広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    広島助っ人

     かつて広島東洋カープで活躍した先発右腕コルビー・ルイス投手が、昨シーズンまで在籍したテキサス・レンジャーズを離れることが濃厚であることが分かった。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が現地5日に報じた。

     同サイトは、レンジャーズにはすでにダルビッシュ有、コール・ハメルズ、マーティン・ペレス、アンドルー・キャッシュナーと先発投手が揃っており、5番目の座をA.J.グリフィンとニック・マルティネスが争う状況であることに言及。

     さらに、同チームは前サンディエゴ・パドレスのタイソン・ロス投手の獲得がうわさされており、レンジャーズのジョン・ダニエルズGMはルイスとの再契約が難しいことを認めたと『MLB.com』は伝えている。

     37歳のルイスは2015年に17勝(9敗)を挙げるなど、2010年に広島からレンジャーズに復帰して以降4度も2ケタ勝利をマーク。しかし昨季は故障離脱もあって19試合の先発にとどまり、6勝5敗、防御率3.71という成績だった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000213-ism-base&pos=1

     セ・リーグ覇者の広島が新外国人投手の獲得に動いた。アスレチックス傘下3Aの29歳右腕、ライアン・ブレイザー投手が広島と契約すると、地元メディアが報じている。

     地元紙「マーキュリー・ニュース」のジョン・ヒッキー記者が「アスレチックスは、キャンプ招待選手、右腕ライアン・ブレイザーの契約を、日本のセントラル・リーグ広島カープに売却した」とツイート。広島のブレイザー獲得を伝えた。

     29歳右腕は、2007年のドラフト6巡目でエンゼルス入り。2013年にメジャーデビューを果たし、7試合にリリーフ登板、防御率2.00だった。2015年からアスレチックスに移籍。今季は3Aで46試合に登板し、5勝3敗、防御率3.56。60回2/3を投げて70奪三振を記録している。3Aでは通算166試合に登板し、19勝9敗、防御率4.11の成績だった。

     広島は、来季もセットアッパーのジャクソン、中継ぎのヘーゲンズが戻ってくる予定だが、ブレイザーの加入によりブルペンは一層強化されることになる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00010005-fullcount-base

     広島は23日、来季契約について、エクトル・ルナ内野手(36)ら外国人3選手と、契約を結ばないことを発表した。

     今季から加入したルナは、主に「4番・三塁」でリーグ優勝に貢献。だが、10月12日のCSファイナルS第1戦、DeNA戦(マツダ)で負傷交代した。六回に遊ゴロで一塁を駆け抜けた際に転倒。トレーナーに付き添われながらベンチに戻り、試合中に広島市内の病院に直行し、精密検査を受け、「右肩関節唇損傷、右肩肩鎖関節捻挫」で、全治3カ月と診断されて帰国していた。今季は67試合に出場し、打率・272の成績だった。

     また、スティーブ・デラバー投手(33)、ジェイソン・プライディ外野手(33)とも、来季契約を結ばないことを発表した。


    引用元 http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/11/23/0009691578.shtml

     広島にヤクルト・バレンティンを超える怪力がいた。その男の正体はカープドミニカアカデミー出身で、3月に育成契約を結んだサビエル・バティスタ内野手(24)だ。

     ウエスタン・リーグでは打率2割4分3厘、6本塁打だったが、21日まで宮崎県日南市で行われていた一軍秋季キャンプに同行すると、フリー打撃で160メートルクラスの驚弾を連発。同じく練習をしていた日本人野手も目を奪われるほどの飛距離を見せつけていた。

     キャンプ期間中の15日には打撃時のスイングスピードを計測する装置が試験導入。同装置のメーカー担当者によると、ヤクルトや阪神など5球団で本格導入されており、球界ではそこまで珍しくない装置だそうだが、すぐさま担当者も目を丸くする現象が…。バティスタがティー打撃で試打したところ「159キロ」という数字がはじき出されたのだ。

    「これまでの最速はバレンティン選手とブランコ選手(オリックス)の158キロ。山田哲人選手でも150キロです。それをティー打撃で超えてしまったのはすごい」(同担当者)

     これを聞いたバティスタは「バレンティンを超えた? それはうれしいね。でも自信はあったよ」と不敵な笑み。「今日は練習で疲れていたけど、それがなければ160キロも出せるんじゃないかな」とサラリと言ってのけた。

     緒方孝市監督も「面白い存在」と指摘するバティスタ。まさに赤ヘルの秘密兵器で、来季は支配下登録はおろか大ブレークの予感が漂う。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/620291/

     広島は18日、ブラッド・エルドレッド内野手(36)と来季の契約を結んだと発表した。2年契約で、再契約金9350万円、年俸は1億1000万円。来季が来日6年目で、7年目まで契約を結んだ。

     球団を通じて「今シーズン、セ・リーグを優勝したチームで来シーズンもプレーできることは大変幸せです。チームメートとともに、最高の街である広島に日本一を届けるという目標に向けてプレーすることをとても楽しみにしています。広島でプレーしている5年間、ずっと応援してくださっているファンのみなさんに感謝しています。カープの55番のユニホームに袖を通して2年間プレー出来ることを光栄に思います。私たち家族は、広島という街が大好きですし、わが家のように感じています。来シーズンの始まりが待ちきれません。 Go Carp!」とコメントした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-01739956-nksports-base

     広島は18日、ブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)と年俸7700万円で来季の契約を結んだと発表した

     中継ぎ、先発でチームを支えた右腕は球団を通じ「来シーズンも広島でプレーする機会をいただけてとてもうれしいです。来シーズンの目標は、チームの勝利に大きく貢献することと、チームが必要としてくれる役割の中でクオリティーの高い投球をすることです。カープファンのみなさん、私はまた広島でプレーできること、またたくさんの応援とともに球場が真っ赤に染まるところを見られることを楽しみにしています。再びセントラル・リーグ優勝に貢献し、チームメートと一緒に日本一を目指していきたいと思います。Go Carp!」とコメントした。(金額は推定)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-01739970-nksports-base

     広島は18日、ジェイ・ジャクソン投手(29)と来季の契約を結んだと発表した。

     推定年俸は9625万円。日本シリーズでは6連投して打たれたものの、シーズンでは大車輪の活躍。ジャクソンは球団を通じて「来シーズンもカープの一員になることができてうれしいです。広島での時間はとても楽しかったですし、今後も長く広島でプレーできることを願っています。他のチームでプレーすることは考えることもできませんでした。来シーズンの目標は、昨シーズンよりも良い成績を残すことと、私たちをサポートしてくださる人々を笑顔にすること、また広島や最高のファンのみなさんに再び優勝を届けることです。日本シリーズではチームに貢献出来ず申し訳ございませんでした。また新たな旅立ちに向けて、再び広島に優勝を届けられるように努力します。昨シーズン中にいただいたみなさんからの愛情とサポートに感謝し、17年シーズンもハッピーと誇りを感じていただけるようにしたいです」とコメントした。




    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-01739974-nksports-base&pos=1

     育成契約ながら1軍秋季キャンプに参加する広島アレハンドロ・メヒア内野手(23)が10日、早出、居残り練習と日本人選手に負けぬ練習量をこなした。

     キャンプ初日から早出練習に参加し、全体練習後の夜間練習でもチームメ-トとともに素振りで汗を流す。「練習はきついが、うまくなるためにやっている。昨秋もきつい練習をして今年につながった。今の練習を来年につなげたい」と前向きに取り組んでいる。

     今季初めてプレーした日本球界の2軍では打率2割5分9厘、7本塁打、25打点。「もっと日本人投手と対戦を増やしたい」と1年目での難しさを感じた。日本での実績もある同郷ドミニカ共和国出身のルナからもらった、攻守のアドバイスも胸に刻む。「日本では変化球が多いので、十分球を呼び込んでコンパクトに打て」「守りでは取ってから慌てるな」。

     秋季キャンプでは1軍首脳陣からの指導に耳を傾ける。来日2年目の来季は期待が膨らむ。「支配下選手となって1軍でプレーしたい」。安部や堂林らがアピールする三塁争いに、大きな可能性を秘めたアカデミー出身のメヒアが虎視眈々(たんたん)と定位置を狙っている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-01736317-nksports-base

     近年まれに見る激闘が繰り広げられた日本シリーズからまもなく2週間――。

     シリーズを振り返ってみた時、流れを大きく左右したのが“助っ人のはたらき”だったように思う。

     日本ハムはMVPに輝いたレアードを筆頭に、バースはリリーフだけで3勝を挙げる活躍。ロングリリーフで好投したメンドーサも接戦の中で非常に貴重なはたらきを見せた。

     敗れた広島の方も同様。沢村賞投手・ジョンソンは2試合で防御率0.71とその実力をいかんなく発揮し、エルドレッドは第1戦からの3戦連発などで敢闘賞を獲得。ジャクソンも最後の第6戦での打ち込まれた印象が強くなってしまったが、それまでの5試合すべてにリリーフ登板してチームを支えていた。

     このように、リーグを制して頂上決戦で激闘を演じた両チームには、優秀な助っ人の存在があった。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00095162-baseballk-base

    このページのトップヘ