広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     今季8年ぶりに日本球界復帰を果たした広島の黒田博樹投手が来季も現役続行することを決断した。負傷もありながら復帰初年度で11勝8敗、防御率2.55と存在感を発揮。来季年俸も日本人最高の6億円となることが決まった。

    NPB歴代の200勝・2000安打達成選手一覧

     来年2月10日で41歳を迎えるベテランには偉業達成も期待されている。通算200勝到達だ。

     黒田はこれまでNPBで114勝、MLBで79勝を積み上げており、計193勝。これは現役日本人投手の中で最多の数字だ。金字塔まであと7勝。黒田が万全ならば、来季確実に到達すると言っていいだろう。

     日本球界で最後に通算200勝を挙げたのは2015年シーズン限りで引退した元中日の山本昌氏(通算219勝)。2008年に到達しており、黒田が達成すれば、8年ぶりの快挙となる。NPB通算200勝は山本昌氏で史上24人目。日米通算で201勝(NPB78勝、MLB123勝)を挙げている野茂英雄氏を含めると、過去に25人。黒田はそれに続くことになる。

    「燃え尽きたところがある」

     10月7日のシーズン最終戦終了後にそう口にしてから62日目。黒田博樹(広島)が出した答えは、現役続行だった。

    9年間も力を証明し続けた前田健太が「世界のマエケン」になる日

    「1年間必死に戦ってきた中でどこかで燃え尽きた部分もあったんですけど、来季やるにあたっていろんなモチベーションを探して……。やっぱりモチベーションを探すというのは、どこかでもう1年やりたいというか、やらないといけないという気持ちがあったんだなという気持ちですかね」

     自ら決断した理由を探すように、言葉を紡(つむ)いだ。

     41歳で歩む現役続行は厳しくつらいものになると、覚悟を要した。何度も引退の道に歩を進めようとする自分がいた。だが、そのたびにもう一方の道の先で待つ人たちの顔が立ち止まらせた。

    「球団、ファンの人を含めいろんな人にまだやれるということを言われ、それに応えないといけないというか、応えるのがプロとしてやらないといけないことかと。あとは若い投手の中に『来年もよろしくお願いします』と。社交辞令かもしれないですけど、そういう言葉をもらって、そこで辞めるという決断を自分にはできなかった」

     広島に入団してから19年、野球を楽しいと思ったことはない。海を渡っても、その思いは変わらなかった。8年ぶりの日本復帰。大歓声で迎えられるマウンドは特別であっても、楽なものではなかった。

     プロとして投げてきた。ならば、たとえ厳しい道であっても、そこに自分を待ってくれている人がいるならばマウンドに立たなければいけない。そう自らを奮い立たせ、引退への道を断ち、現役続行の道を歩むことを決めた。

     昨年のオフはヤンキース残留、米国内の移籍、広島復帰、現役引退の4つの選択肢だった。そして「広島復帰」の道を選んだ。広島のファンだけでなく、日本全国のファンから歓迎され、注目を集めた。

     そして期待に違わぬ投球を見せた。07年まで広島で見せていた力強い直球で押すスタイルから、投球は円熟味を増した。カットボールやツーシームを両サイドに投げ分けながらストライクゾーンを目いっぱい使い打ち取っていく。マウンドでの立ち居振る舞いが、7年間メジャーリーグで結果を残してきたことの何よりの証明となった。

     6月までに6勝を挙げ、オールスター戦にはファン投票で選出された。だが、5月の右足くるぶし付近の炎症による登録抹消に続き、7月には右肩炎症により2度目の登録抹消を味わった。

     日本の蒸し暑さなど7年過ごした米国との違いに適応することは容易ではない。40歳の体は悲鳴を上げる寸前だった。

     それでも今季、黒田は26試合に先発し、11勝8敗。防御率2.55の成績を残した。ファンは「現役続行」を疑わなかった。それどころか、米球界復帰を不安視する声まで聞かれた。だが、球団関係者や担当記者の中では「引退するのではないか……」という声が上がっていた。

     08年からドジャースと結んだ複数年契約の最終年となる10年から「いつ最後の試合となってもいい」という気持ちで投げてきた。だからこそ球団側が複数年契約を提示しても、単年契約を希望した。そういう男だ。

     赤ヘルの守護神争いが激化する。広島は24日、前パドレスのジェイ・ジャクソン投手(28=185センチ、88キロ、右投げ右打ち)と契約金7万5000ドル(約900万円)、年俸60万ドル(約7200万円)プラス出来高払いで契約したことを発表。背番号は58に決まった。

     最速155キロの右腕は今季3Aで48試合に登板し、3勝3敗14セーブ、防御率2・54をマーク。メジャーでも6試合に登板した。補強ポイントだった試合終盤を任せられる助っ人の加入に松田オーナーは「アウトローにきっちり投げ分けることができ、安定感があるタイプ。横と縦の2種類のスライダーがあり三振を取ることができる」と期待を込めた。

     そんな中、今季途中から守護神を務め、29セーブを挙げた中崎は静かに闘志を燃やした。この日、マツダスタジアムで汗を流した右腕は「自分がやるべきことをしっかりやるしかない。チームにより貢献できるところでできればいいが、抑えは本当に目標にしてやっていかないといけない」とキッパリ。来季も守護神の座を守り抜く決意を口にした。

     今季序盤は中継ぎ陣の誤算に苦しんだ赤ヘルだが、鉄壁の勝利の方程式構築に向けて態勢が整いつつある。(金額は推定)

     広島黒田博樹投手(40)が来年2月に日南入りする可能性が出てきた。

     現役続行を決めた男気右腕は今年と同様、来年も沖縄2次キャンプからチームに合流するとみられていた。来季のシーズン開幕は今季よりも2日早いことなどから、球団関係者は「日南キャンプの最終クールくらいで合流するかもしれない」と話した。黒田が日南キャンプで調整すれば07年春以来9年ぶりとなる。




     広島が、来秋のドラフト1位候補として東京ガス・山岡泰輔投手(20)を徹底マークすることが21日、分かった。瀬戸内高時代の2013年夏に広島新庄高・田口(現巨人)と決勝引き分け再試合を投げ合った右腕。超目玉の創価大・田中正義投手(21)らとともに密着していく。


     球団幹部は「1位候補のひとり。体は小さいけど、順調に成長している」と172センチの体格からの投球を高評価した。山岡は13年夏の広島大会決勝で延長15回スコアレスドローを経て、再試合で1―0完封。2試合で24回、293球を無失点に封じ、田口との投手戦は大きな話題を呼んだ。

     当時の投球を映像で見たレンジャーズ・ダルビッシュも絶賛ツイートしたほどだ。社会人でも9月に侍ジャパン入りした。一足先にプロ入りし、今季3勝を挙げた田口に負けられない。来年1月12日に予定されるスカウト会議で話題に上ることは確実だ。

     ◆山岡 泰輔(やまおか・たいすけ)1995年9月22日、広島県生まれ。20歳。瀬戸内高では1年夏からベンチ入り。3年夏は甲子園に出場も初戦敗退した。卒業後は東京ガスに就職し、2014年に都市対抗出場。13年18UW杯、14年21UW杯、15年侍ジャパン社会人代表入り。172センチ、66キロ。右投左打。独身。

     広島大瀬良大地投手(24)が20日、広島市内で行われた菓子作りのイベントに参加。エプロン姿でケーキ作りに挑戦した。

     「小学校の調理実習以来です」と言うケーキ作りでは「不器用なところが出ましたね」などと笑いながらも集中。デコレーションも器用に行っていた。

     ファンからの質問コーナーでは、仲のいい選手を聞かれ「飯田さんとザキ(中崎)ですね」。完成したケーキの行方について問われると「球場に持って行って、みんなで食べます。ザキが好きだと思うので」と話し、会場を沸かせていた。

     最後は中継ぎでフル回転した今季を振り返り「僕の野球人生で大きな時間になりました。中継ぎに回ってよかった。来年以降に生かして、よりレベルアップした大瀬良大地をみなさんに見せられたら」と来季の活躍を誓っていた。

     現役生活に終止符を打つことが決まっても、沈着冷静だった。広島・篠田は初めて1軍昇格がないまま8年目を終え、10月26日に戦力外通告を受けた。

     「野球選手にはいつか必ず終わりが来る。それが今年というだけで、そこまでのショックはないです」。人柄が如実に表れた受け止め方。「“冷めている”と、よく言われます」と苦笑いした。

     通算20勝。当初は故津田恒実投手の「14」番を背負い、魂も受け継ごうと、熱いハートで墓参したこともある。転機が訪れたのは12年だ。左膝内側半月板損傷。オフに初めて手術を受け、以降は「今年が最後かも…」の思いの中で練習に打ち込んできた。一方では、自分の実力を冷静に客観視する篠田自身がいた。

     「勝手に制御しただけかもしれないけど、この世界である程度やれば、自分の器が分かる。ここ数年は僕なりに練習してきたし、悔いはない。自分ではよくやったんじゃないか…と思います」

     引退後は球団に残り、1軍マネジャーとして再出発。「スーツを着て、名刺交換して。新鮮です」。現役選手には客観的な目で助言ができたら…と考えている。 (江尾 卓也)

     ◆篠田 純平投手(しのだ・じゅんぺい)30歳、8年目。前橋商―日大。07年大学生・社会人ドラフト1巡目。

     ▼通算 99試合、20勝26敗0セーブ、防御率4.24。

     最高年俸2400万円(11、12年)

     ▼思い出 誕生日の4月20日に完封勝利(11年、横浜戦=横浜)を飾れたことと、妻の誕生日の8月3日(10年、横浜戦=マツダ)に勝ち投手になったこと。

     ▼再出発 広島球団職員。

    このページのトップヘ