広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

    <巨人3-8広島>◇24日◇東京ドーム

    3連覇している広島の強さが際立った試合だった。「何が際立った強さなのか?」と聞かれれば、とにかく選手個々のジャッジメントプレーに抜け目がない。成熟したチームの強さを感じさせた。



    クイックモーションの苦手なヤングマンに対しては、すかさず盗塁。ただ走るというのではなく、2度の盗塁は初球と2球目に決めたもの。走れる投手からは、早いカウントで走るという鉄則を忠実に実践している。4回2死三塁からの1点は、とんでもない暴投で転がり込んできたように思うだろうが、打席の田中広は2球目にセーフティーバント(結果はファウル)を試みている。前に突っ込んで投げるヤングマンに対しては有効な攻め。制球が乱れやすくなる。ワンバウンドのとんでもない暴投になったのも、このセーフティーの効果があったからだ。

    7回2死三塁からの1点も大きい。サイン違いによる捕逸で二塁走者が三塁に進んだ直後に、野間がセーフティーバント。普通に捕っていればアウトだが、動揺していた戸根はお手玉。大きな追加点になった。

    抜け目のなさは、守備でも同じ。5回1死二塁では、床田のターンけん制で二塁走者の石川がアウト。広島投手陣と内野陣は、伝統的にこのけん制がうまい。私も中日時代には、広島戦の前に「二塁けん制は気を付けろ」としつこいぐらいに言われていた。アウトになっていなければ、坂本勇のソロは同点2ランとなっていただけに、絶妙なタイミングのけん制球だった。

    巨人と単純な打力、投手力を比較しても、若干だが広島が上だと思う。それに加え、選手個々のジャッジメントプレーが上回っているのだから、この試合のような得点差以上の戦力差を感じてしまう。まだ5月ではあるが、セ・リーグ全球団で「広島包囲網」を敷かなければ、昨年のように独走を許してしまうだろう。(日刊スポーツ評論家)


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-05241270-nksports-base

    「日本プロ野球名球会」は、日本プロ野球で偉大な功績を残した選手を顕彰し、野球を通じての社会貢献を行う団体だ。通称「名球会」。


    「名球会」の入会資格は当初、投手は「通算200勝」、打者は「通算2000本安打」の2つだけだったが、のちに「日米通算」も可能となった。さらに「250セーブ」も入会資格となった。また当初は「昭和生まれ」となっていたが、現在は「昭和以降生まれ」となっている。

     平成時代の「名球会」入会選手の打者の顔ぶれを見ていこう。

    【打者編】達成日順。安打数は最終。現役選手は4月25日現在。※は、入会資格を有しながら入会していない例。

    平成2年8月21日 大島康徳(日本ハム)2204安打
    平成4年7月8日 新井宏昌(近鉄)2038安打
    平成7年4月15日 落合博満(巨人)2371安打 ※
    平成12年8月18日 秋山幸二(ダイエー)2157安打
    平成12年9月6日 駒田徳広(横浜)2006安打
    平成15年7月5日 立浪和義(中日)2480安打
    平成16年5月21日 イチロー(マリナーズ)4367安打(日1278/米3089)
    平成16年6月4日 清原和博(オリックス)2122安打
    平成17年4月24日 古田敦也(ヤクルト)2097安打
    平成17年6月23日 野村謙二郎(広島)2020安打
    平成18年5月11日 石井琢朗(広島)2432安打
    平成19年5月6日 松井秀喜(レイズ)2643安打(日1390/米1253)
    平成19年5月17日 田中幸雄(日本ハム)2012安打
    平成19年9月1日 前田智徳(広島)2119安打
    平成20年4月12日 金本知憲(阪神)2539安打
    平成21年8月15日 松井稼頭央(西武)2705安打(日2090/米615)
    平成23年5月5日 小笠原道大(中日)2120安打
    平成24年4月28日 稲葉篤紀(日本ハム)2167安打
    平成24年5月4日 宮本慎也(ヤクルト)2133安打
    平成24年6月24日 小久保裕紀(ソフトバンク)2041安打
    平成25年4月6日 アレックス・ラミレス(DeNA)2017安打
    平成25年5月1日 中村紀洋(DeNA)2106安打(日2101/米5)
    平成25年5月6日 谷繁元信(中日)2108安打
    平成25年7月26日 井口資仁(ロッテ)2254安打(日1760/米494)
    平成25年8月7日 アルフォンソ・ソリアーノ(ヤンキース)2097安打(日2/米2095)※
    平成27年6月11日 和田一浩(中日)2050安打
    平成28年4月26日 新井貴浩(広島)2203安打
    平成28年6月25日 福留孝介(阪神)2326安打(日1828/米498)
    平成29年6月11日 青木宣親(ヤクルト)2250安打(日1476/米774)
    平成29年6月3日 荒木雅博(中日)2045安打
    平成29年8月13日 阿部慎之助(巨人)2089安打
    平成29年9月8日 鳥谷敬(阪神)2071安打
    平成30年5月9日 内川聖一(ソフトバンク)2067安打
    平成30年9月22日 福浦和也(ロッテ)2000安打

     平成に入って34人の打者が入会資格を得て、このうち32人が入会している。最年長は、平成最初の入会者である大島康徳(1950年10月16日生まれ)で、68歳。最年少は現ソフトバンクの内川聖一(1982年8月4日生まれ)で36歳だ。

    「日米通算」を単純に適用するとウィリー・デービスやレジー・スミスなど、MLBで2000本を打ったのちにNPBでプレーした選手が含まれてしまう。なので「NPBでの初安打から起算しての日米通算」という条件が追加された。だから現DeNA監督のアレックス・ラミレスは来日前にMLBで86安打しているが、これは合算されていない。

     反対にアルフォンソ・ソリアーノは、ドミニカ共和国のカープアカデミーから広島に入団し、NPBで2安打したのちにMLBに移籍。2095安打した。入会資格はあるが、入会していない。

     打者の場合、選手寿命が延びている。また「名球会」が打者の大きな目標となっているので、令和の時代も達成者は増え続けるだろう。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00358617-fullcount-base

     V3球団が目を覚ましてきた。

     広島は24日、中日戦に快勝。1週間前まで最下位に沈んでいた王者も、気付けばこの日で6連勝。勝率5割も目前(借金2)となった。

     開幕から低迷が続くと、精神的支柱としてチームを支えていた新井の穴がその原因といわれた。その後継者として奮闘するのがこの日、先制ソロ弾を放った会沢翼(31)だ。

    「打てる捕手」として打撃面も期待されているが、本人は「頭の中の9割が投手のことと配球のこと。バッティングは1割だけ」という。「野球の主役は投手」が持論で、投手陣の崩壊が叫ばれて久しいカープで、その責任を一身に背負ってきた。

     女房役として昨季の日本シリーズで敗れたソフトバンクとの“差”を自問自答。施設面、選手の年俸や待遇面……客観的に見ればキリがない。それでも突破口を開こうと、昨オフ、自身の契約更改の席で施設面の改善を要求。二軍球場の屋根設置や、マツダスタジアムのブルペンにテレビの増設など、選手から集約した細かい要望を提出した。

     2017年1月からは、新井が05年から続けている護摩行を始めた。試合後、お立ち台でこう言った。

    「一戦一戦、チーム一丸で優勝に向かって頑張っていきます」

     もちろんV4を諦める時期ではない。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000018-nkgendai-base

     セ・リーグ4連覇を目指す王者が開幕からもがいている。

     現在6カード連続勝ち越しなし。ここまで連勝は1度もない。勝率・294、52得点、92失点、21失策、チーム打率・210はいずれもリーグワースト。5勝12敗で借金7の最下位という惨状に、日に日にやつれていくように見えるのは、就任5年目の緒方孝市監督(50)である。

     7日、3カード連続負け越しとなった阪神戦後に会見を拒否。10日のヤクルト戦で、延長戦史上ワーストとなる1イニング12失点を喫した際には、「今日は勝ち切れるチャンスもあった。自分の采配も含めて反省したい」と言うと、報道陣の質問を受けつけなかった。

     最近、緒方監督が選手に話しかけることが急激に増えたという。これまではあまりなかったことで「監督、大丈夫かな?」とナインから心配されているのだが、ある広島OBは「大敗した16日の巨人戦後も『オレの采配や判断』と自分を責めていた。責任感が強過ぎる一本気な九州男児。チームがいつまでもどん底から抜け出せないままなら、いつ途中休養と言いだすか」と懸念する。

     緒方監督は1年目の2015年こそ4位に終わったものの、翌16年からリーグ3連覇を達成。当然、球団の評価は高い。昨オフに契約を1年更新した際、フロント幹部は長期的にチームを託す可能性をほのめかしていた。しかし、オフに2年連続MVPの丸がFAで巨人へ流出。精神的支柱だった新井貴浩氏(42)が引退するなど、今季は大幅な戦力ダウンを余儀なくされた。それが分かっていながら、効果的な手が打てず、チームの悪い流れを止められない。球団内では、さらなる長期政権という雰囲気ではなくなってきているという。

    ■野村氏vs佐々岡コーチのはずが…

     そもそも広島は、よほどのことがない限り、5年を一区切りにして指揮官が交代している。前監督の野村謙二郎氏(52)もしかり。つまり、緒方体制が既定路線なのは今季いっぱい。もちろん、大逆転でV4を達成すれば続投の可能性は広がるが、もしV逸すれば、今季限りでの退団が濃厚となってきた。

     問題はその次である。有力候補とみられる佐々岡真司投手コーチ(51=顔写真)は今季、球団に二軍担当から一軍に引き上げられている。

    「昨年まで二軍の投手コーチとして育成を学び、満を持して一軍のチーフ格に昇格した途端、チームがこれでしょう(リーグ5位のチーム防御率4・35)。今や崩壊しつつある投手陣の責任者ですから。そのうち、チームが低迷する一因とされ、やり玉に挙げられる可能性もある。仮にV逸して緒方監督が引責辞任した場合、いくら球団が保護したとしても、佐々岡コーチが次の監督に座るのは説得力に欠ける。責任感が強く、緒方監督と一緒に身を引くことも考えられます。球団にとってこれは大誤算でしょう」(球界関係者)

     そこで有力になるのは前監督の野村氏だ。さるチーム関係者がこう言う。

    「V3を果たしたことで、球団内で前監督を再評価する動きがある。丸、菊池、田中、鈴木誠也といったV3を支えた主力を1年目から辛抱強く起用しながら育成したことで、5、5、4、3、3位だった功績を見直そうというのです。現チームの種をまいた人物でもあり、2回目の監督を任せてみようという意見もある。長らく候補といわれる前田(智徳氏=47)は本人にその気がなさそうなので除外されます」

    ■若い世代は黒田氏、新井氏も…

     失速する佐々岡コーチと2度目の野村氏の一騎打ち。黒田博樹氏(44)、新井氏といった若い候補も控える中、とんでもない大物OBが割って入ってくるという話がある。なんと阪神前監督の金本知憲氏(51)が急浮上しているというのだ。

     広島で4番を張った金本氏はFAで2003年から阪神へ移籍。15年から阪神の監督を3年間務めたものの、4、2、6位で昨季限りで電撃辞任した。契約を2年残した限りなく解任に近いものだった。

     阪神では「育成」に重きを置き、「勝利」との両立を追求した。「チルドレン」といわれる無名の若手を次々とグラウンドへ送り出し、「広島で10年かかることを、阪神では5年でやりたい」とブチ上げたものの、内野も外野も騒々しい阪神という“伏魔殿”では、契約年数という基本的な約束すら果たされなかった。

    「金本の方針は阪神で合わなかっただけ。そもそも若手を鍛え上げて育てた生え抜きのスターを中心に、チームを編成するというのは広島の考え方。阪神や巨人ではよくあることでも、契約を残してチームを去るのはさぞ無念だったろう。全責任をかぶった潔さが広島で評価されています。かつてはFAで広島を去った選手は二度と球団に戻れないという暗黙の了解があった。それでもFAでメジャー、阪神に移籍した黒田、新井が復帰し、V3に貢献してくれたことで、今となっては幹部もかたくなではない。球団トップの松田オーナーも、金本の復帰は反対ではないようです」(別のチーム関係者)

     まだ対戦が2回り目に突入したばかりだが、金本氏という新候補を交えた次期監督争いが、早くも水面下で始まろうとしている。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000012-nkgendai-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が4勝11敗で最下位に沈んでいる。開幕から5カード連続負け越しは球団史上初。このまさかの低迷の原因を総力取材した。セの他球団の選手らからは、引退した新井氏の穴や、投手力の低下を指摘する声が上がった。


     セ各球団の選手らに広島低迷の要因を聞いた。

     DeNA・ラミレス監督は「丸はチームリーダーでもあった。同じリーダーの新井も抜けた」と指摘した。ヤクルトのA選手は「丸と野間を比較したら、気持ち的に違う」と明かし、阪神のB選手は「ムードメーカーの新井さんが抜けたのが大きいのでは? あの人が(チームを)まとめていた部分はあるはず」との見方を示した。

     一方、中日のC選手は「丸が抜けた影響もないわけじゃないが、そこじゃない。問題はリリーフ陣の勤続疲労。目いっぱいで3連覇してきたので仕方ないが、年々パフォーマンスが落ちている」、阪神のD選手も「打線不振の陰に隠れているが、もともと投手陣に不安はある」と語った。

     また、ヤクルトのE選手は「奇数の打順がうまくいっていないから、つながりに欠ける。そこで4番の鈴木を抑えれば、さらに打線は苦しくなる」と打線の問題点を示す一方で「去年まで守り勝つチームという印象が強いが、1試合3失策している試合がある。焦りもあるのか、投手も四球が多くなっている」と複合的な要因を挙げた。

     だが広島は依然、他球団にとって脅威だ。中日・与田監督は「歯車がかみ合っていないだけで、能力の高い選手がそろっている」と警戒を緩めない。丸、新井の不在を指摘したラミレス監督も「広島を強くないと思ってはいけない。丸がいなくてもいいチーム。野間のように、代わりにいい選手が出てくる。この後、上がってくる。絶対、甘く見ちゃいけない」と軽視は禁物であると強調した。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000227-sph-base

     セ・リーグ3連覇中の広島が予想外の苦戦を続けている。

     14日のDeNA戦に敗れ、このカードも負け越し。開幕以来5カード連続の負け越しは球団ワースト、早くも「V率0%」と不吉なデータまでが取り上げられている。

     オープン戦は8勝4敗4分けで首位。迎えた開幕の巨人初戦では、大瀬良大地が巨人・菅野智之とのエース対決を制して盤石のすべり出しに見えた。ところが2戦目以降から様相が一変する。投手陣の崩壊に、貧打線に、守乱と、とても王者とは思えぬ戦いが続き、借金も膨れ上がっていった。

     4勝11敗。勝率は3割に届かず、首位を行くヤクルトからは6ゲーム差が15日現在の現実だ。チーム打率.212は両リーグワースト。同防御率4.09も阪神に次ぐリーグで5番目。加えてディフェンスの堅さで定評のあったチームがすでに18失策のていたらくでは希望を見出す方が難しい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00185636-baseballk-base

     野球評論家の張本勲氏(78)が14日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。セ・リーグ4連覇を狙う広島が苦戦していることに見解を示した。


     張本氏は「ちょっとセ・リーグは予想を反してますね。広島がこんなに悪いとは思いませんでした」と3連覇中の王者の苦戦に驚いた様子。理由については「丸が抜けたのがちょっと大きいかな。投手が全体的に良くないんですよ」と語った。一方、「意外といいのが中日。投打に若手が伸びてきてますから」と中日を評価した。

     パ・リーグについては「楽天が意外と頑張っている。ロッテが意外と悪い。投打がチグハグ」としつつも、「まだ13、4試合だから。30試合ぐらいしないと形は出てこない」とコメントをした。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000035-sph-base

     元広島、阪神の金本知憲氏(51)と新井貴浩氏(42、ともにスポニチ本紙評論家)による初の師弟解説が20日放送のMBSテレビ「阪神―巨人戦」(後2・00)で実現する。昨季限りで20年間の現役生活を終え、第二の人生へ踏み出した弟分に「一肌脱ぎます」とする金本氏。中継は元巨人の本紙評論家・槙原寛己氏(55)も加わるトリプル態勢となる。

     2003年、広島から阪神にFA移籍した金本氏を追うように07年、同じくFA移籍した新井氏。2012年限りで現役引退した金本氏が本紙評論家に就任し、初仕事として翌年元日紙面の対談相手に選んだのが阪神の主砲・新井氏だった。

     「ヒマにしているヤツが新井しかいなかった」。対談冒頭、先制パンチを放つ金本氏に新井氏も「いやもう、リハビリ、リハビリで毎日忙しいんで」とカウンターを返して盛り上げた。

     17日放送の同局「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)は「誰からも愛された男 新井貴浩」と題し、新井氏の野球人生を特集。スタジオ出演した新井氏は金本氏との関係性を「兄弟みたい。僕がお兄ちゃんで金本さんが弟」と表現。アニキの弟っぽさを「ちょっかいを出してくるのはいつもカネさん」とし、遠征宿舎でチャイムを鳴らして走り去るピンポンダッシュや深夜3時にかけてくる内線電話を列挙した。

     その後の本紙取材では、金本氏の「一肌脱ぎます」発言に「うれしいです。ありがとうございます」と感謝しつつ「でも不安もあります」と真情を吐露。初の師弟解説を期待する声にも「怖いです」と苦笑いだった。実況は同局の金山泉アナウンサー(36)。放送は全国中継される。

     ≪2人の“説得力”期待≫初めて両者がそろい踏みする放送席ではどんな丁々発止が展開されるのか。共に名球会打者。金本氏は前監督、新井氏はプロ野球選手会会長経験があり、実績に裏打ちされた説得力が期待できそうだ。現役時代、一緒に試合中継を見た際は、試合展開や采配についてだけではなく、テクニカルな打撃論で熱く語り合ったという。「自分は楽しみですし、分かりやすくお伝えできれば」と新井氏は意気込みを語った。

    <金本―新井仲良し?アラカルト>  ★特製Tシャツ 06年1月の合同自主トレで、金本が前年本塁打王の新井に“浮かれるな”のメッセージを込め、ホームランキング…ならぬ「ホームラン天狗(てんぐ)Tシャツ」を着て始動。12年2月には「失策王 併殺打王 (とても小さな字で)打点王」とプリントされた「祝3冠王Tシャツ」を披露。いずれも自費制作。

     ★そろってメモリアル 08年4月12日、金本の通算2000安打到達の日に、新井も通算1000安打。そろってのお立ち台で感慨深げな新井を横に「ダブル達成?キモいっすね」。

     ★誰だ? 11年2月2日の沖縄・宜野座キャンプ、新井の真新しい白のアップシューズにウ○コマークの落書きが。満足そうなアニキを見て新井は報道陣に「知ってましたよ。ヒマなんでしょうね」とバッサリ。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000154-spnannex-base

     「広島-ヤクルト」(10日、マツダスタジアム)

     広島は開幕から波に乗れず、3カード連続負け越し中。前日9日のヤクルト初戦も大敗し、借金は「4」まで膨らんだ。この日の試合も落とせば、2007年以来、12年ぶりの開幕から4カード連続負け越しとなる。


     苦境の中、最年長の石原は「こういう時こそチーム一丸となってやらないといけない。それができていたチームだから」と一致団結の重要性を強調した。プロ18年目。苦しい時代も知っている。ヤクルトの先発・ブキャナンを打ち崩して、連敗を止めたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000080-dal-base

    このページのトップヘ