広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

     「ウエスタン、広島-オリックス」(20日、由宇)

     体調不良のため長期離脱している広島のクリス・ジョンソン投手が離脱後、初めて実戦に登板。3回2/3を2安打4奪三振無失点だった。全球種を投げ、直球は最速142キロを計測した。

     初回、宮崎に中前打を浴びたが、小田を二直併殺打に仕留めるなど無失点発進。二回以降は、抜群の制球力で打者を翻弄(ほんろう)した。四回は、先頭の宮崎に再び中前打を許し、送りバントを決められ1死二塁とされたものの、宗を空振り三振。球数が予定していた45球を上回る49球に達したため、ここで降板した。

     3月31日の阪神との開幕戦(マツダ)に登板後、体調不良を訴えた。咽頭炎を患い4月5日に出場選手登録を抹消。回復に努めてきた。今後は、2軍戦で球数や投球回を増やしていく。「どの球種もストライク先行でいけたし、良い所に決まっていた。真っすぐに力があり、いい球が投げられたと思う。復帰に向けワンステップ、近づいた」と充実した表情で汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000072-dal-base

     昨季まで楽天でプレーしたキャム・ミコライオ投手がツインズとマイナー契約を結んだとメジャーリーグの移籍情報サイト「トレード・ルーモア」が伝えている。


     2012年から3シーズン広島でもプレーした33歳はNPBで通算214試合に登板し、11勝11敗51ホールド、73セーブ、防御率2.42をマーク。205センチの大型右腕について記事では「このそびえ立つ投手はNPBで素晴らしい成績を残した」と紹介している。

     また、元巨人のフアン・フランシスコ内野手はマイナー契約を結んでいたオリオールズを解雇となり、元DeNAのジェイミー・ロマック内野手はパドレスから放出されたことも伝えられている。ロマックは今月、韓国のSKワイバーンズと契約を結んだことが米国内でレポートされていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00010003-fullcount-base

     体調不良で長期離脱中の広島クリス・ジョンソン投手(32)が16日、マツダスタジアムでシート打撃に登板した。小窪、堂林、天谷と対戦。打者のべ13人に対して55球を投げ、安打性3本、2四球、1奪三振。直球の最速は142キロだった。


     「感触は良かった。打者を立たせて投げられたのは非常にいいこと。内容はまだまだ。これからしっかり修正していきたい」

     開幕投手を務めながら、4月5日に咽頭炎で登録抹消。離脱後は落ち込んだという。

     「非常にきつい数週間だった。自分の人生の中でもケガ、病気、特に病気はあまりしない方だった。いきなり開幕して離脱しなければいけない状態に陥って、しかも思いもよらないぐらい長引いた。球団にも3年契約をしてもらって初めての年で、何とか一生懸命、自分のできることをさらに見せようと思ってシーズンインしたので…。いきなり離脱になって、精神的にきつい状態だった」

     次回は2軍戦で3イニングを投げ、徐々にイニングを伸ばして、1軍復帰を目指す。ジョンソンは「まずは次の試合に向けてコンディションを上げていきたい」と前を向いた。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/05/16/0010193378.shtml

    【目撃】マツダスタジアムで12日に行われる予定だった広島―巨人戦は、あいにくの雨のため中止。広島ナインたちもそそくさと帰宅していったのだが、そんな中、「ママチャリにかっぱ」という気合の入ったスタイルで降りしきる雨の中に飛び出していったのが広島の主砲、ブラッド・エルドレッド外野手(36)だった。

     すでにエルドレッドが巨体を揺らしながら広島市内をママチャリで走り回っている姿は、広島の風物詩となっているのだが、それにしても雨の日ぐらいタクシーを使ってもよさそうなのに…。なんとも庶民的なエル砲の「ママチャリ魂」には脱帽するしかない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000002-tospoweb-base%20

     広島・ジャクソンが球団記録に挑む。8回を担うセットアッパーは、開幕から16試合連続で無失点を継続。

     13年に河内貴哉が打ち立てた開幕21戦連続無失点の記録を視界に捉え「カウントをうまくつくれていることが、安定感につながっていると思う」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000043-spnannex-base

     広島の育成選手・バティスタがウエスタン・オリックス戦(舞洲サブ)で2本塁打。早くも2桁の10号となり、リーグ3冠王に躍り出た。

     2回に斎藤から9号先制ソロ。4回にも2打席連発の2ランを放つなど、3安打3打点をマークした。これで26試合で打率・340、10本塁打、27打点と文句のつけようのない成績。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身、来日2年目の25歳は加速度的に成長を続けている。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000141-spnannex-base

     「広島8-7中日」(4日、マツダスタジアム)

     広島・ブレイシアが来日2勝目を挙げた。6-7の八回に4番手で登板し、中日打線を三者凡退に。その裏の逆転劇を呼び込んだ。


     「スコアは気にせず相手を打ち取ることを意識しているよ。勝ちが付いて個人的にうれしいけど、チームに勝ちを呼び込めたことに喜びを感じている」

     試合後はトレードマークの穏やかな笑みを浮かべて、投球を振り返った。来日1年目。好物は「焼き肉」だ。日本での生活にも慣れ始めているようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000140-dal-base

    ◆広島5―2中日(2日・マツダスタジアム)

     広島の新外国人、ラミロ・ペーニャ内野手(31)が1軍昇格即安打を放った。

     松山が試合前のウォーミングアップ中に背中を痛めたため急きょ昇格が決定。ぺーニャはウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)に出場していたが、途中で切り上げて新幹線に乗り込み、試合前に1軍合流を果たした。

     ドタバタでの昇格劇だったが、3点リードの8回無死で代打で登場。初球を中前へ運んだ。

     メキシコ人の助っ人は「わくわくした気分で球場に来た。甘い球が来たら積極的に打っていこうと思ったんだ。(鳴尾浜では)2打席に立ってきたよ。自分のいいところを出していけるようにしたいね」と、次戦での出番を見据えた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000245-sph-base

    このページのトップヘ