広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    戸田隆矢

    「広島秋季キャンプ」(15日、日南)

     広島の床田寛樹投手(23)が15日、来年の1軍春季キャンプ参加を勝ちとる決意を示した。今季は昨年7月に受けた左肘のじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)から復帰。ウエスタンでは8試合に登板し1勝1敗、防御率2・25の成績を残したが、1軍登板なしに終わった。18日にはシート打撃に登板予定。首脳陣の前で結果を残し、猛アピールする。

     誰よりも来春の1軍キャンプ参加への思いは強い。床田は「ケガをした時、パワーアップして帰ってくると誓った。1軍でスタートして、開幕ローテに入りたい。モチベーションは高い」と言い切った。手術を受けた左肘は問題なし。野球ができる喜びを噛みしめながら前を向いた。

     13日のシート打撃では下水流に左越えソロを浴びたが、堂林を外角低めのチェンジアップで空振り三振。野間も内角ツーシームで二ゴロに仕留めた。最速は143キロ。球速以上の切れ味に佐々岡投手コーチは「良い球を投げていた。期待したいよ」と声を弾ませた。

     順調に復活ロードを歩んできた。1年目の昨年4月19日・DeNA戦で左肘の違和感を訴え降板すると、その後も痛みは消えなかった。同7月に「左肘関節内側側副じん帯再建術・尺骨神経剥離術」を受けた。いわゆるトミー・ジョン手術だ。

     左肘はギプスで固定され、動かせるのは指先のみ。運動は制限された。キャッチボール再開は術後5カ月が経過した12月中旬。「投げられた時はうれしかった」。当時を回想しながら感慨に浸った。

     チームは左腕をバックアップした。同年の夏場にはスタッフが見聞を広めるため、手術の症例数が多い米国へ渡った。帰国後、リハビリの一環として、大野練習場に傾斜が緩やかなマウンドを新設。平地での投球から徐々に傾斜への感覚を取り戻すのが狙いだった。

     今年8月8日のウエスタン中日戦で実戦復帰。今季は8試合で1勝1敗、防御率2・25。シーズン終盤は2軍先発陣で最も安定して結果を残した。1軍昇格がささやかれたが「来年、先発ローテに入れるくらいの力がある。じっくりやる時」。当時の佐々岡2軍投手コーチは、来季を見据えた調整を徹底した。

     18日は来春キャンプメンバー選考の最終テストとなるシート打撃が行われる。「左打者の内角に真っすぐとツーシームを投げきれるかが大事」。ルーキーだった昨季は開幕ローテを勝ち取った。復活した左腕で道を切り開く。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000017-dal-base

    <巨人7-8広島>◇29日◇東京ドーム

    広島がシーズン80勝目を挙げた。同点の9回に巨人守護神山口から途中出場の西川が決勝打を放った。勝ちパターンのフランスア、中崎を温存。アドゥワが失点したものの、ヘルウェグや永川が無失点投球でアピールした。


    -終盤に粘って決勝点

    緒方監督 今日も粘り強く、選手が頑張ってくれた。今日で10連戦目で、移動試合。野手にしても投手にしても本当によく頑張ってくれた。優勝が決まった後、関東のファンの方に粘り強い野球を見せることができた。

    -中崎、フランスアを休ませた

    緒方監督 これからは使わないときもある。(代わりに登板した)彼らにとってはこの先の戦いに向けた評価を見極めているところ。

    -西川は一塁での出場が続く

    緒方監督 西川はよく最後に打ってくれた。それまではあまり(打撃内容が)良くなかったけどね。

    -一塁守備も無難にこなした

    緒方監督 投手と一緒。先の戦いへアピールして見せてくれれば、こちらも幅を広げて考える。今は投手を含めて、そういう場。

    -今日出場した選手たちのアピールは

    緒方監督 見せてくれた、見せてくれた。評価している。

    -先発戸田は最低限の投球か

    緒方監督 評価は変わらない。前回中継ぎで登板したときも、いいものは見せてくれる。ただ、まだまだ修正しないといけない課題もある。マイナスばかりじゃないとこちらもみているけど、評価的には代わり映えはない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00346599-nksports-base

    <巨人7-8広島>◇29日◇東京ドーム

    巨人は1回に坂本勇の先頭打者弾で先制。広島は3回に鈴木の適時打などで2点を奪うも、巨人田中俊が再逆転の2ランを放つ。


    広島は5回に野間、小窪、石原の3連続適時打などで5点を奪い、逆転。巨人は6回、長野の二ゴロの間に1点を返した。

    巨人は7回に坂本勇の看板直撃弾などで同点とするも、広島は9回に西川の適時打で勝ち越した。7回途中から登板した永川が2勝目。巨人は同点の9回に登板した山口俊が踏ん張れず、今季負け越しが決定した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00345879-nksports-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が6連勝。優勝へのマジックナンバーを「13」に減らした。


     試合後、緒方監督は「ビジター6連戦は初戦から厳しい戦いが続いたけど、選手全員で戦ってくれた。打って勝った試合が多かったけど、今日のように救援陣がしっかりとしたピッチングをつづけてくれたことが勝ちに結びついた」と話した。

     23号3ランを含む3安打4打点と爆発したバティスタについては「一振りで決めてくれた。いい攻撃をしてくれた」と称賛した。

     3日からはマツダスタジアムで阪神と3連戦。「本拠地に帰っても変わらない気持ちで戦っていく」と表情を引き締めていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000136-dal-base

    ● ヤクルト 3 - 7 広島 ○
    <20回戦・神宮>

     広島が巨人、ヤクルトとの東京遠征に6連勝し、優勝マジックを「13」とした。

     広島は初回、バティスタの第23号3ランで幸先良く3点を先制すると、3回に菊池涼介の第12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を挙げる。7―0の3回に先発・戸田隆矢はバレンティン、雄平に連続適時打を打たれたところで降板。

     3回途中から登板したアドゥワ誠が3回1/3を無失点に抑えると、7回からは一岡竜司、フランスア、中崎翔太のリレーで逃げ切った。

     同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島―ヤクルト戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「一人一人が役割を果たして、投手がダメだとスパッと代えて、次の人が仕事を良い形で繋げていきました。前回に戸田が先発した時に、アドゥワが勝ち投手になりましたけど、そういう意味では、ベンチの思惑通りの形になったと思います」と振り返った。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00164315-baseballk-base

     「ヤクルト3-7広島」(2日、神宮球場)

     広島が今季10度目の同一カード3連勝で今季3度目の6連勝、マジックを13とした。

     初回、バティスタの23号3ランで先制。三回には菊池の12号2ラン、バティスタの適時打などで4点を加えた。

     今季2度目の先発戸田は、三回に制球を乱し3失点で降板。16年7月以来となる白星はお預けとなった。

     三回途中からアドゥワが六回まで無失点。救援陣が踏ん張った。アドゥワが5勝目を挙げた。

     先制3ランを含む3安打4打点のバティスタは「バッターボックスに入ったときに甘い球を狙いました。見事な仕事をしたので感触は良かった」と先制弾を振り返った。続けて「チーム助けるためにバッターボックスに入りました。練習から一生懸命やっているから自分の仕事ができたと思います」と胸を張り、「マジックナンバーを減らしたからすごくいいと思います。地元で優勝を決めたいと思います」と力強く言った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000120-dal-base

     ◇セ・リーグ 広島―ヤクルト(2018年9月1日 神宮)

     神宮球場で開催されたセ・リーグ首位・広島と2位・ヤクルトの直接対決は、降雨のため1回表の途中で試合が中断される波乱のスタートとなった。

     カラシティー(ヤクルト)、大瀬良(広島)の両先発で午後6時に試合開始。先攻の広島は初回、1番・野間が4球で見逃し三振に倒れ、打席に入った2番・菊池は3球で1ボール2ストライクと追い込まれた。ここで雨脚が強くなり、開始からわずか3分で試合中断。グラウンドにはシートが敷かれ、両軍の選手はそれぞれのベンチへ下がった。

     丸刈り頭をさらに短く刈り込んだ広島の主砲・鈴木は三塁側ベンチで目をつぶり、両手を合わせて天気回復をお祈り。これが効いたのか、16分間の中断後、試合は再開された。だが、菊池は再開後にカラシティーが投じた初球、外角の変化球を空振りして三振に終わり、続く3番・丸も2ボール2ストライクからの真ん中直球を空振り。雨に翻弄されながら3者連続三振というスタートとなった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000129-spnannex-base

     8月19日に行われた横浜DeNA対広島18回戦、今季40試合目の登板となった広島の中継ぎ・アドゥワ誠投手(19)に対し、野球解説者の小田幸平氏が体を気遣う場面があった。

     この日の試合は9対7で横浜DeNAの追い上げをかわした広島が勝利し、マジックを「28」とした。アドゥワの出番が訪れたのは7対2でリードしている5回だった。

     広島2番手・今村をリリーフする形で40試合目のマウンドに上がったアドゥワは、2イニングを投げ無失点。ランナーは出したものの要所を締めて4勝目を手にした。試合後にヒーローインタビューに応じたアドゥワは6回のピンチを振り返り「キクさんのファインプレーに助けられた。残り試合はまだあるので、1戦1戦しっかりと戦っていきたい」と答えた。

     この試合を終えて防御率は2点台(2.96)となり、優勝を目指すチームの貴重な中継ぎとして期待されるアドゥワの今後について、AbemaTVで解説を務めていた小田幸平氏は「体のケアが十分にできているか心配」と言及すると、自身の経験を踏まえて次のように述べた。

     「彼はまだ19歳。自分は21歳で社会人から巨人に入りましたけど、マッサージしてもらいたいなと思っても先輩方がいて、ビタミン剤を飲むふりだけして部屋を出たことも多々ありました。ビタミン剤が欲しいわけではなかったんですが(笑)。桑田さんら先輩がいるのに、自分が、というわけにはいかなかった。19歳で40試合も投げているんで、ちょっと心配になりますね」と、将来有望な若鯉のコンディションを気遣った。

     2年目のアドゥワは今季開幕から1軍で中継ぎを任されている。4月26日の横浜DeNA戦でプロ初ホールドを記録し、この時の「19歳6ヶ月」は球団最年少記録となっている。ナイジェリア出身の父と日本人の母の間に生まれ、母は元バレーボール選手。アドゥワ自身も196cmと恵まれた体格を受け継いでいる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010006-abema-base

    ■広島 9-7 DeNA(19日・横浜スタジアム)

     広島が冷や汗をかきながらも、連勝を飾った。19日、敵地・横浜スタジアムで行われたDeNA戦。初回に丸の2ランで先制に成功すると、13安打9得点を奪った。終盤にDeNAの追い上げにあったものの、なんとか逃げ切り、優勝へのマジックを1つ減らした。

     初回、丸が27号2ランを放って先制すると、さらに田中が2点適時二塁打を放って初回に4点を奪った。4回には丸、鈴木、松山が3連続タイムリーを放ってリードを広げると、7回、8回にも加点してリードを広げた。

     先発の戸田は3回3安打3四球1失点で降板。その後、今村、アドゥワ、一岡と繋いだが、5番手飯田がドラフト9位ルーキー山本にプロ初打席初本塁打を被弾。フランスアもソトに23号2ランを浴び、8回に一気に4点を失って追い上げられたが、最後は辛くも逃げ切った。

     DeNAは先発の今永が7失点で4回途中でノックアウト。ドラフト9位の山本がプロ初打席初本塁打を放つなど終盤に追い上げを見せたが、大きなビハインドが最後まで響いた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00184239-fullcount-base

     「DeNA-広島」(17日、横浜スタジアム)

     広島・曽根海成内野手が試合前に移籍後初めて捕手練習を行った。



     前夜の阪神戦で頭部死球を受けていた会沢が、この日はホテルで静養。捕手が石原と磯村の2人体制となり、高校時代やソフトバンク時代に捕手経験のある曽根が緊急時のために練習を行った。

     ブルペンでは戸田の球を受け、シートノックでも捕手の位置に入った。「(捕手の練習は)春以来です。久々だったので球が速かったですね」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000110-dal-base

    このページのトップヘ