広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

     広島の2016年ドラフト3位の床田(とこだ)が復帰への道を歩んでいる。今季は開幕ローテ入りし、4月12日の巨人戦で早々に初勝利を挙げたが、左肘を痛め、7月に左肘靱帯(じんたい)再建手術を受けた。

     リハビリの経過は順調で、今月中にはキャッチボールを再開できる見込み。左腕は「無理をしてはいけないから、焦る気持ちを押し殺してやってます。しっかり治して頑張りたい」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000034-sph-base

     広島・床田寛樹投手(22)が8日、広島県廿日市市内の大野練習場で契約更改交渉に臨み、現状維持の700万円でサインした(金額は推定)。

     プロ1年目の今季は開幕ローテ入りを果たすと3試合に登板し、1勝1敗、防御率5・19。4月12日・巨人戦でプロ初勝利を挙げるも、4月中旬に左肘の違和感を発症。7月27日に「左肘関節内側側副靱帯(じんたい)再建術・尺骨神経はく離術」の手術を受けた。

     床田は「今が大事。無理したらダメと言われているので、ケガをしっかり治して頑張りたい」と力を込めた。リハビリの経過は順調で、今月中旬にもキャッチボール再開できる見込みだ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000112-dal-base

     広島は28日、ドラフト3位の床田寛樹投手(22)が27日に群馬県内の病院で左肘関節の手術を受けたと発表した。

     手術の内容は「左肘関節内側側副靱帯(じんたい)再建術・尺骨神経剥離術」で、復帰まで8~10か月を要する見込み。松原チーフトレーナーは「保存療法も念頭にあったが、長い目で見たときに再発の可能性も考えられた。年齢的にもこれから長いから」と、手術に踏み切った理由を説明した。

     床田は開幕ローテ入りし、登板2試合目の4月12日の巨人戦(東京D)でプロ初勝利。同19日のDeNA戦(マツダ)で登板した後、患部の違和感を訴え、20日に「左肘内側筋筋挫傷」で出場選手登録を抹消されていた。今後は来季の早い時期の復帰を目指してリハビリを行う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000112-sph-base

     日本野球機構は15日、「フレッシュオールスターゲーム2017」(7月13日・静岡草薙球場)の出場推薦選手89人を発表した。


     イースタン・リーグでは、藤平尚真(楽天)、今井達也(西武)、佐々木千隼(ロッテ)、堀瑞輝(日本ハム)、寺島成輝(ヤクルト)、吉川尚輝(巨人)と今年のドラフト1位選手がズラリ。ウエスタン・リーグも、加藤拓也(広島)、山岡泰輔(オリックス)、大山悠輔(阪神)といったドラフト1位入団の面々が推薦された。

     推薦選手は「出場資格、出場の可能性がある」選手の中から球団が推薦した選手となり、出場が決定しているものではない。

     出場選手は、推薦選手を中心に、12球団2軍監督、各リーグ運営委員長、幹事長、セ、パ・リーグ統括が選考。各リーグ21名ずつが6月30日に発表される。

     各球団の推薦選手は以下の通り(△は新人選手、※は静岡県出身選手)

    【ウエスタン・リーグ】
    ○ソフトバンク
    投手:※小澤怜史、△古谷優人
    捕手:栗原陵矢、△九鬼隆平
    内野手:茶谷健太、△三森大貴、曽根海成

    ○中日
    投手:△丸山泰資、△笠原祥太郎、△藤嶋健人、△木下雄介、吉田嵩
    内野手:△石垣雅海、石岡諒太
    外野手:渡辺勝

    ○阪神
    投手:△小野泰己、△才木浩人、△福永春吾
    捕手:△長坂拳弥
    内野手:△大山悠輔、植田海

    ○広島
    投手:△加藤拓也、高橋樹也、辻空、中村祐太
    捕手:△板倉将吾
    内野手:※桑原樹、X.バティスタ、A.メヒア

    ○オリックス
    投手:△山岡泰輔、青山大紀、△黒木優太、吉田凌、佐藤世那
    内野手:宗佑磨、△岡崎大輔、吉田雄人





    引用元 https://full-count.jp/2017/05/15/post68639/

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が27日、マツダスタジアムで行われた試合前練習に参加。今季4度目となる28日・DeNA戦(横浜)の先発に向けてキャッチボールやダュシュなどで汗を流した。

     前回21日のヤクルト戦(神宮)では6回3失点で2敗目を喫した。この日は、メガネを掛けてグラウンドに登場。「今日買ってきました。前回の登板でサインが見えづらかったので、応急処置です」と万全の状態を整え、2勝目を狙う。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000111-dal-base

     本拠地マツダスタジアムで初登板した広島の床田は、三回までは一人も走者を出さなかったが、四回に2点を失って降板。プロ初黒星を喫した。試合中に左肘に違和感が生じ、首脳陣からストップがかかったそうで、「いい感じでいけたが…。悔しい気持ち。次回登板は分からない」とうつむいた。20日にも病院で検査を受けるという。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000161-jij-spo

     昨年の王者・広島が今年も好調だ。開幕15試合を11勝3敗1分で乗り切り、貯金は早くも8つ。安定した強さで今年も首位を走っている。

     広島の下馬評はと言うと、「昨年は出来すぎ」という声も少なくなく、また投手陣の精神的支柱を担った黒田博樹がユニフォームを脱いだことで、“黒田ロス”に陥るのでは...という心配も指摘されていた。

     ところがフタを開けてみると、ここまでのチーム防御率は3.04でリーグトップ。黒田が抜けた先発陣はここまでリーグトップのイニング数98回1/3を記録し、それでいて防御率はリーグ2番目の3.39と安定したパフォーマンスを披露している。

     先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00112817-baseballk-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     広島のルーキーが鮮烈デビューを飾った。本拠地でのヤクルト3連戦では、ドラフト1位の加藤拓也投手(22=慶大)が、あと2死でノーヒットノーランという9回途中1失点デビュー。5日の中日戦(ナゴヤドーム)で一足先にデビューしたドラフト3位の床田寛樹投手(22=中部学院大)も7回途中3失点と好投した。さぞ、刺激しあっていると思いきや、キャラもスタイルも正反対の2人だ。


     床田はあっけらかんと「ほんまにノーノーやってくれって思ってました。めっちゃ応援してて、途中で自分、ファンと一緒やなと思いました」と笑った。試合後には1軍の寮に引っ越してきた加藤と2人「頑張ろうな」と語り合った。「加藤の好投で自分が落ちるかもしれないけど仕方ないです。もっとレベル上げたい」と続けた。

     2人の共通点はコンタクトレンズだ。床田がオープン戦で捕手のサインが見えずにミス。加藤もデビュー戦で直球のサインを見落として変化球を投げた。「あれ見た瞬間、はい、眼科と思いました」と床田。床田の予想通り、翌日に加藤は眼科に向かった。デコボコかつ相性ぴったりの2人。広島の未来は、視界良好だ。【広島担当 池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-01805287-nksports-base

    このページのトップヘ