広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     プロ野球2015年シーズンも折り返しだが、セ・リーグで勝率5割に達しているのは1位の横浜DeNAベイスターズのみ。専門家も含めて開幕前の予想は大きく裏切られる途中経過となっている。広島カープOBで野球評論家の北別府学氏に、後半戦を前にあらためて「修正順位予想」をお願いした。

    ●開幕前予想
    【1位】広島、【2位】巨人、【3位】阪神、【4位】横浜・ヤクルト・中日

    ●修正順位予想
    修正なし

     * * *
     まだ途中ですから私は予想は修正しません。広島が1位です(キッパリ)。

     セにとって交流戦が鬼門なのは毎年のこと。パは巨人と横浜にエース級をぶつけてきましたね。その結果、下位にいたが地力のあった阪神、広島が5割に復帰できた。上位チームには面白くないでしょうが、下位チームには幸運でした。

     おかげで前半、投打が噛み合わなかった広島はまたスタートラインに立てた。新井貴浩という新4番が固定されて、エルドレッドとシアーホルツの両外国人も機能し始めた。開幕前、旋風を巻き起こした黒田博樹も6勝を挙げる活躍。野球に取り組む姿勢は若手の範となっているし、「黒田効果」は抜群です。広島は後半戦、優勝争いに食い込んでくると思いますよ。

     その広島と上位を争うのは巨人と阪神でしょうが、いずれも決め手に欠け、怖い存在ではありません。

     今年の巨人には爆発的打撃力がない上、投手陣も揃っていない。阪神もやはり投手陣の調子次第という面が強い。

     前半に突っ走った横浜は選手に経験がないため失速した。ただ上位をいじめるという意味では、後半戦も台風の目になると思う。広島は昨年、一昨年の実績がある。5割ラインを超えれば突っ走ると期待しています。

    ※週刊ポスト2015年7月31日号

     日本プロ野球機構は、24日の予告先発を発表した。

     広島は前田健太が先発。当初は22日の中日戦に先発予定も雨で中止となり、明日から始まる巨人戦の頭にスライドとなった。

     今シーズンはここまで16試合に登板し、16試合8勝5敗で、防御率は2.04という成績。6月19日・DeNA戦で完投勝利を挙げて以降、自身4連勝中と調子を上げている。

    対する巨人は菅野智之が先発する。

     ここまで7勝6敗も、防御率はリーグトップの1.73を記録。試合を作りながらもなかなか白星に恵まれない右腕が、前田健太とのエース対決に挑む。

     前田vs菅野といえば、今シーズン4度目の顔合わせ。対戦成績では1勝2敗と前田が菅野にリードを許している。

     過去3戦は「1−0」、「0−1」、「1−2」といずれもロースコアの1点差ゲームに収まっており、明日も1点を争う展開が予想される。果たして、前田が意地でタイに戻すか、それとも菅野がリードを広げるか…。4度目のエース対決は明日18時、マツダスタジアムにて!

    【パ・リーグ】

    楽天(美馬学) − ロッテ(涌井秀章)
    <コボスタ宮城 18時00分>

    西武(十亀剣) − 日本ハム(大谷翔平)
    <西武プリンス 18時00分>

    ソフトバンク(バンデンハーク) − オリックス(ディクソン)
    <ヤフオクドーム 18時00分>

    【セ・リーグ】

    ヤクルト(館山昌平) − 中日(大野雄大)
    <神宮 18時00分>

    阪神(藤浪晋太郎) − DeNA(井納翔一)
    <甲子園 18時00分>

    広島(前田健太) − 巨人(菅野智之)
    <マツダスタジアム 18時00分>

     「ポケモン」映画公開と、ポケモンセンターヒロシマのオープンを記念して7月22日、ピカチュウの一団が広島を訪れるサプライズイベントが行われました。

    2



     イベントでは約20体のピカチュウがポケモンセンターヒロシマに来店したあと、マツダスタジアムで広島東洋カープを応援する予定だったのですが、この日の先発は雨男で有名な前田健太選手(特性:あめふらし)。試合は雨天中止に。

     ピカチュウはカープの名物「CCダンス」を踊る予定でしたが、なすすべもなくグラウンドを見つめることとなりました。

     「僕のせいで、本当にすみません(笑)」と前田選手。「ピカチュウが大量発生して【CCダンス】を披露してくださると聞いておりましたが、とても残念です。ポケモンセンターヒロシマがオープンして、SOGOも人が増えた気がします。やはり夏はポケモンですね。今年のポケモン映画が他の映画をおさえて完封勝利できるよう応援しています!【CCダンス】見たかったので、また是非広島に来てください」

    (c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku

    (c)Pokemon (c)2015 ピカチュウプロジェクト

     ◇第86回都市対抗野球第3日・1回戦 三菱重工広島4―0明治安田生命(2015年7月20日 東京D)

     広島、阪神で主に代打として大活躍した町田が監督として、うれしい都市対抗1勝をマークした。一昨年、三菱重工広島のヘッドコーチとなり今季から監督に就任。背番号78をつけ、三塁ベンチからナインを見守った。

     3回に1点を先制したものの追加点が奪えず、厳しい展開だったが、8回に実政(さねまさ)が右翼席へ値千金の3ラン。投げてはエースの鮫島が明治安田生命を3安打完封。投打に主役が活躍して笑顔でナインを迎えた。

     「鮫島は期待以上のピッチングをしてくれた」とエースを称え、ドーム初勝利をかみしめていた。

     マツダオールスターゲーム第2戦(全セ−全パ、18日、マツダスタジアム)全セで先発し、2回3安打無失点だった黒田博樹投手(40)=広島=が、登板後にテレビ中継の特別放送席に参加。新井(広島)が、五回に生還したシーンで「シーズン中より速い」とイジった。

     五回、チームメートの新井が二死二塁から、右中間へ適時二塁打を放った。そのとき、黒田は横に座った野球解説者の前田智徳氏(44)から「新井選手をイジるのが好き」とバラされ、「そんなことないですけど」と苦笑い。続く、梶谷(DeNA)が中前適時打を放つと、二走・新井が激走を見せ生還。放送席に向かって手を振った新井に黒田は「シーズン中より速かったじゃないですか」と、黒田流のイジりで褒めた。

     また、黒田は筒香(DeNA)について「貫禄ありますもんね」と話すと、前日行われた本塁打競争の姿に「メジャーのバッターでも見られないぐらい」と絶賛。前日の試合前には菅野(巨人)などと挨拶を交わしたといい、横に座ったSMAP・中居正広(42)から「握りを教えてとか聞かれません?」と問われ、否定しながら「(聞かれれば)僕は教えますよ。僕でよければ」と答えていた。

     球場には多くの鯉党が赤の15番のユニホームを着て駆けつけた。これに黒田は「試合で負けた後に見ると、非常に切なくなる」とファンへの思いも話した。

     広島は8月25日からの阪神3連戦(マツダスタジアム)限定で、赤を基調にセ界の頂点へ昇りゆく白いストライプ柄の「常昇魂ユニホーム」を着用することを19日、発表した。

     広島のユニホームにストライプ柄が採用されるのは、08年までのホーム用ユニホーム以来。

     発表会見に参加した大瀬良は「昔のカープが縦じまだったのを見ていた。僕は初めてなので、新鮮な気持ち。これを着て試合に出るのが楽しみです」と笑顔だった。

     「オールスター・第2戦、全セ−全パ」(18日、マツダ)

     全セの2番手として登板した前田健太投手(広島)が、2回を2安打無失点。全38球すべてストレートで、パ・リーグの強力打者を牛耳った。

     慣れ親しんだ本拠地のマウンドで、マエケンの意地がさく裂した。“異変”に気付いた観客が、1球ごとにざわめく。30球を超えても、前田の右腕から放たれるボールは、すべてストレート。先発した先輩・黒田(広島)にも劣らない“男気投球”を見せた。

     先頭の秋山(西武)への初球は、いきなり149キロ。外角への直球を5球続け、歴代3位の31試合連続安打をマークした巧打者を封じた。驚異的なパワーを誇る柳田(ソフトバンク)相手には、この日最速となる150キロを記録。あくまで力でねじ伏せた。

     勢いは、2イニング目も止まらない。地元・広島出身の中田(日本ハム)を右飛に抑えると、中村(西武)は3球三振。続く糸井(オリックス)、松井稼(楽天)には自身のグラブを直撃する強襲安打を許したが、中島(日本ハム)をしっかり抑えて無失点で役割を終えた。

     すがすがしい表情でマウンドを降りた前田は「途中から、今日は真っすぐだけでいこうと決めました」と笑顔。38球の熱投を「疲れますね、真っすぐ投げるのは力がいるんで…。ピッチャーライナーが2つあったんで、悪意を感じましたが(笑)」と冗談交じりに振り返った。

     凱旋先発となった黒田の後を受けた登板だけに、感慨もひとしお。「今後、黒田さんの後を投げることはないかもしれないので、貴重な経験になりました」と、誇らしげに話した。

    このページのトップヘ