広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

     日本野球機構は15日、「フレッシュオールスターゲーム2017」(7月13日・静岡草薙球場)の出場推薦選手89人を発表した。


     イースタン・リーグでは、藤平尚真(楽天)、今井達也(西武)、佐々木千隼(ロッテ)、堀瑞輝(日本ハム)、寺島成輝(ヤクルト)、吉川尚輝(巨人)と今年のドラフト1位選手がズラリ。ウエスタン・リーグも、加藤拓也(広島)、山岡泰輔(オリックス)、大山悠輔(阪神)といったドラフト1位入団の面々が推薦された。

     推薦選手は「出場資格、出場の可能性がある」選手の中から球団が推薦した選手となり、出場が決定しているものではない。

     出場選手は、推薦選手を中心に、12球団2軍監督、各リーグ運営委員長、幹事長、セ、パ・リーグ統括が選考。各リーグ21名ずつが6月30日に発表される。

     各球団の推薦選手は以下の通り(△は新人選手、※は静岡県出身選手)

    【ウエスタン・リーグ】
    ○ソフトバンク
    投手:※小澤怜史、△古谷優人
    捕手:栗原陵矢、△九鬼隆平
    内野手:茶谷健太、△三森大貴、曽根海成

    ○中日
    投手:△丸山泰資、△笠原祥太郎、△藤嶋健人、△木下雄介、吉田嵩
    内野手:△石垣雅海、石岡諒太
    外野手:渡辺勝

    ○阪神
    投手:△小野泰己、△才木浩人、△福永春吾
    捕手:△長坂拳弥
    内野手:△大山悠輔、植田海

    ○広島
    投手:△加藤拓也、高橋樹也、辻空、中村祐太
    捕手:△板倉将吾
    内野手:※桑原樹、X.バティスタ、A.メヒア

    ○オリックス
    投手:△山岡泰輔、青山大紀、△黒木優太、吉田凌、佐藤世那
    内野手:宗佑磨、△岡崎大輔、吉田雄人





    引用元 https://full-count.jp/2017/05/15/post68639/

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が27日、マツダスタジアムで行われた試合前練習に参加。今季4度目となる28日・DeNA戦(横浜)の先発に向けてキャッチボールやダュシュなどで汗を流した。

     前回21日のヤクルト戦(神宮)では6回3失点で2敗目を喫した。この日は、メガネを掛けてグラウンドに登場。「今日買ってきました。前回の登板でサインが見えづらかったので、応急処置です」と万全の状態を整え、2勝目を狙う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000111-dal-base

     本拠地マツダスタジアムで初登板した広島の床田は、三回までは一人も走者を出さなかったが、四回に2点を失って降板。プロ初黒星を喫した。試合中に左肘に違和感が生じ、首脳陣からストップがかかったそうで、「いい感じでいけたが…。悔しい気持ち。次回登板は分からない」とうつむいた。20日にも病院で検査を受けるという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000161-jij-spo

     昨年の王者・広島が今年も好調だ。開幕15試合を11勝3敗1分で乗り切り、貯金は早くも8つ。安定した強さで今年も首位を走っている。

     広島の下馬評はと言うと、「昨年は出来すぎ」という声も少なくなく、また投手陣の精神的支柱を担った黒田博樹がユニフォームを脱いだことで、“黒田ロス”に陥るのでは...という心配も指摘されていた。

     ところがフタを開けてみると、ここまでのチーム防御率は3.04でリーグトップ。黒田が抜けた先発陣はここまでリーグトップのイニング数98回1/3を記録し、それでいて防御率はリーグ2番目の3.39と安定したパフォーマンスを披露している。

     先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00112817-baseballk-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島のルーキーが鮮烈デビューを飾った。本拠地でのヤクルト3連戦では、ドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)が、あと2死でノーヒットノーランという9回途中1失点デビュー。5日の中日戦(ナゴヤドーム)で一足先にデビューしたドラフト3位の床田寛樹投手(22=中部学院大)も7回途中3失点と好投した。さぞ、刺激しあっていると思いきや、キャラもスタイルも正反対の2人だ。


     床田はあっけらかんと「ほんまにノーノーやってくれって思ってました。めっちゃ応援してて、途中で自分、ファンと一緒やなと思いました」と笑った。試合後には1軍の寮に引っ越してきた加藤と2人「頑張ろうな」と語り合った。「加藤の好投で自分が落ちるかもしれないけど仕方ないです。もっとレベル上げたい」と続けた。

     2人の共通点はコンタクトレンズだ。床田がオープン戦で捕手のサインが見えずにミス。加藤もデビュー戦で直球のサインを見落として変化球を投げた。「あれ見た瞬間、はい、眼科と思いました」と床田。床田の予想通り、翌日に加藤は眼科に向かった。デコボコかつ相性ぴったりの2人。広島の未来は、視界良好だ。【広島担当 池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-01805287-nksports-base

    <巨人5-9広島>◇12日◇東京ドーム

     広島が引き分けを挟んで9連勝。貯金を8とし、開幕から4カード連続の勝ち越しを決めた。先発のドラフト3位床田寛樹投手(22=中部学院大)が7回5失点でプロ初勝利をマークした。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

     -床田が好投

     緒方監督 今日は床田でしょう。前回もしっかりゲームをつくってくれたけど。今日も初回に打たれた後、しっかり粘ってくれた。

     -先制された後の投球

     緒方監督 本塁打を打たれた後も、変わらずに投げきれたよね。緩急を使えた。両コーナーを使えて、あの子の投球には幅がある。3ランも打たれたけど、その後もしっかり投げられた。そういう姿をこっちとしては見ていきたいよね。

     -6回以降も続投させた

     緒方監督 5回で5失点だから、勝ちに行く身としては継投も考えるところ。でも四球を出すわけでもないから。球数も少ないし、7回で97球だからね。あの3点がなかったら完投ペース。こっちとしては引っ張って、見てみたかった。その先の投球をね。彼はそこで崩れることなく見事に投げきった。そこが先発投手として、彼のまた新しい評価につながるよね。

     -攻撃陣も圧巻

     緒方監督 カントリー(エルドレッド)と新井サンが目の覚めるような本塁打を打ってくれて、お見事。びっくりしたよ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-01806672-nksports-base

    ● 巨人 5 - 9 広島 ○
    <2回戦 東京ドーム>

     広島の床田寛樹が、7回を5失点ながらもプロ初勝利を挙げた。

     床田は初回、阿部慎之助に先制2ランを浴びたが、2回から4回までは三者凡退に抑える。打線も2回に2点、3回に4点を奪い勝ち越しに成功。床田は5点リードの5回に代打・村田修一に3ランを浴びたが、6回と7回はテンポの良いピッチングで無失点に抑え、7回を97球5安打5失点という投球内容だった。

     ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた石井一久氏は「インコースの真っ直ぐ、スライダー、外へのフォークボールが素晴らしい。力強いボールを投げていたので5点取られたようなピッチングに見えなかった」と絶賛していた。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00112196-baseballk-base

     広島は11日、巨人9-5に勝利し、引き分けを挟んで9連勝で首位攻防3連戦の勝ち越しを決めた。初回に2点を先制されるも、新井とエルドレッドが揃って2打席連続本塁打。8回には代打・堂林の2点二塁打も飛び出した。ドラフト3位ルーキーの床田が7回5失点でプロ初勝利。巨人は阿部が先制2ラン、村田が代打で1号3ランを放ったが、先発・内海が3回4被弾6失点と誤算だった。

     前日の3連戦初戦を落とした巨人は初回、阿部がリーグトップの5号2ランを放ち、先制に成功する。しかし、広島打線は2回。先頭の新井が内海からレフトスタンドへソロ本塁打。今季2号で1点差とすると、1死からエルドレッドが左中間スタンドへ豪快なソロ本塁打を放ち、同点に追いついた。

     さらに、3回は1死から前日5安打の菊池がツーベースで出塁。暴投と丸の四球で1死一、三塁となり、新井は1ボールからカットボールをライトスタンドへ運んで勝ち越しの3ランとした。そして、2死走者なしとなってからエルドレッドはライトへソロ本塁打。主砲2人の“アベック2打席連続弾“であっという間に4点リードとした。内海は4被弾6失点で3回KOとなった。

     広島は5回にもエルドレッドが宮國からタイムリーを放ち、5点差とする。一方、巨人はその裏に1死二、三塁とチャンスを作り、宮國の代打で村田を送る。開幕からレギュラー落ちが続く大砲は、レフトポール際に運ぶ3ラン。意地の今季1号で2点差に追い上げた。さらに、ここから村田が三塁に入り、マギーが二塁にまわる超攻撃的布陣を敷いた。

     それでも、プロ2戦目のマウンドとなった広島の先発・床田が粘る。阿部、村田に一発を浴びて5失点も、6回は2死からマギーに四球を与えながら長野は一ゴロで3アウト。7回もマウンドに上がり、脇谷を空振り三振、小林を三ゴロ、村田を二ゴロと3者凡退に抑えて、97球でマウンドを降りた。

     広島は8回、1死二、三塁の好機を作ると、代打の代打で登場した堂林が山口から左中間へツーベース。貴重な2点を加える。8回はジャクソン、9回は薮田と繋いだ広島がそのまま9-5で勝利。開幕戦で敗れたものの、その後は引き分けを挟んで9連勝と圧倒的な強さを見せており、2位巨人とは3ゲーム差とした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00010021-fullcount-base

     昨年のリーグ覇者・広島が強い。3月31日の開幕戦こそ阪神との打撃戦の末に屈したが、4月1日の2戦目で5時間24分にも及ぶ延長戦を制して今季初勝利を挙げて以降、引き分けを挟んで7連勝。7勝1敗1分と6つの貯金を作って早くも単独首位に躍り出た。開幕投手を務めたジョンソンが咽頭炎で1軍出場選手登録抹消となった中での大型連勝だけに、なおさら価値がある。

    【写真】あわやノーヒットノーラン! 加藤拓也の快投

    【広島7連勝の跡】

    ・4月1日 阪神2回戦(マツダ)   ○9-8(延長10回)

    ・4月2日 阪神3回戦(マツダ)   ○9-1

    ・4月4日 中日1回戦(ナゴド)   ○7-1

    ・4月5日 中日2回戦(ナゴド)   △3-3(延長12回)

    ・4月6日 中日3回戦(ナゴド)   ○5-3(延長11回)

    ・4月7日 ヤクルト1回戦(マツダ) ○4-1

    ・4月8日 ヤクルト2回戦(マツダ) ○2-1

    ・4月9日 ヤクルト3回戦(マツダ) ○6-2

     打って良し、守って良し、走って良し、相手のミスに付け込んでで良し-。投打のバランスが取れての7連勝を、広島OBの野球評論家・横山竜士氏は「本当に強い?と感じました」と振り返る。  

    「去年は新井や鈴木を筆頭にした打線爆発のイメージが強かったですが、この7連勝は決して打って勝ったのではなくて、走塁を含めた小さなプレーを積み重ねて勝ち切った、という印象が強い。これが“緒方野球”だと思いますね」

    横山氏が「強い」と感じた象徴的なシーンが、6日の中日3回戦(ナゴド)にあった。守護神・中崎が同点に追いつかれ、2試合連続延長戦に突入。追いついた中日に流れが向き始めた延長11回、1死から3連打で満塁の勝ち越し機をつかんだ。ここで4番・新井が右翼へフライを打ち上げ、三塁走者・田中が決勝点となる本塁を踏んだ。右翼・平田からの送球をカットした一塁・ビシエドが一塁走者・丸を挟む間に、三塁に達していた菊池が快足を飛ばして生還。この回、貴重なダメ押しの2点目を挙げた。

     「うまく“挟まれた”丸と、それを見て本塁に駆け込んだ菊池の好連係が光りました。菊池は打撃面では決して調子が良くないんですが、こんな走塁や守備でチームに大きく貢献しています。週末のヤクルト3連戦でも重盗で先取点を奪ってますし、相手にとってこんな嫌らしいチームはない。単に打って勝つよりインパクトがありますよ」

     広島らしい機動力が随所に見られた7連勝だったわけだが、その裏には若手投手陣の“競争原理”が働いている。5日の中日2回戦(ナゴド)でプロ初登板初先発で7回途中まで3失点に抑えたドラフト3位・床田の好投から始まり、今季先発再転校となった4年目・大瀬良の力投。さらに7日のヤクルト1回戦(マツダ)ではドラ1位・加藤が九回2死までノーヒットノーランの快投でプロ初先発初勝利を挙げた。体調不良のジョンソンの穴を完全に埋めて余りある1勝が、翌日(8日)の岡田の147球へとつながっていく。「新人2人の好投が、他の投手にいい影響を与えています。ドラフト1位だった大瀬良や岡田の“負けじ魂”に火がついたと思うし、現在2軍調整中の福井も燃えているはずです。昨年は野手陣の競争が激しかったですが、今年は投手陣。いい意味での相乗効果が今後も見込めます」。横山氏の言う通りなら、早晩広島は“投手王国”になるはずだ。

     11日(火)からは東京ドームで2位・巨人との首位攻防戦が始まる。先陣はその若手投手陣の親分格・野村。相手のエース・菅野を倒して8連勝となれば、広島は早々に独走態勢に入る。 (デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000054-dal-base

    このページのトップヘ