左腕。プロ初勝利を決めた巨人戦では、お立ち台で「気持ち、すごくいいです。ずっと待っててくれた母にありがとうと言いたい」と、最愛の家族へ感謝の言葉を口にした。

     最近は勝ち試合での登板も増え、信頼も高まりつつある。現在は「ロングリリーフができる」(畝投手コーチ)と中継ぎで重宝されているが、実績を残し続ければ今後、先発への再転向もあるはずだ。その時には、あの「神スイング」をもう一度見てみたい。(記者コラム・種村 亮)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000162-sph-base&pos=2

     ドジャースの前田健太投手(30)が17日、西日本豪雨で被災した広島県に、義援金1000万円を寄付したと、所属のマネジメント会社が発表した。

     前田は「このたびの西日本豪雨により、お亡くなりになられた方のご冥福(めいふく)を心よりお祈り申し上げます。被災された方々、連日救助活動をされている方々のお力になれたらと思い、微力ながら寄付させていただきました。1日でも早く元の生活に戻れるよう願っております」とコメントした。

     前田は15年まで広島カープに所属。今季はここまでドジャースの先発ローテーションを守り、7勝を挙げている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000168-sph-base&pos=4

     広島の新外国人ジョニー・ヘルウェグ投手(29)=前パイレーツ傘下3A=が17日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で実戦デビューを果たした。緒方監督、畝投手コーチが見守る中、1イニングを無安打無失点。速球の最速は157キロを計測した一方で、1死球、1四球を与えるなど制球に課題を残した。

     6月中旬以来の登板にヘルウェグは「前回から今日まで間隔が空いたけど、マウンドでしっかり投球できたことをうれしく思う。スコアボードにゼロを刻めたことが良かった」と収穫を強調した。

     緒方監督は「まだまだこれから」と上がり目に期待。畝投手コーチは「左バッターに抜け球があった。コントロールの精度を上げてほしい」と評した。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000078-dal-base

     「ウエスタン、中日4-3広島」(17日、ナゴヤ球場)

     2軍調整中の広島・今村猛投手が登板し、1回を無安打無失点に抑えた。

     最速144キロを計測し、見逃し三振も奪ったが、畝投手コーチは「変化球が多かったね。真っすぐを投げきれての変化球」と指摘。直球の精度向上を求めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000122-dal-base&pos=1

    このページのトップヘ