広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     2日連続でセCSファイナルS第4戦(マツダスタジアム)が雨天中止となった。先発予定だった広島の大瀬良大地投手(26)は「残念です」と話した。

     昨日に続き、台風の影響による雨で、22日は午前9時に中止が発表された。「(雨天中止は)仕方がないです」と天気にはかなわず。

     大瀬良は悪天候で2試合連続先発が流れ、今後は中継ぎに回る見込み。「難しさはあるけど、しっかり合わせたい。行けと言われたところで準備するだけです。チームに貢献したい思いは変わらない」とチームのため、鯉党のために死力を尽くすことを誓った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000052-dal-base

    <セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島2-6DeNA>◇第2戦◇19日◇マツダスタジアム
     広島野村祐輔投手(28)が5回4失点で黒星を喫した。

     3回1死満塁でDeNAの4番筒香を三振に斬りながら、続く宮崎に先制2点適時打を浴びた。4回に味方打線が1点を返してくれたが、直後の5回にも2失点。常に先手を取られる展開で、試合を作ることができなかった。

     野村は「先制点を取られたし(点を)取ってもらった後にも取られた。本当に申し訳ない」とガックリ。これでアドバンテージを入れて2勝1敗となった。右腕は「短期決戦ですし、チーム全員で勝っていきたい」と前を向いた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00032094-nksports-base

     「練習試合、広島8-0JFE西日本」(13日、マツダスタジアム)

     広島の先発ジョンソンが社会人チーム相手に格の違いを見せ付けた。予定の6回を1安打無失点。球数69球で計7三振を奪った。


     試合後は「今日は自分の思うところに全ての球種を投げられたので良かった」と満足そうに振り返った。

     CSファイナルSは薮田、野村に続いて、20日の3戦目に先発予定だ。
    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/13/0010640206.shtml

     「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

     広島の薮田和樹投手が先発し、6回4安打1失点だった。

     「序盤は手探りだった」と振り返った二回に死球が絡んで1失点。三回も失点にはつながらなかったものの、9番打者に四球を与えた。それでも修正を図りながら試合をつくった。「中盤以降はストライクが投げられるようになったし、変化球の精度も悪くなかった」。91球を投げ、CS前最後の調整登板を終えた。

     中継ぎとして開幕を迎え、先発に配置転換されたシーズンは15勝3敗。勝率・833で、自身初タイトルとなる最高勝率を獲得した。

     中6日で18日のCSファイナル初戦に先発する見込みだ。昨季、成し遂げられなかった日本一を目指す戦いの初陣を託される。「シーズンと同じように入っていきたい」と前を見据えた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000100-dal-base

     広島の薮田和樹投手(25)が9日、CS前最後の登板で万全をアピールすることを誓った。11日のJR西日本との練習試合(マツダスタジアム)に先発予定。18日から臨むCSファイナルSを前に「内容、結果とも求めていきたい」と力を込めた。


     レギュラーシーズン最終登板となった9月23日・巨人戦から2週間以上が経過。コンディションは整い、この日は登板2日前のブルペンで40球弱を投げた。「打者が立ってみないと分からないけど、感覚は悪くなかった」。フォームのバランスなどを微調整しており、状態は上向きだ。

     練習試合でのテーマは、意図通りの投球ができるかどうかだ。シーズン終盤は疲れもあり、腕が振れなかった。制球に苦しみ、四球も与えた。「例えば、狙ってファウルが取れたりしたら良い」。アウトを奪うための道筋を明確にして、1球も無駄にせず、投げ込んでいく。

     11日の登板から中6日を空けると、ファイナルS初戦の18日になる。日本一を目指すポストシーズンの“開幕投手”を託される可能性は十分にある。今季は中継ぎから先発に配置転換され、15勝3敗。勝率・833で勝率第1位のタイトルを確実にしている。「任された場所で投げるだけです」。快投で首脳陣を安心させ、大一番へ弾みを付ける。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000041-dal-base

     セ・リーグのペナントレースは、10日に阪神VS中日の1試合を残すのみ。8月以降はどのチーム、どの選手が活躍したのか。8月以降に限った成績を、セ・リーグでも見ていきたい。

    ○セ・リーグ 8月以降の各チームの勝敗

    広島(48試28勝18敗2分、勝率.609)
    阪神(51試28勝19敗4分、勝率.596)
    巨人(50試28勝20敗2分、勝率.583)
    DeNA(50試26勝22敗2分、勝率.542)
    中日(46試19勝25敗2分、勝率.432)
    ヤクルト(49試12勝37敗0分、勝率.245)

     パ・リーグのソフトバンクと同様、広島は前半から引き続き好調を維持。これを急追したのが阪神だった。

     巨人は8月以降に限ればDeNAより勝率が高かったが、それまでの貯金の差で4位に終わった。結果的に、6月の球団ワースト13連敗が響いたと言えよう。

     ヤクルトは、3割にも遠く届かない勝率。球団最多96敗も記録したのも、やむを得ない。

    ○8月以降の打率10傑

    松山竜平(広)143打数50安打 8本38点0盗 率.350
    糸井嘉男(神)152打数51安打 9本20点11盗 率.336
    マギー(巨)196打数64安打 7本31点0盗 率.327
    宮崎敏郎(De)188打数57安打 7本22点0盗 率.303
    鳥谷敬(神)182打数55安打 2本13点1盗 率.302
    坂口智隆(ヤ)189打数56安打 1本9点0盗 率.296
    山田哲人(ヤ)176打数52安打 8本27点2盗 率.2955
    上本博紀(神)129打数38安打 4本13点5盗 率.2946
    丸佳浩(広)184打数53安打 6本24点3盗 率.288
    阿部慎之助(巨)178打数51安打 4本30点0盗 率.287

     広島は足を負傷した鈴木誠也に代わり、4番に座った松山竜平が8月以降は首位打者の活躍を見せた。松山は阪神の福留とともに38打点で打点王にもなり、期待を上回る働きを見せたと言えそうだ。

     最多安打は巨人マギーの64安打、最多本塁打はDeNA筒香と中日福田永将の13本、最多盗塁は15盗塁で広島の田中広輔だった。

     中日の福田は以前から好素材として期待が高かったが、その真価を8月以降になってようやく発揮した形だ。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00010018-fullcount-base

     広島小野淳平投手(30)が4日、来季の契約を結ばないことを通達された。

     小野は09年ドラフト5位で日本文理大から巨人に入団。青木高とのトレードで13年4月に広島に移籍。今季は1軍での登板がなかった。実働5年で通算70試合に登板。4勝5敗で防御率は4・33だった。



     今後は未定ながらも「トレードで来て、いろんな方々が動いてくれた。力になれず悔しいですし、申し訳ない思いでいっぱい。今日まで野球をやってきたので、今野球をきっぱり諦めることは難しいし、簡単ではない。すぐには決められない」と語った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00019374-nksports-base

     広島・薮田和樹投手(25)が2日、マツダスタジアムを訪れ、練習で汗を流した。

     プロ3年目の今季は15勝3敗、防御率2・58をマーク。勝率・833で最高勝率のタイトルに輝き「すごくうれしいです。負けを消してもらった試合もたくさんあるので、野手の方のおかげです」と感謝の言葉で喜びに浸った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000089-dal-base

    このページのトップヘ