広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     広島・野村祐輔投手(28)が5日、春季キャンプの第1クールを終え、デイリースポーツのインタビューに応じた。今キャンプは投手陣で日本選手最年長の立場。若手の手本となる責任感、3年連続で成績を残しエース道を歩む覚悟、リーグ3連覇への決意などを赤裸々に語った。

       ◇  ◇

     -キャンプ第1クールを終えて、ここまでの仕上がりは。

     「ケガなく、体も今のところ順調です」

     -若い頃と調整は変わった。

     「そうですね。今は任されているという感じです」

     -今キャンプは投手陣で日本選手最年長。

     「去年の秋のキャンプからそうだったんですけど、一番若い子とは10歳近く違いますからね。僕が入団したころ、10歳上の先輩は石原さん。1年目の時にいきなり石原さんに話しかけるというのは…(苦笑)。僕がその立場だったらまず話しかけられないから、僕から話しかけなきゃというのはあります」

     -話はできたか。

     「まだあまりできていないです。全員が(2次キャンプ地の)沖縄に行けるかどうかも分からないので、日南にいる間が話をするチャンスですね」

     -若手をどう見ているか。

     「まだ遠慮がちなのかなと見ていて思います。いいピッチャー、能力あるピッチャーはいると思う。『自分がやってやる』というのが見えた方が、すぐには出せないと思うけど、そういうのがあってもいいんじゃないかなと思います」

     -1年目のキャンプはどう過ごしたか。

     「最初は強制的にブルペンに入ったこともあったし、好きなタイミングで入ったこともありました。1年目はある程度、大目に見てもらっていましたね」

    エースに負けん

     -昨年は相手に研究もされた。

     「それももちろんありましたし、投げるところが変わった。一昨年はカードの2、3番目だった。カード頭で投げる難しさはありました」

     -エース級との投げ合いも増えた。

     「それを意識しないことはないし、エース級がきても勝たないといけない。先に点を与えるわけにはいかないですし、初戦はやっぱり大事だと思います」

     -以前、エースの条件として“3年成績を残し続けること”と挙げていた。

     「最低3年は続けないといけない。それでやっと(エースと)言えるんじゃないかと。成績はもちろんですけど、成績を出したからといってエースというわけではないと思う。いいときも悪いときも必ずあるので」

    見えてきたもの

     -エースの考え方とは。

     「一番はチームを思っている。自分が良ければいいという考えでは決してない。そういう考えをされていると思う。(若い頃は)自分がまずやってポジションをつかまないといけない。さすがにチームのことは考えられない。ある程度、年齢やキャリアを積んで、やっと周りが見えてくるんじゃないかと思います」

     -一昨年と昨年で、考え方が変わった。

     「一昨年はその前の2年が悪かったから何とか自分がポジションや立場をもう一度、作っていかないといけなかった。そこに本当に一生懸命だった。(昨年は)チームのために、チームがうまくいくように考えられるようになりました。去年の1年間がすごく大きかった。数字を見たら(9勝で)2桁は勝てなかったけど、大きな1年だったと思う。いい経験をさせてもらった1年でした」

     -昨年は球種の割合の中で、ツーシームが一番多かった。

     「意外じゃないですね。ストレート系が多い、カットも多い。ストレートと大してスピードが変わらないので、そういうボールが主体になってくる」

     -今キャンプで磨く球種は。

     「ストレート。毎年ストレートです。ストレートが良くなったら他のボールも良くなるんです。基本はストレートとカーブ。いいフォームの状態にして、他の変化球にという感じです。カーブ以外はみんな投げ方が一緒。仲間なんです。カットもスライダーもツーシームもチェンジアップも一緒。カーブだけ別物だから難しい。カーブもストレートに近い投げ方にできるようにしたい」

     -変化球の精度については。

     「全然、納得していない。質ですね。(昨年は)ストレートが良くなかった。いいときと悪いときの差があったので」

     -昨年、ストレートの割合は2番目に少なかったが、来年は増えそうか。

     「ストレートが少ないのはイメージできていました。でも配球がある。ストレートがいいからストレートを使うわけではないですね」

     -新しい変化球は。

     「いろいろやっています。持っている球種の中でも種類を増やしたりとか。変化球は別の変化もさせられるので。小さいスライダーとか大きいスライダーとか、速いカーブ、遅いカーブとか」

     -リーグ3連覇のために必要なことは。

     「もう一度、一致団結すること。みんなで同じ方向を向いて戦っていかないといけない。1番上なので去年と変わらずしっかりやれたらいいと思う」

     -昨年は打線の援護に助けられたので、来季は野手に返したいと話していた。

     「どのピッチャーも野手に助けられたと思っている。そこを何とかして、と思っていると思います」

     -他球団は補強している。

     「どの球団も優勝を狙っているのはもちろんのことなので、それに負けないように、しっかりはね返せるように頑張っていきたいです」


    引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/14261699/

     「広島春季キャンプ」(4日、日南)

     ジェイ・ジャクソン投手が今キャンプ初のブルペン入り。直球を中心にチェンジアップを交えて25球投げた。

     「今年最初のブルペンの感じとしては良かった。(寒いが)3年目なので、どうやっていいか分かっている」

     オフは米・フロリダで練習を重ね、調整は順調そのもの。「過去2年間は優勝することができた。今年もチーム一丸となって戦っていく」と力を込めた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000135-dal-base

     「広島春季キャンプ」(4日、日南)

     広島・藤井皓哉投手(21)が4日、今キャンプ初のフリー打撃に登板し、1軍生き残りをアピールした。野間に対して計25球を投げ、安打性の打球は3本。練習後、第1クールを総括した緒方監督は16日からの沖縄2次キャンプへ向けて投手陣を現在の22人から17、18人に絞り込むと明言。競争激化が確実な第2クール以降も、4年目右腕が結果を出し続ける。

     砂嵐まで舞った強風の中、高卒4年目の藤井皓がフリー打撃のマウンドに立った。1軍生き残りをかけて首脳陣に成長をアピール。今キャンプ最多6500人の観衆の前で、寒さを吹き飛ばす熱投を見せた。

     「真っすぐを意識して、自分の中ではしっかり投げられた。(コンビを組んだ)磯村さんからもいい感じと言ってもらったので、良かったと思います」

     直球25球を投げ、安打性は3本。ボールが続いたシーンもあったが立て直した。畝投手コーチは「しっかり腕を振って低めに制球できていた。ブルペンでやっていることができていた」と評価。前日のフリー打撃で好投した高橋昂に続き、第一関門を突破した形だ。

     右腕は昨年プロ初登板。2試合を無失点に抑え、今季の飛躍が期待されている。昨年まで春先に調子が上がらなかったが、オフもボールを投げ続けることで課題を克服した。

     6日から始まる第2クールでは若手投手によるサバイバルが本格化する。実戦形式のメニューも行われ、緒方監督は「シビアに判断していく」と予告。現在22人の投手陣に関して、「沖縄に行く時には17、18人にしていく」と初めて明言した。沖縄2次キャンプまで約10日間。若手がしのぎを削る競争は、ますます熱を帯びそうだが、藤井皓は負けない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000037-dal-base

     「広島2軍春季キャンプ」(2日、岩国)

     広島の加藤拓也投手(23)が2日、岩国市のキズナスタジアムから移動後、廿日市市の大野練習場で2日続けてブルペンに入った。昨秋から修正を図る、腰の回転を意識したフォームで58球。力強い球を安定して投げるための日々が始まっている。



     投球動作に入った時、グラブをはめる左手の位置が低くなった。昨季までのように左手を高く上げれば腰が縦に回転してしまう。昨季の投球を自己分析し、腰を横に回転させる意識を持つようになった。すると左手も自然と下がったという。

     横回転を意識することで無意識のうちにテークバックが小さくなり、肘をしらなせる投げ方にもつながってきた。制球力は増した。佐々岡2軍投手コーチは「自分なりに考えてやっている中で球威が落ちたという訳ではない」とうなずいた。

     日南に移動して迎える第2クール初日の6日と、8日にフリー打撃に登板する予定の加藤。昨季はプロ初勝利を手にしながら1軍定着は果たせなかった。「やるしかない」。変化を成長へとつなげていく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000032-dal-base

     広島・中村祐太投手(22)が30日、宮崎県日南市内の天福球場で行われていた先乗り自主トレを打ち上げた。初の開幕1軍&開幕ローテ入りを目指す右腕は、左打者対策として習得に取り組んでいるシンカー5球を交えてブルペンで62球。新球の仕上がりに手応えを持ちながら、2月1日からのキャンプに臨む。


     納得のオフを過ごした充実感と、いよいよ始まるキャンプへの闘志が入り交じっていた。中村祐は当初の予定通り先乗り自主トレで3度目となるブルペン投球を行い、キャンプを打ち上げた。

     「去年1軍を経験した分、今年はもっとやらなくちゃいけない気持ちが強い。初日からいいアピールができるような準備はしてきたので」

     武器のスライダーと直球を中心とした投球で昨季はプロ初勝利を含む5勝。さらに進化するべく、このオフ着手したのが新球のシンカー習得だ。この日のブルペンでは5球を投げ、「動いていたのでいいんじゃないかなと。抜ける球もなかったので良かった」とうなずいた。

     狙いは明確だ。昨季右打者相手には被打率・211だったが、左打者には・285。左打者の外に逃げる球種を持っておらず「毎試合苦戦していた」と明かす。そこで薮田からツーシームの握りを聞き自分流にアレンジ。崩して打ち取る球とするのが理想で「打者も頭にあれば、それだけ幅も広がる」とイメージを膨らませた。

     キャンプ中の打撃投手や紅白戦で、打者相手に試すと同時に存在感も示していく。「開幕ローテが目標なので、そこに入れるようにアピールしていくしかない」と力を込めた若鯉。新球を携え、その座を勝ち取りにいく。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000036-dal-base

     広島・一岡が合同自主トレに初合流し、変化球を交えながらブルペンで捕手を座らせて60球の投球練習を行った。

     「以前は着地と同時に100%の力を入れていたけど、今はキャッチボールの状態でマウンドに上がる感覚。(昨年の)交流戦でつかめた」と一岡。歩幅もそれまでの7歩から6歩半に狭め「そんなに力を入れなくても球が行く感覚がある」と言う。昨季は59試合で防御率1.85をマーク。「今季も去年並みの成績を残したい」と話した。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000044-spnannex-base

     広島・塹江敦哉投手(20)が28日、88キロの自己最重量ボディーで春季キャンプに臨み、開幕1軍を勝ち取る決意を示した。宮崎・日南での先乗り自主トレに参加し、ブルペンで90球を投げた。合同自主トレを行ってきた中崎から下された、4年目で初となる開幕1軍&プロ初勝利指令に応えてみせる。

     1軍で戦力となるための自覚の表れだった。球場内のウエートルームから出てきた塹江は、このオフに掲げていた2キロ増量に成功したことを明かした。ウエートトレはもちろん、あまり得意としてこなかったプロテインを毎日、朝食後と練習後に摂取。88キロの肉体に「(これまでで)一番重いです」と声を弾ませた。

     「今のままでは、1軍に上がれないと思った。球の力や安定感を出すために筋量を上げる意識でやりました」

     持ち味の直球に加え、課題の制球力アップは不可欠。そのためにも特に体幹を鍛えながら筋量を増やし、下地を作った。仕上がりにも一定の手応えを得て、現在は技術面の向上に精を入れる。この日もブルペンやネットスローで左腕を振り続けた。

     3年目の昨季はキャンプ1軍スタートも、結局は1軍登板なしに終わった。今春も1軍スタートに食い込んだだけに、チャンスをつかみたい。チームは先発、中継ぎを問わず、左腕の確立が課題で「(起用法の)こだわりはないですし、チームに貢献したい。競争なので、そこに勝つ気持ちはある」と闘志を燃やした。

     「開幕1軍と初勝利を挙げることが、今は一番大事。ザキさん(中崎)にもそう言われてます」。2年連続でオフに合同自主トレを行った先輩からも下されたノルマ。細かい技術面や心構えなども助言してくれる中崎への感謝を示すためにも、増量したボディーで花を咲かせる。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000035-dal-base

     広島・岡田明丈投手(24)が25日、昨季終盤に2軍落ちした反省を生かし、今オフは脱力をテーマに掲げていることを明かした。この日からキャンプ地となる宮崎県日南市の天福球場で先乗り合同自主トレがスタート。ブルペンでは足をあげた際に少しひねりを加えた新フォームも披露した。

     ひと目見れば、岡田の狙いは明確に伝わってくる。最高気温8度と寒さを感じる中、投球の原点である外角低めを中心に30球。全く力感のないフォームからリリースの瞬間に、ため込んだ力を爆発させ繰り出されるボールには威力があった。

     「力をどれだけ抜けるかというところを意識しています。力みたくないので、バランスを重視しています。右(打者)のアウトコースに投げられれば、ある程度抑えられるとは思うので」

     昨季の苦い経験から、今季のテーマを「脱力」に決めた。「去年の後半はバランスがしっくりきていなかった。前半は手応えがあったので。(対打者より)対自分になって、力みもあった」。昨季はチーム2位の12勝をあげたが、終盤は失速し2軍降格も味わった。好不調の波を少なくするべく、力みのないフォームを目指すことに行き着いた。

     決して昨季前半の良い時への“逆戻り”を意味するものではない。「原点回帰というのは違うかなと…。基本、進化していると思っているので」。脱力をテーマに掲げただけでなく、左足を上げた際に、少しのひねりを加えた新フォームにも着手している。「そこまで(ひねりを)入れてはいないけど、体の連動のなかで投げたい。打者が立ったときにあたふたしないように、今できることをやっていきたい」。

     ブルペンでは、捕手の後ろと三塁側方向の2カ所からスマートフォンを使っての動画撮影を依頼し、投球フォームを入念に確認。投球が終わると、松本隆ブルペン捕手からは「最高!」の声とともに、想像以上を意味する驚きの表情もみられた。

     昨季は投球フォームへの迷いが力みにつながり、CSファイナルステージでは登板機会すらなかった。「自分のやりたいことを1年間ブレないように」。プロ3年目。今季の岡田は、もう迷わない。 (河合 洋介)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000087-spnannex-base&pos=1

     広島・中崎がキャンプ地・日南での先乗り合同自主トレ初日に、一番乗りでブルペン入りした。捕手を立たせたまま直球のみ70球を投げ込み「例年この時期に70球はなかった。初日にしては割といい感じで投げられました」と手応えも十分だ。

     昨春キャンプではインフルエンザを発症し調整が遅れ、4月上旬に右脇腹違和感で出場登録を抹消された。守護神の座を一年間守り抜くため、早めの調整を進める。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000093-spnannex-base

     広島・戸田隆矢投手(24)が23日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で合同自主トレに参加。沖縄で合同自主トレを行っていたドジャース・前田健太投手(29)から、メジャーを例にした助言を授かったことを明かした。データに基づいて打者の弱点を突くように意識改革。試合前から頭をフル回転させて飛躍につなげる。

     軽快な動きが決意の表れだ。沖縄合同自主トレから戻った戸田は、先輩やスタッフにあいさつを済ませると、キャッチボール、ノックなどで汗を流した。マエケンとの自主トレ中は朝から晩まで野球漬け。シェアハウスで暮らし、練習中も食事中も「ずっと野球の話をしていた」という。

     メジャーリーグの話を聞く中で、最も印象に残ったのがデータの生かし方だ。メジャーでは日本以上にデータを重要視。それらを頭にたたき込んだ上で、徹底的に打者の弱点を突くという。武器であるクロスファイヤーを生かすため、「高めなら高め、低めなら低めにしっかり投げる」と意識改革した。

     頭も試合前からフル回転させる。日本でも試合前に入念なミーティングが行われるが、今季は「それ以上に、自分でも研究したい」と意欲。マエケンのアドバイスを踏まえて、「打者の特徴を知ることが大事だと思った」と実感を込めた。

     2月1日のキャンプインへ仕上がりは上々だ。南国ではウエートトレーニングで筋力アップに励んだ。「質のいい体作りができた。キャンプでも続けていきたい」ときっぱり。昨春キャンプでは、第1クールで調整不足のため2軍行きを命じられた。「そういうことがないように。同じことを繰り返さないようにしたい」と雪辱を誓っている。

     すでに沖縄では2度ブルペンに入り、遠投などで肩を作った。16年に4勝を挙げ、昨季はローテ入りを期待されたが、わずか3試合登板と期待を裏切っただけに、「がむしゃらに若手と一緒に元気を出してやりたい、ルーキーと同じような気持ちでやりたい」と力を込めた。

     チームの春季キャンプのテーマの一つが左腕の発掘。高橋昂、高橋樹、塹江ら、若い世代の突き上げもある。戸田は「中継ぎでも先発でも、与えられたところでしっかり結果を出したい」と闘志を燃やす。ポテンシャルの高さは折り紙付き。マエケンの教えを胸に刻み、今季こそ大きく羽ばたく。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000011-dal-base

    このページのトップヘ