広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島カープ

     開幕カードでもある広島―巨人戦が5日、マツダスタジアムで行われ、平日のオープン戦としては大盛況と言える2万2572人が詰め掛けた。真っ赤に染まった球場で注目を集めたのは、もちろんあの2人。FAで巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)には本人も想定外の歓迎ムードで迎えられ、その人的補償で赤ヘル軍団の一員となった長野久義外野手(34)は、さりげなく古巣と一線を引いた。

     ファンが待っていたのは赤い背番号5だった。7回二死二塁で長野が代打に立つと、マツダスタジアムは割れんばかりの大歓声に包まれた。

     支配下登録されたばかりの右腕・坂本工との対戦で右邪飛に倒れたが、主役の登場にコイ党だけではなく三塁側ビジター応援席のG党も温かい拍手。本拠地デビューを飾った長野は「走者がいたので、かえせたらよかったですけど…」と悔しさをにじませつつ、大声援には「ありがたいですね」と感謝した。

     試合での出番は一瞬だったが、古巣との初対戦で長野の覚悟が垣間見えた。象徴的だったのが、試合前の振る舞いだ。練習が終わると、ロッカーから小走りで向かったのは巨人が陣取る三塁側のベンチ裏。目的は若手時代から世話になった原監督へのあいさつだった。「おお、元気か、チョーさん」。“元上司”から肩を抱かれて激励されると、Gナインとのあいさつはそこそこに一塁側へ急いで戻った。

     あえて人目につく場では古巣の仲間と交わらないようにした。練習中に駆け寄ってきた坂本勇とはグラウンド上で握手はしたが、巨人関係者との関わりはそれだけ。社会人としてあいさつは大切だが、ファンやチームメートに巨人に未練があると受け取られるのは本意ではない。自分はもうカープの一員。あらぬ誤解を避けるための配慮だった。

     巨人では禁止されているヒゲをたくわえて対戦に臨んだのも長野なりのメッセージ。本人は「触れないでください」と語らないが、意味のない行動はしない男だ。長野は2014年に巨人から中日へ移籍した小笠原(現中日二軍監督)の姿を間近で見ている。小笠原は巨人を出ると、かつて日本ハム時代にトレードマークだったヒゲを再び伸ばし、決別の意を示した。カープ関係者にもそうした思いが伝わるからか「格好から溶け込もうという姿勢がうれしいじゃない」と“ヒゲチョーノ”は好評を博している。

     開幕戦の前哨戦に4―1で快勝したカープナインは試合後、広島市内のホテルで地元政財界による激励会に出席。あいさつに立った広島商工会議所の深山英機会頭が「長野さんには広島の街を昼も夜も元気にしていただけたら」とあいさつすると、会場はどっと沸いた。これには思わず苦笑いの長野だったが、新天地の熱すぎる期待にまんざらでもない表情にも見えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000044-tospoweb-base

     ◇オープン戦 巨人1―4広島(2019年3月5日 マツダ)

     【牛島和彦 CHECK!】打倒広島を目指す巨人にとっては厄介な投手が出てきた。先発した左腕の床田はゆったりしたフォームから両コーナーに切れのいい球を投げ分ける。



     初回いきなり3者連続三振。1死から丸に対しては初球カーブ、2球目スライダーがボールになったが、3球目は真っすぐ狙いで振ってきた丸を空振り。4球目も同じ144キロ、最後は148キロで3球連続で空振りを奪い、丸のびっくりした表情が印象的だった。

     右打者に対しても、坂本勇は打ってもファウルにしかならない内角スライダーを続けて追い込み、最後は外角の真っすぐで見逃し三振。次の打席では内角低めを突いて三振に斬った。

     左打者でも右打者でもしっかり内角を攻められる左腕。制球もいい。先発左腕はジョンソンしかいなかったが、順調にいけば先発ローテーションに入ってくる。(スポニチ本紙評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000063-spnannex-base

    侍ジャパン選出の広島野間峻祥外野手(26)は7日の練習後、チームを離れる。

    オープン戦打率3割3分3厘も、2試合連続先発落ちするなど状態は良くない。そんな中での侍招集に「恥ずかしいですね」と苦笑い。それでも「(試合に)出られれば自分ができることをやる」と切り替えた。


    東出打撃コーチは「ちょっとしたきっかけで変わることもある」と期待を込めて送り出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-03060660-nksports-base

     ◇オープン戦 広島―巨人(2019年3月5日 マツダ)

     先発した広島・床田は、4回を被安打4と無失点に抑えた。初回の先頭から4打者連続三振を奪うなど計6奪三振と圧巻の投球内容だった。

     初回、吉川尚、丸、坂本と新生・巨人打線を象徴する上位打線を3者連続三振にする最高の立ち上がり。3回には2死一、二塁とこの日初めて得点圏に走者を背負うも、坂本を1ボール2ストライクから142キロの内角直球で2打席連続の見逃し三振にして、ピンチを脱した。

     「真っすぐで空振りを取れたのはよかった。けど、甘かったのでもっと厳しくいきたい。このまま結果と内容の両方を出して、開幕を1軍で迎えられるようにしたい」

     これで、今春の実戦登板は12回0/3を無失点とまたもアピールに成功。開幕ローテーション入りを引き寄せた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000105-spnannex-base

    ■広島 – 巨人(オープン戦・5日・マツダスタジアム)

     広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が5日のオープン戦巨人戦で5回の守備から途中出場。本拠地マツダスタジアムには“初見参”となり、大きな拍手で迎えられた最初の打席は中飛に倒れた。



     小園は5回から田中に代わって遊撃の守備へ。2死二塁の場面では坂本勇の遊ゴロをさばいた。そして、その裏に2死走者なしで打席へ。マツダスタジアムは大きな拍手に包まれた。

     巨人右腕・山口俊に対して、1ボールから2球目のスライダーを打ちにいくも、フラフラと上がった打球は今季から巨人に移籍した中堅の丸がキャッチ、マツダスタジアム初打席は中飛という結果だった。

     小園は3日の西武とのオープン戦でオープン戦初本塁打をマーク。開幕1軍へ猛アピールを続けている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00311481-fullcount-base

     「オープン戦、広島-巨人」(5日、マツダスタジアム)

     広島・長野久義外野手が、七回2死二塁の好機に代打で登場した。

     チームの本拠地初戦はベンチスタート。だが、背番号5がネクストサークルでバットを振って準備を始めると、広島ファンは待ってましたとばかりに大歓声を送った。巨人ファンからも拍手が起こった。

     坂本工との対戦で初球ストライクを見送り、2球目はファウル。3球目、ボール気味の外角変化球にバットを出したが、右邪飛となった。守備にはつかず、1打席で交代となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000080-dal-base

     「オープン戦、広島4-1巨人」(5日、マツダスタジアム)

     巨人・原辰徳監督が指揮官として4年ぶりに対戦した広島の強さを口にした。



     リーグ3連覇王者との今季初対決は、相手の2ラン2本の前に敗戦。自軍の攻撃は好機にあと1本が出ず「(相手は)少ないチャンスをものにする、ああいう場面で長打が出るというのはね。壁はかなり高いなという感じですね」と表情を引き締めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000110-dal-base

    <カープ観測>

    日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。


      ◇  ◇  ◇

    カープの助っ人中継ぎ候補2人が、そろって好投した。2番手で登板した右腕ヘルウェグは、四球を1つ出したが、最速153キロのストレートを武器に1回を0封。3番手の新外国人左腕レグナルトは、決め球カーブを封印しながら1回を2奪三振のパーフェクトに抑えた。

    4つの外国人枠を、野手を含めた7人で争っているが、ジョンソンは確定で、フランスアも決定的。佐々岡投手コーチは「今のところヘルウェグとレグナルトの競争」と話した。153キロのヘルウェグか、「マイナス1球種」のレグナルトか。右と左の譲らない戦いが続いている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-03020844-nksports-base

     広島・大瀬良大地投手(27)が、OBでスポニチ本紙評論家の大野豊氏の直撃インタビューに応じ、今季への意気込みを語った。

     大野 春季キャンプが終わった。ここまで調整は順調かな?

     大瀬良 投げることや走ることで疲れは感じていないし、例年よりも体は元気です。順調だと思います。

     大野 キャンプで課題として取り組んだことは何だろう。

     大瀬良 真っすぐを追求し、よりいいものにしたいのが一点。球速ではなく質の面で。それと、横の移動を長くしたいと思ってフォームを微妙に変えました。セットポジションでの両手の位置も。

     大野 ここから本格的な実戦期間に入るけど、手応えは?

     大瀬良 まだ100%じゃないし、確率も高くないですけど、ハマッた時はいいボールが行っています。シートで投げた時も球速は落ちていないので、方向性は悪くないかな…と。開幕に間に合うように実戦の中で固めたい…と思っています。

     大野 その新フォームで24日、DeNAとのオープン戦(宜野湾)に先発した。3回3失点は満足できないと思うけど、投げた感覚はどうだった?

     大瀬良 うーん…ボール自体は悪くないと思います。ただ、厳しいコースで空振りを奪っても、決め球が甘くなった。勝負勘や決めに行く時の細かな制球を、もう一度詰めていかないといけない…と痛感しました。

     大野 観戦したけど、確かに本来の制球ではなかったね。

     大瀬良 はい。セットポジションの時に甘くなっていました。

     大野 フォーム自体は問題ない?

     大瀬良 そこに関しては、そこまで違和感はなかったです。

     大野 じゃあ、課題を修正する…と。

     大瀬良 はい。

     大野 昨季の活躍を踏まえ、大瀬良がエースという声も聞くけど、自分でも?

     大瀬良 いや、全くないです(笑い)

     大野 エースになるには今年が非常に大事。昨季の投球回数は182イニングか。

     大瀬良 200イニングを目指したいと思います。エースと呼ばれた方は、その数字を超えるイニングを投げている。200を目標にし、クリアできれば勝ち星、防御率もついてくると思うので。

     大野 目標がイニング数なら、先発完投へのこだわりも?

     大瀬良 投げる試合は全部完投したいですし、去年も降りたくないと言ったことがあります。コーチに“代わるぞ”と言われ、“行きたいです”と。

     大 野 リリーフ陣のことを考えても、そういう気持ちは大切。今は言える投手が少なくなっているからね。1イニングでも長く、できれば完投できる投手になってほしい。そうすればエースの称号をもらえると思う。

     大瀬良 はい。自分の立場を確立していくのに、今年は大事な一年になります。エースと言われる投手になりたいので、厳しい道のりだとは思いますが、チャレンジしたい。リーグ4連覇と日本一に貢献し、皆さんに認めてもらえるように頑張りたいと思います。

     大野 ここのところ2年連続で活躍する投手が出ていない。その意味でも、変なジンクスを破る安定した投球を期待したいね。(構成・江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000070-spnannex-base

     広島が4日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。時折雨が降る中、野村、大瀬良、九里、岡田、床田、アドゥワが汗を流した。

     5日の巨人とのオープン戦は、今年初のマツダスタジアムでの対外試合。先発する床田は「左打者のインサイドにしっかり投げていくことと、回の先頭を取ることがテーマ」と意気込んだ。

     また、FA移籍した丸との対戦については「厳しく投げないと打たれる。(ストライクゾーンの)幅を使わないと抑えられない」と話した。同日のチケットはほぼ完売。平日のオープン戦では異例の状況となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000091-dal-base

    このページのトップヘ