広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     野球日本代表「侍ジャパン」として「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)に参加中の広島・菊池涼介内野手が、今オフに米大リーグ移籍を目指すことが決まった。広島が8日にポスティングシステム(入札制度)の利用を容認することを発表した。侍ジャパンの稲葉篤紀監督はこの挑戦について「当然夢がある」と背中を押した。



     この日は予備日だったため希望者だけが参加して台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で練習を行い、野手陣はフリー打撃、投手陣はキャッチボールなどで調整したが、菊池は参加しなかった。練習後に稲葉監督は菊池の決断に「当然夢がある。私はその夢を応援することしかできないですが。菊池は非常にいい活躍をしてくれている」とコメントした。

     練習に参加した鈴木誠也外野手(広島)も挑戦を後押し。レギュラーシーズンでは同じ広島で2番菊池、3番鈴木の打順で並ぶことも多かったが「人生ですし、挑戦したいというなら挑戦したほうがいいと思います。僕も見てみたいと思う」と話していた。

    臼井杏奈 / Anna Usui


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00599546-fullcount-base

    広島育成ドラフト1位の旭川大高・持丸泰輝捕手(18)が8日、旭川市内のホテルで入団交渉し、支度金290万円、年俸240万円で仮契約を結んだ。


    台湾で行われている「プレミア12」に連日、刺激を受け「早く支配下登録になって、将来は自分も日の丸を背負って、国際大会で戦えるような選手になりたい」と話した。

    目線が変わった。「今までは左打者に注目して野球を見ていたが、今はプロの捕手のフットワークや送球を気に掛けながら見るようになった」。7日の台湾戦では先輩になる広島会沢が先発し、6投手を好リードして8-1勝利に貢献した。「実際に会って、捕手としてすべての技術を聞いてみたい」と弟子入りを熱望した。

    あこがれの捕手で、同じ育成出身のソフトバンク甲斐の動きも当然チェックしている。「素早いスローイングは競争を勝ち抜くには不可欠。自分も身につけたい。名前のタイキにちなんで“タイキャノン”と呼ばれるようになりたい」。今後は12月9日に入団発表、年明け1月10日に入寮、さらに合同自主トレと続く。近藤スカウトからはランニングとキャッチボールを続けるよう指示が出た。万全の準備で“下克上”につなげる。【永野高輔】

    ▽持丸の父知己さん(48) (自身も日本製紙旭川の捕手として00年まで5年間プレー) 夢ってかなうんですね。うれしいですが、本当の戦いはここから。見守っていきたい。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-11080703-nksports-base

     広島・三好匠内野手が9日、キャンプ地・宮崎県日南市のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、150万増の1200万円でサインした。


     今年7月に楽天からトレード加入。8月20日・ヤクルト戦ではプロ初のサヨナラ打を放つなど、16試合のスタメン出場を含む43試合に出場した。移籍後のシーズンを「濃かったです」と振り返り、「久しぶりにスタメンで出たりもして、スタメンで出たい気持ちが強くなりました」と気持ちを新たにした。

     開幕を初めて広島で迎える来季。「イチからのスタートが切れる。このオフしっかりやっていきたい」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000113-dal-base

    張本勲氏(79)が10日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。元広島の新井貴浩氏(42)と「初共演」した。


    同番組に初出演した新井氏と言えば、毎年シーズンオフに行っていた護摩行が有名。炎の前で1時間以上も読経を唱えるという荒行だ。

    現役時代の思い出を問われた新井氏は「一番は毎年、護摩行をやらせていただきまして、こちらの番組でも取り上げていただきまして、毎回、張本さんからありがたいお言葉をちょうだいしました。今年も夏に行ってきたんですけど、野球がうまくなるというよりは自分をグッと締めたかったんで、引退してからも、今年も行かせてもらいました」と話した。

    「サンデーモーニング」では毎年1月、新井氏の護摩行を自主トレ特集で取り上げた。張本氏は「山登りはいい。でも、新井はやけどしてどうするの。野球に関係ないことはやってほしくない。精神統一かどうか分かりませんが、もっと野球に関係ある運動をしてほしい」(18年1月14日放送)などと苦言を呈していた。

    この日も張本氏は「やけどをするんじゃないか」と苦笑い。それでも「人間性が良い。私みたいにわがままで生意気じゃない。早く黒田(博樹氏)とともに指導者になってもらいたい」とエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-11100197-nksports-base

     7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを東京国税局から指摘され、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が活動自粛している件を受け、広島市こども文化科学館は8日、徳井が出演しているプラネタリウム番組「太陽系シリーズを制覇せよ!」を10日をもって終了すると発表した。

     同館の公式サイトに「このたび、プラネタリウム番組『太陽系シリーズを制覇せよ!』につきまして、番組に出演している徳井義実さんの税務申告漏れ等による活動自粛を受け、社会的な影響や、当館が社会教育施設であることを踏まえ、上記の番組の投影を、11月10日(日)をもちまして、終了いたします。番組の時間枠には、11月12日(火)から、プラネタリウム新番組『眠れない夜の月』を投影します。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます」との文章が掲載されている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000207-spnannex-ent

     広島は2日、米大リーグのフィリーズなどでプレーしたホセ・ピレラ外野手(29)の獲得を発表した。契約金27万5000ドル(約3000万円)、年俸60万ドル(約6500万円)プラス出来高。背番号は未定。ベネズエラ出身で内外野をこなせるユーティリティープレーヤー。メジャー通算17本塁打の右打者でパワーも兼ね備えており、得点力アップに期待がかかる。

     V奪回へ、助っ人補強第2弾だ。10月25日に発表された投手のDJ・ジョンソンに続き、内外野を守れる右打者のピレラがカープのユニホームに袖を通す。球団を通じて「素晴らしい球団の一員になれることに、とても興奮しています。また、2020年シーズンが始まることをとても楽しみにしています。皆さまの応援よろしくお願いします」とコメントした。

     ベネズエラ出身で182センチ、99キロ。今季はパドレスと7月に移籍したフィリーズで計14試合の出場に終わったが、メジャー経験は決して乏しくない。14年にヤンキースでメジャーデビューし、広島に在籍した黒田氏とも一緒にプレーした。17年はパドレスで左翼手として83試合に出場し、打率・288、10本塁打、40打点をマーク。昨季は二塁も守るなど、146試合に出場していた。

     長打力のある新助っ人は、メジャー通算302試合で打率・257、17本塁打、82打点。対左投手は打率・292の強さも持つ。佐々岡新監督は「外国人なので期待している。(起用法は)映像を見て話をしていく」と説明。朝山打撃コーチは「パワーヒッター。メインは外野かな。シンプルに強く振れる」と期待を寄せた。

     今季チームは4位と4年ぶりBクラスに終わった。総得点はリーグ4位の591。昨季の721得点から激減した。球団関係者は「打点を稼げる選手。一塁アウトでも全力疾走をしていたし、そういうところは日本向きかもしれない」と話す。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000024-dal-baseにつながる。

      外野陣は絶対的存在の鈴木に長野や松山、西川もいる中で層が厚くなる。さらに内野もこなせるとなると、大きな戦力アップだ。エルドレッドが退団した今季の助っ人野手は、ドミニカのカープアカデミー出身者だけだった。来季はピレラが赤ヘル軍団の一員として、バットで佐々岡カープを支える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000024-dal-base

    「スズキへの注目度は年々、高まっています」

     東海岸のメジャースカウトがこう言った。

     7日のプレミア12台湾戦で侍ジャパンの4番・鈴木(広島)が大暴れ。初回に先制となる適時三塁打を放つと、三回には左翼席に特大の2ランを叩き込むなど、日本の勝利に貢献した。

     1次ラウンドの3試合で計9打点の活躍に目を細めているのがメジャーのスカウトたちだ。大谷翔平(エンゼルス)と同じ年の鈴木は25歳を迎えた今季、打率・335、28本塁打、87打点で首位打者のタイトルを獲得。出塁率は・453と高く、25盗塁を決めるなど足もある。さらにゴールデングラブ賞を獲得したように守備も一級品。メジャースカウトの中には「すでにアジアではトップクラス」との声もあるほどだ。

     鈴木の今季年俸は1・6億円。仮に、今すぐポスティングでメジャー挑戦したら、一体どれくらいの評価を受けるのか。

    「入札金が必要になるため、契約総額は抑えられるが、出来高込みで2年総額10億円といったところでしょう」

     とは、前出のスカウトだ。

    「スズキは好不調の波がほとんどなく、181センチ、96キロで体がドッシリしている。打撃に確実性があり、ボールにしつこく食らいつく姿勢もあるので、外国人投手の動く球にも対応できるでしょう。ツボにはまれば飛ぶ、という選手ではなく、穴も少ない。パワーもあるので、本塁打も期待できる。守備、走塁も平均以上です。

     メジャー球団は今、かつてのイチローのような巧打者タイプよりも、スズキのような外国人投手にも力負けしない体を持つ選手を好む。かつて、中日からFA権を行使したフクドメ(30=当時)がカブスと4年4800万ドル(約53億円=当時)の契約を結んだが、スズキは当時のフクドメよりも完成度で劣る。タフな環境に慣れる時間も必要だ。ただ、スズキはまだ25歳と若い。2年間実績を積めば、3年目以降のサラリーは一気に増えるはず。10億円プレーヤーになることも夢ではないだろう」

     日本の主砲がアメリカンドリームを掴む可能性は高そうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000022-nkgendai-base

     「広島秋季キャンプ」(6日、日南)

     広島・一岡竜司投手(28)が、ダイナミックな投球フォームを取り戻しての復活に意欲を示した。理想は回転数が多いキレのある球を投げることで、秋季練習ではフォームの土台作りに励んでいる。今季はコンディション不良もあって33試合の登板にとどまった右腕が、輝きを取り戻す。

     明確な狙いを持って、一岡が腕を振っている。注力するのは躍動感のあるフォームを取り戻すこと。「(下半身の動かし方で)あがいている感じ。方向性は見つかっているので、細かいところを微調整している。無駄な動きを取り除きたいけど、ダイナミックさも失わないように」とうなずいた。

     セットアッパーで迎えた今季はコンディション不良もあり、33試合の登板に終わった。過去2年は59試合に登板。「1年間通して投げられなかった悔しさがある」と率直な思いを語る。

     復活へ向けて、軸となる直球は140キロ台でも、キレのあるものが理想。そのためにも「(下半身のコンディション不良があったが)小さくまとまらないようにしたい」とまずはフォーム形成を重要視する。

     秋季練習では2日に1回をメドにブルペン入り。「今は悩んで良い時期」と2段モーションを試すなど探究心を持つ。5日の投球練習後は簡易型弾道測定器「ラプソード」で球の回転数などをチェック。自身の投球映像も毎日見返している。

     「ブルペンでは一回の集中力が大事」と言う右腕は、来季へ「どこで投げても同じパフォーマンスを出せるメンタルが一番大事」と力を込めた。土台をがっちりと固め、2020年へ向かう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000036-dal-base

     野球評論家の張本勲氏(79)が10日、TBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。1次ラウンドが終了し、スーパーラウンド進出の6チームが出そろった「第2回WBSCプレミア12」についてコメントした。

     張本氏は、1次ラウンドを3勝0敗で終え、スーパーラウンドに駒を進めた侍ジャパンについて「全日本級の選手は何人か出てないけども、まとまりが非常にいいと思うんですよ。今年は勝てると思いますね」と解説した。

     また、元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩氏(42)は「初戦のベネズエラ戦はヒヤッとしたんですが、プエルトリコ、台湾と試合を重ねるごとにチーム力が上がってきているのを感じる。国際試合は初見の投手が多いので、連打を重ねて点を取るのは難しいんですが、その中で四球の数がすごく多いんですね。しっかりボールを見極めて次に打者につなげようという姿勢が表れている」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000166-spnannex-base

     広島は8日、菊池涼介内野手(29)から要望されたポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を容認すると発表した。数日前に球団に申し入れがあり、鈴木清明球団本部長(65)が「彼はこれまで球団に多くの貢献をしてくれた。彼のチャレンジを尊重したい」とコメントした。

     菊池涼は昨年12月の契約更改後、ポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦希望を表明。その席で「野球をやっている以上はトップのレベルでやってみたい」と公言していた。

     最大の売りは球界ナンバーワンの広い守備範囲と強肩。二塁手として2013年から7年連続ゴールデングラブ賞に輝いた。通算成績は1047試合で打率・271、85本塁打、379打点、107盗塁。16年には最多安打のタイトルを獲得した。今季の年俸は2億4000万円。メジャーの評価はどれほどなのか。

     メジャーリーグ事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう見る。

    「近年の打撃成績が物足りませんから、レギュラーというより、内野のユーティリティーという立場でなら可能性はあるかもしれません。チーム事情でいえば、まずはマリナーズでしょう。正二塁手のゴードンはもちろん、内野陣全体がボロボロで再建を迫られていて、内野の守備力が高い選手を求めています。現在、菊池雄星が在籍しているように、日本人選手を評価する球団でもあります。あとはレンジャーズ。二塁手のオドーアは打撃はいいが、守備はからっきし。機動力を重視するチームカラーのうえ、現在も2人のアジア人メジャー選手が所属している。ゴードンもオドーアも左打者のため、右打者の菊池涼を併用して起用することができます。1年契約で年俸は100万ドル(約1億1000万円)ほど。2年目は球団側に200万ドルのオプション、10万ドルのバイアウトがつく感じでしょう」

     米球界移籍が実現しなかった場合、球団は残留を受け入れる意向だという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000021-nkgendai-base

    このページのトップヘ