広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     ドジャースの前田健太投手が27日(日本時間28日)の本拠地エンゼルス戦に先発登板し、7回4安打無四球6奪三振で無失点と圧巻の投球を見せた。先発した試合では今季自身初の無失点で、7回以上をゼロで抑えたのはメジャー2年目で初めて。ドジャース球団公式ツイッターでは「ファンタスティック」と賛辞を贈ると、ドジャースファンから「アメージング」「マエダ復活」と称賛の嵐が沸き起こった。チームも4-0で勝利し、前田も6勝目(3敗)を挙げた。

     先発ローテの生き残りをかけた前田が渡米後、“最高級”の投球を見せた。23日(同24日)のロッキーズ戦で救援登板し、1回無失点で抑えていた右腕は18日(同19日)のレッズ戦以来の先発マウンドで奮起。初回先頭のヤングにいきなりセンター前安打を浴びたが、女房役のバーンズが二盗を阻止すると、後続を断ち勢いに乗った。

     2回と3回を3者凡退に打ち取ると、4回1死一、二塁のピンチでもバルブエナを空振り三振、シモンズを遊ゴロに仕留め、無失点で切り抜けた。その後もスコアボードにゼロを並べた右腕を打線も援護し、6回にペダーソン7号3ランなどで4得点。前田は7回92球、4安打無四球、無失点でマウンドを降りた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00010016-fullcount-base

     広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が20日、マツダスタジアムで行われた指名練習に参加。23日・阪神戦(マツダ)から再開するリーグ戦では、与えられた場面を全力で封じる決意を示した。背水の覚悟でリーグ連覇、日本一に向けた力となる。

     小雨の降る中、加藤が外野フェンス沿いを走り込んだ。23日から再開されるリーグ戦での巻き返しを目指す意気込みが、力強いストライドににじみ出る。指名練習では、キャッチボールやランニング、ダッシュなどに精力的に取り組んだ。

     5月5日以来の1軍戦登板となった18日・ソフトバンク戦(マツダ)。中継ぎとして1回を三者凡退に抑え、成長した姿を見せた。「(1軍は)いいもの。継続するしか道がない。抑えて結果を出すしかない。チャンスが多くあるわけではないので、一回一回を大事にしたい」。冷静に自らの立場を考え、気を引き締めた。

     制球難を起因とした成績不振で5月6日に出場選手登録を抹消された。降格後の2軍では7試合で2勝1敗1セーブ、防御率3・54ながら、中継ぎに専念してからは課題の制球力に大幅な改善が見られ、16日に再昇格を果たした。

     投球フォームの修正や苦手とする立ち上がりの克服に取り組んだ1カ月。これまでの投球を見直し、バランスや下半身の使い方などを改善。「ばらつきがあったが、フォームも固まってきたので安定してきた。前よりは良くなっていると思う。(中継ぎで)1回に集中して投げることができたのも、良かったと思う」と手応えは十分だ。

     現在の投手陣は万全とは言い切れない。先発では中村祐が2軍に降格し、勝利の方程式の一角を任されていたジャクソンも4試合連続失点中と不調。先発、中継ぎと両方の経験がある右腕だが「こだわりは特にないので、どこでもいい。実績もないですし、僕が決めることではないので。言われたところで投げるだけです」と与えられた場面を全力で封じ、戦力となる決意を示した。

     「まだ(中継ぎで)1試合しか投げていない。今後の状態を見て、適性を見る」と畝投手コーチ。チームは貯金16の首位で、2位・阪神に3ゲーム差をつけている。期待のドラフト1位右腕が背水の覚悟でリーグ戦再開に挑み、リーグ連覇、日本一に貢献していく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000012-dal-base

     「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

     再昇格を果たした広島のドラフト1位右腕・加藤(慶大)が九回のマウンドに上がり、1回を3人で抑えた。

     先頭の福田を150キロの直球で空振り三振に仕留めると、続く今宮もフォークで連続三振。さらに柳田も150キロの直球で二塁ゴロに打ち取った。

     「自分がやろうとしていたことはできました。投球フォームも自分が投げたいように投げられました」。

     2軍落ちの原因となった制球難は影を潜め、ストライクが先行。5月5日以来の1軍マウンドで結果を残し、心地よい汗をぬぐった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000110-dal-base

     「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

     広島の先発・中村祐は1回2/3を5安打4失点で、プロ初黒星を喫した。

     勝ちか引き分けで交流戦勝率1位が決定する大一番の先発を託されたが、先発の役割を果たせなかった。

     「力不足です。力みもありました。この悔しさをバネにしたい」と悔しさをにじませた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000123-dal-base

     「交流戦、広島3-5ソフトバンク」(16日、マツダスタジアム)

     広島のクリス・ジョンソン投手が、5回5安打5失点でKOされ、2敗目を喫した。


     初回、自らの暴投などで2点を献上。三、四回には先頭打者への四球からピンチを広げて失点した。試合後は「制球が悪かった?見ての通りだ。キャッチャーが構えたところに投げられなければ、結果はおのずと悪くなってしまう」と肩を落とした。

     体調不良のため長期離脱を余儀なくされ、9日の楽天戦で復帰した。本拠地のマウンドは3月31日、阪神との開幕戦以来だった。緒方監督はエースの乱調に「立ち上がり、悪かったところを一気に捕まった。そのあとも修正しきれなかった」と振り返った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000151-dal-base

     広島などで通算110試合に登板し、シドニー五輪代表としても活躍した河野昌人(かわの・まさと)さんが16日、虚血性心疾患のため39歳の若さで急死した。15日にホークスジュニアアカデミー佐賀校の講師を務め、その夜、居酒屋で食事した後、帰宅したが、佐賀市内の自宅前のガードレール横に仰向けで死亡しているのが、翌朝発見された。

     河野さんは04年の現役引退後、地元の佐賀に戻り、病院勤務のかたわら、クラブチーム「佐賀魂」でコーチを務めたり、最近ではジュニアアカデミー4校で少年野球の指導に携わっていた。

     14日にはヤフオクドームで行われた草野球イベントに、ホークスOBチームの一員として参加。河野さんは投手としてマウンドにも立ち、打席では軟式球で本塁打性のファウルを豪快に飛ばしていたという。球団関係者は「全然、元気にプレーしていたのに…。突然のことで驚いています」と話した。

     河野氏は佐賀・龍谷高から96年ドラフト3位で広島に入団。00年には46試合登板で、4勝5敗9セーブと抑え投手として活躍した。同年には松坂、杉内らとシドニー五輪日本代表にも選出され、3試合に登板した。04年にダイエーに移籍したが、同年限りで現役引退。通算成績は7勝16敗10セーブ、防御率5・82だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000154-spnannex-base

     広島・大瀬良大地投手(25)が12日、マツダスタジアムで投手練習に参加した。次回は14日・オリックス戦に先発する予定だ。

     前回7日・日本ハム戦(札幌ドーム)は、7回3失点で4勝目を挙げた。ただ内容には不満げ。「2失点は四球絡みだったので、信頼にも関わってくる。今季は7回が最長なのでもっと長いイニングを投げられるように、見つめ直して0に抑えられるようにしたい」と意欲的に話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000060-dal-base

    このページのトップヘ