広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

    ssd160473548114256

    無題

    hhhf

    ssd160473548114256

    hhhf

    _5dd76c65d7f18

    _5dd76c65d7f18

    【正田耕三「野球の構造」(27)】好事魔多しとはよく言ったものです。二塁のレギュラーへと大きく前進した入団2年目の1986年は、これからというときに思いもよらないハプニングに見舞われました。

     6月22日に札幌・円山球場で行われたヤクルト戦で、3試合ぶりに「7番・二塁」でスタメン復帰した僕は2安打をマーク。


    雨天中止などで4日後になった次戦、26日の旧広島市民球場での中日戦でも3安打するなど、21日の時点で2割5分9厘だった打率は一時的に3割1分9厘まで上がりました。

     7試合連続スタメン出場となった7月5日の大洋(現DeNA)戦を終えて21打数9安打。その間はチームも引き分けを1つ挟んでの4連勝を含む5勝1敗と絶好調で、2年ぶりのリーグ優勝に向けて首位巨人を猛追していました。


    そんな矢先です。7月6日、舞台は前日と同じ新潟県の鳥屋野運動公園野球場でした。0―0の3回表。一死一、三塁か一死一、二塁だったと思います。打者の高木豊さんが放った打球は注文通りの二ゴロで、先発の白武佳久さんは4―6―3の併殺でピンチを切り抜けました。


     ベンチのムードも盛り上がるなか、僕だけはピンチに陥っていました。実は捕球の際に打球がイレギュラーし、右手に当ててしまったのです。その後も痛みをこらえて試合に出続けましたが、2打席連続で凡退していたこともあり、1―2の7回裏に西田真二さんを代打に送られてベンチへ退きました


    EKTqQnqVUAEgRFI


    引用元 https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1897413/

    geo20081114440013-p1


    【平岡洋二「アスリートの解体書」(6)】新井貴浩を語る上で欠かせないのが労働組合日本プロ野球選手会会長就任だ。2011年、東日本大震災の影響で巨人など経営側の論理主導でセ・リーグの開幕日が二転三転。経営側と対峙し交渉の矢面に立ったのが選手会の代表者である新井会長だった。

    私などは「プロ野球史上最大の人選ミス」などと就任当初、やゆしていたものだが、あにはからんや時の人として称賛された。確かに交渉の過程で、その都度マスコミの前で対応する新井を見て大変な状況の中、これ以上はない態度での受け答えであったと思った。また、セ・パ同時開催決定となり涙する姿はさもありなんとも感じた。


    284f9c38


    引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/f8c4459f8b6e40a5b62021948a973a6077bec111

    このページのトップヘ