広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    床田寛

    <オープン戦:DeNA1-0広島>◇20日◇横浜

    広島床田寛樹投手(24)が20日のDeNA戦(横浜)で5回6安打1失点と好投し、開幕準備を完了した。4番筒香からストレートとカーブで連続三振を奪うなど、リーグ屈指の強力打線から計7奪三振。打線の援護がなく負けがついたが、首脳陣の信頼をまた深めた。開幕2カード目の4月3日中日戦(ナゴヤドーム)に先発する見込み。ジョンソンと並ぶ左の柱として、チームをリーグ4連覇へ引っ張っていく。



      ◇    ◇    ◇

    床田は渾身(こんしん)の148キロを投げ込んだ。外角いっぱいを狙ったが、真ん中に入った。それでも筒香のバットに空を切らせるには十分だった。1回2死一塁から、文句なしの空振り三振。さっそうと三塁側ベンチに引き揚げた。「たまたま三振になってくれた。厳しいところにいかないと」。豪快な力勝負を、苦笑いで振り返った。

    3回には雪辱を狙う筒香を返り討ちにした。今度は緩いカーブだ。2死一塁から、真っすぐ2球で追い込んだ3球目。筒香はまったく反応できなかった。「見逃し三振になっちゃったんですけど、カーブももっと厳しく投げないと」。日本を代表する4番打者から連続三振を奪っても、床田は満足していなかった。

    DeNAの強打線から、筒香の2つを加え、計7奪三振。4回に連打で1点を失ったが、続く大和を併殺打に仕留めるなど粘りも見せた。緒方監督は「入りはよかったし、前回(課題のあった)セットからの投球も修正していた。ぜんぜんOK」と話した。DHを使わず9番打者として打席に立たせたのは、シーズンを見据えてのシミュレーション。すでに戦力として計算している証しだった。

    今季のキーマンになる。1年目の17年に開幕ローテ入りしたが左肘を故障。靱帯(じんたい)を再建する「トミージョン手術」を受け、1年間マウンドから遠ざかった。昨年復帰したが登板は2軍戦のみ。そんな男がオープン戦4試合で1勝1敗、防御率1・59。この日は援護なく負けがついたが、信頼度は抜群。開幕2カード目の3日中日戦に先発する見込みだ。

    怖いもの知らずだった1年目とは違う。思い切りのよさと粘りの源は「投げられる喜びを感じる」という感謝の心。どん底からはい上がった床田がチームを引っ張っていく。【村野森】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-03200901-nksports-base

    広島佐々岡真司投手コーチが、大瀬良、ジョンソンに加え野村と床田の開幕ローテ内定を示唆した。

    残る2枠は「九里、岡田、アドゥワで競ってほしい」とあおった。岡田は5日巨人戦で4回1失点。九里は同日の教育リーグ・ソフトバンク戦で4回無失点だった。生き残りをかけるアドゥワは7日、社会人オール広島との試合に登板予定。「少なからずチャンスはあるので食らいついていきたい」と意欲を示した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-03060666-nksports-base

     ◇オープン戦 巨人1―4広島(2019年3月5日 マツダ)

     【牛島和彦 CHECK!】打倒広島を目指す巨人にとっては厄介な投手が出てきた。先発した左腕の床田はゆったりしたフォームから両コーナーに切れのいい球を投げ分ける。



     初回いきなり3者連続三振。1死から丸に対しては初球カーブ、2球目スライダーがボールになったが、3球目は真っすぐ狙いで振ってきた丸を空振り。4球目も同じ144キロ、最後は148キロで3球連続で空振りを奪い、丸のびっくりした表情が印象的だった。

     右打者に対しても、坂本勇は打ってもファウルにしかならない内角スライダーを続けて追い込み、最後は外角の真っすぐで見逃し三振。次の打席では内角低めを突いて三振に斬った。

     左打者でも右打者でもしっかり内角を攻められる左腕。制球もいい。先発左腕はジョンソンしかいなかったが、順調にいけば先発ローテーションに入ってくる。(スポニチ本紙評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000063-spnannex-base

    <こんな人>

    広島3年目左腕の床田寛樹投手(24)が巨人とのオープン戦(マツダスタジアム)に先発し4回無失点と好投。昨年までチームメートだった巨人丸から空振り三振を奪うなど、6奪三振で圧倒した。



       ◇   ◇   ◇

    チーム内で床田を「不思議ちゃん」と呼ぶ選手がいるように、私としても「つかみどころがない」印象がある。

    リハビリ期間中には苦手な走り込みを続け、下半身を強化。尻回りや太ももはひと回りどころか、ふた回り大きくなった感がある。その分、土台の安定感が増したと思うが、本人は「そうですか? 自分では分からないんですよね」とあっけらかんとしたもの。周囲が評する「鈍感力」を感じさせながら、「僕、結構敏感ですよ」とサラリと言う。

    以前には「僕、興味がないものにはとことん興味がない」と口にした直後に「でも僕、好奇心旺盛なんですよ」と続けたこともあった。大学まで勉強が大の苦手だったというが、投球術など首脳陣も認める“野球脳”も持つ。

    先発の一角として期待される今季、つかみどころのない左腕の真の姿をつかんでみたい。【広島担当=前原淳】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-03050680-nksports-base

     ◇オープン戦 広島―巨人(2019年3月5日 マツダ)

     先発した広島・床田は、4回を被安打4と無失点に抑えた。初回の先頭から4打者連続三振を奪うなど計6奪三振と圧巻の投球内容だった。

     初回、吉川尚、丸、坂本と新生・巨人打線を象徴する上位打線を3者連続三振にする最高の立ち上がり。3回には2死一、二塁とこの日初めて得点圏に走者を背負うも、坂本を1ボール2ストライクから142キロの内角直球で2打席連続の見逃し三振にして、ピンチを脱した。

     「真っすぐで空振りを取れたのはよかった。けど、甘かったのでもっと厳しくいきたい。このまま結果と内容の両方を出して、開幕を1軍で迎えられるようにしたい」

     これで、今春の実戦登板は12回0/3を無失点とまたもアピールに成功。開幕ローテーション入りを引き寄せた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000105-spnannex-base

     広島が4日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。時折雨が降る中、野村、大瀬良、九里、岡田、床田、アドゥワが汗を流した。

     5日の巨人とのオープン戦は、今年初のマツダスタジアムでの対外試合。先発する床田は「左打者のインサイドにしっかり投げていくことと、回の先頭を取ることがテーマ」と意気込んだ。

     また、FA移籍した丸との対戦については「厳しく投げないと打たれる。(ストライクゾーンの)幅を使わないと抑えられない」と話した。同日のチケットはほぼ完売。平日のオープン戦では異例の状況となっている。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000091-dal-base

    ◆オープン戦 DeNA4―4広島(24日・宜野湾)

     広島の3年目左腕の床田寛樹投手(23)が4回から2番手で登板し、4安打を浴びながらも3回0/3を無失点に抑え、3三振を奪った。「立ち上がりは良かったんですけど、その後、先頭打者にヒットを許したのは良くなかった。60点ぐらいですね」と振り返った。

     5回1死一、二塁のピンチでは、伊藤裕を空振り三振に仕留めると、細川を二ゴロに料理。6回も先頭・佐野に二塁打を浴びたが、嶺井を投ゴロに抑えるなど、後続を打ち取った。「左打者のインコースにツーシームを投げてゴロを打たせることができた。低めにしっかり投げたらゴロを取ることができた」と収穫を口にした。

     17年にプロ初勝利を挙げたものの、左肘を故障。夏場にトミージョン手術(内側側副靱帯再建手術)を経て、帰ってきた。正捕手の会沢も「強心臓で期待できる」とローテ入りに太鼓判を押す。床田は「緊張感のある中でやらせてもらっているのが、楽しいというかうれしいですね」と充実感を漂わせていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000153-sph-base

     広島は19日、春季キャンプ第4クール最終日。緒方監督が同クールを総括し、新人野手2人の名前をあげて再評価した。

     「小園はいいものを見せてくれている。正随も面白い選手だなと思った」

     ドラフト1位の小園(報徳学園)は、18日の韓国KIAとの練習試合で対外試合デビュー。3打数無安打に終わったものの、高い守備力などで“実戦力”もアピール中だ。

     同6位の正随(亜大)は、同戦で“プロ初打点”を含む2安打1打点と全打席で出塁。天性の長打力以外でも評価は高まっている。

     一方、投手陣について指揮官は、「床田に非常に期待している」と言及。同戦で対外試合の“開幕投手”を任された左腕。3回無失点に抑えて高評価を獲得し、開幕ローテーション入りに一歩前進した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000116-spnannex-base

     「広島紅白戦、紅組0-7白組」(11日、天福球場)

     白組の2番手で登板した矢崎拓也投手が、存在感を示した。2回を打者6人、パーフェクトに抑えた。

     三回、先頭の野間を二ゴロ。菊池涼を右飛に打ち取ると長野も中飛に仕留め、四回は松山、下水流、堂林を直球で押しねじ伏せた。15球中で変化球は、野間への1球のみで、最速は148キロを計測した。

     好投の矢崎は、「ストレートの制球が課題で、低めに投げられるようにと意識していた。ストライクゾーンの中である程度勝負できたのは良かった。抑えられたので手応えになると思う。今年は少しでもチームの勝利に貢献したい気持ちが1番。戦力になれるように頑張りたい」と投球を振り返った。

     【紅白戦登板投手の最速】

    矢崎  148キロ

    床田  140キロ

    中村祐 138キロ

    藤井皓 140キロ

    山口  145キロ

    薮田  142キロ

    平岡  143キロ

    アドゥワ138キロ

    塹江  141キロ

    遠藤  143キロ



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000142-dal-base

     広島OBで今キャンプの臨時投手コーチを務めている安仁屋宗八氏(74)が7日、宮崎・日南市の天福球場で投手陣に“夜遊び指令”を出した。練習前の投手陣のミーティングで「明日は休みなので、大いに遊んでください。それぐらいの気持ちが必要」と訓示した。「飲め、飲め」と言って、近くにいた酒豪で知られる佐々岡投手コーチの肩をたたくと、グラウンド内は笑いに包まれた。

     キャンプ合流3日目の安仁屋氏は午前にはブルペンでD2位・島内颯太郎投手(九州共立大)に直球のコツを伝授。午後はシート打撃を熱心に見守って、左肘のトミー・ジョン手術からの復活を目指す床田寛樹投手(24)、高卒2年目の山口翔投手(19)について言及した。「床田は良かったね。山口は良い球と悪い球の差が大きかった。あとで聞いてみると『緊張していた』と。球自体は良かった」。

     安仁屋氏は2016年から春季キャンプの臨時コーチを務め、3年連続でリーグ優勝へ導くなど“優勝請負人”と言われている。古き良き赤ヘルを知る男が、個性あふれるメッセージでナインに勝利のエキスを注入していく。

     


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000590-sanspo-base

    このページのトップヘ