広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そして元同僚の広島・鈴木誠也外野手についても語っている。


     ヘーゲンズは2016年に広島に加入。50試合に登板(6先発)して7勝5敗、防御率2.92の好成績を残し、25年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。だが、2017年は11試合の登板にとどまり、防御率6.60と苦戦。チームはリーグ連覇を達成したものの、貢献することはできず、シーズン後に自由契約となった。

     今季はダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、米球界に復帰。3Aリノ・エーシズで12試合に登板(7先発)し、2勝3敗、防御率6.75とまだ波に乗れていないが、日本球界での経験を生かして4年ぶりのメジャー復帰を目指している。

     ヘーゲンズが来日した2016年、広島とともに日本球界の話題の中心となっていたのが、日本ハム(当時)の大谷だった。投手として21試合登板(20先発)で10勝4敗1ホールド、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点という衝撃的な成績を残し、パ・リーグのMVPを獲得。ヘーゲンズが所属していた広島は日本シリーズで日本ハムに敗れ、日本一を逃した。

     二刀流右腕の印象について、ヘーゲンズは記事の中で「日本に着いた時に、彼のことを聞いたよ。彼は日本のスターだから、気をつけないといけない、と言われた。彼のスイングはいつも良かった。彼にも弱点はあったが、他の良い打者と同じように、こちらがミスをすると打つ。投球が意図したように変化せず、スポットをミスすると、打つ選手なんだ」と語っている。失投は許されない好打者と見ていたようだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00138457-fullcount-base

     「交流戦、広島3-0楽天」(10日、マツダスタジアム)

     勝利の方程式が盤石リレーで同一カード3連勝を呼び込んだ。今3連戦は計1失点で、今村猛投手、ジェイ・ジャクソン投手、中崎翔太投手の3人に限れば計7回無失点。喫緊の課題だったチームの投壊を止め、広島・緒方孝市監督は「先発投手がゲームを作ってくれて、中継ぎもしっかり仕事をしてくれてね」と目を細めた。


     まずは今村だ。0-0の七回に2番手で登板し、2死から茂木に左中間二塁打を浴びたが、銀次を二ゴロに封じた。「0点に抑えられればと上がった。チームが勝ったので良かった」。直後の決勝点を引き寄せ、自身の2勝目を記録した。

     3点リードの八回に登板したジャクソンも難なく3人斬り。最終回のマウンドには守護神・中崎がマウンドに上がった。1死二塁のピンチを招いたが、後続を抑え歓喜の輪へといざなった。3連投も苦にせず「疲れ?特にはなかった。しっかりゼロでいけたのは良かった」。17セーブ目でリーグ単独トップにも躍り出た。

     楽天戦前の交流戦3カードは、8試合のうち6戦で7失点以上。一時は12球団ワーストの交流戦防御率だったが立て直した。今3連戦での投手陣を畝投手コーチは「低めに集めていた」と評価し、「その意識をずっと持ってくれれば」と期待した。強固な方程式とともに生んだ流れを12日・オリックス戦からもつなげていく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000036-dal-base

     小雨に煙る6日のマツダスタジアム。日本ハム戦に備えた投手練習の輪の中で、永川と中崎が入念にダッシュを繰り返していた。言わずと知れた、広島の新旧守護神。合間には会話を交わす姿もあった。その内幕を“前任者”が明かした。

     「印象に残る試合があり、ザキ(中崎)に聞いてみたいことがあったんです。ベストピッチなのか、どういう気持ちで投げたのか」

     4月14日の巨人戦。坂本、吉川尚、ゲレーロを11球で打ち取り、3―2の9回を締めた中崎の精密な投球がハートに響いた。「答えはベストピッチでした。“そうじゃない”と言われたら、どうしようと思った」。そう言って永川は笑った。

     翌7日、右腕は1軍のマウンドに立った。4―8の8回に登板すると、中田をカットボール、レアードをフォークで空振り三振に斬るなど、イニングをまたいで2回を零封。直球は最速147キロを計測し、制球にも以前にない安定感があった。

     「近年が悪すぎたけど、状態は一番いい。技術的な底辺が上がっていると思います」

     通算165セーブを誇る右腕だが、1軍登板は16年5月25日の巨人戦以来。左膝痛で走り込めず、引退危機に直面していた。走れるようになれば、もっといい投球ができる―。情念は消えず、球団の後押しもあって昨年9月末に手術。リハビリに励み、2年ぶりに表舞台に戻って来た。

     「1ミリでも成長がないなら、野球をやる意味がない。ただ、若手よりもいいボールを投げ、少しでも勝負できると思えるうちは、野球をやっていたい」

     残り少ない松坂世代で、広島投手最年長の37歳。一途に汗を流すベテランは、若いブルペン陣には格好の手本であり、アドバイザーだ。中崎は言う。「ボクの試合をよく観てもらっている。同じ目線でのフォームや投球の助言はありがたい」

     16年目に踏み出した一歩。永川の立場はまだ強固と言えず、3連覇を目指す組織の中では、結果はもちろん、チーム事情によっても降格の可能性がある。それでも必死に前進する。1軍復帰が最終目標ではなく、その先を見ているからだ。

     「投げ続ける以上、セーブを挙げる役割を担いたい。戻りたい。その気持ちが無くなったら終わり。ただ、今のザキはレベルが高いので、ハードルも相当に高いですけどね」

     心技体をもっと磨けば、中崎のベストピッチに追い付ける―。柔和な表情で語った言葉に、ベテランが燃やす情念の炎が透けて見えた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000096-spnannex-base

     「交流戦、広島4-8日本ハム」(7日、マツダ)

     広島の永川勝浩投手が、16年5月25日の巨人戦(マツダ)以来、743日ぶりに1軍登板。2回を2安打無失点で終え「結果が出て良かった。ホッとしている。投げさせてもらえるなら何回でも結果を出すのが仕事なので」と振り返った。

     八回から登板。1死から大田に左翼線を破られる二塁打を浴びたが、近藤を一ゴロに。最後は中田をフルカウントからカットボールで空振り三振に斬った。

     回をまたいだ九回も球威に衰えはない。レアードを空振り三振に仕留め、最後は1死一塁で中島を左邪飛に打ち取った。最速は147キロを計測。緒方監督は「最初は高かったけどね。そのあとは低めに良いボールを投げていた。次も頑張ってもらいましょう」と話した。

     プロ16年目の永川は昨年1軍出場なしで、9月には左膝のクリーニング手術を受けた。今季はウエスタンで9試合に登板。防御率1・00と安定した成績を残し、3日に1軍選手登録された。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000026-dal-base

     23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、同日の巨人戦に先発した広島・岡田明丈の課題点について語った。

     谷繁氏は岡田について「緩い球ボールを投げる時に少し(腕が)緩むんですよ」と話し、4回ゲレーロをスライダーで空振り三振に仕留めた場面に「カウント球のスライダーと、空振りを取りに行く時のスライダーの腕の振りが違うんですよ」と指摘。

     また、3回二死二塁から坂本勇人に対した投球についても「初球に遅いボール(カーブ)を投げて、(2球目に)外の真っ直ぐを投げようとしました。(緩い球の)次に力を入れたボールを投げるときに、力む傾向があるのでコントロールがつきにくいというのがあるんですよ」と解説した。

     それでも、谷繁氏は「ランナーがスコアリングにいるときに、力を入れて投げればいいと思います。(走者が)いないときに多少は、力を抜いて投げながらも強弱をつけてスタミナを温存しながらやっていく。そこが上手くハマっていけば、岡田はもっといい投球をすると思います」と期待を寄せた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00154064-baseballk-base

     広島が交流戦2勝4敗と負け越し中。昨季は交流戦12勝6敗で2位と健闘したが、今季は苦しい戦いが続いている。

     それでも4番の鈴木誠也(23)は動じない。昨季、右足首骨折で後半を棒に振り、今季も開幕後に下半身の張りで一時戦列を離れた。鈴木は言う。

    「投打が噛み合わないことも多くて、そこは仕方ないと割り切れている。勝てないときも、みんな割と平常心でやれているかなと思います。シーズンのどこかでこういう踏ん張りどころがくるのはみんな分かっているんじゃないか。チーム内もピリピリはしていないんじゃないかと思います」

     自身は交流戦に入ってノーアーチ。打撃フォームはまだ模索が続いている。

    「まだしっくりきていないところもある。“フォームが固まる”ということはないと思っていて、毎試合、毎打席、少しずつ変わっています。例えば、足のステップやタイミングの取り方は常に試行錯誤。試合中に自分のここら辺(顔の右上あたり)から観察するイメージでフォームを思い返しています。そこで、いいファウルが打てたなとか、悪いファウルだったら頭が少しブレていたりするので、自分の中で見直します」

     本塁打はない一方、交流戦は6試合で22打数10安打、4打点、打率・455(3位)。好調のバロメーターは「右肩が開かず、できるだけギリギリまで呼び込んで捉えられていたら状態がいいかなと思える」と言う。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000007-nkgendai-base

     広島・福井優也投手(30)が4日、1軍に合流し、マツダスタジアムで投手指名練習に参加した。

     ファームでは9試合で1勝5敗、防御率2・39。2日のウエスタン・中日戦でも5回無安打無失点の好投を見せていた。

     キャッチボールなどで汗を流した福井は気合十分だ。「下でしっかりやってきたことを上で出すだけです」と力を込めた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000067-dal-base

     1日のロッテ戦に先発した広島の大瀬良大地は、7回を9安打10奪三振4失点で、リーグ単独トップとなる8勝目を挙げた。

    3回まで無失点に抑えていた大瀬良だったが、3-0の4回一死一塁からドミンゲスの打球を遊撃・田中広輔の失策で一、二塁とされると、清田育宏、鈴木大地、田村龍弘、加藤翔平に4連打を食らい逆転を許した。

     直後の5回に丸佳浩の一発で同点に追いつくと、大瀬良は5回以降、走者を出しながらもホームに還さず、スコアボードに0を並べた。鈴木誠也の適時打で1点リードとなった7回は、3番から始まる打順を中村奨吾を右飛、角中勝也、ドミンゲスを連続三振に仕留めた。

     同日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』の解説を務めた野村弘樹氏は「4回だけ大瀬良ではなかったですね。不運な部分があったにせよ、3回までのピッチングを見ると、あそこまで連打を食らうとは思いませんでしたね」と振り返り、「5回以降は彼のピッチングを見せてくれた。よく立ち直ったし、よくエンジンをかけなおした。立派なピッチングだと思います。特に7回1点を取ってもらった後の三者凡退は非常に良かったと思いますよ」と褒めた。

     これで大瀬良はリーグ単独トップの8勝目。野村氏は「今8勝ですから、倍は勝たないといけない。16、7、最多勝を狙えるところに十分いますからね。(背番号14の14勝は)最低のラインだと思います」と期待を寄せた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00154939-baseballk-base&pos=5

     「広島7-12西武」(31日、マツダスタジアム)

     広島・薮田和樹投手が4回8安打10失点(自責7)で試合後、2軍再降格が決まった。

     初回は無失点で抑えたが、1点リードの二回。金子侑に逆転の2点適時打や秋山に3ランを浴びるなどで一気に10点を失った。

     4月30日・阪神戦以来の1軍マウンドだったが、結果を残せず。試合後、薮田は「力不足だと思います。もっと質の良い、ファウルを取れる真っすぐに取り組んでいかないといけない」と反省を口にし、畝投手コーチは「前回よりは良くなっている。変化球の精度をもう一つ上げてほしい」と指摘した。

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/05/31/0011312811.shtml

    このページのトップヘ