広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

     プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが終了し、セ・パ各球団の外国人選手が次々と帰国している。残留を願う選手やMLB復帰を視野に入れる選手など様々で、今後の球団との交渉によって去就が決まる。各球団は来シーズンに向けたチーム編成に着手しており、外国人の補強は課題のひとつ。来シーズン、チームに残留して日本球界でプレーする選手は何人いるのだろうか。外国人選手の動向に注目が集まる。

     セ・リーグをみてみると、日本シリーズ進出を決めた巨人を除いて、外国人助っ人に対する球団の姿勢が徐々に明らかになってきている。リーグ2位の躍進を遂げたDeNAは、ホセ・ロペス内野手(35)、ネフタリ・ソト外野手(30)の強打者をはじめとし、エドウィン・エスコバー投手(27)、スペンサー・パットン投手(31)、エディソン・バリオス投手(30)ら豊富なタレントを抱える。

     複数年契約を結ぶソト、パットンに関しては残留の見込みで、ロペスとエスコバーは残留の意向を示しており今後、球団と残留を前提とした交渉に入るとみられる。今シーズン1勝2敗のバリオスは、日本球界でのプレーを望んでおり、他球団の移籍も視野に入れている。筒香嘉智外野手(27)がMLB挑戦を表明し、来シーズンの戦力ダウンが懸念されるなか、外国人選手においては多くが残留する可能性が高く、戦力は維持されそうだ。

    ■広島バティスタの契約は白紙

     中日の主力外国人選手も多くがチームに留まる気配を見せる。主砲ダヤン・ビシエド内野手(30)は複数年契約を結んでいるとみられ残留の見込み。エニー・ロメロ投手(28)、ライデル・マルティネス投手(22)、ソイロ・アルモンテ外野手(30)に対しては、球団が残留を要請している模様だ。残留が微妙なのがジョエリー・ロドリゲス投手(27)。球団は複数年契約を用意しているようだが、複数のMLB球団が獲得調査に動いているという。

     阪神で去就が注目されるのが、ピアース・ジョンソン投手(28)とラファエル・ドリス投手(31)だ。今シーズン、セットアッパーとして58試合に登板したジョンソンに対して球団は来シーズンの契約を更新する方針だが、複数のMLB球団が興味を示しており残留は微妙。一方のドリスは残留を望むものの、球団は来シーズンの契約に関して明言を避けており、流動的な状況になっている。

     リーグ4連覇を逃した広島は、クリス・ジョンソン投手(35)、アレハンドロ・メヒア内野手(26)、ヘロニモ・フランスア投手(26)の3選手の残留が濃厚で、カイル・レグナルト投手(30)、ジョニー・ヘルウェグ投手(30)、ケーシー・ローレンス投手(31)の去就は未定である。また、ドーピング違反で6か月の出場停止処分を受けたサビエル・バティスタ外野手(27)が注目されるが、こちらは現段階で白紙の状態だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000010-jct-spo

     広島のケイシー・ローレンス投手が自身のインスタグラムで球団やファンへの感謝の思いを綴っている。日本での思い出の写真も投稿しており、広島ファンも英語で続々とコメントしている。


     ローレンスは昨オフにマリナーズから加入。メジャー通算38試合登板の実績を誇っていたが、広島ではわずか1試合の登板にとどまった。7月3日のヤクルト戦に登板し、5回4安打4死球6失点。防御率10.80という成績でシーズンを終えた。

     思うような成績を残せなかった右腕だが、インスタでは「カープ球団、そしてファンの皆さん、今季の素晴らしい経験をありがとうございます。ここでの食べ物、人々、そして文化は、我々の中で今後絶対に忘れることはありません。サンキュー!」と投稿。日本への“愛”を綴った。

     さらに、広島のユニホームで投げる写真やファンとの記念写真、日本の風景を撮影した写真などを投稿。異文化を満喫した様子が伝わってくる。コメント欄には、日本人のファンから広島でプレーしたことに感謝する声や、来季残留を望む声もついている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00571058-fullcount-base

     広島のカイル・レグナルト投手が自身のインスタグラムを更新し、今季を振り返った。コーチ、スタッフ、同僚に感謝の気持ちを伝えるとともに、ファンにも「ありがとう!」と綴っている。



     メッツ傘下マイナーから広島に加入したレグナルト。メジャー経験は無かったが、前半戦は38試合、42回を投げ、防御率0.86とMVP級の働きでブルペンを支えた。しかし後半戦は、14試合、17回1/3で防御率9.35と一転して苦戦。チームもCSを逃してしまった。それでも52試合、59回1/3を投げ、6勝3敗15ホールド、防御率3.34と好成績を残した。

     8枚の写真を投稿したレグナルトは「2019年シーズンは本当にアメイジングな経験だった」と振り返っている。続けて「残念ながら(CSに進出できず)望んでいたよりも早くに幕を閉じてしまった。けれど、コーチ、スタッフ、同僚たち皆に感謝したい。彼らのお陰で、日本でのこの1年目が思い出深いものになった」とCSを逃したことには悔しさを滲ませつつも、感謝の言葉を綴っている。

    「僕たちは(言語の違いで話している言葉が)ほとんど理解できなかったけど、僕は歓迎されていたし、素晴らしいグループの人たちに囲まれていたことはわかっていたよ!」

     さらに、ジェット風船で真っ赤に染まるスタンドの様子も投稿。「圧倒的なまでの応援、そして毎試合元気を与えてくれたカープファンのみんなへ。ありがとう!」とファンにも感謝。レグナルトはすでに帰国し、来シーズンの去就は未定となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00565970-fullcount-base

     ソフトバンクのデニス・サファテ投手が自身のツイッターを更新。広島で昨季までプレーし15日のヤクルト戦後に引退セレモニーを行ったブラッド・エルドレッド氏に祝福のメッセージを送った。


     現在、米国でリハビリ中のサファテは自身のツイッターで、引退セレモニーでエルドレッド氏が自転車に乗っている姿をリツイートし「僕はこれをとても愛しているよ。全ての成功を祝福しているし、引退後の生活をエンジョイしてよ!」と祝福のメッセージを送った。

     サファテは広島時代の2012年にエルドレッド氏と同じユニホームを着てプレー。エルドレッド氏は現役時代にサファテから譲り受けたママチャリで子供を送り迎えし、球場への通勤にも使用していた。懐かしの“ママチャリ姿”にサファテも大喜びの様子だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00541184-fullcount-base

    【赤ペン・赤坂英一】かつてのカープの4番・エルドレッドが、広島の駐米スカウトになる。となれば、期待したいのは“エルドレッド2世”の獲得だ。あの長打力と勝負強さに加えて、広島の街にもなじみ、ムードメーカーになれる助っ人を連れてきてほしい。

     エルドレッドは2012年のシーズン中に来日したが、その年は打率2割6分2厘、11本塁打、35打点。期待されたほどの成績を残せず、危機感を抱いて当時の野村謙二郎監督に教えを請うている。

    「ヒットを打とうと焦るあまり、体が前に突っ込み過ぎている。もっとフォームにタメをつくれ(ステイバック)!」

     そんな野村監督の教えが14年に実を結び、37本かっ飛ばして本塁打王のタイトルを獲得。それでも打率が2割6分と振るわず、169個で三振王だったため、一時は解雇されそうになった。

     すると、この年のCS直後に留任が決まった野村監督が、「エルドレッドを残してください」と球団に直訴。こうして残留が決まったと人づてに聞かされると、エルドレッドは感激して人目をはばからず号泣したという。

     196センチ、126キロの巨体ながら、愛車はママチャリ。これで自宅マンションと球場を往復する姿は地元ファンにはすっかりおなじみとなった。妻と娘3人を広島に呼び寄せ、長女をアメリカンスクールではなく日本の小学校に通わせていたのも、地元では有名な話。

     元広島捕手・達川光男さんは「エルドレッドの娘さんは英語より広島弁のほうがうまいんじゃ」と言っていた。その真偽のほどはともかく、エルドレッドも家族も大いに広島の生活をエンジョイしていたのは確かだ。

     カープが16年に25年ぶりに優勝する前から、エルドレッドは「カープは強くなっている。優勝できるだけの力がある」と発言。そんな頼もしいセリフがまた若い選手を勢いづかせていた。

     緒方監督が就任した15年はグスマン、シアーホルツら、エルドレッド以上のメジャー成績を誇る大リーガーが加入した。が、どちらも結果を残せず、チームの中心的存在にもなり得なかった。広島で成功するには力や技術だけでなく、自ら日本野球を勉強し、地元の街になじもうとする姿勢が必要なのだ。

     そんなエルドレッドの後継者を連れてきてほしい。彼ならきっと、自分の“2世”を見つけられるはずだから。

     ☆あかさか・えいいち 1963年、広島県出身。法政大卒。毎週金曜朝8時、TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」出演中。「最後のクジラ 大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生」(講談社)などノンフィクション増補改訂版が電子書籍で発売中。「失われた甲子園 記憶をなくしたエースと1989年の球児たち」(同)が第15回新潮ドキュメント賞ノミネート。ほかに「すごい!広島カープ」(PHP文庫)など。最新刊は構成を務めた達川光男氏の著書「広島力」(講談社)。日本文藝家協会会員。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000005-tospoweb-base

     「広島4-6ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

     広島のジョニー・ヘルウェグ投手が1/3回を無安打無失点だった。

     1点を奪われて迎えた八回2死三塁から登板。代打のバレンティンを内角へのツーシームで投ゴロに打ち取った。「アドレナリンがすごく出た。感覚はすごく良かったよ」

     開幕カード以来の登板。シーズン残り試合やその先にあるCSを見据えた場合、救援陣の選択肢を増やす意味でも大きな戦力となる。佐々岡投手コーチは「球に力があった。右打者のときに起用したい」と期待を寄せた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000117-dal-base

     「広島-ヤクルト」(15日、マツダスタジアム)

     広島のブラッド・エルドレッド氏が15日、引退セレモニーを前にマツダスタジアム内で記者会見を行った。一問一答は以下の通り。

     -カープ歴代最長外国人。

     「7年間やるということは自分でも想像できなかったですし、7年間このチームに自分なりにインパクトを与えられて、同じチームでやったことは誇りに思います。7年できるとは最初は思ってなかったんですけど、できたということは誇りに思ってます」

     -スカウトのオファーを受けて。

     「詳しくはいつオファーが来たか覚えてないんですけど、選手としてのオファーがなくて今後どうしようかなと考えていた時にカープ球団の方から『スカウトの仕事をやってみないか』という打診を受けて、新しく気持ちが高ぶったというか、うれしかったです。なぜかというと自分の愛着のある球団ですし、その球団が新しい仕事をくれて今後も一緒にやっていこうと言ってくれたことに対して感謝の気持ちが表れてきましたし、今後も一緒にやってきた選手、組織に働いてる方とまた一緒に仕事ができる機会を与えてくれたことに感謝しています」

     -スカウトとしてどんな仕事を。

     「もちろんスカウトとして初めて仕事をするわけで、いろいろ今から勉強していかないといけないことがあると思います。2人の駐米スカウトにまずは手ほどきをいただいて、どういうことをするかを学ばないといけないと思います。2人のスカウトもこのチームにいい選手を連れて来ました。そういうことが自分にもできるようにいろいろと勉強していくわけですが、ただ選手としてのタレントがそろった選手だけでなく、日本で野球をやって長年日本のチームに在籍したい、そういう気持ちを持った選手を探したいと思います。そういう気持ちがないと日本で成功するのは難しいと思うんでね。1年だけやって帰るような選手がいてもチームのためにならないと思うので、まずはスカウトの勉強をしながらそういう存在を発掘できたらなと思います」

     -広島の街やファンは。

     「長年ファンの方は自分の家族を非常に大切にしてくれたと思っています。言葉では表せないぐらい感謝しています。今回広島に来た時も街を歩いていると必ず声をかけてくれて、温かい声援をしてくれたんですけど、それは自分だけでなく自分の家族に対しても優しい声援をしてくれたので、この場を借りて非常に感謝していることを伝えたいと思います」

     -今のチームにメッセージを。

     「私も現役時代にやってきたことなんですけど、最後まで諦めずに一生懸命プレーをしてほしいと思います。まだまだ試合も残ってます。諦めてる選手は1人もいないと思います。そこでこれから全力を尽くせばまだ何が起こるかわからないポジションにいると思うので、とにかく自分がやってきたように毎試合毎試合、1試合1試合を必死に戦ってほしいと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000145-dal-base&pos=1

     「広島-ヤクルト」(15日、マツダスタジアム)

     広島のブラッド・エルドレッド氏が15日、引退セレモニーを前にマツダスタジアム内で記者会見を行った。一問一答は以下の通り。

     -久々にマツダで打撃練習をした。

     「非常に楽しかったです。久しぶりにマツダスタジアムで打撃練習をして、久しぶりにバットも振ったんですけど楽しんでバットを振ることができたので良かったと思います」

     -バットが折れた。

     「自分の一番大好きな山下打撃投手を打って、毎回毎回、いつも折られていたんですけど、やっぱり今日もきっちりと折られましたね。というのはジョークですけど、もともと折れてました」

     -今日のために練習は?

     「しばらく打ってなかったです。バットも握ってなかったので。2~3カ月はバットを一切触っていなかったです」

     -チームメートが見守る中で。感想はもらった?

     「みんな自分がスイングしているのを楽しんで見ていてくれたと思います。自分も楽しくスイングできたので、それを見てみんながハッピーになってくれればいいかなと思ってました。このチームはああいう風にみんなが集まって練習でも何でも楽しくやるのが特徴だと思うので、今日もそれが出て本当に自分もうれしかったです」

     -柵越えもあった。

     「1本だけは必ず打ってやろうと思って、1本ホームランを打たない限りケージから出ないと思っていたので、みなさんのために打てて良かったです」

     -広島での日々は。

     「7年間広島にいてこのチームで7年間プレーできたことは素晴らしいことだと思いますし、この7年でチームが変わったことも経験できました。あまり強くないチームから優勝ができるチームまで。そういう過程を全部見てきたので、チームの一員として7年間やったことは自分にとっても誇りに思います」

     -最も思い出に残っていることは。

     「7年間という長い間で1つだけ選ぶのは非常に難しいですが、その時々で非常にいい記憶があります。本当に初めて日本に降り立ったその日その時から初めてCSに出た時、そしてカープで初めて優勝できた。本当にその時その時その場面で思い出の瞬間ができているので1つというのは言えないですけど、本当にたくさんにいい思い出があります」

     -思い出のホームランは。

     「引退式に参加する前にもたくさんの方からどのホームランが記憶に残っていますかと聞かれて、自分の中でよく考えて思ったのが名古屋でカープが初めてCS進出を決めたホームランが非常に自分の中でも記憶に残ってます。その時のファンの方の反応、そしてチームの反応。いろんな反応が一発にこもったのかなと。自分にとっても記念になる、記憶に残るホームランだったと思います」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000146-dal-base

     「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

     元広島のエルドレッドが試合中に“サプライズ登場”した。三回の広島の攻撃前に、イニング間のオーロラビジョンで流れる遠隔電話映像で「こんばんは、エルドレッドです。選手のみなさん、ファンのみなさんお久しぶりです。アリゾナは5時すぎです」と日本語で語りかけた。



     15日に引退セレモニーが行われる予定で、「マツダスタジアムにいきます。皆さんに会えるのを楽しみにしています」とスマイル。先制ソロを放った会沢には「ナイスホームラン、アイザワ!」。ファンも大喜びだった。

     広島は4日にエルドレッドの現役引退と米国駐在スカウトとして契約する方針を発表。 エルドレッドは12年途中に加入し、14年には37本塁打でタイトルを獲得。通算133本塁打は球団外国人選手歴代2位。「これからもずっとカープの家族の一員でいられることを誇りに思っている」とコメントしていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000114-dal-base

    このページのトップヘ