広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    戸田隆矢

     「広島秋季キャンプ」(9日、日南)

     広島の戸田隆矢投手(24)が9日、シート打撃に登板し、2回を無安打無失点の2奪三振と好投。緒方監督ら首脳陣が見守る中、最速141キロの直球を軸に力強い投球で猛アピールした。今春キャンプは1軍に帯同しながらも準備不足で強制送還された左腕。秋季キャンプで巻き返し、来季へとつなげる。



     1球1球を丁寧に投げ込んだ。船越のバットが空を切ると、乾いた捕球音がグラウンドに響き渡った。今キャンプ初のシート打撃。戸田が2回を無安打無失点のパーフェクトに抑えた。

     「バランスは良くなかったが結果が出て良かった。真っすぐ中心の投球でファウルもカウントも取れたのが収穫」

     手応えはバッチリだ。最速141キロの直球を軸にスライダーなどキレのある変化球を織り交ぜてストライク先行の投球を披露。2イニング目は無死一塁の設定だったが、堂林を二ゴロに仕留めるなど三者凡退で登板を終えた。

     同じ左腕には負けられない。塹江や高橋樹、高橋昂ら5人の左投手が登板。競争意識を高めるために、意図的に組み込まれている。「左は毎年チャンスだと言われているが、モノにできていない。今年はそこに入れるようにしたい」と意気込んだ。

     巻き返しを図る場でもある。今春のキャンプでは調整不足などで第1クールで降格。「正直、悔しかった」。今季は1軍登板3試合に終わり、この日の契約更改交渉では500万減の1800万円でサインした。

     勝負となる7年目の来季。「先発でも中継ぎでも使ってもらえるところで投げたい」。チームの戦力になり、全力で左腕を振る。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000036-dal-base

     「広島秋季練習」(3日、マツダスタジアム)

     広島・戸田隆矢投手(24)が3日、マツダスタジアムの室内練習場で行われた秋季練習に参加した。今季期待されながら未勝利に終わった左腕は、夜は日本シリーズをテレビ観戦して石田、今永、浜口らDeNAの左投手をチェック中。同世代のライバルたちの投球を参考にして飛躍のヒントを得る考えだ。来季こそチームが抱える左腕不足の悩みを解消する。

     額に大粒の汗を滴らせ、戸田が室内練習場から引き揚げてきた。今季は貴重な先発左腕として期待されながら未勝利。チームの弱点である左腕不足を補えず、「毎年毎年、言われているのに、チャンスをつかめていない。来季こそつかみたい」と巻き返しを誓った。

     格好の教材が日本シリーズだ。「勉強になります」と夜はテレビにかじりつく。シーズン3位からCSを勝ち抜いたDeNAには石田、今永、浜口ら若手左腕がズラリ。同世代が活躍する姿に刺激を受けながら、1軍で飛躍するためのヒントを見つけ出している。

     「右バッターの内に投げ切れている。そこの失投が少ない人がずっと1軍で活躍できると見ていて思います」

     グラウンドでは課題解消に励む。7日からは宮崎・日南で秋季キャンプがスタートする。テーマは「強い、空振りが取れる真っすぐ」の習得だ。ブルペンで投げ込み、フォームを体に染みこませる。

     今季1軍で先発を務めた左腕は戸田を含め、ジョンソン、高橋樹、床田の4人だけ。ドラフト会議でも左投手の指名はなかった。来季は成長著しい高橋昂らも競争に加わるだけに、戸田は「新人と一緒。アピールするだけです」と悲壮な覚悟を口にする。プロ7年目のブレークへ、その足がかりをつかむ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00000035-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島5―1DeNA(2017年9月30日 横浜)

     広島の新井が1―1と同点の10回1死一、二塁で代打で登場。2点適時二塁打を放ち、一振りでチームを勝利に導いた。

     広島は2回にメヒアの適時打で先制したが、5回にジョンソンが宮崎に14号ソロを許し同点に。その後は両軍の投手が好投し息詰まる投手戦となったが、1―1のまま迎えた10回に代打・新井が田中から左中間突破の2点適時打を放って均衡を破った。高卒新人・坂倉もプロ初安打となる2点適時打で続いて、この回4得点を挙げた。

     先発のジョンソンが5回1失点で降板。6回以降は九里、藤井、戸田、今村、中崎とつないだ。5番手の今村が3勝目。3番手で登板した高卒3年目の藤井は同点の7回に1軍デビューを果たし、1イニングをきっちり3者凡退に抑えた。

     広島は最終戦を残して88勝目。昨季に並ぶ球団最多タイシーズン89勝を懸けて、10月1日に再びDeNAと対戦する。

     一方のDeNAは連勝ならず。阪神が勝利し2位を確定させたため、3位以下が確定。3位を争う巨人が敗れたため、残り3試合であと2勝すれば、たとえ巨人が残り2試合を連勝したとしても勝率で上回る。
    引用元 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/30/kiji/20170930s00001173311000c.html

     広島は31日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。野村、大瀬良、九里、岡田、高橋樹らが参加した。

     1日の阪神戦(マツダ)に先発する野村はキャッチボールやポール間走などで調整。「いつもと変わらずにやるべきことをやる。1戦1戦を大事にしていくだけ」と平常心を強調した。

     4日のDeNA戦(横浜)で2年目の高橋樹がプロ初先発する予定。「(1軍で)中継ぎとして7試合投げていますが、初めて先発することができてすごくうれしい。緩急とコントロールで勝負していきたい」と気持ちを高ぶらせた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000063-dal-base

     球宴が明けてもセ・リーグの首位を快走する緒方広島は、依然堅実な戦いぶりをみせている。2位・阪神には初戦を落としながら2,3戦目を連勝して勝ち越し、先週の中日3連戦も初戦を左腕エース・ジョンソンの乱調で敗れたが、終わってみれば打線爆発で2カード連続の勝ち越しに成功。貯金は最多の「25」に膨らんだ。赤ヘル軍団の進撃に陰りは見られない。


     リーグ連覇に向け、唯一の不安点がジョンソンの戦線離脱である。21日の中日13回戦(マツダ)に先発、2回3分の2で自己最短KOを食らった翌日に異変が起きたという。ランニング最中に左足を痛め、広島市内の病院で検査を受けた結果「左太もも裏の筋損傷で加療3週間」との診断を受けた。球宴前のDeNA14回戦(マツダ)で8回1失点で今季4勝目を挙げ、復活をアピールしたばかりの離脱。開幕直後の咽頭炎からくる体調不良での抹消に続き、今季2度目のリタイヤとなった。

     カープOBで長年セットアッパーとして活躍した野球評論家・横山竜士氏はこう言って嘆く。「球宴前のDeNA戦で本来の姿が見られたので、後半戦は必ずやってくれると期待していたんです。しかし登板翌日のランニング程度で足を痛めてしまうとは、ちょっと信じがたいですね。ケガについては彼自身にしかわからないことですがら何とも言えませんが…。とにかく残念の一言です」。開幕からここまでに至る経緯を球場の内外でつぶさに見てきた同氏。それだけに裏切られた感じが強いのだ。

     昨年15勝を挙げ、沢村賞にも輝いた左腕の離脱は、リーグ連覇を目指すチームにとっては痛い。緒方監督が「今から大事な戦いがあるというのに。何をやってるんだ、という感じ」と怒りを隠さないのは当然で、今後の先発ローテーションに影響を及ぼすことが予想される。だが、横山氏は「それでも大丈夫です!」と断言する。

     「確かに痛いことには違いないですが、開幕直後に離脱した時も岡田や薮田、大瀬良が頑張って彼の穴を埋めたでしょう。その薮田や野村は安定感抜群の投球を続けていますし、岡田も約1カ月ぶりの白星を手にして上昇気流に乗ろうとしています。彼らがしっかりしていればジョンソン不在は今のチームにはそう影響しないと思います。それに、若手にとっては大きなチャンスになりますから」

     ジョンソンの穴を埋める先発候補は、今は中継ぎに回っている九里や、昇格したばかりの助っ人・へーゲンズが考えられるが、横山氏は「高橋樹だって面白いですよ」と、プロ2年目左腕を推す。現状は敗戦処理が主な役割だが、先発ローテーションの谷間には登板の可能性もあり得る。また、2軍で昇格の機を伺う昨年4勝の戸田や、ドラ1ルーキー・加藤なども候補になるだろう。リーグ連覇に貢献せんと意気込む若手たちが競争すればするほど、カープの進軍はさらに加速する。今後のやり繰りに頭を巡らす緒方監督もそこに期待をかけるはずだ。

     ジョンソンの復帰は早くても9月上旬になる見込みで、リハビリ次第では9月中旬から下旬にずれ込むことも予想される。だが、これまでも大きな障壁をチーム一丸で乗り越え、独走状態を作ってきている。助っ人左腕に代わる新たな戦力は誰か-。不安よりその期待の方がはるかに大きい「盤石の軍団」である。(デイリースポーツ・中村正直)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000044-dal-base

     日本野球機構は6日、あすの予告先発を発表した。

     セ・リーグ首位の広島は戸田隆矢が今季初先発する。

     6年目左腕の戸田は昨季、17試合に登板しプロ初完封を含む4勝(0敗1セーブ)を挙げた。今季は二軍で7試合に登板。2勝0敗、防御率2.33という成績となっている。

     対するヤクルトは原樹理が中5日で登板。6月15日の楽天戦では4安打2失点の好投で完投勝利を挙げたが、その後2試合は試合が作れず2連敗中となっている。

     戸田と原の同学年対決を制するのはどちらか!?


    【パ・リーグ】
    日本ハム(有原航平)-ソフトバンク(東浜巨)
    <札幌ドーム 18時00分>

    楽天(辛島航)-西武(菊池雄星)
    <Koboパーク 18時00分>

    オリックス(山岡泰輔)-ロッテ(涌井秀章)
    <ほっと神戸 18時00分>


    【セ・リーグ】
    ヤクルト(原樹理)-広島(戸田隆矢)
    <神宮 18時00分>

    中日(大野雄大)-DeNA(ウィーランド)
    <ナゴヤドーム 18時00分>

    阪神(小野泰己)-巨人(マイコラス)
    <甲子園 18時00分>


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00123308-baseballk-base

     広島の6年目左腕・戸田隆矢投手(24)が4日、一軍に合流した。ここまで二軍戦では7試合に登板して2勝0敗で防御率2・33。昨季は一軍17試合で1完封を含む4勝0敗1セーブの成績を残しており、チームの左腕不足解消にひと役買いそうだ。

     今春キャンプでは一軍スタートだったが、調整不足で二軍落ち。緒方監督には「オフに何をやってきたんだ」とカミナリを落とされたが、この日は指揮官から「この経験を生かして頑張ってくれ」とフォローがあったという。戸田は「必要とされたところで」と巻き返しを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000037-tospoweb-base 

    このページのトップヘ