広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

     二匹目のドジョウとなるか。広島は20日、アレハンドロ・メヒア内野手(24)と支配下選手契約を結んだ。契約金10万ドル(約1120万円)、年俸3万5000ドル(約392万円)プラス出来高(いずれも推定)。6年契約で背番号は96。マツダスタジアムで会見に臨んだメヒアは「今までの頑張りを認めてもらえ、とても幸せ」と話した。

     一足先に支配下登録され、一軍で7本塁打を放っているバティスタと同じドミニカ共和国のカープアカデミー出身。2015年秋に練習生として来日し、昨年3月に育成契約を結び、二軍で汗を流してきた。20日現在、ウエスタン・リーグでは打率3割4分、51打点と2部門でトップに立つ。7月31日の期限前に支配下契約を決めた鈴木球団本部長は「一塁、三塁と内野も守れる。(シーズン中に)何が起こるか分からないし、バックアップ要員として」と期待を寄せるが、外国人枠の問題もあって即一軍というわけにはいかない。それでもメヒアは「レギュラーとして活躍できるように三塁の守備も強化していきたい」と鼻息を荒くしている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000045-tospoweb-base

     バティに続け! 広島は20日、育成選手のアレハンドロ・メヒア内野手(24)と支配下選手契約を交わしたことを発表した。

     契約金は1150万円、年俸はこの日から新たに410万円プラス出来高(金額は推定)で契約した。今年6月に支配下に昇格したバティスタ同様、6年の長期契約で背番号は96。

     ドミニカ共和国カープアカデミー出身のメヒアは、バティスタとともに一昨季終盤に練習生として来日。昨春には育成選手として契約し、1軍キャンプにも参加。三塁と一塁を守り、確実性とパワーを兼ね備えた打者として期待されていた。2軍で経験を積み、今季はここまで70試合に出場し、打率3割4分、10本塁打、51打点。打率、打点とともに、安打数91本もリーグトップの成績を残す。

     192センチ、102キロの右打ちのスラッガーは「今までの頑張りを認めてもらえることができ、とても幸せです。アカデミーからの道のりは長く、簡単ではなかったですが、努力が実って良かったです。今後は1軍のレギュラーとして試合に出場できるよう頑張っていきます」と喜びのコメント。念願の支配下選手契約に、メヒアは同じ三塁を守れるマギー(巨人)とレアード(日本ハム)の名前を挙げ「両方の長所を取り入れたような選手になりたい」と目標を語った。【前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01858794-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島―中日(2017年7月1日 マツダ)

     広島のエルドレッドが1日の中日戦に6番一塁で先発出場。5―0とリードした5回裏一死から3打席連続本塁打となる21号ソロを放った。

     エルドレッドはこの日、2回に中日先発の小笠原から先制の19号ソロ。続く3回にも20号2ランを放って、迎えた5回に21号ソロを左翼席上段に放り込んだ。すべて投手は小笠原で、左翼席への本塁打だった。

     前日の試合でも本塁打を放っており、2試合で4本塁打を記録。中日・ゲレーロに並んでセ・リーグ本塁打ランキングのトップに躍り出た。

     プロ野球タイ記録のかかった第4打席の7回は空振り三振に倒れた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000106-spnannex-base

     広島期待の規格外新助っ人、サビエル・バティスタ内野手(25)の専門外の外野守備に「合格点」がつき、今後のスタメン起用に期待が高まっている。

     バティスタは6月2日に育成選手から支配下登録され、一軍昇格した翌3日のロッテ戦(マツダ)で代打本塁打。さらに4日の同カードではセ・リーグ史上初となる初打席からの2打席連続代打アーチで衝撃のデビューを飾った。その後はDH制が採用される交流戦のビジターながら、6~8日の日本ハム戦(札幌ドーム)、9~11日の楽天戦(Koboパーク)の6試合のうち5試合を、本職ではない左翼でスタメン出場した。

     河田外野守備走塁コーチは「まずは守りやすい、風のないドームで守らせてみようということ」と狙いを明かし「動き自体悪くない。しっかり守れている」と評価。7日の試合では平凡な飛球に尻もちをつきながらもキャッチするという“神捕球”も見せたが、河田コーチは「あれは足を滑らせただけ。マツダスタジアムと違って人工芝だったし、感覚も違ったのかも」と、外野守備に合格点を与えている。

     ここまで21打数6安打9打点4本塁打で打率2割8分6厘(12日現在)の成績を残しているが、ここ2試合は6打数無安打と音なし。それでも本塁打が出れば負けなしの“不敗神話”は継続中で、高ヘッドコーチも「守備はもともとヘタではないからね。打撃さえよければ(レギュラーも)十分にあるよ」と期待を寄せている。背番号95の外野守備でのメドは立った。ホームで行われる交流戦最後の6連戦、その後再開されるリーグ戦でも、スタメンで大暴れしてくれそうだ。


    引用元 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/696570/

     ◇日本生命セ・パ交流戦 広島4―7ソフトバンク(2017年6月18日 マツダ)

     広島は球団初の交流戦最高勝率の座を逃しても、昨年の勝率・647(11勝6敗1分け)を上回る過去最高・667(12勝6敗)で終え、緒方監督は「我々の野球ができた。1位にはなれなかったけど、自信を持っていいと思う」と前を向いた。

     先発の中村祐がプロ最短の1回2/34失点でプロ初黒星。サファテから2点を返した9回の反撃及ばず、最終決戦に敗れた。「相手の抑えから、あきらめることなく点を取ってくれた」。粘りをたたえた緒方監督は2位の阪神を本拠地で迎え撃つ23日からのリーグ戦再開へ手を打った。

     4試合連続で失点したジャクソンの配置転換だ。畝投手コーチは「今のままで8回を任せるのは苦しい。元のポジションを競争の中で取り戻してほしい」と説明。1軍に残して復調を促す方針で、代わって中崎を8回のセットアッパー、好調の中田や一岡を7回に当て込むことを決めた。交流戦終了時点での貯金16は昨季11を上回るペース。目指す連覇へ歩みは止めない。 (柳澤 元紀)

     ▼広島・加藤(中継ぎで1軍復帰。9回に登板し、最速153キロを記録し3者凡退)自分が投げたいようなフォームで投げられた。後はないと思う。自分の力を出し切らないといけない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000027-spnannex-base

     セ・リーグ首位を走る広島に、新たなヒーロー候補が出現した。ドミニカ共和国出身の25歳、サビエル・バティスタだ。

     彗星のごとく現れた助っ人に「一体何者なんだ!?」という声も多く挙がっているが、実は昨年3月に入団した2年目の選手。カープアカデミーの出身で、昨季は二軍で68試合に出場して打率.243、6本塁打という成績を残した。荒削りではあったが、その飛距離はチームメイトやウエスタンで対戦する他球団の選手も圧倒されるほどのものだったという。

     そして迎えた2017年、荒削りだった原石が輝きを放つ。二軍で39試合に出場し、打率.363、14本塁打、38打点と絶好調。出塁率(.418)も合わせてウエスタン四冠という成績を残し、支配下登録を勝ち取った。

     そして支配下登録が公示され、すぐに一軍登録を受けて迎えた3日のロッテ戦。代打で入ったプロ初打席で右中間に放り込む初本塁打を放つと、その翌日も代打で豪快な一発。初打席からの2打席連続代打本塁打は、セ・リーグ史上初の快挙であった。


     バティスタは2年前の2015年に、広島が運営するドモニカ共和国の「カープアカデミー」に入団。努力が実り、昨年3月に晴れてチームと育成契約を結んだ。

     入団から2年で掴み取った支配下登録。異例だったのはその契約内容だ。契約金は約1120万円(10万ドル)。年俸は約520万円(4万7000ドル)プラス出来高払い(※金額はいずれも推定)となっているが、契約年数が今季を含め6年という長期に及ぶ。

     いくら二軍で絶好調とはいえ、一軍での実績がまったくない若手野手との長期契約に対しては、“異例”とする声の方が多かった。しかし、この裏にはチームが過去に味わった苦い経験があるように思う。


     広島がドミニカ共和国の地に「カープアカデミー」を設立したのは、1990年のこと。球団の経費削減などのため、一時は野手育成を凍結するなどという紆余曲折もあったが、その後野手の育成も再開されて現在に至る。

    引用元 https://baseballking.jp/ns/column/119353

     セ・リーグで首位を走る、広島の大きな原動力は、セ界最強の打撃陣だ。チーム打率、得点、本塁打で他5球団を押しのける。交流戦に入っても圧倒的な攻撃力は健在で、過去に3度の勝ち越ししかない“鬼門”でもチームの勢いは止まらない。

     その中でひときわ歓声が上がるのがエルドレッドだ。スタメン出場時はもちろんのこと、代打で打席に立つと大歓声に包まれる。12年途中に初来日。13年には、初のCS進出がかかった9月25日の中日戦で、浅尾から決勝2ランを放った。「あのホームランが一番、印象に残っている」。14年には本塁打王に輝き今季は、球団の外国人選手としては歴代単独2位となる通算113本目の本塁打を記録した。史上最強の助っ人と呼ばれても違和感がない活躍を見せている。

     記録も去ることながら、豊かな人間性でチームから愛されている。来日当初から接し続けている2人の通訳が、普段着の彼を語ってくれた。松長通訳は第一印象から好感を持ったという。「最初は、大きなビジネスマンが来たんだと思ってしまいました。握手の仕方とか、人の目を見てしっかりと話ができるところとか、すばらしいなと感じました。性格的には本当にやさしいです」。西村通訳は、彼の同じ外国人選手への接し方に関心しきりだ。「外国人選手は日本で成功するために来ている。だから他の外国人選手はライバルなんです。だから自分の持っている情報を伝えたくない。過去にそういう選手はいましたし、もちろん、ライバルだからそういうこともありえる。でも彼は違うんです。投手でも野手であっても、自分の知っていることは全て伝えています」

     通訳という仕事をする上で、助言を求めたこともある。例えば2軍へ降格する場合だ。松長通訳は「もちろん、首脳陣が言う言葉をそのまま伝えるのが大事ですが、日本とアメリカでは受け取り方が違う可能性がある。アメリカでは、どういう感じで言われるのか、聞いたことがあります」と振り返った。この場合はデリケートなことだ。プライドが高い選手もいる。決して誰にでも聞けることではなく、エルドレッドがおおらかな性格だからそできた質問。通訳という仕事を通して、チームを円滑にする術を学んだ。

     今季から新たに異例ともいる2年契約を結び、18年までカープでのプレーが決まった。休日には広島の街を、かつて在籍していた外国人選手から譲り受けた“ママチャリ”で買い物に出掛ける。あの大きな体だけに、ひと目で彼を分かるが、おかまいなしだ。サインを求められれば快く応じる姿が何度も目撃されている。(デイリースポーツ・市尻達拡)


    引用元 https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/06/09/0010265062.shtml

    このページのトップヘ