広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    投手

     広島の大瀬良大地投手(26)が1日、投球スタイルのモデルチェンジを視野に入れていることを明かした。直球を軸とした投球に変わりはないが、これまで以上に変化球をちりばめる投球が現在思い描く“2018年度仕様”だ。剛球でねじ伏せる理想の投手から、現実路線へ。チームの中心として勝てる投手になるため、大瀬良が生まれ変わろうとしている。

     今後の野球人生を大きく左右する決断になるかもしれない。マツダスタジアムでの自主トレ後、大瀬良が来季へ向けて投球スタイル変更の可能性があることに初めて言及した。結果を出すしか生き残ることができない弱肉強食の世界。さらなる成長を求めてのことだ。

     「今の真っすぐのままでは厳しい。打てるものなら打ってみろ、と投げて簡単に打ち返されたイメージがある。これが続くようであれば、変わっていかないといけない」

     力で打者をねじ伏せる-。大瀬良が理想とする投手像だ。10勝2敗だった今季も投球の割合は直球が最も多い47・3%を占めた。だが納得のいく球は1球もなかったという。フォーム修正やキャッチャーミットから一度、目線を切った投げ方をするなど試行錯誤したものの、手応えを感じたことはなかった。

     「来年が5年目。いつまでも自分の理想を追い求めている訳にはいかない」。薮田や岡田ら年下の若手投手が台頭してきた。強い危機感がある。今オフから春季キャンプを通して直球勝負できる球質を取り戻せばこれまで通りを貫くが、状況次第で変化球の割合を増やす新たなスタイルに挑戦していく。

     その準備は既に始めている。秋季キャンプからシュートの習得を目指してきた。「まだ遊びの程度」という。それでも武器となれば投球の幅はグッと広がる。今季は対左打者の被打率は・292。カットボール、スライダーに加え、外角へ逃げる球種が増えれば、それだけ打者の的を絞らせにくくできる。

     チームはこの日、ハワイへの優勝旅行に出発した。右腕は球団の好意に感謝しながら今回は不参加を決めた。「球団行事をお断りしたので、それだけ有意義に使わないといけない」。広島でトレーニングを続けながら肘や肩など体のメンテナンスに時間を費やす。

     「技術、体力…。全体的にもう1つ、2つレベルアップしないといけない。今のままだと厳しい」と現在地を自己分析した。殻を破る戦いが始まった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000008-dal-base

     広島・野村が23日、マツダスタジアムでのファン感謝デーでトークショーを行い、リーグ優勝を決めた9月18日・阪神戦(甲子園)での秘話を明かした。

     大一番の先発が決まり、前夜は「ソワソワして寝付きが悪かった。何回も起きました」と苦笑い。「マジックが減っていく中、もうそろそろだなあと思っていた」と心境を明かした。

     「プレーボールの時も足が震えていた」と言うが、「それに気づけたのは良かった。去年マジック2で迎えた中日戦は舞い上がっていたので」と1年での成長も実感していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000063-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)が26日、広島駅ビルの「ASSE」で岡田明丈投手(24)とトークショーに参加。来季へ向けて、他球団エースとの投げ合いへ覚悟を示した。今季は先発ローテの柱として主に6連戦の初戦先発を担い、プレッシャーを力に変えてきた。来季は今年以上の成績を残し、球団史上初のリーグ3連覇に導く。

     約100人のカープ女子の熱気に包まれたトークショー。司会者からエース対決について聞かれると、野村は「プレッシャーはありました」と偽らざる本音を明かした。続けて「“岡田さん”が和らげてくれました」と笑わせたが、先発ローテの柱として重圧を感じ続けた1年だった。

     今季は主に6連戦の初戦を任され、巨人・菅野、マイコラス、阪神・メッセンジャー、DeNA・今永ら、相手エース級との投げ合いに臨んだ。155回1/3を投げ9勝5敗、防御率2・78。トークショーで今季の成績の自己評価を求められると「60点」と採点した。イニングは「もう少し投げたかった」。防御率も「昨年より下がってしまったので」と不満顔。それでも「試合が終わった時にチームが勝っていればいい。負けないことが大事」という信念を貫き、シーズンを通して重責を全うした。

     16勝を挙げ、最多勝に輝いた昨季は「自分が投げることで精いっぱい」だったという。左腕エースのジョンソンと黒田氏の背中を追い、無我夢中でシーズンを駆け抜けた。今季は違う。チームの先頭に立ち、視野も広がった。何より、その醍醐味(だいごみ)を知った。来季のエース対決へ「チームにも自分にもプレッシャーがかかるけど、自分が抑えてチームが勝てればいい」と力を込めた。

     真のエースになるために、まだ進化の途中だ。今季はウエートトレーニングの強度を上げ、自己最高の数字を記録した。「数字に慣れてきた」と今後もトレーニングを継続する方向で、体の「バランス」を重視しつつ、さらなるスケールアップを目指している。秋季キャンプでは疲労回復に努め、由布院のリハビリキャンプでもリフレッシュ。首脳陣から調整を任され「ありがたかった。若い子が頑張っていたので、負けないように」と発奮した。

     トークショーの最後には「次こそ日本一を目指せるように頑張ります」とファンへ決意表明した。エース対決も上等。リーグ3連覇に挑む来季も野村が火曜のマウンドに立ち、100点満点の結果を残す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000015-dal-base

     25日に広島市内の平和大通りで行われた優勝パレードで、1年目を終えた広島・床田寛樹投手(22)も、明るい表情で左手をファンに振っていた。30万人を超えるファンが沿道を埋める中、オープンバスで走行するという非日常の世界を体験し明るいトーンで振り返った。

     「パレードは初めてだったけど、あんなに人がいるとは思わなかった。何回でも乗りたい」

     左肘の心配が徐々になくなってきたことも、明るさとは無縁ではないだろう。7月に「左肘関節内側側副靱帯再建術・尺骨神経剥離術」という手術を受けた。復帰まで8~10カ月を要する見込みという診断を受け、スローの動作も禁止された。

     ただ回復が早く10月中旬にスポンジボールを投げる練習を再開。今月17日には硬球を使用し5メートルの距離でのネットスロー20球を3セット行った。少しずつ距離を伸ばしており、順調に回復すれば12月中旬にもキャッチボールを再開できるところまできた。

     「ノースロー」の約3カ月間は深く落ち込んだ時期もあったが、決して無駄ではなかったという。下半身を中心に体づくりが進み「プロの体には近づいていると思う。レベルアップしている感覚はある」と話す。「大学の時には太れなくて苦労した」と言うように入団時は身長1メートル81で体重74キロの細身だった。それが3月末の開幕時には78キロに増え、現在は86キロにまでアップした。「あまり動けないこともあって太りすぎたので、理想の83、4キロに近づけたい」と笑顔をのぞかせる。

     ようやくプロ仕様の体となり「ニュー床田」が来季以降に見られるかもしれない。実は7回5失点の粘投で初勝利をつかんだ4月12日の巨人戦(東京ドーム)では、球団のスピードガンで自己最速の150キロを計測。「まだ体ができていなかった」という時期の大台到達だっただけに、剛腕として今後も楽しみだ。

     「来年、最初の方に1軍で投げるのは難しいと思うけど、最後の方に復活してチームに貢献した上で(オープンバスに)乗りたい」

     パレードへの思いもモチベーションとし、焦らず復帰への道をたどってほしい。(記者コラム・柳澤 元紀)

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000084-spnannex-base

     広島・大瀬良大地投手(26)が26日、広島市内にある「ウインズ広島」でトークショーに参加した。

     司会者から「カープの選手で結婚するなら誰?」と聞かれると、「(中田)廉さんかな」と回答。その理由について「男らしい。気づかいもすごいし、後輩の面倒見もいい」と明かした。

     リリーフ中田は今季、ピンチの場面で何度も登板し、火消し役を担っていた。大瀬良は「ロッカーではファイヤーマンと言われていました」と裏話も披露していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000091-dal-base

     広島・野村祐輔投手(28)と岡田明丈投手(24)が26日、広島駅ビル「ASSE」でトークショーを行った。

     司会者から「休みの日は何をしたい?」と質問されると、野村は「オフはゴルフをしたいです。暖かいところでやってみたいです」と語った。岡田は「寝たいです。1日は寝れます」と笑わせた。

     岡田はファンの要望を受けて、得意の「ウーパールーパー」の絵を披露。かわいいイラストに野村は「すごいですね。何も見ずに」と感心していた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000097-dal-base

     広島は24日、リーグ連覇を達成したお礼と報告のため、広島市内の護国神社を参拝した。松田元オーナー(66)、緒方孝市監督(48)ら首脳陣、選手、スタッフ、球団職員計68人が参列した。今季、最高勝率のタイトルを獲得した薮田和樹投手(25)は、肩を休めすぎない自己流調整で来季の開幕ローテ入りを宣言。春季キャンプまでの約2カ月間、みっちりと準備を整える。


     気持ちはすでに来季へと向いている。今季15勝3敗で最高勝率のタイトルに輝いた薮田。飛躍の1年を送ったが、休んでいる暇はない。つかんだ感覚を忘れないために、肩を休ませないで調整を進めていく考えだ。

     「去年、休ませずにやって今年よかった。(オフの間は)2日以上は肩を休めないようにしたい。キャッチボールやブルペンにちょうどいい高さの壁があるので、壁当てなどをしながら準備していく」

     元々、右肩を痛めていたこともあって、プロ入り前や1年目のオフはボールをほとんど投げられず、主にウエートトレーニングや走り込みで体作りに励んだ。だが、万全な状態となった昨オフから変更し、ネットスローや遠投などで可動域を保ちながら調整。その成果で今年は開幕から11月のアジアプロ野球チャンピオンシップまで、一度も離脱することなく戦い抜いた。

     今オフもその調整法は継続する。「この2カ月間が大事。一日を無駄にしないようにしたい。春のキャンプにしっかり入っていけるように準備していく」。春季キャンプ初日、2月1日のブルペン入りに照準を合わせ、1月中には傾斜を使った投球を開始する考えだ。

     来季へ向けて覚悟と自覚は十分だ。23日のファン感謝デーイベントでは3万2000人の鯉党を前に決意表明。「もう一度、1年間1軍で走り抜けたい」と力強く宣言した。畝投手コーチも「1年だけでなく、2、3年続けて結果を出してほしい」とチームの勝ち頭として期待する。

     この日は、37年ぶりにリーグ連覇を達成したお礼と報告のため、松田オーナーや緒方監督らと護国神社を参拝した。「野手の方に助けられて、今年の成績があると思う」と今シーズンを振り返り、支えてくれた仲間に感謝した薮田。「リーグ3連覇できるのはカープだけなので、3連覇に貢献できるように頑張りたい」。柱となる投手へと成長し、チームの目標を達成してみせる。 

    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/25/0010761547.shtml

    【核心直撃】広島の2年目・岡田明丈投手(24)が、苦悩のシーズンを振り返り、再起を図っている。今季はプロ初完投勝利を含む12勝(5敗)をマーク。しかし、突如制球が乱れる“悪癖”に悩まされて首脳陣からの信頼を失い、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでの登板機会はなかった。そんな右腕はどんな思いで来季を見据えるのか。直撃した。

     ――12勝は薮田に続いてチーム2位の成績

     岡田:勝利数に関しては昨季(4勝)よりは増えたというのはありますが、そこは野手に点を取ってもらった結果でもあるので。

     ――成長を感じた部分もあるのでは

     岡田:1年間(先発ローテーションを)守れませんでしたが、シーズンの前半はしっかり回れたところかな。

     ――9点差をひっくり返されて逆転負けを喫した5月6日の阪神戦では、6回に突如制球が定まらなくなった。この試合が自身を苦しめるきっかけとなったのか

     岡田:そういう印象を受けられることが多いと思うけど、自分としてはそこまで影響はなかった。

     ――他に原因がある

     岡田:もっともっとうまくなりたくて、考えすぎて、いろいろなことを試しているうちに当てはまらず、ズルズルいってしまったという感じ。

     ――体調面は

     岡田:昨季よりも後半にかけて体がキツくなり、言うことを聞かなくなっていた。自分の投球ができるような方向に持っていけたらよかったんだけど。思い通りにいかなかったのかな。

     ――CSファイナルSで登板機会はなかった

     岡田:チャンスはものすごくもらっていた。ただ、自分が最後の最後までものにできなかったということ。信頼を裏切ってしまった。

     ――「先発投手陣が不安定」という部分に感じるものもある

     岡田:これがいい経験になったと思えるように準備していきたい。今季はこういう結果になったけど、来季はシーズン通して回りたいし、先発を引っ張っていけるように安定したピッチングを求めていきます。

     ――課題が確かになった

     岡田:思っている通りのフォームで投げようというのがメーン。効率のいい動きでベストなボールを投げるのが課題で思ったところに投げ込めるか。それはコーチたちとも一致した。まだ、下半身に無駄な動きがあるので。

     ――シーズン中の対応は難しい

     岡田:シーズン中も一試合一試合で課題は出るけど、中5日や中6日で試合があるので、ゆっくり考えている暇がなくフォームもいじれなかった。

     ――持ち球にも変化を加える

     岡田:握りを変えたスライダーを習得して試合で使えるようにしていきたい。でも、やっぱり真っすぐありきの変化球。変化球だけじゃ絶対に抑えられない。

     ――ところで、遠征にはニンテンドースイッチを持参しているとか

     岡田:時間があるときに「モンスターハンターダブルクロス」を(中村)祐太と(高橋)樹也と一緒にやっています。

     ――その中村祐、高橋樹からは「岡田さんは強いです」という声も

     岡田:結構1人でもやっているからかな。合計100時間もプレーしていないと思うけど。楽しみの一つ…どうかな。暇つぶしにやっている感じです(笑い)。

    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/838690/

     「広島秋季キャンプ」(21日、日南)

     広島が秋季キャンプを打ち上げた。期待のルーキー高橋昂也投手は初の1軍キャンプを完走し「体力的にすごくきつかったけど、しっかりやりきることができて良かったです」と汗を拭った。

     収穫については「ピッチングに関しては、最後に直球のいい感覚をつかめた」と振り返っていた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000119-dal-base

     広島・中崎翔太投手(25)が17日、初の防御率0点台を視界に捉えた。今季は59試合に登板し4勝1敗、10セーブ、防御率1・40。2年連続防御率1点台をキープしたが、来季はさらなる安定感を追求する。大分県由布市内で湯布院リハビリキャンプに参加中の守護神は最強を目指す。


     2年連続防御率1点台も通過点だ。中崎は数年前から「抑えをやるのであればチームで一番、防御率が低くないといけない」と言い続けてきた。その考えは今も同じ。「無駄な失点があっての1点台なので。0点台にいっていたときもあったし、もっと良くできたかなあという感じはあります」と防御率0点台への手応えを語った。

     もう未知の領域ではない。昨季は防御率1・32。今季はシーズン途中まで0点台をキープしたが、そこに落とし穴が待っていた。自身の調子、相手チームの狙い球に関係なく、同球種を続けて痛打を食らった。「調子に乗った部分があった。本当に反省しないといけない」と自戒を込めるように振り返った。

     今オフは宮崎・日南ではなく、広島で自主トレを行う予定。「栄養管理をきっちりしたい」と自炊もこなす。得意料理は肉じゃが。一人暮らしを始めてから料理にも挑戦し「目盛りで量らなくても作れます。酒、みりん、しょうゆとか」と笑った。ベスト体重をキープしつつ、筋肉の質を上げて脂肪の量を減らす。

     メリハリも付ける。「1月からガンガンやっていた」という今年の反省を生かし「休むところは休む」と意識改革。「意味のあるトレーニングをしたい」と積極的な休養日も設けていく考えだ。まずは湯布院でリフレッシュし、無敵を目指す。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000037-dal-base

    このページのトップヘ