広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    床田寛

    <オープン戦:オリックス5-4広島>◇22日◇京セラドーム

     開幕ローテ入りが有力視される広島のドラフト3位床田寛樹投手(22=中部学院大)が先発したが5回を投げ、1本塁打を含む10安打5失点の乱調だった。

     「球が全部高かった。全然ダメでした。ナイターもドームも初めて。暗くてサインが見えなくて…」

     1回、オリックス西野の打席の3球目にはサインミスで、捕手の石原が捕球できずに吉本球審を球が直撃してしまう場面もあった。

     床田によると石原が出した「カーブ」のサインに「真っすぐかな?」と思って投げたところ、そういう事態になったという。その後、石原はあわててマニキュアを塗った模様だ。

     緒方監督は「分からなかったら投げなければいいようなものだけど…」と苦笑。それでも実力は買っている様子で「いいボールもあったから」と最終登板を見て、判断する構えだ。

     「ドーム自体、初めてなんで…。雰囲気が違うなと思った」。ルーキーとはいえ、今どきめずらしい初々しさで床田は話していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01796188-nksports-base

     広島のドラフト3位ルーキー・床田寛樹投手(22)が22日のオリックスとのオープン戦(京セラD)に登板する。

     21日はマツダスタジアムの室内練習場で調整。前回の16日・楽天戦(静岡)で5回1失点など、ここまでオープン戦で安定した結果を残している左腕は「結果と内容両方を求めていきたい。今までやってきた課題をクリアして、確実にローテに入りたいですね」と力を込めた。好投で開幕ローテーション入りを決めたいところだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000094-sph-base

     ◇オープン戦 広島0―2楽天(2017年3月16日 静岡)

     先発した広島のドラフト3位・床田(中部学院大)が5回4安打1失点の好投を見せ、開幕1軍を確実にした。

     「(開幕1軍の)投手の枠に入れる内容を見せてくれた。(開幕ローテーション入りに)一歩さらに前進した」。緒方監督のお墨付きが誇らしい。3回に1点を失うも、光ったのは安定感だ。4回、5回とそれぞれ1死から走者を出しながら、後続を断って追加点を許さなかった。床田も「きょうは腕が振れて、変化球でストライクを取れたのがよかった。良い感じで来ているので(開幕まで)このまま続けていければ」と充実感を漂わせる。

     起用法については、右脇腹違和感の完治が近い大瀬良や、ヘーゲンズらとの兼ね合いもあるものの、先発ローテーション入りが濃厚。「(開幕ローテ入りが)近くなってきている。確定とは言わないけど」と畝投手コーチも期待を口にした。 (柳澤 元紀)


    引用元 http://www.nikkansports.com/baseball/news/1793085.html

     広島春季キャンプ(1日、沖縄)D3位・床田寛樹投手(中部学院大)が阪神との開幕3連戦の3戦目(4月2日、マツダ)に先発する可能性が1日、浮上した。畝投手コーチが「阪神は左に弱い」と新人左腕の抜てきを示唆した。

     開幕投手が濃厚なジョンソンに続く先発左腕候補の戸田、塹江、中村恭が不調の中、床田は2月24日のロッテとの練習試合で2回を無得点に抑えるなどキャンプ中の実戦4試合で好投。兵庫・尼崎出身で実は阪神ファンだったが、「アピールしていきたい」と意気込んでいる。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000020-sanspo-base

    ◆練習試合 広島12―7サムスン(28日・コザ)

     広島の新人2投手の明暗が分かれた。ドラフト3位の床田寛樹(21)=中部学院大=が先発。初回こそ三者凡退と上々の立ち上がりだったが、2回は1死から四球と2安打を浴び1失点。3回も四球からピンチを招き2点を失った。3回で被安打4の3失点だった。

     4回から2番手でマウンドに上がったのは、ドラフト1位の加藤拓也(22)=慶大=。3回を投げて1安打無失点。課題の制球面も安定し、四球は1つだけだった。最速は147キロを計測した。

     床田は「1イニング目は良かったが、2回からはファウルで粘られて四球を出してしまった。決め球を作らないといけない」と肩を落とした。

     一方の加藤は「ゼロに抑えられたところは良かったが、ボールが上ずってしまったところは課題。前回は浮足立ってしまったところがあったが、今日は落ち着いて投げられた」と手応えを口にした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000150-sph-base

     開幕ローテ入りを狙う広島のドラフト3位・床田(中部学院大)が、28日の韓国・サムスンとの練習試合で初先発する。3イニングを予定されており「自分も先発ができるんだというところを見せたい。とりあえずゼロに抑えたい」と抱負を口にした。

     初の対外試合登板となった24日のロッテとの練習試合では2回無失点。福井が背中の張り、大瀬良が右脇腹違和感で出遅れており「(開幕ローテ入りの)チャンスもあると思う」と腕を撫した。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000046-spnannex-base

     広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -紅白戦で新人が好投した

     緒方監督 良かったね。投げる度に良くなっている。加藤は真っすぐの制球が低めに来ていたし、縦のスライダーでカウントを整えられる。床田は腕の振りも良かったし、しっかり投げ切れていた。打ちにくいカット気味に右打者に食い込んでいく独特の球筋。左打者に対しても内角に投げ込んでいた。緩急をつけた投球もできる。もうちょっと2人には長いイニングを投げてもらおうと思っています。

     -ともに先発調整となるのか

     緒方監督 こういうふうに状態が上がってくるところを見せてくれたら、先発枠で使いたいよね。そういう意味も込めて、イニング数、球数を沖縄へ行ってから投げもらおうと思っています。

     -紅白戦初登板のブレイシアは1回3失点

     緒方監督 今日はまだ上体が行きすぎて、自分のタイミングで投げ切れていなかった。もうちょっと時間がかかるかな。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-01781395-nksports-base

     昨季25年ぶりにリーグ優勝した広島。優勝候補に挙げられながらも勝ちパターンの投手陣を構築することができず優勝どころかAクラスを逃した2015年を反省して、ジャクソン、ヘーゲンズのリリーフ候補の助っ人を獲得した。昨季はジャクソンが勝ちパターンの8回を任され、守護神の中崎翔太とともに“勝利の方程式”を確立。ヘーゲンズはシーズン終盤に先発に転向したが、夏前までは勝ち試合の7回を任され優勝に貢献した。今村猛もジャクソンと同じチーム最多の67試合に登板した。

     ヘーゲンズ、今村、ジャクソン、中崎が勝ち試合のリリーフとして奮闘したが、振り返ると全員が右投手。左のリリーフで30試合以上登板した投手は、12球団で唯一誰もいなかった。右のリリーフのみで優勝したことで、左のリリーフがいなくても勝てると思われるが、ワンポイント、ロングなど役割はあり、左がいないよりかは当然いた方がいい。

     左のリリーフ候補をみると、飯田哲矢、オスカルなどがいる。飯田は14日に行われた紅白戦で白組の4番手として、6回からマウンドにあがると、1回を無失点に抑えた。プロ1年目の15年は一軍で16試合に登板したが、昨季はわずか2試合の登板にとどまった。一軍定着するためにアピールを続けていく。

     飯田の後を受けてマウンドにあがったオスカルは、1イニングを打者9人、5被安打、4失点。シート打撃に登板した11日も、鈴木誠也に本塁打を浴びるなど、悔しい結果に終わっている。

     また、ドラフト3位ルーキーの床田寛樹もいる。14日の紅白戦では、2イニング目となった4回に安部友裕の打球が右膝に直撃したが、後続を打ち取り、2回を3安打無失点に抑えた。

     昨季は右のリリーフ陣の活躍が目立ったが、長いシーズンを戦ううえで、左のリリーフも貴重な存在。今季は一軍に定着する左のリリーフは現れるだろうか。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00103890-baseballk-base

     広島の宮崎・日南での春季キャンプ第3クール2日目が12日、スタートした。

     高卒ルーキー4選手がこの日、1軍キャンプに“体験参加”。ドラフト2位の高橋昂也投手(18)=花咲徳栄高=、同4位の坂倉将吾捕手(18)=日大三高=、同5位・アドゥワ誠投手(18)=松山聖陵高=、同6位・長井良太投手(18)=つくば秀英高=が加わった。

     全体練習開始前の円陣でそれぞれがあいさつ。板倉は「磯村さんがつけていた背番号(61)を引き継いだので、磯村さんに負けないくらい頑張りたいです」と意気込んだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000103-sph-base

    このページのトップヘ