広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    戸田隆矢

     広島の一軍キャンプに参加していた戸田隆矢が調整不足のため、二軍へ降格との報道がでた。

     戸田はプロ5年目の昨季、7月10日の阪神戦でプロ初完封勝利をマークするなど5勝を挙げたが、7月下旬に左手を負傷。シーズン終盤に二軍戦で復帰したが、一軍のマウンドにあがることなくシーズンを終えた。今季はジョンソンに次ぐ左の先発候補として期待されたが、キャンプ序盤で躓いてしまった。

     戸田の他に広島の左の先発候補をみると、プロ3年目の塹江敦哉がいる。塹江はプロ2年目の昨季、リーグ優勝した翌日の9月11日の巨人戦でプロ初登板。巨人打線を抑えてアピールしたいところだったが、0回1/3を4安打2四死球6失点と、ホロ苦いデビューとなった。

     それでも、プロ先発した9月19日のDeNA戦では敗戦投手となったが、5回を2安打2失点に抑えてみせた。今キャンプは一軍スタートを切っており、アピールして開幕先発ローテ入りを果たしたいところだ。

     今季プロ7年目を迎える中村恭平もそうだ。中村恭は昨季5月29日のDeNA戦で、5回2/3を無失点に抑え、3年ぶりに一軍で勝利投手となった。その後の登板はピリッとせず、昨季は8試合に登板して、1勝1敗、防御率5.40だった。左で150キロ近いストレートを投げるのは魅力ではあるが、制球に不安を抱える。制球難を克服して、今季こそ先発ローテーションに定着して欲しいところだ。

     左の先発はジョンソンのみ。この中から、先発ローテに割って入る左投手が出てくるだろうか…。



     引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00102891-baseballk-base

     「広島春季キャンプ」(5日、日南)

     第1クールが終了。緒方孝市監督は、調整不足と左ひじの状態が上がらない戸田を、7日の第2クールから2軍に降格させると明言した。

     戸田は前日4日にフリー打撃に初登板。下水流と安部に投げ、下水流には左越えソロを浴びるなど45球中、安打性の当たりが8本を数えた。左ひじにはサポーターをして、この日はキャッチボールも行わずノースロー調整だった。

     「肘の不安はあるけれど、メニューについていけそうにない。体も2月の体じゃない。1年目の新人じゃないんだし、やるべきことをやっていない」。荷物をまとめた戸田は「しっかり治して、頑張りたい」とだけ話して球場を後にした。

     リーグ2連覇と33年ぶりの日本一をかなえるため、2月1日からチームは始動した。戸田にアクシデントがあったものの、その他の選手は順調に第1クールを過ごした。指揮官は「選手の動きがよく、体をつくって来てくれた。若い選手、ベテラン、外国人選手も初日から声を出して動いてくれた。チームの雰囲気はいい。いい形で5日間が終わった」と振り返った。

     第2クールの7日は、この日雨のため中止となったフリー打撃にドラフト1位・加藤(慶大)や同2位・床田(中部学院大)らが登板する。緒方監督は「結果だけではなく内容も見ていく。1日1日を、課題を持ってやってほしい」と期待した。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/02/05/0009890591.shtml

     広島・戸田隆矢投手(23)が28日、日南市の天福球場で行われているキャンプ地先乗り自主トレに参加。キャッチボールやノックなどで汗を流した。

     27日にはブルペン入りするなど、仕上がりは順調だ。昨季はプロ初完封勝利を挙げるなど17試合の登板で4勝0敗、防御率2・80。開幕ローテ入りへ向けて、「チームから与えられる場所で投げることが最優先ですけど、先発の枠が空いているので、そこを目標にもっておかないといけない」と意欲を燃やした。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000069-dal-base

     昨季は“神ってる”活躍で25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した鈴木誠也(広島)、3年目の昨季10勝を挙げ新人王に輝いた高梨裕稔(日本ハム)、育成からシーズン途中に支配下登録となり11本塁打を放った原口文仁(阪神)などがブレイクした。

     鈴木、高梨、原口などがブレイクしたが、今季一気に才能を開花しそうな選手を見ると、山川穂高(西武)が当てはまりそうだ。山川はプロ1年目の14年に二軍で本塁打王、打点王のタイトルを獲得。将来の大砲候補として期待されたが、2年目まで一軍で放った本塁打数はわずかに2本だった。

     プロ3年目の昨季、7月までに一軍で放った本塁打数は3本だったが、8月に入るとスタメンでの出場が増え、17試合に出場して5本塁打。9月は18試合に出場して、6本と本塁打を量産した。今季に向けて、期待がもてる内容でシーズンを終了した。4年目の今季は、中村剛也、メヒアとともに本塁打を量産し、チームをリーグ優勝に導く活躍をしたいところだ。

     吉田正尚(オリックス)もそうだ。ルーキーイヤーだった昨季は、故障で離脱することが多かったが、63試合に出場して、打率.290、10本塁打、34打点。新人離れした打撃力をみせた。今季は、打線の核だった糸井嘉男が阪神へFA移籍し、吉田にかかる期待位は大きい。故障なく1年間戦うことができれば、ブレイクする可能性は十分にありそうだ。

    広島・戸田も先発で期待

     投手は戸田隆矢(広島)が、ブレイク間近といえるだろう。戸田は昨季7月10日の阪神戦でプロ初完封勝利を挙げるなど4勝をマークしたが、この登板後に左手を負傷。一軍のマウンドに帰ってくることなくシーズンを終えた。

     すでに14年と15年にリリーフで30試合以上登板している投手ではあるが、先発として一気にブレイクする可能性を秘めている。

     その他、鳥谷敬(阪神)と遊撃のレギュラーを争う北條史也(阪神)、昨年12月に放送された「中居正広のプロ野球魂」(テレビ朝日系)で阿部慎之助が選ぶ侍ジャパンに指名された砂田毅樹(DeNA)などがいる。





    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00101996-baseballk-base

     ドジャースの前田健太が21日、自身のインスタグラムを更新し、「マエケン自主トレ終わりました」と広島時代のチームメイト大瀬良大地、中田廉、戸田隆矢、飯田哲矢と行った合同自主トレを打ち上げたことを報告した。

     前田は「大好きな後輩たちと、とても有意義な時間を過ごせました」と充実した自主トレを行えたようだ。また「後輩たちにとって少しでもプラスになれば嬉しいです。僕自身も今回の自主トレで後輩たちから刺激を受け、力をもらいました。今年1年このメンバーが素晴らしい1年になるように頑張っていきます」と意気込んだ。

     さらに21日に更新したインスタグラムでは、「中田廉仕上がってます。笑」と中田が投球練習する動画をアップした。ドジャースでプレーする前田を始め、広島の大瀬良、中田らの活躍に期待したいところだ。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00101141-baseballk-base

    このページのトップヘ