広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

    広島会沢翼捕手(31)が15日、打撃練習に加え、ブルペンで薮田の球を受けた。

    侍ジャパンとしてプレミア12出場を控えるため、秋季キャンプには同行しない。侍合流までは秋季練習に参加予定で、この日は佐々岡新監督が来季のキーマンの1人に挙げる右腕の球を受けた。「出て来てもらいたいし、(薮田にとっては)チャンスだと思う。それが一番。もっともっとアピールしてもらいたい」。安定したパフォーマンスを発揮できない右腕に声をかけ、奮起を促した。



    もちろん侍ジャパンの一員としての調整の一貫でもある。「日の丸を背負うのでしっかりやっていかないといけない」。代表選手として、ラグビー日本代表の快進撃は刺激になっている。「同じ方向を向いて、何を思ってやっていくかが大事」。広島では昨年から2年、選手会長として一体感を大事にしてチームをまとめてきた。チームとして大事にするべきことは同じ。侍ジャパンでも「ONE TEAM」を胸にプレーする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-10150663-nksports-base

     「プロ野球ドラフト会議」(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

     大学ナンバーワン右腕の明大・森下暢仁投手(22)は広島が単独指名した。



     都内の明大キャンパス内で、チームメートらとドラフト会議を見守った森下は、12球団の指名が全て終わると、わずかに笑みを浮かべながら善波監督らと握手を交わした。

     その後、会見場に現れた右腕は「本当に幸せな気持ちと、これからプロの世界で活躍していかないといけなという自覚があります。みなさんに勇気を与えられるプレーをしてきたい」と力を込めた。

     広島には明大の先輩である野村が在籍。「明治大学での先輩でもある野村投手には、どうすれば活躍できるかを聞いてみたい」と初々しい表情で語った。

     広島の印象について「熱いファンの方が多いイメージ。自分が投げれば、たくさんの先輩方が打って点をとってくれるイメージがある」。大分出身の本格派右腕が、新生佐々岡カープに新風を吹かせる。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000106-dal-base

     広島の高橋昂也投手(21)が13日、復活に向けまた一歩、階段を上った。廿日市市の大野練習場で、2月に左肘のトミー・ジョン手術を受けて以降、初めて傾斜を使い投球練習を行った。

     通常のマウンドから半分の傾斜にした“ハーフマウンド”に上がると、沢崎3軍投手コーチを相手に8割の力で20球を投げた。「久しぶりだったので、すごく気持ちが良かった。思っていた以上に投げられた」と目尻を下げた。

     7月中旬にキャッチボールを再開。投げる距離を徐々に伸ばしていき、ようやくこの日にこぎつけた。リハビリは順調そのもの。今後2週間は週に2度のペースで投げる。その後は試合で使うマウンドに上がる予定だ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000035-dal-base

     広島の佐々岡真司新監督(52)が13日、一岡竜司投手(28)と中崎翔太投手(27)の復活に期待を寄せた。1軍の秋季練習休日を利用して2軍の秋季練習が行われている広島・廿日市市の大野練習場を訪れ、ブルペンでの投球練習を視察。今季は本調子ではなかった一岡と中崎。V奪回には勝利の方程式を固めることが不可欠だけに、実績がある両右腕の復調が必要だ。

     中崎と一岡に、佐々岡監督は注視した。ブルペンでの投球練習を見るのは久しぶり。もちろん監督に就任して以降は初めてだ。「今年は彼らがいなかった分、苦しかった。2人には復活をしてほしい」。体の動きや指先から放たれた球の力強さや切れ。一挙手一投足を真剣な表情で追った。

     まずは一岡が右腕を振った。徐々にギアを上げていくと変化球を含め45球を投げた。続いて中崎がブルペン入り。カーブで腕の振りを確かめると、次は力強い直球だ。投げ込みは熱を帯びる。球数は、秋季練習最多となる80球になっていた。

     「考えながらしっかりとやっていた。球の強さもあった」。投球練習後には直接、声をかけた。2軍で試行錯誤しながら前に進む2人の表情に、ホッと胸をなで下ろした。

     今季は一貫して勝利の方程式を組むことができなかった。中崎は守護神を任されながら、昨季までの4年連続50試合登板の疲労蓄積もあって状態が上向かず、6月上旬に抑えから配置転換。その後2度、出場選手登録を抹消された。一岡はコンディション不良などで戦列を離脱。ともにシーズン終盤は2軍で過ごすことになった。

     秋季練習では、一岡は2日に1回ブルペンに入っている。体の状態は万全で、充実した時間を過ごす。「全体的に鍛えています。状態は良い。継続して、上澄みがあるようにやっていきたい」と前を見据えた。

     中崎はこの日の投球を振り返り「まだ良い球は投げられていない」と手綱を締める。その一方で「上向いている感じがある。しっかり練習して来年はチームの力になれるようにやっていくだけ」と力を込めた。11月中までは頻繁にブルペン入りし、レベルアップを目指す。

     誰が守護神を担うかなど勝利の方程式メンバーは現在白紙。佐々岡監督は「みんなにチャンスがある。競争です」と言い切った。2人とも秋季キャンプには参加せず、来年の春季キャンプへ向けて準備を進める方向。力強い直球を再び取り戻す秋を過ごしていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000027-dal-base

    <みやざきフェニックス・リーグ:ハンファ0-3広島>◇8日◇天福

    広島遠藤淳志投手(20)が「みやざきフェニックス・リーグ」で初先発し、韓国ハンファを相手に3回まで毎回三振の5三振を奪う完全投球を見せた。


    今年プロ初登板やプロ初勝利を記録したが、登板34試合はすべて中継ぎだった。遠藤は「来年は先発で投げたい。先発で勝負できるように、長いイニングを投げられるスタミナづくりに取り組みたい」と先発に強いこだわりを持つ。

    同リーグでは登板数を多くするためにイニング数が制限されている。この日も完全投球ながら予定通り3回降板となった。「実戦では短い回しか投げられませんが、登板翌日のブルペンで球数多く投げ込みたい」。昨秋はケガをしたが、今年は実りの多い秋とするつもりだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-10080425-nksports-base

     広島の九里亜蓮投手(28)が8日、マツダスタジアムを訪れ、来季の先発ローテーション定着へ向けて意気込んだ。シーズン終了後から今季の投球内容を映像やデータで振り返り、自己分析の真っ最中。9日から始まる秋季練習では、気になる部分があれば“質問魔”となって野手にも助言を求める構えだ。ウイークポイントを洗い出して克服に努めていく。

     九里は何度も「ゾーンの中で勝負する」と口にしてきた。来季もそれを突き詰めて貫くためには、自身の投球を知り、配球のバリエーションを増やすことが重要だ。今季を振り返りながら「このカウントではこの球種が多いとか少ない、とか。カーブが2%しかないなら増やしてみようかな、とか。それが分かれば良い」と力を込めた。

     対セ・リーグ5球団の映像や投球データなどと毎日にらめっこ。この日もマツダスタジアムのロッカーで集めた資料に目を通した。徹底的に自己分析するようになったのは16年の春季キャンプから。田中スコアラーに助言を受けたのがきっかけだった。

     それ以降は投手だけではなく「ゾーンの中で勝負するためには、野手から見たときに何が嫌なのかと思った」と東出打撃コーチに話を聞いたこともある。9日から本拠地で始まる秋季練習。投手、野手、コーチなどの垣根を越え、自身のレベルアップのために気になったことを質問攻めする意気込みだ。

     今季は8勝8敗、防御率3・51で終えた。開幕ローテ入りしながら、最終盤は中継ぎに回った。「先発をしたい。その思いは変わらない」。来季こそ、その場所を守り抜くために貴重なオフを過ごしていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000025-dal-base

     「フェニックス・リーグ、広島3-3楽天」(7日、日南市天福球場)

     広島・岡田明丈投手(25)が7日、日南市の天福球場で行われた「みやざきフェニックス・リーグ」の楽天との開幕戦で2回2安打無失点と好投した。八回から登板し、テーマとしている直球は最速151キロをマーク。今季はプロ4年目で初めて0勝に終わった右腕。佐々岡カープでの復活へ、大きな一歩をしるした。

     佐々岡新監督が広島で就任会見を行ったこの日、岡田が宮崎の地で収穫を手にした。「今は直球を磨こうと思っている。(腕を)振った中で、勝負していく」というテーマの中、約8割を直球で楽天打線を封じた。最速は151キロ。「手応えはすごくあった」とうなずいた。

     八回からマウンドに上がると、四球と安打で2死一、二塁となるも得点を与えず。九回も先頭に左前打を許したが、後続を断ち2回2安打1四球無失点だった。「少しずつ良くなってきているから、実戦で投げさせようと」(水本2軍監督)とフェニックス・リーグではチーム最年長参加。今後へつながる38球だった。

     今季は開幕ローテに入ったが、4月中旬に降格。8月に再昇格も、1試合に中継ぎ登板したのみで降格していた。3試合で0勝2敗、防御率14・14、プロ入り初の未勝利に終わった。制球力向上を優先的に行った時期もあったシーズン。「1軍で投げてこそだと思うけど、いろんなことを勉強できた」と前向きに話した。

     来季佐々岡新体制での復活へ、階段を上る右腕。「まずは自分のアピールポイントの真っすぐをしっかりやる。やれることを来季に向けてやっていこうと思います」と力を込めた。17年には12勝を挙げた背番号17が、価値ある秋とする。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000038-dal-base

    広島菊池保則投手が来季に向け始動した。

    9日からの秋季練習に備え、マツダスタジアムでネットスローなどのメニューに取り組んだ。楽天から移籍1年目の今季は自己最多を大きく更新する58試合に登板し、来季はさらなる飛躍を目指す。佐々岡新監督誕生が秒読みとなっていることについては「選手がやらなければならないことはいっしょ。みんなの目標も変わらないと思う」と話した。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-10060849-nksports-base

     プロ野球の国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代唯一の通算400勝を達成し、ロッテ監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院で死去した。86歳だった。巨人が発表した。

     豪快なキャラクターで「カネやん」の愛称でも親しまれた金田さんの突然の訃報を受け、広島のエースとして通算213勝をマークした野球解説者の北別府学さん(62)が自身のブログを更新。金田さんとの思い出をつづった。

     「金田正一さんの訃報にあたり本当に寂しい思いです」と切り出した北別府さん。自身の現役時代、夏場に半袖を着ていたところ、巨人戦の解説に来ていた金田さんに「こらっ、投手が半袖を着るもんじゃないぞ!肩と腕を冷やすな」と叱られたことがあったそうで「それから現役の間、私服もアンダーシャツも夏場は長袖を着用することになったきっかけでした。投手に対しての熱い思いを常に持っておられると思った次第です」と大投手を偲んだ。

     また、「私も引退してからですが、広島で美味しいふぐ料理屋を教えてくれとか仕事は大丈夫かとお気遣い頂いたりと思い出は尽きないほどです」と引退後も交流があったことを明かし「金田さんを知り野球への姿勢、ファンの方への姿勢、を学ばせていただきました。本当にありがとうございました。ご逝去にあたり心よりご冥福をお祈り致します」と結んだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000267-spnannex-base

    このページのトップヘ