広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

     毎年、数多くの助っ人が日本にやって来るが、シーズンオフになると日本を去る外国人もまた数多い。結果を残し長く日本でプレーするのは限られた選手たちだけ。成功を収める外国人を発掘するのは、なかなか簡単なことではない。


     逆に日本で成功し、メジャーリーグでも大活躍を収める選手もいる。今季カージナルスで先発ローテの柱となっている元巨人のマイルズ・マイコラス投手は、そのいい例だ。ここまで14試合に先発して7勝2敗、防御率2.69と申し分のない成績を残している。

     またヤクルトのプレストン・ギルメット投手や、日本ハムのクリス・マーティン投手もそれぞれのチームで、メジャーのロースターに入っている。昨季、12球団に在籍し、昨季限りでチームを去った助っ人外国人。今季、米国でプレーしている元助っ人たちは、どれほどの成績を残しているのだろうか。

    ○巨人
    マイルズ・マイコラス(カージナルス)
    14試合14先発7勝2敗0セーブ 防御率2.69

    ○阪神
    エリック・キャンベル(マーリンズ傘下3A)
    57試合202打数68安打3本塁打45打点 打率.337
    ジェイソン・ロジャース(米独立リーグ・ニューブリテン)
    30試合110打数35安打2本塁打28打点 打率.318
    ロマン・メンデス(ナショナルズ傘下2A)
    22試合(0先発)3勝2敗4セーブ 防御率3.72

    ○広島
    ライアン・ブレイシア(レッドソックス傘下3A)
    25試合(0先発)2勝4敗8セーブ 防御率1.69
    ブレイディン・ヘーゲンス(ダイヤモンドバックス傘下3A)
    13試合(8先発)3勝3敗1セーブ 防御率6.43

    中日
    ○エルビス・アラウホ(オリオールズ傘下1A+)
    9試合(0先発)2勝0敗0セーブ 防御率3.65
    ○ホルヘ・ロンドン(ホワイトソックス傘下2A)
    9試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率4.85

    ○ヤクルト
    プレストン・ギルメット(カージナルス→ブルージェイズ)
    3試合(0先発)0勝1敗0セーブ 防御率15.00

    ○ソフトバンク
    カイル・ジェンセン(ジャイアンツ傘下3A)
    52試合189打数37安打5本塁打27打点 打率.196

    ○西武
    ステフェン・ファイフ(インディアンス傘下3A)
    10試合(10先発)3勝5敗0セーブ 防御率6.79
    ブライアン・シュリッター(ドジャース傘下3A)
    28試合(0先発)2勝1敗9セーブ 防御率3.00

    ○オリックス
    マット・ウエスト(米独立リーグ・シュガーランド)
    13試合(0先発)0勝0敗0セーブ 防御率0.00

    ○日本ハム
    クリス・マーティン(レンジャーズ)
    23試合1勝1敗0セーブ 防御率3.92

     こうして見てみると、日本を離れた後も結果を出すのに苦労している選手も数多く見受けられる。メジャーでプレーしているのはマイコラス、ギルメット、マーティンの3人だけ。多くは傘下3Aに在籍しているが、中には2Aや独立リーグでプレーしている選手もいる。

     また、ここに名前のない中でも、例えば、ロッテのパラデス(韓国・斗山を戦力外)のように米国以外、韓国やメキシコ、ドミニカなどでプレーを続けている選手も少なくない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00139287-fullcount-base

     元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そして元同僚の広島・鈴木誠也外野手についても語っている。


     ヘーゲンズは2016年に広島に加入。50試合に登板(6先発)して7勝5敗、防御率2.92の好成績を残し、25年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。だが、2017年は11試合の登板にとどまり、防御率6.60と苦戦。チームはリーグ連覇を達成したものの、貢献することはできず、シーズン後に自由契約となった。

     今季はダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、米球界に復帰。3Aリノ・エーシズで12試合に登板(7先発)し、2勝3敗、防御率6.75とまだ波に乗れていないが、日本球界での経験を生かして4年ぶりのメジャー復帰を目指している。

     ヘーゲンズが来日した2016年、広島とともに日本球界の話題の中心となっていたのが、日本ハム(当時)の大谷だった。投手として21試合登板(20先発)で10勝4敗1ホールド、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点という衝撃的な成績を残し、パ・リーグのMVPを獲得。ヘーゲンズが所属していた広島は日本シリーズで日本ハムに敗れ、日本一を逃した。

     二刀流右腕の印象について、ヘーゲンズは記事の中で「日本に着いた時に、彼のことを聞いたよ。彼は日本のスターだから、気をつけないといけない、と言われた。彼のスイングはいつも良かった。彼にも弱点はあったが、他の良い打者と同じように、こちらがミスをすると打つ。投球が意図したように変化せず、スポットをミスすると、打つ選手なんだ」と語っている。失投は許されない好打者と見ていたようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00138457-fullcount-base

     昨季まで2年間、広島でプレーしたブレイディン・ヘーゲンズ投手は現在、ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズでプレーしている。今季12試合登板(7先発)で2勝3敗、防御率6.75。やや苦戦しているものの、2014年以来となるメジャーのマウンドを目指して奮闘中だ。



     そんな29歳の右腕にとって、日本での経験はかけがえのないものだったという。地元紙「リノ・ガゼット・ジャーナル」が「エーシズの投手・ヘーゲンスにとって日本での経験は学びの場となった」とのタイトルで特集を掲載。本人が同紙の取材に応じ、2年間を過ごした日本、そして広島ファンへの“愛情”を明かしている。

     記事では、ヘーゲンズが日本で最初に気づいたことが「尊敬」だったと紹介。日本のファンは皮肉やヤジよりも、試合を楽しむことに重きを置いていると語ったという。当然、日米の文化の違いには驚いたといい、「カルチャーショックがある。日本人はとても歓迎するんだ。日本のファンはより親切だ」と振り返っている。

    「日本では試合へのスピリットと応援することがより大切なんだ。アメリカでは、連続でボールを8球投げたとしても、ストライクを投げるとすぐに、観客は歓声を上げる。日本では、そんなこと関係がないんだ。どんな状況でも彼らは応援する。ヤジる人はいないんだ。選手が良いプレーができるように、いつでも応援するんだ」

     本人のコメントからは、広島ファンへの深い愛情が伝わってくる。特集では「彼は異なる文化を経験する機会は、見逃すのが惜しいくらい良い機会であったと語った」とも紹介。ヘーゲンズが日本の文化に触れたことをポジティブに捉えていることも分かる。そして、球場で強く感じた「尊敬」は、日頃の生活の中にも溢れていたという。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00138413-fullcount-base

     広島のバティスタが、5月16日の中日戦から続く連続無安打が17打席となった。

     23日の巨人戦では『3番・左翼』でスタメン出場したが、第1打席が遊飛、第2打席が三ゴロ、第3打席は四球を選んだが、第4打席が空振り三振に倒れ、6回の守備から途中交代となった。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏はバティスタを「分からないタイプのバッターですよ」と評した。

     その理由について「スイングが速いですし、振り遅れたと思っても急にバットが出て、ヒットゾーンに飛ぶ可能性もある。あれだけ振られると不気味なんです」と説明した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00154067-baseballk-base

     セ・リーグ首位を走る広島で、また新たな力がベールを脱いだ。

     5月22日に行われた巨人戦の6回、3番手としてレオネル・カンポスが今季初登板。先頭のアレックス・ゲレーロに四球を出すも、つづく阿部慎之助を併殺に斬って二死。その後は岡本和真に安打を許すも、亀井善行を内野ゴロに打ち取って1回無失点のNPBデビューを果たした。

     今季からチームに加入した188センチの長身右腕。高い奪三振能力がウリでリリーフ陣の一角として期待を受けるも、オープン戦では5試合の登板で防御率5.79、四球が4つとアピールできずに二軍からのスタート。それでも、ファームでは14試合の登板で1勝1敗、防御率2.51と安定した投球を披露。外国人枠の関係からなかなかチャンスが巡ってこなかったが、先発の柱であるクリス・ジョンソンが夫人の出産に立ち会うためにチームを離れることになったため、ちょうど空いた枠に滑り込んだのだった。

     また、その“ジョンソンの穴”という点ではもう一人おもしろい投手がいる。カープアカデミー出身の24歳左腕ヘロニモ・フランスアだ。

     3月9日に育成契約を結んだ若きドミニカンであるが、ファームで8試合に登板して2勝1敗、防御率2.57という好成績が認められて5月21日に支配下登録。異例のスピードで2ケタの背番号を掴み取った。すると、ジョンソン不在で空いた先発の枠にそのまま抜擢。26日に本拠地で行われる中日戦で一軍デビュー・初先発の大役を務めることになっている。

     昨季もバティスタがシーズン途中に支配下登録を勝ち取って活躍したり、ファームにはアレハンドロ・メヒアという格の違いを見せつけるような活躍を見せる選手がおり、12球団でも一・二を争うような熾烈さの外国人枠争い。中でも今季からチームに加わった2人の投手、カンポスとフランスアの今後には注目だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00154113-baseballk-base

     20日に育成枠から支配下選手契約を結んだ広島のヘロニモ・フランスア投手(24)が24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、プロ初登板初先発となる26日の中日戦に備えた。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身投手で、初登板初先発初勝利を挙げたのは球団では95年のチェコのみ。23年ぶりの快挙を目指す。

     雲ひとつない空の下、フランスアが左腕を振った。マツダスタジアムのマウンドに上がると、本番を想定して登板前最後の投球練習。カーブ、チェンジアップなどの変化球を交えながら53球。26日・中日戦でのプロ初登板初先発へ向けて調整した。

     「(マツダのマウンドは)昔、一度だけ投げたことがある。シート打撃でルナとエルドレッドと新井さんに投げたんだ。投げやすく好きだね。気持ちが良かった」。気温24度。初夏を思わせる暖かさに、額には自然と汗がにじんだ。

     14年9月に練習生として初来日。今年3月に育成選手となり、ウエスタンで8試合に登板し2勝1敗、防御率2・57の成績を残して20日に念願の支配下契約を結んだ。

     「右打者の内角に入ってくるボールが良い。来たときは、ブルペンでは良い球を投げるけど、実戦になると四球。それがなくなった」と畝投手コーチ。制球難を克服し、1軍マウンドを勝ち取った。

     フィールディング、ベースカバー、けん制…。試合の中ではさまざまなことが求められる。来日当初は投げることで精いっぱいだったというが、転機は16年に四国ILp・高知に派遣され、数多くの実戦を積んだこと。「いろんな経験ができた」。クイックも今では1・2秒台前半。投手としての基礎を身に付け、総合力もアップさせた。

     ドミニカ共和国カープアカデミーは1990年に開校。同校出身選手で、プロ初登板初先発を初勝利で飾ったのは、球団では95年のチェコのみ。「もちろん、九回まで投げたい」と完封勝利にも意欲を示した。

     「喜んでいたよ」。母国で暮らす母のロレーナ・マルティネスさんや16年に結婚した妻サンドラ・バルデスさんには、電話で初登板を伝えた。「初めてだから緊張すると思う。でも、自分のペースでテンポ良く投げたい。自分の仕事をすることだけを考えたい」。海を渡って4年。夢をかなえる第一歩を踏み出す。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000020-dal-base&pos=4

     19日に支配下登録された広島のヘロニモ・フランスア投手(24)は24日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、あす25日からの中日3連戦(マツダ)で予定される初登板初先発へ向けて調整した。

     この日は、本拠地のマウンドに上がって53球投げ込み、「投げやすくて好きです」と好感触を口にした。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身で今年3月7日に練習生から育成契約した1メートル86の長身左腕。ウエスタン・リーグでは8試合で2勝1敗、防御率2・57だった。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000097-spnannex-base&pos=2

     広島は20日、前日の19日にヘロニモ・フランスア投手(24)と支配下選手契約を結んだと発表した。

     契約年数は6年。契約金10万ドル(約1100万円)、今季年俸8万ドル(約880万円、出来高あり)。背番号は97に決まった。

     フランスアは球団を通じて、「1軍でプレーするという自分の夢への第一歩を踏めて、神様に感謝しました。また自分を応援し元気づけてくれたカープファン、家族、仲間、カープアカデミーのみんなにも感謝します。自分の能力の可能性に期待し、チャンスを与えてくださった球団にも恩返しをしたいと思っています。1軍の先発ローテーションで一番になる夢を達成できるように頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

     フランスアはドミニカ共和国出身。1993年9月25日生まれ。身長186センチ体重110キロ。左投げ左打ち。今年3月に育成選手契約を凍結。ファームで8試合に登板し、2勝1敗、防御率2・57。25日からの中日3連戦(マツダ)でデビューする可能性がある。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000057-dal-base

     広島の新外国人レオネル・カンポス投手(30)が18日、ジョンソンの帰国によって来日初の1軍昇格を果たした。2軍では14試合に投げ、1勝1敗、防御率2・51と好成績をマーク。直球、変化球の安定感を増した投球で1軍生き残りを目指す。


     新助っ人がいよいよベールを脱ぐ。ジョンソンの帰国によって、カンポスが1軍合流。曇り空の下、キャッチボールやダッシュで汗を流すと、表情を引き締めて冷静に言った。

     「自分の仕事をきっちりこなしていくだけだと思う。どういった試合展開であっても、登板機会が巡ってきたら、自分のすべてをマウンドで出して結果を待ちたいと思います」

     開幕から1軍外国人の内訳は「野手2、投手2」。投手ではジョンソン、ジャクソンがそれぞれ先発、中継ぎの役割を果たし、出番は訪れなかった。それでも2軍では14試合に投げ1勝1敗、防御率2・51とモチベーション持続。ひたむきに汗を流し、1軍からお呼びがかかるのを待っていた。

     「一日一日を必死で練習する、試合に登板することしか考えていませんでした。自分がどこのレベルにいて、どの場所にいても、自分ができることを一生懸命することだけを考えていました」

     17日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)では緒方監督、畝投手コーチら1軍首脳陣が視察に訪れる中、1イニングを3人でピシャリ。2軍では「直球と変化球の安定感」を追求。その成果をきっちりと示した。「2軍で登板数を重ねてきた。数字的なもの、内容も悪くない」と語る助っ人が本領を発揮する。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000033-dal-base

     広島は18日、クリス・ジョンソン投手が夫人の出産に立ち会うため、19日に米国へ一時帰国すると発表した。再来日は30日の予定。今季は8試合に登板して3勝2敗、防御率3.53。 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000093-jij-spo&pos=3

    このページのトップヘ