広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    広島助っ人

    広島県警に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたプロ野球ロッテ前選手のジェイ・ジャクソン容疑者(32)。ロッテを直前に退団し、シーズン中の逮捕となった。


    ジャクソン容疑者は2016~18年に広島でプレーし、セ・リーグ3連覇に貢献した。大リーグ・ブルワーズを経て、今季ロッテに入団した。6月の開幕時から1軍入りし、主力の中継ぎ投手として7月7日まで7試合に登板。3ホールド、1セーブ、防御率3・86の成績を収めていた。  9日、ジャクソン容疑者本人が球団へ契約解除を申し出て、退団した。同日夜、理由や詳細について、松本尚樹球団本部長は「今の時点で詳しく説明できない。改めて説明します」としていた。  この日の深夜、ジャクソン容疑者は自身のSNSを通じて資金援助を求めており、「残念ながら、日本で個人的な問題に直面している。弁護士費用がかさんでおり、チームを退団して大きな痛手になっている」とつづっていた。現在サイトは見られない状態になっている。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ce8137e6b8cc03219c4beaaed94eea66dfe1b641

    大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を自宅に所持していたとし、9日にロッテを電撃退団したジャクソンが10日、大麻取締法違反の疑いで、広島県警に逮捕された。  誰もが認める親日家だった。16年間から広島で3年間プレーしたジャクソンは、昨年はブルワーズに所属し、28試合に登板した。メジャーでも活躍できる実力を持ちながら、今季は再び日本に戻ってロッテに加入した。  2月の石垣島キャンプでは、休日ながら報道陣とともに地元のテーマパークを訪問。「日本の文化を楽しもうと思った」と琉球民謡に合わせて踊り、黄色の琉球衣装にも着替えて記念撮影。飼育されていたリスザルとたわむれる表情は満面の笑みだった。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ba89a43d1d53b8f7dcc8f2a4e8d9b6b5bbec002f

    広島ピレラは積極打法を貫く。開幕から1番に起用され、打率3割3分3厘。5勝3敗1分けの好発進に貢献した。

    9試合で四球はゼロだが「受け身になるとイージーアウトになってしまう。日本人投手に対応するためにはアグレッシブに、積極的に臨んでいかないといけない」と好調の一因と分析。今後も攻撃的スタイルは変えない。 28日の中日戦は三塁で初先発し、1度の守備機会を無難にこなした。「個人的にはレフトの方がしっくりくるけど守備位置、打順がどこであってもチームに求められることをやるだけ」。好発進の流れを継続させる意味でも、当面は「1番三塁」での起用が濃厚だ。

    20200630-26300781-nksports-000-9-view





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/35d984eca00409fde0081c26a82d4979078be230

    <中日3-10広島>◇28日◇ナゴヤドーム 広島新外国人ホセ・ピレラ外野手が2号ソロを含む3安打2打点と暴れた。2回2死二塁から左前適時打を放ち、4回には梅津の変化球を左翼スタンドに打ち込んだ。「良い感触で甘いスライダーを捉えることができた」。

    これまで左翼で出ていたが、この日は来日初の三塁で先発出場を果たした。「自分ができることをしっかりやって、チームの勝利に貢献できるように心がけていきたい」と力を込めた。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/94d6f2a9eda637d742503986348e02c60feac22f

    「広島5-1巨人」(24日、東京ドーム)  広島の守護神テイラー・スコット投手が“横浜の悪夢”を振り払った。

    5-1とセーブが付く場面ではなかったものの九回から登板。岡本、亀井と2者連続三振に仕留めるなど1回無失点で試合を締め、開幕から無傷の4連勝だった巨人を止めた。  開幕3戦目となった21日のDeNA戦では1-0の九回に4連打を浴びた。チームはサヨナラ負けし、ドラフト1位・森下(明大)のプロ初登板初先発初勝利も消えた。

    i-img1200x1200-1556785764dktf1b538609



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/32fcd441feb0566ea7496f53c7780b3d273fe705

    室内練習場での練習前、スコット、DJ・ジョンソン、K・ジョンソンの広島助っ人3投手が集まり、サッカーのリフティングのような動きをしていた。  蹴っていたのは、お手玉に似たボール。「フットバッグ」と呼ばれるスポーツで、芸術的かつ難易度の高い足技をいかに繰り出せるかを競うものだ。代わる代わる蹴る3人だが、なかなか難しそう…。ちょうどいいウオーミングアップにもなるのか、練習が始まるまで楽しんでいた。


    20200616-01908648-tospoweb-000-6-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/1a7d2fc8372e834048ede2e99bccca55b157040a

     昨季西武でプレーした154キロ右腕・デュアンテ・ヒース(34)がBCリーグの富山で再起を図っている。6日には無観客で行われたBC石川とのオープン戦で6回から登板。193センチ、112キロの体格から豪快に投げ下ろし、1イニングを2三振、捕飛に仕留めた。「久しぶりに試合ができてよかった。(無観客で)ファンはいないけれど、いつも通りのオープン戦という感じで投げられました」と明るい表情を見せた。

     14、15年は広島に在籍。昨季は首の周辺を痛めたこともあり、34試合に登板して防御率3・73、2勝3敗の成績に終わった。自由契約となったが「もう一度、日本でプレーしたい。NPBでプレーできると思っているので富山に来ました」。18年春に在籍していたこともあるBC富山で再スタートを切った。チーム最年長となる34歳だが、吉田凌太アシスタントコーチは「練習は一番ストイックで、若い選手の見本になる。選手にアドバイスもしている」。チームメートや首脳陣からの信頼も厚い。

     3月のオープン戦でも登板したが、新型コロナの影響で4月から5月末まで全体練習が自粛となり、自主トレを続けてきた。100グラム~2キロまでの重さのボールを投げ分ける「ドライブライン」と呼ばれる肩の強化トレーニングや、遠投、フォーム作りを継続。時には日本人投手の部屋で筋トレに励むことも。「ピッチャーとしてできることはやってきました」と話す。

     BCリーグは20日に無観客で開幕予定。「目標は毎日、うまくなること。その結果、NPBのチームに引き抜かれれば」とヒース。34歳のベテランが、若手チームメートと共に再び大舞台を目指す。(中田 康博)



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/cd6a56f721fb08c53b11df797edfe64c7cd9322b

    60年ぶりに歴史を塗り替える。広島ホセ・ピレラ外野手(30)が、60年の平山智以来60年ぶり、球団外国人選手では3人目の開幕1番に起用される可能性が15日、高まった。2日に再開した練習試合ではさまざまな打順を試し、1番で適性を示した。延期期間に調子を上げたメヒアとの外国人コンビで新打線をけん引する。


    d52467-250-244288-0




    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ba7c4a8c4c825f2219cd5bae5734b0aac2fcd114

    <練習試合:ソフトバンク9-3広島>◇14日◇ペイペイドーム 広島ホセ・ピレラ内野手が7試合連続安打を記録した。4試合続けて1番で先発。2回1死一、二塁で三遊間を破る左前打で2試合連続打点を挙げた。「得点圏に走者がいたので、走者をかえすことを考えた」。


    4回は走者なしでスライダーを強振。変化球を狙い撃ちして左翼線への二塁打とし、2試合連続の複数安打だ。状況に応じた打撃を披露し、日本で初の開幕に弾みをつけた。

    d52467-250-244288-0



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/1a12a5e651dfe7e09ddc82a3c234c8b357fbc5ca


    ソフトバンク4ー5広島(13日・ペイペイD)  広島はソフトバンクに鮮やかな逆転勝ちを収めた。1―4の5回に打線がつながり、相手先発・和田を攻略。1死満塁から西川の2点二塁打、鈴木誠の犠飛で追いつき、メヒアが勝ち越し打を放った。  1番起用のピレラにも一発。4回4失点の先発・床田は開幕2戦目へやや不安を残したが、リリーフ陣に一定のメドが立った。1点リードの終盤は菊池保、フランスアスコットで無失点リレー。泣きどころだった勝ちパターンが固まっただけでなく、5回は今村、6回は中崎と9日に1軍合流した実績あるコンビがともに無失点と結果を出した。


    d52467-250-244288-0

    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/960d8056d87a4977fc4e50d7a84ab13002f96b34

    このページのトップヘ