広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    張本勲

     野球評論家の張本勲氏が26日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。  番組では25日のプロ野球6試合をダイジェストで放送した。スタジオでは広島が最下位となっていることが話題となり、張本氏は「ピッチャーがよくない。バッターは堂林と鈴木が頑張っているんだけど、ピッチャー連中がちょっとよくないから中継ぎ抑えも良くないから」と指摘した。

    rectangle_large_type_2_47891932aa4f887b69a3629f20ae60f7



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/ec99f26bbd73bdd975ecb62e011cf55644d672fb

    野球評論家の張本勲氏(80)が5日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。突然、張本氏の映像や音声が流れなくなる場面があった。  プロ野球の映像が流れた直後のトラブルに、司会の関口宏(76)は「張本さんの画がフリーズになったんですか?そういうことって起こるの」と口にした途端、音声だけは流れた。これに関口は「声だけは聞こえてる。画が動かなくなったんだ。(映像は)別にただいるだけだから声が通ればいいんじゃないかと思いますが」とコメント。そして、「なんかありますか。ひと言」と振ると、張本氏は「パ・リーグは混戦だね」はパ・リーグについて話した。


    20200628-00000034-dal-000-3-view





    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/6a71d9128d247e7ef29e646e5e135d1adb6d7260

    野球解説者の張本勲氏(79)が28日、TBS系「サンデーモーニング」にリモート出演し、始まったばかりのプロ野球で、セ・リーグの混戦を予想した。
     張本氏は、阪神が出遅れていることを指摘しつつ「セ・リーグは混戦になるね」ときっぱり。開幕前には気合の入ったピッチャー有利と見ていたが「3カ月遅れてピッチャーの方が練習不足だね。練習不足、投げ込み、走り込みが足りないから、しばらくバッターの方が有利じゃないの。夏に掛かるから余計ピッチャー疲れてくるし」と分析した。

    20200628-00000034-dal-000-3-view


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/f333a85b755e0e473cfa591254003f4eeee00da8

     野球評論家の張本勲氏が14日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。  番組では、日本高野連が10日、大阪市内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で史上初めて中止になった第92回センバツ高校野球大会の代替試合「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を甲子園球場で開催すると発表したことを伝えた。

    d52467-250-244288-0


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/3ea2c2b25b3769398d43da6e7fd7db8146b014c2

    野球評論家の張本勲氏が14日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。  番組では、6月19日の開幕を前にプロ野球の練習試合を伝えた。張本氏は120試合になる今季のポイントを2つ上げ「まずは監督の采配。これが大きく物を言うと思います。あとは若手はチャンスある。連戦が続くから」などと解説した。  その上で「ベテランは頑張ってもらわないと、疲れたとかしんどいとか言っていたら『喝!』入れます。アメリカと違って年俸1円も下がっていないんだから、頑張ってもらわないと」とコメントしていた。


    d52467-250-244288-0



    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/e470a04b29b5cef44104779d054b1f059a0d7b4b

    張本勲氏が24日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」にリモート出演。残る地域の緊急事態宣言が解除されれば25日にも6月19日開幕が決定するプロ野球についてコメントした。


    「難しいと思うね。選手は怒るかもしらんけどもね、試合数が削られて、例えば100試合か120試合くらいで、給料、高い給料がそのまま貰えるんなら、これは楽ですよ。ただちょっと(開幕が)延びているから不安はあるけども、プロ野球選手としたら、そんなに苦じゃないと思うよ。問題は協会とかファンの方。ファンもやってもらいたいという人はいますよ。だけど、自分の兄弟、自分の息子に『コロナに感染してもいいからやれ』という人はいないでしょう。だから完全に危険性がない時にやってもらいたいわね」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-25240139-nksports-base

     ◇夏の甲子園、地方大会中止

     全国の球児のことを思うと本当に残念でならない。過酷な練習に耐えて仲間とプレーし、甲子園を目指して若き命を燃やす――。国難ともいえる新型コロナウイルスの感染拡大だが、こんな事態を誰が想像しただろう。

     今、思い出すだけでも涙が出る。58年夏。私のいた浪商(現大体大浪商)は甲子園出場を決めたが、部内で暴力事件があった。チームは出場が認められたものの、他の数人とともに私は処分を受けて出場できず。事件は部員みんなが見ており、完全な濡れぎぬだった。死のう、とさえ思った。16歳で故郷・広島を出てきて、夢が絶たれ…。それほど甲子園は大きな存在だった。

     何とか甲子園の土だけでも踏ませてあげられないか。例えば春のセンバツの出場予定校を集め、今年の11~12月に試合を行う。32チームで1試合ずつ。1日4試合なら4日間の計算だ。思い出だけでも作らせてあげたい。そこには全国約4000校の球児の希望が詰まっているのだから。

     若き高校生に今回の事態が運命だったというのは酷だろう。人生は長い。この経験を糧に「あの時のことを思えば…」と強く生きてほしい。「あっぱれ」な人生を、と切に願う。(スポニチ本紙評論家)



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000069-spnannex-base

     野球評論家の張本勲氏が26日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。


     番組では、日本ハム、阪神で活躍し、新型コロナウイルス感染で入院していた片岡篤史氏(50)が24日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、退院を報告したことを伝えた。

     片岡氏は「ご心配をおかけしました。本日24日、2回のPCR検査で陰性が出まして、退院できることになりました。コロナウイルスという恐怖の最前線で、病院関係者の皆さまが本当に闘ってくれまして、本当に感謝いたします」と明かした。また、感染した阪神の藤浪晋太郎投手が練習に復帰したことなども伝えた。

     こうしたスポーツ選手の感染を受けてゲストでリモート出演した元巨人の上原浩治氏が、感染拡大防止で家にいることの大切さを訴えた。これに司会の関口宏に「ずっと家にいてイライラしません?」と尋ねられると「イライラします」などと答えた。

     さらに関口が「張さんだってイライラするでしょ?」と聞かれると、張本氏は「イライラしません。私らの時代は防空壕(ごう)で何日も過ごしているから。イライラしてもしょうがないもん。ビデオを見たり、楽しんでいることは楽しんでいます」と答えた。

     これに関口は「でも、ほとんど上原さんとみんな同じだと思うよ。張さんみたいな方、珍しい」と指摘していた。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-04260035-sph-base

     野球評論家の張本勲氏が、19日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。


     番組では、新型コロナウイルスに感染した野球評論家の片岡篤史氏が、入院中の映像を公開したことを伝えた。感染注意を呼びかける映像に、張本氏は「名前のある人は発表した方がいいです。本人の問題じゃないから」とコメントした。

     さらに「何日か潜伏しているんでしょ?この病気は。ですからルートも分かるし、これは片岡はいいことをしたと思います」と話した。さらに「幸い梨田が一般病棟に移ったというから、これもニュースだと思います」と、感染して大阪府内の病院に入院している元近鉄、日本ハム、楽天監督で野球評論家の梨田昌孝氏が集中治療室から出て、一般病棟に移ったことを喜んだ。

     その上で新型コロナに「この病気は目に見えないから形がないからね。オレはならないだろうと考えないで、どこで風のように飛んでくるか分からないから。まだまだ注意することがあると思います」と呼びかけていた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-04190037-sph-base

     野球評論家・張本勲氏が1日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、「オープン戦なんかやらなくていい」と独自見解を示した。

     スポーツ界も新型コロナウイルス感染拡散防止のため、無観客などの対応を実行している。張本氏は「安倍総理はじめ、みなさんが必死に対策してくださってるから、スポーツ界も全体で対策しないと」とした上で「選手は(試合があると)行き帰りに関係者が何十人もいるから。その人らが電車に乗ったら何十人、何百人も接触するから感染するから。(シーズン開幕の)3月20日、本番ぶっつけでいいんです。練習をゆっくりやれば」と主張した。

     オープン戦開催の意義については「お客さんが入るからそのお金でキャンプの費用を浮かしているんです。そりゃ球団は痛いよ。でも命と引き替えなんだから」と話した。「プロはお客あってのプレーだから、お客さんがいないならやらなくていい」と、無観客でもオープン戦を開催したことに疑問を呈していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00000032-dal-base

    このページのトップヘ