広島カープブログ

広島カープファンが作る、広島カープのまとめブログです!

    投手

     プロ通算100勝以上挙げた現役の日本人投手は15人以上いるが、先発だけでなく、リリーフの登板を経験している。100勝未満の投手を見渡しても、ほとんどの投手がリリーフを務めたことがある。そんな中、プロ入り後、1度もリリーフを経験したことがない現役投手がいる。

     野村祐輔(広島)がその一人だ。野村はプロ入りから通算109試合に登板しているが、全て先発だ。プロ1年目からの記録では、現役日本人投手の最長となる。1年目の12年から先発ローテーションに定着し、規定投球回に到達した新人投手では、66年の堀内恒夫以来46年ぶりにシーズン防御率1点台を記録した。

     2年目の13年は春先に不振や故障で二軍落ちを経験するも、12勝をマークし、球団初のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献。前田健太とともに、広島の先発陣を引っ張る活躍が期待されたが、14年以降は14年が7勝、15年が5勝と低迷。この間にリリーフを経験してもおかしくなかったが、1度も中継ぎでの登板はなかった。

     そしてプロ5年目の今季、開幕ローテーションを勝ち取ると、5月25日の巨人戦から7月22日の阪神戦まで、8試合の先発で8連勝を記録するなど、自己最多の16勝をマーク。最多勝、最高勝率のタイトルを獲得し、25年ぶりのリーグ優勝の立役者となった。

     その他にも、小川泰弘(ヤクルト)が通算95試合、武田翔太(ソフトバンク)が通算87試合と、プロ入りから1度もリリーフ登板がない。

     ちなみに初登板から先発のみでの最多登板は、広島、ロッテで活躍したミンチーの187試合となっている。野村、小川、武田がミンチーにどこまで近づけるか注目だ。

    【野村祐輔の通算成績】
    109試 49勝36敗 防3.27


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00099404-baseballk-base

     おしゃれなカフェや雑貨店が並ぶ東京・代官山。路地の一角に、カフェレストラン「2-3Cafe Dining」はあります。プロ野球の広島で投手だった小林敦司さん(43)が現役引退後、お菓子作りの修業を積み、2011年、オープンした店です。引退後飲食店を開く元選手は多いですが、パティシエになったのはこの人ぐらいかもしれません。

    【画像】何人わかる? 写真で振り返る「カープ最強助っ人」


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000004-withnews-spo

     男の引き際は、どうあるべきなのでしょうか-。

     日本シリーズ開幕を目前に控えた10月18日、広島黒田博樹投手(41)が、今季限りでの現役引退を発表しました。大勝負を控えた状況でもあり、黒田自身は「すべて終わってから、みんなに伝えよう」と考えていたものの、親交の深い同僚の新井から「最後の勇姿をファンに見てもらった方がいいんじゃないですか」との助言を受けて決断。決戦前の引退発表となったわけです。「すべてが終わってから」という黒田の思いの裏には、メジャーで実感した「引き際」の在り方への疑問があったのではないでしょうか。



     メジャーでは10月10日、レッドソックスの主砲デービッド・オルティス内野手(41)が、現役最後の試合を終えました。ア・リーグ地区シリーズで敗れ、現役生活にピリオドを打ちました。昨年11月、今季限りでの引退を発表したものの、公式戦では打率3割1分5厘、38本塁打、127打点とMVP級の活躍を見せ、レ軍は地区優勝。結果的にポストシーズンは勝ち抜けなかったものの、年間を通した全米中の「惜別行脚」は、ファンのためのみならず、興行的にも大成功を収めました。

     引退の「事前告知」の先駆けとなったのは、2632試合連続出場の大記録を打ち立て、01年限りで引退した鉄人カル・リプケン(オリオールズ)でしょう。リプケンは成績低下をよそに、ペナント争いとは無縁の消化試合でも各地で「引退興行」に駆り出されました。その裏に、破格の集客力を残したビジネス的な観点があることは言うまでもありません。

     13年3月の春季キャンプ中には、ヤンキースのクローザー、マリアーノ・リベラ投手がシーズン後の現役引退を発表しました。予定された引退を1年延長した背景があったとはいえ、長く、厳しい闘いを前にしたチーム内に、「今季限り宣言」に対して、ある種の違和感が残ったのも事実でした。翌14年2月には、ヤ軍の主将デレク・ジーター遊撃手が、シーズン終了後の引退を発表。当時、ヤ軍に在籍した黒田は、他の同僚と一緒に2人の会見を静かに見守っていました。

     現役最終年が全米中に告知されたリベラ、ジーターは、ともにオールスターに選出されたほか、遠征先の各地では、オリジナル記念品が贈呈されるなど、惜別セレモニーが行われました。全国区の人気を持つスーパースターの最後の勇姿をひと目見ようと、多くのファンが「引退興行」に足を運んだわけです。

     確かに、引き際は難しく、おそらく「正解」はないでしょう。ただ、日本の場合、シーズン前の「事前告知」が素直に受け入れられるでしょうか。

     常に「次が最後の登板」と言い続けてきた黒田の潔い幕の引き方が、日本全国のファンの心に深く刻まれたことだけは間違いありません。

    【四竈衛】(ニッカンスポーツ・コム/MLBコラム「メジャー徒然日記」)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-01752359-nksports-base

     広島の新人6選手の入団発表が13日、広島市内のホテルで行われた。選手が入場する際、ひと際目立っていたのがドラフト5位のアドゥワ誠(松山聖陵)だった。何せデカい。ナイジェリア人のアントニーさんを父に、バレーボールVリーグのダイエーで活躍した純子さんを母に持つ右腕は身長1メートル96。エルドレッドと並んでチーム最長身だ。いまはまだ、スラッと細くモデルにでもなれそうな体型だが、数年後にはすっかり変わっていそうだ。

     「まだまだ自分は細いので体づくりをしっかりしたい。(日本ハムの)大谷投手くらい(体重を)付けたい。100キロになれれば」

     現在、体重は88キロ。大谷は身長1メートル93で昨オフには体重が100キロに達した。スケールとして“二刀流超え”は全くの夢というわけではない。その将来性には無限の可能性が秘められている。

     大谷とは対戦も熱望しており、強く意識する選手の一人だ。ただ、最速145キロ右腕の投球スタイルは、三振の山を築く大谷とは異なる。「角度を生かした投球が自分の持ち味。球速は伸ばしたいけど、打たれにくい重い球を意識したい。チェンジアップと真っすぐのコンビネーションで打たせて取りたい」。今季セ・リーグ最多勝と最高勝率の2冠に輝き、同僚となる野村のような技巧的な投球を見せてくれることを期待する。

     アドゥワは、変わったトレーニングによって下半身が鍛えられたという。沖縄尚学で99年選抜大会優勝メンバーだった荷川取秀明監督によって、冬に毎年課されていた砂浜疾走トレだ。松山聖陵のグラウンドは海の近くにあったことで、足が取られる砂浜で70メートル走を約30本、週に2、3回走らされていたという。週3、4回のジム通いなどもあって、高校2年の冬から3年夏にかけて約10キロの増量に成功。その成果もあり最後の夏はノーシードながら、同校を春夏通じて初となる甲子園へと導いた。

     プロ入り後の約10キロ増の先には、広島のエースの座、そして夢見るメジャーへの道が開かれているかもしれない。(広島担当・柳澤 元紀)


    引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/12414062/

     広島の中崎が広島市内で開催されたイベントに石原とともに参加し、来季は「被本塁打ゼロ」へのこだわりを示した。

     今季はわずか2被弾だが、そこには含まれない日本ハムとの日本シリーズ第5戦で西川に許したサヨナラ満塁弾が脳裏から離れない。「ホームランを打たれてしまうとムードも変わってしまう。ゼロだったら防御率も0点台だったでしょうし」。まだ24歳。先発転向にも意欲を示すなど、現状に満足することはない。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000083-spnannex-base

     厚い胸板と鍛え抜かれた下半身でマウンドに立つ。
     足を高く上げる投球フォームはテークバックも極めて小さい。この個性から放たれる153キロの速球は圧倒的な迫力を持つ。しかし、加藤拓也には「剛腕」という二文字で語りつくせない魅力がある。

     175cmの身長は野球界では決して大きい部類ではない。だが、加藤はウエイトトレーニングに体幹トレーニング、さらには柔軟性をも追求し、強く・しなやかな体を作ってきた。そして、この体をフルに活用することを考えたのである。

    「大学1年の秋が終わって、直球をより速く、より強く、よりキレのあるものにするため体全体を大きく使おうと思いました。自分の体は大きくはないので、全てを使わないといい球は投げられないだろうと考えたのです」

     その方向性から、足を高く上げて上体の筋肉もフル活用する投球フォームが生まれたのである。
     もうひとつの彼の武器は打者に向かっていく姿勢である。気持ちを前面に出してバッターに向かっていく姿はカープのスカウトたちの評価を高めるには十分なものであった。

    「相手に向かっていく姿勢、闘志を出していく姿勢です。相手を抑えるためにベストを尽くすことに集中するうちに、こういうスタイルになりました」

     元来がパワーあふれる力投型である。連投も苦にしない。ペース配分という言葉も無縁である。「僕がそういうピッチングをしても、魅力はないでしょう」。あくまで加藤は全力投球にこだわりを見せる。


    引用元 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161202-00010000-baseballc-base

    「NPBアワーズ2016」(28日、グランドプリンスホテル新高輪)

     今季限りで現役を引退した広島・黒田博樹投手(41)がコミッショナー特別表彰、功労賞を受賞した。今後の日本野球界の発展を願い、若い選手に向けてエールを送った。

     黒田は2014年オフに、メジャーからの年俸20億円を超えるオファーを蹴り、古巣の広島へ電撃復帰。広島の街に「黒田フィーバー」を起こし、広島のみならず全国の野球ファンが、広島の試合を観戦するなど球界の発展に高く貢献した。

     15年は11勝8敗、防御率2・55を記録した。今季もローテの一角で10勝8敗、防御率3・09で日米通算200勝を達成。チームの25年ぶり優勝に貢献し、7年連続の2桁勝利を記録してユニホームを脱ぐ。壇上で記念品などが贈呈され、「日米で20年間、野球をやらせていただいて、最後の最後で優勝することができたので。本当に最高の野球人生でした」と笑顔を見せた。

     今季限りでユニホームを脱ぐことになるが「日本に帰ってきて、たくさん素晴らしい選手と対戦した。来年はWBCもありますし、日本野球の素晴らしさを、世界に伝えてほしい」と若い選手にエール。また、多くのファンに向けて「20年間、たくさんの声援をいただいて、最後に優勝してユニホームを脱ぐことができる。本当に最高の野球人生でした」とあいさつで締めた。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000082-dal-base

     体の傷は癒えてきても、心の傷はまだ難しい。右腰痛に加え、日本シリーズで右股関節痛を発症。広島・中崎翔太投手(24)は「痛みはもうなくなりました」と静かに笑う。だが、“あの日”を振り返れば、自然と表情は硬くなる。10月27日、2勝2敗で迎えた日本シリーズ第5戦(札幌ドーム)。1-1の九回に登板した。

     「あそこまでの抜け球は、なかなかないので。もう終わったことですけど、絶対に忘れずにいたいので」

     1死から田中賢に四球を与えると、市川の犠打で2死二塁。さらに中島の投手前の打球を内野安打とした。一、三塁。続く岡に対して初球、内角を狙った球がすっぽ抜け、腰付近の死球となった。

     両軍選手がベンチを飛び出す一触即発の事態に。2死満塁。動揺は隠せなかった。騒然としたムードの中で1ボールから2球目、西川に投じた直球は高めに浮いた。サヨナラ満塁被弾で屈した。「あのホームランは忘れず練習に取り組んでいかないといけない。一番悔しい、衝撃を受けたホームラン。1年間、必死に積み上げたものが、最後の最後で崩れてしまった」。全力投球の結果の敗戦。体には傷を負った。だが、得るものも確かにあった。

     「もうあんな悔しい思いはしたくない。空振りを取れる変化球と、1球で仕留めることができる制球が必要。まだ足りないことが多い。シリーズでも自分の悪いところが出たので。四球からフィールディングミスで走者をためて、長打。チームには迷惑を掛けたけど、レベルアップしていける機会になった」

     現在は昨年同様、ノースロー調整を続ける。有酸素運動と並行して、体幹を鍛えるメニューが中心。さらに年明けから挑戦する、新球のイメージを膨らませる。現在は150キロを超える直球を軸に、スライダー、シュートが中心。そこに「縦の変化」を加える。昨年から挑戦するフォーク、チェンジアップ。さらに「持っている球を進化させるのも一つ」と、幅広く“新球”の習得に意欲を見せる。

     今季は61試合に登板し、3勝4敗34セーブ。防御率1・32と抜群の安定感を誇った。前年にも69試合に登板し、29セーブ。クローザーとしての地位を確立したが、飽くなき向上心が背中を押している。来季も抑えを任されることが確実だが、先発など長いイニングを投げる準備もしておくという。大黒柱だった黒田の引退。チームとしての可能性、投手としての幅を広げるために進化を目指す。

     「誰にも負けたくない。黒田さんも抜けるので。来年、何をやるにしても球種が多いに越したことはない。昨年、今年と抑えをやりましたが、長いイニングを投げることができたら、幅ができるのもある。できるに越したことはないので。そこの上積みは必要。みんなで競争して争った方がチーム力が上がる。やれと言われたところで、投げられる準備をしておきたいです」

     来季でまだプロ7年目、25歳。悔しさは成長の糧に、経験は投手としての自信になる。「レベルアップしないと簡単には上に立てない。早いうちにやり返したい。そのためにもまずはレベルアップが必要」と中崎。“あの日”の残像はまだ脳裏に残る。だが、割り切れなかった気持ちに整理を付け、少しずつ前に向かおうとしていた。来季のリーグ連覇、そして悲願の日本一に必要不可欠な存在。信じて戦う。あの本塁打があったから今がある、と。(デイリースポーツ・田中政行)


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000058-dal-base

     先発に再転向する広島の大瀬良が、マエケン流で飛躍を遂げる。

     来年1月に3年連続でドジャースの前田と自主トレを行う予定。湯布院リハビリキャンプに参加中の右腕は「マエケンさんから、メジャーに行って(知った)新しいトレーニング方法があると聞いたので、そこを聞いてみたい」と意欲的だ。今季は故障で出遅れた上、先発で結果を残せず中継ぎに回った。「1年目に先発をやらせてもらったので、その場所で花を咲かせるのが一番」とリベンジに燃えている。


    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000040-spnannex-base

    このページのトップヘ