広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

    張本勲氏(79)が10日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。元広島の新井貴浩氏(42)と「初共演」した。


    同番組に初出演した新井氏と言えば、毎年シーズンオフに行っていた護摩行が有名。炎の前で1時間以上も読経を唱えるという荒行だ。

    現役時代の思い出を問われた新井氏は「一番は毎年、護摩行をやらせていただきまして、こちらの番組でも取り上げていただきまして、毎回、張本さんからありがたいお言葉をちょうだいしました。今年も夏に行ってきたんですけど、野球がうまくなるというよりは自分をグッと締めたかったんで、引退してからも、今年も行かせてもらいました」と話した。

    「サンデーモーニング」では毎年1月、新井氏の護摩行を自主トレ特集で取り上げた。張本氏は「山登りはいい。でも、新井はやけどしてどうするの。野球に関係ないことはやってほしくない。精神統一かどうか分かりませんが、もっと野球に関係ある運動をしてほしい」(18年1月14日放送)などと苦言を呈していた。

    この日も張本氏は「やけどをするんじゃないか」と苦笑い。それでも「人間性が良い。私みたいにわがままで生意気じゃない。早く黒田(博樹氏)とともに指導者になってもらいたい」とエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-11100197-nksports-base

     野球評論家の張本勲氏(79)が10日、TBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。1次ラウンドが終了し、スーパーラウンド進出の6チームが出そろった「第2回WBSCプレミア12」についてコメントした。

     張本氏は、1次ラウンドを3勝0敗で終え、スーパーラウンドに駒を進めた侍ジャパンについて「全日本級の選手は何人か出てないけども、まとまりが非常にいいと思うんですよ。今年は勝てると思いますね」と解説した。

     また、元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩氏(42)は「初戦のベネズエラ戦はヒヤッとしたんですが、プエルトリコ、台湾と試合を重ねるごとにチーム力が上がってきているのを感じる。国際試合は初見の投手が多いので、連打を重ねて点を取るのは難しいんですが、その中で四球の数がすごく多いんですね。しっかりボールを見極めて次に打者につなげようという姿勢が表れている」と話した。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000166-spnannex-base

     ◇第2回WBSCプレミア12・1次ラウンドB組第3戦 日本―台湾(2019年11月7日 台湾・台中)

     世界に誇る侍ジャパンの“忍者”菊池涼介内野手(30=広島)の守備力を昨季まで広島のチームメートだった新井貴浩さん(42)と今季途中に現役を引退した元巨人でメジャーリーガーの上原浩治さん(44)がべた褒めした。

     国際大会「プレミア12」1次ラウンド第3戦の台湾戦を中継したTBSで解説を務めた2人。5―0で迎えた7回に二塁を守る菊池涼が中前へ抜けそうな打球をスライディングキャッチして一塁へ送球しアウトにすると、まずは新井さんが「いつも見ているプレーですね…はい。彼にとっては普通のプレーになるんですよねぇ」と笑いをこらえるように優しい声で解説。「ただ、ピッチャーはうれしいでしょうね。ああ、抜けたかもしれない!っていうのをアウトにしてくれるわけですからね」と話した。

     すると、続いて上原さんが「捕るのもそうですし、投げるのも。送球がね、本当にファーストの選手にとってもイージーなところに投げてくれるので。もう最高な送球ですね、今のは」と絶賛。それを受けて新井さんが「強さ、速さ、正確さ…ですね。3つともそろってますからね。菊池選手は。捕ってからの速さ、正確さ、ボールの強さですね。すべてそろってますね」言葉を重ねた。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000243-spnannex-base

     ◇侍ジャパン強化試合 日本―カナダ(2019年11月1日 那覇)

     元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩さん(42)が1日、侍ジャパン強化試合第2戦・カナダ戦(那覇)を中継したTBSの解説席に登場。昨季までチームメートだった侍ジャパンの菊池涼介内野手(29=広島)について楽しそうにエピソードを明かす場面があった。


     前日10月31日の第1戦で先発フル出場した菊池は、第2戦はベンチスタート。それでも国際大会「プレミア12」を控えるとあって侍ジャパンについて試合序盤にメンバーが紹介され、その中で菊池の話になると、新井さんの声が思わず弾んだ。

     その守備範囲の広さから“忍者”とも称される菊池だが、元チームメートとして実況アナウンサーからコメントを求められると「“新井さん、あんまり捕りに来ないでいいですよ、邪魔なんで”と言われたことがあります」と楽しそうに現役時代のエピソードを披露した。

     カープナインを「家族」と公言してはばからなかった現役時代の新井さん。昨年10月18日に行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦・巨人戦(マツダ)ではすでに引退を発表していた新井さんが代打同点打を放ち、決勝3ランで続いた菊池と2人そろってお立ち台へ上がった。新井さんを「お兄ちゃんとしか思えない」という菊池が「お兄ちゃんが打ったんで、ちょっと弟も打たないといけないなって」と話すなどほのぼのムードでヒーローインタビューを終えると、新井さんが菊池を抱き寄せ、熱い抱擁。満面笑みの2人がスタンドの笑顔も誘発したが、それからはや1年。可愛い弟について聞かれ心底楽しそうな新井さんだった。

     新井さんはその後、途中出場した菊池が8回に見事なリカバーなど美技を連発させると「彼にとっては普通のプレーですねぇ」「いつも通りのプレーですねぇ」「守備で入って名前がコールされて球場が盛り上がるっていうのは彼ぐらいじゃないでしょうかねぇ」と“弟”の守備を絶賛。直後の9回、菊池に打席が回ると「バットのヘッドを使うのが上手なバッターですよね。相手のボールの力を利用してといいますか。決して身長が高いわけではないんですけど、パンチ力ありますよね」と打撃も高評価していた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000206-spnannex-base

     昨季限りで現役を引退した元広島の新井貴浩氏(42=スポニチ本紙評論家)が5日、日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」(木曜後9・00)に初出演した。

     番組はご当地の“お酒のシメ”グルメを特集。番組アシスタントを務める久本雅美(61)から、「広島の夜の街といえば(広島市の)流川ですかね?」と質問された新井氏は、「流川ですね。お酒大好きなので。小さい街なのですぐ噂になるんですよ、狭いので」とニッコリ。続けて、共演陣から「飲み歩いていたんでしょ?」とツッコまれると「私は飲み歩いていないです」と語り、飲み歩いていたのは「キャッチャーの石原(慶幸)とか」と暴露し、笑いをさらった。

     広島市出身の新井氏は、同地での“お酒のシメ”は唐辛子とラー油を使用した旨辛のつけ麺が定番と説明。赤い“カープカラー”のつけ麺を実際にスタジオで試食し、「見た目よりは辛くないです。次の日も、もたれたりしにくいし、さっぱりしていて、だんだん癖になってきます」とアピールした。北海道出身の俳優、伊吹吾郎(73)はつけ麺をすすり、「一言で言って旨い! のどのところに辛さがきてしびれるんだ。これはやっぱりビールがなきゃあかんわ」とうなった。

     番組ではほかに、北海道民はお酒のシメにおにぎりを食べると紹介。久本から北海道の話題として「すすきのはお好きでしょ?」と振られた新井氏は、「私は食事してすぐ宿舎に帰っていた。チームの門限を破ったことないので」と自信たっぷり。お笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史(48)から「誰が破っていたんですか?」と追及を受けると、こちらも「石、石原です」と冗談めかして語っていた。


    引用元 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/05/kiji/20190905s00041000415000c.html

     広島は21日、球団OBの横山竜士氏(43)=デイリースポーツ評論家=が投手コーチに就任したと発表した。同日午前、就任記者会見が行われた。

     【以下、一問一答】

     -コーチ就任の話をもらった。

     「最初に聞いたときにびっくりした。チームに貢献したいと思うし、頑張っていきたい。いつかはユニホームを着たいと思っていたのでうれしい」

     -チームの強さはどこにあるか。

     「黒田さん、新井が帰って来てチームが一体となって戦っている姿は、外から見ていても素晴らしかった。黒田さん、新井がつくってくれたものの上に僕は色を出していけたらと思います」

     -V奪回へ向けて必要なことは。

     「今季に限って言えば、なかなか勝ちパターンが固定できなかったところがある。リリーフ陣を含めて強い投手陣になっていってほしいなと思う」

     -中継ぎの重要性はどのように感じているか。

     「特に今、Aクラスに入っているチームを見てもリリーフ陣は強い。固定できれば、それに超したことはない。若い投手の底上げもそうだし、実績ある投手がまた良い状態で帰って来てくれたらと。誰がというよりも」

     -投手陣に植え付けたいものは。

     「フィールディングだったりけん制だったりは大事なもの。僕の場合は打者でアウトが取れなくなってから一生懸命磨いたところがある。今いる投手にはしっかりと打者と勝負して、対打者に強い投手になってほしい」

     -こういう気持ちでマウンドに上がってほしいということは。

     「防御率は改善された。四球は仕方無いと思うけど、三振の数が少なかった。四球を減らすためにボールを置きに行く、コントロールを意識し過ぎるのじゃなくて、どんどん攻める気持ちを持って三振を取れる投球を狙っていってほしい」

     -楽しみな部分は。

     「ドラフト1位の森下君もそうだし、今年の良い投手が入って来てくれる。新人にも期待したいし、今季1軍を経験した投手もいる。可能性を秘めた投手がいる。少しでもまた、良いものを引き出してあげたい」

     -外から見ていて広がったものは。

     「先ほど、リリーフの話をしましたけど、後ろが決まらないと攻撃の仕方も決まってこない。1点を取って1点を守る野球をやっていかないといけないと思う。1点を取りに行く野球ができるように、僕の役目として1点を守る守備面を磨いていけたら」

     -理想のコーチ像は。

     「僕が20年、現役をさせてもらったときに鬼軍曹ばかりだった。僕もそれを引き継いで、鬼軍曹と呼ばれるようにやっていきたい。佐々岡監督が非常に優しい方なので、厳しさを出していけたら」

     -ファンの方へ意気込みを

     「どういうポジションでコーチになるかわからないけど、やじらないようにしてほしいと思います。監督もコーチもユニホームを着てベンチに入るスポーツは野球くらいだと思うんです。僕たちも戦わないといけないと思う。戦っていきたい」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000075-dal-base

     日本新聞協会は5日、第39回新聞広告賞を発表し、大賞にプロ野球広島カープOBの黒田博樹さん(44)の「カープ新井選手引退記念企画『結局、新井は凄かった』」を選んだ。広島で共にプレーした新井貴浩さん(42)の現役引退に合わせて掲載されたもので、大賞を個人が受賞するのは初めて。

     広告は全2ページで、表には「新井ブレーキ」など、新井さんのミスを取り上げた新聞記事の切り抜きを並べ、裏には真っ赤な背景に「結局、新井は凄かった」と、たたえるメッセージを載せた。昨年11月5日の中国新聞朝刊に掲載されると、盟友に向けた粋な計らいが話題となった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000003-kyodonews-soci

     【新井さんが行く!】佐々岡さんには若い頃、よく食事に連れて行ってもらい、飲みにも誘ってもらった。こんなに食べて、こんな飲むのかと驚かされたことが懐かしい。プロの世界で長くやるには、しっかり食べて体を大きくしないといけないのだな…と佐々岡さんの大きな体から学んだ。いまは少し痩せ気味に見えるので(笑い)、監督になってからは体調管理に気をつけてください。

     投手出身の人は「お山の大将」と言われることが多いけど、そんな人ばかりじゃない。佐々岡さんもそうだ。本当に優しくて、柔らかい人柄。投手と野手の枠を超えて可愛がってくれた。

     マウンドに立てば勝負師の顔になる。引退登板で修一(村田、当時横浜)に真剣勝負を挑んで本塁打を打たれたことは有名な話。でも、続きがある。翌日は神宮球場でのヤクルト戦で古田さんの引退試合だった。アマチュア時代にバッテリーを組んだこともある間柄。「わしが投げんといかんじゃろ」と志願して遠征に加わって、古田さんの打席でマウンドへ上がった。引退登板の翌日にも投げたのは、佐々岡さんくらいでは。そんなところにも人柄を感じる。

     広島へ復帰した15年。偶然にも佐々岡さんもコーチとして戻ってきた。黒田さんと一緒に自宅に招かれ、優子夫人の手料理を振る舞ってもらった。優子さんも名前の通り本当に優しい方。控えめで縁の下から佐々岡さんを支えていて、応援したくなるカップルだ。

     今季の広島は目標だったリーグ4連覇がかなわず、CS進出も逃した。特に3連覇に貢献してきた救援陣は蓄積疲労もあって、うまく回らなかった。投打とも再び過渡期を迎え、また新しいチームをつくっていかないといけない。大変な時期の監督就任。OBの一人、カープファンの一人として佐々岡さんをしっかり応援していきたい。(スポニチ本紙評論家) 


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000113-spnannex-base&pos=4

     広島の緒方孝市監督監督(50)が2019年10月1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの退団を発表した。

     今季は球団初のリーグ4連覇を目指してスタートを切ったものの、開幕から5カード連続の負け越しでつまずきスタートダッシュに失敗。レギュラーシーズン最終戦までAクラス残留をかけての戦いが続いたが、チームは2015年以来の4位でシーズンを終えた。緒方監督はこの責任を取る形でユニフォームを脱ぐことになった。

    ■過去、指導者経験なしの監督はミスター赤ヘルのみ

     緒方監督の退任に伴い、チームの再建が急務となったフロント。来季に向けての第一歩となるのが新監督の選定だ。鯉党からは前監督の野村謙二郎氏(53)の復帰待望論が根強く、リーグ3連覇の土台を作った実績は評価が高い。理路整然とした野球論にも定評があり、「実績」、「知名度」、「期待度」は他の監督候補らの上を行く。

     「知名度」でいえば、広島、ヤンキースなどで活躍した黒田博樹氏(44)も群を抜く。MLBで複数球団からオファーがあったものの、それを蹴って2014年に古巣・広島に復帰。黒田の「男気」は多くの野球ファンから称賛された。また、現役時代「孤高の天才」と称された前田智徳氏(48)のカリスマ性、昨年引退した新井貴浩氏(42)のリーダーシップは高く評価されている。

     ただ、黒田氏ら3人に共通しているのが指導者の経験がないこと。前田氏は2013年に一軍の打撃コーチ補佐と選手を兼任していたが、指導者としての実績はほとんどない。黒田氏、新井氏もまた、引退後はスポーツ紙の評論家や野球解説を務めるなど、ともに現在は現場から離れている。広島の歴史を紐解くと、指導者の経験がなく、いきなり監督になったのは事実上、ミスター赤ヘル・山本浩二氏(72)だけである。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000007-jct-spo

     「広島2-3中日」(11日、マツダスタジアム)

     大歓声で迎えられた打席で、広島・堂林翔太内野手(28)が父親の威厳を示した。2-2の七回先頭。カウント1-1から福の速球に詰まりながら、右前へポトリと落とした。4月6日・阪神戦(マツダ)以来、今季2本目の安打で、第3子誕生をお祝いした。

     塁に出れば、果敢に次の塁を狙う。三好のバントで二塁へ進むと、代打・磯村の3球目に加藤が捕逸。堂林は瞬時にスタートを切り、三塁を陥れた。

     この日、絵理奈夫人が第3子となる女児を出産したことを公式ブログで報告。「先日、第三子となる女の子を無事出産しました」。堂林が赤ちゃんを抱っこしている親子3ショットの写真も載せていた。

     幸せいっぱいの家庭に支えられ、一家の大黒柱が燃えないはずがなかった。今季は2軍暮らしが続いたが、49試合で打率・288、6本塁打、20打点。今月6日に1軍再昇格し「やるだけです。相手に向かっていく気持ちを出してやっていきたいです」と力を込めていた。

     6日・阪神戦(マツダ)は3打数無安打に終わったが、この夜はしっかり結果を残した。「続けます」と誓い、第3子誕生には「頑張ります」と決意を新たにした。家族、ファンのため、1軍の舞台で輝きを放つ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000032-dal-base

    このページのトップヘ