広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

    <広島8-1DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

    広島磯村嘉孝捕手がプロ初猛打賞を記録した。プロ入り初の6番で起用されると、3回1死三塁で中前適時打を放ち、バッテリーを組むアドゥワを援護した。



    5回にも再び中前打を放つと、6回2死満塁では左前への2点打で突き放した。「シンプルに打席に立って複雑に考えず、来た球を打つことを意識した」。1試合3打点もプロ初。守ってはアドゥワを初完投に導いた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05120717-nksports-base

     エースとして広島ひと筋に通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が10日、自身のブログを更新。打撃不振が続く中、同日のDeNA戦(マツダ)で20打席ぶりとなる安打を今季1号2ランで飾った広島・田中広輔内野手(29)にかつてのチームメートで昨年4月に亡くなった衣笠祥雄さん(享年71)の姿を重ねた。

     衣笠さんは2215試合連続出場の日本プロ野球記録、678試合フルイニング出場の球団記録を持つ言わずと知れた“鉄人”。田中広は2015年4月1日のDeNA戦(横浜)から現在604試合連続フルイニング出場を続けており、今季中の“鉄人超え”が視野に入っている。

     打撃不振の田中広へ8日のブログで「昨年までどれ程この男に助けてもらってきたか」「これを乗り越えた田中広輔を見たい」と熱いエールを送っていた北別府さん。

     田中広の今季1号が飛び出すと、すぐにブログをしたため「今日、こんな宝物が出てきました」とタンスの中から愛妻が見つけたという「2131試合連続出場記念 1987年6月13日」との文字が刻まれた記念盾の写真をアップした。

     衣笠さんがルー・ゲーリックの持つ2130試合連続出場を超えた記念で作った、その盾の真ん中には「2131」の文字の下に合わせるように「M.KITABEPPU」の文字も。「記念の品に後輩の名前入り。ファンの方や後輩にまで気配りのあった衣笠先輩 先輩と同じフルイニング出場の記録を目指す後輩が苦しんでいる中 衣さんが ファンの皆さんが 見守っている中の先ほどのホームランだと思えました」と思いをつづった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000220-spnannex-base

    話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、4月23日~25日の中日3連戦にスタメン出場。めったにない“珍プレー”も見せつつ、チームの7連勝に貢献した広島・長野久義選手のエピソードを取り上げる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00010018-nshaberu-base

    <カープ観測>

    6・6秒で、広島広瀬三塁コーチは何を考えたか。5月3日巨人戦。3-3に追いつかれた後の8回1死一、三塁の攻撃。西川の滞空時間6・6秒の高く、浅い左飛で三塁走者曽根がタッチアップし、本塁返球がそれる間に決勝点を奪った。ふつうの返球ならアウトのタイミング。ギャンブルスタート成功には、プロならではの準備と観察と判断があった。


    フライは浅すぎた。だが、広瀬コーチは、左翼重信の打球へのアプローチの仕方を見て「いけるかも」と思った。捕球地点と本塁を結ぶ直線コースに入っておらず、送球が不安定になることが予想されたからだ。顔の左横で捕球したのを見て「やはりいける」と判断した。左投げなら右手のグラブを使って顔の左側で捕球すればすぐに送球体勢に入れるが、右投げは切り返す分、時間的ロスが生まれる。「いけ」。曽根の背中を押した。

    判断には伏線がある。この回からレフトに入った重信の送球はスライダー回転で、不安定なのはチェック済み。曽根の俊足も考慮し、塁上で「少々浅くても行くぞ」とささやいていた。「どのくらい浅ければ行くんですか?」。「全部行くつもりでいろ。俺が判断する」。明確に指示。無理だと思えば、途中で引き返させればよかった。

    チーム状況、試合状況も考えていた。快勝ムードが7回に2失策が出て同点に追いつかれ、流れは巨人。タッチアップを自重し、2死一、三塁となれば次打者に重圧がかかる。打てなければ、ムードは悪くなる。ならば、際どいタイミングでも勝負したい。そして、想定した飛球が上がった。

    三塁コーチといえば、西武黄金時代の走塁を支えた伊原春樹氏が思い浮かぶ。同氏はかつて本塁を狙う基準について「セーフの確率が50%ならGO」と言った。広瀬コーチはどうだったか。「打球が上がった瞬間は『ストップ』でした。捕球までの何秒かの間に、行くか行かないかのラインを、こうやって動きましたね」と、右手をメーターの針のように動かした。そして「何より、曽根がよく走りました」と強調した。

    綿密に準備し、走者と作戦を共有し、観察し、判断した段階で、生還を確信していた。これがカープ野球。もはやそれは、ギャンブルスタートではなかった。【広島担当 村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05100637-nksports-base

    12連戦明けも、チーム最多タイの15試合に登板している広島レグナルト投手は休まない。先発練習に自主的に参加。

    キャッチボールなどで体を動かした。「疲れたときは休むが、少し体を動かした方が次の日に軽く感じる」。昨年も続けた日課で、疲れもまだ感じていない。開幕から15戦連続無失点。球団記録まであと6試合に迫るが「四球の数が多いので、6試合は無四球にチャレンジしたい」と足もとを見つめた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-05090673-nksports-base

     「広島4-0DeNA」(11日、マツダスタジアム)

     広島は新打線が機能して勝利した。1番に西川を抜てきし、5番には松山を置く布陣で、1-0の二回1死一、二塁では西川が左前適時打を放ち、首脳陣の期待に応えた。



     前日10日まで1番だった野間は、その試合を含め2試合連続で無安打。打撃内容も良くなかったためスタメンから外れた。一方の西川は出場7試合連続で安打を放っていた。

     「得点できる確率が高いことをやるしかできない」と迎打撃コーチ。チーム内競争もありながら、長いシーズンを戦い抜いていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000132-dal-base

    ◆広島4―0DeNA(11日・マツダスタジアム)

     広島が“ハッピー・サタデー”で6連勝だ。先発のクリス・ジョンソン投手(34)が6回無失点と好投。2勝目(3敗)を挙げた。打っては4月30日の阪神戦(甲子園)以来“令和初スタメン”の松山竜平外野手(33)が初回に先制打。2回には昨年8月19日のDeNA戦(横浜)以来、プロ2度目の1番かつ、途中出場も含めてプロ初の中堅でスタメン出場した西川龍馬内野手(24)が2回に追加点となる適時打をマークした。チームはこれで開幕2戦目の3月30日の巨人戦(マツダ)で敗れて以来、土曜日の試合は6連勝となった。


     西川の珍プレーをマツダのカープファンが打ち消した。4点リードの8回の守備。1死から筒香が放った打球を、前の回から左翼に回っていた背番号63が追いかけた。フェンス際でジャンプ。しかし打球は金網部分に直撃し、跳ね返った球は西川の腕周辺に当たって視界から消えたのだ。

     焦りまくる西川。グラウンドをキョロキョロと見渡したが、白球はどこにも転がっていない。その間に筒香は一塁を蹴って二塁へ進む。その直後、左翼席の女性ファンから「後ろ! 後ろ!」と声が飛んだのだ。

     まるで往年の生放送バラエティー「8時だョ!全員集合」のようだった。舞台後方からいかりや長介が憤怒の表情で迫るなどという“危機”に対して、客席のちびっ子ファンが志村けんに「志村後ろ! 後ろ!」と知らせるのは、昭和のお約束だった。

     令和の「後ろ! 後ろ!」で我に返った西川。後方を見上げると、球はラバーフェンスと金網の間のくぼみに収まっていた。自身の身長より4センチ高い180センチのラバーフェンス上部に向かって再ジャンプして、打球を“キャッチ”。すぐさま内野に返球した。あわやランニング本塁打だったが、筒香は二塁ストップ。DeNAに得点を許すことはなかった。

     「ファンにマジ感謝です」と西川。初体験の中堅を含めた守備については「とりあえずエラーだけはせんとこうと思いました」。母の日の12日に向けて「(プレゼント?)またあした結果を出したらね」と、今度は超美技という“贈り物”で最愛のママを喜ばせる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000148-sph-base

     広島・小園はオープン戦で打率・231ながら、2本塁打、3打点とアピール。球団の高卒新人では2000年の苫米地鉄人以来19年ぶりに開幕1軍入りしたが、出場機会のないまま3月31日に抹消となった。

     2軍では打率・175、3本塁打、9打点。一時打撃不振に陥っていたが、状態を上げてきている。4月17日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(タマスタ筑後)で日米通算131勝左腕の和田から公式戦1号を放ち、5月2日の同戦では左腕・田浦から特大の3号2ラン。2試合連続のマルチ安打をマークするなど、1軍昇格へアピールを続けている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000017-sanspo-base

     プロ3年目でブレイク中の広島・床田寛樹投手(24)が9日、無欲で新人王を手にする“工程表”を披露した。



     10日のDeNA戦の先発に向けてマツダスタジアムで調整。ヤクルト・五十嵐、巨人・菅野の5勝に次ぐハーラー3位タイの4勝(1敗)、防御率も同1位のDeNA・今永(0・98)に次ぐ2位の1・55。新人王の権利を保有しているが「(新人王の)欲はないです。でも、3、4月は月間MVPを取れるかもしれないという状態だった。もう1回、月間MVPを取れるかも、というところまでいけば(少なくとも通算)8勝、2ケタ勝利となる。それくらいしっかり試合を作って、長くローテを守りたいです」と、今後も1か月間に集中して4、5勝を挙げる活躍ができれば、夢のタイトルも夢でなくなると力説した。

     10日は、防御率で上を行く今永と投げ合う。「(ゴールデンウィークの12連戦でローテが)ズレて、いきなりカード頭。僕は引っ張ってもらう立場なんですけど…」と苦笑い。その防御率についても「(2位は)出来過ぎ。じきに落ちると思いますが(リーグ3位1・70の)大瀬良さんより良くてうれしいです。ただバントは僕の方がうまいですね。大瀬良さんに『唯一勝てるものを見つけました』って言いました」。エースをイジることもできるほどハートも急成長の24歳が、ローテの軸として鯉の反攻を支える。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000130-sph-base

    このページのトップヘ