広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     「セCSファイナルS・第1戦、広島3-0DeNA」(18日、マツダスタジアム)

     広島・新井が「6番一塁」で先発出場し、勝利に貢献した。0-0の五回、無死一塁。先発・石田のチェンジアップに食らいつき、三遊間を破った。

     「石田くんも丁寧に低めに、コントロールしていた。先頭でバティ(バティスタ)がヒットで出てくれて、自分もつないでいこうと思った。初戦を取れたのは良かった」

     試合前には、チーム全員でモチベーションビデオを鑑賞。チーム一丸で初戦の勝利につなげ、「明日に備えていい準備をしたい」と新井は力を込めた。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000150-dal-base

     広島は18日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦のDeNA戦に3-0で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を2勝0敗とした。開始前から雨の降り続く天候の中での試合となったが、広島が3点を先制した5回終了直後に中断となり、そのまま5回降雨コールドゲームとなった。



     30分以上の中断の後、コールドゲームが宣告された瞬間、広島ベンチからは歓喜の声が聞かれた。緒方監督は「相手も打ち勝って勢いに乗っているところで初戦を取れたのは大きい」と、ひとまず安堵した様子だった。

     試合は広島・薮田、DeNA・石田の両先発による投手戦となった。緒方監督が「プレーボールがかかった頃は、それほど支障はなかった」と振り返ったように、守備での失策もなく、両先発ともに快調なスタートだった。 

    「ボール先行というわけではなかったし、いいイメージでいけた。結果としていいものが出た」という薮田は、3回に1死から石田、倉本の下位打線の連打でピンチを迎えたが、1番の桑原を併殺打に打ち取り、4、5回は3者凡退と完璧な投球を見せた。「今年の勝ち頭だし、苦しいところで支えてくれた」と初戦の先発にプロ3年目の薮田を起用した緒方監督は「オープニングゲームというプレッシャーがかかるところで、しっかりと自分の投球をしてくれた。ナイスピッチングです」と、ポストシーズン初先発の右腕を褒めた。

     攻撃陣は初回に四球からの2死三塁のチャンスを逃すと、4回までノーヒットに終わった。しかし、試合成立のイニングとなる5回にバティスタの四球と新井の安打に送りバントで1死二、三塁のチャンスを作ると、薮田三振で2死後に田中がセンター前に2点タイムリーを放って値千金の先制点を挙げた。緒方監督は「短期決戦で去年同様にキーマンになりそう。明日からも打線を引っ張っていってほしい」と、昨季のCSでも12打数10安打と驚異的な活躍を見せた田中に期待を寄せた。

     先発が試合を作り、攻撃陣に効果的なタイムリーが出た理想的な展開に、指揮官は「しっかり攻撃の形を作れたし、追加点も取れたし、ウチらしい野球ができた」と、2年連続の日本シリーズ進出へ手応えを感じている様子だった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00010030-fullcount-base

     広島・新井貴浩内野手(40)が15日、実戦形式の練習を再開した。マツダスタジアムに隣接する室内練習場でシート打撃に登場。3打席に立ち無安打ながら、速球に目を慣らした。10月上旬に患ったへんとう炎から順調に回復。18日からのCSファイナルSへ向けてギアを上げていく構えだ。


     大粒の汗をぬぐいながら、新井は室内練習場をあとにした。表情は晴れやかで、充実感が漂う。久しぶりの実戦形式練習。シート打撃で3打席に立った。感覚に鈍ったところはない。ハイペースで進める調整は、順調だ。

     「普通かな。思ったより(感覚は)ズレていなかった」

     1番で打席に入り、ブレイシアと対戦。2球目を打って遊ゴロに倒れた。続く2打席目はフルカウントから見逃し三振に倒れた。投手が代わり、中田がマウンドへ。1ボール2ストライクからの4球目に、バットは空を切った。結果だけ見れば3打数無安打。だが重要視したのは、内容だった。

     CSへ向けて練習を再開して2日目の5日に体調不良を訴えた。広島市内の病院でへんとう炎と診断され一時離脱すると、9日から練習を再開した。チームが社会人と練習試合を行っていた11日からの3日間は“ミニキャンプ”を張り、室内練習場で打ち込みに専念。この日が、へんとう炎からの復帰後、初めて対峙(たいじ)した生きた球だった。

     「体感というか、誤差は少なかったかな」。18日からのCSファイナルSまで、あとわずか。16日もシート打撃を行い、17日の前日練習を経て大一番に臨む。ベテランとして、短期間で本番へピークを持って行く調整方法は熟知している。

     だからこそシート打撃前の投内連係では笑顔が絶えず、チームメートに声をかけ続けた。ピリピリムードはなく「スイッチが入るとき?当日じゃないかな。当日になってガーッと気持ちが上がってくる。今から上がっていたらパンクするよ」と、豪快に笑った。

     甲子園でのファーストSはDeNAが泥だらけで阪神に勝利し、1勝1敗になった。日本シリーズ行きの切符を争うチームの決定は、16日以降に持ち越されたが相手は関係ない。「セ・リーグ優勝チームだけど、やるときは関係ない。チャレンジャーとして、一丸となってぶつかっていくという気持ちでやっていきたい」。自身、そしてナインの思いを代弁した。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000018-dal-base

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     へんとう炎で4日間離脱していた広島新井貴浩内野手(40)が「くそー、出たかったな」と悔しそうに言った。7日にマツダスタジアム内の「エバラびっくりテラス」で行われた決起集会だ。焼き肉グリルがついた人気席を会場に、コーチ、スタッフも参加。屋外でのバーベキューで、クライマックスシリーズ(CS)突破へ士気を高めた。


     新井はさすがに参加するわけにもいかず、休養に充てていた。「練習もしてないのに、はしゃいじゃいけんじゃろう。示しがつかんなんてもんじゃない」と笑った。15年は雨天のためパーティールームで開催され、新井は屋外BBQは未体験。誰からも愛されるチーム最年長は、悔しそうだ。

     本人だけではない。守護神中崎は「僕は隅っこの方で静かにしていました」と明かした後に、こう付け加えた。「新井さんがいなかったので…。早く戻ってきて盛り上げてほしいですね」。16学年下の後輩からのまさかの“いじり”。再び新井さんにぶつけると「ザキが? そういうのは普通年下の子に言うもんじゃろ!」と苦笑いしながらも、うれしそうだった。

     次回の決起集会では新井さんからの「ザキいじり」がさく裂しそうだ。【広島担当 池本泰尚】
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00024110-nksports-base

     今季限りで引退を決意した阪神新井良太内野手(34)について、兄の広島新井貴浩内野手(40)が口を開いた。シーズン中から話を聞いていたと言い「いろいろ気持ちが揺れ動いていたと思う。でも本人が決めたことだから」と語った。その上で「最終的には良太の野球人生だから、自分で決めなさいと言った」と明かした。


     10年から14年までの4年間は阪神でともにプレー。「一緒のチームでプレーしたし、いい経験をさせてもらったよね。彼のいいところは、どんな時でもとにかく明るく、元気に、取り組む姿勢だね」と優しく語った。自身が広島に復帰した後も「励みにはならないけど、気にはなっていた。弟としてね」と続けた。

     最後は兄としての感謝の言葉を紡いだ。「中日、阪神の両球団の方、たくさん応援してくださったファンの方にも感謝。幸せだったんじゃないのかな。もちろん本人も感謝していると思うけど、兄としても両球団、ファンの皆さんに感謝しています」と締めくくった。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00024665-nksports-base

     へんとう炎で離脱していた広島新井貴浩内野手(40)が9日、マツダスタジアムで復帰した。グラウンドには姿を見せなかったものの、室内でキャッチボールや軽めの打撃練習を行った。
     表情は明るく「もう大丈夫。まだ時間もあるし大丈夫です。不安はないです」と語った。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00024100-nksports-base

    【赤坂英一 赤ペン!!】18日開幕のCS最終ステージまで、ブランクが心配される広島だが、チームの雰囲気は相変わらず明るい。9月30日のDeNA戦の試合前も、東出打撃コーチが、鈴木の穴を埋める代理4番・松山にこんなツッコミを入れて周囲を沸かせた。

    「もし9月の月間MVP(9、10月期)を取れなかったら、もう取材は受けないって松山が言ってるんだよ!」

     もちろん、当の松山は「オレそんなこと言ってませんよ! 話作らないでくださいよ!」と笑って否定。この調子ならCSでもしっかりと代理4番を務められそうである。

     問題は、死球でできた右ふくらはぎ血腫の除去治療を受け、登録抹消中の安部だ。「筋肉は傷ついていないのでCSにはギリギリ間に合うかも」と東出コーチは言うものの、石井打撃コーチは「ここで無理させると長引く恐れもある。CSはいないものと思って戦いますよ」と断言した。

     だが、離脱直前に5番を打ち、足と三塁守備でも貢献していた安部の穴は簡単に埋められるものではない。控え三塁手の1番手は西川になるようだが、「二の矢、三の矢を用意する必要がある」と石井コーチは言う。

    「バティスタやメヒアもいるけど、まだ全面的に信頼できるほどではありません。下位で得点源になるとしたら、エルドレッドか小窪かな。エルドレッドはまだ二軍で調整中で、復調すれば早く上(一軍)で打たせたい」 彼らが頼りにできないとなった場合“CS用秘密兵器”となりそうなのが「サード・新井」。石井コーチが「よほどの緊急事態に限る」としている一方、東出コーチはなかなか前向きである。

    「サード・新井さんは面白いかもしれない。ある意味、壊れるのを覚悟でいってもらえるでしょ」

     しかし、「何だかんだ言っても、やはり主役がきちんと打てるかどうかですよ」と石井コーチは強調する。昨年は、初の本拠地CS開催でチーム全体が硬くなっている中、田中が打率8割3分3厘と打ちまくり、日本シリーズへ進出している。

    「今年も広輔にあれだけの活躍ができるかどうか。そうでなければ丸が中心打者として打線を引っ張っていけるか、ですね」と石井コーチ。ちなみに、東出コーチのほうは「CSで打てなかったら、秋季キャンプはまた地獄になる。強化指定選手もいっぱいいますよ」と不気味な予言をしている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000005-tospoweb-base

     今秋ドラフトの超目玉、早実(西東京)清宮幸太郎内野手(3年)が2日、東京・国分寺市の同校で、広島、日本ハムを除く10球団と面談した。


     広島は清宮を指名しない方針を明らかにした。この日スタートした清宮との面談に、広島は加わらなかった。松田オーナーは「(面談に)行かないということは、そういうこと」と話した。8月のスカウト会議では、ドラフト1位候補にあたる「A評価」とするなど、高校通算111本塁打を記録した打撃を高く評価していた。だが、現場は走力のある選手を要望しているという。松田オーナーは「打撃は素晴らしいものがあるが、うちのスタイルじゃない」と決断。注目スラッガーの存在にも、広島の方針にブレはなかった。ドラフト1位候補には、ヤマハ・鈴木博志(20=磐田東)、立命大・東克樹(4年)ら即戦力投手を中心に、地元の広陵・中村奨成捕手(3年)の名前も挙がっている。
    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00018237-nksports-base

    石田敦子、かきふらい、さだやす圭、弘兼憲史、満田拓也ら9名のマンガ家が描き下ろした広島東洋カープ選手のイラストを、スマートフォン用アプリ「本屋さんアプリ~本屋へGO!~」上で配布する「本屋さんへ行こう!!」の第1弾が、10月2日から10月15日まで行われる。


    「本屋さんへ行こう!!」では石田が田中広輔選手、一岡竜司選手、かきふらいが安部友裕選手、さだやすが石原慶幸選手、満田が菊池涼介選手のイラストを執筆。弘兼が執筆するイラストは現時点では「?」とされており、このほか野村宗弘が中崎翔太選手、川原正敏が野村祐輔選手、市川ヒロシが西川龍馬選手、村上たかしが新井貴浩選手を描き下ろす。なお10月16日からは西島大介らが参加するキャンペーン第2弾が実施される。

    イラストは日替わりでの配信となっており、期間中に廣文館、フタバ図書の各店舗へと足を運び、「本屋さんアプリ」を立ち上げることでダウンロードが可能に。配布スケジュールは記事末のリストにて確認しよう。このほか第1弾のコラボ実施中に日替わりで配信するスタンプを10種類集めた人の中から合計で30名に、描き下ろしイラストの複製原画をプレゼントする。

    「本屋さんへ行こう!!」イラスト配布スケジュール
    10月2日(月)満田拓也×菊池涼介選手
    10月3日(火)野村宗弘×中崎翔太選手
    10月4日(水)石田敦子×田中広輔選手
    10月5日(木)川原正敏×野村祐輔選手
    10月6日(金)弘兼憲史×?
    10月7日(土)満田拓也×菊池涼介選手、野村宗弘×中崎翔太選手、石田敦子×田中広輔選手
    10月8日(日)川原正敏×野村祐輔選手、弘兼憲史×?
    10月9日(月)村上たかし×新井貴浩選手
    10月10日(火)市川ヒロシ×西川龍馬選手
    10月11日(水)さだやす圭×石原慶幸選手
    10月12日(木)石田敦子×一岡竜司選手
    10月13日(金)かきふらい×安部友裕選手
    10月14日(土)村上たかし×新井貴浩選手、市川ヒロシ×西川龍馬選手、さだやす圭×石原慶幸選手
    10月15日(日)石田敦子×一岡竜司選手、かきふらい×安部友裕選手

    石田敦子
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    本屋さんが好きです。カープが好きです。ふたつが合わさる幸せなアプリに参加できてとても嬉しい。カープの選手たちが本屋さんに足を運ぶきっかけになるとしたら素敵です。素晴らしい本に巡り会えますように。私のお勧めは向田邦子さんです。ぜひぜひ。

    田中広輔選手へのコメント
    去年に続いてフル出場?大活躍の1番。優勝の勝利ボールを2年連続つかむ運もある!

    一岡竜司選手へのコメント
    カープに来てくれてありがとう!ほんわか顔でバッターを打ち取るかっこよさ。

    市川ヒロシ


    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    地元広島のカープ選手の似顔絵を描かせていただけるなんてとても光栄でした。カープも書店もこれを機会にもっともっと盛り上がってほしいと思います!

    西川龍馬選手へのコメント
    若手でイケメンの西川選手。今後のカープを引っ張っていくようなご活躍をお祈りしております!

    かきふらい
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    是非私の地元でも行ってもらいたいくらいのすばらしい企画だと思います!

    安部友裕選手へのコメント
    一打席一打席気合が入っていて目が離せません!覇気!

    川原正敏
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    カープファンとして、この企画に参加させていただき、光栄です。書店が減っていくこの時世に、少しでも力になれれば幸いです。

    野村祐輔選手へのコメント
    カープファンとして描きたい選手は何人もいますが「一人・・」を選ぶとすれば、やはり『ノムスケ!』。二枚目なので、描きやすいですし・・下手な僕でもなんとか恰好がつく綺麗なフォームなのが嬉しいですね。(全身描いてませんけど・・汗)。これからも、一層の活躍を期待し・・いえ、信じて応援していきます。



    さだやす圭
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    おもしろい。カープファンにとってはたまらん。

    石原慶幸選手へのコメント
    黒田と共に広島を変えた、守りの大黒柱。彼のリードによる強気の内角勝負には、痺れるものがある。

    西島大介(第2弾への参加)
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    祝優勝。まさに今年の企画。お声がけいただきありがとうございました!

    ブラッド・エルドレッド選手へのコメント
    実は息子の幼稚園で何度もお見かけしていました。熊のように大きくて頼れる存在!

    野村宗弘
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    本屋が大好きなんで、こういう企画に誘ってもろうて嬉しいばっかです。

    中崎翔太選手へのコメント
    2年連続胴上げ投手おめでとうございます!!普段の優しそうな顔も試合での威圧感溢れる顔も魅力的で大好きです!



    弘兼憲史
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    優勝おめでとうございます!!低迷時代も我慢して支えた甲斐がありました。これからしばらくはカープの天下が続くでしょう。泣くな、ジャイアンツ。

    ?へのコメント
    カープぼうや第二弾をつくるなら、ぜひわたくしに。

    満田拓也
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    カープと本屋さんに育ててもらった身として、このような企画に参加させていただき嬉しく思います。書店さんには厳しい時代でしょうが、がんばってください。

    菊池涼介選手へのコメント
    今年は菊池選手ご本人的にベストでないシーズンだったようですが、エリア33は常にチームを救ってましたね。

    村上たかし
    「本屋さんへ行こう!!」へのコメント
    一人でも多くの方に書店へ足を運んでもらえることを願っています。

    新井貴浩選手へのコメント
    これからも一日でも長く活躍してほしいです。
    引用元 http://natalie.mu/comic/news/250709

     「DeNA-広島」(1日、横浜)

     広島・新井が試合前に“即興サイン会”を開いた。

     自身の練習を終えると「今日が最後だから」とベンチから姿を見せ、赤く染まり始めた三塁側へ。ボールや色紙にペンを走らせてカープファンを喜ばせた。

     この日は広島のシーズン最終戦。スタメンこそ外れたが、新井らしい行動でファンへの感謝を示した。


    引用元 https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/10/01/0010604456.shtml

    このページのトップヘ