広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

     巨人のマイルズ・マイコラス投手の米球界復帰が噂される今オフだが、他にもメジャー球団が“逆輸入”を検討する選手がいるという。米スポーツ局「ESPN」のジェリー・クラスニック記者が自身のツイッターで、広島のセットアッパー、ジェイ・ジャクソン投手に複数のメジャー球団が興味を持っていると伝えた。


     来季はリーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指す広島に衝撃のニュースだ。守護神の中崎につなぐセットアッパー、ジャクソンが米球界に流出する可能性が生まれた。クラスニック記者は「複数のメジャー球団が救援ジェイ・ジャクソンに興味を示している」とツイート。2008年ドラフト9巡目でカブス入りし、マーリンズ、パイレーツ、ブルワーズと渡り歩いた後、2015年にパドレスでメジャーデビューした右腕について「最近2年は日本で屈指のセットアッパーになった」と伝えている。

     ジャクソンは今季を終えて帰国する際、来季も広島でのプレーを望む発言をしているが、メジャー契約が勝ち取れるとなれば、気持ちが揺らぐ可能性も十分にあるだろう。今後は広島にとって頼れるセットアッパーの去就にも注目が集まりそうだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093501-fullcount-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が一塁挑戦を本格化させている。マツダスタジアムに隣接する室内練習場で秋季練習が行われた4日も、ファーストミットでノックを受けた。今季は外野を守ったが、複数ポジションをこなすことができれば出場機会が増える。秋季キャンプでは泥にまみれる覚悟だ。

     時折、天を仰いだ。慣れないファーストミットを手に、バティスタが右へ左へ打球を追う。秋季練習から本格的に始まった一塁の守備練習。自らの可能性を広げる試みだけに、視線は鋭さを増している。

     「練習を始めたときよりは、よくなっているかな。以前にもやったことがあるし練習をしていけば大丈夫だ。数多く試合に出るためだと思うし、これから一生懸命、守備練習をしていきたい」。汗びっしょりのTシャツを着て言葉をつむいだ。

     もともと内野手登録。今年の春季キャンプでは一塁と外野の練習を並行したが、試合では外野を守った。一塁手としてはウエスタンで数試合にしか出場していない。経験はあるものの、ほぼゼロからのスタートと言っても過言ではない。

     首脳陣がバティスタの一塁練習を本格化させたのは、その打撃力を生かすためだ。右足首を骨折し、現在リハビリに励んでいる鈴木は順調に回復しており、春季キャンプに間に合う予定。シーズンに問題なく入ることができれば右翼が固まる。中堅は丸が不動のレギュラー。空いているポジションは左翼のみ。外野しか守ることができなければ、打撃が武器の松山と併用ができない。

     「どちらも(外野と一塁)こなせればチームにとって大きなプラスになる」と高ヘッドコーチ。長打力が魅力の左右2選手を同時にスタメンに並べることができ、打線に厚みをもたせるメリットが生まれる。

     それだけにドミニカンの今秋季キャンプでのテーマは一塁での守備力アップだ。7日からの15日間で早出特守は日課になる予定。ファーストミットの基礎的な使い方や足の運び方、さらにはサインプレーや併殺時の動き方に至るまで徹底的に取り組むプランが考えられている。

     「まだ逆シングルでの捕球が難しいんだ。でも頑張るよ。守備がうまくなればチーム、そして自分のためになるからね」。バティスタは声をはずませた。ドミニカ共和国カープアカデミー出身の期待の星。鍛錬の秋が間もなく始まる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000014-dal-base

     広島のジェイ・ジャクソン投手が3日、帰国した。広島を離れる前、広島駅で取材に応じた。今季を振り返り「リーグ連覇を達成できたことは感慨深いこと。でもポストシーズンでは野球ができなかった」と話した。

     今季も開幕からセットアッパーを任された。6月に一時、調子を落として配置転換されたものの復調して再び「勝利の方程式」メンバー入り。60試合に登板し2勝2敗、防御率2・03で2年目のシーズンを終えた。

     昨季オフに単年契約を結んだ。カープへの思いを報道陣から問われると「(プレーする)機会を与えてもらえるならうれしい。ここに戻ってきて、心の通ったメンバーと戦いたい」と話した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000085-dal-base

     広島のジェイ・ジャクソン投手(29)が16日、マツダスタジアムで行われたナイター練習に参加。18日から始まるCSファイナルSに向けてコンディションは右肩上がりで「順調に準備を進めている。どんどん良くなっている」とうなずいた。

     今季は60試合に登板し、2勝2敗、防御率2・03。安定した投球でポストシーズンでも期待は大きい。チームの勝利のため、「首脳陣の指示に従うだけです。渡されたボールを投げるだけだ」と助っ人は力こぶを作った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000110-dal-base

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島が5本塁打を含む20安打15得点を奪った。ブラッド・エルドレッド内野手は「6番・一塁」でスタメン出場し、3安打1本塁打2打点をマークした。


     1点を奪って迎えた初回2死一、二塁では左越え適時二塁打。五回は、バティスタに続き2者連続本塁打となるソロを中堅席左に放った。先頭打者として打席に立った四回には、大振りすることなくきっちりと左前打。軽打に徹してチャンスメークを忘れなかった。

     シーズン終盤は調子を落とし、2軍戦で再調整してきた。「練習の中でスイングに磨きをかけてきた。きょうは良い1日だったと思う」。復活したE砲は、声をはずませた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000102-dal-base

     プロ野球の2017年シーズンもあっという間に残りわずか。パ・リーグではソフトバンクが昨年の雪辱を晴らす圧勝で2年ぶりの優勝を果たし、セ・リーグは広島が球団37年ぶりとなるリーグ連覇を成し遂げた。

     両チームとも2位以下に10ゲーム以上の差をつけるまさに独走。投打ともにレベルの高さを見せ、他球団を圧倒した。中心選手がきっちりとその役割を果たしながら、ケガや不振の選手が出てくると代わりの選手が確実に出てくるというのが何よりの強みで、選手層の厚さと適材適所の起用が躍進を支えた。

     『代わりの選手が出てくる』というところで注目したいのが、両チームとも育成契約の外国人選手をシーズン途中に支配下登録し、戦力として活用していったという点だ。今回は優勝チームを支えた育成上がりの外国人選手2人にスポットを当てたい。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00132987-baseballk-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)がクライマックスシリーズのレギュラーに“内定”だ。2―3でサヨナラ負けした24日の中日戦(ナゴヤドーム)で初めて4番に座り、4打数無安打に終わったものの、首脳陣からの評価は高い。

     6月3日のロッテ戦で代打本塁打という衝撃デビューを飾ったバティスタは、翌4日の同カードでも同じく代打本塁打を放って一気に注目を浴びた。しかし、その後は思うような結果を残せなかった。8月17日には打率2割1分5厘にまで落ち込み、一度は二軍落ちを言い渡された。

     それでも、今月8日に再び一軍昇格を果たすと、「5番・右翼」でスタメン出場した18日の阪神戦では、8回に決勝の適時打を放ってリーグ連覇を達成。「優勝が懸かった試合に出られることはすごくいい経験になるし、本当にうれしい」とナインとともに歓喜の美酒に浸った。

     また、優勝を決めてから、菊池、松山らレギュラー陣に休養を与える試合も増えているが、積極的に起用されるバティスタは再昇格後、34打数11安打9打点。打率3割2分4厘と好調を維持している。これには首脳陣も今後の短期決戦を視野に入れ「もともと守備も悪くないと思っている。勝負強い打撃はやはり魅力的だし、極端に調子を落とすようなことがない限りスタメンで使っていいんじゃないか」と目を細める。

     ドミニカンパワーが赤ヘル打線の刺激剤となる。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000028-tospoweb-base

     広島のサビエル・バティスタ内野手(25)が20日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。フリー打撃で快音を連発した。

     リーグ連覇を決めた18日阪神戦(甲子園)では決勝打をマーク。ここ一番で勝負強さを発揮し「タイミングの取り方を変えたんだ」と好調の秘訣を明かした。

     その夜は人生初のビール掛けを体験。「初めてだったけど、楽しかったです。みんなにビールを掛けられた」と笑顔で振り返った。人気のクレート通訳も参加したそうで「楽しかったです。畝コーチ、迎コーチにビールを掛けました。またやりたいね」と笑った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000120-dal-base

    このページのトップヘ