広島カープブログ

広島カープのまとめブログです!試合速報、日程、選手、グッズ情報など広島カープに関連する情報を配信していきます!

    新井貴浩

     広島・鈴木誠也外野手(25)が新境地を見せている。11日に宮崎・串間市内での自主トレを公開。午前はランニングやキャッチボール、午後からは打撃練習で汗を流し「今年は五輪もありますし楽しみのほうが強い。けがをしない体づくりをしていきたい」と抱負を口にした。

     今オフはソフトバンク・内川との合同自主トレを卒業し、堂林、野間、曽根、永井とトレーニングを行うが「もう8年目かという気持ちが強い。雑に過ごしていたらすぐにプロ野球人生が終わってしまう。一日一日大切に過ごしていきたい」と意気込みを口にした。

     今年は赤ヘルの4番だけでなく“もの言い役”としても期待されている。チームの勝利を最優先にする鈴木誠は、この日「自分の成績が悪ければ給料とかも落ちるので難しいが、それでもチームのためにやったほうが僕は成績がよくなると思っている。新しく入ってくるレギュラーの選手が自分のこと(だけ)を考えていたら正直厳しいと思う」とV奪還に向けてチーム打撃に徹することを呼び掛けた。

     自らの数字に関しても「首位打者は狙っていない。それよりも出塁率であったり、打点を上げるほうがいい」とキッパリ。そんな姿に球団内からは「去年は締めることができる選手がいなかった。若いが実績は十分だし、考え方がしっかりしている。どんどん発言していってほしい」(チーム関係者)との声も。

     3連覇中にバットだけでなくチーム一丸の重要性を説き、ナインを陰からも支えた新井貴浩氏(42)のような助言役&調整役としての役割も求められている。

    「僕は3年目以内に出られないとクビになると思っていた。今の子たちはゆっくりゆっくりやっている。そうやっていると消えるよと伝えている」と若手選手へ強烈なハッパも忘れなかった鈴木誠。今年は陰に日なたにフル回転といきたいところだ。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000023-tospoweb-base

     広島・大瀬良大地投手(28)が新春インタビューに応じ、佐々岡真司新監督(52)の胴上げを誓った。昨季は初の開幕投手を務めエースとして3年連続2桁勝利を記録。12月にはタレント浅田真由さん(29)との結婚披露宴を開いた。幸せいっぱいの右腕は初の200イニング到達を新年の誓いに立て、さらなる進化を約束した。=インタビュー1


      ◇  ◇

     -今オフの過ごし方は。

     「ゆっくりする時はゆっくりして、しっかり体を動かす時は動かす。メリハリを付けてやっています」

     -昨年12月には結婚式を挙げた。

     「妻がほとんど準備をやってくれました。手伝える部分は手伝ったと思います。大変でしたね(笑)」

     -豪華な披露宴。

     「皆さんが出席してくれて、あれだけ盛大な披露をさせてもらって本当に感謝ですね」

     -黒田さん、新井さんも出席した。

     「黒田さんも新井さんも(出席は)難しいだろうなと思ってたんですけど、すごくお世話になった先輩だったので、お声掛けだけはさせてもらおうと思って。『素晴らしい披露宴やったね』という言葉をお2人から直接もらったので、良かったなと思います」

     -昨年12月の契約更改では沢村賞を狙うと誓いを立てた。

     「(投手)分業制になりましたけど、昨年も中継ぎの人たちにはたくさん負担がかかったと思う。完投が多かったので(リーグトップ6完投)、中継ぎの人たちから冗談交じりに『大地が投げる時は休みや』と言われていた。僕が中継ぎをやっている時にマエケンさんや黒田さんの登板日に思っていたことを思ってくれているというのはうれしいです。負担を軽減できていると思うと余計に意気に感じてやりたいなと思うし、個人的にも先発完投が一番理想だと思っているので。九回まで投げられるスタミナは全然持っていると思うし、最後まで投げたいなという思いがあります」

     -昨季1軍投手コーチだった佐々岡監督の方針もあった。

     「そうですね。イニングを重ねていくごとに、『行くぞ行くぞ』と言われてました。『どうする?』じゃなかった。だからこそ『ヨッシャ!』と思えましたし、それだけ期待してハッパかけてくれてるんだと思うと、何とかその期待に応えたいという思いでした」

     -今年の目標は。

     「昨年は悔しい結果に終わったので、何とか優勝して日本一になりたい。野球を長くやりたいです。早く終わってしまうと面白くないですね」

     -昨年はまさかのBクラス。

     「(終盤の)阪神が強かったですね。しっかり受け止めてチャレンジャー精神で戦いたいと思います」

     -個人的には。

     「すべてにおいてキャリアハイを目指していきたいですし、完投の数も増やしていきたい。すごくお世話になっている佐々岡さんが監督になられたので、何とか期待に応えられるような成績でチームを引っ張っていきたいと思います」

     -監督と話は。

     「球場に来られている時はちょこちょこと。コミュニケーションをすごく大事にされていると思います。ピッチャー出身の監督は僕にとっても初めての経験ですし、いい思いをしていただきたいと思います」

     -今年は東京五輪も開催される。

     「東京でやれるのは一生に一度だと思う。五輪を目指せる年齢でチャンスがあるんだったら、目指さないわけにはいかないですし、何とか日の丸を背負って戦ってみたいという思いはあります。アピールしたいですね」



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000011-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)とタレントの浅田真由さん(29)の結婚披露宴が、来年1月3日に地元局・テレビ新広島(TSS)の「スポラバ特番 独占密着!カープ大瀬良結婚式&石原・小窪・会沢 男の大新年会」(13・00~14・30)で放送されることが20日、分かった。同局が、一選手の結婚披露宴を特集番組で放送するのは初めてという。


     2人の結婚披露宴は、12月15日に広島市内のホテルで行われた。広島の松田元オーナーをはじめ佐々岡真司監督、OB黒田博樹氏、新井貴浩氏や球団関係者、選手、両家関係者ら176人が参列し、豪華なものだった。

     番組では、大瀬良と真由さんの披露宴直前の緊張の面持ちや、大勢のカープ関係者に祝福される模様など、裏側も含めて独占密着した映像を放送する。また、会場で披露されたドッキリVTRは、今村、アドゥワが出演する渾身(こんしん)の作品。それによって明かされた大瀬良の本性など、感動の結婚式を、視聴者も参加した気分で楽しめる内容となっている。

     同局関係者によると「昔は、カープ選手も結婚式を報道公開することが多く、スポーツ番組の中でニュースとして扱うということはよくありましたが、野球選手の結婚式の特番や中継番組を制作したことはありません。今回が初です」と話すように、異例の特集番組となっている。

     特集番組を組んだのは、新郎の大瀬良がカープのエースであることに加え、新婦の真由さんが大学在籍中に“女子大生アシスタント”としてTSSの番組でテレビ出演デビューしたことも大きな要因となっている。デビュー後に「ひろしま満点ママ!!」や「全力応援スポーツLOVERS」などに長年にわたって出演。深い縁のある同局にしかできないディープな取材を敢行し、2人のプライベートショットや知られざるエピソードにも迫っている。




    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000101-dal-base

     広島の大瀬良大地投手(28)と、広島を中心に活動するタレントの浅田真由(29)の結婚披露宴が15日、広島市内のホテルで開かれた。両家の家族や球団関係者、選手ら176人が参列し、2人の門出を祝福。幸せ一杯のエースは来季、陰で支えてくれた今季以上の成績を残して新婦に恩返しすると誓いを立てた。



     OBの黒田博樹氏(44)とデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(42)も大瀬良の結婚披露宴に出席した。2人は現役時代から大瀬良をかわいがり、一緒に食事へ出掛ける仲。石原慶や会沢、菊池涼などナインとも久々に再会した。

     黒田氏は「すごくいい結婚式でした」と感想を述べ、夫婦円満のコツとして「勝った時は一緒に喜んで、打たれた後は一緒に落ち込まないこと」と助言。新郎となった大瀬良には「変えるところはない。背負うものが増えたことをプラスに考えてほしい。そう考えられる人間だと思う」と信頼を口にした。

     新井氏も「素晴らしい結婚式でした」と振り返った。リーグ3連覇した昨季まで一緒にプレーし、「やっぱり彼が中心だから。自覚もある」とエースと認めている。「来年もカープのピッチャーを引っ張ってもらいたい。期待しています」と笑顔で話していた。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000035-dal-base

     広島の正随優弥外野手(23)が14日、日本ハム・中田翔内野手(30)と来年1月に合同自主トレを行うと明かした。共に広島出身で中学では広島鯉城シニアに所属し、高校は大阪桐蔭に進んだ。ルーキーイヤーの今季は1軍出場なし。球界を代表する打者からさまざまなことを吸収し、来季は1軍デビューを果たす。

     正随は先輩からの誘いに即答した。中田は同じ右の長距離砲。自身の成長曲線を伸ばすには、これ以上ない存在だ。「ずっとすごいなと思っていた。同じ環境の中でやらせてもらえるのは良いこと。無知なので引き出しを増やしたい」と目を輝かせた。

     コラボは来年1月に実現する。師匠は打点王、ベストナイン、日本シリーズMVPなど数多くのタイトルを獲得。侍ジャパンでWBCに出場するなど国際経験も豊富だ。修羅場をくぐり抜けてきた経験談を聞くことは大きな財産となる。

     打撃のテーマはインパクトの瞬間だけに力を入れること。10月のみやざきフェニックス・リーグでは手応えを感じ取っていたが、11月の秋季キャンプで確実なものにすることはできなかった。「良い打者は無駄なく力を伝えている」。武器のパンチ力を生かす術を突き詰めていく構えだ。

     「時間はかかるけど得るものは大きい」。今オフは筋力トレにも力を入れており、東広島市内のジムまで通っている。背中まわりの可動域を保ちながら筋力アップを目指すなど、土台作りに余念はない。

     大卒2年目で24歳を迎える来季こそ、1軍の舞台に上がるための準備を着々と進める。中田から技術や心構えなど全てを学び、サバイバルレースとなる春季キャンプに臨む。



    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000031-dal-base

    鉄人ボディーを作り上げる! 広島林晃汰内野手(19)が7日、広島市内のトレーニングジム「アスリート」で鍛錬を積んでいることを明かした。


    広島OBの金本知憲、新井貴浩らが現役時代に通っていたジムで、広島の現役選手も足しげく通う。今オフは「体作り」をテーマに掲げ、11月末から週6日間、約1時間にわたって全身を鍛えているという。林は「もっともっと体を強くして、1年間1軍で活躍できるようにしたい」と力を込めた。

    高校通算49本塁打のパンチ力を誇り、18年ドラフト3位で入団した未来の大砲候補。今季1軍出場はなかったものの、2軍公式戦102試合に出場。打率2割2分5厘、7本塁打、35打点だった。プロ1年目を振り返り「後半は自分の思った通りのプレーができなかった。今は一番に体作りをして、野球につなげていかないといけない」と引き締めた。現在体重は95キロ。目標体重は定めず、「(トレーニングを)やっていくうちに増やせていけたら」と語った。

    この日は同期入団の小園とともに広島市内のショッピングセンター、マックスバリュ段原店で行われたトークショーに参加。来季の目標について林は「まずは1軍に上がることを目標にして今オフ頑張っていきたい。早くチームの力になれるように頑張ります」と訪れたファンに活躍を誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12070428-nksports-base

     【新井さんが行く!】プロ野球界は新入団選手の発表の季節。晴れの日を迎えた若者たちのワクワク感はよく分かる。21年前の12月の新入団発表。とにかく緊張したことを覚えている。広島に生まれ育ち、カープのユニホームを着ることは小さい頃からの夢だった。その夢がかなった。

     プロ野球選手になれたことで、ゴールテープを切った気持ちだった。本当はスタートラインに立っただけ…。翌春のキャンプが始まって、すぐ目が覚めた。投球もスイングもプロのスピード感に衝撃を受けた。何とか先輩たちに近づき、追いつきたいと必死だった。

     当時と違ってアマチュアのレベルが高くなった。昔は珍しかった球速140キロを超える投手が、今の強豪校では当たり前で、150キロを超える投手もいる。対戦する打者も力が付く。トレーニングも多様化して体格もいい。代表例が広島・小園だ。卒業式前だった今春キャンプで1軍選手に交ざっても見劣りしなかった。高卒だから数年は体づくり…ではなく、1年目から勝負できる選手が少なくない。

     ドラフト6位入団でも何とか現役を20年間やれた。入った後は何位だったかなんて関係なくなる。差があるとすれば、上位指名の方が少し優先的にチャンスが与えられる程度。そのチャンスを生かせるかどうか、最後は自分次第だ。下位でも、育成でも、横一線のスタートだと思ってやってほしい。

     逆に上位指名の選手たちに負けたくない…と変に発奮した記憶もない。厳しい練習に付いていくのに必死。下手くそでも、とにかく元気だけは出した。同じ力量なら元気のある方を「使いたい」と思ってくれると信じたからだ。新人選手のみんなが大きな可能性を持っている。何年か先、子供たちに夢を与えられる選手に成長してくれることを楽しみにしたい。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000108-spnannex-base

     広島・会沢翼捕手(31)が26日、東京都内のホテルで開催された「NPB AWARDS(アワーズ) 2019」に出席した。3年連続3度目のベストナインを受賞した“打てる捕手”は今オフも4年連続で護摩行を行うことを明かした。

     「やります。やり続けることが大事なので。気を引き締めることができる。毎年言っていることですが、苦しいとき、しんどいときにもうひと踏ん張りできると思います」

     2017年にOBの新井貴浩氏(42)にお願いして護摩行に初めて同行した。新井氏引退後の昨年1月は鹿児島の最福寺で石原、堂林とともに敢行するなど、毎年続けている。

     その精神鍛錬の効果があってか、今季はリーグトップの得点圏打率・351をマーク。打率・277、12本塁打で自己最多の63打点。今秋の国際大会「プレミア12」で日本代表を世界一へ導いた捕手は「ベストナインを取ることができて、誇らしい。捕手なので打てば印象に残る」とさらなる打撃力アップを誓った。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000550-sanspo-base

     元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩さん(42)が21日、自身のブログを更新。バッタリ再会したある人との笑顔の2ショット写真を掲載し、カープファンを喜ばせた。

     新井さんは「偶然!!」のタイトルでブログを更新。「バッタリ…世界一おめでとう!!」との短い言葉とともに、侍ジャパンのメンバーとして国際大会「プレミア12」を戦い、見事に2009年WBC以来10年ぶりの世界一を勝ち取った広島の会沢翼捕手(31)との2ショット写真を披露した。満面にくしゃくしゃの笑みを浮かべる弟分・会沢の横で、会沢の肩を抱いた新井さんは柔らかい優しげな笑みを浮かべている。

     広島勢は「プレミア12」に会沢をはじめ、菊池涼介内野手(29)、鈴木誠也外野手(25)と3選手が出場。鈴木は侍ジャパン4番として史上初となる3試合連続アーチを放つなど、打率・444(27打数12安打)、3本塁打、13打点と打撃3冠に加えて大会MVP、右翼手のベストナインとタイトルを総なめにし、菊池涼も二塁手のベストナインに選出。会沢は韓国との決勝戦で先発マスクをかぶってフル出場するなど今永(DeNA)ら他球団投手を好リードで支え、勝負強い打撃でも存在感を示した。

     新井さんはTBSで解説を務めた際にも後輩たちの活躍がうれしくてたまらない様子が言葉の端々にあふれていたが、会沢の横でうれしそうな新井さんと、頼れる選手会長・会沢のとろけそうな笑顔にブログ読者もほっこり。「二人とも素敵な笑顔」「たまりませんな」「お兄さんのように心を許してる人の前だとこんな笑顔になるんですね」「アツさん、とっても嬉しそう」と新井さん&会沢(愛称アツ)の貴重な2ショットに大喜びだった。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000237-spnannex-base

    張本勲氏(79)が10日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。元広島の新井貴浩氏(42)と「初共演」した。


    同番組に初出演した新井氏と言えば、毎年シーズンオフに行っていた護摩行が有名。炎の前で1時間以上も読経を唱えるという荒行だ。

    現役時代の思い出を問われた新井氏は「一番は毎年、護摩行をやらせていただきまして、こちらの番組でも取り上げていただきまして、毎回、張本さんからありがたいお言葉をちょうだいしました。今年も夏に行ってきたんですけど、野球がうまくなるというよりは自分をグッと締めたかったんで、引退してからも、今年も行かせてもらいました」と話した。

    「サンデーモーニング」では毎年1月、新井氏の護摩行を自主トレ特集で取り上げた。張本氏は「山登りはいい。でも、新井はやけどしてどうするの。野球に関係ないことはやってほしくない。精神統一かどうか分かりませんが、もっと野球に関係ある運動をしてほしい」(18年1月14日放送)などと苦言を呈していた。

    この日も張本氏は「やけどをするんじゃないか」と苦笑い。それでも「人間性が良い。私みたいにわがままで生意気じゃない。早く黒田(博樹氏)とともに指導者になってもらいたい」とエールを送っていた。


    引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-11100197-nksports-base

    このページのトップヘ