広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     プロ野球ドラフト会議から約2週間。投打の「二刀流」で注目され、4球団競合の末に中日入りした根尾昂(あきら、大阪桐蔭高)は、プロでは遊撃手で勝負することを明かした。そのショートで根尾に負けない評価を得たのが、広島が1位指名で交渉権を得た小園海斗(兵庫・報徳学園高)だ。高評価の理由は何だったのか。

     ドラフト当日。照明がともった報徳学園のグラウンドで、小園は仲間から祝福された。遠巻きで目を細める大角健二監督がつぶやいた。「まさか、ここまで評価されるとは思っていませんでした」

     9日に広島と仮契約した小園は、4球団から1位指名された。報徳学園では1年からレギュラーをとり、2年で高校日本代表の正遊撃手を任された。俊足強打の左打者として、3年夏の甲子園では8強入りの原動力になった。ただ、周囲は今年のドラフトの目玉だった根尾と同等まで評価が上がるとは思っていなかった。

     ところが、スカウトたちの目は違った。ソフトバンクは、ドラフト前に王貞治会長が小園の1位指名を公言した。永井智浩編成・育成部長兼スカウト室長は、「守備で肩も、捕る能力もある。3割30盗塁はいける選手だと評価している」と語った。オリックスの長村裕之球団本部長も、「ショートでしっかりレギュラーをとれる走攻守がある」と、全ての面で評価していた。

     DeNAの高田繁・前GMは根尾との違いについて語った。「足がスペシャルだからね、彼の場合は。バッティングも守備も根尾に負けないところがある」。50メートル走は根尾の6秒1に対し、小園は5秒8。機動力を武器に相手の隙を突く報徳学園で磨かれた脚力で高評価を得た。

     そんな逸材を引き当てたのは広島だった。担当した鞘師(さやし)智也スカウトは報徳OB。小園が1年の頃から追いかけてきた。「脚力もあり、打撃にも柔らかさがある。三拍子そろった選手で、カープの野球にぴったり」と指名理由を語った。「今年の1月までは単独指名でいけると思っていたけど、彼の頑張りもあって、最後は神頼みでした」と、4球団が競合したことについて苦笑いで振り返った。

     遊撃手としては、どうか。根尾は高校時代、投手との「二刀流」に挑んでいたこともあり、ショートとしては伸びしろがあるとみられている。一方の小園はショート一筋。現段階では、経験値で上回っており、今夏の日本代表でも小園が遊撃を任され、根尾は外野と投手で先発した。

     広島と中日。同じセ・リーグに飛び込む根尾を、小園自身はどう見ているのか。「ずっとショートとしてライバルと思っているのが根尾。全てにおいて負けたくない」。今夏の全国選手権を沸かせた「100回世代」を代表する2人は、次はプロでもしのぎを削ることになりそうだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000079-asahi-spo

     国内FA権を行使した広島・丸佳浩外野手(29)が19日、マツダスタジアムを訪れ、鈴木球団本部長と約1時間の再交渉に臨んだ。FA交渉解禁後、公の場では初めてとなる。

     丸は「いろいろ話しました。聞いてみたいこと?それも含めてもろもろ」と振り返り、条件については「そこは何とも言えない。そんなに深い話はしていません」と説明した。

     改めて宣言残留の可能性があることも示唆し、「まずは自分のチームとしっかり話し合いを進めてから」と話した。

     また代理人を通して巨人、ロッテから獲得意思があったことを初めて明かした。両監督が出馬する可能性があることに関しては「監督が来られるのであれば僕も出席したい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000117-dal-base

     「広島秋季キャンプ」(13日、日南)

     広島の下水流昂外野手(30)が今キャンプ初となるシート打撃で猛アピールした。床田から左越えソロを放つなど、2安打1本塁打2打点。今秋は本職の外野だけでなく、一塁の守備練習を再開。チーム屈指の打力を武器に、“ポスト新井”の一番手として名乗りを上げる。


     視線を独り占めにした。下水流が左肘の故障から復活を目指す床田の直球を左翼席へ突き刺す。「甘い球を一振りで仕留められたのは良かった」。完璧な一打。スタンドからの拍手を背中に浴びてダイヤモンドを一周した。

     みやざきフェニックス・リーグから手応えを感じ始めている。「これまではオーバースイングだった。言葉で表現するのは難しいけど、今は力感なく振れている」。打席の中で力むことが少なくなったことで、捉える確率が上がった。

     無死三塁で中村祐と対戦した場面では左前適時打を放った。3打席で1本塁打を含む2安打、2打点。持ち味の長打力に加え、1点が欲しい状況でシュアな打撃を見せ、猛アピールした。

     激化している“ポスト新井”争い。ライバルはメヒア、バティスタ、堂林など多い。競争を勝ち抜くために、今秋から昨オフ以来となる一塁の守備練習を再開。「引き出しが増えるのは良いこと」。この日は1死二、三塁の場面で西川のゴロをさばき、本塁へ送球。得点を許さなかった。

     日本シリーズでは40人枠に選ばれながら、試合に出場できる25人には選ばれなかった。「最後の最後で選ばれなかった。実力がなかったということ」。悔しさを糧にして臨む、今年の秋季キャンプだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000025-dal-base

     プロ野球・元広島投手の北別府学氏(61)が14日、ブログを更新。広島がこの日、ブラッド・エルドレッド内野手(38)と来季の契約を結ばないと通告したと発表したことに、「本当に寂しいニュースです」と悲しんだ。

     エルドレッドは2012年6月に米大リーグのタイガース傘下のチームを経て広島に入団。球団ではジム・ライトル(1977-82年)を抜いて外国人選手としては球団史上最年長となる7年間在籍した。北別府氏は「カープが強くなった功労者の一人だと思います」と感謝した。

     通算では577試合に出場し、打率・259、133本塁打(球団外国人選手では歴代2位)、370打点。「日本人より日本人らしい」真面目で勤勉な人柄、マツダスタジアムへの通勤は“ママチャリ”を使用するなど多くのカープファンに愛される助っ人だった。

     北別府氏はエルドレッドが赤い自転車で広島市内をぶらぶらしているのを見かけたことがあるといい、「愛されキャラでした。今後益々の活躍を願って止みません」とエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000594-sanspo-base

     プロ野球・広島の元エースで野球解説者の北別府学氏が16日、公式ブログを更新し、名古屋経済大学高蔵高野球部で元プロ野球選手の監督が部員に暴力を振るった問題に「大変な衝撃を受けました」と打ち明けている。

     監督は引退後、一般企業勤務を経て07年に同校の国語教師として赴任、09年に野球部監督に就任した。今回、スマホに関する野球部のルールを部員が破ったことに腹を立て、1、2年生の男子部員12人を殴ったものが明るみに出た。

     北別府氏は「素晴らしいセカンドキャリアを歩みながら 本当に残念でたまりません」と惜しみつつ、「映像を見ると生徒への指導などではなくただの暴力で、愛情も何も感じることのない指導とは言えない感情をぶつけているだけに見えます」と、厳しく批判。引退後の「理想を叶えたような生き方」をしていた監督の体罰に「たまらない思い」になったという。

     引退後の人生について、北別府氏は「それからどんな勉強だってできるはず。元カープ選手のホプキンスさんなど退団後に医学の勉強をして医者になりました」という例を挙げ、「苦しい事も多いと思うけど、その後の長い人生を誤らずに生きていくために頑張らなければ。若い選手たちは、充実した選手生活、その後のセカンドキャリアを送る為にも日常の中でも厳しく身を正して将来をしっかりと見据えて欲しい」と訴えていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000101-dal-base

     2018年のプロ野球公式戦が終了し、ストーブリーグに突入した。今季のタイトルホルダーの顔ぶれを見ると最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の菅野智之(巨人)、首位打者、最高出塁率の柳田悠岐(ソフトバンク)、最多安打の秋山翔吾(西武)、盗塁王の山田哲人(ヤクルト)、西川遥輝(日本ハム)といったおなじみのタイトルホルダーから、山川穂高(西武)、大瀬良大地(広島)、多和田真三郎(西武)、新外国人のボルシンガー(ロッテ)などは初めて個人タイトルを手にした。

     山川、大瀬良、多和田、ボルシンガーの4選手に共通しているのが、オープン戦で思うようなアピールをできなかったこと。昨季10勝を挙げ、今季も先発の軸として期待された大瀬良は、オープン戦の防御率は6.23。やや不安な状態で開幕を迎えたが、4月に3勝(2敗)、5月に4勝(0敗)、6月に3勝(1敗)と、6月が終了した時点でシーズン自己最多タイの10勝に並んだ。

     6月1日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「雰囲気が違う。昨年先発で結果を残して、今年もいい形で成績をあげてきている。堂々としている。自分のボールにさらに自信が持ててきていますよね」と昨季からの成長を感じたという。大瀬良はその後も白星を積み上げ、最終的にはリーグ最多の15勝を挙げた。

    ▼最多勝、勝率第1位
    大瀬良大地(広島)
    OP戦:3試 1勝1敗 防6.23
    公式戦:27試 15勝7敗 防2.62


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00172759-baseballk-base

     【球界ここだけの話】広島の来年2月の春季2次キャンプ地、コザベースボールタウンが生まれ変わった。沖縄市が約6500万円かけてリニューアルしていたコザ運動公園内の投球練習場が完成した。

     担当者は「今年の3月にオープンしました。地元の高校球児や一般の方が利用しています。キャンプのときにはカープの選手も満足してもらえると思います」と声を弾ませる。

     同運動公園内に出現した緑の屋根、ベージュの壁の半屋外の投球練習場はマウンドとバッターボックスが5つずつ並列に並び、最大5人同時に投球練習が可能。さらに黒土のマウンド、濃い緑の人工芝のバッターボックス、その間の黄緑の天然芝は3トーンカラーになっていて見た目にも美しい。ブルペンとバッターボックスの上を大きな屋根が覆っており、沖縄特有の強い雨が降っても安心して投球練習ができそうだ。

     特に設計者が注意を払ったのが、グラウンドから屋根までの高さ。雨が多い沖縄で雨対策は不可欠だが、屋根が低いと投手が投げるときにストレスを感じてしまう。といって、天井が高過ぎると強風が伴う雨のときに雨が吹き込むケースも。そこでカープ関係者にヒアリングをして天井高を3メートルに設定。雨の侵入を防ぎつつ、選手がストレスなく練習できる最適な高さを割り出した。

     同運動公園は2012(平成24)年から改修工事を進め、14年に「コザしんきんスタジアム(総工費32億円)」が、昨年は室内練習場(17億円)、そして今年3月に投球練習場(6500万円)が完成した。締めて49億6500万円の大リニューアルでセ・リーグ王者の広島をサポートする。

     来季、球団史を更新するリーグ4連覇、そして35年ぶりの日本一を目指すカープ。そのためにまずは充実のキャンプが必要。プロレス漫画「タイガーマスク」に登場するレスラー養成機関“虎の穴”ならぬ“鯉の穴”でもっと、もっと強くなる。(柏村翔)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000558-sanspo-base

     整体師の父・考志さん(46)は兵庫県宝塚市内で「整体屋」を経営する。「立ち上げて16年になります」という院内には、約400万円の「酸素カプセル」がある。これが小園海斗(18)の成長に大きく役立ったと考志さんは言う。

    「今は施術用ですが、最初は息子のために買ったんです。海斗が小3だったか、すでにリトルリーグで野球を始めていた頃。野球選手って体が大きいですよね。骨を伸ばすにはどうしたらいいかと勉強していたら、酸素の量が重要だと。2002年の日韓ワールドカップでベッカム選手がリハビリのために使って有名になった酸素カプセルはどうかと思って購入したんです。小学生の頃から多い時は週5くらい使わせていました。海斗はこれまで大きなケガをしたことがないんですが、骨が丈夫になったのは確かです」

     体のバネは両親譲り。アスリートのDNAを受け継いでいる。考志さんは学生時代、陸上選手だった。県西宮高時代は走り幅跳びが本業で100、200メートルも走った。福井工大時代は全国大会のインカレにも出場した実力の持ち主。1学年下に北京五輪で4×100メートル銀メダリストの朝原宣治氏(夢野台高―同大―現・大阪ガス)がいて切磋琢磨する間柄だった。

    「朝原君とは兵庫県の高校選抜で一緒になったり、大学時代はインカレで会ったり、ボクはライバルだったと思っていますよ」と考志さんは笑う。

     埼玉県出身の母・こず江さん(43)は元女子サッカー選手だ。小学時代はキックベース、中学時代はバスケットボール。進路相談で「身長が162~163センチだったのでバスケは厳しいと。身体能力を生かすためにサッカーはどうだ? と勧められて」(こず江さん)と強豪の本庄女子高(現・本庄第一)体育コースに進学。「授業は午前中だけ。午後からは毎日部活でした」というサッカー漬けの環境で50メートルを6秒台後半で走る俊足MFとして全国3位を経験。元なでしこジャパンGKの山郷のぞみさんは高校の同級生だ。

     卒業後は22歳まで、なでしこリーグの前身・Lリーグの旭国際バニーズ(現・バニーズ京都SC)でMFとして4年間プレーした。小園が幼少期には、枕元にサッカーボールを置いたというが、「全く興味を示さなかった」とこず江さん。育児日誌をひっくり返すと、「生後9カ月でキャッチボールを始めたと書いてありました」と根っからの野球小僧だった。

     2人の出会いはゴルフ場だ。考志さんは大学を卒業後、福嶋晃子のキャディーを務めるなどしながらプロゴルファーを目指していた。ちょうどその頃、1995年1月17日に阪神・淡路大震災が起きた。

    「宝塚の寮(旭国際バニーズ)が半壊しまして、チームが経営しているゴルフ場にトレーニングを兼ねて避難したら、主人と知り合いました」(こず江さん)

     ほどなく結婚することになり、考志さんはプロゴルファーの道を断念。かねて決めていた「整体師」になるため、専門学校で学び、30歳で自身の治療院を開業した。

     野球は父方の祖父・義光さん(75)の影響かもしれない。かつては社会人の東洋高圧大牟田(現・三井化学)でプレー。巨人・原辰徳監督の父・貢氏とチームメートだった。小園が幼稚園の時、義光さんに甲子園球場へ連れて行ってもらい、阪神―巨人戦を観戦したことが、後に宝塚リトルで野球を始めるきっかけになった。好きな言葉は帽子のつばに記している「日本一のショート」だ。こず江さんは言う。

    「実は枚方ボーイズに入った中1の野球ノート1ページ目にもこれを書いているんです」

     宝塚市内のマンションに高校2年生の妹・梨心さん(16)と4人で暮らす。

    ▽こぞの・かいと 2000年6月7日、兵庫県生まれ。小学1年から宝塚リトルで野球を始め、光ガ丘中では枚方ボーイズに所属。報徳学園では1年春から正遊撃手。2年春に甲子園4強、3年夏に同8強。2、3年時にU18日本代表に選出された。遠投105メートル、50メートル5秒9。178センチ、83キロ。右投げ左打ち。契約金は1億円プラス出来高、年俸800万円(金額は推定)。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000010-nkgendai-base

     球団史上初セ・リーグ3連覇を果たした2018年の広島。シーズン序盤から首位に駆け上がると、そのまま一度も他球団にトップの座を明け渡すことなく、そのままゴールテープを切った。82勝59敗2分の貯金23。2位ヤクルトに7ゲーム差をつける貫禄のV3だった。



     昨季は苦汁を嘗めさせられたクライマックスシリーズでも、3位から進出してきた巨人に圧巻の3連勝。労せずして日本シリーズに駒を進めた。だが、悲願の日本一を狙った日本シリーズでは、ソフトバンクの高く分厚い壁に跳ね返され、1勝4敗1分で涙。1984年から遠ざかっている日本一に、またしても手が届かなかった。

     今季、広島は8人の外国人選手を抱え、4つの外国人枠の中でやり繰りした。その中でも最も衝撃的な活躍を見せたのが、5月26日の中日戦で1軍初登板を飾ったフランスア投手だった。ドミニカカープアカデミー出身の25歳は今季、育成選手として入団。左腕から繰り出す150キロ台半ばの真っ直ぐは驚愕の威力を誇り、開幕からわずか2か月で支配下契約を勝ち取った。

     当初は先発で起用されたが、中継ぎに配置されると実力を存分に発揮。シーズン終盤には勝利の方程式に欠かせぬ存在となり、47試合に投げて3勝4敗1セーブ19ホールドをマーク。防御率1.66も圧巻の成績だが、何より凄かったのは、65イニングで81三振を記録した奪三振率の高さ。広島の3連覇は年俸880万円(推定)の25歳なくしては語れないだろう。

     来日4年目となったジョンソンは2年ぶりの2桁勝利となる11勝を挙げ、健在ぶりを証明。途中加入のヘルウェグは制球に難があるものの、160キロに迫るストレートは威力十分だった。バティスタは自己最多となる25本塁打をマーク。まだまだ荒削りで、守備面の不安も残るものの、破壊力抜群のパワーはやはり魅力だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00250557-fullcount-base

     広島は16日、新外国人選手として、今季メッツ傘下3Aラスベガスでプレーしたカイル・レグナルト投手(29)の獲得を発表した。契約金12万5000ドル(約1400万円)、年俸40万ドル(約4500万円)プラス出来高。背番号は「58」に決まった。マイナー通算154試合で先発は4度のみだが、球団は先発として期待している。

     身長188センチの長身左腕。メジャーで登板経験はないが、今季は3Aラスベガスで48試合に登板。4勝1敗3セーブ、防御率4・77という成績だった。

     レグナルトは「広島東洋カープで私のキャリアを続けることができることになり、とてもエキサイティングな気持ちです。チームの勝利に貢献できることを楽しみにしています」と球団を通じてコメントした。

     今季の先発は主に大瀬良、ジョンソン、野村、九里、岡田が登板し、6人目は中村祐や高橋昂ら流動的だった。先発に“新星”が現れなかっただけに助っ人左腕への期待は高い。チーム内の競争も激化しそうだ。

     既に外国人選手はジョンソン、フランスア、ヘルウェグ、バティスタ、メヒアと来季の契約を締結。1軍4枠を巡るアピールも求められる。「日本でもプレーする機会を与えていただいたことに感謝し、新しいことにチャレンジしていきたいです」と意気込むレグナルト。4連覇、35年ぶりの日本一へ新たなピースが加わった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000037-dal-base

    このページのトップヘ