広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

     広島の床田寛樹投手(24)が早くも来季に燃えている。今季は自己最多の25試合に登板していずれも自己最高の7勝6敗、防御率2・96の成績を残した。

     ルーキーイヤーの2017年に2度目の先発登板でプロ初勝利を挙げた直後に左ヒジ手術で戦線離脱。今季は故障から復帰して初めてのシーズンとなったが、4月に4戦全勝してオールスター戦にも初選出された。後半戦、なかなか勝ち星に恵まれなかった床田は「最初にこれだけ勝てたなら、後半はもっとやれたんじゃないかなと思っています」と振り返る。

     規定投球回まで3回1/3足りず「スタミナ面とか弱いなと思った」と課題を口にする床田は「それ(弱い部分)をしっかり強くすれば、今年より一試合でも強い球が投げられるんじゃないかと思う」。来季はフル回転を目指す若き左腕だが、飛躍した姿を見せたい恩師がいる。前監督の緒方孝市氏(50)だ。

     今季開幕前の決起集会でのこと。床田は開幕2戦目に投げることを緒方監督から告げられ、不安な気持ちを思わず吐露。すると前監督から「床田は目の前の試合しか見ていない。143分の1と考えたらプレッシャーはない」と言われたという。「これで負けたら優勝を逃すとか、負けたらシーズンが終わるという試合に比べたら、こんなもんじゃない」。そんな指揮官の言葉を受けた床田は「『確かに』と思って気が楽になった」と明かす。

    「結果を残さなきゃすぐ落とされると思っていた」という床田は先発ローテーションの一角として大きな期待を寄せられていることを自覚。これが今年の成長につながったという。緒方氏は今季限りで退任したが「成長したところは見せたいなと思います」と誓う背番号28は恩返しの大活躍を見せることができるか。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000020-tospoweb-base

     広島・大瀬良大地投手と床田寛樹投手が26日、野村祐輔投手の残留を喜んだ。

     野村はこの日、会見を行い、国内FA権を行使せずカープに残留すると表明した。会見場の後方から先輩の残留表明をのぞき見。床田は「良かったです。『どうするんですか、残留でしょ?』と100回ぐらい聞いてました。主力が残ってくれたので、また来年も戦える」と満面の笑み。

     1週間ほど前に長文LINEで残留を願っていた大瀬良は「僕の場合は大学に入った頃からお世話になっているので。よく面倒を見てもらったし、特別な存在です」と感慨深げ。「2人で引っ張っていけるように頑張っていきたい」と共闘を誓っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000139-dal-base

     広島・床田寛樹投手(24)が23日、来季1年間ローテで戦い抜くための「肉体改造計画」を明かした。今季は7勝を挙げるなどチームに貢献したが、体力面の足りなさも痛感。今後はウエートトレを主に体を強化していく。己と向き合い、充実の時を刻む。

     床田は真っすぐ前を見て、やるべきことを明確に示した。17年に受けた左肘のトミー・ジョン手術から復活し、初めてフルで駆け抜けた3年目シーズン。「今年1軍で投げさせてもらって、何が足りないか分かったと思う」とうなずき、肉体改造で己の体をいじめ抜く考えを明かした。

     「しんどいですけど、ウエートとランニングの両方、特にウエートですかね。(体が)1年間持たなかった。この秋しっかり頑張って、ちょっとでも長く(シーズン中の)トレーニングを落とさずにできるようにしたい」

     今季は開幕ローテに入り、3、4月で4勝を挙げるなど7勝6敗で防御率2・96。規定投球回まで3回1/3届かなかったが、確かな存在感を示した。それでも「途中から疲れが出て(登板までの)メニューをこなせないことが多かった」と振り返る。夏場には2軍降格もあった。1年間ローテで安定した仕事を果たす難しさや、体力面の足りなさを痛感した。

     特に下半身を強化ポイントに挙げる中、まずは柔軟性から身につける。体が硬いことでスクワットのメニューができないなど、可能なウエートトレが限られていた。「ストレッチとかの柔軟をちゃんとして、できる種目が増えれば、伸びしろも、やることも多くなると思う」と見据えた。

     現状取り組む種目にもより力を注ぐ。「ちょっとでも重いのを持って可動域を出す。そうすれば柔軟も出てくると思うので、重いものをやれる範囲でやろうと思います」。ウエートトレを着実に進め「体脂肪を落として筋肉を増やしたい」と現在23%の体脂肪を減らしていく考えだ。

     秋季キャンプにも参加予定の左腕。現状では紅白戦に登板しない予定だが「できることをやろうと思います」と力を込めた。「まずはローテーションを取るところから始める」。ドラフト1位で投手の森下(明大)が指名され、ローテを争うライバルも増える。心身ともにさらにたくましくなり、プロ4年目へと向かう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000019-dal-base

     広島は14日、マツダスタジアムで秋季練習を再開した。投手陣は長時間のランメニューを課せられるなど、11月2日開始予定の秋季キャンプ(宮崎・日南市)の“地獄ぶり”を予感させられる第2クール初日となった。

     グロッギーな表情で外野フェンス際を走る投手陣。見守った佐々岡真司監督(52)は「体力ねえなあ!」とゲキを飛ばした。第1クール最終日の12日までは比較的、楽なメニューが続いたが、この日から急にハードにギアチェンジ。右翼と左翼のポール間片道6本、そして往復2本のダッシュを課した。

     現役時代は練習嫌いだったという説もある新指揮官。「秋(のキャンプ)は結構やらされる…というとアレだけど(ランメニューが)多いときは多かった。(ランメニューを含むウォーミング)アップだけで3時間。午前中はアップだけということもあったよ。今とは時代が違うね」と振り返ったが、それはそれ。「秋は時間がいっぱいある。やることは多いよ」と自身の現役時と同様、秋季キャンプで投手陣に厳しい下半身強化を課すことを予告した。

     床田寛樹投手(24)は息も絶え絶え。絶望的な顔で「しんどいです。でも(秋季)キャンプになったら、これの3倍は走ると思う」とつぶやいた。中部学院大時代は練習嫌いで有名だったというが、それでも「強化トレーニングに耐えられる足腰づくりです。まずはランニングです」と、この日からキツくなったメニューも“地獄”を乗り越えるためには必要だと分かっている。

     「ナニナニの花、って言うじゃないですか。(監督やコーチに)見てもらえるだけでもマシだと思ってやらないと」。おそらく「言われるうちが花」と言いたかったのだろう。今季の7勝6敗、防御率2.96から来季の飛躍へ。佐々岡監督期待のホープは、秋も休んでいられない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000147-sph-base

     広島の高橋昂也投手(21)が13日、復活に向けまた一歩、階段を上った。廿日市市の大野練習場で、2月に左肘のトミー・ジョン手術を受けて以降、初めて傾斜を使い投球練習を行った。

     通常のマウンドから半分の傾斜にした“ハーフマウンド”に上がると、沢崎3軍投手コーチを相手に8割の力で20球を投げた。「久しぶりだったので、すごく気持ちが良かった。思っていた以上に投げられた」と目尻を下げた。

     7月中旬にキャッチボールを再開。投げる距離を徐々に伸ばしていき、ようやくこの日にこぎつけた。リハビリは順調そのもの。今後2週間は週に2度のペースで投げる。その後は試合で使うマウンドに上がる予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000035-dal-base

     監督就任が濃厚となった佐々岡ピッチングコーチ。その決め手は、カープを愛し、愛されてきた生え抜きOBとしてのプロ野球人生にあります。

     1990年、ドラフト1位で入団。

     「小さいころからの夢、憧れ。」(佐々岡真司投手・当時)

     山本浩二監督の前で、こう語った青年は、スライダーを武器に、先発・中継ぎ・抑えとフル回転します。

     印象深いのが、10年目で達成したノーヒット・ノーラン。投球の幅を広げ、のちの大勲章につなげます。

     「100勝100セーブを達成。」(当時の実況)

     「どのポジションでも投げようと思ってました。結果として100セーブができて、うれしいです。」(佐々岡真司投手・当時)

     18年の現役生活を終えると、RCCの野球解説者として活躍。グラウンドの外で7年間を過ごしました。

     「カープ野球はピッチャーを中心として守り勝つ野球。」(解説者時代の佐々岡真司さん)

     2015年、再びユニフォームに袖を通すと、今シーズンからは一軍のピッチングコーチとして緒方監督を支えました。

     佐々岡コーチは、実績にこだわらず、ファーム時代からの教え子たちを積極的に起用。2年ぶりに復活勝利を挙げた床田や、先発へ配置転換し、勝利を挙げたアドゥワ、そして、山口や遠藤といった、将来のエース候補たちに「勝つ喜び」を経験させました。

     「楽しみな選手のひとり…」(佐々岡真司コーチ)

     素顔の佐々岡コーチは温厚でムードメーカー的な側面もあり、鈴木球団本部長は「人柄は言うことない」と評価。監督として、まず、「チームが勝つこと」、そして、「投手陣の底上げ」を期待しているということです。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00362800-rccv-l34

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ11-3全パ」(13日、甲子園球場)

     初の球宴出場となった広島・床田寛樹投手(24)が手記を寄せた。この日は球宴初登板も果たし、1回を2安打無失点。10-3の七回に4番手で登板し、1死一、二塁のピンチを招いたが、近藤を直球で遊ゴロ併殺打に仕留めた。床田は今季、開幕からローテに入り、17年の左肘のトミー・ジョン手術からの復活星を挙げるなど前半戦は5勝5敗、防御率3・03をマーク。ここまで歩んできた野球人生などを振り返った。

      ◇   ◇

     オールスター初めての登板(1回無失点)で、ストライクは投げられたので良かったです。緊張は全然しなかったです。ヒットもあまり思い切り捉えられていなかったですし、併殺打も取れて持ち味は出せたと思います。リリーフカーにも初めて乗りましたが、一回乗ってみたいと思っていたので良かったです。

     前半戦を振り返ると、正直ここまで先発ローテを守れるとは思わなかったです。最初は1カ月頑張ろうと。1カ月やったら、また1カ月頑張ろうとやっていたので。結果的に前半戦は最後までいられて良かったですね。

     ただ5月、6月は全然勝てなかったです。4月で4勝させてもらって、そこから終わってみたら5勝。相手も研究してくるので、前まで打ち取れた球がヒットを打たれたりというのはありました。ちょっとでも甘く入ったら打たれる。勝つ難しさを痛感しました。

     これまでの野球人生で挫折はなかったですが、最も覚えているのが楽天戦(6月14日、1回2/3で7失点)です。あそこまで本塁打を打たれたのは初めて(5被弾)。今まで右打者の内角に思い切り投げた球はあまり打たれた記憶がなかったので。それを全部打たれたのでショックでした。野球で悔しくて泣いたのも初めてでしたね。ああいう大量失点をなくせば防御率もある程度改善できて、イニングも増やせると思います。

     カード頭に投げていた時期はエース級の投手と当たり、いい経験になったと思います。西さん(阪神)や今永さん(DeNA)、千賀さん(ソフトバンク)-。途中からですが、相手の投手がどういう間を取りながら投げているかなどを見させてもらいました。勉強になりました。

     15日から後半戦です。1試合ずつ頑張ろうとずっと思ってやっていますが、長い回を投げたいという思いはあります。中継ぎの方にいつも助けてもらっていて、先発がしっかり投げれば最小限で済むと思うので。

     長い回を投げるということは信頼もあると思います。たぶん僕が6回1失点(6月30日・DeNA戦)の時も大瀬良さんだったら、もっと投げていたと思います。そう考えたらもっといっぱい抑えて、信頼を勝ち取っていきたいです。1年、2年で信頼されるというのはないと思いますが、積み重ねですからね。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000035-dal-base

     「マイナビオールスターゲーム・第1戦、全セ3-6全パ」(12日、東京ドーム)

     初の球宴出場となった広島・床田寛樹投手(24)が手記を寄せた。今季は開幕からローテに入り、17年の左肘のトミー・ジョン手術からの復活星を挙げるなど前半戦は5勝5敗、防御率3・03をマーク。ここまで歩んできた野球人生などを振り返った。


      ◇  ◇

     こんにちは。床田寛樹です。初めてのオールスター出場。17年に左肘をケガしてずっと何もできなかったので、想像もできなかったです。緊張しますね。でもいろんな人が話し掛けてくれました。今永さんからは「大学の時に試合をしたよね」と。藤川球児さんは、僕が無名な若手なのに手術をしていたことを知ってくれていて、めちゃくちゃ感動しました。

     オールスターはトップレベルの人たちが楽しんでやっているイメージ。学生の頃は、投手では杉内(俊哉)さんが好きでした。

     投手はキツい時の方が多かったですが、小学生の時は楽しかったです。野球を始めたのは小1。兄がチームに入っていたからです。他の人より球が速くて、投手をやりました。兵庫県大会のダブルヘッダーでは、2試合連続完全試合もありました。僕の全盛期です(笑)。

     中学では硬球に手間取りました。小学生の時の遠投は約80メートルでしたが、中学では約50メートル。身長が伸びず球も遅くなり、投手は5試合ぐらい。外野で出てました。高校の推薦もなく、一般入試で箕面学園に入りました。

     硬球や距離感に慣れたのは高2。高校入学時に約150センチだった身長が、2年生から一気に170センチぐらいまで伸びたからです。中部学院大では体ができてきて、高校で130キロも出ないぐらいの球速が、148キロまで急に伸びました。そこがプロへの転機だと思います。

     野球をやってきて、父をすごい尊敬してます。小学生の時は調子が悪ければ「外でシャドーピッチングしてこい」などと言われ、「ちゃんと前を向いて投げろ」とも教わりました。アドバイスをもらうと次の日に本塁打を打ったり、完封をしたりとそのたびに結果が出てました。

     本当に野球を辞めたいなと思ったこともありました。高校の時に練習がしんどかったからです。でも親が怖いのと、僕が高校の時に兄が野球を辞めて、父がめちゃくちゃショックを受けていたと母から聞いて。これで僕も辞めたら…と。カープにも入れて感謝しています。父は甲子園での第2戦に来ると言っていたので、見てもらえればなと思います。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000031-dal-base

     広島・島内颯太郎投手(22)が4日、「みやざきフェニックス・リーグ」(7日開幕)で変化球を徹底的に磨く意欲を示した。「勝ちの試合でどれだけ投げられるかが大事。七、八、九回の中を任されるようになりたい」と来季の目標を持つ右腕。そこに向けても明確な課題を口にした。

     「カウントをしっかり取ること。決め球の変化球を覚えること。(変化球)全てにおいて狙ったところに投げられれば、すごく投球が楽だと思う」

     1年目の今季は中継ぎで25試合に登板し、0勝0敗、防御率4・40。開幕4戦目の4月2日・中日戦など、一時は僅差のリード時での登板もあった。しかし、「今年の自分の投球は、配球ができるような状態ではなかった。困った時に真っすぐとなっていた」と課題を自覚する。

     武器の直球を生かすためにも変化球の精度アップは重要だ。カウントを取る球ではスライダーやチェンジアップ、決め球ではフォークという持ち球を向上させる。「実戦で投げていくのが一番、感覚をつかめると思う。『違うな』と感じれば、握りも変えたりしたい」とうなずいた。

     この日は大野練習場で2軍練習に参加し、ブルペンで48球を投げた。「秋でつかむか、つかまないかで、春のスタートも違うと思う。今のうちにいい感覚をつかみたい」。研さんを積み、自在な変化球を手にする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000037-dal-base

    このページのトップヘ