広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     無念の2軍降格となったが、1軍で貴重な経験を積んだ。広島の2年目・長井良太投手(19)のデビューはあまりに鮮烈だった。4日ヤクルト戦。0-8の八回、2死走者なしの場面でプロ初登板。雄平と真っ向勝負し、自慢の直球で二ゴロに打ち取った。わずか、1アウト。それでも、自己最速154キロという数字で、十分すぎるインパクトを与えた。

     登板2試合目の15日・中日戦は1回2安打2失点。2者連続押し出しを含む3四球を与えるなど、課題を露呈した。だが、ファームを含めてプロ初の連投に臨んだ翌16日の同戦では苦い記憶をすぐさま払拭。1イニングを無安打無失点に抑え、リベンジに成功した。

     「持ち味の真っすぐは1イニングを投げても詰まった打球やフライが多かった。自分の真っすぐが通用しているのかなと思います。そういうところは収穫です。課題は真っすぐと変化球のコントロール。配球も自分で考えないといけない」

     1軍を経験した長井の率直な感想だ。変化球はスライダー、カーブ、フォークを操り、オープン戦の頃より精度は向上した。だが、中日のアルモンテには151キロを軽々とセンターオーバーとされるなど1軍打者のレベルを肌で実感。こだわるのは直球のスピード以上に質。制球力という課題も明確となった。

     ライバル2人の存在も成長の糧となっている。アドゥワと高橋昂は高卒2年目の同期。開幕直後は長井だけが2軍スタートだった。2人が1軍で活躍する姿を見て「すごい」と羨望のまなざしを送る一方、「悔しい」という思いも交錯して複雑な心境だったという。

     中でも高橋昂は高校時代から意識する存在だ。母校のつくば秀英は花咲徳栄と毎年練習試合を行う。実際に投げ合ったこともあるという。「ドラフトで一緒のチームになって驚きました」。今では仲間だが、ライバルを聞かれると、迷わず高橋昂の名前を挙げる。

     「外国人選手ともっと対戦したい。自分の真っすぐがどれくらい通用するのか楽しみ」

     長井は目をキラキラと輝かせる。まだ高卒2年目。もっともっとレベルアップして1軍返り咲きを目指す。(デイリースポーツ・杉原史恭)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000078-dal-base

     お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(56)とタレント、ミッツ・マングローブ(43)が司会を務めるフジテレビ系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・0)に、元プロ野球投手の江夏豊氏(70)がゲスト出演することが21日、分かった。

     同番組は1970年代以降の昭和に流行したアイドルや歌謡曲、スポーツなどをテーマにトークを繰り広げる内容。江夏氏がフジ系バラエティーで石橋と共演するのは、96年の「とんねるずのハンマープライス」以来、22年ぶりとなる。

     広島時代に左腕のリリーフエースとして活躍した大投手は、4月に死去した盟友・衣笠祥雄氏との秘話などを披露。帝京高野球部出身の石橋について「野球を正面から語ってくれるので、こちらも素直に話すことができました」と感謝した。28日の放送回に登場する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000031-sanspo-ent

     今季の好調は禁“浴”生活のたまものかもしれない。広島の大瀬良大地投手(26)が25日の中日戦(マツダ)で9回を5安打3失点にまとめ、打っても2回に2点二塁打を放つ二刀流の活躍でリーグトップタイの7勝目を今季2度目の完投勝利で飾った。

     今年は直球の威力を高めるため、春季キャンプ前に体脂肪を18%から15%に減らしつつ、体重を7~8キロ増やし95キロの肉体を手にした。一方でこだわりのあるリラックスタイムを我慢しているという。元来はほぼ毎日のように20~30分入浴タイムを設けるほどの風呂好き。昨季まで自宅でも遠征先のホテルでも「『きき湯』カボスの香り」の入浴剤を使用するのが大瀬良流だったようで「ぬるめのお湯にゆっくり漬かることで疲労も取れるしリフレッシュできる」とつかの間のひと時を過ごしていた。

     それが今年は「実は汗っかきで…。湯船に漬かると体重が減ってしまうし、増やした筋肉が緩んでしまってケガのリスクも高くなる。体のケアも変えていかないといけない」との考えから、入浴を控えて“シャワー派”へと転向したという。

     この日は2回に鈴木の5号ソロや8番西川から自身も含めた4連続適時打で一挙6点を先制する楽な展開ではあったが、緒方監督は「当たっている中日打線相手にコースに投げきれていた。ナイスピッチング。今年は去年とは内容が違う」と絶賛した。プロ意識がグッと高くなった大瀬良がキャリアハイ(2014年と昨年の10勝)を更新するのは時間の問題だ。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000009-tospoweb-base

    <広島6-3中日>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が先発大瀬良の投打の活躍もあり、2連勝した。2回に鈴木が5号先制ソロ。その後は西川、大瀬良、田中、菊池と4者連続適時打で6点を先制した。大瀬良は3失点完投で5連勝の7勝目。以下は緒方孝市監督(49)の談話。



     -大瀬良が好投

     緒方監督 当たっている中日打線に、初回から低めに丁寧に投げていた。コースにもしっかり投げきれていた。ナイスピッチング。自らも打席でね。

     -無四球での完投だった

     緒方監督 制球も安定している。最後は球威が落ちたかなと思ったが、しっかりと変化球もコースに決める投球ができていた。最後まで投げきってくれて、大きかった。

     -最近の安定感について

     緒方監督 今年は去年と全然内容が違う。勝ち星の内容もね。彼を信頼して、最後まで投げてもらいたいという投球を見せてくれている。

     -打線は2回に6得点

     緒方監督 前回、相手投手(先発の柳)に中盤以降まで完璧にやられた。反省もふまえて、狙い球をしぼっていった。まず(鈴木)誠也がひと振りで捉えた。西川もあそこでチャンスを広げてくれたのが大きかった。いい攻撃ができた。

     -マツダスタジアムで今月負けなし

     緒方監督 1試合1試合の積み重ねの結果だから。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00219963-nksports-base&pos=3

    <広島6-3中日>◇25日◇マツダスタジアム

     広島が2回に6点を先制。鈴木の5号ソロに始まり西川、大瀬良、田中、菊池と4者連続適時打。大瀬良は3回まで1安打投球。



     中日は6回、2死一塁から京田の右中間三塁打で1点を返した。先発の柳は3回から立ち直ったが、5回6失点で降板した。

     広島が逃げ切って2連勝。貯金を今季最多12とした。大瀬良はリーグトップタイの7勝目。中日は2連敗で、柳は4敗目。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00219379-nksports-base

     セ・リーグ首位を走る広島で、また新たな力がベールを脱いだ。

     5月22日に行われた巨人戦の6回、3番手としてレオネル・カンポスが今季初登板。先頭のアレックス・ゲレーロに四球を出すも、つづく阿部慎之助を併殺に斬って二死。その後は岡本和真に安打を許すも、亀井善行を内野ゴロに打ち取って1回無失点のNPBデビューを果たした。

     今季からチームに加入した188センチの長身右腕。高い奪三振能力がウリでリリーフ陣の一角として期待を受けるも、オープン戦では5試合の登板で防御率5.79、四球が4つとアピールできずに二軍からのスタート。それでも、ファームでは14試合の登板で1勝1敗、防御率2.51と安定した投球を披露。外国人枠の関係からなかなかチャンスが巡ってこなかったが、先発の柱であるクリス・ジョンソンが夫人の出産に立ち会うためにチームを離れることになったため、ちょうど空いた枠に滑り込んだのだった。

     また、その“ジョンソンの穴”という点ではもう一人おもしろい投手がいる。カープアカデミー出身の24歳左腕ヘロニモ・フランスアだ。

     3月9日に育成契約を結んだ若きドミニカンであるが、ファームで8試合に登板して2勝1敗、防御率2.57という好成績が認められて5月21日に支配下登録。異例のスピードで2ケタの背番号を掴み取った。すると、ジョンソン不在で空いた先発の枠にそのまま抜擢。26日に本拠地で行われる中日戦で一軍デビュー・初先発の大役を務めることになっている。

     昨季もバティスタがシーズン途中に支配下登録を勝ち取って活躍したり、ファームにはアレハンドロ・メヒアという格の違いを見せつけるような活躍を見せる選手がおり、12球団でも一・二を争うような熾烈さの外国人枠争い。中でも今季からチームに加わった2人の投手、カンポスとフランスアの今後には注目だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00154113-baseballk-base

     20日に育成枠から支配下選手契約を結んだ広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、プロ初登板初先発となる26日の中日戦に備えた。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身投手で、初登板初先発初勝利を挙げたのは球団では95年のチェコのみ。23年ぶりの快挙を目指す。

     雲ひとつない空の下、フランスアが左腕を振った。マツダスタジアムのマウンドに上がると、本番を想定して登板前最後の投球練習。カーブ、チェンジアップなどの変化球を交えながら53球。26日・中日戦でのプロ初登板初先発へ向けて調整した。

     「(マツダのマウンドは)昔、一度だけ投げたことがある。シート打撃でルナとエルドレッドと新井さんに投げたんだ。投げやすく好きだね。気持ちが良かった」。気温24度。初夏を思わせる暖かさに、額には自然と汗がにじんだ。

     14年9月に練習生として初来日。今年3月に育成選手となり、ウエスタンで8試合に登板し2勝1敗、防御率2・57の成績を残して20日に念願の支配下契約を結んだ。

     「右打者の内角に入ってくるボールが良い。来たときは、ブルペンでは良い球を投げるけど、実戦になると四球。それがなくなった」と畝投手コーチ。制球難を克服し、1軍マウンドを勝ち取った。

     フィールディング、ベースカバー、けん制…。試合の中ではさまざまなことが求められる。来日当初は投げることで精いっぱいだったというが、転機は16年に四国ILp・高知に派遣され、数多くの実戦を積んだこと。「いろんな経験ができた」。クイックも今では1・2秒台前半。投手としての基礎を身に付け、総合力もアップさせた。

     ドミニカ共和国カープアカデミーは1990年に開校。同校出身選手で、プロ初登板初先発を初勝利で飾ったのは、球団では95年のチェコのみ。「もちろん、九回まで投げたい」と完封勝利にも意欲を示した。

     「喜んでいたよ」。母国で暮らす母のロレーナ・マルティネスさんや16年に結婚した妻サンドラ・バルデスさんには、電話で初登板を伝えた。「初めてだから緊張すると思う。でも、自分のペースでテンポ良く投げたい。自分の仕事をすることだけを考えたい」。海を渡って4年。夢をかなえる第一歩を踏み出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000020-dal-base&pos=4

    このページのトップヘ