広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

     昨季まで広島でプレーしたジェイ・ジャクソン投手がブルワーズとマイナー契約を交わしたと球団が発表した。米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーモアズ」が伝えている。


     ジャクソンは2015年にメジャーデビューし、2016年からは広島でプレー。セットアッパーとして3シーズンで通算175試合に登板し、10勝8敗2セーブ92ホールド、防御率2.10の好成績をマーク。リーグ3連覇に貢献した。

     昨季は48試合登板で3勝2敗1セーブ25ホールド、防御率2.76の成績で、シーズン終了後に自由契約に。4シーズンぶりに米復帰を果たすことになった。

    「MLBトレード・ルーモアズ」は「ブルワーズがジェイ・ジャクソンと契約」とのタイトルでレポート。「ブルワーズは右腕ジェイ・ジャクソンとマイナー契約をしたと球団が発表した。もし彼がメジャーのロースター入りをすれば、100万ドル(約1億1500万円)が支払われると、MLBネットワークのジョン・ヘイマンが伝えている」と、敏腕記者として知られるヘイマン氏のツイッターの情報をもとに報じている。

     さらに、記事ではジャクソンが7シーズンのマイナー生活の後にメジャーデビューを果たしたことなども回顧。広島での3年間の成績も紹介しつつ、「速球派右腕は最初に(メジャー契約の)40人のロースター入りを果たす必要があるが、彼がマイナーで何らかの成果を見せてくれることに期待したい」と締めくくっている。

     広島で人気を誇った元助っ人右腕は、昨季ナ・リーグ中地区を制してリーグ優勝決定シリーズまで進んだ強豪で、4年ぶりにメジャーのマウンドに立つことができるだろうか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00299865-fullcount-base

     2月1日からスタートした春季キャンプ。各球団の新外国人選手たちも着々とシーズンへ向けて準備を進めている。「新助っ人襲来」の第2回は広島のカイル・レグナルト投手(30)を紹介。虎の助っ投・メッセンジャーに劣らぬラーメン好きを公言する。右腕ではなく左腕だが、ラーメンをパワーとする“メッセ2世”のような活躍にも期待が膨らむ。


      ◇  ◇

     ◆生まれ 1988年12月13日、米ロードアイランド州出身。東北部のニューイングランド地方にあり「寒い州であり、暑い州。気温も非常に変わる。夏場はカ氏90度(セ氏32度)ぐらいになるよ」

     ◆ナイスガイ 自らセールスポイントを「性格は非常にいいよ」と笑う。実際に松長通訳によると、来日当日もローレンスが搭乗していた飛行機の到着が3~4時間遅れたが、文句の一つも言わず空港で待ち続けていたという。「物事に対して感謝する気持ち、そして尊敬の念を持つ。そういったことを常に親に教えられてきたんだ」

     ◆野球一家かつレスリング一家 4人兄弟の次男で10歳の時に兄や父の影響で野球を始めたが、5歳から17歳まではレスリングも習っていた。「兄も弟もしていました。高校時代は州のチャンピオンになったよ。非常にうれしい思い出です」

     ◆メッセ級のラーメン好き!? 来日から約1週間で、5度ラーメン店で食事。出合いは入団会見の当日。尾道ラーメンを頬張ると、翌日は「一蘭」へ。「しょうゆベース、豚骨ベース、両方おいしい。好きなところはスープ。味わった時にパンチがあるんだ」。阪神・メッセンジャーは自身プロデュースのラーメンを本拠地で出しており、レグナルトも「そうなることもあるかもしれないね」とニヤリ。

     ◆箸使いにも自信アリ!? 広島への加入が決まり、来日1カ月前から米国でひたすら箸を使って練習。「トレーニングしたので、日本でも問題なく箸を使えています」。現在は「ナイスな贈り物」と鯉党からもらった、「カイル」の名前と富士山が描かれたマイ箸を使っている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000031-dal-base

     広島の新外国人ケーシー・ローレンス投手(31)がフリー打撃に初登板した。堂林に対して29球投げ、ボール球は14球あったが、安打性は4本に抑えた。投球フォームは広島で2011年から14年まで活躍したブライアン・バリントン投手にそっくり。「一蘭」のラーメンが好きという新助っ人右腕が先発争いに食い込みそうだ。


     新助っ人ローレンスが上々のデビューだ。持ち球の直球、ツーシーム、スライダーを武器に強気な投球を展開。堂林のバットをへし折る場面もあり、「インサイドで詰まらせてゴロを打たせることが自分の投球。追い込めば三振も狙うよ」と納得顔を浮かべた。

     新助っ人の登場に他球団007は敏感の反応した。阪神・太田スコアラーが「打ちにくそう」と顔をしかめると、中日・鈴木スコアラーは「打たせて取るタイプ。テクニックもある。バリントンみたいですね」とかつて広島で活躍した懐かしの助っ人になぞらえた。

     似ているのは投球フォームだけではない。この日の昼食は日南で人気で、バリントンが愛した「直ちゃんラーメン」。ローレンスも「僕が好きな“一蘭”のラーメンに近くておいしかったよ」と笑みが絶えなかった。

     この日は通常のノーワインドアップに加えて、左足を素早く動かしてリズムを変える投球を何度か試みた。昨冬の契約後に球団から送られてきた試合映像を見て日本人打者の対策を練ったといい、「日本には足を高く上げる打者が多い。打者のバランスを崩せたらいいと思ったんだ」と研究熱心な一面ものぞかせた。

     バリントンは来日1年目に13勝をマーク。ついにベールを脱いだ新助っ人が「本家」のような活躍を見せれば、先発投手陣はさらに厚みを増してくる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000021-dal-base

    広島の新外国人カイル・レグナルト投手(30=メッツ3A)とケーシー・ローレンス投手(31=マリナーズ)が3日、初体験の豆まきを楽しんだ。


    鬼の面をかぶった関係者に向け「オニワソト」とさけびながら、落花生を投げつけた。

    レグナルトは「エキサイティング」と大喜び。ローレンスも「鬼がかわいそうだから軽めに投げた」と笑顔だった。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00469549-nksports-base

     「広島春季キャンプ」(2日、日南)

     サビエル・バティスタ外野手が高卒2年目右腕の山口に洗礼を浴びせた。フリー打撃で対戦し、27スイング中7本の柵越えを記録。「いいポイントでつかまえることができた。(球種は)真っすぐだけだったけど、オーバースイングにならないように、コンパクトな打撃を心がけたよ」と振り返った。



     推定140メートル弾を放つなど、自慢のパワーは健在。今季40本塁打を目標に掲げるドミニカンは「ミスもあったからね。もっと打てたね」とどん欲だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000125-dal-base&pos=2

     新外国人右腕のローレンスが“謎の棍(こん)棒”の宣教師になる。マツダスタジアムでキャッチボールを始める直前、右腕は重さ3ポンド(約1・36キロ)のプラスチックの黒い棒を振り回し始めた。

     インディアン・クラブと呼ばれるエクササイズ用品。「肩を緩ませることができて、試合前の投球数を減らせる。おかげで他人より少ない25~30球の投球練習だけで試合に入れるんだ。興味があれば日本人投手にも紹介したいね」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000042-sph-base

     広島の新外国人カイル・レグナルト投手(30)が26日、マツダスタジアムに隣接する屋内練習場で自主トレを行った。中継ぎとして期待される助っ人は、回またぎや連投をいとわずフル回転する意気込み。肩も順調に仕上がっており、春季キャンプ初日にも、首脳陣にアピールする姿が見られそうだ。

     気温2度。時折ぼたん雪が舞うなど厳しい寒さの中、レグナルトは半ズボンで屋内練習場へと歩いた。真冬は氷点下にもなる米ロードアイランド州出身。「雪は大好きだよ」。寒さを気にせず見せた笑顔が頼もしい。

     入団会見した前日に続きローレンスを相手にキャッチボール。チェンジアップ、カーブと変化球を解禁し左腕を振った。「6割くらいの力かな」。だが言葉以上に力強い球が鳴らす乾いた音が、室内に響き渡った。

     中継ぎ起用が濃厚な助っ人はフル回転する覚悟だ。昨季は3Aで48試合に投げ、連投や回またぎも苦にせずチームに貢献した。リーグ4連覇にはブルペン陣の層の厚さは欠かせない。「経験があるから大丈夫」と鉄腕宣言した。

     来日前には8度ブルペンに入り肩を仕上げた。時差ボケはなくなり体調は万全に近い。広島の外国人投手は春季キャンプ初日にブルペン入りしないことが多いが、レグナルトは投球練習に意欲満々。若鯉に交じって左腕を振り抜く意気込みだ。

     日本の統一球にも順応しており「手になじむ感じが良いし、縫い目にしっかりと指がかかる。特に変化球が良いね」とにっこり笑った。左腕不足は長年のチームの懸案事項。解消する存在になってみせる。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000027-dal-base

     広島のサビエル・バティスタ外野手(27)、アレハンドロ・メヒア内野手(25)、ヘロニモ・フランスア投手(25)が27日、来日した。バティスタは「あっという間のオフだった」と振り返り、巨人から長野が新加入したことに「長野さんはたくさん経験をしているので、いろいろ聞いてみたい」と弟子入りを志願。メヒアも「長野さんは野球のことをたくさん知っている。チャレンジしたいです」と力を込めた。

     昨季セットアッパーとして3連覇に貢献したフランスアも「スタミナは回復したよ」と笑顔で話した。

     バティスタは昨季99試合の出場で打率・242,25本塁打、55打点。メヒアは22試合の出場で打率・268、3本塁打、7打点。フランスアは47試合の登板で3勝4敗1セーブ19ホールド、防御率1・66だった。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000036-dal-base

     広島の新助っ人・カイル・レグナルト投手(30)とケーシー・ローレンス投手(31)が25日、マツダスタジアムで入団会見に臨み、今季の抱負を語った。以下、レグナルトの一問一答。

     -広島に来ての気持ちは。

     「日本は非常に遠かったですね。飛行機を長時間乗って、昨日の夜、東京に初めて来日して、お寿司を食べました。2日目は新幹線に乗って広島まで来て、お昼はラーメンをいただきました。とてもエキサイティングで、広島を楽しみたい。そういう気持ちです」

     -寿司はどのように食べたか。

     「昨日の夜は箸を使っていただいた。過去1カ月間、箸の文化に慣れようと思ってアメリカのレストランでも箸を使って食事をしていた。昨日はサーモンとツナをいただいた」

     -日本や日本野球のイメージは。

     「日本の野球をこれから学んでいく中で、日本でプレーした選手を数名知っている。ブキャナン、カラシティー。マイコラスもトレーニング中に会って日本の野球について聞いた。日本の野球の印象はすばらしいものを持っている。チーム一丸となって努力をして、まとまって勝ちにつなげていく印象を強く持っている。選手の競争も非常に高いという印象を受けている。僕もチームの一員となって一生懸命、戦っていきたい」

     -日本で体験したいことは。

     「3つのことに挑戦、体験したい。1つ目はお好み焼きです。広島の有名な食べ物と聞いている。朝食、昼食、夕食として食べるのかは知らないが、そういう文化を楽しみながら経験していきたい。日本の文化の特徴である箸に自分の名前を刻印して購入したいという夢がある。そして日本で一番高い山である富士山を見てみたい。そういったことを感じています」

     -ピッチングについて。

     「過去3年間の成績を見ても分かる通り、リリーフとしてプレーしてきた。常にマウンドでは自信を持って投球している。打者と対峙する際、しっかりとした自信のある真っすぐを投げ込みながら変化球で打ち取ったり、その逆で交わす投球も状況によってできる。まずは日本の打者の特徴を頭に入れて対応していきたい」

     -ニックネームは。

     「“レッグス”と呼ばれていた。日本に来て新しいあだ名が増えそうです。この質問はローレンスに聞いたら解明される(笑)。日本では“リーフ”と呼んでくれると思う。あとでローレンスに聞いたら分かると思う」

     -カープファンへメッセージを。

     「まずは日本のファンの方に自分は一生懸命プレーするのでよろしくお願いしますと伝えたい。自分はツイッターを利用しているが、日本のファンからは過去2カ月間、サポートを受けていたので、その方にも感謝を伝えたいと思う。外国人として初来日して、日本で新しい生活が始まることをすごくワクワクしている。その中でみんなでシーズンを戦いながら、チームの勝利に貢献してプレーできたらと考えています」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000095-dal-base

    このページのトップヘ