広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     広島・新井貴浩内野手(40)が21日、“能見さん撃ち”を宣言した。この日は23日からの阪神との首位攻防戦(マツダ)へ向け、マツダスタジアムで行われた全体練習でフルメニューを消化。24日の第2戦に先発濃厚な阪神・能見篤史投手(38)には今季、5打数1安打と抑えられているが、「ぶつかっていく」とリベンジに燃える背番号25。プライベートでも仲のいい、元同僚左腕を打ち砕き、チームを首位固めに導く。

     今季初の連休明けで体はキレキレだ。気温25度。雨上がりの太陽の下、新井はフルメニューを消化した。守備、走塁、打撃練習…。一切、手を抜かない。最後は外野の芝生で、ショートダッシュを繰り返した。約2時間半、ハードに体を動かし、汗びっしょりだ。

     23日から本拠地マツダスタジアムで、古巣・阪神との首位攻防3連戦。今季ここまで3勝6敗と負け越している相手だが、百戦錬磨の男に気負いはない。

     「目の前の1試合、1試合の積み重ね。まだまだそういうのは先の話だから。とにかくどこが相手だろうが、一戦一戦というスタンス。その積み重ね。いつも言っている通り」

     まだ6月。順位やゲーム差を気にする時期ではない。それでも「能見」の名前を聞くと、目の色を変えた。昨季は15打数7安打、打率・467、2本塁打と打ちまくったが、今季は新球シュートを交えた投球に苦戦。年賀状で「今季は打たせませんよ!」と挑戦状を叩きつけられた通り、5打数1安打2三振に抑え込まれている。

     「今年は調子がいいみたいだし、新しい球も投げているみたい。“能見さん”の胸を借りるつもりで、ぶつかっていきたいね!」。ニヤリと笑い、リップサービスたっぷりにリベンジを宣言した。

     前日20日にはロッテ・井口が今季限りでの現役引退を表明した。「自分の2つ上か」。そう言うと、駒大時代を振り返り、大先輩への敬意を込めた。

     「同じ東都(大学リーグ)でスーパースターだった。(青学大の)井口さんと(東洋大の)今岡さん(阪神2軍打撃兼野手総合コーチ)は。(試合前に)神宮で、打撃練習を見るのが楽しみだった。練習でも普通にバックスクリーンを越えていたから」

     プロ入りしてからも球場で会うと、言葉を交わした。10代の頃から、ずっと追い続けてきた背中だった。現在球界で新井より年上の野手は、井口とロッテ・福浦、楽天・松井稼の3人だけ。「そういう年齢だし、寂しい気持ちもあるけど、お疲れさまという気持ち」。感傷に浸りつつ、目の前の試合に死力を尽くす。リーグ連覇と日本一を目指して全力プレーを貫く。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/06/22/0010303325.shtml

     広島の上本崇司内野手(26)が4日のロッテ戦(マツダ)の試合前、太陽のまぶしさをやわらげるために目の下を黒く塗るはずが、なぜかもみあげを伸ばすように黒く塗っていた。この試合で2戦連続本塁打となる2号2ランを放ったバティスタも興味津々の様子だ。

     ナインを和ませるために自らやったのかと思いきや「新井さんにやられました」と、ベテランの手で“変身”していたことが判明した。

     出場機会こそ代走や守備固めなど、目立つポジションではない。しかし、ムードメーカーとして率先して声を出し、チームを盛り上げるポジションは不動のレギュラーだ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00000028-tospoweb-base

     「交流戦、楽天3-12広島」(9日、Koboパーク宮城)

     広島が今季最多タイとなる16安打を放ち、最多の12得点でセ・パ首位対決第1ラウンドを制した。

     二回、売り出し中のバティスタの適時二塁打で先制すると、2死一、三塁から重盗を決めるなどして3点を奪った。二回にも松山の2点適時二塁打などで3点。八、九回にも攻撃の手を休めず、加点した。

     緒方監督は「つながりのある、うちらしい攻撃をみせてくれた。先制、中押し、ダメ押しと最後までしっかりと攻めてくれた。移動日なしで体がしんどかったと思うけど、頑張ってくれた」とナインをたたえた。

     3月31日、阪神との開幕戦以来となったジョンソンは、6回6安打2失点で今季、初勝利を手にした。咽頭炎を患い体調を崩して長く戦列を離れていた。チームは、エース不在でも底力を発揮して首位に立つ。左腕の復帰は、さらなる戦力充実につながる。「待ちに待ったエースが帰ってきた。これから制球にしてもイニングにしても、上げていってほしい」と話した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000136-dal-base

     ◇交流戦 広島4―3日本ハム(2017年6月6日 札幌D)

     広島は6日の日本ハム戦を今季20度目の逆転で制して3連勝へ伸ばした。新井貴浩内野手(40)が2点を追う4回、反撃の口火を切る6号アーチを掛ければ、7回には丸、エルドレッドの長短打などで一挙3点を奪った。昨秋日本シリーズで3連敗を喫した敵地で鮮やかなリベンジ星。貯金を今季最多の13とし、首位の座をがっちりキープした。


     鮮やかな放物線を描いた打球が敵地の左翼スタンドに着弾した。2点を追う4回1死から、3試合ぶりにスタメン出場した新井が6号ソロ。カウント1―2から加藤の138キロの内角低め直球を鋭いスイングではじき返した。

     「直球がいい投手。その球をコンタクトしようと思っていた。うまく打てました」

     5月3日の中日戦以来約1カ月、実に48打席ぶりの一発に白い歯がのぞく。敵の左腕とは、10月27日の日本シリーズ第5戦で対戦。2回途中で早々とKOしたが、新井自身は初回2死一、二塁で中飛に倒れており、意地を見せた格好だ。

     足でも魅せた。1点を追う6回1死から四球で出塁し、2死後、小窪への3球目に走った。「魅せるとかじゃなく、準備はしっかりやっているので」。4月8日のヤクルト戦以来、今季2個目の盗塁成功。得点には結びつかなくても、反撃の機運をグッと高めた。

     心が揺れ動く出来事があった。ロッテ戦があった4日、堂林が2軍に降格。バティスタを出場選手登録したことに伴ってペーニャが落ち、三塁を守れる内野手の補充が必要な状況だった。入れ替わりで小窪が昇格。事情を説明する首脳陣に、新井はこう申し出た。

     「ボク(が降格)ではダメなんですか?」

     堂林が5月31日の西武戦で放った今季1号から4日目。40歳の自分が1軍に残るなら、若い有望株に経験を積ませる方がいい。愛弟子の将来、チームの将来を思えばこその新井らしい直訴だった。

     「本塁打を打ち、走ってくれるんやから。勢いをつけてくれたよ」。緒方監督はその奮闘を絶賛した。昨秋のリベンジを果たすチーム一丸の勝利。新井も満足そうだ。

     「いつも通り諦めない気持ち。やり返したとかじゃない。初戦を取れて良かった」

     本塁打に愛弟子へのエールを込めたのでは?との問いには、わずかにほほえんでみせた40歳。どこまでも頼もしい男がそこにいた。 (江尾 卓也)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000065-spnannex-base

     広島・小窪哲也内野手が7日、出場選手登録日数が9年に達し、海外FA権の資格取得条件を満たした。

     資格取得条件を満たしたことを知らされると「逆にびっくりです。知らなかった。(権利行使の意思は)ありません」と残留宣言をした。

    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000104-dal-base

    <日本生命セ・パ交流戦:日本ハム3-4広島>◇6日◇札幌ドーム

     広島が今季20度目の逆転勝ちで3連勝をおさめ、貯金を今季最多の13とした。

     序盤は先発薮田が四球から失点する嫌な流れだったが、4回に新井が6号ソロ。7回には日本ハムのミスにつけこんで一気に3点を奪って逆転した。

     昨季の日本シリーズで苦い思いをした中崎、ジャクソン、今村も無失点でリレーし、1点差ゲームをものにした。

     試合後、緒方孝市監督(48)は立ち止まることなく足早にバスへと乗り込んだ。ミスにつけ込む逆転勝利にも「新井が1発を打って、塁に出ても走ってくれるからね。勢いをつけてくれるわね」と5月3日中日戦(マツダスタジアム)以来となる1発を放ち、四球で出塁した6回には今季2個目の盗塁を決めたベテランをほめただけだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-01836101-nksports-base

     メモを取る手が止まった。17日のDeNA戦(マツダスタジアム)。ミスが重なり9回に3点を追いつかれた試合だ。鈴木の痛恨の後逸について、河田外野守備走塁コーチに話を聞きにいったときだった。目を真っすぐ見て「オレはああいう教え方をしている。オレは誰がなんと言おうと曲げない」と言われた。いらついているわけでもなく、心底の言葉だと感じた。

     もちろんいいプレーではない。前方の打球にスライディングキャッチを試みるなら、最低でも体に当てなければならない状況。だがそれは素人に言われなくても百も承知だろう。ミスを恐れて前に出なければ就任当時から掲げる「ポテンヒットの撲滅」は出来ない。長い目で見て、鈴木を育てる上で取らなければならないリスク。打たれた今村は不運だが、チームがそれを共有出来ているのだ。

     翌日、緒方監督にも聞いた。「誠也は若いし、まだまだ経験しないといけない選手だからね。こっちもそう思っている。(河田コーチの言葉は)強い責任と愛情を持って指導してくれている証しでしょう」。失敗と悔しさと愛情を受けて、どこまでも育っていく。【広島担当=池本泰尚】


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-01827223-nksports-base

    <日本生命セパ交流戦:西武4-9広島>◇31日◇メットライフドーム

     復調弾で大勝導く!! 2試合ぶりスタメンの広島堂林翔太内野手(25)が試合を決定づける今季1号3ランを放った。昨季終盤に弟子入りした新井貴浩内野手(40)と組んだ6、7番のコンビで大量得点をたたき出し、勝利に貢献した。チームは交流戦連勝スタートで今季2度目の7連勝。貯金は12まで膨らんだ。


     内角の厳しい球に腕をたたみ、体を回転させた。じわりじわりとリードを広げた5回1死一、三塁。堂林が放った放物線は左翼席中段に着弾。一塁ベースを回ると、小さく右手を突き上げ、感情を解き放った。16年4月26日ヤクルト戦以来、400日ぶりの1発が試合を決めた。

     「ただただ反応できた。感触は良かったです。内野ゴロでも、と楽な気持ちで入れました」

     「7番左翼」で2試合ぶりに先発出場。ネクストバッターズサークルでは、前を打つ6番の姿でイメージをつくった。新井は2打席目にしぶとく粘って四球。3打席目は満塁から低めの球をおっつけ、逆方向へ2点打。手本のような打撃だった。「4番から右が並んでいたので、特に先発のときは参考になった」。5回は右の田村から左の小石に代わったが、いいイメージを持って打席に入った。

     昨季終盤に志願して新井に弟子入り。師弟関係はシーズンに入っても続く。試合前の打撃練習を、新井がベンチからチェックすることもある。5月18日DeNA戦前の練習後には、ベンチ裏のスイングルームで約10分、新井が身ぶり手ぶりで堂林にマンツーマン指導。「無理を言ってたまに見てもらっている。自分の中で感じていたズレを指摘してもらった」。軸足側に重心を残し、打球を後ろから見るイメージを指摘された。状態を維持できている陰に、師のサポートがある。

     3年ぶり開幕1軍も、代打だけでなく、守備固めや代走起用もある。出場機会が限られる中、交流戦初スタメンで今季初本塁打。勝利に貢献した。緒方監督は「少ないチャンスで結果を見せてくれた。自分でチャンスをものにしてくれている」と喜んだ。全試合出場の12年から苦闘の続く堂林が復調アピール弾で、交流戦の「新戦力」に名乗りを上げた。【前原淳】

     広島新井(堂林の今季1号に)「難しいボールをね。ナイスバッティング。アドバイス? 僕は関係ない。打ったのは彼なので」


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01833339-nksports-base

    ◆日本生命セ・パ交流戦 西武―広島(31日・メットライフドーム)

     広島・堂林翔太内野手(25)が今季1号を放った。5―1の5回1死一、三塁。代わったばかりの西武3番手・小石のインハイ直球を完璧にとらえ、左翼席の中段へ放り込んだ。昨年4月26日のヤクルト戦(神宮)以来、400日ぶりの一発でリードを7点に広げた。

     「打ったのはストレート。何とかランナーを返そうという気持ちでいきました。インサイドの球をうまく反応することができました」と久々の本塁打を振り返った。


    引用元 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170531-OHT1T50184.html

    このページのトップヘ