広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     広島は10日のヤクルト戦に、鈴木誠也の2ホーマーの活躍もあり8-7で勝利し、連敗を4で止めた。

     今年の広島は、ベテラン選手に休養を与え、若手や中堅選手に積極的にチャンスを与えている。石井琢朗打撃コーチは9日のヤクルト戦の試合前に、「チームが苦しい中でも、新井、エルドレッドといったところを休ませながら若手の西川、安部を起用しているが、彼らがこちらの期待に応えてくれています」と話してくれた。

     石井コーチが名前を挙げた2年目の西川龍馬は故障で開幕一軍を逃したが、4月22日に一軍昇格すると、今季初出場となった4月23日のヤクルト戦で代打2点タイムリー二塁打。スタメンで出場した5月4日の中日戦、6日の阪神戦でマルチ安打を記録した。ここまで、スタメンで出場した試合は打率.353(17-6)、1本塁打、3打点と結果を残す。

     安部は4月30日のDeNA戦から9試合連続スタメン出場中。規定打席には届いていないが、打率は.367をマークする。現在4月26日の巨人戦から12試合連続安打中と、レギュラーに手が届きそうな位置にいる。

     一方で定期的に休養が与えられる新井、エルドレッドのベテラン陣も好調だ。新井は打率.301、5本塁打、20打点をマークし、エルドレッドは2試合ぶりに先発出場した9日のヤクルト戦で本塁打。特にエルドレッドは、4日の中日戦でスタメンを外れた翌5日の阪神戦で、2本塁打を放つなど、休養明けの試合で結果を残している。

     「長いシーズンを考えると、ベテランと若手を上手くミックスして休ませたり、チャンスを与えていきながら戦っていかないとね」と石井コーチが話すが、選手層が厚くなったからこそできる起用法といえそうだ。

    (提供=ニッポン放送ショウアップナイター)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00115889-baseballk-base

     広島は4日、マツダスタジアムで行われた中日戦に8-7で勝利し、同一カード3連勝で首位の座をキープした。4点ビハインドから、シーゾーゲームの末の逆転勝ちに、緒方監督は「今日も粘り強く、すごい攻撃をしてくれた。頼もしい打線だね」と、3度のビハインドをひっくり返した野手陣を称賛した。

     先発の大瀬良が4回に4失点したが、その裏に丸のソロ本塁打を皮切りに、西川、會澤のタイムリーで同点に追いついた。その後は追いつ追われつの展開となったが、1点ビハインドの8回に西川の一発で追いつき、最後はスタメンを外れていた新井が代打で決勝点となるタイムリー二塁打を放った。

     前日に3安打した新井と、打点を挙げたエルドレッドをスタメンから外し、西川と野間を起用した。西川は起死回生の同点弾を含む2打点と活躍し、野間も3度の出塁でいずれもホームを踏んだ。緒方監督は「前にも言ったけど、今年はひとつの打線でいこうとは思っていない。ふたつの顔の打線をしっかり作っていけば、シーズンを通じてチーム力も上がってくる」と、日替わり打線の狙いを話した。

     ルーズベルトゲームを制しての逆転勝ちも、裏を返せば不安定な投手陣を露呈する試合でもあった。指揮官は「走塁も守備も荒いところがあった。こう言う試合展開になってしまったことは反省しなければいけない」と気を引き締めることも忘れなかった。

     新しい顔を次々出てくる投手陣だけでなく、野手でも安部や西川など、これまでレギュラーではなかった選手の活躍が目立つ。緒方監督は「今のうちに若い選手を起用して力を引き出していけば、チームの底上げができる」と、育てながら勝つ野球に手応えを感じているようだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00010039-fullcount-base

     ◇セ・リーグ 広島8―7中日(2017年5月4日 マツダ)

     広島が14安打を放って8―7で中日に打ち勝ち、同一カード3連勝。1点を追う8回に西川の右越えソロでこの試合3度目の同点に追いつくと、なお1死二塁から代打・新井が右越え適時二塁打を放って激闘に決着をつけた。

     4回に4点を先制されたが、その裏に先頭の丸がバックスクリーン左に飛び込む4号ソロ本塁打を放って反撃の口火を切ると、1死一塁から西川の中堅フェンス直撃の適時二塁打、会沢の中前適時打で3―4と1点差。なお1死満塁から田中の中犠飛で試合を振り出しに戻した。その後はシーソーゲームとなったが、6―7の8回に先頭の西川が2号同点ソロを放つと、四球で出た野間を会沢が送って1死二塁とし、代打・新井が右越え適時二塁打を放って勝ち越した。

     先発・大瀬良は3回までは無安打無失点に抑えていたが4回にゲレーロに3ランを被弾し、6回途中4安打6失点で2勝目はならず。8回に4番手で登板し、三者凡退に抑えたブレイシアに2勝目がついた。

     中日は三たびリードを奪ったが、投手陣が踏ん張れずに4連敗。今季安定した投球を続けていた先発・又吉だったが、4点リードを守りきれずに5回10安打5失点と誤算だった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000123-spnannex-base

    <広島7-4中日>◇3日◇マツダスタジアム

     中盤5回に中日ゲレーロの連続失策から同点に追い付くと、丸の適時打で勝ち越し。その後も攻撃の手を緩めず中日を突き放した広島が連勝で、先発の4年目中村祐太投手(21)がプロ初登板で初勝利を挙げた。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

     -中村祐が初登板初勝利

     緒方監督 よく投げてくれた。思った以上にいい真っすぐを投げていた。細かいことを言えば、もう少し無駄な抜け球をなくし、低めのゾーンで勝負できればと思うところもある。でもこれから経験して、成長していってもらいたい。

     -打線が援護した

     緒方監督 何より白星を付けてくれた野手陣。守備にしても攻撃にしても、本当に若い投手を助けて、育ててくれている。頼もしい野手陣ですね。

     -相手のミスに乗じて勝ち越した

     緒方監督 昨日にしてもそうだし、今日にしてもそう。ミスをうまくつけ込んだ形の得点になっているので、相手もダメージがあるでしょう。ワンチャンスをものにする打線の集中力がすごい。

     -捕手会沢も攻守で貢献

     緒方監督 リードで頭がいっぱいの中、自慢の打撃で数字が出ていないことにもどかしさがあるだろうけど、やっぱり今求めているのは若い投手をしっかりリードして試合を作ること。数多く出場する中で(今日は)持ち味とする打撃で試合を決定づける大きな、大きな本塁打になったと思います。

     -新井の2ランも大きかった

     緒方監督 本当に頼もしいよ。ナイスゲームです。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-01817664-nksports-base

     ◇セ・リーグ 広島7―4中日(2017年5月3日 マツダ)

     広島の4年目、中村祐がプロ初登板初先発で5回、103球を投げ5安打3失点で、プロ初勝利をマークした。広島は連勝で貯金を8とし、首位をガッチリキープ。

     2―3で迎えた5回、5回、先頭の会沢がゲレーロの失策で出塁し二塁へ。中村祐の代打で出場の天谷の投ゴロを吉見が処理し、三塁へ投げたが、またもやゲレーロが補球できずに一気に還って追いついた。さらに田中が四球、菊池が送った1死二、三塁で丸が中前へタイムリーを放ち勝ち越した。6回にも中前打の安部を塁に置き、会沢が左翼へ1号2ランを放ち、吉見をKO。7回にもエルドレッドのタイムリーで1点を加えた。

     0―2の4回には新井の5号2ランで追いついていた。

     先手は中日。初回、京田の二塁打を足場に築いた1死一、三塁で、平田の遊ゴロ間に先制。2回には藤井が右前打と盗塁で二進し、松井雅の右前タイムリーで加点した。同点とされた5回にはドラフト2位ルーキー・京田がプロ初本塁打を左翼へ放ち勝ち越したが、先発の吉見が味方の守備の乱れから崩れてしまった。9回にはゲレーロの3号ソロで1点を返したが、そこまでだった。

     吉見は5回1/3、97球を投げ7安打6失点(自責4)今季まだ勝ちなく4敗目。昨年9月7日の広島戦から6連敗となってしまった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000121-spnannex-base

    このページのトップヘ